ヨウムな生活

sanahana.exblog.jp

平凡な主婦と平凡なヨウムの楽しく滑稽な日々を綴ります

寒さ対策 ゆたぽん

昨日あたりから、ものすごく冷え込んできました。
超寒がりな私にとって苦手な季節です。
夜間の冷え込みが本格的になってきたので、こんな物を買ってみました。
c0133013_14353788.jpg
ゆたぽん・・・・ネーミングがかわいいですね。
電子レンジで温めるタイプの湯たんぽです。お値段もお手頃なので自分用とオカメたち用。
何日か前、湯たんぽの事故のことTVでやってたけど、使い方間違えなければ、大丈夫ですよね。

オカメたちの放鳥はいつも私が帰宅したらすぐなのだけれど、昨日はちょっといろいろあって夜9時ごろになってしまいました。
c0133013_14442161.jpg
ケージの扉を開けてあげると、待ちきれないように飛び出てきてひとしきり飛び回ってからラックの屋上に落ち着く希と詩。
ふたりでちょうど200グラム、詩102:希98という黄金比(?)を維持しております。
c0133013_15104337.jpg
そして、ラック屋上といえば、必ず支柱の後ろにぴったりと立ってかくれんぼする希です。
希はどうしてこんな事をするんでしょう?詩はまったくしないのに・・・・。
c0133013_15145587.jpg
詩はリビングのドアにへばりついてとまるのが好きです。希もそばに行きたそうなんだけど、勇気がないみたい。
小さなオカメたちにもいろんな個性があって楽しいですね。

c0133013_15295525.jpg
ソファに転がってオカメたちを下から観察しているといつの間にか眠ってしまった私。
希が寝ている私の頭に飛んで来て顔を覗き込んでいたそうです。娘が撮ってくれました。

c0133013_15332696.jpg
立てた膝の上には詩が来ていてまったりしていました。

c0133013_15444465.jpg

c0133013_15511619.jpg
       海もそばに飛んで来てくれたけど、ひたすら眠い私。


c0133013_16164317.jpg
鳥たち寝かせる前に「ゆたぽん」をチーンして専用のケースに入れてオカメ’sケージの上に載せてせてみました。
詩と希、パニック起すかしら?とドキドキでしたが、不思議そうに見上げるだけで特に怖がる様子はみせませんでした。
(花のケージの上に置いたら、大暴れすること間違いなしですね)
温かさ7時間持続って書いてあるけど、それは布団の中に入れた状態でのこと。
ラックの上からすっぽりカバーを掛けるといっても7時間もこの温かさが持つ訳はないと思いますが、果たして朝起きた時、カバーの中の温度は何度になっているのか実験です。

私の分の「ゆたぽん」は冷え性の足の下に置いて寝ました。
なんと、夜中に汗掻いて目が覚めてしまいました。そうとう温かかったみたいです。

そして今朝も寒かったですねー。6時に起きてリビングの暖房をつける前に鳥マンションのカバーの中の温度計を見てみると19℃でした。
んー、もうちょっと暖かくしたいかんじですね。この19℃は、全く「ゆたぽん」の効果無しの温度なのか、それとも効果あっての19℃なのか、今までのデータが無いのでわかりませんが・・・・。
とりあえず、今夜は私の分の「ゆたぽん」も追加して2個置いてみようと思います。

c0133013_16292294.jpg
最後は花。最高の表情ですね。一瞬、頭の向きがわからなくなりませんか?
クチバシは私の指の中。首は180度回ってます。クチバシなでなでされてるうちに気持ちよくて首かくるんと回っちゃうの。001.gif

[PR]
Commented by りおん at 2009-11-13 20:55 x
うわあ!最後の花ちゃん、インパクトありすぎ~^^
いったいどうなっちゃっているのかと思って、よ~く見たらわかったわ~!
お首ねじっているのね!
いい❤ そのお目々大好き~^^

オカメちゃんズの保温、ゆたぽんにしたんですね~^^
19度、たしかにもうちょっと欲しいところですね~。
2つになればだいじょうぶかな?
暖かさって上のほうに行くから、ケージの脇とか底(もちろんケージの外)
に置いたら、多少変わらないかしら~?

眠ってしまったsanaさんのところにこっそりやってきて
覗き込む希ちゃん、かわいい~^^
詩ちゃんはお膝で、見守っていてくれたのね^^
子供の頃に見た絵本で、森で眠るお姫様のそばに
鹿や熊(今考えると恐ろしいけど!)やリスや、いろんな動物達と
鳥さんたちがたくさんいて見守っている絵があったの。
その絵が大好きでした。
いいな~あこがれの風景だわ~^^
Commented by チョコバニラのママ at 2009-11-14 00:50 x
”ゆたぽん”いいですね~~
全然思いつきませんでした!
うちはペットヒーターをつけて、
少しすき間をあけてカバーで覆っているんですが、
ちょっとだけ火事とかが心配なんですよね~~~
ゆたぽんなら安心ですよね!
実験結果の報告お願いします!

オカメちゃんず、かわいいですよね~~~♪
扉にとまる詩ちゃん、アクロバティックですね~(笑)

おかあちゃんにまとわりついてる鳥さんたち、
ほほえましいです^^

眠ってしまっても、目とかつつかれないですか?(笑)
うちのチョコバニは、油断するとマツゲをつついてきて、
相当危険です^^;
Commented by かつをどり at 2009-11-14 13:40 x
ゆたぽん使ってみたのね!
19度だとやっぱりまだ寒そうね。
いろいろ工夫して落ち着くまで試行錯誤になるわよね、こういうのって(汗
りおんさんおっしゃるとおり、床下に置くか側面に当てるほうがわずかなりと効果が高いと思うわ。
ケージの底アミを入れてないと難しいけれど、ホカロンを入れるペット用プラケースもあるくらいだから保護カバーによっては中でもイケルかもですね。

希ちゃんのかくれんぼ面白いよねー!
ホントに可愛いこと思いつくなあ。
コレってハマルとやめられない遊びなんだろうね(^ ^
どんな顔してやってるのか、直接この眼で見たい遊びだす!
代わりに詩ちゃんはドアにへばりつき…
女子はみんな元気いいのよねー、全身使ってる。

sanaさん、ちゃんと寝て疲れ取ってね。
眠っているところを取ってくれる娘さんグッジョブだね(^ ^
花ちゃんの至福な瞬間素敵よーん!
Commented by sana at 2009-11-15 10:23 x
りおんさん
ふふ・・・、一瞬首の天地がわからなくなるでしょう?
クチバシが隠れているとただ頭を下げているだけのようにも見えるでしょう?

そうなの、ゆたぽん、さいしょはケージの下に置くつもりだったんだけど厚みがあって網と床の間にはいらなかったのよ。
ケージの底もフラットなので置けないし。もっと薄型のホカロンみたいなものを買ってこないとだめそう・・・。
昨日からまた暖かくなってますね。寒暖が行ったり来たりしているうちに冬になっていくのねー。
オカメsなぜか、私がうたた寝していると寄ってくるんですよー。
オカメsくらいだと頭に止まられても気がつかないの。
見守ってくれてるのかしら?^^
詩も希も、わたしのこと齧ったりせずにじっとのぞきこむだけなのよ。
わかっているのかしら。はっと眼が醒めた時目の前にオカメsの姿があると癒されます~。^^
Commented by sana at 2009-11-15 10:34 x
チョコバニラのママさん
ペットヒーターは、3階のオカメsのケージにはコードが届かないし、近くに電源が無いの。
あんまり長い延長コードひっぱるのも出入り口が近いので気が進まなくて・・・。そうそう、ペットヒーター電源入れっぱなしは私もちょっと抵抗もあって。
昨日から関東地方はまた10月の陽気くらいに暖かさが戻ってきたので実験は一旦お休みです。^^
お天気が良くて暖かいと我が家の鳥部屋(リビング)は暑いくらいになってしまいますので。
また冷え込んできたら、ゆたぽんを置く場所等工夫してみたいと思います。

オカメたちたしかにまつ毛はハミハミしようとしますね。^^
私は家ではメガネをかけているのであまり危険は感じてないけど・・・。
インコと文鳥さんでは嘴の形状が違うものね。インコのは先っぽがまあるくて曲がってるからそんなに怖くないけど文鳥さんはまっすぐ尖ってるから、目は要注意かもですね。^^;
Commented by sana at 2009-11-15 11:04 x
かつをどりさん
そうなのよ。本当はケージ下に置くのがいいんだろうけど、このゆたぽんは適してなかった。厚みがあってぐにゃぐにゃしてるんでケージ側面におくのも難しかったわ。やっぱりホカロンかなー。
ホカロンは使い捨てだから、経済的じゃない気がするし・・・。
なんかこれは!!っていう案がないですね。繰り返し使える湯たんぽでもうちょっと形状の違うものを探してみようかな。

希、おもしろいでしょー?どういうつもりで支柱のうしろにぴとってへばりつくのかしら?ものすごく真剣な顔つきでやってますよ。^^
ちょっと下を向いて一心不乱という感じです。

オカメたち眺めているといつも眠気がおそってくるの・・・。詩と希の動きは私にとってものすごくリラックス効果があるみたいなの。
希が頭にとまってるのにくーかくーかあふぉ面で眠ってる私がネタ的においしそうと娘思ったみたいですよ。グッジョブだけど、そんなのまともにアップするわけないじゃーん!^^;
by sanakk | 2009-11-13 16:52 | Comments(6)

平凡な主婦と平凡なヨウムの楽しく滑稽な日々を綴ります


by sanakk