ヨウムな生活 sanahana.exblog.jp

平凡な主婦と平凡なヨウムの楽しく滑稽な日々を綴ります


by sanakk
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

神楽坂散策 / 昔を懐かしむお花見

日曜日は早起きして娘にお弁当を作ることになっていました。が、前日真夜中にやってるアニメ「あしたのジョー2」を見ていてほとんど明け方まで起きていた私は、もう寝不足でへろへろでした。どうにか起きてお弁当を作り娘を送り出したら2度寝しようと思っていたのに、今度は妙に目が冴えてしまって眠れなくなってしまいました。なので休日の朝にしてはめずらしく早めの放鳥時間としました。
c0133013_101220.jpg
頭は冴えているんだけどだるくてソファに寝そべる私を上から見下ろしてくる花でした。
こんな日に限って、花は台所の止まり木には飛んで行かず私にへばりついてきます。
我が家の鳥たち全員にいえることだけど、私が何かしている時は、それぞれに散ってイタズラしていますが、私がへばってソファに倒れこんでいるとそばに集まって来ます。
何もしないで寝転がってる時はかまってもらえるとい思うのでしょうか?
c0133013_1044113.jpg
私の隣にとことこやってきて甘える花。
花の頭をうりうりしているうち、どこかへ遊びに行ってた睡魔がダッシュで戻って来ました。
019.gif知らない間にぐーすか眠っていたようです。
c0133013_1065863.jpg
はっと気がついた時も花は私の目の前に立って私のことを見つめていました。


私の手にエグエグする花。なんとも色っぽい目つきだと思いませんか?
c0133013_1094581.jpg



娘たち二人とも留守の日曜日、午前中仕事をして帰ってきたおやーじゅの「どこか行く?」に「行く行く、花見に行く」といつになくノリ気な私でした。寝不足のわりには。
この休みを逃してしまったらもう散ってしまいそうですものね。
毎年、近場の公園あたりで済ますお花見ですが、今年はなつかしの千鳥ヶ淵に行ってみようということになりました。
c0133013_1046552.jpg
でもその前にちょっと近くの神楽坂に足を延ばしてランチがてら散策してきました。
神楽坂、大好きな町です。久しぶりに(たぶん10年ぶりくらい)来ましたが・・・。
c0133013_1050496.jpg何といってもこの町は、路地がおもしろいです。
迷路のような路地がたくさん残っていてその奥のほうに思わず入ってみたくなるような風情のあるお店がひっそりとあったりします。

c0133013_10502590.jpg

昼間からお酒を飲めるバーであり、甘味処でもあるお店のようです。入口がどこなのかよくわからない・・・。
もの凄く入ってみたかったけど・・・
 
前から気になっていたイタリアンレストランにアポ無しでいきなり行ってみたら、本日予約でいっぱいということでした。残念。
なにせ近くのお堀ぞいの桜が見ごろということもあって、人出がハンパじゃありませんでした。原宿の竹下通りかというほどの人出。まあ、年齢層が全然ちがいますが。
それでぶらぶら歩きつつ、昨日のランチに決めたお店が小さなビルの3階にあり道端に目だ立たないお品書きが出ているだけの「ビストロエリゼ」さんでした。
c0133013_1101883.jpg
まったくの行き当たりばったり。若い男性が二人だけでやってるお店でした。
小さな店内は満席で混んでいたので、私とおやーじゅはカウンターに通されましたが、これは大正解。
シェフのお仕事が全部見えるから、面白いですよね。
c0133013_1131061.jpg
お待たせするので・・・・ということでサービスで出してくれたオリーブをつまみながらビールとワインを。
2800円のランチのコースをいただきました。
c0133013_114753.jpg
最初はレバーのテリーヌと生ハムなどが乗ったボリューム満点のサラダ。
c0133013_1163661.jpg
白菜のクリームスープアンチョビ風味。これはとてもおいしかったです。白菜の食感と甘みが残っていながらクリーミーでほんのりとアンチョビが効いています。
c0133013_11171259.jpg
c0133013_11172922.jpg
メインはおやーじゅが肉料理、ステーキの赤ワインソース。私が真鯛のポワレバジルソース。
両方ともほんっとにおいしかったです。特に魚料理のほうは焼き加減と下に敷いたリゾットの塩加減が絶妙。
c0133013_11192453.jpg
デザートは紅茶のパンナコッタ。これもまったりとしていながら上に乗った柑橘系ソースがさわやかで私好み。
これで2800円は、お値打ちだと思いました。
お料理も美味しかったけどお店の男性2人の感じがとてもよかったです。
料理を作るヒトとそれ以外のすべてを受け持つヒト。どちらも無駄な動きが無く丁寧なお仕事ぶりでした。カウンターだったので混雑が落ち着いたころちょっとだけ会話をしましたが、さわやかでとてもいい感じでした。そういうことも良いお店の大切な要素ですよね。
また来たいと思える大当たりのお店でした。★三つです。043.gif



おやーじゅと私、たいへん満足しつつ、今度は目的のお花見へ。飯田橋からひと駅東西線に乗って九段下に出ました。
c0133013_11532982.jpg

花冷えだったし、もう午後3時を回っていたのでお花見の人出はピークを過ぎたかと思ったら甘かったです。
どうやらこの日曜日は武道館で帝京大学グループの入学式だったようで、ちょうどそれが終わってとてつもない数の親子の群衆が駅に押し寄せている真っ最中に逆行するかたちになってしまったのです。
人の大波に逆らって北の丸公園までたどりつくのに苦労してしまいました。
c0133013_11572354.jpg
武道館と桜
c0133013_1157444.jpg
千鳥ヶ淵の桜の木はお堀の急斜面に植えられているので水面に向かって垂れ下がるように咲いている様が本当に美しいですよね。
これで、いいお天気で空が青ければ、桜の花のピンクがもっと映えたのに・・・・。時々つめたいものがポツポツと落ちてきて肌寒いお花見になってしまいました。

もう昔の話ですが、私は九段下の会社に長い間務めていました。
花見と言えば会社から徒歩5分の千鳥ヶ淵と決まっていました。
時はちょうどバブルの真っ只中。一介のOLだった私たちも身の程知らずにバブリーでした。
高給取りだったわけでもないのに世の中の浮かれムードに影響されて、勘違いも甚だしい散財をしていましたね。まあ、親元から職場に通いお給料は全部自分の遊びのために使えていたからできたことなのだけれど。
女友達と食事会といえば2万円くらいのフレンチフルコースを当たり前のように食べ、高いショットバーでお酒を飲みお帰りはタクシーと決まっていました。ボディコンのスーツに身を包んでね。012.gif今思えば黄金期でしたね。楽しかったけど、地に足がついていない時代でした。でもどうなるかまだ分からない自分の未来にわくわくしていた時代でもあったなぁ。
千鳥ヶ淵の桜を見ていると、そんな時代の自分をいやでも思い出します。

c0133013_1222398.jpg
私が勤めていた会社が入っていたビルはまだ昔のまんま残っていました。
いろいろと思い出がありすぎて懐かしすぎてくらくらしてしまいました。
会社は、大企業に吸収合併されて、今では違う社名になっています。
当時同僚とランチに出かけた近くのお店はことごとく消えて新しいお店になっていました。
九段下の駅でさえも新しく様変わりしていて昔の面影がないのでびっくりしてしまいました。
そりゃそうですよね。私が退職してもう18年も経つのですから・・・・。
008.gif

せっかくだから、縁結びの神様で有名な東京大神宮に寄ってお参りしていこうかと思っていましたが・・・、
いえ今さら私が縁結びをお願いしてもしょーがないですから・・・、娘たちの良縁を祈って、です。(それもちっと早すぎるか)歩きつかれたし、寒いし、寝不足だし、なのでそちらは諦めて帰路につきました。

c0133013_1333302.jpg
今年は懐かしさを噛みしめるお花見になりました。なんだかいっそう桜の花の美しさが心に沁みたなぁ。
さて、今週末には次女の入学式があるのですが、お天気がずっとはっきりしませんね。
果たして桜の花はその日までもつのでしょうか。

[PR]
Commented by ぐ〜るる at 2010-04-05 21:51 x
とっても充実したお休みだったのですね〜^^
花ちゃん、最近とっても色っぽい感じですね。
読んでてあ〜と思ったのですが、
うちも誰かがよこになってると、寄ってきて上にのっかって
まったりしてる事、多いですー。
今まで一人で遊んでてもですよー。
もしかしたらいつも縦になってるヒトがヨコになるのって
鳥さんにしてみたら、大丈夫?って感じなのかな〜なんて思ってました。

イタリアン、とっても美味しそう〜!!
sanaさんのおやーじゅさんの見つけるお店って
みるものみるものぜ〜んぶ美味しそうだわ〜。
ご飯食べたのに、お腹空いてきちゃったっ^^;
そうそう、食べ物といえば、例の食べるラー油ですが、
さっそく購入して、たまごかけご飯、やってみましたー!!!
めちゃくちゃ美味しくってバンバンザイですー!!
教えてくださってありがとうございました〜。
これからしばらくたまごかけご飯、続きそうです^^

桜、綺麗ですね^^
私も早く、ホンモノの桜がみたくなってきました。
春はまだかいな〜。
Commented by ヤス at 2010-04-05 22:58 x
花ちゃん、うっとりしてカキカキしてもらってますね。とろけそうなお顔。
花ちゃんはsanaさんの寝顔、じっと見守っていたのでしょうか。かわゆいやつよの~。
私も30年ほど前には虎ノ門に勤めていなんだな~なんて思い出しました。
出張でほとんど居なかったですが(^^;
金曜日は赤坂でしたね。まだバブリーの前。
しけたものでしたが。(笑
神楽坂は一度だけ友達に連れられてもんじゃ焼き食べに行たことがあります。イタリアンレストランと比べるとなんか差があるな~。
日曜日は寒かったですね。こちらは浅草で鳥さんたちとの花見でした。久しぶりにヨウムと触れあえて、私もハッピーな一日でした。
Commented by sas_p at 2010-04-06 09:16 x
「あしたのジョー」は見出したら止まらないわよオクサマ。
私の初恋の人…sanaさんもそうだったわよね? カッキーよねジョー。
ちなみにうちではつい最近まで丹下団平ごっこが流行ってました(爆)
寝不足時に鳥さんに乗ってこられたらそらも~無理よ。
至福なひとときこの上ないもの睡眠足りてても寝るわよ。
きっと花ちゃんもしあわせな時間だったんだろうな (*´エ`*)

んっもーお二人絶対仲いいよ!お花見デート素敵やん♪
九段下武道館。。。橋の袂にカラスさんいなかった?
そうねバブル時代は私達浮かれてた世代よね。
どこ行くにもタクシー使って…今ぢゃありえな~い不思議な時代…
アホな時代かもしれないけど楽しい想い出持ってるって幸せよね。
懐かしい地に行くと頭の中がタイムスリップしちゃうのよね~。
ステキなお花見できてよかった!週末もお天気イイといいねー。
Commented by りおん at 2010-04-06 10:11 x
花ちゃん、ずっと見守っていてくれたのね^^
わたし達が鳥さんのうとうと姿を見ると、まったり眠くなってくるように
鳥さんたちも、わたし達のうとうと姿を見ると
眠くなるのかしら~?^^

昔懐かしい場所に行くと、とっても不思議な気持ちになりますよね。
わたしも最近、そんな思いをいたしました。

確かに昔と変わらずその場所は存在するのに、時間だけが経過しているんですよね。
自分が景色のひとつに溶け込んでいた時期とは、全く違ってしまっているの。
景色はほとんど変わらずに、そのままそこにあるのに。
何かよそよそしくて、寂しかったなあ。。。
Commented by sana at 2010-04-06 22:08 x
ぐ~るるさん
そうでしょー。横になってると寄って来ますよね。
たぶんいつもは縦で背が高いのに横になると近くなる感じがあるんじゃないでしょうか?自分の背丈と同じくらいになる感じ。
うちの鳥たちは安心してまったりしてるみたいだけど・・・。


おいしそうでしょー。
行き当たりばったりで失敗することもありますよー。
でも、長年食べ歩きしてるとなんか「ここはなんかおいしそう!」ってインスピレーションがはたらくときがあるのよね。当たると気持ちいいわ。^^
あっ!「辛そうで辛くないラー油卵かけごはん」試してみてくれたのね。おいしいよねー?^O^
でもラー油終わっちゃったわ。こちらの方は、もうどこへ行っても売ってないです。いつになったら生産間に合うようになるのかしら?

そちらの桜はこれからですね。いいなー^^
東京はもうピーク過ぎたかな・・・・。桜って美しいけど儚いね。
そこがまた惹かれるんだけど。
Commented by sana at 2010-04-06 22:22 x
ヤスさん
花に見つめられて寝ていたんでしょうか?
娘が言うには、私が寝ていると鳥たちも寄り添って片足上げてうとうとしてるらしいです。それで私が目を覚ますと一緒に起きてるんだって。ほんとに可愛い奴らですよね~。^^
虎ノ門、30年ですか~。ひと時代ですね~。赤坂ですか~。
私の兄がよく赤坂に入り浸ってましたが、もしかして同年代かな~?^^
神楽坂、アドマチック天国に取り上げられてからさらに活気づいてみたいです。面白い町ですよ。^^
日曜日は外でお花見しながら宴会するには寒い一日でしたね。
でも鳥さんたちに触れ合えて寒さも忘れるほど楽しかったでしょうね~。^^
Commented by sana at 2010-04-06 22:33 x
sas_pさん
そーなの。矢吹丈、こんなトシになってみても哀愁漂う横顔にドキッとしちゃうのよー。でも葉子さん、なんであんな剃り込みいれたみたいな生え際してるのーって疑問だったわ。当時は何とも思わなかったのに。(笑
そう、鳥たちと戯れていたら不眠症の治療になるんじゃないかってくらい眠気さそわれるよね。よこになって暖かい花の頭うりうりしてたらあっという間に神経が和らいで眠ってしまったわ。^^
たぶん花もうとうとしてたんだと思うわ。

あー、武道館、カラスのこと忘れてたー!!!
でもそれどころじゃないくらいすごいヒトだったのー。
帝京大学、高校、中学ぜんぶまとめて入学式だったみたいで武道館のまわりは前に進めないくらいのおしくらまんじゅうでヤバかったのよ。
そうか、おくさまもあのバブル時代を浮かれて過ごした世代だったわね。当時は浮かれてるとは思わなかったけどね。世の中の風潮だったから仕方ないよね。でも、いい思い出だわ。
久しぶりに懐かしい場所に行って、つくづく時が流れたんだなーって実感したわ。^^
Commented by sana at 2010-04-06 22:43 x
りおんさん
眠気ってうつるんでしょうね。鳥たちの体温を感じながら見ているとまちがいなく眠くなるんですが、そういう時って鳥さんたちも眠そうにしてますよね。

ああ、りおんさんの気持ちわかるわ。
懐かしい場所に行くと、いろんな思い出はよみがえるけど、でももうそこは自分のいるべき場所ではなくなってるって実感しますよね。
確かに昔、ここでたくさんの時間を過ごしたのに、もう今は別の場所になってしまっているっていうか・・・・。よそよそしい感じ・・・その通りですね。
でもそんな感覚味わいながらも、懐古趣味に浸るのもわるくないですね。
Commented by チョコバニラのママ at 2010-04-07 00:44 x
sanaさんがボディコン!?(笑)
バブル時代を謳歌されたのですね~~~^^
うらやましいです~~~いいな~~~(笑)

・・・バブルはさておき、
ステキなお花見だったのですね~^^
ほんと、毎回思いますけど
おやーじゅさんと仲良しですよね~~~~♪
ほほえましくて嬉しくなってしまいます♪♪♪
ランチもおいしそうだし~~~~
神楽坂って響きだけでおしゃれですよね~(笑)

花ちゃん、カキカキにうっとりですね^^
ちゃんとsanaさんが寝ている間、そっと見守ってくれてたのですね~~~
やさしいコだ~^^
Commented by sana at 2010-04-07 10:09 x
チョコバニラのママさん
そうです。バブル時代と20代がぴったり重なって、あの浮かれた世の中を謳歌した年代なのです。今は昔のお話ですが。(笑

お花見、寒かったですけどね~。行ってよかったです。
私とおやーじゅはお花見と言っても、メインは食べ歩きだったりしますけどね。(^^
そこんとこだけはばっちり気が合うんで。^^>
神楽坂、もし東京にお越しの際は、おすすめですよん。

花は寝ている私をじーっと観察するうち、どうやら自分もうとうとしてたみたいですよ。鳥たちが寝ているのを見ているとわたしも眠くなることはよくありますが、その逆もあるんですね。^^
Commented by queso at 2010-04-07 13:14 x
私は中学生の頃から8年間、ずっと九段下の某女子高に通って
いたので、お話とてもよく分かります。
ワンレンの女子高生達は、学校からでると髪の毛のゴムをとって
スカート丈を短くして・・・そんな時代でした。
合コンデビューは16歳。お陰でお酒大好きとなりました。
九段下のお店は変わってしまい、フェアーモントホテルもなくなって
しまったけれど、武道館にお堀に靖国神社は変わりませんね。

ハナちゃん、寝ているときもじーっと目を覚ますのをまっていたの
ですね・・・。なんだか抱きしめたくなりますね。
桜の写真、雰囲気あるできになっていますね。とても綺麗です。
Commented by sanakk at 2010-04-07 22:14
quesoさん
おお、九段下界隈は良くご存じですね?
16歳で合コンとは女子高ならではの早さでしょうか?(笑
本当にすっかり変わってしまって、ぱっと見たところ知ってるお店は一つものこっていませんでした。
ええっ?串八珍ってまだあるの?角の2階のお店よね?
それは気がつかなかった。あそこはあまり付き合いたくない上司と一緒に飲んだ覚えがありますよー。でも、懐かしいかも。
フェアーモントありましたねー。桜の季節はいっぱいで入れなかった。懐かしいわ~。
交差点の角にそびえ立っていた日債銀も消えてしまったし。
本当に変わらないのは武道館、九段会館、靖国神社ですね。

神保町のほうも一応エリアだったのだけど、きっと変わってしまったのでしょうね?

花も海も、私たち人間が寝てしまうとおとなしくなって寄り添ってくるんですよね。目を閉じて一緒に寝てる時もあります。可愛いですよね。
もっといいお天気ならまた違った華やかな写真が撮れたと思います。朝早く行動したquesoさんは正解ですよ。^^
by sanakk | 2010-04-05 14:05 | Comments(12)