ヨウムな生活

sanahana.exblog.jp

平凡な主婦と平凡なヨウムの楽しく滑稽な日々を綴ります

母とピーちゃんと小太郎

今週の日曜日は、久しぶりに私の実家に行ってきました。
齢82歳の母が数日前の深夜、家の階段(下から4段目くらい)から落ちて救急車で病院に運ばれるという騒ぎがあったというのです。005.gif
その時、母は手が出ずに顔から床に落ちて、しばらく失神してしまったのだそうです。
運ばれた病院でレントゲン、CTスキャンしたところ、幸にもどこにも骨折はありませんでした。
高齢者が転ぶ→骨折→寝たきり→ボケる又は衰弱 はよく聞く話です。とりあえず手足に異常がなく普通の生活に戻っているようなので一安心です。
無情な時の流れは、どんどん母の体の運動機能を奪って行くようです。
階段の昇り降りは、本当に気をつけてもらわなくてはなりません。

「これでも大分良くなったんだよ」と言う母の顔を見てびっくりしました。
打った顔の右側が腫れて目がちゃんと開いてないし、白目まで内出血で赤くなっています。
顔面右半分がまだらに黒くなっていて、時間の経過とともにそれが打ったわけでもない首や胸のほうまで広がってきているそうです。
黒くなるということは大分治って来てる証拠だというけど、それはすごい形相で・・・・。008.gif
そんな母ですが、お土産に私が持って行ったアイスクリームをおいしそうに食べ、
私たち家族の近況をおもしろそうに聞いていました。
頭はしっかりしていて、私が一言いえば十返ってっ来るような母ですが、もうすぐ83歳。
残りの時間のことは考えたくないけど、時々頭をよぎってしまいます。ずっとずっと元気でいて欲しいけど、どんな生き物にも必ずやってくるタイムリミット。それは抗えない事実です。
忙しさにかまけて最近めっきり実家にいく頻度が低くなっています。もっと足繁く両親の顔を見に行かなくちゃって思いました。

帰りがけには、挽きたてのお米10キロと郊外で買ってきたという野菜を持って帰れと用意している母。
「あんた、ちゃんと栄養のあるものたべてるの?」と言う母。親心じゃのう・・・・。007.gif
だいじょうぶ。おかあちゃん。あたし、栄養だけは取りすぎるくらい取ってるから・・・・。


ところで実家と言えば、セキセイのピーちゃんとわんこの小太郎。
ピーちゃんは兄が飼っているセキセイです。この日も留守の兄の部屋に勝手に踏み込んでピーちゃんをケージごと連れ出してきました。
ケージがちゃんと掃除されているかどうかチェックするためです。
あまりきれいとはいえなかったけど前回の時よりはマシだったかな。でも、とても合格点をあげられる状態ではなくまたしても実家でピーちゃんのケージ丸洗いしてきました。
c0133013_10495525.jpg

久しぶりに生セキセイさん見ると、ほんとにちっちゃくて可愛いですねぇ。
ピーちゃんはちっちゃい体だけど、ものすごく目力があって意思が強そうで賢そうな表情をしています。
おやーじゅのことがお気に入りのようでさかんにおやーじゅの手に求愛行動しておりました。037.gif連れて帰りたくしょうがないんだけど、兄は手放すつもりはないようです。

わんこの小太郎は、もう推定11歳から12歳くらいと思われる老犬です。
年がはっきりわからないのは、小太郎が初代飼い主に捨てられてたらいまわしされているところを兄が引き取ってきたわんこだからです。
相変わらず足が立たず、這って動く生活ですが元気にしていました。
毎日おじいちゃん(私の父)のふとんの足元にもぐりこんで寝ているそうです。かわいそうな生い立ちの子だけど、今は穏やかで幸せな生活を送っているんだと思ってもいいかな?

c0133013_1056554.jpg
優しい性格の小太郎と活発で明るい性格のピーちゃん。ふたりはとても仲良しです。045.gif
ずっとずっと元気でいてね。


金曜日、私のミスで尾羽が全部抜けてしまった希ですが、その後は何事も無く元気です。
寸足らずな姿がちょっと哀れですが・・・・。
c0133013_11322518.jpg
換気扇フードにとまる寸足らず希。とりあえずいつもここに飛んで来るのです。すぐ油汚れでべとべとになってしまう換気扇フード、以前は放置でしたが、今はマメに拭かなくてはならなくなりました。


あの時は、恐怖のあまり私のことも怖がって避けていた希でした。事件後初めての放鳥の時は、もしかしてトラウマになって私のところにはもう来てくれないかもしれない・・・と心配しましたが、大丈夫でした。
いつもと何も変わらず、私の頭や肩に貼り付いて甘えてくる希でした。
c0133013_11324888.jpg

鳥たちは優しいですね。希には怨んだり憎んだりという感情はないんですね。
私がもし希の立場だったら、しばらくは私の顔なんか見たくないと思うもの。(あれ?なんかおかしい?)
鳥たちは純粋で一途で無垢なキレイな心をもっています。
手垢にまみれて邪念だらけの私の心も、鳥たちと触れ合うたびに浄化されるような気がするんだけど、気がするだけかな?039.gif

[PR]
Commented by よーこ at 2010-04-14 00:58 x
とんとごぶさたしとりますです。
イベントの終了と同時に疲労でダウンしちゃってました。歳ですな(笑っ) やっと、ちょっと復帰しました~。

それでも、毎日のワタシの癒しはsana家の記事を読むことですんで、 (^ワ^)
希ちゃんの記事で、手のひらに11本を想像して私も腰を抜かし、海たまのお行儀の良い食べ方に萌え、花ちんの甘えぶりにハタマタ萌え、娘さんの成長ぶりに感心し。。。とsana家の事情通になってることにアラタと笑い合っておる日々でごじゃります。

実家のぴーちゃん! ほんと賢そう!! うちのぴぃとはやっぱり違うなぁ(^^) 同じような顔つきでも、表情って・・・やっぱり一羽一羽違いますネェ。改めてしみじみ。。。小太郎君ともどもたくさん長生きして欲しいでっす!!

寸足らずでも、かわいいよ、希ちゃん~。sanaさんの愛情、伝わってるから何があっても安心してるんだろうな、希ちゃん。。。

気温のアップダウン激しいですね。腰の方はその後いかがでごじゃりますか?
Commented by sas_p at 2010-04-14 02:24 x
御実家のお母様大変でしたね。
『転ぶ』とか『救急車』というキーワード
どちらも昨年経験してる私なのでsanaさんの心情よくわかります。
お母様大きなケガに繋がらず何よりでしたが、
少し経ってから痛みの影響とかでることもあるのから心配よね。
ご自身が大変なときでも娘のことを想う…優しいよね母親って。
また元気な顔見せてお母様喜ばせてあげてね♪

小太郎君元気そう(*´エ`*)よかった!
ピーちゃんもとってもイキイキしたお顔してるね。
小太郎君とのツーショット写真もめっちゃカワイイ ヽ(=´▽`=)ノ

希ちゃんもすっかり元気な寸足らずで安心しました。
寸足らずの方がしっぽぶつからなくて動きやすいんでない?(笑)

親の身体のこと常に不安を抱く年齢になったよね。
できるときに出来る限りの親孝行しようね。
お母様お大事に。。。
Commented by りおん at 2010-04-14 09:48 x
おかあさま、大変でしたね!!
でも、お元気なようで安心しました。
あざ、早く消えるといいですね~。
うんうん、母親って、自分よりも子供のことが優先なんですよねー。
わたしもしばらく帰っていないので、せめて今日あたり電話してみようかな?^^;

ピーちゃん、小太郎ちゃん、元気にしてましたか~^^
うんうん、小太郎ちゃん、今は穏やかなお顔をしていますよ^^


希ちゃん、しっぽが短くったってかわいいわよう~^^
鳥さんって、いやいや動物たちって本当に純粋ですよね

本当に癒されます。。。
希ちゃん、早くしっぽが生えてきますように~^^
Commented by sana at 2010-04-14 22:56 x
よーこさん
イベント御苦労さまでした~。
ブログ読みましたよ。
ゼロからプロデュースして作り上げるってすごい~。
素晴らしい結婚式だったのでしょうね~。ソレ、私も出席したかったくらい・・・(^^

私のブログで癒されていただけてるなんて光栄ですわ。
我が家のドタバタリビングで今後どんなハプニングが起きようとよーこさんに見守ってもらえてると思うと心強いですー。

ピーちゃんとぴぃさん。そっくりな名前だけどやっぱり個性ってありますよね。
小さな哲学者のようなぴぃさんと深く考えずにまずは体を遣う体育会系のピーちゃん。個性ですよねー。

寸足らずの希、けっこうかわいいですよね?^^
尾羽がなくてもぶんぶん自在に飛びまくってます。
オカメのりっぱな尾羽って何のためにあるんだろう?って考えさせられました。

ホントに寒暖がはげしくて毎日何を着ていいやら・・・という日が続いてますね。よーこさんも一仕事終えてホッとしているところですから、油断して風邪などひかないように気をつけてね。
私の腰はすっかり良くなりました。一体アレは何だったんだろう?
ありがとうございます。^^
Commented by ぐ〜るる at 2010-04-14 23:13 x
きゃーーー!!
小太郎ちゃんとピーちゃんのツーショット
かわいい〜〜〜!!!
とても絵になる二人ですね^^

お母様、大変でしたね〜。
でも、そういう状況にありながらも娘を気にかける姿、
自分の母をみてるようです。
私は遠く離れてるのでそう簡単に会いにはいけませんが、
GWにでも、こたさんヒト♂にお願いして会いにいってこようかな〜。

希ちゃん、ずいぶん器用ですね〜。
そんな狭くてつるんとした場所にとまるなんて^^;
うちなんて、その場所、油まみれてベトベトですよ〜^^;
あ〜そろそろ掃除しなくっちゃ〜(><)
Commented by queso at 2010-04-15 08:12 x
お母様、大変でしたね。
骨折などされずに本当に何よりでした。
家の母も以前はヒールのある靴を履いていましたが最近は
転ぶのが怖いし、と歩きやすい靴ばかりはいています。
仰る通り、一度骨折して寝込んだりすると、どうしても歩く力が
弱くなりやがて・・・と想像してしまいますよね・・・。
私もいつももっと親孝行せねばと思いつつなかなか実現できずで
今年こそ・・・と心を新たにしています。

インコちゃんとワンちゃんの写真、素敵ですね~。
仲良しなんですね。(^^)お互い違う生き物だと自覚して仲良く
しているのかな?
オカメちゃんも元気な様子で何よりです。
Commented by イルタン at 2010-04-15 09:18 x
こんにちは。
お母様、びっくりしましたね。。。
こうゆう時に1人暮らしだったら・・って考えるとすごく不安になりますよね。。
私たちが年をとっていく分、もちろん親たちも更に年をとっていくわけで、ずっと元気でいられたらどんなにいいかっていつも思います。
階段から落ちるなんて考えるだけで涙がでそうです。
私の父も体が不自由なのでよく農作業中に高い場所から体のバランスを崩して下に落ちてケガをしていて、それを見るたびに近くに居て農作業中、毎日顔を出して手伝えないのが悔やまれます。

わ~~~♪小太郎ちゃんとピーちゃん。2人の素敵な写真ですね^^2羽ともとっても穏やかな良い表情をしています。
うちの犬たちにも鳥さんと仲良くなって欲しいけど無理だろうな~~^^;だからすごくうらやましいベストショットです♪
希ちゃん、ちょうど換羽とかも重なって痛みもあまりなかったかもしれませんよ~~。
羽軸にぜんぜん血のあともないし、きっと抜ける羽だったんですよ~~^^
うちも依然お迎えした子が短い尾羽できたことがあって、うずらみたいでとってもかわいかったですよ^^
Commented by sana at 2010-04-15 09:49 x
sas_pさん
そうよねー。sas_pさんのところも去年夏、大変だったものね。
私もすぐその事を思い出したのよ。
ウチの母は幸にも骨折は免れて本当に良かったわ。
高齢だから、歩けなくなったらそのまま・・・・ってことも十分ありえるのでね。--;
でも、殴り合いでもした後のような顔見てびっくり!
強くぶつけると人間ってあんなになっちゃうんだねー。
早く、顔もきれいになって欲しいです。アレじゃ、外にも出られません。^^;

小太郎、去年の夏、一時期体調崩したけど持ち直しましたね。
暑さに弱いみたいなので、今年の夏が心配だけど。

ピーちゃんと小太郎の写真、可愛いでしょ?
これね、ちょっと前に兄が一眼で撮ったものなんです。
大きく引き伸ばして飾ってあったので一目ぼれ。^^

希、尻尾が無いことなんて忘れてるみたいに元気にとびまわっているわ。一安心。飛ぶのにあの立派な尻尾は関係無いのかしらね?

そうだね。考えたくないけど、年取った親の心配する年齢になったんだよね。ホントに孝行しなくっちゃなー。後悔するよね。
心配してくれてありがとう・・・。

Commented by sana at 2010-04-15 10:02 x
りおんさん
ありがとう。
そう、母、顔がすごいことになってるから、今は外出も出来ないみたいです。
知らないヒトが見たら、ぎょっとするような顔になってるから。
早く、元通りになるといいのだけど・・・・。
最近、あまり実家にも行かないのだけど、もっと足繁く行かなくちゃって思いました。もう、両親とも何があるかわからない年齢なので。
りおんさんもたまにはお母様に顔みせてあげてね~。^^

小太郎、元気でしたねー。^^
もう年ですが、今は穏やかな生活を送ってるようだからよかったかな~。出来ればまた元気に走り回る姿が見たいけどね~。

尻尾の無い希、見慣れてきましたねー。けっこう可愛いですよね。^^若さでしょうか?今すっごい勢いで筆毛が生えてきてますよ。^^
りおん館の面々も、もんのすごい癒し効果抜群の方々よね。^^
動物の純粋さに触れると、心が洗われるようですよね。
Commented by sana at 2010-04-15 10:14 x
ぐ~るるさん
小太郎とピーちゃんのツーショット、絵になるでしょ?
ピーちゃんはカゴの外にいるとき、小太郎がそばにいるとこうして頭にとまるんです。小太郎も全然気にしてないの。勝手にとまっとけば?って感じ。そのうち、ピーちゃんが小太郎の毛繕いとかするようにならないかな~。^^

はい~。階段から落ちて救急車呼んだって聞いたときはびっくりしました。顔面打撲だけで済んで本当に良かったです。
私は両親の遅い時の子なんで、そのせいか過保護に育ちました。
そして今でも母は私に対して過保護気味ですねー^^;
自分も親になってみて、母親の愛情の深さは身に沁みて分かりました。ぐ~るるさんも是非、GWにはお母様に会いに行ってあげて~。^^

希は何かと、この場所にとまるんですよー。すぐベタベタになるところだから、いやなんだけどー。
おかげでしょっちゅう拭き掃除するハメに・・・。いいんだか、悪いんだか・・・?
Commented by sana at 2010-04-15 10:31 x
quesoさん
ありがとうございます~。
骨折しなくて良かったですよ~。
あの年でもし足など骨折してしまったら、多分そのまま・・・・って可能性大ですものね。
私も年齢とともに、実家と距離ができてしまって、もっとしょっちゅう顔を出すようにしないと・・・と思いました。
quesoさんはお母様とお出かけしたり、とてもいい感じの母娘の関係を持たれているようで羨ましく思ってます。一緒に楽しく過ごす時間を持つだけでそれも親孝行だと思います。

実家の小太郎とピーちゃんは、仲良しなんです。
ていうか、小太郎の心が広いのかな?ピーにやりたい放題されてますね。^^;違う生き物だと分かっていると思います。少なくとも小太郎のほうは・・・。
でも、小太郎はウチの花は苦手なんですよ。大きいからか、顔が怖いからか(笑)、一度対面させたら、固まってました。^^
Commented by sana at 2010-04-15 10:48 x
イルタンさん
そうですねー。老人の一人暮らしって怖いですねー。
この時は、父と母ふたりだけだったのですが、父はTVを見ていて、どっすーん!と音が聞こえたけどまさか母が階段でコケたとは思わずにしばらく放置だったらしいですよ。(--;
ふたりでも老夫婦だけだと、怖いです。
子供の頃は、親は永遠に頼れる大きな存在のような気がしてたけど、老いていって頼りない存在になってくるものなんだって痛感してます。
お父様、農作業での怪我、怖いですね。離れていると心配ですね。でも、イルタンさん時々帰ってお手伝いしてるものね。
それだけでも親想いの方だなぁ~って感心していましたよ。

ピーちゃんと小太郎は、奇跡のように仲がいいのです。
普通無理よね?多分小太郎が足が不自由で動き回らない子だからピーちゃんも安心してそばに行けるのかなって思います。^^

オカメさんの尾羽って、簡単に抜けてしまうんですねー。びっくりでした。その時はびっくりしてイルタンさんに相談しようかと思ったくらいです。
でも、元気いっぱいで心配なさそうです~。

そうだ!そちらは今頃ベビーラッシュでしょうか~?


by sanakk | 2010-04-13 11:39 | Comments(12)

平凡な主婦と平凡なヨウムの楽しく滑稽な日々を綴ります


by sanakk