ヨウムな生活 sanahana.exblog.jp

平凡な主婦と平凡なヨウムの楽しく滑稽な日々を綴ります


by sanakk
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ワカケホンセイインコの群れを探して・・・

とうとう関東地方も昨日から梅雨入りしてしまいました。
またしばらくは、リビングに吊るしまくった洗濯物に鳥たちのうんPかけられないように気をつけなければなりません。008.gif

ところでおとといの日曜日のことですが、私、念願の野生インコ探索に行ってまいりました。
場所は目黒区大岡山の東京工業大学のキャンパスです。車だと家からそう遠くないのでいつか行ってみようと思っていました。
東工大敷地内の銀杏の木をワカケホンセイインコの群れがねぐらにしているのはテレビなど見てご存知の方も多いと思います。
事前に6月のこの時期は夕方の6時半から7時半の間にねぐらの木に帰ってくると調べておいたので、おやーじゅと次女と買物に出た帰り、強引に二人を引き連れて東工大に押しかけたってわけです。
さすがに国立の大学ですねぇ~。キャンパスの広いこと。
着いたのは夕方6時ちょっとすぎでした。正門を入ってすぐ左の銀杏並木がワカケたちのねぐらだと聞いていましたが、確かな情報ではありません。
広いキャンパス内には緑も多く、いったいどの木にインコたちが帰ってくるものやら・・・・お気楽に来てみたはいいけど、そんなに簡単なことではないと分りました。

キャンパスの奥の方に歩いていくと、どんどん木々は増えていって、鳥のさえずりはあちこちから聞こえてくるけどインコの鳴き声ではありません。目に付くのはスズメと子育てに忙しいツバメの姿のみ。
まだ、ワカケたちは帰ってきてないのか・・・・?
c0133013_1411072.jpg

c0133013_13371492.jpg
呆然と木々を見上げる次女とおやーじゅ。広すぎて、木が多すぎてターゲットをどこに絞っていいのか皆目見等がつきません。
やっぱりしっかりとした下調べもせず、突然来てワカケインコの群れを見ようなんて甘かったかな・・・と思ったその時、おやーじゅが、「あっ、あー!」と空を指差して叫びました。
005.gifおおおー!十羽程度の鳥の群れが空をものすごいスピードで横切っていきました。
あ、あれは、長い尾羽のあの鳥たちはまさしくワカケホンセイの群れ~。
追いつくはずも無いのに、ワカケたちが飛んでいった方向に走り出す、おバカ3人組。
すぐに見失ってしまいました。もちろんカメラを取り出して写真を撮る余裕などあるわけもなく・・・。
さてと。彼らがねぐらとしている木はどこだろう?どうやら私が調べた古い情報はやっぱり当てにならないみたいだ・・・。
途方にくれてさらにキャンパスの奥へととぼとぼ歩いていると、またしてもおやーじゅが「あ!ほらほらほらー」と指差す空。電線の上に・・・・
c0133013_13481688.jpg
コレはどうみてもインコでしょ?遠いので色までは確認できませんが・・・・。
700羽ほどもいると言われるワカケの群れの中にはとても少数ですがダルマインコも交じっているといいます。(ボウシインコも交じっているという目撃談もあります。)もしかしたら、ダルマインコかも?同じホンセイ科のワカケとダルマは遠目に見ると体のシルエットがそっくりですから。

私はねぐらの木にもの凄い数のワカケたちが帰ってくる様を見たいのです。どうしてもその木を特定しなくてはなりません。
ちょうど自転車で通りかかった警備員の人に聞いてみることにしました。
おそるおそる声をかけてみると、警備員のおじさん、すごくいい人。勝手に日曜日のキャンパスに入り込んでいる部外者の私たちを白い目で見ることも無く、親切に教えてくれました。
以前は私が聞いた情報どおり、正門近くの銀杏の木がねぐらだったのだけど、その銀杏の枝を去年落としてしまったのでねぐらが変わってしまったそうです。今はキャンパスのずっとずっとはずれの石川台地区のほうの木をねぐらにしてるのではないか・・・と教えてくれました。そして、インコたちが帰ってくるのはこれからだということも。
お礼を言って石川台地区に向かって歩いていると、ちらほらと自転車で現れる警備員のおじさん。どうやら、気にしてくれているらしく、最後には私たちに合流してしまいました。
c0133013_1452753.jpg
私たちの行く先々に、どこからともなく現れてはおやーじゅに道案内する警備員さん。なんだかほのぼのしてしまいました。
そして、多分この木だと思うというところまで案内してくれたのです。いい人だ。
ソコはホントに大学の敷地のはずれのはずれ・・・。ちょうど建物から出てきた学生さんの一団に「インコはこの木に帰ってる?」と聞いてくれる警備員さん・・・。ホントにいい人だ。043.gif

c0133013_13561497.jpg
確かにその木のてっぺんの枝は、鳥がついばんだように葉が無くなっており、地面には見慣れた大きさのインコのものと思しきうんPが落ちて乾燥していました。
よし!とその木の前にあるベンチに座って待つことにした私たち。時々大学関係者と思われる人が歩いてくるのですが、揃って空を見上げて座っている私たち3人組にチラッと視線を投げかけて行きます。かなり、怪しいと人間と思われたかもしれません。037.gif

もう、7時を過ぎて相当空も暗くなってきたのに、ちっともワカケたち帰ってくる気配がありません。
やっぱりこの木ではなかったのかと諦めかけたころ、かなりの数の群れがまたもや空を音もなく横切っていきました。彼らはいつも諦めかけたころ不意をついてその姿を現します。
目の前の木にとまる気配もなく飛び去っていく群れ。この木ではなかったのかと不安になってきます。おやーじゅ、ちょっと探してくるとワカケたちが飛び去った方向に向かって大学の裏門を出て行ってしまうし。
おやーじゅの(短い)足で地面を歩いて、飛んでいく鳥の行く先を見つけられるわけも無いのに。

すっかり暗くなって、こりゃもうこの木には帰ってこないねぇ・・・諦めて帰ろうか・・・・と次女と話していると、なんと数羽の鳥がひらひらと舞い降りてきました。ワカケたちです。
もう暗いので、しっかりと確認はできませんでした。多分5~6羽です。
あっという間に枝の中に入ってしまって姿も見えなくなりました。すぐに眠ってしまうのか鳴き声もあげません。
木のすぐ前にある建物(多分大学関係者の官舎)の3階廊下まで無断で登って目を凝らして見ていると見つけました。一羽だけ。
c0133013_14205926.jpg
すっかり暗いし、私のデジカメではコレがいっぱいいっぱいの画像です。ズームしてるのでどうしてもブレてしまいます。でもまさしくインコのシルエットですね。海の後姿によく似ています。

c0133013_1424999.jpg
このワカケくんは、すっかり暗くなってもずっとこの枝にとまって、宵の口の心地よい風を楽しんでいるようでした。

大挙してねぐらに帰ってくるワカケの群れは見られませんでした。きっと今はねぐらの木が分散してしまったのでしょう。でもまあ、野生のインコが群れで空を飛ぶところが見られただけでも収穫だったかな。

c0133013_14281495.jpg
東工大を後にするころは、もうすっかり夜になっていました。
ちなみにねぐらで羽を休めるワカケの群れは、銀杏の木が葉を落とす冬場に見に来たほうがいいそうです。
今度は、しっかり下調べして冬に見に来ようぜ、とおやーじゅ。←私に負けないくらい物好きです。
でも、わくわくして楽しかったですよ。幻のイキモノを追いかけて探検しているみたいで、童心に戻りました。


まったく余談ですが、大学の正門入った正面に「祝、菅直人氏内閣総理大臣就任」の垂れ幕がありました。
菅さん、東京工業大学を1970年卒業されたんだそうです。知りませんでした。
理数系のヒトだったんだ。理数系の頭脳を持つヒト(憧れ)、総理大臣としてどんな手腕を見せてくれるのか・・・・?


  長女の小指でこちょこちょされてる海。
c0133013_15411949.jpg
ワカケホンセイインコ?おいらが近くにいるのになんでわざわざ?
[PR]
Commented by ぐ〜るる at 2010-06-15 21:56 x
うわあ〜sanaさん、ワカケの大群見に行ってきたのですね^^
うらやましい。。
以前、ナ◯コレ珍◯景にも出てましたねー^^
冒頭の映像にダルマさんが数羽混ざってました〜。
確かにワカケ飼いさんの中でもその大学は有名みたいです。
しかも、群れが見たくて訪ねていくと、やはり警備員さんがとても親切に教えてくれたと聞きました^^
なんか公式のHPによると、昨年の4月に大群がまたいなくなったのだとか。。。
やはり、銀杏の木がきられたからなんでしょうか。。
私もぜひ、行ってみたい場所のひとつであります^^

Commented by sana at 2010-06-16 15:00 x
ぐ~るるさん
そうなんですよ~、ついに行動に移しました。^^
この大学、わりと近くなのですがなかなか行けなくて・・・。ずっと気になってました。
ナ◯コレ珍◯景見てましたよ。ダルマインコもいましたよね~。
TVの映像のように近くで見れるのかと思っていたら甘かったです。
銀杏の枝が切られてねぐらを移動した時に群れが分散して小さなグループに分かれてしまったのでしょうか?緑の大群が押し寄せてくる景色は見れませんでした。
でも、野生のワカケさん、かっこよかったですよ~。すっごく飛ぶのが早いんですよ~。長い尻尾がスーッと伸びていてインコならではの美しい飛翔の姿ですよね。こたさんや海も野生化したらあんなふうにかっこよく早く飛ぶことができるんでしょうかね?^^
今度は、もっと情報を集めてからリベンジします。
冬は銀杏の葉っぱが落ちてるのでとまってるインコたちが丸見えらしいですね。
東京にお越しの際は是非こちらに行って、野生のワカケさんウォッチングしてみてみて~~^^
Commented by りおん at 2010-06-16 18:09 x
う~ん!このシルエット、ワカケさんですね~^^
わたし、ずっと前にワカケさんと一緒に暮らしてたんですよ~^^
ゲームセンターにいるような不思議な鳴き声をしていました。
なつかしいなあ~^^
野生化して群れている話は知っていましたが、見に行った事はないです。
でも行ったらぜったいに夢中になって探しちゃうだろうな~^^
見ることが出来てよかったですね~!
今度は双眼鏡も持参しなくちゃ^^
それにしても警備員さん、すっごくいい人だわ~^^
かなり広い場所だから、ちゃんとたどり着けるかどうか、心配だったのでしょうね!^^
冬のリベンジ、楽しみにしています~^^

あら海ちゃん、ニヒルに決めちゃって~^^
あら~?
そういわれてみると、ワカケさんとダルマさんのシルエットって、そっくりだわー!!
今まで気がつきませんでした!
Commented by sana at 2010-06-17 13:27 x
りおんさん
ワカケさんと暮らしてたこともあるんですかー。
海もそうだけど、叫び始めるとけっこう大きな声が出ますよね。
陽気で物怖じしない性格の鳥さんってイメージがありますね。
ワカケさんてものすごいく適応能力というかサバイバル能力みたいなものが備わってるんでしょうね。もともとは飼い鳥だったんだろうけど、ここまで数を増やして都会の中で生きていくってカラスに負けないくらいの知恵があるんじゃないかな。逞しい鳥さんだと思います。
そうそう、双眼鏡の事を忘れていたのよ。次回は必ず持って行きます。^^
今の時期、早朝4時にねぐらを発って、19時過ぎに戻ってくるらしいんだけど、その間はどこで何をやっているんでしょうね?知りたいわ~。
警備員の方には感謝です。案内してくれなければ、ねぐらの木なんて絶対みつけられなかったわ。ちょっととっつきにくい怖い感じだったんだけど、実は優しいヒトなんだなーって思いました。ヒトはちょっと見じゃ分らないですね。^^;
ワカケさんとダルマは、前から見ると全然違うんだけど、後姿がそっくりですね。近い仲間だということが後姿に現れてますねー。
Commented by チョコバニラのママ at 2010-06-17 22:10 x
それ、ニュースで何度かみたことあります!
すごいキレイな緑色のインコですよね??

大量には見えなかったみたいですけど、
目撃できてよかったですね^^
そういったお出かけに付き合ってくれるおやーじゅさん、やさしいですね^^
(おやーじゅさんのほうが本気かな??(笑)

テレビで見ていたらセキセイインコくらいの大きさかと思っていましたけど、
海くんくらい大きいのですか???
それなら結構な迫力ですね!

今度はたくさん見られるといいですね!



わたしも海くんをこちょこちょしたいです~♪
Commented by sana at 2010-06-18 00:18 x
チョコバニラのママさん
TVの番組で何度も取り上げられてるから、見たことあると思います。
ワカケさんはきれいな緑色で美しい長い尾羽を持っています。
後ろ姿は海とそっくりです。
なぜなら、ワカケさんとダルマは親戚だからです。^^
ワカケさんは海より一回り小さいようです。オカメインコくらいでしょうか・
実際、この東工大をねぐらにしているワカケの群れの中にダルマインコも混じっているそうですよ。あー、もっとよく見たかった。
でも、野生のインコが飛ぶ姿を見られて良かった。インコといえば日本では飼い鳥ですが、野生のワカケホンセイインコすっごくかっこよかったです。^^
おやーじゅは、こういうことにノリがいいんですよね。
もう、遅いから帰ろうか、と言ってもここまで待ったんだからもう少し待ってみようと言って、私より粘ってましたね 。^^;
by sanakk | 2010-06-15 15:57 | Comments(6)