ヨウムな生活 sanahana.exblog.jp

平凡な主婦と平凡なヨウムの楽しく滑稽な日々を綴ります


by sanakk
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

therapy Birdsに救われる

       うろこ雲、秋の空ですね~。
c0133013_9513114.jpg
父の病気のことを知って以来、数日間は頭の中心がじぃんと痺れたような状態で、ぼーっとして雲の上を歩いているみたいな感じでした。
そのくせ、娘たちのちょっとした言葉尻に敏感になって癇にさわり、喧嘩を売ってしまったり。実際、何度か娘たちと小さな言い争いをしてしまいました。
当然、鳥たちを放鳥していても心ここにあらずの状態だったと思います。
とりあえず仕事はこなすけれど、家事をする気力が無く、食事の支度などまったくする気が起きず、ここ数日はスーパーの総菜を買って済ませたり、お弁当を買って帰ったり・・・・。勤め帰りに買物をすることも苦痛に感じました。これは、もしや鬱状態なのではあるまいか?と思ってみたり。なんで人は毎日毎日三度の食事をしなければならないのか。作りたくない、食べたくないと思うなら食事なんて抜いてしまえばいいのに・・・・、なぜ私は心も体もダルいのに食事の支度をしなければならないのか、とさえ思いました。

c0133013_9582098.jpg
おとといの夜だったでしょうか、花を連れて寝室に籠っていた時、いつものように私のそばにすり寄ってカキカキをせがむ花でしたが、私が手を出すとガブリ。本気ではないけど、「いててっ!」という程度の噛み方で何度も噛んできます。花は私を噛んでくることはほとんどないのでこれはとても珍しいこと。
c0133013_104507.jpg
花といてもどこか放心状態だった私のことを怒っていたのかもしれないですね。
ちょっと、しっかりしてよ!と。
我に返りました。
一家の大黒柱である私が(いえいえ・・・大黒柱はおやーじゅですが017.gif)腑抜けの状態では、家の中は荒廃してしまいます。娘たちの心も荒れてしまうかもしれないし、鳥たちだって拠り所を失ってしまうのだと思いました。しゃんとしろ!自分!

そんなわけで昨夜は久しぶりに料理らしい事をしました。
c0133013_1064772.jpg
秋の味覚の生筋子からいくらの醤油漬けを作る。これは娘たちの大好物。
c0133013_1094127.jpg
そしておふくろの味代表料理の肉じゃがを作る。
料理をしながら、久しぶりに赤ワインを開けて飲みました。台所で料理の味見をつまみに飲むワインはなんでこんなにおいしいのでしょう。うわっ、キッチンドランカーと呼ばないでください~。012.gif

c0133013_10592740.jpg
花はすごいね。私にエネルギーを吹き込んでくれた。
c0133013_1135971.jpg
そして海はいつのまにかひっそりとケージから出てきて振り返るとすぐ後ろに佇んでいました。「おいで」と手を伸ばすと肩にするする登ってきてずーっと私に寄り添っていてくれました。何も言わずにただじっと私の肩にとまって、私の頬に体をぴったり付けて。まるで「大丈夫。おいらがいるよ。」とささやいてくれているよう・・・・。
c0133013_11124917.jpg
海、キミはイイ男だねぇ。ダルマインコにしておくのはもったいないよ。キミみたいにやさしいオトコが身近にいたら絶対オンナは惚れると思う。

数日振りに食事の味が分かり美味しいと感じました。ワインもおいしい。
鳥たちのパワー、すごいです。

[PR]
Commented by ポーリーアンドチェリー at 2010-10-07 13:55 x
わかっていても何もしたくない。
そんな気持ち良くわかります。
お父様の事でショックうけているのですから。
でも良かったです。
頼もしいtherapybirdがちゃんといましたから。海ちゃんと花ちゃんといれば、何があっても大丈夫。
うちもたまに落ち込むとがっつり咬みにきます。アオボウシインコ&ヨウム&コガネメキシコインコが筆頭にその他大勢。
Commented by n. at 2010-10-07 22:55 x
私も鳥さん達に救われてます。オカメちゃんをカキカキしてあの匂いを嗅いでどれだけ元気をもらったでしょう。頭を私の頬につけるあの子にどれだけ愚痴を聞いてもらったでしょう。
人間語を喋らない鳥さんに呟く自分の言葉に自分の気持ちの居場所に気づかされたり・・・、鳥さんは優秀なセラピストですよね。
だから、大丈夫ですよ。お家のお母さんで、お父様の娘であって下さい。

sanaさんのお気持ちが穏やかで元気でありますように・・・
Commented by ぐ〜るる at 2010-10-07 23:07 x
鳥たちはとてもいいパートナーですね^^
sanaさんの心のうちをちゃんと読み取っていて、
それでいて、スッと、sanaさんに歩み寄って心の固まりをとかしてゆく。
きっと、人間には出来ない事なんだろうな〜と思います。
私はこの夏に別れがあり、
普段は普通にしていられるけど、一人になると
つい、涙が流れて。。って感じでした。
やはりそんな時、こたさんが異変を感じ取って
どうしたの?って感じで涙を食べに?舐めに?きました。
そのおかげで今はだいぶ楽になりました^^
私もこんなふうになれたらな〜なんて思った出来事でした。
なんだか、いつもの事ですが、文章ヘタでごめんなさい。
Commented by チョコバニラのママ at 2010-10-08 09:09 x
花ちゃん海君、ほんとうにやさしいですね。。。
言葉を話さない分、感じられるものがあって
あたたかいですね。
sanaさんが少しでも元気になれてよかった^^
お料理もとってもおいしそう!
私は凝ったお料理を作るのが気分転換&ストレス解消になったりするので
sanaさんがお料理する気持ちになれてほんとうによかったな~って思いました♪
でも、たまには沈むときや休憩も必要ですよ!
無理しないようにマイペースで過ごしてくださいね♪
Commented by 翠雲 at 2010-10-08 12:27 x
sanaさま
人間だけが悩み落ち込むことができる生き物だと思いますが、その心を微妙に動物たちは感じることができるのでね。花ちゃん「お母さん元気だして」ってのガブリなのでしょうね。海くんも優しいですね。
鳥さんて連れ合いが病気の時って、ずっと寄り添っていますよね。きっと、sanaさんが元気ないから海くん看病しているのかも。sanaさんの心の看病ですね。
すばらしい、特効薬ですよきっと。
Commented by sana at 2010-10-08 16:55 x
ポーリーアンドチェリーさん
ええ・・・、先週から今週前半は、本当に自分でもどうしちゃったのかと思うほど無気力になり・・・、家族や鳥たちにも負担をかけたと思います。
ホントに不思議ですね~。元気がないとカツを入れに来る花。
ただ静かに寄り添ってくれる海・・・・。ちゃんと私の心の変化を読んでくれているとしか思えません。
ポーリー&チェリーさん、うかうか落ち込んで入れられませんね。^^そんなに大勢の子が次々とにカツを入れに来るなんて・・・・。(笑
たくさんの愛に囲まれてるんですね。^^
Commented by sana at 2010-10-08 17:03 x
n. at さん
鳥たちに限らずでしょうが、一緒に暮らす動物たちは、その無垢で純真な心ゆえに飼い主の変化に敏感なのでしょうか?
特に落ち込んでいる時などは、すぐに気がついてくれる気がします。
優しいオカメさんと暮らしていらっしゃるのですね。^^
私も今までどれだけ鳥たちに救われて来た事か・・・・・。
まだまだお世話になってしまいそうです。^^;

ありがとうございます。さいわいに家族がいて目の前にやらなきゃならないことが山積みなのでいつまでも落ち込んでいるヒマが無いのが救いです。
時々、涙腺緩みますが、穏やかな気持ちでいられます。
Commented by sana at 2010-10-08 19:36 x
ぐ~るるさん
ほんとにね~、動物にしかできない癒し方ってあるんですよね。
なんだかわかんないけど、とにかく寄り添ってくるって感じ。
人間みたいに慰めの言葉とか無いけど、静かに心の中に入って来る感じですね。
普通にしてても、なにかのきっかけで涙があふれるってありますよね。
ぐ~るるさんもこたさんに癒してもらったのね。^^
こたさん、涙を舐めてくれるなんてなんて優しい子でしょう。
花はね、私が台所で片づけをしながら、ぽろりと涙をこぼすと覗きこんできて「ごはんたべる?」って言うんですよね。(笑
どしたの?って言いたいのかしらね。可笑しくなって悲しい気持ちが紛れてしまいますね。^^
ありがとう。こたさんの話でほっこりしてしまいました。^^
Commented by sana at 2010-10-08 19:58 x
チョコバニラのママさん
そう、言葉が無い分寄り添ってくるあったかさとか、直球で心に響きますよね。
花のガブガブはちょっと痛かったけど、それも私へのシグナルだとしたら嬉しいですね。^^

ほんとにずーっと、何もする気になれなくて・・・台所に立つ気にもならなかったのよ。家族にも悪いことをしてました。
花と海のおかげでなんだかまた気力が出てきて、ちゃんとゴハン作れました。^^
そうそう、気分転換になったかな~。^^
大丈夫です。泣いたり笑ったりしながら、また元気に過ごせそうです。ありがとうね~。
Commented by sana at 2010-10-08 20:29 x
翆雲さん
動物は、飼い主の感情の浮き沈みをキャッチできる何かセンサーをもってるんでしょうか?
花のガブリは、きっと「お母さんが元気がないとつまんない!」という抗議だったのかもしれないです。ちょっとだけ痛かったけど気合い入りました。(笑) 天真爛漫な花らしいやり方です。
こういう時、男の子の海は優しいですね。静かに寄り添ってくれて・・・。看病してくれたんですね。確かに、心が病気の時は鳥たちにケアしてもらうのが一番です。特効薬ですね。^^
これからもたくさんお世話になりそうです。
Commented by りおん at 2010-10-09 09:30 x
うんうん、自分でもどうしようもない時ってありますよね。
頭の隅では、このままじゃいけないってわかっているんだけど
何もしたくない、できないとき、ありますよ~。
そこにどっぷり浸かりこんで、色々考えたい時だってあるけれど
現実には、やらなければならないことが山積みで
それすら自由にならないのかと、腹を立ててみたりね。

花ちゃんは、sanaさんの心にとっても近い位置にいるのね^^
「おかーちゃんらしくないよ!みんなこまってるよ?しっかりしよう?」って
カツを入れてくれたのね?
海ちゃんは本当に、ダルマインコにしておくのはもったいないほどのいいオトコ!
ちょっとぐらいはげていたって、気にしないわ~^^

花ちゃんは、そんなsanaさんの状態を見抜いて、目を覚めさせてくれたのね?
動物達は、心の異変を微妙に感じ取りますよね~。
Commented by りおん at 2010-10-09 09:33 x
ごめんなさいー!
下の2行、削除するつもりが、いつの間にか下にくっついていましたーTT
変な分になっちゃった~XoX
Commented by queso at 2010-10-09 16:07 x
花ちゃんも、海ちゃんも敏感にsana様の気持ちを察していたの
でしょうね・・・。
小鳥達は飼い主の一挙一動をじっと見ていて感受性も強い
生き物なのだと思います。涙を流していたらパッと寄ってきて
慰めてくれる小鳥の話も聞いた事があります。
「何かあったんだ・・・」と感じ取っての行動なのでしょうね。

でも、辛い時は無理をされないでください。
感情には波もありますし、そんなときは海ちゃん、花ちゃんも
分かってくれると思います。

イクラ、また作られましたね(^^)。
私もまた明日仕込もうかな。こんなお天気だから台所での仕事が
はかどりますね。
Commented by ヤス at 2010-10-09 23:20 x
なかなか難しいことですが、あまり思い詰めないように。
思い詰めると自分も苦しいし、そしてそれはなによりも周りの人に分かってしまう。特にお父様が気づいてしまうでしょう。
気晴らしは悪いことではありません。
お父様のことを考えるときは考え、それ以外の時は花ちゃんや海ちゃんたちと遊んで気を休めて下さい。
花ちゃんたちも敏感にsanaさんの心の苦痛を感じ取っているのでしょう。
ほんとうにこんな小さな鳥たちなんでしょうけど、本当に宝物ですね。
私の父親も入院中ですが、本人は気づいているか分かりませんが、先生からはもう家には帰れないと言われています。姉とも相談して不要な延命治療はしない方針です。まだ気はしっかりしていますが、大分体の状態は悪くなっているようです。そろそろ覚悟をしておかないと。
とにかく今は現状を受け入れて、見守っています。
Commented by sana at 2010-10-10 09:34 x
りおんさん
ありがとう。分かってくださるのね。^^
あの数日間の無気力はなんだったのでしょう。
脳が考えることさえ拒否してしていたようでした。
そのくせ、妙に神経は尖ってささいなことにイラっとしたり。
花の何度も咬んでくるという普段はしない行動で、はっと
したんですよね~。花らしい行動だったと思います。
海は、やはりとても海らしい行動で優しく癒してくれました。
時々、海が人間化したらどんな青年になるだろう?って空想します。想像の中の海は、まるで少女漫画にでてきそうな目の中に星がある美青年なんだけど、テレやで硬派な男子なの。(^^
ダルマの海は頭のてっぺんに今禿げが二つあるけどね。(笑

大丈夫ですよー。いろいろ考えてコメントしてくださってるんですね。いつもありがとう~。^^
Commented by sana at 2010-10-10 09:56 x
quesoさん
本当にそうです。ケージの中でほとんど一日を過ごしている鳥たちは、飼い主の事をものすごく観察してるんですよね。
だから、何か変化を感じるのも考えてみれば当然ですよね。
ヒトの喜怒哀楽を理解しているかどうかはわかりませんが、少なくとも心の波みたいなもを感じ取っていると思います。
そしてそれは私が喜んで浮かれている時より、沈んで元気のない時のほうが彼らには伝わるようなんですね。不思議です。

いくら、食べすぎだなとおもって封印してたんですけど、スーパーで生筋子の塊見たら思わず買ってしまいました。^^>
娘たちも大好きなので、ついついたくさん作ってしまいます。
私の場合は食べ物に対して興味が湧いてきたら気持ちが回復してきた証拠ですね。
Commented by sana at 2010-10-10 10:10 x
ありがとうございます。^^
私の場合、アバウトな性格が幸いしてか災いしてか、悲しいことをずっと考え続けることができないんですよね。
脳ミソの回路がオートマティックにブロックされて辛い現実から逃避するんです。避けて通れない事をとりあえず回り道して避けてしまうというか・・・・。でも、結局は直面することなので、時々波のように辛さが押し寄せてきますね。
鳥たちは私の気分が下がることに敏感ですから、そんな時はずいぶん助けられてきました。かけがえない家族ですね。^^

お父様、入院されているんですね。
気持ちがしっかりしているだけに、家族は辛いですよね。
ウチの父も緩和ケアの病院が空きしだい入院する予定です。
そういう病院は延命治療は一切しません。
痛みの緩和と精神面のケアだけです。でも、父自身もそちらの方を望んでいます。
お互いに辛い時期ですが、気丈に乗り越えたいものですね。
by sanakk | 2010-10-07 11:23 | Comments(17)