ヨウムな生活 sanahana.exblog.jp

平凡な主婦と平凡なヨウムの楽しく滑稽な日々を綴ります


by sanakk
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

母とフレンチランチ / みかんの食べ方 他

この週末は、職場の忘年会があり(海鮮和食コース・飲み放題)、がっつり食べて呑んでしまった私。意図的にアルコールは控えめにしたつもりとはいえ、肝臓も胃袋も疲れ気味だった土曜日の朝でした。
父が亡くなってからというものずっと土日のどちらかは実家に出向き、母の相手をしていました。
なんやかやと弔問してくださる方が途切れず、母がお客様に対応している間にお茶を用意したり、お香典の返礼の手配をしたりと雑務がありました。
さすがにこの週末の休みは、忘年会明けで疲れ気味だし、そろそろ自分の家の年末の掃除なども少しづつ手をつけたかったので実家行きはパスしようかと思っていたら私の携帯電話が鳴りました。
母が実家の近くに出来た可愛いフレンチレストランでランチをご馳走してあげると誘ってきました。
食いしん坊で、ちょっと良さそうな店をみつけるとすぐ行ってみたくなる私の癖を読みきった母は、私を呼び寄せるためにそんな手を使ってきました。
実家を出るとすぐにあるそのお店の前に出ているメニューを熱心にチェックする私を母はちゃーんと見ていたのです。
鳥たち以上に旨い物に釣られる私は、「行く行く。すぐ行く。」と返事して予定していた大掃除も放ったらかして家を飛び出したのでした。
現金なことに疲れ気味だったはずの胃袋もあっという間に生き返り・・・・。
母はしめしめ、やっぱり娘は食い物をチラつかせればすぐに飛んでくるとほくそえんだことでしょう。

で、たまたま家にいた次女も引き連れ、二人で母にフレンチランチをご馳走になってきました。011.gif
c0133013_15531782.jpg
      私が選んだ前菜、サーモンと野菜のキッシュ。

c0133013_15553790.jpg
      メインはスズキのポワレ。

c0133013_1558798.jpg
母は子羊の煮込み系。83歳の母、魚は食べたくない、肉が食べたいと・・・・。

c0133013_16239100.jpg
娘のチョイスしたデザートはフロマージュブランのなんとか・・・。
前菜、メイン、デザート、コーヒーまでついて1800円のなかなかリーズナブルで美味しいフレンチランチでした。
私は肝臓弱ってるとかいいながら、昼間からスパークリングワインと赤ワインをいただきました。
母もしっかりデザートまでキレイに平らげていました。

父の病が治らないと宣告されてから、何を食べても砂を噛む様で食欲がないと言っていた母は7キロも痩せてげっそりとしていました。
フレンチの肉料理を美味しいといって食べる母の姿に、本当に安堵を感じました。
食欲が出てきたのなら、とりあえずは大丈夫。なんと言っても心身の健康を保つ基本は「食」からだと思うから。
それでもまだ父の話題になると涙声になる母。
平日はほとんどひとりで過ごし、深夜甥っ子が帰宅するまで誰とも喋らない日もあるそうな。淋しさが堪えているらしいです。
先日などは、仕事帰りの夕方に母からの電話で「今は朝だっけ?夕方だっけ?」と言うのでびっくりしてしまいました。なんでも安定剤を飲んでぐっすり昼寝してしまい目が醒めたら暗くなっていたので早朝か夕方か分らなくなってしまったのだそうです。まあ、私もそういう経験はありますが、わざわざ電話で訊いてこられると大丈夫かな?ってヒヤリとします。洋裁や手芸、書道が得意で手先が器用な母です。何か熱中できる事を見つけて一人の時間も乗り切れるようになって欲しいものです。
もちろん私も時間の許す限りは母の元へ行くつもりですが。
父が最後に入院するために家を出る時、玄関で母をぎゅっと抱きしめて「元気で明るく生きてくれ」と言ったそうです。(この事を思い出すと私の涙腺も未だに緩むのですが・・・)
そんな父の望みを叶えるためにも、なんとかして母にこれからの人生を元気に過ごしてもらわなくてはいけません。


このところ朝ごはんにみかんを花のケージに入れることが多いです。
c0133013_1694951.jpg
必ずすぐに半分は嘴で房を破ってからお水にイン。残りは即行で底に放り投げます。
とにかくおやつ容器の中は空っぽの状態じゃないと気がすまないみたいです。039.gif
そして床のみかんと水に漬けたみかんを交互に食べて、違う食べ方を楽しんでいるようです。
c0133013_16243670.jpg
花には花の美味しく食べる工夫があるんだね・・・。045.gif

c0133013_1632423.jpg
居眠りから目覚めると必ずソファの背には詩と希がとまっていて私の事を見下ろしています。

c0133013_1637495.jpg
おもちゃのベルを被ってうっとりと目をつぶっているピーちゃん。ベルに頭を突っ込むのピーちゃんのマイブームみたいです。037.gif

c0133013_16485229.jpg
実家から奪ってきた兄が一眼で撮ったというピーちゃんの写真とその上にとまる海。
大きさの比較から言って、ピーちゃんほぼ実物大。

[PR]
Commented by ぐ〜るる at 2010-12-20 23:22 x
sanaさんも忘年会週間だったのですね^^
私もデス^^ さらに雪が降ったり寒過ぎたりで、自転車通勤ももうおしまいにしたので、
会社用のパンツのキツい事(笑
なんだか、年明けにはすんごい下半身になっていそうです(^^;
(笑い事じゃないですよね^^;)

このブログでsanaさんのお母様のお話を聞いて
なんだか私も安心しました。
やはり、元気の源は食べること ですものね^^
お母様、趣味を通じていろんな刺激が生まれるといいですね。

食といえば花ちゃん、みかんを二通りの食べ方で味わうなんて
グルメなのですね〜^^
希ちゃん詩ちゃんはなんだか、しばらくみないうちに
大人になった気がします。
ヒトでいうと、声変わりして、のど仏が出てきた感じ???
ぴーちゃんと海くんの比ってこんなに違うんですか〜。
なんだかすっかり、実物大こたさんしかみてないので、
比率がすっかりわからなくって、ぴーちゃんがとっても小さく感じます^^
そうそう、最近、こたさんがだんだん海くんのシルエットに似てきた気がします。
しゃべらなくなり、雄叫び三昧なので、男として成熟してきたのかしら〜。
Commented by ポーリーアンドチェリー at 2010-12-21 20:12 x
ミカン美味しいですね。
花ちゃんはグルメです。
我が家のとは違う。
ヨウムは最近旦那に噛みつくようになり、困ってます。
何か気にいらない事があったのか。
解りません。
我が家はズグロシロハラインコのノンちゃんだけが
Commented by sana at 2010-12-22 10:30 x
ぐ~るるさん
忘年会は金曜日に1件あっただけですが、もうトシなので週1でも
なんだか疲れます。呑み会は週2が限界ですね。^^;
そうか、そちらはもう自転車通勤無理なのですね。
私は一年中、ママチャリで競輪選手のようにぶっとばしてますよ。^^>

母のことありがとうございます。まだまだ哀しみのど真ん中にいる母ですが、食欲が戻ってきたみたいなので良かったです。
何かちまちま作るのが好きな人だったのですが、今はまったくその気が起こらないようです。
本人も3年はかかるなんて言っていますね。私たちも気長に見守るしかなさそうです。

オカメs、大人っぽくなりましたか?^^毎日見てるとわからないけど。
希は相変らず甘えん坊で、お子ちゃまな感じですが。
花は果物をあげるとケージの中がひどいことになるので、めんどくさいグルメですね。^^;
海:ピーちゃんは体重比でいうと約4:1くらいになるんですよ。
ピーちゃん、態度がでかくて存在感アリアリだから大きく見えるんでしょうね。^^
Commented by sana at 2010-12-22 10:37 x
ポーリーアンドチェリーさん
みかんのおいしい季節になりましたね。
冬場はみかんとりんごが鳥たちのおやつになりますが、あまりあげ過ぎると飽きて食べなくなっちゃうんですよね。何様の鳥でしょう?_ _;
ヨウムはグルメな子が多いですよ。気に入らない食べ物は頑なに手をつけないし・・・。食べ方にも工夫が見られます。^^
ウチの花も噛むならおやーじゅですよ。(爆
なんででしょうね?
Commented by queso at 2010-12-22 17:13 x
お母様のお気持ち、わかります・・・。
家の母も父が亡くなってからは暫くは落ち込んでいて・・・
立ち直るのに3年掛かったと本人は話しています。
やはり、月並みになりますがゆっくりと時間が解決してくれるものですね。
でも、女性は強いのでその後の人生を愉しみだすと変わりますよ。
家の母も今は私より忙しく色々飛び回っています。
(ボーイフレンドはいないようですが・・・)

でも、食欲が出てきたというのは何よりですね。
こうして美味しいものを娘と孫と頂く瞬間が今のお母様には
何よりなのではないでしょうか。

ピーちゃんの鐘に頭突っ込んでウットリの図、笑ってしまいましたよ~。
やることが奇想天外で子供のようですね。
何ともユニークです。
Commented by りおん at 2010-12-23 09:18 x
ふふふ^^
おかあさまの作戦に、ばっちり乗ってしまいましたね~^^;
おかあさまも、sanaさんを頼りにしていらっしゃるのよね。
ひとりになるのは寂しいし、おにいさまは遠くにいらっしゃるし。
でも、だんだん少しずつ慣れていってくださいますよ。
今はまだ、付き合って差し上げるのがいいのかも知れませんね^^

わたしも胃が疲れています~TT
でも、その場にいくとなぜか元気になっちゃうのよね~^^;
不思議です~^^

ベルをかぶるピーちゃん、すてき~^^
Commented by sana at 2010-12-24 09:50 x
quesoさん
やはり、連れ合いに先立たれたら立ち直るのに3年、っていいますよね。quesoさんのお母様もそうでしたか・・・。
きっとお父様もお母様もまだまだお若い時のお別れだったのでしょうから、残念な想いもひとしおだったのではないかと・・・。
元気になられて、またご自分の人生に愉しみを見つけられて本当によかったですね。^^
ウチの母にもそうなってほしいです。本当に・・・。
母は父に頼りきって今まで生きてきた上、もう高齢なのでどうなることか・・・。
食欲は、びっくりするほど回復してきましたね~。私の食い意地は
やはりこの母にして・・・・だったのかと納得しましたよ。^^;
人はどれだけ悲しくても、まずは生きるという本能から食欲が最初に復旧するんだなあと想いました。(でも、落ちた体重はまだもどらないそうです・・・)

ピーちゃんおもしろいでしょ?^^
なんか静かだなぁと想って見ると、よくこのベルを帽子のように被ってじーっとしてます。どういうつもりなんでしょうねぇ。^^
Commented by sana at 2010-12-24 10:02 x
りおんさん
ええ、母の手中に落ちてしまいました。^^
そうなんです、兄も居ない時は、食事で釣ってでも来て欲しい時が
あるようですね~。まぁ、私は美味しいお食事なら喜んで釣られますが・・・。^^
時間が解決してくれるといいですね。来年は母にとっても強く生きるための試練の年になるでしょう。できる限りのことは私もしていくつもりですが・・・。

あら、りおんさんも胃疲れですか?年末はそういう方が多い季節ですよね。^^;
でもビールで乾杯すると、もう忘れちゃうんですよ。体の不調も。^^;そういう無理が積み重なって胃痙攣とか起すのよね。
自重しないと・・・。

ピーちゃん、おとなしい時は食べてる時と寝てる時とベルを被っている時。おかしな子です~。^^
by sanakk | 2010-12-20 18:51 | Comments(8)