ヨウムな生活

sanahana.exblog.jp

平凡な主婦と平凡なヨウムの楽しく滑稽な日々を綴ります

不思議ちゃんうーたんとやきもちやきの花ちゃま

我が家の鳥たち5羽、みんなそれぞれに個性があって見ていて飽きないけど、中でも一番不思議ちゃんなのはうーたんことオカメの詩です。何を考えてるのか、次の行動がまったく読めない不思議な子です。
c0133013_1625443.jpg
詩は、手乗りではありません。肩には気が向けば飛んで来るけど、手を出すと必ず飛んで逃げます。
放鳥中もいつもちょっと離れた高いところにいて上から目線で私の事を観察しています。
だけど、私がソファでしばし転寝してはっと気がつくと最初に見えるのはいつも詩の姿。
c0133013_16282292.jpg
私がうとうとしてると必ずと言っていいほどソファの背に飛んで来て上から見下ろしています。
そして目覚めた私と目が合うと「びゃっ!」と短く鳴きます。どういうつもりなのでしょうか?

c0133013_16553284.jpg
      パソコン前の大魔境に埋もれて遊ぶ詩。

私がパソコン前に座っている時も詩はさりげなく私の視界の中に飛んで来て一人で遊んでいます。遊んで欲しいのかと手を出せば逃げてしまうのですが。
かまってくれなくていいから、そばにいさせて・・・・みたいな感じでしょうか。

そんな不思議ちゃん詩ですが、今朝篭脱けされてしまいました。
c0133013_16383768.jpg
花を出して、4つのケージを順番に掃除している時、うっかりオカメケージの扉が開いたままになっていたらしいのです。またまた私のミステイク。
出てきたのがオカメ二人じゃなくて詩だけだったのがまだ不幸中の幸。

花は先日ピーちゃんと同時放鳥になってしまった時とはまた違う反応でした。
c0133013_16474633.jpg
やはりオンナ同士とわかるのかな・・・。詩のことが気になってそわそわと落ち着きがない花。
何度もリビングを飛んで旋回して詩を威嚇しているようでした。
花が飛ぶたびに詩も「ぴゃーぴゃー」言いながら飛び上がり2羽でぐるぐる追いかけっこをしていました。
詩はとても怯えているようだし、何か事故があってはいけないのでケージに戻したいのですが詩は手にも乗ってくれないので戻せません。仕方ないのでこんな時の常でありますが捕獲用の布を素早く掛けてとっ捕まえて強制的に自分のお部屋に戻ってもらいました。

c0133013_16511123.jpg
捕まったうーたん。抗議して私の指に咬みついてるように見えますが実際はピヨピヨいいながら甘咬みしているだけです。
c0133013_16533350.jpg
ここぞとばかりにおやーじゅの手が伸びてきてお腹をなでなでされるうーたん。
詩を掴んでいると、ジェラシーの塊と化した花がぶっ飛んで来て私の手をガブリ。
力加減してくれるので痛くはありませんが、「そんな子は放して、ウチをかまって」とガブガブしてきます。
c0133013_19153222.jpg
はいはいちょっと待って。今うーたんにはケージにもどってもらうから。

詩がケージに帰ってからずっと引っ付き虫の甘ったれ花。
エンドレスにカキカキを要求してくるので、ケージの掃除がはかどりません。
c0133013_19151873.jpg
「やれやれ、独占欲の強い甘ったれ娘には手がかかるわ・・・」と内心思いながらため息をつくと、花が首をもたげて「ファイト!」とそれははっきりと言いました。003.gif
ファイト!

[PR]
Commented by ポーリーアンドチェリー at 2011-02-15 20:33 x
詩ちゃんと花ちゃんに癒されました。
我が家には中型インコはコガネメキシコインコ、オカメインコ二羽、オキナインコ、コシジロインコ、ヨダレカケズグロインコ、ナナイロメキシコインコ、ホオミドリアカオウロコシナモン、シモフリインコ、テンニョインコです。
Commented by ぐ〜るる at 2011-02-15 22:36 x
詩ちゃん、不思議ッコですね〜。
かまっては欲しくないけど、近くにはいたい、、そんな感じなのでしょうか。女同士というのは、ヒトもトリたちも一緒なのですね〜^^;;
花ちゃんのあまったれっぷり、なんだかわかるな〜。
どうにもこうにもsanaさんの注意が自分にむいていないとイヤなのよね〜^^
かわいいです。
花ちゃんの「ファイト!」いいですね〜^^
これから嵐のような残業続きにぜひ、わたしにも欲しい言葉です^^;
Commented by queso at 2011-02-17 08:10 x
うーちゃん、可愛いですね。
ソファの上から見下ろす姿が何ともいえません。
慣れているようで手乗りではなく、でも人は好き。そして気侭に
動くのも・・・ととらえどころが無いところがまた魅力?

やきもちをやく花ちゃん、堪りませんね。
「ファイト」聞きたかったなぁ~(^^)。
それにしても発する言葉が人の感情そのものを表していて
本当に賢い鳥なんだなぁと感心です。
Commented by りおん at 2011-02-17 10:28 x
うーたん、不思議っこちゃんですね~^^
sanaさんの事が大好きなんだけど、近くにいられればそれでいいの、
という感じなのでしょうか?
それとも花ちゃんに、気を使っているのかしら~^^;
その点、花ちゃんはストレートですよね~!
うーたんに対しても、気持ちを隠せないのね^^
そんな花ちゃんも、うーたんも、かわいいのよね~!

ファイト!
花ちゃん、またまたナイスタイミング~^^
このひとたち、いつ言葉を覚えているのか不思議です~。
そしてそれを使うタイミングまで心得ているところが
すごいと思います~!!
花ちゃんに、ファイト!っていわれちゃったら
がんばるしかないですよね~^^
Commented by sana at 2011-02-17 10:41 x
ポーリーアンドチェリーさん
考えてみれば詩と花はウチの鳥たちの中ではオンナふたり組なのですよね~。サイズも性格も生活パターンもまったく違うふたり。
女友達にはなれそうもないですね~。^^;
中型インコの内訳、よく分りました。^^ありがとうございます。
すごいメンバーですね。あれっ?ズグロシロハラインコさんいませんでしたっけ?なんかすごく多種多様なので、おぼえきれませーん。^^;
Commented by sana at 2011-02-17 10:50 x
ぐ~るるさん
詩はほんとに性格が掴みきれない不思議な子です。
マイペースで何に興味があるのかよくわかりません。ほかの鳥たちとも関わろうとしないし。同居している希でさえ、近すぎると「コレ以上寄って来るな!」という感じで威嚇しています。
もちろん私に対してもクールなのですが、いつの間にかすぐそばにやってきます。
ふっと横を向くといつのまにか肩に止まっていたりすると、嬉しくなりますね。^^

「ファイト!」花に言われると、なんだか腰砕けになりそうですが、心が和みます。
ぐ~るるさん、これから忙しくなるのですね。お体に気をつけてがんばってください。ファイトッ!
Commented by sana at 2011-02-17 11:45 x
quesoさん
クールなオカメ女子うーたんですが、それはそれでかわいいんですよね~(親バカ*^^*)
ベタベタしてこないけれど一定の距離を保ちながらもさりげなくそばに来てくれるってところが、ストーカー灰色娘につきまとわれてる私としては新鮮でもあります。^^

もちろんやきもち焼のベタベタ花も可愛いのですが。
ファイト・・・どうやって覚えたんですかね~。時々教えた覚えのない言葉を発するところがやはりヨウムなんですね~。
観察力ハンパないし、記憶力応用力にも富んでいますね。
家族の誰かが「ファイト!」と言ったシチュエーションを脳裏に焼き付けていたのかもしれません。(偶然かもしれませんけどね・・・^^;)
Commented by sana at 2011-02-17 12:01 x
りおんさん
詩は、人の手は苦手で、ベタベタなスキンシップも好きじゃないんだけど、人間は嫌いじゃないんですよね~。
私に見ていてもらいたいと思うのか、いつも私の目の前に飛んで来て視界の中で遊んでいます。^^
花と同時に出てしまったのは多分初めてだったのだけど、ピーちゃんとは大違い。花が飛ぶたびに縮み上がって自分も飛んで逃げ回っていました。正しい行動だと思うけど。^^
私が詩を手で捕まえていると、花は大急ぎで飛んで来て私の手を軽く咬むんです。
「だめだめー、ウチ以外の子を可愛がっちゃだめー」って言ってるみたいな行動で笑ってしまいました。
花は分りやすい子ですね。^^

ファイト、驚きました。
言葉を発するタイミングとセットで覚えているところがさすがヨウムですね~。
Commented by ポーリーアンドチェリー at 2011-02-17 20:12 x
はいズグロシロハラインコ一羽います。
ありがとうございます。
数が多くなり忘れてました。
最近ご縁がありマメルリハのルチノーの女の子増えました。
花ちゃんファイトって可愛い。さすがヨウム。
Commented by sana at 2011-02-20 00:00 x
ポーリーアンドチェリーさん
あ、やっぱりいましたよね。^^しかも最近お迎えされたばかりだったんじゃ・・・。
これだけ多種の鳥さんがいたら、つい忘れちゃいますよね。^^;
マメルリハちゃん・・・可愛いですよね。^^
by sanakk | 2011-02-15 19:16 | Comments(10)

平凡な主婦と平凡なヨウムの楽しく滑稽な日々を綴ります


by sanakk