かなりトウのたった白雪姫 と 営巣ごっこ?

c0133013_1141158.jpg
昨夜は3日ぶりくらいにオカメ以下「出たら帰らない3羽組」の放鳥をしました。(海はなぜか篭城)
またまた定期試験が近い次女がリビングを占拠して勉強しているので、夜の放鳥がなかなかできないでいます。
まったく、自分の部屋があるのに何故そこで勉強しないのか・・・・。家族の行き来や鳥たちの鳴き声がやまないリビングよりそのほうがずっと集中できるのでは?と思いますが。
次女曰く、
「花は出たらお母さんにべったりだし、海はおとなしいからいいけど、オカメーズとピーちゃんは落ち着かないからダメ」なのだそうです。
次女の休憩時間にちょこっと放鳥許可が出ました。
確かに希&詩&ピーちゃんが揃って出てくると、しばし3羽で乱れ飛び落ち着かない事この上なしです。
海はこの落ち着かない3羽組と一緒の放鳥だと篭城する確立が高いです。めんどくさいのでしょうね。
しかし、私がソファに寝そべってうとうとし始めると3羽とも私のそばに止まっておとなしくなるのだそうです。
昨夜もクレイアニメのように小刻みに動くオカメーズを眺めているうち、どうしようもない睡魔に襲われソファに倒れこんで転寝してしまった私。そして私を取り囲む小鳥たち。
そんな景色を見て次女がこう言いました。「なんか白雪姫みたい・・・・」
はは・・・もちろん、私が白雪姫のように可憐で美しいという意味ではないです。
継母に毒を盛られ、仮死状態になった白雪姫を森の小動物たちが心配そうに取り囲む絵、次女が幼い時に読んだ絵本の一ページをなぜか思い出すのだそうです。ふてぶてしくアホ面して(たぶん)眠っている私は白雪姫には程遠いのでしょうけど、詩や希、ピーちゃんが眠っている私の肩口や手にとまって時折顔を覗き込んだりしている様子が次女の連想を誘うのでしょうね。
オカメーズとピーちゃんをケージに戻した後は、次女の邪魔にならないように花を連れて寝室にこもりました。
c0133013_11133621.jpg
花は布団にもぐりこんでもぞもぞするのが大好き。巣引きのシュミレーションでもしてるのかもしれません。
布団をどんどん掘り進み、その中でまったりしていました。ふとんの中ではけしてうんPをしないのでやはり営巣をしているつもりなのでしょうか?うんPがしたくなるとのそのそ出てきてベットからお尻を突き出して床に落とします。
c0133013_1114169.jpg

そしてここでもまた睡魔に襲われる私。まったくどれだけ眠いのか・・・・。さっさと諦めて本格的に寝ればいいのに、うとうとしながらも夜更かししてしまうのは私の悪い癖。
花をふとんの洞穴の中に放置したまましばらく意識を失って、次に気がついた時には、掛け布団カバーの角のところはズタズタに破られていました。007.gif
はいはい・・・鳥タイムにすぐに眠ってしまう私が悪いのです。分かってはいるのですが、鳥たちの癒しの力は私にとっては睡眠導入剤のようなものですねぇ。

c0133013_1116493.jpg
私の膝によじ登ろうとして、急に見上げて一点を凝視する花。たぶん私の頭上あたり?
えっ?何が見えてたの?025.gif

[PR]
Commented by りおん at 2011-10-20 07:56 x
お久しぶりの放鳥、うれしかったでしょうね~^^
ちいさい鳥さんたちは、動きがめちゃくちゃ速いですよね!
ふだん大きめな鳥さんしか見ていないと、その速さにびっくりしますよ~^^;
でも、動きを見ていると、眠くなるのは同じ^^
癒しのオーラを振りまいているかのようです~!

あうあう~(✪ฺ艸✪ฺ)
お布団の中の花ちゃん、めっちゃくちゃかわいい~❤
お目々が、くりっくりですね~❤ うひょ~❤
膨らんだ花ちゃんも、めずらしいですよね♪
ヨウム臭の移り香のお布団・・・いいなあ~❤

sanaさんの頭上にお客さまがいらしていたのね?
でも、怖い感じじゃなさそう~^^
Commented by ぐ〜るる at 2011-10-20 19:55 x
もともと出たら帰らないだと、
3日ぶりだとますます帰らない〜になっちゃうのかしら^^;
吸ってる空気は一緒であの格子一枚隔ててるだけなのに
ヒトの側ってとても魅力的にうつっているのでしょうね。
白雪姫状態、いいですね〜。そんなにかわいいコビトならぬ
コトリさんたちに見守られてるだなんて、うらやましい。
私も一度そんな風に目覚めてみたいものです^^

花ちゃんも今巣作りブームですねー。
ちょっと目を離すとやはり、お布団なんてそんな状態になってますよね。
うちもそう。な〜んかおとなしいなあと思って覗いてみると、
ソファに敷いてある、厚めのマットをボロボロにしてます。
そして、う◯ぴをしたい時はわざわざ私に登って肩にぽとっと...
どこのおトリ様もみんな一緒なのですね〜^^
Commented by のりたま at 2011-10-20 23:24 x
わ~ピーちゃんがおうちから出てる~
立ち姿がとってもイケメン!!
頼りがいのあるダーリンですね。

お布団にinの花ちゃん、なんて魅力的!
それに花ちゃんのお目目がとっても嬉しそう~
わくわくしている感じかな?

sanaさんの頭の上には誰がいらしていたのかな?
きっと優しく見守ってくれている方ですよ❤
Commented by queso at 2011-10-22 11:40 x
花ちゃん、sanaさんと寝室に篭れて満足げですね(^^)♪
羽を逆立ててもぞもぞしている姿、可愛らしいです。
やはり営巣・・・本能なのでしょうね。
ヨウムの羽のグレーってこうして改めて見ると、本当に美しいですよね。
きっと一枚一枚、微妙にグラデーションがあったり、トーンが
異なるのでしょうね。
家も十姉妹を飼っていて思いますが、あの粟玉(と野菜)だけで、
よくこうしてキレイな羽が出来るなぁと感心してしまいます。

白雪姫様、ピーちゃんに求婚されたりしませんでしたか(^^)♪
Commented by sana at 2011-10-22 13:44 x
りおんさん
はい、ピーちゃんの動きは予測不可能ですね。
一度出ると、本当によく飛び回るし。海や花などの大きめの
インコを何年も見てきた私は久しぶりにセキセイのピーちゃんを
見た時はハチドリかと思いましたよ。^^;
最近、鳥たちを放している時間はいつも睡魔が襲ってきます。
家事やら用事をいろいろ済ましてやれやれという時間帯だからだと思いますが、鳥たちのまったりオーラのせいもありますよね。^^

布団の中の花、必ず一度はもわーっと膨らむんです。
どうしてでしょうね?狭い所に入ったり、暗い所を覗いたりする時
ぞわぞわーもわーっと。
私の布団はヨウム臭だけじゃなくて、ヨウム粉にもまみれてるんでしょうね~。^^;

私の頭上何がみえていたんでしょう?
鳥たちが時々あらぬ方向を凝視する時って本当に何か見えてるんでしょか~。
Commented by sana at 2011-10-22 16:02 x
ぐ~るるさん
詩と希とピーちゃん、いったんケージから出したら放鳥時間が終わってもなかなか帰ってくれませんよ~。
最近は一度出したら、飽きるまで放っときます。そうすると自分から帰ってしまうことが2回に1回くらいありますね。
きっと私が寝てしまったりしてあまり構わないから飽きてしまうんでしょうね。^^;
白雪姫状態は私は眠っているので知らないのですが、なんか面白い状態らしいですよ。小鳥たちにたかられて眠っている姿が滑稽らしくて娘がケタケタ笑っていました。

花、お布団大好きです~。
やっぱり巣作り本能なんでしょうかね~。
こたさんもひざかけ(?)もぐってましたよね。^^
花はとくにこのごろ潜りたがるのでそういう季節なのかしら。
ただ潜ってまったりしていてくれるだけならいいのだけれど
あちこち齧って破るので目が離せませんね。
分かっているんだけど、いつもうとうとしてしまいます~。
Commented by sana at 2011-10-22 20:00 x
のりたまさん
ピーちゃん、いつもリビングを飛び回ってるんですけどね、
私がうたた寝してることが多いうえ、速くていいお写真が撮れないのであまりブログにアップされませんが・・・、確かにじっと立っている姿はりりしくイケメンだと思います。節操無くスリスリしなければねぇ~いいオトコなんですけどねぇ~^^;

ふとんの中の花、わくわくした目つきしてますね。
ごっこ遊びをしているような気がして仕方ありません。^^

頭の上の誰か・・・花の目つきを見るとコワイものではないのでしょうね。きっと鳥さんたちの汚れない瞳に映るものは、善良なナニカだけなんだと思います。^^
Commented by sana at 2011-10-22 21:06 x
quesoさん
花、御満悦の表情ですよね。^^
もぐりこんで自分の居場所を作って・・・おままごと気分でしょうか?
ヨウムって地味なようでとてもシックでセンスのいいカラーをもっていますよね。グレートと白と赤と・・・。どうしてこんな配色の鳥になったのか、不思議ですね。
羽の一枚一枚は白のふちどりがあってまるでウロコのようです。^^
十姉妹さんも、とても和な組み合わせのカラーを持っていますよね。
鳥類の進化の過程にとても興味があります。彼らの色には何か訳があるのかなぁと・・・。

かなりトウの立ったコワイ白雪姫は寝ている時も目覚めている時でもつねにピーちゃんに言い寄られてますよ。(・・*)ゞ
by sanakk | 2011-10-19 11:36 | Comments(8)

平凡な主婦と平凡なヨウムの楽しく滑稽な日々を綴ります


by sanakk