ヨウムな生活 sanahana.exblog.jp

平凡な主婦と平凡なヨウムの楽しく滑稽な日々を綴ります


by sanakk
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

天才アレックスとヤンキー花 / 春野菜パスタ

数日前の深夜、教育TVで天才ヨウムアレックスの特集を放送しているのを偶然に見つけました。「動物はどこまで賢いのか」という、アメリカのプログラムでした。
在りし日のアレックスの姿を久しぶりに見ました。
物体のカタチと色を認識し、計算能力まで有していたというアレックス。彼は「ゼロの概念」をも持ち合わせていたといいます。アレックスは人間の5,6歳児の能力をもっていると実証されたそうです。
育ての親であるアイリーン・ペッパーバーグ博士が大小のカギを持ち、大きいのはどっち?と聞くと、「YELLOW」と正確な発音で答えるアレックス。そう、大きいカギは黄色でした。
二つのカギの違いは何?「color」。二つのカギの同じところは?「shape」。完璧に答えるアレックス。下手したら人間の幼児でも、即座に答えられないかも。
改めて、すごいヨウムだったのですねぇ。私はアレックスが他のヨウムとは違う特別優れた脳を持つヨウムだったとは思っていないのです。
多分、研究対象としてのアレックスの生活環境(一日8時間以上のトレーニングをしていたそうです)や博士のトレーニング方法が彼の潜在能力を引き出すのに合っていたのでしょうね。
でも、やっぱり、警察犬や盲導犬に適性というものがあるように、ヨウムにもそれはあるのでしょう。
仮に同じトレーニングを受けたからと言って、花が数を理解したり、物の名前を的確に言えるようになるとは思えないです。
たとえ、それらを理解していたとしても、質問された時にすぐに答えるというのはなかなかできる事じゃないと思います。そこがアレックスのすごい所だと思います。
花は、私が名前を呼ぶと「はーい」と返事をしてくれます。でも、いつもじゃありません。本当に気分が乗っている時だけ。名前を呼んでも、むっつり黙っているので私が諦めてすっかり忘れてしまった頃に「はい・・・」と小さな声でお返事したりする事もあります。わかっていても、それを声にしてアウトプットするまでに時間がかかるようです。
花はアレックスのように、自分の欲しいものをその名前で知らせる事ができません。
おやつが食べたい時も、私から口移しでお水を飲まして欲しい時も、全部「食べる?」(しかも、なぜか疑問形)です。「食べる?」という言葉は、花の中でいろんな意味付けがされているようで、使い方は一つではありません。
花の「行こう」という言葉の使い方も興味深いです。「行こう」→場所が変わる、状況が変わる、ということから解釈したのでしょうか、彼女は自分がピンチに陥った時によくこの言葉を発します。怖い時や拒否したい時。爪きりのために包まれて押さえ込まれている時なんて必ず言います。このイヤな状況を変えようよ、やめようよ、違う所に行こうよ、ってそんな感じで使うのでしょうか?
言葉の本来の意味が違ってしまっても、自分の考えで解釈して言葉を操る・・・それこそが最もヨウムらしいところだと思います。
世界的に有名だったアレックス。31歳でこの世を去った伝説のヨウムアレックス。そのアレックスと同じ種類のイキモノ(能力はだいぶ違いますけど)が我が家に居て、毎日私の帰りを待っていてくれるなんて、8年経ってもまだ信じられないような気がしている私って、オカシイでしょうか?


長年sana家の窓際に立ってリビングの平和を守っているスーパーマン(赤いマントはとっくに花に食いちぎられました)のことが、このごろどうも気に入らない花。
c0133013_16193242.jpg
ケージから出てくるとまずはスーパーマンのもとへ行き、上から下へ、下から上へと舐めるようにガンつけて・・・ヤンキーヨウム花。
c0133013_16202446.jpg
がっこーんとスーパーマンの足元を払って倒します。しばらくガッツンガッツンと嘴で痛めつけてから、納得したようにその場を離れていく花です。
c0133013_16204337.jpg
   そして私の肩に来て甘ったれ。・・・ながら、カメラに向かってメンチ切ってます。003.gif


c0133013_1621469.jpg
c0133013_16542759.jpg
ケージから出ると、オカメsからピーちゃんと順番に回って様子を見ているような海。
花のこともしっかり見守っていますね。043.gif
c0133013_16224584.jpg



4月も半分以上過ぎました。ゴールデンウィーク、目と鼻の先ですね。なのに、どうも肌寒くて春本番と言う感じがしません。
風邪をひかないことを自慢していた私ですが、先週末あたりから何年ぶりかで風邪をひいてしまいました。
自分は丈夫と過信して油断していました。熱は出なかったのですが、喉の痛みがひどくて、それが良くなったと思ったら、次は鼻が詰まって息が苦しかったです。鼻の下が真っ赤になるほどハナをかみ続け、花がすっかりハナかみの音を真似るようになってしまって困っています。私がちーんとハナをかむたびに音が2倍です。覚えて欲しい言葉はなかなか覚えないくせに、真似なくてもいい音はすぐに完コピするのです。こんな時はやはりアレックスの爪の垢欲しくなりますね。

今日は、大分良くなりました。045.gif
季節の変わり目、皆様もお気をつけくださいませ。

次女と二人だけの夕食だった昨夜は、次女のリクエストにお応えして久しぶりに家パスタを作りました。
c0133013_16292160.jpg
春野菜(春キャベツ、ブロッコリー、菜の花)とシラスのパスタ。
春野菜が美味しい季節ですね。それと浅利も旬ですね。旬の食材で作るパスタ、美味しいですね~。
c0133013_22121443.jpg

[PR]
Commented by デンママ at 2012-04-18 00:02 x
天才ヨウム・アレックス君。
ヨウム飼いで彼の名前を知らない奴はモグリ…と私が勝手に思う位有名ですよね。

用もないのに本屋をブラブラ歩くのが好きな私は、以前本当に偶然『アレックスと私』という本を見つけ、即買いしました。著者は勿論、ぺパーバーグ博士。
『私これ買う!』と決定的にさせたのは

「マタネ。愛シテル」それが最後の言葉だった
という帯に書いてあった文字。
何かそれだけで心を揺すぶられて、買わずにはいられませんでした。

何章かに別れているのでお気に入りの所は何度も読み返しています。

ぺパーバーグ博士とアレックス君とのツーショットがあるのですが、やっぱ賢そうだわアレックス君。
Commented by queso at 2012-04-18 21:18 x
アレックス君は私もテレビで観たことがあります。
確かに凄い能力ですよね・・・。毎日の教育があってこそなのでしょうけれど
元々の資質もあったのかもしれませんが、信頼関係も絶大なものが
あったのでしょうね・・・。

いえいえ、ヤンキー花ちゃんも負けてはいませんよ(^^)♪
「は~い」という良い子のお返事も聞いてみたいですが、ちょっと
時差のある「・・・はい」というレスポンスも見てみたいです。
もしかしたら第三者から見たら「これはもしや・・・?」というヒントが
何かあるのかもしれません。

春パスタ、美味しそうですね♪(^^)
今日は休肝日だったので明日、生海苔とシラスパスタを作ろうかなと
思っています!
勿論、白ワインは忘れずに・・・。
Commented by りおん at 2012-04-19 10:07 x
アレックスくん、とっても賢いヨウムさんでしたよね~。
人と一緒に暮らすどんな生きものも、みんなおなじだと思うのですが
愛情をかけてもらったぶん、気持ちが通じ合って
お互いの望んでいることがわかるようになると思うんです。
うまく言えないけれど、ヨウムさんは特にその能力に優れているような気がしています。
わんこも賢いですが、伝達方法がわんこの表現なんですね。
でもヨウムさんって、わたし達に(飼い主に)わかりやすい伝達方法に変換して
それを伝えてくるんですよね。
わたしは他のインコさんをたくさん知っているわけではないけれど
ヨウムさんと暮らし始めた時、この子は何かが違う!!って
感じました。
本当に、うまく説明できない自分が歯がゆいですがTT

あ~このパスタ、おいしそう~!!
今晩はパスタにしよう!!絶対!!^^
Commented by sana at 2012-04-19 16:42 x
デンママさん
そうですね。ヨウム飼いでアレックス君を知らない人はいないでしょう。^^
私はペパーバーグ博士の本は読んでいないのですが、アレックスの最後の言葉には泣かされますよね~。

晩年の彼は、派手に毛引きしていましたが、賢いがゆえに感受性が豊かであるがゆえに、いろんなストレスやジレンマを抱えていたのかもしれませんね。
それに比べると、ウチの花は天然ボケヨウムかな~などと思いますが、心の中はどうなっているんでしょうか?
鳥の気持ちって見た目以上に複雑ですものね。
Commented by sana at 2012-04-19 16:59 x
quesoさん
アレックス君、ご存知でしたか。有名なヨウムですよね。
彼は、ペパーバーグ博士がペットショップで店員に選んでもらった
ヨウムなのだそうです。他のヨウムと何ら違わない普通のヨウム。
でも、毎日、それこそ起きている間のほとんどがトレーニングの一環のような生活だったらしいので、あのような能力を引き出されたのだと思います。
普通の家庭で飼われているヨウムをあそこまでにするのは、ちょっと難しいですね~。
もちろん博士との信頼関係もゆるぎないものがあったのでしょうけど。

花の、忘れた頃の「・・・はい」、可笑しいですよ~。
5分以上経ってから、ポツリと「はい」って言われたってなんのことやらこっちはもう忘れています。
花は、ずーっと返事をしなくちゃって葛藤してたんですかね~(´∀`*))

春野菜パスタ、おいしかったです。^^この日は、ずっと開けずにとっておいたスプマンテをついに開けてしまいました~。^^
quesoさん、今日は休肝日明けですね。^^
冷たい白ワインが楽しみですね~。^^
Commented by sana at 2012-04-20 09:40 x
りおんさん
はい。私もヨウムという鳥は、今までともに暮らしたどんな鳥より
ヒトの心に影響される鳥だと思いました。
海もすごく場の空気を読むことに長けた鳥ですが、彼は自分というものをしっかり持っていて頑固なところがあります。
私たち人間の要望には動かされたない確固たる自己があるというか・・・。
その点、花はいつもヒトを見て自分の行動を決めているようなところがありますね。何気なく私の気持ちに沿って生きてくれているような。あ~、私もうまく言えないです。ヾ(;´Д`●)ノ

アレックスくんのように天才ヨウムにならなくてもいいんです。
花が「おかーさんとー」って言ってくれた時、いつもそばにいて「花ちゃんとー」って返せたら。
私と花のコミュニケーションは、それだけで十分過ぎるほどだと思っています。
Commented by セックスフレンド募集コミュ at 2012-07-14 11:55 x
気軽にセックスしたい人
by sanakk | 2012-04-17 22:24 | Comments(7)