ヨウムな生活 sanahana.exblog.jp

平凡な主婦と平凡なヨウムの楽しく滑稽な日々を綴ります


by sanakk
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

みんなのしっぽ / 小さくなった母と

先週はピーちゃんが換羽のピークで、毎日ケージの中と回りにおびただしい羽毛が落ちていました。
こんなに抜けてよくまる〇ゲにならないもんだ、と思うほど。
↓みごとに海と花に囲まれてるピーちゃん。
c0133013_16391643.jpg
今週に入ってピーちゃんの換羽はピークを過ぎたみたいだけど、今度は海とオカメsの換羽が激しくなりました。sana家のリビングには毎日いろんな色の羽毛が舞い上がっています。
c0133013_16432250.jpg
海の一本だけ残っていた尾羽も今朝抜けて、またまたコザクラさんにみたいになっちゃいました。
換羽の時、見た目が一番みすぼらしくなるのは海です。スベスベつやつやの背中も今はボサボサになってます。
c0133013_961752.jpg
全員の尾羽をリビングで拾うことができました。
こうして比べて見ると、ピーちゃんのしっぽは長いようでもちっちゃくてかわいい。

c0133013_16523191.jpg
貪り食らう、という表現がピッタリな顔つきの海。袋開けたての落花生はおいしいよね。
人間のビールのツマミがそのまま鳥おやつになる季節になりました。
c0133013_18594989.jpg
とうもろこしに枝豆、花の大好物です。

ナデナデしている間もはらはらと羽が抜け落ちる花。
c0133013_16542530.jpg
手を休めると、私のわき腹あたりをつんつんつついて「もっと」と催促していました。


話は変わりますが、今週は平日に実家の母と待ち合わせをしてランチしました。
母がお中元を贈りたいのだけど、もう1人で繁華街に出るのは自信が無いから付き合ってほしい、と言うので。
実家の一番近くの繁華街といえば、池袋なのですが、若かった頃の母は1人でしゃきしゃき自転車に乗って買い物に行っていたものです。今では、往復タクシーです。
駅前ロータリーにある交番の前で待ち合わせをしたのだけど、ちゃんと母に会えるか心配になりました。
何せ、母はびっくりするほどの方向音痴で何十年もこの地に住んでいるのに池袋の東口と西口の方角も分からないのですから。
携帯電話が無かった時代は「何時にあそこね」と言ってきっちり時間と場所を決めて待ち合わせするのが当たり前でしたが、今では適当に目的地に着いたら「今着いた、どこにいる~?」ってメールするアバウトな待ち合わせでもちゃんと会える便利な世の中ですよね?待ち合わせの相手が携帯をもっていないとこんなに心細くなるものか、と思いました。しかも相手は母ですし。
とは言え、母はちゃんと交番の前に来ていました。
信号待ちで交差点の向こう側にいる母を遠目に見ていたら、なんだか悲しくなりました。
すっかり小さくなって心細げに交番の前をよろよろ歩く母。いつの間にあんなに小さな頼りなげな老婆になってしまったのだろうと。
二人で雑踏を歩いていても、百貨店の中を歩いていても、気がつくと母は横にいません。すぐ後ろにもいません。ずーっと後ろをよろよろ歩いています。相当母に合わせてゆっくり歩いているつもりなんですが。
私が子どもの頃は、いつも小走りにならないと付いていけないほど歩くのが早かった母でした。
老いるということは、こういうことなのだなぁとつくづく思いました。
なんだか母が可哀想で愛おしくなって自然に手を引いて歩いていました。
母に似てせっかちで歩くのが早い私も、あと何十年かしたら(生きていたら)ゆっくりヨタヨタ歩く老婆になっているんだ、と悲しい気持ちになってしまいました。誰もが通る道なのですけど。

さて、そんな黄昏気分はさておき、人ごみをゆっくり歩きすぎてお腹が空いたよね、ということでこの日母にゴチになったランチはデパートの中の牡蠣専門レストランで・・・。
c0133013_16593994.jpg

ランチコースの最初の一皿はこの夏初にいただく岩牡蠣でした。茨城県鹿島灘産。
c0133013_170355.jpg

久しぶりの生牡蠣。ああ、やっぱり美味しい。夏の岩牡蠣はあっさりと爽やかで冬の真牡蠣とはまたちょっと違う美味しさ。
c0133013_18302032.jpg
c0133013_18325247.jpg
牡蠣三昧のコースでした。小さくなった母も、食欲は衰えずペロリと平らげ、私の白ワインをちょっと呑んでみたりしていました。
よしよし、食欲旺盛なうちは大丈夫、マミー。
これ以上、母の足腰が弱らないようにしょっちゅう私が連れ出して一緒に歩けばいいんだわ、ついでに美味しいランチもゴチになっちゃえばいいんだわ、なんてちゃっかり考えました。
調子の良い娘ですね。017.gif


今朝の動画です。海のケージを掃除する私のことを見ている花。部屋を出ていく私を見て「行ってきまーす」と言っています。003.gif
[PR]
Commented by queso at 2012-07-28 11:06 x
お母様のお話、分かります。
まだまだナンパされるような若い母ではありますが、やはり「小さくなったなぁ」と
感じることがあります。
同じことを何度も話したりすることも以前より増えましたし・・・
(これは私も人の事言えませんが)
でも、女同士こうして一緒に買い物に出掛けたり、食事をしたり
あーだこうだと喋ったり出来る事は幸せなことですよね。
暑い夏ですが、こうしてお母様を連れ出してあげる事も大切ですよね。

こちらのオイスターバーも有名ですよね。
夏こそ、冷たい白ワインに岩牡蠣チュルンっ!ですよ。
うちの母も牡蠣大好きです。私も彼女をオイスターバーに
案内せねば。

花ちゃんの「行ってきます」可愛いですね♪
綺麗な鳴き声、音声を上げると家の十姉妹達が喜びます。
Commented by デンママ at 2012-07-29 22:04 x
そう遠くない場所に住んでいる両親。
父は今年71歳、母は67歳。まだまだ元気ですが、会う度に老いていく二人を見ると切なくなりますね。
40歳越えて未婚の長女(私f^_^;)結局孫は妹の息子ひとりに終わりそうだけど、それで許して下さい。

家もオカメとヨウムの抜け毛が真っ最中。
特にオカメのデンの抜け毛が半端なく、今日も尻尾が抜けてました。オカメの尻尾は長いから一本でも抜けると「ヒッ!」って感じになります。

海くんのオヤツ風景、ワイルドで素敵だわ。
Commented by りおん at 2012-07-30 14:53 x
うんうん、わかりますよ~。
なんだかたまに会うたびに、どんどん老けていく両親。
でも話し始めると、以前と全く変わりなく、ちょっと安心したりして。
でも、はなれて暮らしているからこそ、時間を作って会うようにしなくちゃ
と、会ったあとはいつも思います。
でもまた、間が開いちゃうんだけど~^^;

換羽ですよね~!
うちでは、軍ちゃんが真っ最中です~!
ピーちゃんのしっぽの羽根、長いですね~@@
一番大きな花ちゃんのしっぽが、一番短いなんて
なんだかかわいい~^^
「行ってきま~す」かわいいですね~^^
うちは、わたしがお部屋を出るときに「じゃあねーばいば~い!」
と言うので、ドアの近くに行くと「じゃね!ばいばい!」
って言われちゃいます~^^;
Commented by sana at 2012-07-30 15:30 x
quesoさん
ナンバされたお母様の話、お若くていいなぁと思いました。まだまだ女性として華がおありになるんだとうな~と。
母が10年以上前に良く言っていました。70を越えると一年一年衰えてくるのが自分でわかるのよ~、と。
足元が危なっかしくなって、1人で繁華街に出られなくなった母を見てると本当にそうなんだろうな~って実感できますね。
出不精の母なのですが、心身ともに刺激を与える事も必要だと思うので時々こうして一緒に出かけなくちゃいけないなぁと思いました。
同じ事、何度も・・・・私も最近そうです。娘たちに指摘されます。><
前にも言ったって覚えているんですけど、もう一度言いたくなるんですよね~私の場合。このしつこさも老化の表れなんでしょうかね~?^^;

冷たいワインに岩牡蠣、最高ですね!
ウチの母は、あまり飲めないので(ワイングラス軽く1杯が限界です)お酒の相手にはなりませんが、牡蠣は大好きなので、また
一緒に行きたと思います。

花の声に十姉妹さんたち反応しますか。
同じ仲間とわかるんでしょうか?
そういえば、ウチの鳥たちも動画の鳥の鳴き声にいろめき立ちますね~。
Commented by sana at 2012-07-30 15:52 x
デンママさん
71歳のお父様と67歳のお母様、まだまだお若いですよ~。
お体さえ元気ならば、いろんな事を楽しめるお歳だと思います。
とはいえ、月日の流れは早いもので、ついこないだまで60歳台だった母がいつの間にか85歳になっていましたよ。
病気も無く元気なのですけど、遠目に見ると正真正銘のおばあちゃんになっていて、切なかったです。
親孝行したい時には親は無し、と言いますが、その言葉切実に響くほど私も母も年を重ねましたね。後悔しないように、母に接しなければ、と思います。

換羽の子が多いですね、この時期。
そうそう、オカメの尾羽は長くて太いから、床に落ちてるとドキッとしますよね。でも、本数が多いから一枚や二枚抜けても見た目は変わらないですよね。
海はロングテイル2本しかないから、それが抜けてしまうと別のインコになってしまいます~、
Commented by sana at 2012-07-30 16:28 x
りおんさん
そうそう、離れて暮らしていると、用事や理由がないとわざわざ
会わなくなりがちなので、久しぶりに顔を合わせると急に老け込んでいたりしますよね~。
私の母は、病気はしていませんが何せ精神的に弱弱しくて、ほんとにいつ何があるか分からない高齢なのでもっと頻繁に会いに行かなくては、と思うのですが、なかなか・・・。

セキセイピーちゃんのしっぽもカラダとの比率で見ると海に負けないですよ。でもみんなのしっぽの中に入れると、細くて可愛いですね~。花のしっぽだけ寸詰まりな感じで笑っちゃいますね~。
やっぱりしっぽが一番立派なのは、オカメsかしら~。

ヨウムたちは、人間の行動を先回りしてしゃべるのが好きですね。
「じゃあね、ばいばい」花も言います。ちょっとリビングを出ようとするだけで・・・。
「あばよー」と投げやりに言う事もあれば、「さ、行こ」ということもあり、私が出かける時のボキャブラリーが一番豊富なのはなぜ?って感じですね。それだけ出かける時は注目されてるってことでしょうか。健気ですね。
Commented by のりたま at 2012-07-30 21:35 x
そうなんですよね。
いつまでも元気でいることが当たり前に
思っていた親が老いていく・・・。
切ないです。
病気で亡くなった父は
なくなる前にどんどん老けていった感じでした。
会うたびに涙を我慢していました。

母も最近年を取ったなと、会話をしていて思います。
でも今、自分の楽しみをいろいろ見つけているので
生き生きと年を取っているように思います。


わ~いろんなしっぽだ~
ピーちゃんのかわゆい~

こんなコレクション羨ましい~!!

花ちゃんのおしゃべりは
セキセイさんとは違って会話になってるもんね~
花ちゃんのおしゃべりって癒されますね~
Commented by sana at 2012-07-31 13:14 x
のりたまさん
そうですね~。人間って大病を患うと年齢以上に老いてしまいますよね~。
ウチの母も、父に先立たれてガクッと元気がなくなり、おばあちゃんになってしまった気がします。
楽しみを見つけて、前向きになってくれると良いのですけど。
のりたまさんのおかあさまは、きっと上手に歳をとっておられるのですね。生きてる以上、楽しみを持つということは大切なことですよね。

しっぽコレクション、いいでしょ?^^
こうして並べるときれいですよね。ピーちゃんのは細くて小さくて
可愛いですね。^^

花は、なんとなくですけど私の語りかけに答えてくれてるみたいですね。
たしかに、花とのやり取りは癒されますね~。
そして一日の活力にもなります。
by sanakk | 2012-07-27 15:11 | Comments(8)