カラオケ部創設 / 色づくキャンパス / Trick or treat

ハロウィンですね~。
c0133013_11112099.jpg
職場の最寄のJR駅前は今ハロウィン一色。この街は、ハロウィンパレードで有名です。毎年10万人の人出があるといいますが、人ごみが怖くて私は見物に行った事はありませんでした。
日曜日、ちょうどパレードの行進の真っ最中にたまたま通りかかり、初めて間近で見ました。
c0133013_11231167.jpg
c0133013_11232921.jpg

みんな、楽しそう。欧米では、死者の祭りとか収穫祭の行事とされるハロウィンも日本では完全にイベント化されていますね。
日本人は、外国の習慣をイベント化するのが大好き。そういえば、もうそろそろボジョレー・ヌーボーも解禁かな?何年か前、カウントダウンしたりして大騒ぎしていたような・・・。

私は、人ごみをかき分けて駅に向かいました。隣駅で次女と待ち合わせして、この日は次女のテスト明け恒例のカラオケ大会、4時間コースの予定だったのです。
sana家ではカラオケ部というのが創設されまして、部員は今のところ、私と次女のふたりだけです。
部長は私、副部長は次女。ただいま部員募集中でございます。003.gif
次女と私のカラオケ部活はDAMの精密採点が必須で、ふたりで競い合います。そして毎回それぞれが新しい課題曲を披露しなくてはならないことになっております。今回の私の課題曲はシェネルの「ビリーヴ」。かなりの難関曲でありました。
原曲キーで歌うので、最後の盛り上がりのところは、こめかみの血管が切れるかと思いました。でも、初回の挑戦で87点をたたき出したのだから、まあ、上出来でしょう。何せiPotにDLして50回近く聞いたのですからね。あはは。
カラオケ部、なかなか楽しい部活動ですよ。


週末、長女の大学で年に1回開催される保護者懇談会に出席してきました。
お昼に長女と待ち合わせてして、初めて学食でふたりでランチしました。
c0133013_11251661.jpg
こちらはメインの学食。ホグワーツ魔法学校(ハリーポッター)を彷彿とさせる雰囲気のある学食です。
長女はサービスうどん350円、私はタコライス400円をいただきました。お味は、お値段なりです。
娘と同じ年代の子たちをウォッチングしながらのランチとなりました。
20才前後の娘さんたち、一番輝いている年頃ですよね。おしゃれな子もたくさんいました。
ああ、うちの娘ももうすこし身なりに気を使わせなければ・・・というのが正直なところ。

c0133013_11301687.jpg
この大学のシンボルとなっている東京都選定歴史的建造物である本館は、去年から耐震工事と改修工事をしておりましたが、完成したということで、娘に案内してもらいました。
c0133013_11305169.jpg
内部は歴史の重みを残しながらも、機能性や快適性を取り入れて見違えるほどキレイになっていました。
窓やドアは既存のものを再利用しているそうです。
c0133013_11315549.jpg


c0133013_11312829.jpg
窓から見えるチャペルを撮影してみました。この日は、どなたかの追悼式とかで、チャペルからはずっと賛美歌が聞こえていました。
この時期、赤レンガの建物に絡まる蔦が赤く色づいて、この大学のキャンパスはとてもいい感じです。
多分、外部の方だと思いますが大きなカメラを掲げて撮影に来ている方を何人か見かけました。
c0133013_11325124.jpg

こんなロマンチックなロケーションに身を置く事ができるのに、娘はなぜボーイフレンドの一人も見つけられない?と歯がゆい想いの私。娘にしてみれば、大きなお世話と言いたい所でしょうけど。

大ホールで大学総長のお話と偉い教授の講演を聞いて(半分、爆睡014.gif)、場所を変えて学部長の話を聞いて(ここでも半分眠る019.gif)、最後は教室に場所を変えて学科の先生のお話を聞きました。(さすがにここでは眠りませんでした)けっこうな数の親御さんが来ていて、両親で参加されてる方もいましたね。皆さん、心配事はやはり就職のことのようでした。
長女も来年の秋には、就活に入るのです。早いですね~。
真面目な性格が取柄ですが、人付き合いがヘタクソな娘は無事に社会に出て行くことができるのでしょうか?
他の親御さんと同様、私も心配です。

c0133013_11372398.jpg
ハロウィンの合言葉、Trick or treat、 イタズラされるのイヤだったら、おもてなししてね(おやつをちょうだい)ってな意味でしょうね。
落花生にピスタチオ、いっぱいおやつあげたのに、食べ終わったらさっそくイタズラを画策しているようです。
c0133013_11552870.jpg


やっぱり!ソファのカバーを自分でめくって、下にあるインコクッションを齧っていました。
c0133013_11555710.jpg
おやつをあげてもあげなくても結果は同じようです。013.gif

c0133013_1139320.jpg
海はイタズラはしないけど、おやつのおねだりばかり。食べ終わったらすぐに、次のナッツを欲しがっていました。002.gif
c0133013_11394843.jpg


何年か前のハロウィンに、お友達のsas_pさん が作ってくれた画像、久しぶりに見たらとっても可愛かったので再び掲載させてくださーい。
c0133013_11421964.jpg

[PR]
Commented by queso at 2012-10-31 20:23 x
蔦の絡まる煉瓦の建物、いいですね~。
確かにここでキャンパスラブがあったら・・・最高です(^^)。
大学も女子大だったので、キャンパス内を彼と歩く・・・憧れですね。
「こいつぅ・・・」とか言っておでこを小突かれたりして。
セーターを肩にかけて、タータンチェックのスカートとかはいて・・・
と、妄想はこのくらいにしておきましょうか。

ハローウィン気分も今日で終わり、明日から11月ですね。
カレンダーもあと2枚。年賀状も発売となり、これからクリスマスだ
大掃除だお歳暮だと慌ただしい季節に突入するなんて・・・
花ちゃん、イタズラな顔も可愛いです。
Commented by sana at 2012-11-01 15:24 x
quesoさま
そーなんです。私が娘に代わって、こんな雰囲気のいいキャンパスで青春したいくらいです。(勉強はしたくないけど)
セーター肩にかけて・・・って、ふふ・・・quesoさん、ちょっと青春イメージが古いですよ。^^今時の子はセーター肩にかけないですよ。私の妄想は、キャンパスに行けばいつもカレシとその仲間たちが居る場所があって、なにかというとそこに集まっては盛り上がり青春するイメージ。「あすなろ日記」、入りすぎですね。(笑

11月に入ってしまいましたね。我が家のカレンダーは2ヶ月づつなので最後の一枚です。^^;
また今年も、気持ちばかりが焦って、忙しいつもりでも実は何もせずに過ぎる年の瀬になってしまうのかしら~。
Commented by ぐ〜るる at 2012-11-03 21:27 x
ハロウィン、いつの頃からかイベントが普通に行われるようになりましたねー。
私が小さい頃はハロウィン仕様のお菓子さえ売ってなかったような気がするのですが...
仮装行列、楽しそう^^一度は混ざってみたいものです。
娘さんの通ってるキャンパス、とても趣があっていいですね。
赤いレンガに緑〜赤のグラデーションのツタ、
一枚の絵画のようですね^^
講演、おつかれさまでした。
どうしてああいうお偉さんのお話って眠くなってしまうのでしょう。
私もよく朝礼や式典の時はウトウトしていたのを思い出します^^

花ちゃん、お菓子をもらってもいたずらはやめないのね^^
カバーをめくってインコクッションを見つけるなんてさすがです。
やはりそのクッションにいるヨウムが気になるのかしら。
海くんのおっこちそうなウルウルおめめがかわいい^^
よほどおやつがおいしいのね〜。
sas_pさんの画像、改めてみるとやっぱりかわいいですね^^
私も作ってみようかな〜。
Commented by sana at 2012-11-05 14:06 x
ぐ~るるさん
11月に突入し、次はクリスマスのイベントですね~。
私の子供の頃は(大昔)、もちろんハロウィンなんて知らなかったし、クリスマスも今みたいに大騒ぎしてなかった気がしますよ。
今では、日本人が年末をうきうきと楽しく過ごすための、重要なイベントになっていますね~。

そうなんです。私は秋のこのキャンパスの雰囲気がとても好きです。もうすぐ、クリスマスツリーのイルミネーションが点灯してさらに
素敵なムードになりますよ。^^また写真を撮りに行こうと思ってます。
そう、肝心要の公演はまったく頭に入ってこなかったです。眠くて眠くて・・・・。(´Д`) =3

花は、本当に目が離せません。被せている物をめくってカジカジしますからね~。執念深いんです。
クッションのヨウム柄が見えるあたりまでめくっていましたから、自分に似た絵柄が気になったのかもしれませんね。^^;

ハロウィン画像、よくできてますよね。^^3.4年前のものですが、鳥たちって老けませんね~。^^
by sanakk | 2012-10-29 16:54 | Comments(4)

平凡な主婦と平凡なヨウムの楽しく滑稽な日々を綴ります
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31