ヨウムな生活 sanahana.exblog.jp

平凡な主婦と平凡なヨウムの楽しく滑稽な日々を綴ります


by sanakk
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

連休中いろいろ

花ががっついているもの、何でしょうか~?
c0133013_13174228.jpg

c0133013_13182372.jpg

そうです。梅です。今年も梅のらっきょう酢漬けを仕込みました。去年の5月に漬けた梅が一年を経てやっと食べられるようになったのですが、去年は青梅を使ってしまい失敗しました。
なかなか漬からない上、やはり皮が硬いですね。
黄色くなった梅の方が味がなじみやすく、ふわっと柔らかく出来上がるそうです。今度はもっと美味しくできるかな?青梅のように1年もかからずに漬かるかもしれません。
c0133013_14214087.jpg



花があまりポリポリと美味しそうに生梅を齧るので、もしかして美味しいのか?と、意地汚い私は、花が飽きて落とした梅をちょっと齧ってみました。
ぺっぺっ!まっずーい。梅は漬けたり干したり・・・人が手を加えてやっと食べられる果実なんですよね~。

c0133013_13221216.jpg
下からフラッシュを使って激写。まぶしそうな表情の海。

さて、海の日の連休も終わり、7月も後半ですね。本格的な夏休みに入る前の予行演習みたいなこないだの連休は、皆様楽しく過ごされたでしょうか?

私は、一日休みをくっつけて4連休だったのですが、その後半は何年振りかに実家に泊ってきました。
だいたい2週間に一度は母の様子を見に行ってるけど、泊るのは、ホント何年ぶりなのでしょう?10年以上ぶり?
だんだんと弱々しく頼りなげになってくる母。いつも私が帰るときには「来てくれるのはいいけど、帰る時が寂しくてねぇ~」と半べそをかきます。後ろ髪ひかれるったらありゃしない。
それならば、たまには帰らずに一晩母とゆっくり過ごすのも悪くないかな・・・と。

c0133013_1326966.jpg
c0133013_1328682.jpg
文京区内の実家に行く前に、ちょっと寄り道、東京ドーム横のラクーアスパに行ってきました。
スパ好きの私が、ずっと気になっていて一度行ってみたいと思っていたところです。
なかなかゴージャスなスパでしたよ。
天然温泉の露天風呂に手足を伸ばして浸かっていると、そこが大都会のど真ん中だということを忘れてしまそう。
サウナは、塩サウナにミストサウナ、ドライ式の高温サウナと三種類ありサウナ好きの私は飽きることがありません。
アメニティー類が充実してるのはもちろんですが、清潔なサウナマットも使い捨てで用意してあり、ボディタオルまで山積で使いたい放題。至れり尽くせりで本当にパンツ一枚持って行けばOKって感じです。003.gif
なにより、スタッフの人たちが、あちこちでいつも掃除をしていて、施設内がキレイだったことが気に入りました。
スパの上の階はヒーリングバーデという、岩盤浴の部屋が5種類と解放的なヒーリングスペースが広々ととってありまして、じっくりとデトックスしたり、のんびりリラックスしたりできるようになってます。
しかし、このフロアは男女共用になってましてカップルが集う場所でもあるんですね。
専用のウエアを着たカップルがそこここで寝転がってるので、オバサンはちょっと居心地の悪い気分になりました。女性専用の岩盤浴ルームが一つだけあったので、そこを利用しました。
今のカップルは、スパでデートなんてのもアリなんですね。私が若いころは、そんなデートの選択肢ありませんでしたからね~。
2人で岩盤浴でデトックスして、ゴロゴロしていちゃいちゃしてお昼寝して、それぞれお風呂に入ってさっぱりして、スパの出口で待ち合わせ。それから何か美味しい物でも食べに行って・・・。いいじゃないですか~。私もそんなデートがしたい~。

初めて行く大型スパは勝手がわからなくて、最初はモタモタしてしまいますね。今回で、広い施設内の構造やスパそれぞれにある決まり事的なことも把握できたので、次回訪問する時はもっとスマートに楽しめそう。
また実家お泊りの際は、寄ってみようかな。045.gif

実家で一泊して(母を相手に呑みすぎて、若干翌日二日酔い)、翌日は今回の目的、母が区役所で印鑑証明と戸籍謄本をとるのに付き添いました。
私が代理で行ってきてあげる、と言っているのに、一人でもできるよう勉強のため自分も行くという母。
まずは、申請書類の書き方分からず、番号札の番号が次々と呼び出されるのについていけず、テンパってしまいました。結局、母は椅子にちょこんと座ったまま、申請受け取り、私が全部やりました。もう、こういうことはすべて私がやってあげなくては駄目なんだなぁとしみじみ・・・。

この日は割と涼しかったので、区役所から帰ってから、母と実家の近所を散歩しました。(母は、足腰がこれ以上弱らないように毎日の散歩が日課です)
ちょっと私が生まれ育った町の風景をご紹介。
c0133013_13533763.jpg
子供の頃何度か行ったことがある銭湯。まだ昔のまま残っていました。
c0133013_14423588.jpg
改修中なのか足場が組まれてましたけど。こういう昭和にタイムスリップしたみたいな「時間ですよ」みたいな銭湯はあまり見かけなくなりましたね~。
c0133013_13564158.jpg
私が物心ついたころには、既に古かったアパートすみれ荘。もう廃墟のようになっていましたが、つい最近までご老人が一人ですんでいました。
c0133013_1357011.jpg
今にも崩れ落ちそう。こういう古い建物を見ると、怖いもの見たさというか、時代の忘れ物が見たくて、中に入ってみたくなります。廃墟、大好き。廃墟には美があることをご存知ですか?同潤会アパートや九段下ビル、廃墟ではなかったけど、廃墟に近いくらい古い建物がどんどん都会から消えてますよね。寂しい事です。
なんたって、私、今一番行ってみたいところは軍艦島ですから。(話がそれた)

c0133013_13575919.jpg
都心なのに緑の多い地域です。日傘をさして歩く母。若い時は私が小走りになるくらい、早歩きだった母ですが、今はゆっくりゆっくり。いつの間にか私が10メートルくらい先に進んでしまい、母を待っています。
c0133013_1111040.jpg
近所には、歌人の窪田空穂旧居跡、菊池寛旧居跡などあります。大正から昭和にかけて、多くの文士が好んで居を構えた地域でもあります。
古い木造家屋が残っている一方、会社のビルができたりマンションができたりと実家の周りの景色も私が住んでいたころとは大分変わりました。子供が少なくなって、私が卒業した中学校は何年か前にほかの中学校と統合され、今はもうありません。

私の足なら7~8分のところを、母と30分近くかかってたどり着いたイタリアンレストランでランチしました。
実家の近くに何年か前にオープンして、これまたずっと気になっていたお店でした。
1500円のパスタランチコース。ドリンクとサラダはセルフでお代わり自由というシステム。
c0133013_14194380.jpg
母は一日5食限定という、ズワイガニのトマトクリームのリングイネ。カニの身がこれでもかと入っていて美味しかったです。
c0133013_14195888.jpg
私は水ナスとフレッシュトマトの冷製パスタ。冷製は中途半端な味のものにぶつかることも多い中、しっかりとパンチのある味付けでこれまた美味。
ドルチェのティラミスとパンナコッタの盛り合わせも美味しかったです。
ところがホールの男性がお皿を下げてくれて私の後ろを通る時、ドレッシングたっぷりついた大きなスプーンを私の背中に落としてくださいまして・・・・。
「すみませーん」とすぐにおしぼりで背中を拭いてくれましたが、油ですからそんなことでシミが落ちるわけもないです。背中なので、私にはどれだけ汚れたのかは見えませんでした。
店の男性「クリーニング出していただいて、レシート持ってきていただければ、クリーニング代お支払いたします。」って。でも、ソレ、なんかおかしくなーい?
私に、お金払ってくださいとレシートを持って、のこのこ店まで来いってこと?
ちょっとばかりムッとして「いえ、私、この辺りに住んでないので、もうこちらには来ません」と言ってしまいました。母に背中を見せると「大したことないよ。家帰ってすぐ洗えば落ちるよ」と言うので、お店の人には「いいです。大丈夫です。」と言いました。
けれど、結局、お洋服を汚してしまって申し訳なかったので、お代はおひとり分で結構です、とのことでした。
まあ、それが妥当な対処だろうな、と思ったので、申出を遠慮なく受けました。
家に帰ってブラウスの背中見たら、結構ひどかったです。白いブラウスの肩の所から裾まで茶色いドレッシングのシミが広範囲に残っていました。
すぐに洗ったけどやはり薄っすらとシミが残りました。
ホールの男性、アルバイトという感じでは無かったです。店長なのかオーナーなのか、厨房の人にもなんだか上からな感じでしたが、その時、客は私たち一組だけで忙しかったわけでもないのに、お客さんの背中に油の付いたスプーンを落とすなんて、やっぱり少し仕事に対する緊張感が足りないというか、プロ意識に欠ける気がするんですが、どうでしょう?
私の心が狭いのかな?母はそんなことでは怒らない、と言っていましたが。
いえ、私も怒っているわけではないです。パスタが美味しかっただけに、残念な感じがしただけです。


そんなこんなで丸二日、家を空けていた私でしたが、鳥たちの世話はおやーじゅがしっかりとしていてくれたみたいです。
「花ちゃま~」なんて猫なで声で話しかけながら、ケージの掃除をしていたと娘が笑っていました。
おやーじゅ、THANKS!040.gif

c0133013_14155054.jpg
すぐに私の肩に飛んできた花と海。珍しくしばらくの間、仲良く左右の肩を分け合っていました。
「花ちゃん、留守にしてごめんね」と言うと、タイミング良く「いいよー。」と、答えてくれました。

[PR]
Commented by queso at 2013-07-18 21:22 x
お母様と充実した時間を過ごされたようで何よりですね。(^^)
私もsana様とお会いした翌日、母が家に泊りに来てふたりで
近所の銭湯へ行ったり、色々お喋りして過ごしておりました。

ラクーアは心地良いと有名ですね。
私の友人もよく出掛けるという人がいます。
確かに、さっぱりすっきりしてデート、というのも素敵ですね~。
でも、オバちゃんな私はそのまま其処に泊ってだらだらと呑んで
摘まみたい等と思うのはダメでしょうか・・・^^;。

イタリアンのお話、分かります。
折角美味しい料理を食べても、そのサービスにはガッカリですね。
背中に大きなスプーン(使用済)を落とす・・・有り得ません。
もし誤ってそうなったら、すぐに詫びて弁償(クリーニング代)と
なるのが普通かと。
そして、「すみませーん」ではなく「申し訳ございませんでした」でしょ、
等と言うのは、私はオバちゃんそのものでしょうか・・・

花ちゃんも、海ちゃんも良い子でお留守番をしてくれましたね(^^)。
Commented by デンママ at 2013-07-18 22:17 x
お店のスタッフの方の態度でそのお店自体が嫌になった経験、私もあります。
sanaさんの様に洒落たお店ではないけど、アルバイトらしき若い女性がコップにお冷をついだ時、水差しの表面にたっぷりついていた水滴が私が履いていたキュロットにボタボタっと落ちたんですが、何て言ったと思います?「すみません。でもお水ですから…」ですって。
もう「はぁ?」ですよ。これがクレーマーだったりしたら大騒ぎですよね。

花ちゃまと海君、お母さんが帰って来たあ!って嬉しかったんでしょうね。
やっぱり鳥さんは賢いです。
Commented at 2013-07-19 15:03 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by のりたま at 2013-07-19 22:29 x
ん~~~~!!
食事って、味だけじゃないですものね。
雰囲気や接客マナーもごちそうの要素の1つですものね。
sanaさん、とんだ災難でしたね。

花ちゃんと海ちゃん、仲良く並んでいると
そんな嫌なことも吸い取ってくれる気がしますね。
もしかしたらsanaさんのそんな気分を
なんとなく察して癒してくれたのかな~?

お母様のこと
とっても大切に思っていることが伝わって
何だか泣けてきました。
私も時間が取れたら母のところへ行かなきゃ!
Commented by りおん at 2013-07-20 18:14 x
わあ~^^
おかあさま、うれしかったでしょうね~!
そうそう~、遊びに行くと、別れ際がどうしても
寂しいんですよね~TT
またすぐ来るから、と思いつつもね~^^;

接客業って、トラブルがあったときにどう対処するかで
評価が決まるような気がしますよ~。
食事は特に、楽しくあるべきじゃないですか~?
おいしいだけじゃ、ダメなんですよね!
嫌な思いをしたところは、やはり2度と行きたくないですね~!

花ちゃん、あんずかと思ったら、梅ですか~@@
黄色くなった梅って、とってもいい香りがするけど
おいしくないんですね~?

それぞれの肩に、花ちゃんと海ちゃん❤
いいな~^^
うちではまずムリだから、こういう図に憧れます~❤

おやーじゅさま、sanaさんがいらっしゃらない間に
鳥さんたちにうまく取り入ろうとしたのかしら?
1日2日でどうにかなるものではないのにね~^^
またさんも、わたしがお部屋に一緒にいないときは
あまったる~い声で、話しかけていますよ~(。→ˇ艸←)プククッ☆
Commented by sana at 2013-07-22 15:54 x
quesoさん
そうでしたね。quesoさんもお母様と過ごすをおっしゃっていましたよね~。^^
いろんな意味で母と話をするのは、エネルギーが必要なのですが、たまには孝行しないと。^^;

いろんなスパやスーパー銭湯、行きましたが、ラクーアはイイですよ。気に入りました。
ただ、場所柄、若いカップル連れが多くて、男女共用部分は、若干落ち着かない感じですが、それはオバちゃんのわがままというものでしょう。
そのままお泊りもいいですね~。^^でもそれは女子会コースの方が良さそうだわ~。(注:ラクーアの場合は5時間制限、延長の場合追加金額が必要なシステムです)

やっぱり、ありえないことですよね。大きなスプーン・・・。
食事代で相殺してもらいましたが、美味しい料理も台無しな感じでした。背中に大きなシミをつけて実家に帰る私の気分は、そんなことでカタがつくことじゃないですよね。
すぐにクレーマーになってごねると、タチの悪いオバちゃんみたいな気がして、ぐっとこらえて「ごちそうさまでした」まで笑顔で言って店をあとにしました。(-公- ;) 

鳥たち、良い子にしていてくれました。
すこしづつ母不在に慣らしていこうかな、と?
Commented by sana at 2013-07-22 16:05 x
デンママさん
やはり、みなさん、飲食店での不快な経験のひとつやふたつはおありなんですよね~。
真摯にあやまってくれたら、まあ、そんなに腹もたちませんが、
そのアルバイトの女性のように適当な対応はちょっといけませんねぇ~。
公衆で暴れるのは恥ずかしいので、私も大抵のことは、笑顔でこらえますが、依然、じゅーじゅー肉が湯気を立ててる鉄板を娘の膝の上に落とされた時は、「責任者を出せ~」とちゃぶ台返し寸前でした。^^;
だってそのアルバイトの中〇人の女子、一言も謝らないんだもの~。
結局その店では、クリーニング代どころか食事代のサービスすらなかったですね。やけどしなかったのが不幸中の幸い(思い出しても腹が立つ!)

私が帰ってきたときの鳥たちの反応は、とても可愛かったですね。^^
特に花は、人間の小さな娘のようでした。うれしそうにケージにつかまって体をゆすって。^^
インコは、賢くてかわいい。^^
Commented by sanakk at 2013-07-22 16:18
グラントさん
いつも読みに来てくださってありがとうございます。^^

私も鳥たちには、ペレットやナッツなどの乾きモノ以外に、野菜や果実・・・いろんな食べる楽しみを教えてあげたいと思っていますが、なかなかズボラで(汗
もっと頑張って緑のモノを食べさせたいのですが~。

ラクーア、いらしたことあるんですね?^^
なかなか良いスパですね。私も気に入りました。実家の近くですし、ちょいちょい行こうと思ってます。
文京区は都心でありながら、文教地区であるせいか、緑も多く下町から閑静な住宅街、いろんな顔を持つ区ですね。
良くご存じなのですね?^^
でも、大田区に嫁いで20年、住めば都で、今はこちらの方が庶民的で住みやすいと思うようになりました。
Commented by sana at 2013-07-22 16:32 x
のりたまさん
本当にそうですよね~。美味しいだけじゃだめですね。
気持ちよく食事できる雰囲気づくりはお店としての必須の企業努力です。
よく頑固おやじのラーメン屋とかに行列ができてたりするけど、私はそういうのダメ。
なんで客なのに、店の人に気を遣わなきゃいいけないの?って思っちゃう。うんちくの長いお店も苦手ですね~。^^;
まあ、今回のことは災難と思って水に流します。
何度も謝っていただきましたし。

海と花が仲良く並んで肩にとまる事なんてめったにないので
嬉しかったです。
やはり私が一晩を越して留守にしていたからでしょうね~。
帰ってくるのを待っていてくれてたのかな~と思うと愛おしいですが、いい子で留守番できるなら、もうちょっと留守しても大丈夫かな~とか?(´゚艸゚)

母は、もう高齢なので、悔いのないようにしなければと思います。孝行したい時、親はなし、といいますからね。
とはいえ、なかなか、母の寂しさを埋めてあげることができないです。ジレンマ。
Commented by sana at 2013-07-22 16:42 x
りおんさん
実家に泊って、母と並んで寝るのは久しぶりだったので、母も喜んでいました。
「また、泊りに来てよ~」と。^^
娘たちも大きいし、鳥はおやーじゅ任せでも平気そうなので、これからはちょいちょい泊ってあげようと思います。

仰る通りですね。食事をしに行って、不愉快になるのは言語道断です。
料理のお味は、店の見てくれでは判断できなくて、食べてみないとわからないけど、接客マナーは、お店に入ってすぐに善し悪しがわかりますね。
今回のイタリアンも、ちょっと悪い予感はしました。
お料理はまずまず美味しかったんですけどね~。残念です。

あんずっぽいですね。たしかに~。
そのまんまの梅、おいしくないですよ~。^^;
花も良く見ると、がりがり齧ってるだけで、ほとんど下に落としてました~。齧りごこちがよかったみたいです。

あはは、またさんもそうですか~。
居ない留守に、点数稼ごうとしてるんですね~。
鳥さんは頑固だから、そう簡単に人への評価を変えたりしない
ですね~。^^;
by sanakk | 2013-07-18 14:25 | Comments(10)