ヨウムな生活

sanahana.exblog.jp

平凡な主婦と平凡なヨウムの楽しく滑稽な日々を綴ります

人生の最終章 / 秋のお酒と和食  他

あいかわらずジタバタとした日々が続いているsana家です。
思えばこの夏、義父が自宅で階段落ちして入院したことが、序章だったような気がします。
危うい均衡を保っていた生活が少しづつ崩れ始めたのです。
その後、義父の体調は悪化の一途をたどり、一時はもうダメなのかと家族のだれもが思ったほどでした。
ところがそんな矢先、亡くなってしまったのはまだまだ人生これからという義弟でした。

2度の手術を経て、義父の体調は回復し安定してきました。けれど、未だ寝たきりで自分の力で起き上がることもできません。(胃ろうにストマ付状態)
そして、最初に救急搬送された今の病院は急性期病院ということから、ぼちぼち退院しなければならなくなりました。
この3連休は、義父の新しい受け入れ先を探して夫と走り回っていました。
義母も病で入退院を繰り返している今、家で義父を介護することは不可能だからです。
本当にいろんなことを考えました。誰しもが老いていきます。人は生き方を選ぶことはできても、死に方を選ぶことはできないのですね。
いろんな施設を巡って、そこにいる人生の最終章とでも言うべき時を過ごすご高齢の方々を見ました。
30数年後の自分なのかもしれない。切実に思いましたね。最終章の過ごし方、これはこれからの自分の生き方にかかってくるのかもしれません。

義父の認知度は、そんなに低い訳ではありません。こちらから話しかけることはちゃんと理解しているし、会話も成立します。
私が病室入っていくと「〇〇さん、ありがとう」と、手を合わせて言ってくれる義父に何をしてあげられるのか?
介護施設に入所させようとしている私たちは、もしかしたらすごく自己中心的なことをしようとしているのか?
悩みは尽きません。


私の近況を語ると、こんな重たい話になってしまいました。すみません・・・。
先週末、ストレス解消、息抜きにと地元の友人と三人で呑みました。
秀逸な和食と美味しいお酒をいただいたのでご紹介します。
今年の初夏にオープンしたばかりの若いご夫婦が切り盛りする、こじんまりとして綺麗なお店ですが、評判が良いと聞いてさっそく予約して訪問してみました。

c0133013_13384359.jpg
まずはお疲れ様、と生ビールでそれぞれの1週間の労をねぎらい・・・。お通しは美しいピンクのサーモン。
新規開拓のお店だったので、お任せしますからお勧めのお魚のお造りを盛り合わせて、適当に2、3お料理も出してくださいとお願いしました。
c0133013_1339083.jpg
赤貝も美味しかったけど、中央の真鯛の腹も白身魚とは思えないほどの脂乗り。右端の〆サバはほとんど生に近い〆加減で一番美味でした~。
c0133013_13391442.jpg
金時芋とぎんなんのかき揚げ。揚げたてのサクサクをお塩につけて。秋らしい一品。

c0133013_1342943.jpg
ウルメイワシの胡麻漬け。青魚大好きの私には嬉しい一皿です。

この辺りで白ワインが1本空き、次は日本酒を呑もうということになり、
c0133013_13482036.jpg

初めて呑みました。天吹(あまぶき)のうるとらドライ。その名の通りきりっと辛口でスッキリした味わい。食事をしながら飲むのに適しています。江戸切子の徳利とぐい飲みも美しいです。

c0133013_14564692.jpg
恨めし気に睨んでくる黒むつの煮つけ。あっさり甘みがちょうど良い。和食に煮魚は外せません。

c0133013_14582760.jpg
うるとらドライの次は、景虎。こちらは間違いないですね~。

c0133013_150292.jpg
何かもうひとつ食べ足りない時の定番、出し巻玉子。

c0133013_1505475.jpg
三元豚の和風コンフィ。豚肉が柔らかく、少し甘めのタレが絶妙でもう一度食べたいと思うほど素晴らしいお料理でした。日本酒でも白ワインでも赤ワインでもビールでも美味しくいただけそう。

c0133013_1555413.jpg
この日の炊き込みご飯は鮭といくらご飯。土鍋で炊かれて出てきます。2杯おかわりしたような・・・。

デザートはメープルプリンとイチジクアイス。
c0133013_1575143.jpg
c0133013_158414.jpg
ああ、お腹いっぱい。
美味しいものを食べて、美味しいお酒を飲んでいる時は何もかも忘れて至福の時。
しかし、やっぱり私はこのところよく眠れていなかったせいか途中で強烈な睡魔に襲われました。
もっともっと至福の時を味わいたいのに・・・。
まだまだ呑めそうな友人たちは、こっくりこっくり半眼になる私を気遣ってか〆のご飯とデザートでこの日はお開きにしてくれました。
それにしても、地元にこんなに美味しい割烹料理屋さんができてうれしい限りです。
手前勝手ですが予約の取れないお店なんかにならないで欲しいです。

「背後霊」 娘が撮って名付けた写真です。037.gif
c0133013_154599.jpg

たしかに・・・、花はいつも私の背後霊のように背中に貼り付いていますから。


c0133013_15244943.jpg
ラッシーくん。シェットランドシープドック、10歳。カメラを向けると立ち止まってカメラ目線してくれるいい子です。
義父と義母が入院中で留守の家にひとり留守番犬頑張ってます。
sana家につれて来ようかと思ったけど、外の人の気配だけで吠えるラッシーは有能な番犬なので義母がそのまま留守宅に置いておいて欲しい、と言うので、私とおやーじゅが交代で通いの世話人をしております。
スープの冷めない距離に住んでおりますので、通いは全然苦じゃないのですが、一人ぼっちのラッシー君が不憫でなりません。
馴れない私たちとのお散歩を最初は拒否して、外に連れ出しても座り込んで歩きませんでした。
やっとおとといくらいから私には心を開いて、一緒に歩いてくれるようになりました。
c0133013_1533176.jpg
もうちょっとの辛抱だよ、ラッシー。あと三つ寝たらおばあちゃんは帰ってくるからね。

入院する前に義母は、ラッシーのご飯を一回分づつ小分けして冷凍していきました。
おからと茹でた人参をチンしてドックフードと混ぜてプチトマトをトッピング。これがおばあちゃん伝授のラッシーメシ。
c0133013_15372524.jpg

家族が居なくなって一人ぼっちになったラッシーは、何を思っているのでしょうか。
ご飯はあっという間にペロリと平らげます。

[PR]
Commented by queso at 2013-10-17 17:10 x
義弟様のご冥福をお祈り致します。

お義父様の件も、大変でしたね・・・。
私も30代の頃は自分の老いなんて考えることもありません
でしたが、40歳を超えてから最期はどうなるのかな・・・と
漠然と考えるようになりました。子供もおりませんし、誰にも
看取って貰えずに、数日経ってからデイケアセンターの方の
通報で発見されるのだろうか・・・等と考えてみたり。
周りの方に迷惑になるような事にはならないようにしたいとは
思っていますが・・・。

こちらの和食のお店、いいですね。
美味しいお魚があるのも嬉しいですが、ついつい肉や卵料理も・・・
という食いしん坊呑兵衛の嗜好を分かってらっしゃいます。
いくらと鮭のご飯も嬉しいですし(これで、また呑みそう)・・・。
やはり、親しい仲間と美味しい料理を食べて呑んで話をする、
というのは楽しく、大切な事ですね。

ラッシー君、sanaさんに慣れてきたようで何よりですね。
Commented at 2013-10-19 01:00 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kaokao at 2013-10-19 08:20 x
今は、一気に沢山の問題が押し寄せてしまっているようですね。ひとつずつ解決していくしかないですね。
介護の話ですが、赤ちゃんを育てるのとは違い、いつまで続くのか先は見えないし、年齢に比例して悪くなる一方で、先行き不安が募りますよね。
その家族により、できる事も限られていると思います。施設に預けざるを得ない状況になる事は、仕方ないと思います。
色々と、葛藤はありますがね。沢山施設を見学した方がいいですよ。そうなんですよね、病院もある期間が経つと追い出されてしまうのですよね・・・私は、プロの介護に携わる方々に相談して、教えていただき、家にあった方針を選択しました。
そうですね、私も色々見てきて、将来自分も子供や人様のお世話になりたくないな~と思い、健康面や体力作りには積極的に取り組むようにしています。
お互い、健康でいられるように頑張りましょうね。
でもあんまり頑張り過ぎるのも負担になるから、ほどほどでいいと思っています。
Commented by sana at 2013-10-20 09:18 x
quesoさん
この秋は、本当に試練の季節になりました。
義弟のことも義父のことも、現在進行形でまだまだ多くの課題が
残されていますが、ひとつひとつ解決して乗り越えていくしかないですね。
仰る通り若い時は自分が老いた姿など想像もできませんでしたし、自分は年を取らないくらいに思っていました。
年齢重ねるとともに、順番に誰にでもやってくる人生の最終章を
実感できるようになりましたね。
誰の手も煩わせず、静かに自分の人生を締めくくる、これは難しいことですね。自分の思い通りにはならないかもしれません。

イタリアンも好きですが、和食もいいですね~。
この季節は特に、旬の食材とお酒・・・、たまりません~。
美味しい食事とお酒、そして友人との時間、これほどのストレス解消法はありませんね。^^

昨日、義母が退院してきてラッシーの独り留守番生活は無事終了いたしました。^^
Commented by sanakk at 2013-10-20 09:29
みかんさん
コメント、ありがとうございます。
義父の件、アドバイスいただき感謝します。
今入院している病院のソーシャルワーカーの方とは
お話していろいろ相談に乗っていただきました。
私にとっては初めての経験なので、いろいろと勉強になりました。
義父にとってどんな種類の施設が適するのか、教えていただきましたが、実際に施設に出向き見学して決めるのは私たち家族
なのでいろいろと悩みました。
施設の状態、介護医療の問題、場所、費用・・・兼ね合いを考えておりました。
福祉を学んでいらっしゃるのですね。
これからの時代は福祉に詳しい方はますます必要とされるのでしょう。頑張ってください。^^
鳥ブログが、最近は脱線気味ですが、またぼちぼち愛鳥たちに
ついても記事にしていきたいと思っています。
Commented by sanakk at 2013-10-20 09:40
kaokaoさん
本当にそうです。ひとつひとつ解決していくしかないです。
老人介護は、確かにいつまで続くのか先が見えないですね。
義父は日に日に良くなってきて、頭の中もクリアになってきて
話すこともハッキリしてきました。
それだけに施設に入所させることは心苦しいのですが、
ほぼ寝たきりの状態で、実家に帰すことは不可能かと・・・。
3階建ての家の構造がまず無理ですし、たとえリフォームしたと
しても今の義母には面倒見きれないでしょう。
私たちには仕事があるし、義弟は亡くなってしまったし。
義父には現状を説明して納得していただきました。
幸い、歩いても行ける場所に知り合いが所長を務める
介護型ホームを紹介していただきそちらに入所が決まりました。
義父がそこでの生活になじんでくれたら、まずは一安心なんですけどね。
kaokaoさんも介護経験者ですものね。
今後もいろいろと相談に乗ってくださいね。よろしくです。^^/
Commented by yukya at 2013-10-21 01:19 x
sanaさん大丈夫ですか?
今回の記事は身に詰まされる思いで読んでいました。
本当に他人事ではありません。
旦那や私の両親がぽっくり逝ってくれれば悲しみだけで済むかもしれないけれど、実際のところは認知症になったり病気で寝たきりになったりと悲しい上に精神的にも肉体的にも金銭的にもシビアな状況が待ち受けている方が多いように思うのです。
育ててもらって沢山愛情をもらって・・・でも私にも生活があって、守らなければいけないものもあって。
きっと私も今のsanaさんの様にもの凄く悩むと思います。
でも 割り切らないと共倒れしてしまう・・・だから ごめんなさい、でも私のやれる事は心を込めてやるからねって心持ちでいれば良いのかなあと思うんですよね。
私が偉そうに言うのも何ですが、sanaさんは最善の選択をされたと思いますよ。
だからどうか心を楽に持って頂きたいです。
私とkaokaoさんで気晴らしに付き合いますよ!!
Commented by sana at 2013-10-21 11:07 x
yukyaさん
ありがとうございます。
いつかは誰しもが迎える問題ですよね。老後の問題。
人間って、自分が予定しているようには生きられないし、簡単に死ぬこともできないものです。
(不慮の事故や突然の病気で、ふっとこの世から消えることもありますが)
とりあえず今は、順番から言うと私と夫の親を後悔が残らないように見送ってあげること、そして次は自分たちの老後、ですよね。そんなことを切実に考えなくてはならない年齢になってきたのですね~。
私たち家族の選択は、最善というか、もうこれしかなかったのです。
義父のためになるべく近くの施設を探してあげること、そして、
なるべくちょいちょい訪問してあげること、それしか方法はないと
判断しました。

さまざまな申請や手続き、病院やホームとの交渉など、闘病中の義母や忙しい夫の代わりに私がやっていてストレスたまってます。
しかし、幸いにも私は気晴らし、息抜きすることが大得意で、抱え込んでパンクする性格ではありませんの。^^;
ぜひぜひ今度、気晴らし、付き合ってくださいな~。^^/
Commented by りおん at 2013-10-21 14:59 x
両親の老後のこと、自分たちの老後のこと
いろいろと考えておかなければいけないのだと思うのですが
それを考えるのも、何だか重苦しくて、ついつい避けてしまっています。
どんな方法があるのか、だけでも
知っておくべきかな~と思うのですが・・・
だめですね~・・・

ラッシーちゃんでしたか~^^
いい子でお留守番、できましたね!^^

なんてかわいい背後霊でしょう❤
うちの背後霊は、ツメが痛くて切ろうとしたら
準備している間に、高いところへ逃げちゃいましたよ~^^;
切ろうとしていることがばれると、しばらく警戒されちゃうんですよね~^^;
どうしましょ。


Commented by sana at 2013-10-22 20:22 x
りおんさん
確かに考えたくないし、避けて通りたいことですよね~。
私も深く考えずに今まで生きてきましたが、突然、現実が
やってきて、さあどうするどうする?って答えを急がされてる
感じですね~。
きっとそういう立場にならないと実感できないものかもしれませんね~。

そうなんです。ラッシーです。
おとなしいいい子ですが、お散歩中、自転車とかバイクとか
2輪で走る物を見ると吠えて追いかけようとする癖があります。^^;
また義母が入院したら(あと何回か治療のために入院予定です)
またラッシーのお世話することになるので、もっと仲良しに
なりたいところですね~。

ウチの背後霊も爪がのびてるんですよ~。
忙しくて放置してます。^^;
痛い背後霊です~。
by sanakk | 2013-10-16 16:19 | Comments(10)

平凡な主婦と平凡なヨウムの楽しく滑稽な日々を綴ります


by sanakk