ヨウムな生活

sanahana.exblog.jp

平凡な主婦と平凡なヨウムの楽しく滑稽な日々を綴ります

一件落着 / にぎりごこち / 母たちの同窓会

あれだけ街を彩っていたオレンジ色のジャック・オー・ランタンが消えたとたん、もうあちらこちらでクリスマスの飾りつけを目にします。
c0133013_16445511.jpg

毎年のことですが、あー、またこの季節がやってきた、あっという間の一年だったな、とため息が漏れます。

今週月曜日から儀父が入所した施設(有料老人ホーム)でもしっかりクリスマスツリーが飾られてました。
天井からは、きらきらとかわいらしいオーナメントがぶら下がり華やかな雰囲気になってました。
病院では、一切の病院食を拒否し何も食べなかったので「胃ろう」(直接胃にチューブを入れて栄養を注入すること)の状態だった儀父でしたが、施設に入ってから、いきなり食欲が復活して他の入居者の方々と一緒に大きな食堂で食事ができるようになりました。
胃ろうのチューブも外れました。
入所して初めての食事の様子を儀母と見学させてもらいました。
大きなエプロンを首からつけられて、見違えるほど生き生きとした顔で、デザートの今川焼きをほおばる儀父を見たときは、ちょっと感動しました。なんだか胸にこみ上げるものがありました。
この感情はかつてどこかで味わったことがあるもの・・・。
変な話ですが、それは、長女が2歳の時、初めて保育園で他のお友達といっしょに給食を食べているのを見た時の感動とちょっと似ていたのです。
それまで毎日毎日片時も私と離れたことはなかった長女が(それこそトイレの中まで一緒だった)、一人でほかの子たちに混じって私が作った以外の物を食べている・・・、娘が初めて家の外の社会に出て行った小さな第一歩が嬉しく頼もしく感じたものでした。カンガルーの母親が子供を袋の外に初めて出した時はこんな気分になるでしょうか?
儀父には、甚だ失礼ですが、このまま自分で食事することもできない状態が続くのか、と思っていたので、子供の成長を喜ぶ時のような感情が芽生えました。
儀父はこの先衰えることはあっても、成長していくことはけしてありませんが、食べる喜び、人と関わる楽しさや生きる希望を持って、少しでも体の機能が戻ってくれることを願っています。
とりあえず、儀父のことは一件落着。(あくまでも、とりあえず、ですが。)
さて、次の問題解決にとりかからなくては。008.gif



朝、篭脱けしたピーちゃん。飛び回りすぎて疲れて床に落ちたところを捕まえました。
c0133013_1648163.jpg
暴れん坊のピーちゃんですが、手の中ににぎってしまうと、小さ過ぎて儚い感じ。借りてきたじゃなくて鳥のように神妙になってしまいます。

c0133013_16484826.jpg
ケージになかなか帰りたがらない詩も捕まえてニギニギ。
さすがにオカメ、握りごたえがありますね。大きいので人差し指で頭を押え込むことができません。
でも詩は女の子らしく、ふわふわと柔らかくて暖かくていい匂い。


セキセイ→オカメとニギニギすると、当然ダルマも握りたくなるというのが人情というもの。
c0133013_16493632.jpg
片手で握る限界ですね。
胴体が太いので指が詩のように回りませんね。身が締ってどっしりと硬いにぎり心地の海でした。
もがく姿もカワユク愛おしくていじめたくなってしまいます。(ドSだ。私は・・・)

c0133013_16515671.jpg
無理無理。とてもじゃないけどあなたは片手でニギニギできません。
頭を手のひらで包んでウリウリするのが精一杯。御髪が乱れてしまいましたね。




さてさて、先週末は次女YUKAが通っていた高校の母友の会でした。
娘が卒業しても、定期的に会を企画して集っております。
学校が東横線沿線だったことから、みんなが集まりやすい自由が丘で開催することが多いです。
この日は、自由が丘で人気のワイン居酒屋「直出しワインセラー事業部」というお店でした。
10人の妙齢の母親たち、いえ、女の子たちが集まって強烈な女子会が始まりました。
c0133013_16551118.jpg
呑み放題のワインは赤白、次から次へと空く空く・・・。
c0133013_16554727.jpg
魚介系を得意とするお店のようですが、ボリューム満点のワインの肴が出てきました。
c0133013_16555850.jpg
そしてメインは魚介たっぷりのブイヤベース。
今回、初対面の方が参加されていたのですが、その方に自己紹介しようとしたら「あ、いい。いい。もうどういう人か分かったから。さっき、ここに来る途中の小鳥屋さんで立ち止まったでしょう。鳥が好きなヒトだってわかったから。もう気が合うって知ってる」と言われましたー。005.gif
そうなんです。お店まで、みんなでぞろぞろ歩いて来る途中に小さな小鳥屋さんがあるんです。
「あー、このお店、いいんだよー」と、言って私が立ち止まったんですよね。
その彼女も、小さい時からインコ好きだったということでした。その日はガールズトーク(赤裸々おばちゃんトーク)で盛り上がり鳥の話はしませんでしたが、また同士を見つけてしまった、という感じです。003.gif
c0133013_16561874.jpg
仕上げはブイヤベースのスープでお米を炊いたリゾット。魚介の出汁をしっかりと纏った大変おいしいリゾットでした。
その後、10人でカラオケになだれ込み、マイクを放さなかったような・・・。誰かと踊り、手をつないでシャウトしたような・・・・。演歌を唸ったような・・・・。ああ、みんなが覚えていないといいけれど。

[PR]
Commented by りおん at 2013-11-10 05:10 x
いいな~鳥さんにぎにぎ~❤
うちはふたりとも、にぎにぎできないんですよ~TT
いいな~!にぎにぎして、くんくん、憧れます~❤
すっぽりおさまるピーちゃん、やっぱりセキセイさん
ちいさいですね~@@
なるほど~オカメさんはこのぐらいの大きさなんだ~^^
もがく海ちゃん、わたしも見たいな~^^
ヨウムの握り、sanaさん&花ちゃんならできるかも!
と期待したけれど、やっぱりムリですよね~^^;
乱れた御髪の花ちゃん、ステキ~❤

女子会、盛り上がりましたね~^^
Commented by queso at 2013-11-10 09:47 x
私も鳥さんにぎにぎしたいな~。
十姉妹は壊れそうでなかなか出来ず・・・
あの、いい匂いも嗅ぎたいです。ふがふがと・・・(変態か)。
神妙になったピーちゃん、可愛いですね。目をじっと閉じていて
愛いヤツといった風情。

お義父様の件、色々考えつつ拝読いたしました。
sanaさんの仰る通り、食べる喜びやお友達とのコミュニケーションを
愉しんで頂けるようになると良いですね。

そして、楽しい母友の会!
呑兵衛が沢山いらっしゃるのですね(^^)♪
やはり女は、こうした同性の集まりでお喋りして呑んで、食べて
という事が欠かせないなぁと思います。
これで英気を養い、また頑張れる・・・そういう生き物ですね。
「残るは食欲」なんていう本もありましたが、女の場合はそれに
「喋欲」もあるのかな~と(^^)V。
Commented by sana at 2013-11-11 16:37 x
りおんさん
碧ちゃんも軍ちゃんもニギニギできるサイズではないですよね。^^
大きい鳥は、捕まえて両手で羽交い絞めにするしかないです~(笑
やっぱりニギニギするのは手の中にすっぽりおさまるセキセイさんサイズがベストですね~。
オカメsや海は、ちょっと無理がありますがギリギリどうにか握らせてくれます。
私の手のサイズではヨウムにぎりは無理です。ひっくり返して
手のひらに乗せることはできますけど~。
今朝は、むりくり花を太ももの間に固定して爪切りしました~。
爪切りの時だけ、サイズを小さくできたらいいのにな。^^;

年末が近づきましたね~。
女子会の機会もふえそうです。何かと気忙しい時期ですが女子会は楽しいですよね。^^
Commented by sana at 2013-11-11 16:56 x
quesoさん
確かに~、十姉妹さん握りは怖そうですね。^^;
三羽くらい一緒に握ったらちょうどいいかも?
十姉妹さんはどんなニオイがするんだろうと興味ありですが。
ピーちゃん、ふだんは小賢しい奴ですが、握られると別鳥格になりますね。叫んだりもがいたりしないで目を閉じてなされるがままなので、けっこうドMなのかもです。(笑

人間、やはり口で咀嚼して食べること!ですね。
チューブで摂る栄養ではダメです。
義父、食べる喜びがもどってきてよかったです。
わたしなんて食べる楽しみがなくなったら、生きてる甲斐がない
と思います~。

母友の会は強烈ですよ。この世代って一番怖いものがない年齢になってきてるのかな~。
子供に手がかからなくなり、自分の時間が自由に使えるように
なってきた年頃ですから、みんなそれまでのタガが外れるのかしら?^^
でもそんな世代のオンナ同士、楽しいですよね。^^
Commented by ケイ at 2013-11-14 14:05 x
お久しぶりです。なかなかコメントは残せずでしたがブログは楽しく拝見させていただいています(*^o^*)
色々と大変な事がありましたね(>_<)忙しい時は気持ちがはりつめているから大丈夫ですが、気を抜くと疲れは一気に来るのでお身体大事にして下さいね。
うちのハロ(セキセイ)は握るとそれはもう、この世の終わりだと言わんばかりの奇声を発しながら指を咬んできます(∋_∈)でも本気では咬まないんですよ。甘咬みにちょっと力を入れた位です。こういう所が賢いなぁと感心しちゃいます(親バカ)捕まえたらインコ臭を心ゆくまで堪能してから放してやります。
Commented by sana at 2013-11-15 10:11 x
ケイさん
いつもご訪問いただきありがとうございます。^^/

本当に’13年、夏から冬にかけていろいろありました。
生きてるといろんなことを経験するものだなぁ~というのが
正直な感想です。
今、私ができることを一生懸命やって乗り切っていくしかないと
思ってます。
来年は、良い年になると信じて頑張ります。

ふふ、ハロちゃんが身悶える姿、目に浮かぶような気がします。
インコは賢いです。我慢するところはちゃんと分かってるんですよね。(sana家の鳥たちもみんな咬まないですが、唯一甘ったれの希だけは、掴まれると本気咬みするアホです^^;)
インコ臭心行くまで堪能せずに解放できないですよね。^^;
うちの子たちもわたしから娘たちへと手渡され、嗅ぎまくられてからやっと放されるのでぐったりしてますわ。
by sanakk | 2013-11-08 19:23 | Comments(6)

平凡な主婦と平凡なヨウムの楽しく滑稽な日々を綴ります


by sanakk