ヨウムな生活

sanahana.exblog.jp

平凡な主婦と平凡なヨウムの楽しく滑稽な日々を綴ります

涙腺壊れる映画 / 希の通院

建国記念日の11日、私は次女YUKAと映画「永遠の0」を観てきました。
いやー、感動しました。良い映画だったです。
昨年末に公開された時は、また中途半端な戦争モノかとあまり興味がなかったのですが、この映画を観たという何人かの知り合いが皆口をそろえて「すごく良かった」と言っていたので、ここへ来て急に観てみたくなったのです。
c0133013_15523731.jpg
既に原作本を読まれた方も、映画をご覧になったという方もいらっしゃるかもしれません。
約2時間半という、上映時間があっという間でした。
太平洋戦争をゼロ戦パイロットとして戦い、終戦直前に特攻隊に志願し戦死した青年(V6の岡田准一さん)が主人公のお話です。CGとは思えないようなリアルな空中戦闘シーンは迫力があって確かに見ものではありますが、この映画は戦争映画ではなく、人間愛と家族愛がテーマだと私は思いました。
決して特攻隊や戦争を美化したものではないと感じましたけど。(一部そういう論評もあるようですね)
映画のストーリーは、謎解き仕立ても含まれてドラマチックに描かれていますが、あの時代、太平洋戦争を経験し戦後を生きた人たちには、ひとりひとりに映画になるような物語があったに違いないですね。
久しぶりに涙腺が壊れました。隣のYUKAも号泣していた様子。2人そろって泣き腫らした目で映画館を後にしました。
戦争を知らない娘には、あの時代の話はどのように心に響いたのでしょうか?あ、もちろん、私だって戦争、知りませんが。
ただ、私の世代は、親が戦争を多少なりとも経験しています。なので、そんなに遠い遠い昔の事と言う感じはしません。
平成生まれのYUKA世代は、歴史の年表に出てくる戦国時代や江戸時代のナントカの乱やナントカの変と同じくらいリアリティの無い遠い昔の事と感じているのでしょうか?
YUKAと同じ年齢くらいの(あるいはもっと年下の)若者が大勢自ら特攻に志願し、命を落としたこと、国のために、日本の未来のためにと、そうするしか選択肢がなかった時代がかつてあったこと、私たちも娘たちのようなこれからの若い世代の子たちも忘れてはいけませんね。
誰に何を言われても、愛する家族の元に生きて帰ることにこだわっていた主人公の青年(岡田准一氏)は、なぜ最後に特攻隊に志願したのか?謎は謎のままでしたが、それは観客がそれぞれに考える宿題なのかもしれません。答えのヒントは沢山あったと思います。
興味のある方は、是非、「永遠の0」、観てみてください。
(岡田准一クンにハート持って行かれました)←結局、ソレか。012.gif


さてさて、長くなりましたが・・・
昨日は、希の病院の日でした。これで週一3回目の受診です。
とても寒かったので重装備でお出かけです。車に積んで行くにしても、やはり少しは外に出ますから。
c0133013_15543465.jpg
ミニホッカイロを内側にいくつも貼ったカバーをかけてさらにトートバックに入れたケージは、その上からフリース素材のひざ掛けに包まれ・・・。

c0133013_15545076.jpg
希、すごーく元気なのです。まだ、若干呼吸に合わせてお腹が動いているようにも見えますが、なんとなくそう見えるという程度です。
c0133013_15551211.jpg
ご飯も良く食べて、薬水も良く飲むし、体重も85~86gをキープしております。とてもきれいな声がでるようになりました。
仕事から帰ってすぐ、病院に行く準備をしながら、こんなに元気なのに寒空にストレスをかけてまで通院する意味があるのか?と正直思いました。薬だけもらいに行けばいいのじゃないか、と。
病院に行けば、担当の先生は希のことをよく診てくれて体重を量り、注射を打ってくれますが、通院はできれば今日が最後になればいいのに、と思いました。
週一のこととはいえ、仕事を早く切り上げ大急ぎで家に帰って、横浜の病院まで車を運転して出向き、帰りはいつも9時近く。それから夕食の準備となると、実際私もしんどいのです。

けれど、やっぱり通院は昨日で終わりになりませんでした。
大分良くなっているようなので、週一ペースを週二ペースに延ばしましょう、ということになりました。なので次の通院日は2週間後の水曜日。ペースが延びただけでもホッとしました。
来週は義父の外来付き添いもあるので、助かりました。
自分の都合で通院を面倒がってはいけませんね。それは分かっているんです。
希にはしっかりと治ってほしいので、もう少し頑張ります。045.gif

c0133013_15574189.jpg
      希、ペレットを容器の縁に並べる癖、健在です。003.gif

c0133013_15575785.jpg
希がご飯を食べてるところを熱心に観察するピーちゃん。

c0133013_1558135.jpg
希が単身療養生活に入って、ケージを並べられるようになってから、ピーちゃんはとても生き生きして毎日が楽しそうです。
c0133013_15583435.jpg

[PR]
Commented by りおん at 2014-02-14 06:19 x
すいません~!
この時期、バラ作業に追われて、ご無沙汰してしまいました~!
そのご無沙汰している間に、大変なことがあったのですね!

希ちゃん、心配ですが、よくなってきているとのことで
よかったです~TT
今年は、冷え込む日が多いですものね~。
たくさん食べて、元気もあるようなので
早く回復してくれますよね!!
がんばれ!希ちゃん!

ピーちゃん、うれしそう~(。→ˇ艸←)プククッ☆
ひっくり返って、ねえねえ~って
とってもかわいいです~^^

デッカイねぇさんにも、興味津々なんですね?
うひょ~!花ちゃん、お首長っ!!
ヨウムさんのお首の、S字っぽいカタチ
大好きなんです~^^

週末また、雪の予報ですね。
暖かくしてお過ごしくださいね~!
Commented by vinojapon at 2014-02-14 17:12
そうですね、家族の一員である希ちゃんですから病院には
連れて行きたいけれど、自分の生活のペースもありますし
お仕事の後、それっそれっと奮い立たせて出掛けるのも大変ですよね。
その後ご飯を作って食べてお風呂に入って明日も仕事か・・・
となると、ふぅぅ~となりますよね。

やはり家族(自分含め)が健康であること、これが一番大切ですね。

ぴーちゃんは相変わらず元気に動き周っているようですね(^^)♪
籠の外から見ている花ちゃんの目もどこか優しげな・・・。

希ちゃんの通院が終了したら、ぜひまたお食事をご一緒しましょう!!
Commented by sana at 2014-02-17 09:55 x
りおんさん
いえいえ~。
お庭の作業に大家族のお世話、大変そうだなぁ~と拝見しておりました。
ご訪問くださってありがとうございます~。^^

うちの子たちは、これまで病気知らずで元気だったので
私もすっかり油断しておりました。
希は、お迎えした時も体重が激減して心配したものでした。
うちの子たちの中では、基礎体力が無いのかもしれません。
でも、大分良くなってるみたいです。
病院の先生は、もう少し太って欲しいと仰っていますが。
応援していただいてありがとうございます。

ピーちゃんは、相変わらずです。
隣に希のケージが来てますますハッスルしてます。^^
でっかいねぇさんが近づいて来ようものなら、ものすごいテンションで大喜び。
花がタジタジしてますね~。^^首をながーくして、いつでも退ける
体勢でピーちゃんにちょっかい出してます。(笑
Commented by sana at 2014-02-17 10:07 x
quesoさん
希の症状が重かった時は、ただどうしよう!という思いで
病院に駆けつけましたが、大分良くなってくると、怠け心が
出てくるというか、寒い日にわざわざ行かなくても・・・って
思ってしまいますね~。
確かにそのためにずいぶん私の生活のペースも狂ってしまいます。
希自身にも病院通いはストレスを与えますし、その辺りの見極めは、飼い主が判断していいものかどうか?悩むところですね。
病院の先生は、丁寧に希を診てくれますし、完全に良くなるまではしっかりと診察していこうという方針なのでしょう。
とりあえず、早く通院が終わりになるよう、しっかりと希に栄養をとってもらって体重も増やして次回の受診に備えようと思ってます。
やはり人でも動物でも家族の中に病人が出ると、周りは大変です。
自分自身の健康にも留意しないと、と思いました。

はい!是非、ご一緒しましょうね。
来月あたり、計画立てましょうよ~。^^/
by sanakk | 2014-02-13 16:05 | Comments(4)

平凡な主婦と平凡なヨウムの楽しく滑稽な日々を綴ります


by sanakk