ヨウムな生活 sanahana.exblog.jp

平凡な主婦と平凡なヨウムの楽しく滑稽な日々を綴ります


by sanakk
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

桜の季節イラつく花 / ヨウム・ドゥが心配

c0133013_9235056.jpg
今日のぽかぽか陽気で一気に桜の蕾がはじけだしましたね~。つい数日前までは、黒い硬い蕾だったのに。
あんまり暖かくて天気が良いので、職場近くの公園に桜チェックに行ってしまいました~。
三部咲きと言ったところでしょうか~。
今週末は早くも、上野や隅田川あたりの有名なお花見処は混雑しそうですね~。

鳥たち営巣の季節ですね。箱入り娘の花も、本能的に縄張り意識というか、自分のテリトリーを守ろうという意識が強くなるんでしょうか、なんだかイライラしてます。
私にその感情を向けることはありません。私に対しては、いつも可愛子ブリッコの花ちゃまなのです。
c0133013_9143637.jpg
今まで存在を無視し続けていた希のことが気になって仕方がない様子。放鳥時間になると、ひとり療養中の希のケージの回りをウロウロしてガッツンガッツンやるので、目が離せません。
このところ私が希ばかり覗いて気にしているからでしょうか。ふたりで時々出かけちゃうし。(病院だけど)
希、怖くて奥~の方に引っ込んでしまいます。隣のピーちゃんは正反対。オレをかまってくれ、とモーレツアピールしています。
c0133013_9152262.jpg
ピーちゃんに怖いものなし。花を見つめる真剣なまなざし。

最近、海が面白い行動をとります。
私がケージの掃除をして、底皿に新聞紙を敷いていると、とことこと私の手元にやって来てちょっかいを出したがるのですが、邪魔なのですぐに追い払われてしまいます。
そうすると近くに広げてある新聞紙を自分で丸めてその中に頭を突っ込むという行動をとるのです。
c0133013_9155272.jpg

どういうつもりなのでしょう?新聞紙を扱う私の手を真似ているつもりなのでしょうか?
そういえば花も、私が洗濯物を畳んでいると、そそくさとケージ底に下りて敷紙を折りたたみ始めるのです。
インコって面白い生き物ですね。

c0133013_9162381.jpg
落花生の殻をバリバリ豪快に齧り落とす花。

c0133013_9165423.jpg
わざわざ上下狭い洗濯バサミの間で食べる海。


さて、当ブログを昔から読んでくださっている方ならばご存じかもしれませんが、sanaエリアの某駅前にある某百貨店さ〇か屋のペットショップに20年近くいる「ヨウム・ドゥ」のお話です。
ヨウム・ドゥのこと、私は花をお迎えする前から知っているので、本当に長いお付き合いです。
今でもこの百貨店に用事がある時は、地下食品売り場から7階のペットショップまで上がって必ずドゥに挨拶することにしていました。だいたい月に1回くらいは会いに行ってました。
やって来ると買い物もしないのにしばらくヨウム籠の前から離れず、ぶつぶつ語りかけている私の事を、ペットショップの店主は、絶対に覚えているはずです。(いつもドゥを見に来るだけで申し訳ないので、こないだこちらのお店で希の単身療養用ケージを購入しましたっ。)
けれど店主とは、10年以上も通っているのに言葉を交わしたこともありませんでした。
一度だけ、数年前に、「このヨウム、売ってるんですか?」と聞いたら「もう売り物じゃありません」とそっけなく、それだけ会話したことを覚えています。
先日、久しぶりにその百貨店に買い物に行って、ドゥに会いに寄ってみたら、何年も置いてあった場所にドゥのケージが無いじゃないですか!
えっえっ?と、対して広くはない店の中を歩き回る私。隣のボウシ・ララは元気にしていました。
ドゥはやっぱりいません。既に売るためのヨウムではないのだから、どこかへお迎えされたとは考えにくく。
ざわつく心をおさえつつ、とっつきにくい店主の男性に「ここにいたヨウムはどうしたんですか?」と聞いてみました。(いきなり話しかける勇気がなくて、ピーちゃんの粟玉を購入したついでに聞いてみるというていを装う小心者の私)
なんと、ヨウム・ドゥ、病気らしいです。一時入院させていたそうです。そして今はその店主男性の家で療養中とのことでした。
「もう、18歳くらいになるから・・・」と彼は仰ったけど、18歳、まだ若いから!
「元気にしてあげてください。私、ずっとここで逢うの楽しみにしてたんです。お願いします」って詰め寄る私に彼は2、3歩後退したかもしれません。
こういっちゃ悪いけど、なんだか無愛想な店主の笑顔を初めて見ました。「はい。僕も愛着があるんでね。」と。
ホント?ホントですね?ちゃんと看病してますよね?治してね、絶対元気にしてね。口に出しては言えませんでしたが、目で訴えかけたつもり・・・。
止まり木にもとまれない状態とのこと、心配です。
c0133013_9242363.jpg
さ〇か屋のヨウム・ドゥのこと知っている方は、彼女(彼)が元気になることを祈ってあげてください。

[PR]
Commented by あゆみん at 2014-03-29 18:57 x
sanaさん、はじめまして。
初めてコメントさせていただきますが、日記は毎日楽しませていただいております。

さ○かやのヨウムさん、私も川崎に行くたびに会いに行っています。
あそこの店主さん、ほんとに愛想がなくて、私もいつもこっそりとヨウムさんとボウシさんにご挨拶しています。
ちょっと最近寄っていないので、いないことにもしりませんでした。
なんとか元気になってほしいですね。
私もお祈りさせていただきます。

ちなみにうちのあんこ@トイプーは同設のショップでお迎えしました。
Commented by queso at 2014-03-31 08:39 x
sanaさんが洗濯物を畳みだすと、敷紙を折り畳む花ちゃんですか・・・
面白いですね。きっと大好きなsanaさんと同じことを行っているという
連帯感に浸っているのかもしれません。
家事を応援している・・・?ということも・・・
海ちゃんの新聞に頭を突っ込むという仕草も何とも興味深いですね。
鳥達の繁殖期の春。やはり自然界で生きていなくてもDNAには
刷り込みがあるのでしょうね。
かくいう家の十姉妹の雛もかなり大きくなり、日に日に鳴き声も
賑やかになっています。昨日は壺巣から落ちていたので、そっと
元に戻しました。雛は大きくなり動きが活発になるとよく落ちるので
これもまた成長の証なのでしょうね~
(自然界でしたら、この時点で終わりですが・・)

ペットショップのヨウムさん、心配ですね。
確かにヨウムで18歳ならまだまだ若いですし、回復してまた
その姿を見せてほしいものですね。
Commented by sana at 2014-03-31 14:17 x
あゆみんさん
はじめまして。^^/当ブログに訪問くださりありがとうございます。
そして、コメントしてくださり、嬉しいです。

おお!さ〇か屋のヨウム・ドゥとボウシ・ララ(勝手につけた名前です)、ご存知ですか?
かれらは、近隣エリアの鳥飼さんたちにはひそかに有名な鳥さんらしいです。
何年も前になりますが、彼らのケージには止まり木もおもちゃも無く、環境はとても悪くて心配していたら、どなたか勇気ある方が、あの店主に言ってくださったようで、その後は止まり木とおもちゃがケージに設置されました。
そういう経緯があるものですから、店主が家で看ていると言っても大丈夫かなぁ~とちょっと心配だったりして。
ありがとうございます。
本当に元気な姿をまた見せてくれるとよいのですが・・・。
あまりしつこく様子を見に行くのもはばかられて、あれからさ〇か屋には行っていません。どうなったのでしょうか~。

あんこちゃん、可愛いお名前ですね~。
鳥さんも大所帯なのでびっくりしました。賑やかで楽しそうですね。^^
Commented by sana at 2014-03-31 14:34 x
quesoさん
花の行動は私を真似ているのでは?と思うこと、ほかにもいくつかあります。
洗面所が好きで、いつも飛んでいくのは、私がいつも花のケージの前を通って洗面所(お風呂)とリビングを行ったり来たりしてるからなのかなぁと最近思い当たりました。
洗濯機がお気に入りで、私が洗濯物を放り込んでいるとおおはしゃぎで横取りして自分で放り込もうとするんですよね~。
家事にそんなに興味があるなら、代わりにやってほしいくらいです~。^^>
人間の娘たちに、花の切った爪、煎じて呑ませようかしら?^^

十姉妹のヒナの成長、愉しそうですね~。
ウチのカップルのたまごは孵化しそうもないですが、ヒナヒナが
育っていく過程は近くで見てみたいなぁと思いますね。
確かに鳥かごの中ならば、子育ても安全ですよね~。
十姉妹さん、元気に育ちますように。

ペットショップ、あれから見に行くタイミングが難しいです。
また、来たか!と思われそうですし。
でも、気になってます。
ヨウム、大分調子悪そうに言ってたので、様子聞きに行くのもちょっと怖い気もします。
なんとか回復してくれるのを祈るしかないです。
Commented by もげ at 2014-04-01 00:07 x
はじめまして。私もさ〇かやのヨウムさんは,お店に行くたびに,顔を見に行っていたのですが,病気とは知りませんでした。
10年ほど前大型インコを迎えたくて,さ〇かやさんのボウシインコのお値段を店主に尋ねたことがあります。今思えばそれがララちゃんだったのでしょうか?
ヨウムドゥ,なんとか回復して欲しいです。
Commented by sanakk at 2014-04-01 15:06
もげさん
はじめまして!コメントありがとうございます!
さ〇か屋のヨウム・ドゥ、やっぱりひそかに人気者だったんですね。
ずっとショップ暮らしで荒の子のようでいて、実はとても人懐こい子でしたよね。
顔を見に行くたびに、じーっとこちらを見てはのっそりと降りてきて顔を近づけてきて挨拶してくれました。

そうそう、ボウシ・ララ(勝手に私が命名)もあの店の住人になって古いです。
彼女(彼)もナデナデしてもらうのが大好きで、そばにいくと
そっと頭を差し出してきます。
手を触れぬように!と注意の張り紙がしてありましたが、私は
そんなの無視していつもなでくりまわしていました。^^;
両方とも、もう商品としてあの店に居る訳ではないみたいです。
看板鳥としてなら、もう少し良い待遇にしてほしいものです。
(数年前からもう一羽ヨウムが居るのはご存知ですか?)
ドゥが元気になった姿をもう一度見たいですね~。
by sanakk | 2014-03-28 16:06 | Comments(6)