ヨウムな生活 sanahana.exblog.jp

平凡な主婦と平凡なヨウムの楽しく滑稽な日々を綴ります


by sanakk
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

鳥ごはん事情 他

昨日、我が家の鳥たちの取り寄せごはんが届きました。
sana家の鳥たちが主食としているズプリーム社製のペレットは相変わらず輸入されていないようで未だにどのショップを覗いてみても欠品中ですね。
ズプリーム社の製造が追いつかないのと、それに加え米国の船会社がストライキを行ったりした影響だそうです。
2月下旬には入荷予定とオンラインショップのHPにも書いてありましたが、大丈夫でしょうか~?
これだけ欠品が続くと、入荷されてもすぐに売り切れてしまうのでは?とぼちぼち不安になってきて、毎日気がつくとショップの在庫チェックをしている私です。
別にズプリームのペレットが無くたって、鳥たち大丈夫でしょ、ほかのモノ食べて凌ぐでしょ、とは思うんですが。
過保護ですかねぇ~。心配になっちゃいます。

昨日届いたのは、ズプリーム以外の御インコさまたちの常備食です。
放鳥中に、新しいパッケージを開けると花が目の色を変えてのしのしと歩いてきますよ。
やっぱり、開けたての香ばしい匂いを感じるのでしょうか?
c0133013_13384969.jpg
これはピーちゃんのご飯だよ。あんたのじゃないよ。003.gif
私が容器に入れ替えるのを、そわそわしながら待ってる花。
サンシード社のピタプライマシリーズは、最初に袋の封を切るとドライフルーツのいい匂いがします。
c0133013_1339278.jpg
      こちらはピーちゃんとオカメsの大好物。

c0133013_13395968.jpg
専用容器に移したシードをつまみ食いする花です。大きな容器から直に食べるのは、格別に美味しいらしいです。
c0133013_13405120.jpg
ラウディブッシュのペレットはパッケージが鳥さんの模様になってカラフルに変わりましたね~。
こちらも一応海と花の主食ではありますが、ズプリームに比べるとやはり食いつきはイマイチ。
この他に2種類のペレットを常備しておりますが、食に関しては、インコたち意外に頑固モノです。コレ、と決めるとなかなかほかのモノを食べようとしてくれませんね~。
こうして、sana家では5羽のおインコさまたちに、だいたい一ヶ月半毎に6~7000円の食事代がかかっておりますが、そんなものなのでしょうか。
よその鳥飼さんたちの、鳥メシ費用がちょっと気になったりしています。

c0133013_13421819.jpg
海は今朝もナッツ命。容器を隠してもすぐに見つかってしまいました。
c0133013_13424547.jpg
容器を全部引っ張り出さないとフタは開かないのですが、無理やり力技で・・・。
c0133013_13435472.jpg

c0133013_13441542.jpg


そもそもエンゲル係数の高い一家であるsana家です。
人間様の食費(酒代?)も、最近嵩む一方であります。008.gif
翌日は建国の日でお休みだぁという解放感で、火曜日から地元呑みをしちゃいました。
この1、2年、sanaの地元の商店街は、大分変わってきています。古い商店は姿を消して代りに新しく居酒屋やバルなどの飲食店が参入してきました。
この日は、去年秋ごろ開店した創作和食の店が気になっていたので仕事の帰りに行ってみました。
c0133013_13455672.jpg
お店一番人気をいう、ブルーチーズの茶碗蒸し。
卵とブルーチーズ、アリでしたねぇ。オリーブオイルの香りもしました。確かに創作和食ですねぇ。
その他に何品か料理を注文し、ワインをいただきました。
お品書きの中で最も高額だった「フォアグラと和牛ミスジの芳葉包み焼き」がどうしても気になったので、えいやっ!っと注文しちゃいました。
がしかし、出てきたそのお料理はちょっと残念なものでした。フォアグラが申し訳程度にコロッと乗っていましたが、火を通し過ぎてパサパサで焼きすぎた鶏のレバーみたいだったし、味噌味もしょっぱすぎました。
全体的に、お料理のお味の割にはコスパがちょっと・・・という感想で、もう一度訪れることはないだろうな、と思いました。
地元新規開拓のつもりだったけど、まあ失敗もちょいちょいありますねぇ~。これも自分への投資を思っていますが。
板さん、ひとりですごく頑張っていたけど、新しい飲食店が地元に根付いて長く生き残っていくのは大変だろうなぁ~。
人にいつも美味しいと思ってもらえる食事を提供し、また来店したいと思ってもらえるお店作りって難しいですよね。
家族4人分の食事(それもかなり手抜き)を作るだけでヘトヘトになってるアタシは、絶対に料理人にはなれないでしょう。

[PR]
Commented by vinojapon at 2015-02-15 12:34
鳥の食費・・・家の十姉妹は、アワ玉(国産)、ボレー粉を
同じお店(旅行の時に鳥を預かって貰える徒歩数分)で
購入しており、費用は一ヶ月約2千円程度でしょうか。
国産は輸入物に比べると高価なのですが、ついつい親(?)馬鹿です。
sanaさんのご自宅は色々なインコを飼っているのでまた
好みの餌も異なりますよね。
でも、小鳥って身体の大きさ云々と食べる量というのは
比例するのでしょうかね。
先週八重山に探鳥旅に出掛けましたが、ムラサキサギに比べ
カンムリワシは食べる量が極端に少ないそうです。
家の十姉妹も身体が小さいが為に常にちょこちょこ食べては
排泄しているので、実は相当量食べているのかなぁと。
(飼い主に似ている・・・・?)

新規店舗の件、私の住んでいる所も「う~ん・・・」という
料理のお店が増えています。
食材と味と価格のバランスが素晴らしい!と私が思える店は
僅か・・・。最も味覚というのは人それぞれなのであくまでも
私見で、私が「う~ん・・・、ここは駄目だなぁ」と思った店が
連日大繁盛という所もあるので何とも・・・。
Commented by sanakk at 2015-02-16 15:26
vinojaponさん
鳥は小さな体ですから、なるべく有害なモノは与えたくないですよね~。私も落花生などのおやつは、国産にこだわり、安くても〇国産のものは避けています。
ペレットに関しては、そもそも海外から来たものですし、圧倒的にアメリカ産の物のほうが、種類も豊富なので輸入ものになってしまいます。
鳥は体の大きさの割に(種によりますが)燃費の悪いイキモノ、と言う気がします。しょっちゅう食べては排泄、ですものね。
エネルギー消費効率が悪いかな、と。
十姉妹さん、結構食べていそうですね~。月に2千円程度と教えていただいて、我が家の鳥ご飯代も納得ですわ~。^^
私なんか、鳥の燃費の悪さがうらやましいですけど。
ちょっとしか食べないのに貯め込むより、いいですよね~。^^;

quesoさんエリアも、訪問するたびに新しいお店を目にしますね~。
新規店舗が参入するだけのメリットがある地域なのでしょうね。
食材と味と価格のバランス、本当に納得のいくお店は少ないです。
確かに、味覚も価値観も十人十色。自分の感覚だけで決めつけることはできませんね。
ダメ、と思ったお店が繁盛しているのをみると、だいたい若いヒトで一杯になってます。トシを取ったってことでしょうかね~。ヽ(′Д`;)ノ
Commented by りおん at 2015-02-17 09:07 x
う~ん、お鳥さまたちのお食事代
いくらぐらいかかっているのか、計算したことがありません~^^;
まったく何も買わない月もあれば、どか~んと万単位で
買いこむ月もあり、平均するとどれぐらいになるのでしょう?

花ちゃんと海ちゃん、同じペレットを好んでくださるのですね?
うちは微妙に好みが違うので、結局4種類のペレットを
常備しています~TT

竜之介のごはんは月2万円。
それと意外とかかるのが、うさぎたちのごはんと牧草。
大変です~TT
でも、動物たちにはついつい甘くしてしまいます~^^

花ちゃん、いれものの中には、入りませんか~?
うちの子たちはすぐに中に入って、蹴散らすので
油断できません~!

海ちゃん、やっぱり賢いのね~@@
入れ物を開けて、中身を出してしまうのは
ほんと、すごいと思います~!!
その後ろで、ダンボールを破壊している花ちゃん
かわいいい~❤

そういえばうちはあまり、外食もしなくなりましたね~。
動物たちに、お金かかりすぎ~?

Commented by sanakk at 2015-02-19 09:46
りおんさん
りおん館のかわいこちゃんたち、大勢いるから食費は
sana家の比ではないでしょう・・・。
竜之介君の食費は結構かかるのですね。
私も最近、ラッシーを引き取ってみてドッグフードがどんどん
無くなるのでなんとなくわかりますが。
分かります~。甘くなっちゃいますよね。
彼らの楽しみのほとんどは「食べること」ですものね。
(私もそうですが・・・^^;)

花は、入れ物中には入らないです。
首をにゅーんと伸ばして足を踏ん張って食べてます。
大容量のご飯容器を解放してあげることがあまりないので
怖いのだと思います。

海の賢さは、おやつへの執着から身に着けたものですね。
欲しい物をどうにか手に入れようと思ったら、普段の能力以上のことができるのかもしれません。
最近の海は、先読みしすぎて、放鳥時間になってもすぐにケージに戻っておやつを待っていることが多いです。
こんな海の為にも、安全で高品質なナッツを用意してあげなくちゃ、なんて親バカになってちゃいますね。^^
by sanakk | 2015-02-12 14:03 | Comments(4)