ヨウムな生活

sanahana.exblog.jp

平凡な主婦と平凡なヨウムの楽しく滑稽な日々を綴ります

女性シェフのイタリアン 他

週末、鎌倉は由比ヶ浜にある素敵なイタリアンレストランに行ってきました。
イタリアンでは珍しく女性がシェフのお店「マンナ」さんです。鎌倉長谷界隈では有名な女性シェフのイタリア料理、一度食べてみたいと思っていました。以前、ランチを食べたことがあるというおやーじゅは「あなた、きっと気に入ると思うよ」とよく言っていたので。
長谷の住宅街で、入り口も少し通りから奥まっているので気を付けていないと通り過ぎてしまいそうなお店です。
c0133013_15552147.jpg
夜だったのでよくわかりませんでしたが、普通の一軒家のような建物に入ると白を基調としたこじんまりとした店内でした。
オープンキッチンで天井が高く居心地が良さそうな空間。
キッチンの中では女性シェフがきびきびと動いていました。我らが予約してあった席につくと、店内はそれで満席、一番修羅場と化す時間帯だったようです。
シェフとホールの若い男性ふたりで頑張っていたので、いくらこじんまりとしたお店と言っても満席状態ではさぞや大変だろうと推測できました。
やっぱり最初のお料理が出てくるまでにスプマンテ一杯、飲んでしまいました~。
c0133013_15571552.jpg
前菜のお肉のパテ。よくありがちなクセもなく、とても食べやすい優しいお味のパテ。下に敷いてある人参とレーズンがよく合っていました。一皿目が出ると、あとは割とスムーズに次のお料理が運ばれてきました。
c0133013_15582127.jpg
前菜二品目、鰯のサラダ。鰯はしっかりめに〆てあって鎌倉野菜と一緒にいただくととても美味。
c0133013_1558391.jpg
前菜三品目、グリル野菜。こちらはお代わりしたいほど美味しかったです。鎌倉野菜はとても柔らかく甘い甘い・・・。少し酸味の効いた味付けは素材の甘さを引き立たせていました。
c0133013_15593179.jpg
パスタ一品目。ピカジェ、アーモンドソース。もっちりと厚い平打ちのパスタ、ピカジェと、アーモンドがほんのり香るアーリオオーリオのソースとからんでシンプルだけど実に美味しいパスタでした。
c0133013_1605047.jpg

豆とサラミのリゾット。こちらはちょっと主張してくるお料理でした。香草がほんのり香り、サラミの味もギュッと前に出てくる感じ。けれどヘルシー。主張の中にもやはり女性らしい優しさが感じられました。
c0133013_1612625.jpg
メインは山形牛のロースト。この日はお肉が食べたい気分だったので赤身のローストもあったのですがあえて少しサシの入った山形牛を選びました。と言ってもそんなにしつこくはなく、ごく薄い塩味だけで肉の旨味を楽しみつつ余裕で完食。
この後女性シェフお勧めのティラミスと、ストカルーデル(リンゴとナッツを生地で包んで焼いたドルチェ)をいただきました。美味しすぎて写真を撮るのも忘れていました。
このころになると先に入っていたお客さんも何組か帰り、落ち着いてきたのか、女性シェフがキッチンから出てきて挨拶してくださいました。
料理中は厳しい表情で、ちょっとコワイ人かな?と感じましたけど、小柄でキュートな女性。
小さな体でくるくる動いて満席の客に次々と料理を作り、そしてどれもとても美味しいなんてすごいわぁ、と感心しちゃいました。
料理人は、スタミナとそしてなによりも作ることが好きでないと務まらないなぁと思います。
私は料理人ではないけれど、手抜き料理を4人分作るだけで、最近は本当に疲れるんですよね~。
家族が夕餉のテーブルにつくと、やれやれと椅子に倒れ込むように座る毎日です。持久力も根気も無くなってきたなぁと感じる今日この頃です。
あ、それましたが、こちらの女性シェフのイタリアンレストラン、花丸です。おやーじゅの言った通り、お気に入りに追加です。素材を生かした女性らしい優しいお料理、また行きたいと思えるお店でした。

おとりさまのお話、少々・・・。
c0133013_1655560.jpg
恒例の爪切り後の花。この精根尽き果てた風情で、彼女がどれだけ抵抗したかお分かりになりますね。037.gif
c0133013_1664151.jpg
切ったのは、ほんのちょっとなんですけどね。これでひと月くらいは私も痛い思いせずに済みます。
c0133013_167445.jpg
ほとぼりが冷めると(20分くらいすると)、私の肩に飛んできてナデナデを催促するあたり、我が家のねずみ色娘、良い性格をしていると思います。043.gif

[PR]
Commented by りおん at 2015-03-14 04:22 x
女性シェフのイタリアン!
いいですね~いただいてみたいです~^^

花ちゃん、この放心状態はもしかして・・・
やっぱり、お爪切り後ですか~^^;
そう、先っちょのとがったところだけ
カットするのがいいのだと思いますよ~。
以前、血管ぎりぎりまで短くカットしたら
止まり木にとまろうとしたときに
すべって落ちそうになったことがありました。
あまり短くしてはいけないんだな~と思いましたよ~^^;

花ちゃん、本当に性格のいいおじょうちゃま❤
わたしにも、なでなでさせて~^^
Commented by のりたま at 2015-03-14 11:27 x
お久しぶりのコメントです~
失礼します~~

sanaさんのおいしい物センサーが
満足されたお食事、ぜひぜひいただいてみたいものです。
お肉~~~~~!!
ワイン飲みながらゆっくりいただくの、いいですね~

花ちゃんは大変だったのに申し訳ないですが、
のりたまこのお顔が大好きです~~
爪、大きいから伸びてると痛そうです~~
でも、大きい鳥さんにめちゃめちゃ憧れています。
Commented by vinojapon at 2015-03-14 16:25
女性シェフのイタリアンですか~。^^
最近は和食のお店でも厨房に女性を見かけるなど、女性の
料理人も増えてきていますよね。
体力勝負なところもあるでしょうし、頑張って貰いたいものです。

お料理、どれも美味しそうですがパスタに出てくる
「ピカジェ」とは何ですか?
初めて聞く名前です。木の実?ハーブ?興味津々です。
お肉の火の通し方もまた絶妙ですね。
この色もまた食欲を更に増進させますよね。

花ちゃん、まさに放心の表情です。
でも、そのあとナデナデして貰っている姿・・・
何とも愛くるしいですね。
Commented by sanakk at 2015-03-18 11:33
りおんさん
イタリアンで女性シェフというのは、少ないので
興味津々でした。女性らしい奇抜さの中に優しさがあるような
そんなお料理でした。^^

花のこの状態は、もう恒例の爪切り後なのですぐにお分かりに
なっちゃいますよね。
私はあえて深爪して出血させたことが何度もあるので、最近は
ビミョーに先っぽだけちょっとカットして後はヤスリをかけるようにしています。
嫌がって暴れるし、細かい物が見えにくいので結構大変ですよ。
終わった後に、片足を上げていたりすると、私があまり強く抑え過ぎて痛いのかな?って心配になってしまいます。
本当に花の爪切りは、何年経っても私も苦手です~。
花が、後を引かない性格なのが救いです~。
Commented by sanakk at 2015-03-18 11:43
のりたまさん
こんにちは~。コメントありがとうございます。^^
期待して訪問したお店が期待通りだと嬉しいものですね。
ワインを楽しみながらの食事は、本当に癒されて翌日からの
パワーになりますね~。(飲み過ぎなければの話ですが^^;)
私もです~。花には悪いのだけど、この爪切り後のハァハァゼィゼィした姿を見るとちょっと笑っちゃうんです。
「そんなにかよ~」って。
確かに大型のインコの爪は伸びると刃物です。
マメに手入れしてあげるといいのだけど、これだけ抵抗されるとこちらも億劫になってついつい先延ばししてしまいますね~。
Commented by sanakk at 2015-03-18 11:57
vinojaponさん
イタリアンレストランはいろいろ行きましたが、シェフが女性
というのは初めてかもしれません。
だいたいは一番体力のありそうな年代の男性ですね。
本当に料理人は体力勝負だと思いますね。
最近は女性の寿司職人も増えていると聞きました。偏見がありそうですが、頑張ってほしいものです。

ピカジェとは、あまりきき慣れないですが、平打ちのパスタのことだそうです。幅は1.5センチくらいあってタリアテッレやフェトチーネよりも厚みがあってモチモチした感じでした。
ラザニアとパッパルデッレの間くらいでしょうか?
オイルベースであっさりとパスタの食感を楽しみつつ美味しかったですよ。

毎度おなじみの花の爪切り後の姿ですが・・・、何年経っても
爪切りに慣れてくれませんね。
ただ、以前より復活が早くなっている気がします。
それも慣れてきた証拠なのでしょうか~。_ _;
by sanakk | 2015-03-11 16:07 | Comments(6)

平凡な主婦と平凡なヨウムの楽しく滑稽な日々を綴ります


by sanakk