ヨウムな生活 sanahana.exblog.jp

平凡な主婦と平凡なヨウムの楽しく滑稽な日々を綴ります


by sanakk
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー

CIRQUE DU SOLEIL TOTEM 他

2月も終わってしまいますね~。早い~。
先日私は、かねてから観てみたいと思っていたシルクドソレイユの公演を見に行ってきました。
c0133013_16374044.jpg
場所はお台場のビックトップ。最新作トーテムです。
座席はステージの真正面で、とてもよい位置でした。ワクワクしながら薄暗い会場で開演を待っていると、天井からキラキラとまばゆいばかりに輝く人が逆さ吊りになって下りてきたかと思ったら、いきなりハイテンションなパフォーマンスが始まり、鳥肌が立ちました。
シルクドソレイユと言えば、出演者たちのメイクや衣装も芸術的ですよね。
c0133013_16393572.jpg

人間離れしたアクロバットもすごいですが、幻想的な舞台演出や美しい衣装にも魅せられますよ。
トーテムという今回の舞台は、人類の誕生から現在、そして未来への何億年の旅、不可能を可能にする人類の進化がテーマなのだそうです。
人類は長い時間をかけて進化してきたわけだけど、これからもまだまだ進化し続けるのでしょうか?
人類の、そして地球の未来に希望的観測を持ちたいところだけど、悲観的になってしまうニュースばかりですね。
いつだったかネットをうろちょろしていて太陽についての記述を読みました。銀河系の恒星である太陽は誕生しておよそ46億年燃え続けているわけだけど、寿命の役半分を経過しているそうですね。そのうち(と言っても数十億年後)エネルギー源と考えられてる水素を使い果たして、バランスを崩しどんどん膨張して地球の軌道近くまで達すると推測されているんだそう。(もっと難しい専門用語で説明してありました)
なーんだ、どんなにこの地球上の人間が進化して賢くなって、核も捨て、戦争もやめて平和に暮らしたとしたって、どのみち絶滅する運命じゃないか・・・と思ったものです。
何十億年も先の事考えても仕方ないですけどね。あまりにも壮大な宇宙の話になってくるのでクラクラしちゃいます。
あ、話がそれてしまいました。 シルクドソレイユ トーテム、でした。
素晴らしかったです。まだ観たことない方は、必見です。
c0133013_16455142.jpg
お台場のランドマーク、ガンダムも初めて間近で見ました~。


さてさて、お鳥さまのはなし。
病院の先生に安静を言い渡されて早7ヵ月経った希くん。久しぶりの放鳥です。
c0133013_16473147.jpg
お相手はピーちゃん。詩さんと一緒に出すと興奮して飛びまわってしまうので、別々の放鳥です。
数か月ぶりに妻の居るケージに入ろうとした希くん、絶賛抱卵中だった詩に激しく拒否されてお部屋に入れてもらえませんでした。気の毒に~。
c0133013_16474831.jpg
鳥マンションの上からじーっと詩の事を見つめる希。なんだか哀れでした。007.gif

c0133013_16481432.jpg
高いところにとまって一人でエグエグする花。恋の季節なのかな?
やめてよ。花まで卵産まないでよ。(ヨウムの卵見てみたい気もするけど・・・ダメダメ)
c0133013_16484757.jpg
このところ、体重も増加ぎみ。450gのベスト体重からほとんど増減のない花ですが、20gもオーバーしちゃってました。
c0133013_1649911.jpg
黒目が大きめの花ちゃま。ベビーフェイスで可愛い016.gifこんなお顔で「おかあさん?」ってなぜか疑問形で話しかけてくるのです。「おかあさん?行こ?」って。たまりませんね。この場合「行こ?」=「かまってね」っていうことかしら?
c0133013_16511753.jpg
爪切り後の花ちゃま、すっかり黒目が点になってしまいました。
遊んでもらえると私の後について飛んできた洗面所で不意打ちにあって確保され、無理やり爪を切られちゃいました。037.gif
点目で放心しております。ご愁傷様。でも、あんよが痛くなくなっておかあさんは助かりました。043.gif



[PR]
Commented by vinojapon at 2016-02-28 20:38
恥ずかしながら・・シルクドソレイユは初めて知りました。
こうした公演は暫く見たことがないなぁと今更ながら気付きました。

ガンダム世代ですが、お台場のガンダムは見たことがありません。
我等世代には実は(赤い彗星)シャアの方が人気があったりします。

ぴーちゃん、久々の登場ですね。自然界では鳥達はぼちぼち繁殖期に入り
巣材を運ぶカラスの姿も見かけますので、ぴーちゃんもすりすりを
日々実行されているのでしょうか・・・。

花ちゃん、爪切り後の表情はこのお目目ですね。
はぁ、怖かったぁ・・・と放心しているのでしょうか。
こればかりは慣れるのは難しいのですね。
Commented by sanakk at 2016-03-01 11:50
vinojaponさん
私もサーカスなんて、子供の頃のボリショイサーカス以来ですよ。^^
サーカスと言ってもシルクドソレイユの公演は大きな動物が芸をするわけでもなく、人間ができる極限の技の美しさに独特な演出をプラスして見せてくれるといった感じでしょうか?
ずっと気になっていたので思い切って見に行って良かったです。^^

ピーちゃんのスリスリは一年中ですよ~。
最近、前に比べたら少し落ち着いてきた気がします。考えれがピーちゃんもいい年ですし・・・^^;
飼い鳥の繁殖サイクルは、きっと自然界のそれとは異なるのでしょう。詩も3ヶ月くらいごとに繁殖モードになって産卵します。季節なんか関係なしですね~。
確かに花のショックを受けた時の顔はいつもコレですね。
近くで見れば微妙に違うのですが、写真を撮るといつも同じ。
自分から足を差し出して爪切りさせてくれる子も中には居るんですよ(多くは白色オウム)羨ましいわ。
花は絶対無理でしょうね~。
by sanakk | 2016-02-26 15:09 | Comments(2)