渚園ライブ参戦!


c0133013_15114904.jpg
日曜日、静岡県浜松市の弁天島へ行ってきました。新幹線の切符捨てられずにいます。
余りにもエキサイティングで楽しかったから、余韻から抜け出せずにいます。
c0133013_15130792.jpg

それは、ワンオクことONE OK ROCK の渚園スペシャルライブに参戦して来たからでーす。娘YUKAと。
渚園は私も初めて行きました。新幹線浜松駅から東海道本線に乗り換えて12分の弁天島駅下車、浜名湖に浮かぶだだっ広いキャンプ場がライブ会場でした。
当日、天気は雨の予報でした。もちろんライブは雨天決行です。かつてあのB’zがこの渚園で10万人規模のライブをした時の情報では(台風とぶつかったそう)芝生の会場は地面がドロドロになり大変だったとききました。
あーあ、誰かさんの行いが悪いから・・・、とため息交じりテンションも下げ下げの状態で雨がそぼ降る中、東京駅に向かいました。
が、しかし、浜松市の現地に近づくにつれて、新幹線の車窓は明るく日差しが強く差し込むようになるじゃありませんか。あー、やっぱり私の行いが良いからだわ、とかなんとか言いながら現地に着いたのが11時前。
c0133013_15152434.jpg

        浜松市は快晴。弁天島海浜公園から見る赤い鳥居。
c0133013_15150876.jpg
ライブのスタートは15:30から。まだまだ時間がありますが、まずは会場の渚園に行って自分のブロック内で良いポジションを確保しなくてはなりません。今回はオールスタンディングのライブだったのです。実は私、スタンディングのライブは初参戦です。しかもワンオクなんて若い子(おそらく10代から20代前半の人がほとんど?)ばかりが集まるロックコンサートです。2時間半の縦ノリジャンプに果たして耐えられるのか自信がありませんでした。
我々のブロックはA2。なんとなんとステージに向かって一番前の中央。最高のブロックが当ったのでした。もうこれで2016年の運気は使い果たした感じです。
ライブスタートまで4時間、暑さとの戦いでした。雨の予報が一転して晴れになってラッキーと思いましたが、暑いのもなかなか辛いものです。
c0133013_15265354.jpg
会場には当然椅子はありませんので、自分のポジションを確保したら地べたに座ってひたすら太陽光を浴びながら待ちます。
スタート前2時間を切った頃、もっと人が入るので立って前に詰めてくださいとアナウンスが入り、立たされました。苦しい苦しい。
ライブを愉しむためには老体にムチ打って苦行に耐えないといけないんですね~。
その日の観客5万5000人の中で自分が最高齢なんじゃないか、と思っていましたが、なんのなんの、そんなことはなかったです。チラホラですが同年代かもしくはもう少し先輩と思われる方々もいらっしゃいました。まあ、だいたい我々と同じように親子連れというパターンが多かったですけどね。

さて、ワンオクのライブですが、楽しかったです。最高でした!!娘の影響でしたが、私自身が本当に好きになりました。
今回は、この土曜日曜のみのライブでしたが来年はツアーも敢行するとのこと。
絶対ぜーったい、またYUKAと参加します。東京近辺でチケットとれなければ、地方だって行きます。それまでにはもっと体力つけておかないと。
猛暑の中立ちっぱなし&2時間半縦ノリ腕上げジャンプ、時には隣の人と肩を組んで激しく前後に首振り、汗だく、足は砂埃まみれ。
疲れました~。
c0133013_15582224.jpg
c0133013_15581255.jpg
本当にワンオクライブ初参戦でA-2ブロックを当てたことは奇跡と言ってもいいくらい幸運な事でした。
ステイタスシンボルのように一日腕に巻いていたアームバンドです。記念に保存しておきます。
帰りの新幹線はビールを飲んで廃人になってました。 因みに翌日は腰痛と首の筋肉痛、肩凝りで一日ぎくしゃくと歩いてました。
それでもまた参戦したーい。

と、熱く語った後はちょこっとお鳥さま。012.gif
一日お出かけした翌日は、明らかに甘えんぼうになる花ちゃま。
c0133013_15320959.jpg
とことこと私の前に歩いてきて、お辞儀してはチラッと見上げて、カキカキ待ちをしていました。
c0133013_15335393.jpg
ピンボケ写真ですが、
ドアの下のわずかな隙間を観ようとしています。そこまで首をねじらなくても・・・003.gif
c0133013_15332683.jpg
海くんはいつもマイペース。彼のルーティンは変わりません。毎朝、私のそばで物欲しそうなあるいは賢そうな瞳で佇んでいます。










[PR]
by sanakk | 2016-09-13 15:55 | Comments(0)

平凡な主婦と平凡なヨウムの楽しく滑稽な日々を綴ります


by sanakk