ヨウムな生活

sanahana.exblog.jp

平凡な主婦と平凡なヨウムの楽しく滑稽な日々を綴ります

銀婚式とイタリアン納め

2016年もいよいよあと5日。いろんなことが起こった1年でした。特に7月以降。たぶんこの先も忘れられない年となりそうです。その割には、詳細な事は記憶から飛んでいます。あまりにも目まぐるしくいろんなことに対応しなければならなかったので自分内蔵のHDではキャパオーバーだったようです。
かねてから故義母の入退院は続いていましたが、病気一つしなかったおやーじゅが難病発症し入院手術することになったり、2か月前には実母が突然急性膵炎を発症して緊急入院したりと自分以外の件で病院に行く機会の多い1年でした。
本当に人間、長く生きてると何が起こるか分かりません。自分だっていつ病気になるかもしれないし、心と身の回りの準備はいつでもしておかないと、と思いました。
幸い今の所私は健康で、美味しく食べて呑んでおります。
頸椎後縦靭帯骨化症という診断を下されたおやーじゅも一時はどうなるかと思いましたが、良い病院と名医に出会えたおかげで今では仕事に復帰しバリバリ働いております。
実母は11月の初めに退院して、食事制限が多少あるものの今は元気に暮らしています。
いろいろあったけど、とりあえず年の瀬の今「セーフ!」と言えることをありがたいと思います。
そして今日(26日)は我々夫婦の25回目の結婚記念日でありまして、世間で言う銀婚式ってやつですね。
若い時は定期的に激しい喧嘩を繰り返してきましたが、よくもまあ銀婚式を迎えられたものだと思います。
ここまできたら、夫婦そろって元気で金婚式を迎えることを目指したいと思います。003.gif

25年も続けられたのは、ひとえに私たち夫婦が美味い物を食べに行くのが好き、という唯一のそしてとても重要な共通点があったことが良かったのだと思います。
それが無かったたら果たして今頃どうなっていたことか・・・。
そんな我々が25周年記念と年内最後のイタリアン食べ納めを兼ねて出かけたお気に入りイタリアンレストランのクリスマス特別コースです↓

c0133013_15323423.jpg

冷前菜- 尾鷲オニエビ 根室帆立 利尻雲丹 蕪の器 オニエビのコンソメジュレ

c0133013_15323903.jpg
 温前菜- 寿雀卵 モンドールチーズ ゆり根 冬トリュフ
(実は今回のコースで一番気に入った一皿。ワインが進みます)


c0133013_15341109.jpg
この日ただいたフランスのスパークリング。しっかり発砲するタイプでバランスの良い美味しいワインでした。

c0133013_15324382.jpg

パスタ1- ブロッコリー 自家製からすみ フェデリーニ

c0133013_15331704.jpg
パスタ2- トルテッリーニ イン ブロード

c0133013_15332337.jpg
 魚料理- 尾鷲平すずき 菊芋 ビーツ

c0133013_15332795.jpg
肉料理- 南伊豆鹿ロース カーボロネロ
(柔らかくて脂の少ない赤身、鹿のお肉美味しいですね
)

c0133013_15340428.jpg
             お肉料理からのパスタ、ブッタネスカ!!
これじゃまだ足りないでしょう、とシェフが特別に作ってくれました。私たち大食い夫婦の胃袋の容量をよく把握してくれているシェフです。

c0133013_15340859.jpg
         クリスマススペシャルドルチェ- 苺のシブースト(本当に美味しかった!)

もう3年続けて年末には必ずこちらのお店にお邪魔しておりますが、いつもはアラカルトでクリスマスコースをいただくのは初めてでした。
素晴らしいラインナップでした。どれも美味しくてドルチェまでペロリ、でした。
今年も美味しいイタリアン納めが出来たこと、神様に感謝です。
来年も美味しい物いっぱい食べるぞ~。

と決意も新たにしたところで、おとりさま。

c0133013_15342083.jpg

なでなで待ちの花ちゃま。根気強く頭を下げてじっとしております。でも、なでなでしてあげるとすぐにダメ出ししてきます。
最近ちょっぴり気難しい鼠色娘。

c0133013_15342425.jpg
今朝、何に怯えたのかケージに慌てて帰ってこの体勢のまま10分くらい微動だにせず。あなたはハシビロコウですか?
何か異変を感じたのでしょうか~?海は時々こういうことがあるのです。私たちには感じることのない第6感があるのでしょうか?大きなお目目を見開いてじっと見つめる先に何かが見えていたのでしょうか~?ぞぞぞ




[PR]
Commented by ゆみこ at 2016-12-28 10:15 x
はじめまして
今ヨウムをお迎えしようか迷っていて
ネットで色々勉強しているなか、こちらのブログと出会いました。
お迎えしようと思っている子は生後半年の女の子です
今後育てるにあたり注意点などありましたら
教えて頂きたいです。。
宜しくお願いいたします。
Commented by sanakk at 2016-12-28 15:04
ゆみこさん
はじめまして!コメントありがとうございます。
生後半年の女の子ヨウムお迎え予定なのですね。^^
ウチのヨウム花は生後4か月でお迎えしました。
ヨウムとの生活は楽しいですよ。
ただやはり大型のインコで長生きするのでそれなりの
覚悟は必要かと・・・。噛まれると痛いですしね。^^;
注意点は特にないですよ。それぞれ個体によって性格も
あるでしょうし。一般に6か月までは体が弱いと言われますが
生後半年経った子で病気も無いのであれば、ちゃんと育つので
はないでしょうか。基本ヨウムは丈夫ですから。
部屋の温度もそんなに神経質にならなくても大丈夫です。
ウチの花は小さい時から、日中は留守番鳥で一日中人とべったり
触れ合う環境ではありませんでした。
でもそれが返ってよかったのかなぁ、今は思っています。
留守番するのが当たり前なので、忙しい時かまってあげられなくても大丈夫です。
少しの時間触れ合うだけでも満足して帰って行きますよ。(少しの時間がすごく濃いですが・・・)
おおらかな性格で毛引きもしていません。
ヨウムは本当に魅力的なコンパニオンバードです。
運命のヨウムちゃんと素敵なヨウムライフをお過ごしください。
Commented by ゆみこ at 2016-12-29 10:55 x
おはようございます(*^^*)
詳しく有難うございます!
我が家はモモイロやシロハラがいますので
長寿に関しては少し前に覚悟を決めました (;^ω^)
私の中で、ヨウムは別格なイメージがあり
自分に育てる事ができるのだろうか?と
ずっと二の足を踏んでいました。
sanakkさんのお返事を読ませて頂いて
かなり前向きな気持ちになりました( •̀ω•́ )و
数日内に会いに行き、お迎えする覚悟があるのか
今1度、自分の気持ちを確認したいと思います
もし、お迎えしたらコチラのブログを参考に
頑張って育てたいと思います。
初めてコメントする私に御丁寧に対応して下さり感謝いたします。
Commented by vinojapon at 2016-12-30 15:38
美味しそうなイタリアン!
私も卵とユリ根、トリュフのお料理に魅せられました。
チーズが程よくこれらの食材を包み込んで・・・大人の為の
お酒を呑むための前菜ですね~^^
パスタのスープに入った餃子のようなものも、この時期身体が
温まりそうです。
伊豆は猪や鹿などジビエでも有名なのですね。

海ちゃん、人には見えない何が見えてしまったのでしょう・・・。
よく見るとその瞳に何かが映って・・・はいませんね^^;。
近所の小鳥屋さんで最後のヨウムが売れたようです。
来年からはもう入って来ないだろうとの事でした。
飼育環境下では繁殖は難しい鳥のようですね。
Commented by sanakk at 2016-12-31 08:04
2016年〆のイタリアンディナーも済ませ、あとは新年を待つばかりです。
(大掃除は今年も中途半端にあきらめましたが・・・^^;)
こちらのイタリアンレストランは年末には必ずお邪魔するお店で
何度も当ブログで紹介したお店ですが、若いシェフがなかなかの腕です。
ソムリエの方もお手頃で美味しいワインを紹介してくれてお気に入りです。
今年最初のジビエになった鹿ロース、軟らかくて美味しかったですよ~。^^

海と花は何もないのに突然驚いたり、フリーズしたりすることがありますが、
やはり何かが見えているのでは・・・と想像してしまいます。
だって、本当に驚く意味が分からないタイミングでそれは始まるので。
ワンちゃんもそういうことがあると聞きましたし、動物にはそういう能力
があるのかもですね。^^;
ヨウムさん、売れましたか!高額だったのかな~。
海外にはヨウムのブリーダーが結構あるようですね。ブリーダー繁殖のヨウム
なら売買は可能らしいですが、世界的に人気のあるコンパニオンバードですから
なかなか入荷は難しいのでしょうね。
ダルマインコの様にめったにお店では見ることができないインコになってしまうの
かな~
by sanakk | 2016-12-26 16:43 | Comments(5)

平凡な主婦と平凡なヨウムの楽しく滑稽な日々を綴ります


by sanakk