ナイロビの蜂


c0133013_21552288.jpg
・・をDVDで見ました。もう、見た方もいらっしゃるでしょうか?
花のふるさと、アフリカが舞台になってます。
最近、鈍感になっていた私の心を鷲づかみにして激しく揺さぶる映画でした。
見た後に心地よい感動が残る映画ではありません。鉛のように重い何かを残す映画です。涙腺は緩みます。
主人公の夫婦愛と大企業の陰謀に志半ばで殺される妻の遺志を夫が引き継いで成し遂げるところが救いと言えば救いです。
同時にアフリカの難民の現実。病と飢え。そして先進国の大企業の利益のために利用される幼い命。ここではとても安い命。そんなことがリアルに描かれています。きっと、現実にこんなことはあるんだろうと思いました。
主人公の外交官の夫が部族の殺戮から救うため一人の難民の子供を飛行機に乗せようとしますが、現地のパイロットは「一人だけ助けるのは規則に反する」と言って拒みます。
「でも、この子一人は今救うことができる」と外交官は言います。
「この子一人を救ってもそのほかの多くの同じような子供は見捨てるのか?」とパイロット。
これはまさにかつての妻と夫の会話そのものでした。
夫はすこしづつ、生前の妻の気持ちと何をやろうとしていたかを理解していく。
外交官とパイロットのやり取りを聞いていた子供は英語は理解できないのに、すべてを悟って飛行機を自ら降りていくのです。


劣悪な環境で売られているセキセイをもし私が一羽1700円で買い占めても、何も問題は解決しないという思いとちょっとかぶさったりして・・・。

アフリカの難民の子供の大きくて無垢な、白目ばかりがやけに白くめだつ瞳がしばらくは忘れられない気がします。
そして夫の妻への愛と悲しく切ない結末。

映画の感傷に浸って、むっつり無口になった私を、これまたアフリカからやってきたねずみ色のインコが能天気なおしゃべりで能天気な現実に連れ戻してくれました。

能天気に聞こえても、花にとっては必死のメッセージだったりするかもね。
愛してよ。愛してよ。って


c0133013_22274715.jpgもちろん、愛してるよ。
愛してるよ。
世界の中心で叫ぶよ。


へっ?なんでそこにとぶの?

あ、砂漠つながりで・・・(^^;


c0133013_22315269.jpg

おかあちゃんの思考がどっかいっちゃって、目が宙をさまよってる間に、花は海をやっちまおうと大接近。やば、やば。
[PR]
Commented by かつをどり at 2007-10-14 01:35 x
この作品見ていないのですが重いテーマですよね。
きちんと受け止めるべき現実は逃げ場のない現実でもある。
そんなことを突きつけられるのは辛いものです。
見たらしばらく免疫力が下がってしまいそうな気がする。

花ちゃんは免疫を上げてくれる天使。
でも天使がやりそうにないこともするのだった…

そうだ娘さんが書いたのかな、後のお習字いいですね。
Commented by noharm at 2007-10-14 11:54 x
バイバイ、行ってくるネとか行ってる時に、ちゃんと足を振ってるのがすごい。
サーカスの鳥さん並の芸ですよ、それ!
動画の最後、尻尾振って楽しそう。
Commented by sanakk at 2007-10-14 13:10
かつをどりさん、こんにちは
そうですね、花はいつどんな時も私の気分が下向きのときには上向きにしてくれ、昂揚しているときにはやさしくなだめてくれる存在です。
しかし、それは私にだけ作用する効用のようです。

はは・・娘の習字気づかれちゃいましたか。
下の娘(12)は書道をやっていますが、もうすぐ全日本学生選抜書道展に出品するため、入賞めざしておんなじ字をずーっと練習してます。
夢は、書道家になることだそうです。壮大な夢ですね(^^;)
Commented by sanakk at 2007-10-14 13:19
noharmさん、こんにちは
お褒めいただいて、ありがとうございます。
足芸は花の得意とするところです。
私としては、足芸の時は左足、おもちゃやおやつを持つときは右足と決まっているところも興味深いです。
赤い尻尾の横振り、さぁー遊んでやるぞ・・という、機嫌のいいときの行動ですね。
Commented by ルー at 2007-10-15 13:38 x
レイフが主演でしたね。借りてきて時間がなくて見損ねてしまった1本。
機会を見つけてまた借りてこようと思います。
この映画のテーマは非常にムズカシイんですよね。ハリウッド映画は似極論で断罪してしまいがちですが、考えるきっかけをもらったら考えるのは1人1人ですね。
おお、お習字w 娘も大好きで、小学校の先生になりたいのでやっとくんだって。今5年生で2年生の冬から始めたそうで、準二段だそうです。
だそう、ってこういう母親(自爆) 毎週、これ書いたのw って持ってきてたのは見せてくれたのは3年生までで(涙)
花ちゃん、あんよがすっごくいいわ・・・・熊手とか売ってるけど、財宝をかき集めるやつね、花ちゃんのあんよは、福を呼びそうw
Commented by sanakk at 2007-10-15 16:48
ルーさん、こんにちは。
映画の評価は見る人それぞれだろうし、その時の気分なんかも影響しますね。
これを見たときの私の気分では、なにかしら心に響く1本でした。
お時間があればご覧になってみてください。

あら、娘さんもお習字お好きなの?共通点ありますね。
うちの子は小4から始めたのですが、いきなり1年もしないうちに全日本に入賞するというビギナーズラックを味わい、自分には書の才能があると勘違いしてしまったのです。
まあ、勘違いも努力を後押ししてくれるならそれもよしかと、「あんたは偉大な書道家になれるよ」と持ち上げるばか親です。
Commented by aomoco at 2007-10-15 19:57
書道ですか?私も小学3,4年生までやりました。
全然生きていませんね~、社会に出てから(笑)
花さんの呼びかけには青い森からも反応していることをお伝えしてください。
Commented by sanakk at 2007-10-15 23:17
アオパパさん、こんばんは
とりあえず、パソコンを触ることができるのですねー。ヨカッタ。
でも、無理はしないでくださいよ。
こちらも花ともども、アオパパさんの回復を祈っておりますって。
by sanakk | 2007-10-13 22:43 | Comments(8)

平凡な主婦と平凡なヨウムの楽しく滑稽な日々を綴ります


by sanakk