erthquake・・・・

連日、中国の大地震について報道されています。
知人が四川省に赴任していることもあり、とても気になっています。
TVで見る切り取られた情報だけでは想像もつかない、現地の悲惨な状況を思うと、とても他国のことと冷静に見ていられません。

先日、関東地方にも何度か小規模な地震がありましたが・・・・、改めて「その時」が来たらと考えずにはいられないのです。
日中、家族が散らばっている時それが起きたら・・・・、私は職場の建物が倒壊でもしないかぎりは30分も歩けば無事家に帰れるでしょう。
娘たちはそれぞれ横浜と目黒区の学校に通っていますが、最近の耐震構造で建てられた校舎なので学校にいるかぎり安全だと思います。問題は通学途中の電車の中とかだったら心配です。
おやーじゅはもともと住居の下の階が仕事場の人ですから、家が崩れたら万事休す。
我が家は重量鉄骨造の3階建てですが、なんせ耐震基準が見直されるはるか以前の建物ですのでM7級の地震ガ来たらどのようなことになるのか?・・・・・わかりません。(- - ;)
やはり、気になるのは鳥たちのこと。幸運にも命が助かったとして、避難所暮らしとかになったら、鳥たちはどうしたらいいのか?
どこか非常時に預けることができるコネクションを今から、作っておくべきなのか。
あー、考え出したらキリがない。もやもやとしてしまいます。^^;
「なるようになるさ!」が私のモットーです。
けれど、機会あるごとにこのことについて悶々と考えて悩んでしまいます。
また白髪がふえるぅ~~、考えるのやめよう!


ブランコのおもちゃが気になる海。
c0133013_1058172.jpg
おいらは、飛んで逃げることもできるよ。でも、どこへ向かって飛んで行くのかおいらにもわからないよ・・。


おもたーい話題はさておき!

花をカキカキしていたら、後頭部に筆毛を見つけました。
おう、どれどれ見しちくれ。こんなにまじまじと見るのは初めてかもしれない・・。
c0133013_1113112.jpg
つくつくとやたらいっぱいありました。
子供の頃、セキセイの筆毛をほぐすのが大好きでしたが・・・・・
さすがにこんな硬いのは、ほぐす勇気ないです。
黒いのをぶちってやると、出血するのよね。^^;

c0133013_15331755.jpg
おかあちゃん、花の頭に変なことせんといてよ。
c0133013_1195494.jpg
ティッシュペーパーを引っ張り出しては、はみはみしてポイッする海。
c0133013_15583715.jpg
いつも可愛がってた(?)くまちゃんでしたが・・・
c0133013_160231.jpg
ついに、こんなことに・・・^^;


ご機嫌な今朝の花です。^^
[PR]
Commented by ルー at 2008-05-14 18:09 x
ほんとに、心配ですね。。。。知人がいるとさらに・・・無事に連絡がつくことを祈っています!

現実的には、キャリーに入れて一緒に避難所orそれが許可されない場合(確か、楓さんは震災にあった経験から、かなり大きなキャンプ用テントを定期的に手入れしてらっしゃるそうです。鳥たちとテント内で生活するため)、鳥だけ震災地から遠い友達にお願いする・・

ヨウムクラブの中で、そういう繋がりができるといいですよね。
私も普段から、何かあれば預かりますと。
道路が復旧しないと、鳥を迎えにいくこともできないかもしれないけど、できるだけのことをしたいと思います。

うちは、長野に叔父の別荘があり井戸もあるので、
万が一のときは鳥と動物たちと財布だけ持って東京を離れようと話しています。

どうか、何もないようにと祈るばかりですね・・・
Commented by かつをどり at 2008-05-14 22:29 x
お知り合いのかた、とても心配ですね…
無事でおられるよう、私も祈っています。

心配で眠れなくなるようなとき、考えても仕方ないって判っていても止められないですものね。
避難所には行けないのははっきりしてますし、うちもテント買おうかって言ってるんです。
まだ用意してないってのが半端でアレなんですが。
知り合い同士連絡が取れて助け合えればまだしも、それすらできなかったらと。
今住んでいる部屋に出入り出来なかったら、車が出せればその中、それもダメならテント…
少しでもできる準備はしておかないととは思うものの、考えすぎてもこればかりは…
でも、出来る限りの助け合いはしたいですね。
みんな家族と離ればなれになったりしないように。
元気一杯の花ちゃんと海くんをいつまでも見ていられますように。
Commented by sana at 2008-05-14 23:34 x
ルーさん、こんばんは
テントね。心配するわりには、そこに気がつかなかった。
やはり、鳥とともに非難生活するためには、それしかないですよね。
私が、いちばん気にかかるのは、家が崩壊しそうになったり、火災が近づいて来たりした時、パニック起こす鳥たちをキャリーに押し込んで逃げる余裕があるのかという、とっても怖いポイント。
コレは、ほんとにそういう極限状態になってみないと分からないことですね。
非常時はどこも大変なので、頼ったり頼られたりすることが出来るかどうかそれもわかりませんが、崖っぷちの鳥さんがいれば、手を差し出したいという気持ちは持ち続けたいと私も思います。

疎開できるところがあるのは、安心ですね。

ほんとにこのまま何も起こらずに済んでくれるといいのに・・・。
Commented by sana at 2008-05-15 00:27 x
かつをどりさん、こんばんは
いろいろ気に病んで、考え込むわりには何も具体的な行動に出ない私こそホント半端なんですが・・・。
いつ起こるか、本当に起こるのかハッキリしないことって頭でっかちに考えるけど体が動かないものですよね。

どれだけの助けになれるかわかりませんが、鳥飼同士で繋がりを持っておくのは大切なことですね。

ほんと、このまま平和に鳥たちと暮らせることを願うばかりですわ。
Commented by りおん at 2008-05-15 10:14 x
心配ですね。お知り合いの方、ご無事でいられることをお祈り申し上げます。
そう、いざというときの事、考えておかなくては!と思いながらも
わたしもきちんとしたものは持っていないです~。
避難所へは連れて行かれないし、離れて暮らすのはいやなので、協調性がないかもしれませんが、自分達だけで何とかできるように
と、テントや寝袋は用意してあります。
・・・というか、むかしアウトドアにこっていた頃の、処分できずにおいてあるものなのですが。
でも、食べ物のストックはしていないし、寒い時期のことも考えていないし、結局は中途半端ですね~。
何かあってからでは遅い、と言うことは分かっているんですが・・・。
何とかしておかなくては・・・。
Commented by sas_p at 2008-05-15 14:00 x
お知り合いの方心配ですね。。。
一日も早くご無事な便りが届くことをお祈りしてます。

うちも大家族なので避難所とかに行くことは考えられません。
今の建物が耐えられれば、多少危険が伴っても鳥達のそばで様子をみて対応しようと話してますが、たしかにこれといって準備はしてないです。
水や餌もそうですが、保温も大事ですよね。
ブログを通じて知り合えた鳥さん友達同士、いざという時は協力し合いたいですね。
とはいえ、sanaさん家が大地震てことは確実にうちも大地震よね (^_^;)

海君、地震のときそのクマちゃんは持って逃げるですか?
花ちゃん、バイバーイって手(足)振るのネ。。。
可愛過ぎて怖いこと忘れてもーたわ(*'∇')
Commented by sana at 2008-05-15 15:27 x
りおんさん、こんにちは
おお、りおんさんちはテントや寝袋があるですか!それは、心強い。
いつやってくるのか分からない災害に備えて、万全を期すことってなかなか難しいですよね。
毎年、9月の防災の日には飲料水くらいストックしとこうと思うのですが、そのうち買っとこう・・・と思って終わり。
鳥たちのペレットなんかも備蓄しといたほうがいいかもですね。
定期的に新しいのと替えて・・・。
うん、今度こそ実行にうつすぞ!(・_・)/

みなさん、愛鳥が大切なんですねー、あらためて。
離れて避難所へ行くくらいなら、自分たちでって。
わたしも、どんなことがあっても花と海を守らなきゃって思いました。
ま、そんなことが起こらないのが一番いいのですけど・・。
Commented by sana at 2008-05-15 16:11 x
sas_pさん、こんにちは
知り合いといってもね、そんなにしょっちゅう連絡を取り合うような知り合いでもないので、こちらからアクションを起こすのもはばかられ・・・。もし、悪いことが起こっていれば知らせが入るでしょうから、いまのところセーフなんじゃないかと思ってます。

そうよね。sas_pさんのとこは大所帯だから、みんなでどこかへ移動するってわけにもいきませんよね。
みなさんだいたい関東エリアの方。そのときは、みーんな大変なのだわ。^^;
でも、情報交換や励ましあうだけでも心強いかもですね。^^

海、地震の時持って逃げるものたくさんありすぎだわー。
恋人のおもちゃでしょ、リモコンでしょ、落花生でしょ、ぼーるぺんでしょ、・・・逃げ遅れるわ。(笑
手ふりながらバイバイ、花の得意技ですの。
つか、気分がイイ時はいっつも足ふりまわしてるんですけどね。^^
by sanakk | 2008-05-14 09:56 | Comments(8)

平凡な主婦と平凡なヨウムの楽しく滑稽な日々を綴ります
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30