ヨウムな生活 sanahana.exblog.jp

平凡な主婦と平凡なヨウムの楽しく滑稽な日々を綴ります


by sanakk
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ:未分類( 974 )

お暇な時に、↓をポチっとしてね。001.gif
    花のおしゃべり 
[PR]
by sanakk | 2018-06-30 23:31

とうとう・・・

師走を迎えてしまいました。先月は一回しか更新ができませんでした。

c0133013_07431365.jpg
11月のとある日に撮影した夕刻の富士山です。赤い空が映った川面とくっきりとした富士山のシルエットが幻想的でした。
冬に向かって行くこの季節の晴れた日の夕方は、帰路の途中よくこんな景色を目にします。
何となくセンチメンタルな気分になるのはなぜでしょう?

ジビエの季節になりましたねぇ~。
c0133013_07432965.jpg
先日訪問した地元のイタリアンでいただいたカザレッチェ猪のラグー。
この夜はランブルスコを楽しみつつ、イタリアンディナーをいただきました。
c0133013_07433349.jpg
蝦夷鹿のローストです。鹿肉は夏、と聞きましたが、この時期の鹿も最高ですね。とても美味でした。
昔から懇意にしていたイタリアンレストランなのですが、少し前に料理人が辞めてしまってしばらくディナータイムをワインバーとして営業していました。
その後どうなったかな?とおじゃましてみたら、なんとソムリエをやっていた男性が厨房でフライパンを振っていました。
その昔はイタリアンの料理人としての経験があったそうですが、10年以上のブランクがあるそうなので大丈夫かな?と心配していましたが、↑のようなお料理が出てきましたよ。とても美味しかったのでほっとしました。
彼は、お店の権利を買い取って新体制でこれからも営業していくと言っていました。
頑張って欲しいものです。


さてさて、この年末になってsana家は喪中となってしまいました。来年は新年のお祝いできる・・・と思っていたのですが、昨年夏に亡くなった義母に続き、先日義父が亡くなりました。この4年間ほど、こんなに弔事が続く家も珍しいのではないでしょうか?

現在リフォーム工事中の新居には施設に入っている車椅子の義父も呼んであげようと、バリアフリーの玄関までわざわざ作ったのに。義父も楽しみにしていたようですが、出来上がるのを待たずに逝ってしまいました。残念です。
そんなこんなで今年の年末はあわただしくなりそうです。そして新年早々には家族で大移動しなければなりません。気が重たいですね~。


鳥たちはみんな元気です。代表のふたりです。
c0133013_07432249.jpg
c0133013_07433774.jpg
幼いころからずーっと暮らしてきた家から新しい環境に移るわけですが、馴染んでくれるでしょうか?
それも心配事の一つです。



[PR]
by sanakk | 2017-12-02 08:09 | Comments(2)
気がつけば11月も中旬・・・じわじわと年末感が漂ってきました。
今年の秋は本当に雨が多くて、気持ちの良い秋晴れの記憶があまりありません。
先日の3連休は久しぶりに休日の晴れ間になりましたね。
半年以上ぶりに埼玉県某所にある実家の墓にお参りしてきました。
c0133013_16033196.jpg
     木々に囲まれた墓地はすっかり秋の雰囲気漂ってました。
c0133013_16042096.jpg
御年90歳の母は今回も二足歩行で墓参りすることができました。とはいえ足元がよぼよぼしてるので娘が手を取り支えていますが・・・。
「次は来られるかどうかわからない・・・」が母の口癖ですが、次回も元気な母を連れてお墓参りできますように。

3連休最終日は夫の付き合いで千葉の海へ行ってきました。
c0133013_16051652.jpg
夫行きつけのサーフショップがありまして、ヤツはまた新しいボードをオーダーしたのであります160.png
いったいどれだけボードを買い揃えれば気が済むんじゃ!最近は大して波乗りもしないのに、と思いましたが、今回は所有する2本をそのショップが運営するHPで委託販売をお願いするのも目的だったようです。
c0133013_16061067.jpg
2本持ち込んだうちの1本。かなり状態の良いサーフボードです。
こちらはオンラインストアにアップしてもらったら一週間も経たずに売れてしまいました。もう一本の方もその後すぐにどなたかにお買い上げいただき、夫はその代金で自分好みにこだわってカスタマイズしたニューボードをゲットできたみたいです。(ネットの力ってすごいですよね。売りたい物を興味のある多くの方々に見てもらってササッと売ってしまえる。昭和ど真ん中世代はいつまでたっても感動してしまいます105.png
とはいえ、新しくオーダーしたボードはカリフォルニアでシェイプされ夫の手元にやって来るのは来年の春以降みたいです。そしてそこから1年寝かして、実際に海で使用するのは再来年の春?気の長い話ですね。
ショップを後にした我らは近くにあるお気に入りのフレンチレストランでランチをする予定だったのですが、そのお店今年の7月で閉店してしまったようでした。残念です。
隠れ家のようなオーベルジュだったそのお店は、1年半ほど前に一度ランチしたことがあったのですが、もう一度行きたいと思っているうちに閉店になってしまって再訪は叶いませんでした。
美しくておいしいフレンチを食べさせてくれたのに。一の宮の海岸から少し入った分かりづらい場所ですし、海以外は何もない所でオーベルジュの経営もなかなか難しいのでしょうか。
さて、では我らの千葉ランチはどうする?ということで、夫が連れて行ってくれたのはフレンチから180℃転換して勝浦式タンタン麺の元祖のお店
「江ざわ」さんでした。
c0133013_16093939.jpg
ウワサには聞いていましたが、お昼時も過ぎた中途半端な時間に着いたにも関わらず店先は順番待ちの人でごった返しているような人気店でした。
30分ほど待ってやっとこさ遅いお昼ご飯にあり付けました。夫から散々美味いよと聞いていた勝浦タンタンメン。
c0133013_16102953.jpg
私は中辛、夫は辛味普通のチャーシュー麺、そして両方とも葱増しで。
両方食べましたが、中辛のほうが美味しいです。辛いのが苦手な人じゃなければ。勝浦式は一般的な胡麻の効いた担担麺とは全然ちがいます。醤油ベースに自家製辣油の辛味とコクがとても良い。スープに玉ねぎが入っているのも特徴的ですね。後を引いてシーシー言いながらスープを呑んでしまいますね。
c0133013_16112911.jpg
辛いのが得意な人は大辛でもイケるかも。美味しかったです。

c0133013_16115749.jpg
日も傾いて、夕刻近くだったので一番近くのポイント御宿海岸でいざ波乗りのおじさんサーファー。若いサーファーたちの中で波をゲットするのは大変でしょう。しかも超ド近眼ですから、薄暗くなると波も見えないのだそうですよ。
やれやれ・・・物好きだねぇと、私はしばし車の中でお昼寝しました。115.png

c0133013_16124328.jpg
年の瀬も近づいて来たのに、またまた絶賛繁殖活動中のオカメsです。
そう言えば去年の暮れも産卵して年越しで卵抱いてたっけ。
三日前にケージの床に一つ転がっていた卵は、今朝見たら3個に増えていました。
しばらくは、希と詩のどちらが抱卵するかの攻防戦を見るのが面白いことでしょう。
c0133013_16131598.jpg










[PR]
by sanakk | 2017-11-14 16:24 | Comments(2)
10月も終わってしまいますね。
しかし、今年の秋は雨続きでした。先週の台風21号は各地に被害をもたらしましたが、私の生息エリア近くにも大きな爪痕を残して行きました。
c0133013_09135835.jpg
台風21号が去って行った朝の多摩川です。堤防まであと2メートルくらいの所まで川の水がきていました。消防のレスキュー車や救急車が何台も川べりの遊歩道に止まっていました。
濁流が呑みこんでしまったこの場所は、普段はだだっ広い河川敷だったのです。
朝のニュースで、中洲に取り残された人の救助の模様を流していました。
河川敷の住人の方々でしょうか?
そうじゃなければあの嵐の未明に河川敷に居るなんてありえませんよね。
何はともあれ無事に全員救助されて良かったです。
c0133013_09145264.jpg
翌日の同じ場所です。あっという間に水が引いた後は、そこにあったテニスコートは無残なことになっていました。
つくづく自然の力は凄いなぁと感じた朝でした。そして久しぶりに見上げた晴れた秋空でした。
ところが、またしても今週末に台風22号が日本列島に近づいてくるという予報!!
もううんざりですね。
ハロウィンの仮装パレードを予定されているところもあるのでしょうが、雨天になったら大変でしょうに・・・。

c0133013_09145734.jpg
先日、娘と蕎麦屋呑みをしたときの画像です。
娘が会社の上司(40歳代)との呑み会の店選びを任されて、どんな店にすればいいだろうか?と相談を受けて考えた結果、私が提案したお店です。
すると娘は前もって現地調査をしたいというので先週末行ってきました。
40代男性、お酒が好きとなれば肴の種類も豊富で日本酒も各種置いている蕎麦屋で〆に蕎麦をずずずーっとやるコースが最適と思ったのですが、もうちょっと上の年代向きだったでしょうか?
お通しが鯛兜煮という渋い蕎麦屋で地ビールから始まって発泡酒をいただき、青森の銘酒田酒を頂きました。当の娘はビールを一杯だけ。
その店に外国人のアルバイト男子がいました。背が高くて青い目の彼は爽やかで礼儀正しそうな好感が持てる青年でした。
私たちでも読みづらいような日本酒の漢字の銘柄をすらすら読み上げて説明してくれたり、お品書きにある日本料理の品名も完璧に読めるようでした。
すごいなあ、と思って「ご出身は?」と聞くと「フランスです」とのこと。
最近、日本びいきの若いフランス人が増えているらしいですね。アニメやコミックなどの日本独特のオタク文化(?)が窓口になっているのかな?蕎麦屋の彼がそうかどうかはわかりませんが。
お蕎麦屋をアルバイト先に選ぶなんて、日本が好きなんだなということはわかりました。
今、外国人観光客が増加して、「ヌードルハラスメント」なんて言葉も生まれています。私たち日本人が粋とする蕎麦をすするずずずーっという音は、彼ら西洋人からすればトイレの音にも匹敵するほど耳障りな音らしいですが。
蕎麦屋で働くフランス人の青年は上手に蕎麦をすすれるんでしょうね。きっと。そう思いたいです。
c0133013_09132857.jpg
吞んだ後の〆にこの時もお蕎麦をいただきました。私好みの美味しいお蕎麦でした。
後日、娘と勤め先の上司二人との(不思議な組合せ?)呑み会は開催され、そのお店は好評だったようです。良かった良かった。


c0133013_09150170.jpg
さてさて、アーモンドを握りしめてご満悦の海くんです。
とても美味しそうに嬉しそうに一粒のアーモンドを大事に食べます。ナッツのCMがあれば海を起用してほしいくらいです。最高のキャスティングだと思いますよ104.png
c0133013_09150419.jpg
落花生をとても雑に食べる花。食べるモノに対してのこの扱いの違いは何でしょうね?
自然界での生息域や食性の違い、というよりは性格の違い、と思ってしまいます。このふたりを見ていると。



[PR]
by sanakk | 2017-10-27 16:52 | Comments(2)

休日の運転練習 鎌倉へ

週末の今日からしばらくお天気は雨続き。気温が10度以上も下がり秋が深まってきた感じですね~。急な気候の変化に体がついて行けない気がします。これからはどんどん寒くなるのでしょうね。衣替えをしなくては。(まだクローゼットの中は夏物のままという119.png

さてさてこないだの3連休はお天気も良く行楽日和でしたね。良く晴れて暑いくらいの日曜日、運転免許取り立てでただ今運転練習中の次女YUKAと鎌倉までドライブしてきました。
もちろん往復YUKAの運転です。まだ高速道路は怖いので一般道で鎌倉まで運転練習です。臆病で用心深い性格のYUKAは私が助手席に乗っていないと怖くて運転できない、と言います。
車線変更も私が「はい、ウィンカーだしてぇ~。はい、ハンドル切ってぇ~」と指示を出さないと怖くてできないと。よくそれで本試験が受かったものですね。
うーん・・・もしかして車の運転に向いていない性格なの?自分で判断してどこへでも行けるようにならないと運転免許取った意味がないと思います。
私としては、外でお酒を呑んでも安心して娘の運転で帰れるようになりたいのですが、まだまだ道のりは長そうです。
休日に運転練習と称してYUKAとあちこちドライブして、ランチしたりウィンドウショッピングなどするのは楽しいですが、車の中では自分がハンドルをにぎるより助手席の方が神経使って疲れますね~。
c0133013_15395366.jpg
連休中ということで普段の日曜日より混み合う小町通り。
ウチから鎌倉までの一般道の道のりは運転練習には調度良い距離ですね。YUkAのトロトロ運転でも2時間はかかりません。
以前からよく行く小町通りのイタリアンワインバーが近くに移転してリニューアルしたと聞いていたので、ランチを予約しておりました。
c0133013_15400324.jpg
夏の様に暑い日だったので、まずは冷たいスプマンテと鰺のサラダ。脂の乗った鰺が美味しくてドレッシングの塩加減はちょうど良い。
小町通りの喧騒から外れた路地奥に移転したお店は広くなってテラス席などできて、いい雰囲気でした。そして満席。
お料理も美味しいのですがスプマンテからの白ワインをオーダーした時、底にまだ少しだけスプマンテが残っているグラスに白を注ぐのはいかがなものでしょう?ふつうグラスを換えるものではないでしょうか?
お店を大きくして繁盛している分、細かい所に気遣いができなくなってしまったのかな?とちょっと残念。
c0133013_15400026.jpg
カラマーリのカルボナーラは娘のチョイス。あっさりとしたクリームソースで美味しかったです。

c0133013_15395778.jpg
牛ハラミのタリアータ。こちらのお店に来るといつも注文する一皿です。
そのほかにもたくさん食べて私は昼間からスプマンテ→白→スプマンテと3杯も呑んでしまいました。(因みに三杯目の時も同じグラスに注ごうとしたので、思わずグラスを換えてください!と注文をつけてしまいました!私、小さい?130.png)
「おかあさん。そんなに飲んで帰りの車で寝ないでよ」と娘に言われましたが既に手遅れです。
当然帰り道、助手席で寝落ちしてしまいました。ほんの20分ほどですが、その間YUKAはしかたなく自分ひとりの判断で運転してました。それこそが上達への道ですよね。やるしかなければできるものです。

c0133013_15400785.jpg
小町通りにふくろうカフェができていました。
c0133013_15395596.jpg
フクロウさんが一羽通りに出てお客さんの呼び込みをしていました。賢そうな可愛い子でした。
あとからネットで調べてみたら、鎌倉乃フクロウの森というお店でカフェではありませんでした。
入場料600円でいろんなフクロウや小動物と触れ合えるという場所で、飲み物の提供はないのでカフェではないですね。観光地なのに時間無制限の600円でフクロウを間近で見て触れ合えるとはお安いと思いましたね。
次回鎌倉を訪れる機会には立ち寄ってみようかな~。

久しぶりにちょこっと花のおしゃべりです。


最近ますますカメラを向けると黙り込むようになった花です。相変わらずおもしろいおしゃべりで笑わしてくれるのですがなかなか撮ることができません。
c0133013_15400955.jpg
ちんまりと私の指に座って今日も可愛い花ちゃまです。162.png



[PR]
by sanakk | 2017-10-13 15:59 | Comments(2)
またまた更新サボっているうちに、9月ももう終わり。まだ蒸し暑い日もありますが、10月に入れば一気に朝夕は冷え込んで秋めいてくるんでしょうね~。日もどんどん短くなって、夕暮れに帰路に着くころはちょっとセンチメンタルな気分になってしまう今日この頃です。

c0133013_15591569.jpg
お互いに頭を突き出して「ハミハミして?」と要求し合うオカメs。相変わらずどこか噛み合わないカップルです。
c0133013_15592032.jpg
根負けした希にハミハミしてもらっていかにも幸せそうな詩さん。一見、ほのぼのとしております。
でもこの後「なんでオレがやってやんなきゃなんないんだー!!」と癇癪を起した希に軽くド突かれてました。
まったくこのカップルの相性はどうなんだろう~と思いますが、しっかり繁殖活動は行います。
c0133013_15594826.jpg
ただ今、絶賛抱卵中のオカメsです。
いつもどちらが卵を抱くかでもめております。まず孵らないであろう卵のことで喧嘩したりして、ちょっと気の毒な気もします。

c0133013_15595305.jpg
珍しくバナナを受け取ってドヤ顔の花ちゃま。お手手がベタベタする果実は苦手なはずなのですが。

食べたか食べてないのかわかんない状態でやっぱり捨てましたね。笑


さてさて、私はそれなりに秋の味覚は楽しんでおります。
c0133013_15592784.jpg
先日の夜の、ワインと肴です。旬の秋刀魚を軽く炙ってワタ醤油でいただきます。
今年の秋刀魚は不漁の上、とても痩せておりますが、こうしていただくとやっぱり美味しいですね。
c0133013_15593512.jpg
炙ることによって秋刀魚の脂が口いっぱいに広がって、ワタ醤油のほろ苦さもたまりません。

しかし、数年前のような秋刀魚大漁の秋はいつやって来るのでしょうか~。

c0133013_15594265.jpg
そしてまた別の週末に訪問した鶏専門店でいただいた、鶏の刺身盛り合わせです。
上から右回りに、白レバー、砂肝、胸、腿 です。特に砂肝の刺身が私のお気に入り。生姜醤油でいただくとコリコリとした食感と甘みが絶品です。
子供のころから克服できていない苦手な食材は「鶏肉」と言い続けてきましたが、こうして生でいただくと美味しいものですね。つくづく生食が好きです。
このほか、ふりそでやハツ元といった希少部位の串焼きも美味しくいただきました。もう鶏肉嫌いは克服したと言っていいですね。(でも、煮込んだヤツは未だに嫌いです)
c0133013_15594516.jpg
白レバーのパテとイタリアの白。この夜も美味しく白ワインいただきました。
もうすぐお鍋も美味しい季節になりますね。あ~、ぐつぐつと湯気の立つ土鍋を想像するとなぜか切なくなる~。




[PR]
by sanakk | 2017-09-27 16:46 | Comments(2)
更新をサボっているうちに9月も中旬になってしまいました。
EW&Fの往年の名曲(1978年)Septemberを聞きながらこのブログを綴っております。
9月になると聞きたくなる、おそらく洋楽の中で最も好きな曲のひとつです。
そしてこの曲を聞くとよみがえる10代の頃の遠い遠い記憶は苦々しく若気の至りと言いたい思い出です。105.png
と、そんな話はさておき!
9月に入ると私的にはもう1年も終盤を迎えたなあと思ってしまうのですが。実際あと3ヶ月半ですよ。2017年も。
きっとあっという間に年の瀬になりますよ。

先日は2年ぶりに、次女が中高と通った女子校の母友会がありました。卒業してもう5年も経つのにまだ細々と続いております。前回に続きなぜかまた私が幹事でした。前回のお店がとても好評だったので、今回も皆さんがガッカリしないような会場を選ばなければと考えてしまいました。
で、みなさんが集まり易い場所、お酒の好みや女子会(熟女会?)であることなどいろいろ勘案した結果、選らんだお店はやっぱり私の得意なイタリアンでした。
c0133013_16532241.jpg
場所は恵比寿。集合場所はえびす像前。渋谷のハチ公前はあるけど、えびす像前で待ち合わせしたのは初めてでした。
c0133013_16535121.jpg
2年ぶりにお会いしたお母様たちは、みんな変わりなく(若干ふっくらされたり、ほっそりされたりはありましたが)、みなさん子育てから解放され後は自分の時間を楽しんでおられ、生き生きとされていましたよ。まあ、年齢的にはちょうど親の介護や看取りの時期ですので、その件が若干話題に影をおとしていましたが。
さすがに自身が「おばあちゃん」になっている方は一人もいませんでした。それどころか自分の娘には彼氏もいなくて大丈夫かしら?と心配するママがほとんど。(ウチも含め119.png
結局、今の若い世代は恋愛やその先の結婚への願望が希薄なのだ、という結論になりました。本当にそういう傾向はあると思いますね。

お店は以前娘とランチをしたことがあって、とても美味しくて女性ウケしそうなイタリアンレストラン
「ダルマット恵比寿店」さんです。
お料理はお任せ7品コース。
c0133013_16544799.jpg
アミューズ、冷たい前菜(カツオのたたき)、温かい前菜(秋刀魚ワタをパテ状レーズンと共にロールして焼いたもの、美味!)、冷たい桃のパスタ、お肉は栃木のあさの豚、〆の温かいパスタは山羊のボロネーゼ。
ドルチェも選べて、美味しくてリーズナブルでお勧めのお店です。
4月から10月末くらいまではフルーツの冷たいパスタが人気で、桃が終ったら、洋ナシの冷たいパスタになるそうです。その頃またお邪魔してみようかな?

c0133013_16555323.jpg
こちらはその熟女会の前日にお邪魔した行きつけの日本料理店でいただいた能登のシャルドネ。
とても美味しかったです~。お取り寄せしたくなるくらい。
c0133013_16561390.jpg
私が秋刀魚が大好きな事をご存知なのか、大将が秋刀魚のお鮨を作ってくれました。旬の食材、最高ですね!
食欲の秋(私は食欲の四季ですが)、連日呑んで食べて横に大きくならないように気を付けないと。

c0133013_16563092.jpg
三女の花ちゃまも食欲旺盛です。大好物の茹でた枝豆、この夏はたくさん食べたね~。

c0133013_16564784.jpg
ひま種、盗み食いしているところを私に見つかってビクッとしている瞬間106.png

c0133013_16573660.jpg
なのに体重は安定の450g。人間用の電子体重計に乗っけても結構正確に体重量れるもんですね。
さすがに内臓脂肪や筋肉量などはエラーがでましたけど・・・・。鳥って内臓脂肪なんか無さそうですよね~。

c0133013_16581070.jpg
だいたい3ヶ月毎の繁殖期に入ったオカメs。久しぶりのアップ。
ラブラブな様子と小競り合いを頻繁に繰り返します。そして気がつけば床に卵が落ちているのです。
c0133013_16581307.jpg
この春で8歳になった詩さん。産む卵の数が少なくなりました。せいぜい3つ。

c0133013_16581557.jpg
詩と希はおなじ日が誕生日、2009年4月2日生まれです。慢性肺炎という持病は相変わらずですが、食欲は旺盛な希くん。頑張って生きてます。



最後はピスタチオの殻を振り回してわめく海です。コレはもしかしてピスタチオの催促かもしれません。104.png






[PR]
by sanakk | 2017-09-13 09:53 | Comments(2)

夏休み日光鬼怒川温泉旅

10連休のお盆休みも終わってしまい、いよいよ秋の足音が聞こえてきたような気がします。まだまだ暑いですけどね。
c0133013_16122170.jpg
昨夜は生秋刀魚の初物をいただき、季節の移ろいをしみじみと実感したところです。
それにしても今年の夏はどうしたことでしょう!私の中ではまだ夏が来ていない感じです。
8月に入ってからずーっと雨雨雨。入道雲の夏空などまだ見ていませんよ。近所の河川敷で開催される花火大会も悪天候のため中止となりました。
毎年、我が家の屋上の特等席で大輪の花火を見て、ああ、今年の夏も終わったと締めくくるのが恒例なのに。
なんともけじめのつかない感じでこのまま秋になってしまうのでしょうか。

さて、10連休中何をしていたかというと・・・。前半はなかなかタイトでした。
今年中にsana家は、お引越しを予定しておりまして。お引越し先は現在空家になっているおやーじゅ(夫)の実家です。(歩いて10分の近所ですが)
去年7月に一人で住んでいた義母が亡くなったので。そちらの家を大規模リフォームして移り住む事となったのです。
そのために、まずは今実家にある不用品をすべて廃棄しなければなりません。専門の業者さんに頼んだのですが家の中を空っぽにするのに4日間かかりました。義母はかつてお店を経営していたので店舗部分の棚や巨大冷蔵庫など大きな物がそのまま残されていました。
まだこまごました義母の遺品も残っていたのですが、ほとんど処分しました。切なかったけど仕方ありません。
廃品業者がプロの技で大きなタンスやソファセット冷蔵庫なども運び去った後、がらんとした家をながめつつ、いつか私も死んでしまったら、私の私物はこうして捨てられてしまうんだろうな~なんてネガティブな気持ちになりました。
いやいや・・・ネガティブ思考になってる場合じゃないんです!これから、リフォームを進めて、年内には民族の大移動を敢行しなければなりません!
私は引っ越しというものを嫁いできた時の一度しか経験していないのです。今度は自分の身の回りの物だけ持ってひとりで引っ越しするのとはわけが違います。
気が遠くなるほど大変な事のような気がします。


夏休みの後半は次女YUKAとたまにはのんびり温泉に浸かりたいね、と言う事で日光に行ってきました。
     花ちゃま、二日間お留守番よろしくね~104.png
c0133013_16195896.jpg
車で行こうかと悩んだのですが、Uターンが始まるお盆後半といっても観光地は混んでいるだろうと電車でのんびり行くことにしました。大正解でした。
浅草発の東武特急リバティ、初めて乗りました。浅草発っていうのがとても新鮮でした~104.png
c0133013_10204272.jpg
チケットレス特急券です。今はスマホひとつでなんでもできる時代ですね~。

それにしても7月の終わりに急に思い立ち探したのによく温泉宿の予約が取れたものです。
c0133013_16232122.jpg
       こちらがその
お宿です。

とりあえず荷物を預けて我々が向かったところは宿から徒歩でいける「日光トリックアートぴあ」。
こちらは数々のアートの前で撮影して、今流行りのSNS映えを追及するところですね。
童心に戻ってYUKAと撮った画像の数々です。
c0133013_16312857.jpg
              天使になった私。笑
c0133013_16453078.jpg
c0133013_16323110.jpg
                逆立ちするYUKA
c0133013_16341808.jpg
          ボウシインコさんかな?カキカキしてあげました104.png
c0133013_16403628.jpg
c0133013_16392150.jpg
c0133013_16391995.jpg
c0133013_16392832.jpg
ずーっと奥まで続く暗闇を覗く・・・って平面の絵なんですけど。すごいですよね、この立体的に描く技術。
c0133013_16392424.jpg
       空気椅子・・・腹筋と足の筋肉プルプルしてます笑
c0133013_16422991.jpg
その後は巨大迷路で散々迷い、ヘトヘトになって宿に戻りました。
c0133013_16432614.jpg
鬼怒川の大瀞の景色を眺めながらの露天風呂がぬるめのお湯で本当に気持ちよかったです。
さあ、お楽しみの夕食。こちらの旅館は六部屋しかないので、食事はお部屋に運んでくれて、のんびりと頂けます。
c0133013_16515791.jpg
宿泊客は六組限定ということでかなり期待してしまった夕食でした。
c0133013_16520150.jpg
お鍋は栃木豚の塩麹鍋。豚肉が美味。とてもあっさりしたお味なので自家製の辣油をお好みで入れていただきます。
c0133013_16520599.jpg
和牛コースというその宿では一番豪華なお食事付のコースを選んだので、食べきれないほどお料理が並んでいるのにさらにお魚とお肉が出てきました。
鮎のお腹に胡桃味噌を詰めて葉で包み焼きしたものと栃木和牛のステーキです。
食事が終わってお膳を下げてもらうと、もう何もすることが無くなりました。母娘でボーっとテレビ見ながら眠くなるまで呑むしかありません。
c0133013_16544333.jpg
冷蔵庫にあった栃木の日本酒の小瓶です。澤姫と杉並木。娘は呑まないので一人でちびりちびりやっていつのまにかふとんに倒れ込んで眠っていました。
c0133013_16561065.jpg
朝ごはんもお部屋で。なかなかバランスのとれた美味しい朝ごはんでした。その前に朝から一風呂浴びてきたので食欲もあり。
2人ではもったいないほどの広いお部屋でのんびりとできて良いお宿でした。

日光猿軍団!!旅館の方が車で送ってくれました。
c0133013_10051433.jpg
アイスホッケーゲームのお相手をしてくれるお猿さん。立ち姿にきゅんきゅんしちゃいます。
c0133013_10063791.jpg
ゲームに興じている時の左手が何とも言えない~。
c0133013_10120679.jpg
ぬいぐるみを抱いているのではありません。生後三か月の猿の赤ちゃん「きぬちゃん」です。可愛すぎます162.png
c0133013_10121390.jpg
日光猿軍団の前から出ているバスに乗って、日光東照宮に向かいました。午前中は降っていなかったのにバスから降りると結構な雨降りでした。
c0133013_10135056.jpg
でもまあ、雨の日の光東照宮もスピリチュアルな感じが増して良いものです。カンカン照りで暑いよりいいかもです。
c0133013_10251496.jpg
c0133013_10251708.jpg
c0133013_10250989.jpg
私は日光東照宮、3度目です。YUKAが行ってみたいと言うので来ました。
前回(たぶん30年近く前)の時に比べて断然外国人観光客が増えていましたね。
c0133013_10294850.jpg
     こちらにも有名なお猿さんがいました!
c0133013_10314261.jpg
家康公のお墓。なんとなく前回に来た時のことを思い出しました。本当にここに家康の御遺骸があるのかしら?と驚いたものです。実際はく久能山東照宮に遺骸はあるのだそうですね。
c0133013_10340424.jpg
西参道を出たところのお蕎麦屋さんで、日光の地ビールをいただきました。コクがあって美味しいビールでした。最近、ご当地ビールって美味しいものが多いですよね。
c0133013_10340697.jpg
そして東武日光駅から帰路につきました。
娘とのんびりぶらぶら、楽しい日光鬼怒川温泉プチ旅行となりました。
さあ!娘も私も10日間の休みを終えて社会復帰!!





[PR]
by sanakk | 2017-08-24 10:48 | Comments(2)

もうすぐ夏休み♪

暦は8月に突入。夏本番!と行きたいところですが、台風の影響でパッとしないお天気が続いていますね。
8月だというのにこう毎日曇天続きだと夏はどこへいったのだろう?とつまらない気分になります。晴れれば晴れたで暑い暑いと文句いうくせに。
いよいよ来週末から私も夏休み!!104.png今年は消化しきれていない有給休暇を使って11日から20日まで10連休してやろうと思っています。
普段できない家の事、鳥との時間、自分のメンテナンス、そしてプチ旅行などなど画策しております。

c0133013_15470964.jpg
お久しぶりのピーちゃんです。
無理矢理ニギニギしておりますが、これはお尻チェックの為。
c0133013_15474064.jpg
最近、時々お尻がキタナイピーちゃんなのです。う〇こが固まってお尻にお団子になってこびりついている時があるんです。
そーっと取ってあげるつもりが、羽毛に貼りついていてなかなかとれず、結果、肛門まわりの羽毛もはぎ取ってしまいました。119.png
ごめんね。ピーちゃん、今度こういうことがあったら、ちゃんとお尻を濡らして拭き取ってあげます。
元気はあって食欲旺盛ですが、お尻が汚れるということは、消化器系が弱っているのかしら?良い状態のう〇こじゃない証拠ですね。
高齢のおじいちゃんインコですから。注意して様子を見ています。
c0133013_15492793.jpg
        アンニュイな感じの海。
朝のひと時。



c0133013_15495652.jpg
ふてくされたような表情の花ですが、けして機嫌が悪い訳じゃありません。


ひとり電話中。129.png 離れたところからほかの鳥たちを撮っているふりしているのでボリュームを上げないと聞こえないかもしれません。
もしもし?はい!あのぉ~、ピッ!(電話の音)はい。あぁ~
最後の「あぁ~」は無愛想でめんどくさそうな私の声ですね148.png何を真似されるかわかったもんじゃありません。


さて、先日おじゃましたご近所の日本料理店をちょっと。
30代とお見受けするお若いご夫婦が経営されているお店です。2年半ぶりくらいの訪問です。
良いお店だなと思っていましたが、以前よりさらにお料理が洗練され美味しくなっていることに驚きました。

c0133013_15543666.jpg
その日いただいたお造りの盛り合わせ右端の石垣貝(エゾイシカゲ貝)は旬ですね。
貝殻は赤貝に似ていますがトリガイの仲間です。
以前はあまり流通の無かった珍しい貝です。甘みが強く美味しい貝ですね。昔は貝類全般苦手だった私ですが、いつの間にか好きになっていることに気がつきました。

c0133013_15554734.jpg
穴子と桃のお料理。桃は旬のこの時期、冷製パスタなどにも使われますが、こうして和食の一品にもなるんですね。
穴子の白焼きと桃と山葵、初めての組合せでしたがとても美味しかったです。
c0133013_15563196.jpg
この日いただいたワイン。日本料理のお店で日本のワインをいただく機会が増えました。さらりとのど越しがよくて、和食にぴったりの白でした。冷酒も好きですが、暑い日はキリっと冷やした白が一番好きな今日この頃。
c0133013_15583928.jpg
           自家製プリンも看板メニューです。

以前にお邪魔した時、ランドセルをしょって入ってきたご夫婦の息子さんが、ぐんと背が伸びて、ママよりも大きなってお店に入ってきました。
2年半の間にすっかり大人びて私たちのテーブルに来て「いらっしゃいませ」だって・・・。その後厨房に入ってお父さんのお手伝いをしていました。まだ中学生になったばかりくらいかな?頼もしい息子さんになったなぁと微笑ましく思いました。
将来はお父さんの後をついで料理人になるのでしょうか~。




[PR]
by sanakk | 2017-08-04 16:19 | Comments(2)
関東地方が梅雨明けして1週間が過ぎました。毎日暑いですねぇ~。でも、梅雨が明けた途端にもう夏の終わりを意識してしまうのは私だけでしょうか?
なんだかんだ言っても、暑い暑いとふーふーいう期間はあっという間に過ぎてしまって子供の頃より夏は短く感じます。長期夏休みが無いせいかな?
先日の連休の中日、たまには夏らしいことをしようと思って久しぶりに夫の波乗りにくっついて行ってみました。
仕事が忙しく休みがない夫も久しぶりの休日でした。
その日向かったのは茨城県は波崎。
波崎は昔からお気に入りのポイントがあるようでよく出かけていましたが今回は1年以上ぶりでしょうか?
夫は去年8月に頸椎の手術をしたので、それから1年近くサーフィンを封印していたのですが、最近また復帰したようです。大丈夫なんでしょうかね?大波にワイプアウトして巻かれて首に衝撃を受けたらどうするんだろう?とか心配になりますが、ワイプアウトしても危険が無いくらいの大人しい波でやるから・・・とヤツは言っておりますが・・・・。118.png

c0133013_16313541.jpg
鹿島神宮一の鳥居です。この日は暑いくせにどんよりとした空模様でした。
茨城県の鹿島神宮は日本建国、武道の神様である武甕槌大神をお祭りする由緒ある神社ですよね。せっかくなのでお参りしようとしたのですが、あいにく朝から参拝客で駐車場が満車だったのであきらめました。
その代りに(最初からそのつもりでした111.png)鹿島神宮近くのイタリアンレストランでランチしました。
c0133013_16323331.jpg
ランチコースの前菜です。あまり人通りもなく車で来るしかないような閑散とした場所にあるお店ですが本格的なイタリアンがリーズナブルにいただけるんですよ。
だだっ広い駐車場もガラガラで大丈夫なのかな?と思っていましたが、ポツリポツリとお客さんが来店して気がつけばお店は満席になっていました。
夫には申し訳ないけれどいつものように自分だけ昼下がりのハートランドビールを愉しみました。
c0133013_16342494.jpg
これはアラカルトで注文した炙り鯖と水なすのサラダ。ドレッシングの甘み酸味が絶妙でピリリとスパイシーでクリーミー。大変美味しかったです。
c0133013_16345984.jpg
パスタは蛤とドライポルチーニのリングイネと夏野菜のリガトーニ。
c0133013_16352521.jpg
メインは自家製サルシッチャのグリルと牛頬肉の赤ワイン煮、どちらもグリルした夏野菜たっぷり添えられて。
ドルチェとコーヒーも付いて2500円のランチコースです。お値打ちでしょう?
鹿島にいらしたら是非
キッチンピノさん、お勧めです。
お腹を満たしたら、波崎に向かいました。波をチェックしながら海岸線を走っていたら、路肩に何台か車が止まっているのでコレは?と我々も車を路駐して波チェックしました。
夫は波崎でもここは初めてだと言ってましたよ。
混んでいないし、波はいいし人には教えたくないシークレットポイントだと喜んでいましたよ。
なかなか良い波乗りが楽しめてご満悦で上がってきました。
c0133013_16370249.jpg
初おろしのサーフボード。手術する前に購入していたので、一年以上使えなかったのですね。
c0133013_16372179.jpg
満を持して海へ。30度越えの暑い日でしたが、波崎の海は海水がまだ冷たいらしくフルスーツでちょうどいいのですって。(海水は年々温度が上昇してるそうだけど、打ち寄せる波に足をつけてみたら結構冷たかったですよ)
遠くに見える風力発電の風車みたいなやつ!で場所が特定できる方もいらっしゃるでしょう。

c0133013_16380238.jpg
       無事にテイクオフできたところを確認しました。102.png


さてさて、花ちゃま。
c0133013_16382692.jpg
爪切りをされて息も絶え絶えの状態です。相変わらず断末魔の叫びとシクシク泣きでこちらの心が折れます。
馴れてくれることは無いのでしょうか~。
でも放っておくと刃物と化した爪で腕や肩、指をサックリとやられそうなので強制爪切りは必須ですね。
c0133013_16383380.jpg
これくらい切れば、もう安心。ぎゅーっと指を握られても痛くないです。一ヶ月くらいは大丈夫かな?105.png
c0133013_16391364.jpg
頑張ったご褒美にショックから立ち直った頃、大好物のシャインマスカットを・・・。
c0133013_16391732.jpg
美味しいに決まってます。シャインマスカットですから。
心してお食べなさい、花ちゃま。








[PR]
by sanakk | 2017-07-24 16:48 | Comments(2)