<   2007年 10月 ( 18 )   > この月の画像一覧

ここ数日、公私ともになんだかばたばたと忙しく、夜にまでしわ寄せがきて鳥たちとまったり遊べないでいます。ストレス溜まるんだよねー。ブログも更新できないしさ。って今してるけど・・・。

c0133013_2229179.jpg
放鳥してもかまってやれない私に替わっておやーじゅが遊んでくれてますが、すごくいい加減。
でも、おやーじゅ命の海はとても幸せそう・・・。
c0133013_22304373.jpg
おやーじゅはいたずらに海と花を近づけようとする。近づければすぐ仲良しになると思っているのだ。
そんなに、単純じゃないのに・・。
でも、最近花は海を見るなり飛び掛って襲うということはしなくなった。
「それ以上、ウチに近づかんといて」ぐらいの視線を投げるにとどまっています。
ぶんぶん飛ぶ海を見て影響されたのか、花が今朝、いきなり大飛びしました。
やっと自分が飛べることに気がついたみたいです。
今後クリッピングをどうするか?せっかく飛べるようになったのにという思いもあるし、リビングと台所がつながっている我が家は、鳥が自由に飛びまわるには危険がいっぱいあるし・・。悩むところです・。

c0133013_2241952.jpg

ほんのちょっとだけだよ。ごめんね。

すっかり甘えて指をハミハミしています。

放鳥時もケージの外にだされているだけで、遊んでもらえない花。
待ちきれずに台所で洗い物をするおかあちゃんの足から肩まで垂直登りする花。
娘が撮影してました。
ごめんなさい・・。わたしのおしりばっかり写ってます。(--;

c0133013_22521921.jpg

海はお仕事するおかあちゃんの肩でおとなしく待っているとってもいい子。
この後、弾丸のようにすっ飛んできた花に追い立てられるのでした。
二羽のバタバタという落ち着かない羽音が行き交う夜であります。

[PR]
by sanakk | 2007-10-30 22:47 | Comments(8)
一日大雨だったので、花の爪きりドライブは延期に・・。花、命拾い。
c0133013_2311547.jpg
夕方から、久々に花とお風呂へ。台風情報を一緒に見ました。
外では大嵐。びゅーびゅーと風の音と豪雨の音を聞きながら、のーんびりお湯につかるのもおつなもんです。
私には嵐の夜に暖かいお風呂と花がいる、と思うのはとても幸せな気分。
c0133013_23145185.jpg
昨夜、爪でさくっとやったり、がぶっと噛んだりしたつみほろぼしのつもりでしょうか、いきなりお風呂でえぐえぐとプレゼントあげる体勢に・・・。
c0133013_2317926.jpg
ラブゲロちゃんついてんですけど・・・
c0133013_23175722.jpg
しっとりとあったかくてきもちええわぁ~・・・
でも、お湯につかるのは怖いんだよね。

c0133013_23193192.jpg
お風呂から出ると、海が花のケージに忍び込み、ペレットを盗み食いしてました。
あんたの餌入れにも同じものがあるでしょーが!と見てみると、花が水に浸してぷよっぷよになったズプリームを選んでたべているではありませんか。
じぶんでは、そんなこと一切やりませんが人が仕事をした食べ物は旨いもんですな、海君。

c0133013_2323683.jpg
ちったぁー可愛い奴に戻ったかと思ったのもつかの間、ソファを覆ったカバーを捲り上げて齧ろうとする花。派手にばつばつと齧る音を響かせて、ちらっちらっとこちらを伺うところが憎いじゃありませんか。
ふんっとシカトをきめこんでいると、「ぐー、ぐー、ぐー」と、聞いたことのない声をだして抗議していました。花は、ちょっとこのごろ変わりつつある。それが何なのかまだはっきりしませんが何かがいままでとは違う。遅ればせながら、反抗期か?


とは言え、ひさびさに「おかーさん」と呼んでもらってうれしい。

c0133013_2334923.jpg

[PR]
by sanakk | 2007-10-27 23:37 | Comments(8)
今日の花は、すごーく興奮気味。
私がパソコンやる時いつも座る椅子の下でジャングルジムみたいな遊びをするのがお気に入りなのですが、今日はとても激しい。
ステップアップさせようとしても、指につかまってクルンとひっくり返ってしまって、まともに立たないし・・・。めちゃくちゃにじゃれついてくる。しかも、爪はアイスピックの先のようにとがっているし、いつもなら甘噛みするところも今日はきゅっと噛んでくる。

息も荒く、なんかいらいらしながら、絡み付いてくる感じ。
あんまりしつこいので放っとくと、服の上から肉をちょこっとキュッとつまむ。コレは、辛いです。
手は爪で引っかかれて軽く切り傷だらけ・・・しばらく水仕事がきつそうだな。
明日は、爪切りに行こうかなー。ペレットも切れかかってるし。
なんで、こんなに伸びる早いかなー。

c0133013_2357462.jpg
まじまじと見られてます。
片目で見るなよ。なんで、正面向いて両目で見ないんだよ。
片目のガン見は堪えるよ。


c0133013_23593627.jpg
海にちょっかい出しに行く花。
まったく、何にそんなにイラついているのか?原因はおかあちゃんか?
身に覚えはないけどな。
ま、なんかいらいらして当り散らしたい時もあるよな。
おかあちゃんなんてしょっちゅうだ。

[PR]
by sanakk | 2007-10-27 00:06 | Comments(6)
c0133013_7195565.jpg

ウチの娘たちにとっての花は、コンパニオンアニマルというよりは「生意気な一番下の妹」的な存在みたいです。
今朝、あわてて学校の仕度をする下の娘に「○○ー、(←娘の名前)お風呂入って、ゴハン食べなさいよー、着替えなさいよー」と、長ーいせりふを明瞭に言ってのける花でした。録音できないのが残念です。コレには、さすがの娘もびっくりしていましたが、「あんたに言われたくないよ!」とマジで文句を言っておりました。ヨウムの妹に指図されるのはプライドが許さないみたいですよ。
娘よ、同じ土俵に立つな!花は「あふりかんぐれいぱろっと」なんだ。

c0133013_7205695.jpg
それに比べて、海はとてもイノセントで超可愛いと娘たち。
たとえ、海に「ハッ!」っと威嚇されても「やーん、カイちゃん、かわいー!」と喜んでいます。
んー、でも、おかあちゃんは海はイノセントの皮をかぶったとても狡猾な奴だと踏んでいる。
c0133013_7213689.jpg
あまり飛ばない花の鼻先すれすれにわざと飛び回って煽ったり、花が襲ってきてもわざとぎりぎりまで引き付けておいて飛び去ったり・・・。
案外、一段上の位置から花をいいようにあしらっているようにも見えるんですね。
もし、そうだとすると天然っぽいいつもの海はとんでもない名役者やわぁ~。

c0133013_7221748.jpg
ん?なんかオイラのこと話題になってる?
c0133013_7225793.jpg
偉人は肖像画を残すんだよね。おいら、歴史に残る偉大なインコになるんだ。

右手に餌入れ、左手にカメラを持っている私を助けてくれるおりこうさん海くん。
ただ単に、大好物の麻の実をべレットに混ぜているのをしっかり見ていて待ちきれなかったという噂も・・・。
それを少し離れたところで見ている花もタイムリーなおしゃべりをしてくれています・・・。
まるでおかあちゃんきどり・・・。
ほんと、こいつら、おもしろすぎる・・・。
(海のことを花といい間違える、ちょとボケ入ったかあちゃんです。
最近、子供の名前もカイー、ハナーと言ってからじゃないと出なくなった。ヤバーイ)


[PR]
by sanakk | 2007-10-25 06:54 | Comments(6)
c0133013_1933442.jpg昨日のことですが、ちょっと買い物があって川崎の街に出ました。チネチッタの前を通ったら、まあきれい!ハロウィンのライトアップです。
もう、そういう季節ですね。

c0133013_198891.jpg
広場でパントマイムのパフォーマンスしてました。

c0133013_1920547.jpg

これから、繁華街は年末に向けて華やかなイベントばかりでウキウキした感じになっていきますね。
チネチッタでは毎年ハロウィンの時期に仮装大会があります。
年々、大掛かりになってきているみたいですね。
今年は見に行ってみようかな。

c0133013_19252192.jpg
そもそも、ハロウィンとは万聖節の前夜祭のこと。
万聖節とは、死者がよみがえる日と考えられていて、日本でいうところのお盆のようなものでしょうか。家の回りを徘徊する霊を追い払うために仮装するのが始まりだったそうです。
って、これは、プロテスタント系の女子校に通う上の娘に教えてもらったんですが・・・




本来、日本にない習慣なのにハロウィンやらボジョレーヌーボーの解禁やらで街が騒ぎ出すこの季節が来ると、あ~、今年もあっという間に終わるな~と思う私であります。



さて、今日の花は・・・
朝から、悪魔的に元気。
朝の短い時間に家事を済まそうと走り回る私を追い掛け回す。
私が、花と遊ぼうと思うと、ひたすらぴーちくぱーちくしゃべりまくりで知らん顔のくせに、忙しい時はつきまとう。
c0133013_20233872.jpg
お風呂場で洗濯物を干す私を、リビングから首を伸ばして覗く花。

c0133013_20252142.jpg
不憫になって肩に乗せて連れてくると、この通り悪魔のお手伝い。
c0133013_20264231.jpg
花が干されちゃって洗濯物が干せないよ。
おまけにしっかり娘の枕カバーに大穴を開けやがった!!
c0133013_21353739.jpg
お次はゴミ漁り。あーあ、おそうじするのじは誰ですか?

本日の動画は長いです。ぶつぶつとつぶやき系かな。
(しかも、部屋がえらい散らかってますね(^^;)
花がクチバシをカクカクとするのは何でしょうね?はじめて見ます。

御静聴、ありがとうございました。

[PR]
by sanakk | 2007-10-22 21:56 | Comments(8)
今日は気持ちのいい天気でしたね。
そうだ!花、日向ぼっこしよう。
c0133013_22413292.jpg

チェーンをつけるのは、相変わらず激しく抵抗したものの、屋上に連れて行ったらけっこうおとなしい。

c0133013_22425943.jpg

風がきもちいいね、花ちゃん。
c0133013_22434033.jpg

やっぱり、チェーンが気になる花。
今日は、富士山と六本木ヒルズが見えるよ。
富士山と六本木ヒルズが同時にみえるなんて、いいロケーションだよね

c0133013_22461477.jpg

ウチ、だいぶん慣れたよ。でも、おかあちゃんそばにいてよ。


c0133013_2249465.jpg

ちょっとお外にも免疫できたみたいだから、思い切って多摩川河川敷にお散歩に行くことに。
私一人では心細いので、上の娘にも付き合ってもらいました。

c0133013_22513484.jpg

いきなり、道端に猫がいて、ちょっと緊張。でも、猫ちゃんは私たちのことは眼中にない様子。
c0133013_2253949.jpg

わーい、着いたよ。(徒歩3分) キモチいいねぇ~
c0133013_22551050.jpg

c0133013_22561327.jpg

川の反対側から見た、川崎の街。
c0133013_22571325.jpg

多摩川河川敷、ほんとに気持ちよかった。
ジョギングする人くらいしかいなかったし・・・。
ときどきサイクリングコースを通る自転車に花はビビッてましたけど・・。
ビビッて肩でバタバタするたびに顔を翼ではたかれて痛いこと。
怖いもんだから、私の首筋にぴったり貼り付いて時々「おぉ~おぉ~」と感嘆の声を上げる花でした。
そりゃそうだよね。初めて見る広い世界だもんね。
目覚めてしまって、どっか遠くに飛んでいかないでね。

c0133013_2375282.jpg

帰り道、駐車場のフェンスでしばしフリーズ。
でも、かなり進歩だよ、花ちゃん。

うちに帰って、チェーンを外すときは、またえらい怒っとりました。顔を真っ赤にしてね。


のどが渇いたのか、みかんをあげたらかぷかぷと食べておりました。
c0133013_2393681.jpg


その後しばらく、機嫌悪し・・・。

c0133013_2313636.jpg

おもちゃの隙間にクチバシをつっこんで恍惚の表情・・・。
もう大丈夫かな。

また、お散歩行こうね。花ちゃま。

[PR]
by sanakk | 2007-10-20 23:19 | Comments(8)

朝、私が出かける前の花のひと時です。
もう、じきに私がいなくなるな、とわかっているので、その状況のキーワードをしゃべってますね。


c0133013_0174786.jpg

カメラが悪いのか、私の撮り方が下手なのか、うまく撮ることがでませんが、花のクチバシの先っぽが欠けて、二又みたいになってます。わかりませんよえね?(写真をポチっとしていただくともう少しわかりやすいかな)

c0133013_021403.jpg

裏から見るとこんな感じ(ポチっとしてね)

コレはどうしたことだろう?なんでこうなってしまったのだろう?
私が作ったアバウトなおもちゃがいけなかったのかしらん?
ちょと不安。このクチバシの割れ目からどんどん割れてきたらどないしよ。


c0133013_003367.jpg
数時間後見たら、あらら、あのぎざぎざの割れ目がなくなっている。
花ちゃん、どうやったの?ほんの数時間で砥いでしまったの?
お母ちゃんの心配は杞憂に終わったのか?なぞ・・。

c0133013_06654.jpg
この頭もなぞ。
神はなぜヨウムの頭をこんなに緻密なうろこ頭にしたのか?
そこにはどんな意味があるというのだ・・・。

[PR]
by sanakk | 2007-10-20 00:12 | Comments(8)

花は見ていた!

今朝の花。電話バージョン。
おやーじゅが電話をかけるとき、そっくり。着信音や留守録の音が入っているのはつじつまがあわないけど、ま、いいんじゃね。


おかあちゃん、ウチは見とるよ。
ウチに隠れて、海とおかあちゃんがいちゃいちゃしとるんを・・・。
ウチをだまそうとしたかて、無理や。
ぜーんぶ、お見通しや。おかーちゃん。
c0133013_02084.jpg


確かに、海といちゃついておりました。
おやーじゅがいないと私に甘えにくるカイタロー。
この機会をのがしてなるものか・・たとえ、花にこわーいジェラシーの視線を向けられようとも・・。
c0133013_06561.jpg


c0133013_082699.jpg

おかあちゃんが、台所で洗いものをしている間、キッチンの窓際で待つ花。
この後しびれをきらして、流しにダイブするのだった。
c0133013_0103031.jpg

なんか、今日は機嫌わるいんだよねー。
花をかたわらにおいて娘と話をしていたら、二の腕の内側のふにゃふにゃのところシャツの上から、きゅっとつままれた。
花は、私が流血するほどではないけど、「ぎゃっ!!」と飛び上がるくらいのお仕置きをするのが得意。心得ています。どんな形にせよ私の意識を自分に向ける方法・・。
こんな時の花の顔は、内気だけど気が強く、きちんと自己主張する女の子の表情。

いじけてたけど、しっかりおかあちゃんの歯磨きには付き合ってくれた花。
さんきゅー。そしておやすみぃー。
c0133013_0162561.jpg

[PR]
by sanakk | 2007-10-18 00:19 | Comments(10)
昨夜、夜中の3時ころ上の娘に起こされました。花の様子がおかしいと・・・。
確かにリビングからバタバタと暴れる音が聞こえてきます。
娘は今、中間試験前でたまたま夜中まで起きていたのです。
突然、何のきっかけもなく誰もいない真っ暗なリビングで寝ているはずの花がパニックを起こして暴れ始めたそうです。
娘は、すぐ納まるかと思っていたのになかなか納まらないので、怖くなって私を起こしに来たのです。
掛けてある布をめくると花はすでに私の気配を知ってケージに貼り付いてぶるぶる震えながらまっていました。「どうしたのー?だいじょうぶだよ。おかあちゃんここにいるよー。」とやさしく声をかけたら、ふっと憑き物が落ちたように正気の顔になり、すごすごと上の止まり木にもどり、背中に顔をつっこんで寝てしまうではないですか。
なんじゃ、あんたは悪い夢見て寝ぼけたんか!
インコも夢をみるのかどうかわかりませんが昨夜の花はまさに悪夢にうなされて暴れていた感じ。
実は、花が夜中に突然誰もいない部屋でパニックを起こすのは前にも何度かあるのです。
今までは、誰かきていたのかーっと、オカルト現象に結び付けていました。それで、娘も怖くなったのでしょう。
けれど、昨夜の花の表情はまさに悪夢にうなされて寝ぼけた子供のそれでした。
そうでなく、何度も誰かに夜中の訪問をうけているんだったら、たまったもんじゃございません。

c0133013_0205140.jpg

朝、布をめくった時の花。暴れたわりには、どこも怪我なし・・・。ヨカッタ。

今日は、悪い夢なんかみないでぐっすり眠れるように、たくさんあそぼうか!花・・。
c0133013_0282867.jpg

さあ、何して遊ぶ?おかあちゃん、パソコンやってる場合じゃないよー。
c0133013_0303663.jpg
とりあえずカキカキしてねぇーん。
c0133013_0312674.jpg
そうそう、こういうのウチ大好きや~。もっとゆっさゆっさとゆすってな~。



こういうのは、花の大好きな遊び。お母ちゃんは痛みを伴うけどね。花は「はぁ~?」とかいっていい気なもんで。
今日は、花も寝不足だし、おかあちゃんも寝不足。
夜中にうなされずに朝までぐーっすり眠ってね。

[PR]
by sanakk | 2007-10-16 00:14 | Comments(8)

ナイロビの蜂


c0133013_21552288.jpg
・・をDVDで見ました。もう、見た方もいらっしゃるでしょうか?
花のふるさと、アフリカが舞台になってます。
最近、鈍感になっていた私の心を鷲づかみにして激しく揺さぶる映画でした。
見た後に心地よい感動が残る映画ではありません。鉛のように重い何かを残す映画です。涙腺は緩みます。
主人公の夫婦愛と大企業の陰謀に志半ばで殺される妻の遺志を夫が引き継いで成し遂げるところが救いと言えば救いです。
同時にアフリカの難民の現実。病と飢え。そして先進国の大企業の利益のために利用される幼い命。ここではとても安い命。そんなことがリアルに描かれています。きっと、現実にこんなことはあるんだろうと思いました。
主人公の外交官の夫が部族の殺戮から救うため一人の難民の子供を飛行機に乗せようとしますが、現地のパイロットは「一人だけ助けるのは規則に反する」と言って拒みます。
「でも、この子一人は今救うことができる」と外交官は言います。
「この子一人を救ってもそのほかの多くの同じような子供は見捨てるのか?」とパイロット。
これはまさにかつての妻と夫の会話そのものでした。
夫はすこしづつ、生前の妻の気持ちと何をやろうとしていたかを理解していく。
外交官とパイロットのやり取りを聞いていた子供は英語は理解できないのに、すべてを悟って飛行機を自ら降りていくのです。


劣悪な環境で売られているセキセイをもし私が一羽1700円で買い占めても、何も問題は解決しないという思いとちょっとかぶさったりして・・・。

アフリカの難民の子供の大きくて無垢な、白目ばかりがやけに白くめだつ瞳がしばらくは忘れられない気がします。
そして夫の妻への愛と悲しく切ない結末。

映画の感傷に浸って、むっつり無口になった私を、これまたアフリカからやってきたねずみ色のインコが能天気なおしゃべりで能天気な現実に連れ戻してくれました。

能天気に聞こえても、花にとっては必死のメッセージだったりするかもね。
愛してよ。愛してよ。って


c0133013_22274715.jpgもちろん、愛してるよ。
愛してるよ。
世界の中心で叫ぶよ。


へっ?なんでそこにとぶの?

あ、砂漠つながりで・・・(^^;


c0133013_22315269.jpg

おかあちゃんの思考がどっかいっちゃって、目が宙をさまよってる間に、花は海をやっちまおうと大接近。やば、やば。
[PR]
by sanakk | 2007-10-13 22:43 | Comments(8)

平凡な主婦と平凡なヨウムの楽しく滑稽な日々を綴ります


by sanakk