ヨウムな生活

sanahana.exblog.jp

平凡な主婦と平凡なヨウムの楽しく滑稽な日々を綴ります

<   2007年 12月 ( 16 )   > この月の画像一覧

c0133013_0234233.jpg

さすが、花、なんだか今夜は普通じゃないことわかってます。
さあ、出ておいでとケージのドアを開けてあげても、躊躇しています。
出掛かっても、首をかしげて考えて、また入ってしまいます。
c0133013_0271489.jpg
今夜は疑心暗鬼な花の瞳シリーズ。

心の奥底まで見透かされそうな瞳。

やっと出てきた花は、いつもに増して甘えてきます。
私の心はちくちく・・・痛みます。
だって、これから花と海をおばあちゃんのウチに預けに連れて行くのですから・・・。
c0133013_0313139.jpg
カキカキしようとしたら、「まって!その前にウチからあげる」とでも言うように、エグエグ始めて、花の愛を感じるよー。

おかあちゃんが台所でお仕事してる間、今日はとてもおりこうさんでお喋りしながら待ってます。チューして!チューして!って甘えながら。
チューしてあげるよ、いつでも。



c0133013_0372980.jpg
おばあちゃんちです。いつも、ケージ上下で置いてあるので、互いのすがたは放鳥時しか見てないのでした。
こうやってケージを並べると違和感あるみたいです。
おばあちゃんは和室の畳の上に一面新聞紙を広げて待っていました。
そんなには散らかしませんて。
c0133013_040523.jpg
おばあちゃんの手からは落花生うけとりませんでした。
大丈夫!すぐなれるよ。
いい子にして、おばあちゃんの言うこときいてね。
3日間、頑張るんだよー。

めちゃめちゃ、後ろ髪引かれる~~

c0133013_0482565.jpg
おかあちゃん、予定通り、31日に迎えにこなんだら、ゆるさへんでー。
怖いよー怖いよー。

そんなわけで31日まで野沢温泉スキー場行ってきます。
3日間、慣れないおばあちゃんの家ですごす花&海にエールをおくってやってくださいまし。

皆様、こんな未熟な私のブログに来てくださってありがとうございました。
これからもよろしくお願いします。
それから良いお年を・・・。

[PR]
by sanakk | 2007-12-29 00:54 | Comments(6)

てちてち海、魍魎の花

寒い、寒い・・・と家に帰ると、後ろなのか前なのか一瞬分からない花が迎えてくれました。
c0133013_23544281.jpg

クリスマスも終わり、後は怒涛のように年末のスケジュールをこなして正月へともつれ込むだけ。かなり、疲労がたまってます。まぶたを閉じれば10秒で眠れるj自信アリ。
でも、この可愛いやつらと過ごす時間が私のエネルギー補給の時。
c0133013_23594298.jpg
まだ、年賀状づくりが続く私。最近、夜は籠城続きの海が励ましてくれるかのように出てきて飛んで来ました。
c0133013_014151.jpg
今夜はかなり機嫌がよくイケイケな海。赤いくちばしもつやつやです。

落花生につられて、てちてちオシリをふりながら歩いて来ます。すごい早歩き。
インコのこの歩き方、萌えますよねー。
目標に近づくと、なぜかカニ歩きに・・。


花は、海のように自分の欲望に素直じゃない。同じように落花生でつっても、何度もいったりきたり・・・、撮影されてるのがわかってるので、その手には乗るかとなかなか落花生を取りにきません。
そこで、ひっくり返していじりまして理性を奪います。
思ったとおり、素直に落花生を取りに来ましたとさ。(笑)



あんまり、椅子を齧るので、こらっと鷲づかみしてやりました。
c0133013_0172112.jpg


c0133013_07077.jpg
花に襲われそうになって飛び立つ瞬間。

c0133013_08818.jpg昨日のクリスマスケーキのティラミスの残り。誰が食べるかで熾烈な争いが・・・。
なぜか、ゲットしたのは、おやーじゅでした。
おらっ!普通子供に譲らないか?

c0133013_092281.jpg
こらっ。ケーキなんか、あげちゃダメだって!実は海、おやーじゅと同じで甘党なのです。
(大丈夫、ほんのひと舐めだから・・・・)

これは、怖い。怖すぎる。
娘が「魍魎の花」と題名をつけました。魍魎(もうりょう)って?いったいどういう意味なの?
なんとなく、キモチはわかる。
c0133013_0122714.jpg


うっとりしてるのに私に目をこじ開けられる花。
c0133013_0132871.jpg


c0133013_01458.jpg
(なんか、このスタンス、セキセイっぽいよね?)

あんまりウチであそばんといてよー。かあちゃん・・。
[PR]
by sanakk | 2007-12-27 00:19 | Comments(8)
なんだか、あっという間にイブがやってきましたね。
でも、イブだろうが私には関係ない!!
なぜなら、この3連休中に山ほどやらなきゃならないことをかかえているからです。
連休最終日の今日(すでに昨日になりましたが)、自分でやろうと思っていたことの半分も済んでいない。3日間も休みなのだから、山ほど時間があると思っていたのに・・・実際は全然足りない。いや、足りないのでじゃなくて自分の時間の使い方が下手なだけなのでしょう。

大掃除もぜんぜん出来てなくて・・・。
今朝、散々寝坊してから、さぁ何からやろう・・と考えた結果、「ケージを洗おう」と決めました。
たとえ、今日、それで終わってしまったとしても・・・。(爆
c0133013_194898.jpg
ケージの下のトレイ部分は、しょっちゅう洗うのですが、上の格子部分はめったに洗いません。
なので特に餌入れのあたりは汚れがこびりついて前々から気になってはいたのです。
水洗いですが、きれいになって気持ちいいことこの上なし!
c0133013_1131383.jpg
ついでに花も日干しだよーん。
c0133013_1134376.jpg
今日は、風が強くて、花のビビリ指数95%くらい・・。
すごい、極道な鳥の顔になっちゃってます。こ・・・こわい・・・。んなに、にらむなよー。
c0133013_1163421.jpg
風が強い晴れの日は富士山がきれいに見えるのですが、今日は雲がかかってちょうど隠れてしまいました。
でも丹沢山地が(多分)キレイに見えました。

あまりに花がビビるので、早々に家の中へ・・・。

c0133013_7103332.jpg

海は、花のお出かけ用キャリーに入って待っててもらいました。
初めてなので、これまた興奮気味の海。


私が朝食を作りながら、花とおしゃべりしているところです。(つもり)
卵をかき混ぜる音とか入っています。
撮っているのは娘です。
花は、とても私たち人間が食べること、そして食べている物に興味をもっているようです。
「ご飯を食べる」「おいしい」という言葉の意味は理解しているように思います。


この後、花は私たちの朝食のチェックに向かうのでした。


年賀状を作ろうとしても、すぐ脇道にそれて、ブログ散策してしまったり(笑)
なかなか着手しなかったのですが・・・
c0133013_1331191.jpg
やっとこさっとこ年賀状を作りました。これは、私の友人用。
中学生になった子供の写真や家族写真は、もういかがなものかと思われるので、花を載せちゃいました。子年のねずみ色つながりで・・・。
子供たち用、おやーじゅの仕事用、友達用、そしてわたし用・・・と、毎年何パターンもつくりますが・・・今年は時間が無いのでかなり手抜き。
今年は、4月に突然PCが壊れ、ハードディスクを取り出して復元を試みるも住所録を見つけることができませんでした。なので、全部入れ直しでした。

c0133013_1443318.jpg
長女が学校で作ってきたローソクです。
ぜんぜん、イブを実感しないイブでした。
子供たちが小さい時は、やはり忙しくても私が夜中にサンタクロースになるのでそれなりにクリスマス気分を味わったものですが・・・。
夜になるとぐったりして、クリスマスどころじゃありませんでしたが・・・せめてキャンドルでも灯して雰囲気だけでも。
c0133013_1524564.jpg
メリークリスマス!花。花がウチに来てから4回目のクリスマスだね。
家の小さなツリーにもすっかり慣れた花。脂粉の粉雪をたくさんトッピングしてくれました。

ここに来てくださる皆様は、どんな素敵なホーリーナイトを過ごしていらっしゃるかしら?
[PR]
by sanakk | 2007-12-25 00:59 | Comments(8)

X'masプレゼント



今朝の花。やっぱり娘の朝食をチェックしに来ました。
今日は自分が食べられるものが無かったようで、つまらなかったのか、娘の飲みかけのお茶をぶちまけてくれました。
c0133013_0505363.jpg

じゃぁ、朝ごはんは大好きな枝豆ね、と冷凍の枝豆を鍋で暖めながら、掃除をしていたら、
すっかり忘れてしまいました。枝豆焼きが出来てしまいました。
c0133013_0461273.jpg
だめですね。二つのことを同時にやろうとしても・・・。片方をすぐ忘れちゃいます。
いつの間にこんなにたよりない脳みそになってしまったのでしょうか?
ところで、焼き枝豆かなり焦げたやつ、ためしにちょっと食べてみたら、これがすんごく甘くなってました。枝豆も焼くと甘くなるのね。海&花には、新しく茹でなおしましたが・・・。発見。


長女が私にクリスマスプレゼントをくれました。
c0133013_0261645.jpg
アクセサリーポーチ。

c0133013_0274468.jpg私がいつもピアスとか、リングとか小物をあちこちに置きっぱなしにするので、コレにきちんと入れといてね。って。
あ-、持つべきものはムスメだ。だらしない母をちゃんと見てるー。
うん、でもひとつのところに片付けられないから、あちこちにちょいと置いちゃうんだよね。
だけど、こんな可愛いのもらったから、ちゃんと片付けるようにするよ。


目黒にあるサルヴァトーレ クオモさんのピッツェリアのピッツァが川崎のチネチッタで食べられるようになったと言うので、今日は家族でランチに行ってきました。
c0133013_0363713.jpg
ランチはバイキングなのですが1380円でけっこう楽しめます
世界チャンピオンのサルヴァトーレさんのピッツァ、ナポリ風のモッチリとした香ばしい焼きたてをしっかり食べて来ました。おいしかったです。
どこの国の方かしら?イタリアの子かな。イケメンのボーイがいました。
あまり美形で見とれていたのですが、「いらっしゃいませぇ~い」って、まるで居酒屋のおにいちゃんのような言い方で、びっくりするやら、がっかりするやら、おかしいやら・・・。
c0133013_0403184.jpg


その後、ぶらぶらウィンドウショッピング。

c0133013_0571745.jpgおやーじゅがめずらしクリスマスプレゼントを買ってくれました。
何か、魂胆ありかぁ~と、手放しで喜べない気もちょとするが・・・(^^;


おやーじゅのプレゼントのレシートでくじ引きが一回出来るというので・・・
コンピュータの画面を手でタッチして絵を三つそろえるいうもの・・。
いちばん邪念がさなそうな次女にやらせたら、なんと2等賞が当たってしまいました。
それも、なんとワンセグのお風呂テレビ。
やったぁ~!!これも、まるで私へのプレゼントだぁー。今日はとってもついてる日だ!!

c0133013_033163.jpg


c0133013_16525.jpg駅ビルのツリー


ウチに帰って、お風呂タイム、さっそくワンセグテレビをデビューさせてみました。
c0133013_11059.jpg

ところが、これが微妙・・・。なんか、画像にモザイクかかったみたいな感じで・・・。
ワンセグってなんだ? 何も知らない私は考えた。考えたけど解らなかった。
今までの、アンテナのお風呂テレビと並べてつけてみると、同じ番組なのにずれてる。
ワンセグのほうがずーっと遅れるの。何で何で?誰か教えてぇ~。


そんなこんなで、鳥たちを放鳥してあげたのは夜も更けてからでした。
ごめんよ。海、花。
c0133013_1165868.jpg
海は、すでに眠かったみたいで、洗濯ばさみ二つ重ねの止まり木でポーッとしちゃってました。
c0133013_1183021.jpg
どうしてそんなに足をそろえて、はしっこでちょんととまるのでしょう。
このそろえた海の足を見るたび胸が苦しくなるほど可愛い・・。

c0133013_1232834.jpg
花は取りつかれたようにゴミ箱あさり・・・。ゴミ箱の中のゴミを齧りまくってる時は、けっこう根気よく長い時間がんばるから不思議。
c0133013_1255785.jpg
花ちゃま、ちょっとニオイをかがせておくれ!禁断症状がでているのだよ。
こうやって抱きしめると、花の鼓動がコトコトと手に伝わってきて愛おしいです。
[PR]
by sanakk | 2007-12-23 01:31 | Comments(9)
今朝の花。
娘の朝ごはんを狙う花。いつもは遠巻きに見ているだけなんだけど、
今朝はついにりんごに手を、いやくちばしを出しました。
c0133013_225033100.jpg

ほれほれ、ちゃんと花にもあげるから、おねいちゃんのとらないで。
c0133013_22542279.jpg



最近、ソファ齧り防止カバーにもぐっては恍惚としています。なんか、やばいドラッグやっちゃってるみたいにトランス状態・・。
こういう時は注意が必要です。いつもは、気をつけて、「花ちゃん、いいかな?ステップアップして」ってやさしく声をかけながら、後ろから手を出し、花から乗ってきてくれるのを待つのです。しかし、今朝は時間がやばかったので、ものすごく唐突にトランス状態の花の前に手を割り込ませて「はい、もうおうち帰って」と、やってしまいました。
c0133013_23131884.jpg

c0133013_23133571.jpg

結果、二箇所ガッツリとやられました。(荒れた手ですみません・・)
花は、反抗期というものも無く、あんまり感情を荒立てることの無い穏やかな性格のヨウムだと思います。めったに噛んでくることもないのですが・・(私限定ですが)このときは「KY」な私に腹を立てたみたい・・。
「イタっ!」と言っただけで黙ってケージに花を戻した私は、もちろん怒ってなんかいませんでした。それより、あ~、花もこんなに怒ることがあるんだなーと新鮮に思ってるくらいでしたが・・・

花は、私がすっかり怒ってしまったと思ったみたい。
ケージの中でしゅーんとして、忙しげに動き回る私を目で追ってました。

ご機嫌をとるみたいに「ばいばーい」って、私が出かける間際までお喋りしてました。
大丈夫だよ。花。ぜんぜーん、怒ってないよ。
お母ちゃんが、悪かったよ。


ところで、今日、お歳暮にすんげー高そうな落花生をいただきました。
c0133013_23284869.jpg

ね?高級感ただよってますよね。これ、千葉産じゃなく、神奈川二宮というところで作ってるみたいです。むいてあるやつを食べてみたけど、香ばしくてとてもおいしい。
贈ってくださった方は、ウチに鳥がいることは知らないし、全部インコのおやつになろうとは思いもしないでしょう・・
すみません・・・。でも、とてもうれしい贈り物です。
海&花の最高のX’masプレゼントになります。
c0133013_2347078.jpg

花がうまそうに食べてるのを見るのは、私の幸せ。
でも、恐竜っぽいよ。花ちゃま・・。
[PR]
by sanakk | 2007-12-19 23:35 | Comments(10)
今日も、通勤途中、配給待ちの人々のようなユリカモメの一団を見ました。
餌をくれるおじさんのうしろに大人しく並んで待っています。
c0133013_233324.jpg

餌やりおじさんは二人いて、別々のところでユリカモメを集めています。
どちらがより多くのユリカモメを集められるか競い合うように・・。
c0133013_23261286.jpg

近くにはハトを集めるおじさんもいて、その人は手で直接餌を与えていました。
なんか、不思議なけしきですよ。多摩川ぞいに餌やりおじさんが並んでハトやらカモメやら集めている景色。
c0133013_23333942.jpg

c0133013_2334076.jpg


今朝の花。「まっててねー。」を連発。待ってますって。花を置いてi行ったりしないよ。
あ、置いていってるか。毎日。私が、もうすぐいなくなるのわかってるの。出かけるとき、いつも「待っててねー。」って言ってるから。「まってるよー」って言ってくれてます。
「おうち帰ろっか。」は、正確な意味ではなくて、自分のいる場所を動く時に使っているみたい。


夜、海が久しぶりにシャツの中にもぐってくれました。本当に久しぶりです。
c0133013_23385127.jpg
海のベロはとってもキレイなピンク色。
海が潜り込んでくれるのはうれしいけど・・。シャツは一発でダメになっちゃうよー。

c0133013_23403444.jpg
海に合わせたよ。
c0133013_2341751.jpg

花に合わせたよ。
相変わらず、二人の距離は縮まりません。


vanillaサンのブログから盗みました
c0133013_23435251.jpg
世界の注目を集める鳥の市場を動かす日本の天才ヨウム、花さん、TIME誌の表紙を飾る!
c0133013_23463642.jpg
インコのイケメントップモデル海君、VOGUE誌の表紙を飾る!  なんちて・・・。
[PR]
by sanakk | 2007-12-18 23:55 | Comments(7)
c0133013_222756.jpg

私は、一週間分の洗濯物をいっぺんに土日の休みの時にまとめてたたみます。
いつも、花のケージの隣で。すると、必ず花が新聞紙をぐちゃぐちゃにして丸め始めるのです。
c0133013_22239100.jpg

今日、気がつきました。花は私のまねをして、たたんでいるのですね。
私といっしょに新聞紙を足で押えながら、ぐしゃぐしゃにしながら・・・。
もー、なんて可愛いのぉ~、花ちゃまーん。


今日は、御茶ノ水の大学病院に入院している父を見舞いがてら、久々に実家にかえりました。
c0133013_223014.jpg

この子は、父の愛犬、ダックスの小太郎です。
小太郎は、数年前に原因不明の病気で後ろ足が麻痺し歩けなくなりました。
必死のリハビリで、今は這いながら3mくらい動くことが出来るようになりました。
おじいちゃん(父)が不在で寂しそうな表情です。
c0133013_2233358.jpg
娘に甘える小太郎。
小太郎はもともと飼い主が世話を放棄して、あちらこちらをたらいまわしにされていた悲しい生い立ちの子です。それを、実家の甥っ子が引き取ってきたのです。
はじめ、年老いた私の両親は小太郎を買うことを反対していました。小太郎のことを「いぬ」と呼んで、家族の一員にすることを拒んでいました。
ところがどうでしょう。いまでは、小太郎はじじばばの生きがいになってます。
甥っ子からとりあげて、おじいちゃんがすべての世話をするようになりました。

小太郎は、若いおねいちゃんが大好き。大学生の甥っ子がつれてくるガールフレンドに遊んでもらいたくて、必死で歩こうとするうち、ほんの少しの間後ろ足が立つようになりました。
♂にとって、♀の存在とは、このように影響大なのですね。
ところが、甥っ子はガールフレンドにフラれました。もう、おねいちゃんには会えなくなった小太郎。おじいちゃんもいつ戻ってこられるかわからないし・・・。かわいそう・・・小太郎。

c0133013_224140.jpg

実家に帰ったついでに、子供のころ散々通った小鳥屋さんに行ってみたくなりました。
娘たちを連れて行った見ました。
30年以上経った今でも店のたたずまいは変わりませんでした。
けれど、一歩店に入って、悲しくなりました。
鳥たちの飼育状況がひどかったからです。

セキセイのケージには、落鳥したセキセイが放置されていました。

昔、ちゃきちゃきとしたお店のおばさんは、すっかり年取って小さなおばあさんになっていました。
おばあさんに、セキセイのことを教えてあげると「あー、ほんと、いつも喧嘩して殺されちゃうんだよ」って、亡骸を紙袋に入れてその辺に置きました。
c0133013_2243599.jpg


この店のおじいさんの愛鳥のキエリボウシ。売り物ではないそうです。
8歳と言うことですがとてもそんなに若くみえないほど、毛並みもわるく・・・。私たちが近づくと怯えました。
c0133013_2245321.jpg
ケージはいつ掃除したのかわからないほど汚れ、餌はヒマワリだけでした。おもちゃなんてもちろん無く。
ペットヒーターが入れてあったのがせめてもの救い。
c0133013_2252894.jpg


c0133013_226371.jpg
暗いところにビセイインコがいました。

このおばあちゃんがおばちゃんだったころ、私はこの店で何羽ものセキセイやラブバの雛を買いました。育て方も、おばちゃんに習いました。とても、活気のある頼りになる店でした。
屋上では500羽以上の伝書鳩を飼育し、レースなどにも出ていましたがそれも5年前にやめてしまったそうです。
今はすっかり年老いた小鳥屋さん夫婦。小鳥たちを大切に飼育することもしんどくなってしまったのかしら。
心臓の手術の後遺症と腎臓を悪くしてすっかり弱った父を見舞った後だったので、老いについて、考えさせられる帰り道でした。
キエリボウシ君の今後は気になるものの、もうあの店に行くことはないな。悲しくなるもの。



ただいまぁ~、花ちゃま。
今日のお留守番も長かったね。
c0133013_22513833.jpg

なんか、悲しい鳥さんを見た後は、いつもより増して海や花を愛おしく思う。
大切に可愛がってあげなくちゃと思う。
c0133013_22534064.jpg

[PR]
by sanakk | 2007-12-16 22:06 | Comments(6)
夜、めずらしく海が出てきました。
最近、おやーじゅとの関係がぎくしゃくしていたのが原因か、夜は籠城していたのです。
迷いがふっきれたのか、今日は出たらすぐにおやーじゅのもとへ。
c0133013_23411332.jpg
が、しかし、朝が早かったおやーじゅは、バテバテですでにうたた寝状態。じっと肩で見守る海。
シャツのボタン食いちぎる1分前・・・
こうやって、起きるまでじーっと肩にいます。他の人間のところへは飛んでいかない

c0133013_23443743.jpg長女が撮った海。
長女は海のことが特別に好きみたい。
海の写真を撮るのがライフワークです。
娘の撮った写真は、海への愛情が感じられます。
c0133013_23451416.jpg

c0133013_23453733.jpg
この状態で1分くらいフリーズしてました。どしたの?

c0133013_23555262.jpg
花の齧り用おもちゃ、更新しました。これで3度目。ヨウムって齧りモードにスィッチはいると、一気にやっつけないと気がすまない性格ですね。
こんな、ごっつい木の塊でも3日あれば、吊るしてあるチェーンだけになってしまいます。
c0133013_23594776.jpg
それに比べて海は長もちします。最初はがんがん齧り倒していました。途中でハタと気がついて、とっとかなきゃと思ったみたい。お友達なんだから・・ネ。
c0133013_03259.jpg
シラミいないでしょうねぇ。
まったく、ヨウムを見たこと無い人が見たら、どんなイキモノのどこのパーツかわかんないでしょうね・・。
c0133013_054136.jpg
んー、そこそこ・・・
今日のカキカキ中の目は2分の1くらいかしら?今夜は機嫌いい。カメラ至近距離に近づけても攻撃してこない。
「笑うセールスマン」的な目(ウチではこういう目のときそう呼んでます)。大好き。

今朝早く撮った動画。
あんなに怖かったツリーなのに、今日は、とってもフレンドリー。
ツリーに向って自問自答したり、気持ちよさそに歌ったり。挨拶したり・・・。

いつもこのスタンドには、長く止まっていられない花です。すぐ、私のところへ来てしまうのですが、ツリーがあったほうが落ち着いたのかしら?
今朝はじーっと、スタンドで気持ちよさそうにツリーを見ながら歌ってました。
こりゃ、ラクチン。1年中、置いとくか?

長女が学校に行くのを見送る花。ほんとうに見送ってます。

[PR]
by sanakk | 2007-12-15 00:14 | Comments(8)
しょぼーいクリスマスツリー出しました。
ウチは大きなもみの木のツリーなど置くところないですから・・・・。
花、コチンコチンに緊張してます。
c0133013_22553042.jpg

c0133013_22562459.jpg

なんだろ、なんだろ、またおかあちゃんが、変なもん出してきたよ。
ぴかぴか点滅して、コワイよー。



娘たちは、クリスマスプレゼントに何を買ってもらうかということは関心事ですが、クリスマスツリーはもうどうでもいいようで・・・・。

それでも娘たちは、6年生までサンタさんを信じていました。
もう、いいかげん気がつけよーと思っていましたが、「不思議だねー、サンタさん、どうして○○の欲しいものわかるんだろー?どうやってウチにはいってくるんだろう?」って無邪気に言われると、しゃーない、もう一回サンタクロースやるか!という気になったものです。
けっこう、苦労しました。それとなく欲しいものを聞き出して、とても買えない高額なものを言われた時には、あの手この手で手ごろな値段のものに方向修正させて・・・。
「なんで?どうせサンタさんが持ってきてくれるんだから、ウチで買えない様な物頼めばいいじゃん」と娘。ごもっともなんだけど・・・。
そんなときには苦し紛れに「大田区担当のサンタさんは予算があんまり無いの。だから、普通の家で買える程度のものにしてね。」と・・。
娘は、サンタさんに毎年お礼の手紙を書いて枕元に置き、さらにケーキを食べてもらうんだといって、クリスマスケーキをお皿においてフォークまでつけてそれも枕元に置いて寝ていました。
大変ですよ。完全に眠ったのを確認してから、手紙を回収し、サンタさんからのお返事をパソコンで作り、私がもそもそ夜中にケーキを食べて空になったお皿を元の場所に置き、そしてプレゼントを枕元に・・・。娘の夢を壊したくないばかりに・・。
さすがに小学校高学年になっても、サンタクロースが来ると思ってる娘に、なんとなく疲れてきました。だんだんいい加減になってきて、うっかり娘のサンタさんへの手紙をバックに無造作に入れていたのが見つかってしまったのです。
そして、娘のサンタクロース神話は無残に崩れ去ったのでした。
「おかあさんだったの?ずーっとおかあさんだったの?」って、ちょっと胸が痛みましたが、もういいよね。いずれは気づかなきゃならないことだし・・・。つか、気づくの遅いし・・・。
現実の世の中では、家に何か贈り物を投げ込まれたら、それはとても怖いことだって・・・。
c0133013_23205784.jpg
サンタさんに見せると言って娘が書いた絵が今も、ベットの横の壁に貼られたままになってます。

c0133013_23282391.jpg
ツリーのオーナメントで花をからかいます。光物は得意な花ですが、腰が引けてますね。
c0133013_23312758.jpg
早く見慣れないツリーから遠ざかりたい花は、片足を上げて私の助け舟を待ってます。
c0133013_23381061.jpg
はよ、はよして、おかあちゃん。指、指ちょーだい。
c0133013_23394526.jpg
テーブルに移動してイタズラ開始。
c0133013_23421841.jpg
いつものように私がすわる椅子の下でスタンバイ。最近椅子の足を齧ることがマイブームな花。困るんですけど。あんたはどうしてそう、おかあちゃんが困る遊びばかり発見するの?

なんか、顔、ヤバイですけど・・・。

花、定番の「ココ置いとくよ」です。ちょっと眠くて、甘えたい時のお喋りです。

[PR]
by sanakk | 2007-12-12 23:58 | Comments(7)
寒いです~~。私多分、インコより寒さに弱いかも。
エアコンの暖房では、物足りないので我が家の冬の最終兵器を出しました。
c0133013_23495951.jpg

やっぱり、ガスファンヒーターは朝の立ち上がりが違います。
あっという間に暖かくなる。
ガスも電気も値上がりで困ったものでね。


寒い朝でも。元気なのは海。
最近海は、夜は出てこなくなりました。見ていると、花の放鳥時間には出てこないことがわかりました。花がケージに入ると、すぐに出てきます。ある意味、賢いですよね。
海としても、やはり自分だけを見て欲しいのでしょう。
今朝も、花がケージにもどったとたんに出てきました。
私に向かって飛んできた時、私が下にある物を取ろうとかがんでしまいました。
勢いあまってキッチンの窓辺の鍋つかみにつかまる海。
c0133013_0191271.jpg


海のスパイシーなにおいを嗅ぐ娘。
インコ体臭フェチは娘たちも同じ。一般的にはちょっと危ないでしょう・・。
c0133013_0224065.jpg
海のにおいはね、その日によってちがうけどかなり強いです。刺激臭です。
でも、私たちにとっては、最高に癒しの香り・・。「海」という香りのアロマオイルがあったら、最高。


今朝の、花のお喋り。
最後に鼻かむ音が入ってます。すみません・・。

c0133013_0242795.jpg
通勤途中、多摩川の河川敷の階段で・・・。
カモメとハトがお互いに干渉せず、混じって餌をくれる誰かをの~んびり待っています。
カモメとハトが仲良く入り混じっているのを見られのは、私の住んでるエリアならではかな。
時間に追われて焦っていても、こんな風景をみると「ま、いっか。ゆっくり行こう」って気になっちゃう。


仕事の帰り道、多摩川を大田区側に渡って階段を降りた橋のたもとに、ほとんど毎日このわんこはいます。

c0133013_034115.jpg
まさに人待ち顔とは、これだ!というような表情でひとつの方向をずーっと見てます。
すごい集中力で・・・・。首輪してるから、ノラではないと思うのだけれど・・・。
どういう事情で、毎日夕方同じ時間帯にこんなところで誰かを待っているのか?
飼い主なんだろうけど、どうして?

通り過ぎる人が、時々かまっても、尻尾の一振りもしません。
ただ一心に首を伸ばして、誰かがやってくるのを待っている。

一度、土砂降りの雨の中ずぶぬれになって、やはり一点をみつめて待っているのでかわいそうになって傘をさしかけたら、迷惑そうに私をチラッと見て、立ち上がり傘から出て2mくらい離れたところに移動して、また一点を見つめ始めました。
私はただ待っているのだから、余計なお世話だ、とでも言うように・・・
c0133013_0414080.jpg
今日も彼(彼女)の視線を遮るように私が前に立つと、私には目もくれず横に少しずれてひたすら一方向を凝視してました。
この子がそれほどまでにして待つ人に会って見たい。待ち続けるこの子は毎日のように会うのにその人を見たことはないのです。
私も時間が無いので、この子といっしょに待つわけにもいかないの・・・。

犬の忠実さは、鳥とはまた違って痛々しいほどですね。
一心不乱です。ご主人様のために・・・。あまりに人を愛しすぎて深すぎて犬の寿命は短いのだろうか?燃え尽きてしまうのだろうか?

とりあえず明日も会うね。いつか、仲良しになりたいな。
[PR]
by sanakk | 2007-12-11 00:31 | Comments(8)

平凡な主婦と平凡なヨウムの楽しく滑稽な日々を綴ります


by sanakk