今朝、またまたちょっとしたハプニングがありました。
娘たちを学校に送り出し、やれやれと朝のコーヒーを飲みながら今度は花と海の放鳥タイムです。
待ってました!とばかりに出てきたふたりはしばし追いかけっこをして飛び回っておりました。
ケージの掃除やら、あれやこれやする間、飲みかけのコーヒーを台所のカウンターに放置しておりました。
どのくらい経ったでしょうか・・・・朝の天気予報など横目で見つつ、鳥たちのケージ3つ新聞紙替え、そして水替え、ゴハン替えなどいつものようにこなしておりました。その間も花と海は私を拠点として追いかけっこを繰り広げていました。だんだん熱くなってくる花に「これ、やめなさい」などと声を掛けながら写真を撮ってはへらへらしておりました。
ふと、台所に行ったついでに放置してあったコーヒーカップを取り上げて一口すすりました。
んんん?なんだ?これは。 すぐに妙な味に気がつきました。

さぁ、皆様。私の身の上に何が起こったか・・・・・想像がつきましたか?
察しの早い方はもうお気付きかもしれません。
c0133013_21474978.jpg
このコーヒーにどんな変化があったのでしょう?



c0133013_16504454.jpg
ラックの上においてあった水の入った霧吹きのボトルで遊んでいるうち、落としそうになってしまった花。
花は離すまいと必死で片足の指2本で持っていますが、このボトルかなり重いです。

c0133013_1651787.jpg
けっこう長い間頑張っていましたが、落としてしまいました。落とした瞬間の花。右手が持ったままの形になっています。

c0133013_16513231.jpg
拾って重さを量ってみると、なんと215グラム。花は自分の体重の半分近くの重さのものを2本の指で持っていたってことですね。
私に換算すると片手の指で20とウンkg(028.gif)の荷物を持つってこと。ヨウム、けっこう怪力の持ち主です。

c0133013_1649338.jpg

c0133013_16494888.jpg
海と花の追いかけっこはエンドレスに続くのであった。

c0133013_2193429.jpg
       毎朝の習慣は大切だよ。

海をケージに戻す前に、「ねじっておやつ」にピスタチオを仕込んでおくのが習慣になっています。
海は帰ったら、ねじを回して取り出すのを楽しみにしているようで、ほくほくと帰っていきます。
今日のおやつは落花生。ケージにもどった海に「とりにおいで」とケージの外で見せびらかしました。
大好物のはずなのに、海はもじもじして取りに来ません。そして、空っぽの「ねじっておやつ」のねじをくるくると回すのです。
そうか、いつものように「ねじっておやつ」に入れてほしかったのね。ごめんね。ピスタチオ切らしてるんだ。
落花生はその中に入らないのよ。
今日は直接手渡しであげました。
あ、でも殻から外してピーナッツだけにすれば入るよね。海太郎、大喜びでくるくる回して食べていました。

c0133013_21165539.jpg
換羽でぼろぼろだった海。いつのまにか羽がはえそろってつるつるぴかぴかのダルマに戻っています。
短くなっていた尾羽もすっかり元通り。



さて、コーヒーの件ですか・・・・、何があったか知りたいですか?017.gif

味がおかしいと思って、流しにコーヒーを捨てて見ると、なんとカップの底にうんPが沈んでおりました。かなり大きいやつ。005.gif
ええ、微量ではありますが味のちがいがわかるほど飲んでしまいました。
なんか、もう怖いものないなぁ・・・とか、妙に開き直ってしまいました。

多分、海のうんPです。台所のカウンターにとまるのは海だけだし。きっと、海がうんPをひねり出そうとした瞬間に花に追われて飛びあがり、そばに置いてあったコーヒーカップの中にぽちゃんしたと思われます。


でも、プチラッキーなこともありました。
c0133013_21402564.jpg
今朝開けたオカメsの新しいワイルド&スパイシー。やたらとトウガラシがいっぱい入ってる。
あんまり入ってないのもあるのよね。かき混ぜてみたけど底の方までたくさん入ってました。
なんか「茶柱立った」みたいな・・・・。えっ?もしかしてコーヒーカップにうんPインしたのもラッキーかな?
なんかいい事あるかしらー?

それと、こないだ行った千葉のCAKでスタッフのかわいいおねいさんが写真を撮ってくれたのですが、ハガキにして送って下さいました。「また、いらして下さいね」と添え書きもいっしょに・・・・。
こういう心使いうれしいですよね。ちょいパッピーな気分になりました。043.gif
c0133013_21411911.jpg

[PR]
by sanakk | 2009-09-29 22:52 | Comments(14)

妖鵡の悪夢

日曜日の朝、悪夢を見ました。
早朝、次女を送り出た後、花がカバーの中で「おはよ」と言っているにもかかわらず、私はいつものようにゆっくり2度寝を楽しもうと再びベットにもぐりこみました。うつらうつらと眠っている時や、一度覚醒した脳をむりやりまた眠りに引き戻そうとするような時、よく生々しい夢を私は見ます。
今日のは悪夢でした。
朝起きて鳥ケージのカバーを外すと花のHOEI465ケージの中には4羽のヨウムがぎっちりと入っていました。なんだか、もうそれだけで悪夢です。
手前の下の止まり木にいる2羽は、どこの誰だか知らないヨウムでものすごい恐ろしい形相していてまさに妖鵡(ヨウム)。奥のとまり木にいる2羽がウチのヨウムということになっていました。(なぜか夢の中ではウチはヨウムが2羽いることになっていました)
ウチの子たちは妖鵡2羽にいたぶられてすでにぐったりと床に倒れ込んでおりました。
これはヤバいと思い、歌舞伎の隈取りを施したような顔をした妖鵡2羽をケージの外に出しました。
一羽は真っ赤な舌を見せてにたーっと笑うと飛び去り、もう一羽は私の腕に食らいついてきました。
ざっくりと肉が裂け血しぶきが・・・・でも、不思議と痛くはありませんでした。
「だめ!そんなことしちゃ!」っていつも花にするように嘴をつまんでゆすったら、そいつの嘴はぽっきり根元から折れて取れてしまったのです。
クチバシが取れてしまったヨウム。想像してください。
クチバシのないその場所は真っ赤でそこには血をしたたらせながら笑っているような表情の妖鵡の顔が・・・。
恐ろしかったです。
夢の中でおろおろする私。
とにかく、うちの子たちが心配で「花、大丈夫?・・・・・大丈夫?」と声をかけますが、二人目の子の名前が出てきません。あれ?花と誰だっけ・・・この子。そのあたりで、話がおかしいことに気がつきするすると覚醒して行った私なのでした。

花が呼んでいるのに、シカトして寝てしまった自分を無意識に後ろめたく思っていたからこんな夢みたのでしょうか?
今度こそ現実の世界で花のケージのカバーを外しました。ちょっとドキドキしながら・・・。
ケージの中にぎっちりヨウムが4羽詰まっていたらどうしよう・・・とか思いながら・・・。
c0133013_22572239.jpg
よかった・・・花ひとりだけだった・・・
c0133013_2342493.jpg
そして、元気に出てくる花と海。悪夢を見た後の現実はいつも優しい・・・。
c0133013_23302878.jpg

ううん・・・こんな感じ
c0133013_11535266.jpg
夢のイメージ書き下ろし by sana
おとろしかー。015.gif
[PR]
by sanakk | 2009-09-27 23:40 | Comments(12)

c0133013_15449.jpg
昨日の夕方の放鳥タイム。
家に帰るとまずはオカメたちのケージを開け放ちます。間髪入れずに待ってましたとばかりに元気良く飛び出してくる希と詩。
このふたりの辞書に「引きこもる」という言葉は断じてありません。
c0133013_15162765.jpg
朝の放鳥の時、オカメケージに貼り付いてガン見中の海。

c0133013_14593036.jpg
夕方は希が海のケージのそばにやってきてガン見。朝の仕返しでしょうか・・・?

そうそう・・・海も出してあげなくちゃ。
夜遅くなると、海は引きこもって出てこない子だから・・・・今のうちに。
で、オカメsと海の三羽の放鳥タイムになりました。

c0133013_15345262.jpg
海が落としたピスタチオ見せても食べる物だと分からずに困った顔して私を見上げる希。
c0133013_15404564.jpg
見たとたん、全く躊躇なく食べ始める詩。現在ふたりの体重差14gはこういうところに起因するのでしょうか?

そろそろケージに帰される頃だなと悟るととたんに私から飛び去って鳥高層マンションの屋上へ逃げてしまう詩と希。
私の手が届かない事を知っているのです。小さいアタマして賢いと思います。
でも、思わず笑ってしまうのは・・・・・
c0133013_15503357.jpg
ラックの支柱の後ろに立ってる希。ちろちろとこちらを伺ってます。いつもそうなのです。帰る時間が近づくとココに立っています。
隠れているのだなと最近気がつきました。
まれちゃーん、ちっとも隠れてないよー。丸見えだよー。041.gif

それでも最近は、すっとケージに戻ってくれることも増えてきました。
私が「無の境地」でふたりを手の乗せささっとケージの扉に差し入れるとうまくいきます。
下手に「帰れ、帰れ」と心で念じてしまうとダメ。ケージに近づいたとたん飛び去ってしまうのです。
昨日はとてもスムーズにオカメsお帰りいただくことができました。

ところが、今度は海が戻ってくれません。めずらしいことです。アーモンドで釣ってもだめ。
私は家族が帰ってくる前にお風呂に入りたいのに、海がケージに頑として戻ってくれない。

それで・・・・・
c0133013_1619979.jpg

久しぶりに海を連れて半身浴~~。
本当に久しぶりです。

c0133013_16212963.jpg
お風呂の天井近くのステンレス棒にとまっている海の雅な色彩のお腹を見上げつつお風呂に入るのはオツなものです。落ちてくる爆弾に気をつけさえすれば・・・・・。
花はお風呂の蓋の上で待っていてくれますが、海は絶対下に降りて来ようとはしません。
でも、せっかくお風呂に来たんだから、たまにはシャワーしなくちゃねー。
で、強制シャワーです。
お風呂中に充満する濡れインコ臭。海のは、ハンパじゃありません。何と形容したらよいのでしょう?この匂い。039.gif
何かの匂いに似ています。でも思い出せない。とにかくつーんと鼻に来る刺激的な匂いです。
ブログでニオイが伝えられるのなら、皆さんに何のニオイに似ているのか嗅いで欲しいくらいです。
シャンプーつけて地肌から丸洗いしたい衝動に駆られつつ、逃げ惑う海にじゃぶじゃぶシャワーをかけました。

c0133013_16252831.jpg
すっかり濡れ鼠、じゃない濡れダルマ。
c0133013_16255026.jpg
体を拭いてケージのそばまで連れて行くと今度はとっとと自分からお帰りになりましたとさ。

あとから帰ってきた娘がリビングに入るなり、
「う、何このニオイ。う、海に何かした?」と言っていましたー。037.gif


今日は出番がなかったけど、おしまいは今朝の花。
いつもの「おかーさんとー」の掛け合いに私が答えないでいると、ちょっと待ってから自分で「はなちゃんとー」って言っていました。
「ココおいとくよ」の時にはちゃんと足で置いとくフリをしているように見えますが、どうでしょう。

[PR]
by sanakk | 2009-09-25 19:26 | Comments(14)

わー、シルバーウィークも終わってしまったー。
5日間なんて、あっという間に過ぎてしまいますね。
今回の連休もやろうと思っていたことはほとんど何も実行できずに終わりました。
私がやった大仕事と言えば、鳥ケージ3つ丸洗いしたことと、一人掛けソファに大きな山を作っていた洗濯物を畳んで仕分けしたことくらい。012.gif

昨日は、久しぶりに実家に行ってきました。敬老の日もスルーしていたので母の大好きな白桃とピオーネの詰め合わせを持って。父は留守で年老いた母と社会人2年生の甥っ子がいました。

そう言えば、今年は母の日も父の日も何にもしてなかった。というか、電話をかけて手土産持ってそっちへ行くよと言ったら、忙しいからいいよと母の方から拒否られたのですが・・・・。015.gif

年老いた母との話は、いつものようにあっちが悪いこっちが悪いという体の不調のことから始まり、近所のだれそれさんが年下なのに立て続けに亡くなったとか・・・・そんなことばかり・・・。
そして最後には、「元気にしてても私もいつぽっくりいくかわかんないからね」と脅かされて締めくくられます。
母は血色もよく、年の割には声は弾むように若く、耳は少々遠いけどカツゼツは私よりいいくらい。
私が一つ言えば、弾丸のように5つ返ってきます。
大丈夫だよ。かあちゃん。あなたまだまだ大丈夫。045.gifと、心の中でつぶやきましたが、私は甘いのでしょうか?
遅い時の子だった私。母はもう82歳です。

ところで実家といえば、セキセイのピーちゃん。
久しぶりに会ってきました。なんだかすっかりオトコらしくなって・・・・。
娘の指を相手になにやらささやいていました。


それはいいのだけど。玄関に置いてあるピーちゃんのケージがあまりにもキタナイ。
もう、いつ床の新聞紙をかえたんだ?というほどうんPだらけで、底プラ部分の内側も糞切り網も干からびたうんPで真っ白。もー、とにかく汚い。
餌と水は毎日交換しているようで、とりあえずそこだけはほっとしました。
老人の父母は、もはやセキセイインコのケージが汚れていても気にならないらしい。
そもそも、ピーは実家の兄がどこぞから貰い受けてきたセキセイです。兄は仕事から帰ると毎日ピーを出して戯れ、己を癒しいるらしいのですが、ケージの掃除などは怠っているらしい。

実家のわんこ「小太郎」だって、たらいまわしされているの見るに見かねて兄が引き取ったわんこ。
でも、足の悪い小太郎の食べることから下の世話までやっているのはほとんど年老いた父母です。

いくら、仕事が忙しいって言ったって、自分が引き取った動物たち。都合のいい時だけ可愛がらずにしっかり世話しろや!!と、鼻息が荒くなった私は、実家でおもむろにピーのケージの大掃除をしてきました。

「そんなことしなくていいよ」とおろおろする母を尻目にバッチイケージを外の水道でジャブジャブ洗いました。
どれだけ放置されていたものかわかりませんが、こびりついたうんPは、我が家のケージのようにはすいすいと簡単には落ちませんでした。

c0133013_106341.jpg
時間がなかったから、完璧とはいえないけれど、かなりキレイになったケージに戻ったピーちゃん。
よかったねぇ。これからはもっとマメにきれいにしてもらわなくちゃねぇ。

兄は留守だったけれど、
「今度来た時、またトリカゴ汚かったら、ピーはウチに連れて帰るよって兄貴に言っといて!」と母に捨て台詞して帰ってまいりました。017.gif
ピーちゃん、ウチの子にしちゃおうかな。いやほんと、兄の怠慢に腹立ってマジそう思いましたっす。


ところで我が家の鳥さんたちはというと・・・・・
c0133013_1163253.jpg
海が初めて、花の聖地であるキッチン流し上の止まり木クリップにとまりました。
今まで何回とまらせようとしても、飛んで逃げていましたが、今朝は肩にいる海をひょいと止まり木に近づけると何かほかの事に気を取られていたようで反射神経で足を出して移ってしまいました。
c0133013_1193694.jpg
       えっと、ココ、そんなに悪くないね。


そして、自分の場所を奪われた花は何をしていたかというと・・・・・
c0133013_1114611.jpg
床に降りて物陰に頭をつっこんでなにやらモゾモゾやっていました。003.gif


c0133013_11175240.jpg
ゴミ箱から花はティッシュの空き箱、海はアイスの空き箱、それぞれにチョイスして仲良く並んで遊んでおりました。

c0133013_11304412.jpg
元気にぶんぶん飛びまくったあと大きな風切りがはらりと・・・・。
c0133013_1132059.jpg
脂尾腺がよく見えました。
羽のお手入れに余念がない花。尾羽の近くの羽は裏側がピンク色っぽいことを今さら発見。

c0133013_1138121.jpg
花をケージに帰した後、掃き集めた花の羽。終わったと思っていた換羽はまだまだ続いているのですね。

今朝の私と花の会話。
s:  「はーなちゃまー。花ちゃまはほんとにいい子だね~」
h:  「・・・・・わかったよぉ~」
なんだか噛み合ってるんだかいないんだか、分からないやりとりでしたー。

私の手の下に頭を滑り込ませて来てカキカキをおねだりする花でした。
c0133013_11455554.jpg

[PR]
by sanakk | 2009-09-24 11:46 | Comments(8)

CAP!行ってきました^^

昨日のことになってしまいましたが・・・・シルバーウィーク中日の月曜日、どっかいこうよということになりドライブがてらにのっそりと午後から向かった先は、千葉県富津市のCAP!
東京湾アクアラインも800円になったことだし、もう一度行きたいねーと前からおやーじゅと話していました。
c0133013_1111697.jpg
連休中で混んでいるかと思ったら、案外スーイスイと走ることができて家を出て30分後には木更津の市街地を走っていました。便利な世の中になりましたねー。一昔前なら木更津といえば東関東から京葉道路を使って2時間はかかっていたでしょうか・・・・。

とにかく、6年ぶりのCAP!。前回、CAP!を訪れた時はまだ我が家にはヨウムはいませんでした。
海とセキセイのキィと空がいたんだったなー。
c0133013_119557.jpg
鳥たちの広場のレイアウトが変わっていました。6年前に来た時は、オカメたちが手前の広場で放し飼いになっていましたが、今は奥のスペースに移っていて、手前の広場には大型の子たちが出ていました。
もー、鳥三昧してきました。003.gif
今日はCAKのかわいい鳥たちをトクとご覧くださいませ。
c0133013_845859.jpg
入ってすぐ迎えてくれたのは放し飼いのヨウムたち3羽。
c0133013_1375947.jpg
その内の一番大きな子、クーちゃん、男の子です。
とてもおとなしく優しい性格の子で初対面の私の手にも気を使って乗ってくれました。
たっぷり500g越えはしているだろうという大柄の男の子でした。
c0133013_1313357.jpg
人懐こいオオバタンちゃん、カメラ目線で大サービスです。大きなあんよにずっしりと重い体。ずーっと腕に乗せていると腕がプルプルしてくるほどでした。

おちゃめな姿で天井のアミからぶら下がるタイハクさん。
c0133013_855440.jpg


c0133013_862213.jpg
昨日は白色オウムさんがたくさん広場に出ていて触りたい放題。
もともと私は、ヨウムをお迎えする前は白色オウムさんに憧れていて、タイハクのお迎えを真剣に考えていた時期がありました。
けれど、白色さんは超甘えん坊でさびしがり屋さんが多いこととすさまじい雄叫びをする子が多いことなどを考えると躊躇しておりました。そんな時、このCAP!へ来て、強面で一見クールだけど実は優しくてとてもシャイなヨウムたちとふれあって、まずおやーじゅがヨウムに惚れ込み「絶対ヨウムがいいよ」と言い出したのでした。そのうち私もヨウムに心が傾き始め一代目ヨウムのハルをお迎えし、花と出会い、今に至る・・・・というわけです。
結果的に花は、白色さんに負けないくらい甘えん坊でスキンシップが大好きな子に育ちました。対私限定ですが・・・・・。最初にヨウムに惚れ込んだおやーじゅは今では花に噛まれまくっております。008.gif

タイハククンの可愛い「ばんざーい!」をご覧ください。


TVCMでおなじみのアオメキバタンのシロちゃん。6年前も「ばんざーい!」で私たちを楽しませてくれました。
健在です。今度、「ポチたま」に出演するそうですよ。


c0133013_813610.jpg
奥のオカメたちをはじめとして中型小型の子たちが放たれてるスペースにすみっこのほうにひとりで遠慮がちにいたアケボノちゃん。
なでなでしてもOKでした。でも、写真を見ると緊張してますね。
あこがれのアケボノさん、いいこいいこするのは初めてだったかもしれません。001.gif
ひとりぼっちでぽつんとしていたこの子を見ると、夢見ケ崎動物園にいたダルマインコのことを思い出します。
あの子も異種の鳥さんたちの中にいつもぽつんとひとりぼっちだった。
6年前にCAP!に来た時は、海をお迎えしたばかりの頃で大人になったダルマインコを見るというのも目的のひとつでした。当時はダルマインコのペアがいたのです。
スタッフの方にお聞きしたのですが、二羽ともお星様になってしまったそうです・・・・・。残念でした。


c0133013_8305328.jpg
去年の8月にCAP!で生まれたというコンゴウのアローくん。
えっと、一件ルリコンゴウに見えますが、ハルクインコンゴウ+ルリコンゴウのハイブリットだそうです。
やけにアローくんに気に入られてしまい、スタッフの方の腕から足を伸ばしてこちらに来てくれるのはいいのですが、すぐ肩に登って来てしまいます。
コンゴウさんを肩にとめたのは初めてでした。
正直、ちょっと怖かったです。
でもアローくん、とても優しい子でした。耳下で「あ"う~」とささやいてくれたし・・・・。

c0133013_8343794.jpg
スタッフが撮ってくれたナイスな一瞬。
何かに驚いて飛びあがるアローくんとそれに驚く私とのけぞる次女とおやーじゅ。
滑稽な一瞬が捉えられていて、笑ってしまいました。三人のすっとんきょうな表情が出せなくて残念です。012.gif

こうして4時の公開終了時間ぎりぎりまでたーっぷり楽しんだ休日でしたが、かわいい鳥さんたちとふれあっているうち、家で留守番している我が家のおトリさまたちのことが急に恋しくなって来る私でした。
さぁさぁ、さくっと帰って今度はウチの鳥達と遊ばなくっちゃ・・・と帰路につくものの・・・・来るとき30分もかからず渡り終えたアクアライン、帰りは渋滞にはまりました。川崎側に戻るまで1時間半かかってしまいましたー。シルバーウィーク、恐るべし。海ほたる入口なんか何時間待てば入れるのかという渋滞で近づくこともできませんでしたよー。

他所の子と触れ合うと改めてウチの子たちが愛おしくなる・・・・。
ウチにもかわいい子たちが4羽もいるのであった・・・・・。
c0133013_8532022.jpg




[PR]
by sanakk | 2009-09-22 01:35 | Comments(12)

さあ、いよいよシルバーウィークの始まりですねー。003.gif
一日目の今日は、台風が近いということでおやーじゅは早朝からいそいそと波乗りにでかけ、次女は学校。
次女を送り出した後、ベットにもぐりこみ2度寝を堪能しておりました。そんな朝の常ですが、花ちゃん電話で起こされました。
花ちゃん電話もいろんなバージョンがあります。イエデンだったり、ケイタイだったり・・・。
今朝はおやーじゅの携帯バージョン。かなり耳障りな着信音で目ざまし効果抜群でありました。025.gif

おやーじゅといえば、昨夜のことですが、花に襲われました。
いつものように花の深夜の放鳥中のことでした。
台所の止まり木にいる花と私、ふたりだけの世界を楽しんでおりました。
そこへ、お風呂あがりのおやーじゅがいわゆる「パンツいっちょう」の姿で冷蔵庫に飲み物を取りにやってきたのです。
レディ花、おやーじゅのデリカシーのない乱入の仕方といでたちにピキピキっときたみたいでした。
花が羽を逆立てて、頭を低くして怒りを表しているのに、全く無頓着のおやーじゅ、お気楽に花に向って口笛を鳴らし、私の方を向いて花に背中を向けました。そして私に何か言いかけたその時、花はおやーじゅの裸の背中に飛び付きました。アイスピックの先のようになっている爪を突き立て、そのうえおやーじゅの首筋に噛み付いたのです。悲鳴を上げて体を左右に揺すって花を振り払おうとするおやーじゅ。それでも花は噛みついて離れません。
見かねた私が手を出して花を引き離しました。
吸血鬼か・・・・。こんなにしつこく攻撃する花を見たのは初めてでした。
おやーじゅはしょっちゅう花に噛まれていますが、がっつんと一撃をくらうだけでした。
よっぽど、おやーじゅのパンツ一丁が気に入らなかったようです。
そいえば、Tシャツを着たおやーじゅしか花は知らなかったのかもしれません。
c0133013_1926038.jpg
妙なかっこうでウチとおかーちゃんの聖域に入ってきたらタダじゃおかないからね。
c0133013_19291111.jpg
一夜明けてからのおやーじゅの首のキズ。大したこたぁありません。本人は「裂けた、出血した」と騒いでおりましたが、うっすら花の嘴跡が残るのみでございます。
それにしても、我が家にいてお風呂上りにパンツ一丁で歩くことも許されない可愛そうなオトコであります。037.gif

ひとたび怒ると全身凶器となるヨウム花。
なので今日は爪切りを敢行しました。前回爪切りしてそんなに経ってない気がします。
c0133013_20575653.jpg
やっぱり海が飛んできて覗きこんでいました。今日は私の手元に降りてこようとはせず、「かいちゃん、はなちゃん」ておしゃべりしながら肩の上からずっと見ていました。
花ちゃま、最近爪伸びるの早い~。

c0133013_2154712.jpg
例によって爪切りの後は息があがって放心状態の花。
とまり木にとまってまったく動きません。
なのでこのあとのケージの掃除がすこぶるやり易かったです。
c0133013_2149282.jpg
海も花がフリーズしている間、私の肩に居座り続けていました。

今日は、オカメsと海のケージを水洗い。
c0133013_21133525.jpg
ケージ底部分を天日干ししている間に我に返った花。爪切り後フリーズ状態から復旧したようです。
オカメたちのそばにつかつかと歩いて行ったと思うと・・・・
c0133013_21135386.jpg
オカメたちの気を紛らわすために放り込んであった粟穂を横取りしようといろいろやっていました。002.gif


今日はこの後ぶらりの最寄りの駅にショッピングに行きました。
何も目的はなかったのですが、なんかいーものあるかなーと思って。
お買物は私のストレス解消法・・・・。
c0133013_21371282.jpg
そして秋物のパンプスとちょっとサイズ小さめのスキニーパンツをゲットして帰りました。004.gif
スキニーパンツはそのほうがカッコいいと思ってかなりぱっつんぱっつん。
よし!痩せるぞ!と決意も新たにしました。
あ、でも連休中はダイエット無理。グルメしてしまいそうだから・・・・。休み明けから頑張ります。012.gif

明日は絶好の行楽日和とか・・・・・。さぁ、どうするかなー。039.gif

[PR]
by sanakk | 2009-09-19 21:51 | Comments(8)

今日は完璧な秋晴れの一日でした。
職場の窓から外を見ながら、「あーあ、家にいたら鳥たち干せるのにな・・・・」と思う私。

暑いくらいの日中でしたが、夕方になるとやっぱりどんどん秋が深まっているんだと実感します。
だって、帰り道、暗い。

夏前から天気のいい日はずっと川べりのサイクリング(ジョギング?)コースをゆったりと自転車で帰っていました。
でも、今週に入ってから急に帰り道が暗くなりました。日がすっかり落ちた川べりの道を通るのはちょっとスリリングです。草むらから恐ろしい生き物が飛び出してくるんじゃないか・・・とか、変質者に追いかけられるんじゃないかとか妄想しながら自転車を走らせるドキドキ感はそんなに嫌じゃありません。
c0133013_16244037.jpg
川向こうの繁華街がとても明るく見えてそれだけでも心強い気がします。
暗くなってもけっこうジョギングしている若い女性とすれ違います。
外灯もない川べりの暗いジョギングコースを1人で走って怖くないんだろうか?とか思いながら自分もついつい通ってしまう。
途中、人気の無い神社の横を通りすぎる時は緊張マックス。ああ、このスリルがたまりません。017.gif


c0133013_16442166.jpg
花ちゃま、トウモロコシもそろそろ終わりだねー。今年はおかあちゃんと毎日のように食べたねぇ。
今年最後になるかもしれないトウモロコシを食べる今朝の花です。

しかし、花の食べ方はキタナイ。
c0133013_16544924.jpg
食べてるんだか破壊してるんだか分からない食べ方。
c0133013_20485889.jpg
でも海の食べ方はものすごくキレイ。おやつの器のなかでちゃんとたべてくれます。
キレイに実を食べたあとの芯はちゃんとそのまま器に残っています。ケージの床にはトウモロコシの粒ほとんど落ちていません。
海太郎は、お行儀のいいダルマインコだねぇ・・・。
c0133013_20532546.jpg
海を抱っこするとつーんと立ち上って来るスパイシーな匂いとつるつるした手触りの温かい感触に思わず「かいたまーん」とつぶやいて頬ずりしてしまいます。(親ばか)

c0133013_21819.jpg
あれーっ!詩ちゃんどーしたの?そ・その体重は!!!!(うつむいて食べてる時はふんばるからでしょうか?目方が増えます。頭を上げた状態では105gでした。^^;それにしても増えている・・・・)

詩のかわいい写真を撮るのはとても難しいです。ほとんど静止していることが無いからです。
比較的まともに撮れるのは食べている時だけです。
でも詩が無心に食べてる姿はこの上なく可愛い。(親ばか×2)
ダイエットしてもらわなくちゃいけないけど・・・・。008.gif


c0133013_21164961.jpg
伸びあがってカメラ目線の希。大きな瞳に滑らかなおなか・・・ゲキカワです。(親ばか×3)

c0133013_21172227.jpg
最後はこの写真。
花の飛翔写真を撮ろうとして失敗しました。どうしてもシャッターが間に合いません。足だけ撮れました。
でも、この足ー。きゅっと閉じて一生懸命なこの足ー。一直線に私の所に飛んでくる時のこの足ー。
かわいすぎです。愛しすぎて胸が苦しくなってくるほどに・・・・・。(親ばか∞)

[PR]
by sanakk | 2009-09-17 21:41 | Comments(10)

一時期、オカメたちのペレット食いが悪く、希と詩そろって10グラム近くも体重が落ちてしまいました。
ちょうど2羽とも換羽が始まった時期でもありました。
ズプリームを丸残しするので、ためしに海の主食のラウディブッシュメンテナンススモールを小さく砕いてズプリームに混ぜてみたらコレが評判が良くて、またペレットをよく食べるようになりました。
c0133013_20574214.jpg
スモールをいちいちオカメたちのクチバシサイズに小さく砕くのはめんどくさいのでもうひとつ小さいサイズのメンテナンスミニを取り寄せてみました。ますます評判いいです。
そして気が付いたら・・・・
c0133013_16313641.jpg
詩、104グラムになっていました。手に乗せた感じがどーもずっしりくるなぁと思っていました。
噂には聞いていたけど、オカメ女子すぐ肥えます。
やばいやばい・・・。食欲の秋だからってこれ以上太らせるわけにはいきません。
c0133013_1636930.jpg



希は相変らず89グラムキープ。食べても太らないオトコ。羨ましいです。
c0133013_16461784.jpg
大きなお目目&たれ目健在の希です。

扇風機にとまってなにやら相談してるみたいなふたり。
c0133013_16543677.jpg
U: おかあちゃんがあんまり食べちゃダメだって。どする?
M: それはウタだけでしょ。ぼくはたくさん食べてもだいじょぶ。
U: えっ、ずるい。ずるーい。

ってこんな会話でもしていたのでしょーか。037.gif


花が浄水器以外にハマっているもの、それは洗濯機。どちらにしても水周りの機器ですねー。
私が洗面所へ行くとすかさず飛んで付いてくるのですが、私をスルーして洗濯機の上に着地します。
そしてあちこちをカリカリゴリゴリ・・・・。
c0133013_2111872.jpg
今日は運転中の洗濯機の上にランディング。
本当は中が空っぽで蓋が開いてる状態が好きな花です。
c0133013_21113850.jpg
すぐに私の手に乗ってお帰りいただきました~。

ケージの敷き紙を換えている間、こちらに飛んでこようとする花を制止する私の声がしつこく入っていますが・・・・、そわそわしながらそれでも一生懸命ガマンしている花です。
途中でズッコケるところに注目です。003.gif

最後、ガマンしきれず飛んできちゃいましたが、タッチの差で粉と羽根とフンだらけの新聞紙は丸めて片付けられた後でした。セーフ!042.gif

[PR]
by sanakk | 2009-09-15 21:35 | Comments(8)

c0133013_1817110.jpg
これは何でしょう?
はい。掃除機です。修理に出していた掃除機がキレイに梱包されて約1か月ぶりに戻ってきました。
東〇サービスステーションから派遣されていた紙パック式の掃除機に比べるとこんなにごつくて重かったっけ?と久々に戻って来た掃除機を見て思いました。
だけどやっぱり吸引力は抜群にいいです。部屋の隅々の残りゴミがありません。
やっぱ、こいつ。こいつでなくちゃあ。と思いながら今朝は気持ちよく掃除ができました。
修理センターから、故障させないための但し書きが付いてきました。
「このクリーナーは家庭用です」まず、そう書いてありました。へっ?うちは業務用的な使い方だったの?
吸ってはいけない物が箇条書きしてありましたが、その中に「パウダー状の粉末」とありました。
なんだってー?掃除機で吸うものいったら、ウチでは70%以上が「パウダー状の粉末」ではないかー!
故障の原因は、細かい粉末が詰まったフィルターのまま、無理やり使いすぎたためモーターの過熱を防ぐ保護装置が働いたもの。基盤がおかしくなってしまったようです。
c0133013_20151032.jpg
近未来都市のジオラマのような掃除機の基盤です。
また、壊れる予感。フィルターをマメに洗えばいいんだろうけど、毎日ウチに降り積もるお粉は私がヒマになる時をまってくれないし・・・・。
鳥の脂粉対応の掃除機ってないのでしょうか?039.gif

c0133013_2034505.jpg
粉を出す張本人はこのひと(鳥)。今日もせっせと浄水器のレバーをもぎ取り齧っております。002.gif
花の脂粉にオカメたちの粒の大きい脂粉もプラスされて、せっかく直った掃除機もますます過酷な労働を強いられそうです。


c0133013_2041403.jpg
今日はお天気だったのでケージのプラスチック底部分を屋上で丸洗いしました。
私が屋上に行ってる間、底なしのケージに入れられて並んでピスタチオをいただく海と花。
c0133013_2058144.jpg
ピスタチオを取りに来る海はとても可愛いけど・・・・
c0133013_2114053.jpg
奪って行く瞬間はちょっと怖いお顔です。037.gif
c0133013_2123598.jpg
おいらのドアップはいかが?

c0133013_114299.jpg
この子は、花じゃありません。
「さいかや」のヨウム・ドゥ。
こないだ所用があって「さいかや」へ行ったので、ドゥのご機嫌うかがいをしてきました。何か月ぶりだろう?
行くたびに人懐こい表情になっていくヨウム・ドゥ。
この時も、私の顔を見るや否やさっさと下の止まり木に降りてきて挨拶してくれました。
私の気持ちを明るくしてくれたのは、引きちぎってばさばさになっていたドゥのおなかの羽がずいぶんきれいになっていたこと。きっと、他の楽しみを見つけたんだね。ドゥ。
きっと、ケージの前に立ち止まって話しかけてくれるお客さんがたくさんいるんだね。

c0133013_134961.jpg
ボウシ・ララも毛並みもよく元気でした。頭をケージくっつけてカキカキをおねだりしてくれました。

それにしても・・・ドゥ、嘴の形といい、表情といい花に似てるような気がしてしょうがないです。
だから、私はドゥを女の子だと思っています。043.gif

[PR]
by sanakk | 2009-09-13 23:17 | Comments(12)

花に起こしてもらった朝

今朝は、携帯目覚ましいつもより30分早く5時45分にセットしておいたはずでした。
次女の部活、試合前なので朝練があるため今週はずっと30分早起きでした。
いつもなら脳ミソを心地よく覆っている「眠りの薄皮」をおもいきりべりべりと引っ剥がすように起きる私。
なのに今朝はすっと目が覚めました。隣のリビングから聞こえてくる電話の音。
よくよく聞いていると「トゥルルルルル~トゥルルルルル~はい。おはようございます。」とひとりで電話応対編をやっている花の声でした。
ん?何かがおかしい・・・・。こんなにクリアに目が覚めるはずはないのに・・・・。と、ここで飛び起きる私。
震える手で枕もとの携帯目覚ましを開きました。焦点の合わない目を細めて見る時計は、6時50分を示していました。オーマイガーッ!!!005.gifまたやってしまったです。
目覚ましが鳴らなかったのか?鳴ったのに止めて2度寝してしまったのか?でも携帯の目覚ましを止めた覚えはまったくありません。あ、いや止めたような・・・・。
と・とにかく・・・ここはまず娘たちを起して20分で支度をさせなければいけません。
もちろん次女の朝練はなくなってしまいました。どーにか10分で次女のお弁当を作り、朝ごはんは抜きでふたりの娘たちを学校へ出しました。ふぅーっ042.gif
「なんで起してくれないの?」と文句言う次女。
「おかーさんに頼ってばかりいないで、自分で起きなさいよ!」と逆ギレする私。
ま、そんな朝でした。
しかし・・・・ぎりぎり6時50分に目が覚めたのはキセキというべきでしょう。フツーならもっと寝てしまっていても不思議じゃないです。
また花に助けられたかな?いつもの時間を過ぎてもリビングに出てこない私を起そうとして朝から電話鳴らしてくれたのかな?そんな気がします。

順番に出かけていく娘たちをケージの中から「ばいばーい。行ってくるねー。」と言って見送る花。
あなたは本当に頼りになるヨウムです。
c0133013_11573067.jpg
ケージの扉を開けて出てこようとする花。

今朝も元気いっぱい、やりたい放題の花です。浄水器目指して台所にまっしぐら。
c0133013_21335339.jpg


c0133013_21383455.jpg
必死の形相で羽繕いする海。
c0133013_2146439.jpg
わざわざ私の膝に登って来てからアーモンドをいただく海。
c0133013_21405283.jpg
そして、一生懸命ティッシュを自分のケージにお持ち帰りしようとしていました。003.gif


今朝はお手柄だった花。台所の止まり木で機嫌よくおしゃべりしていました。
定番の「おかーさんとー」ですが、私が「はなちゃんとー」と返事をするのをまっているようになりました。やりとりを楽しんでいるみたいです。
羽繕いに忙しい海のことを「かいちゃん」とさかんに呼んでいました。043.gif


[PR]
by sanakk | 2009-09-11 21:59 | Comments(10)

平凡な主婦と平凡なヨウムの楽しく滑稽な日々を綴ります