ヨウムな生活

sanahana.exblog.jp

平凡な主婦と平凡なヨウムの楽しく滑稽な日々を綴ります

<   2010年 06月 ( 11 )   > この月の画像一覧

おやーじゅが友人と飲むから「メシいらない」と言って出かけていった日曜日。
夕方近くまでうたた寝を楽しんでから、のろのろとお買物に出かけた私。(日曜日の午後、冷房の効いた部屋のソファで転寝・・・幸せですねぇ)
今日は、娘たちには手間要らずな夕食をちゃちゃっと作って、自分のために何かツマミを作って冷蔵庫で冷えているはずのワインでも楽しむか・・・・と妙にうれしい。043.gif

んで、ワインのツマミのために買った食材が、アボカドと超脂の乗ったイワシの刺身。
c0133013_22263135.jpg
アボカドって良いものを見分けるのが難しい果物(野菜?)だと思いませんか?
程よいオリーブ色で触った感触もちょうどよく弾力があって、食べごろを示すヘタもぴょんと立ち、完璧!と思って買っても、帰って割ってみると中には黒い筋が入っていたり・・・・。
黒い筋が入っていると、もう食べる気失くしますねぇ・・・・。
輸入物ですが、5月~7月はわりと失敗が少ないですね。きれいなグリーンでスライスするとシャープなエッジをつくるアボカドだったらマルです。冬場の輸入物はハズレが多いです。味も特有のコクがあまりなくて、黒ずんでいたり、ぐずぐずに柔らかくなっていたり・・・。生産国と日本の天候の兼ね合いによるものでしょうか?

アボカドはそのままポン酢をかけて食べるのが一番好きですが、マグロとも相性良し。
でも、、娘たちが一番好きなのは、わさびマヨネーズにポン酢をたらしたものと合えて、カリカリベーコンを入れたアボカドわさびマヨサラダ。
c0133013_22291425.jpg
コレもまた、なかなかイケます。ワイン、赤でも白でも合います。

c0133013_22331893.jpg
イワシは今の時期、ものすごく脂が乗っておいしいですねぇ。しょうが醤油で普通に食べてみたけど、旨いこと、旨いこと・・・・。でも、飽きてしまいそうなので、半分はマリネにしました。ケッパーがあったらよかったな・・・。
c0133013_22424373.jpg
娘たちのご飯は、必殺手抜きのネギトロ丼。見た目ゴージャスだけど、超簡単、そしておいしい。暑いこの時期は、火を一切使わず作れるというのも助かるので度々食卓に上る娘たち用のメニューです。017.gif
さて、ツマミも揃ったし、(ビールは料理作りながら呑んだし・・・・)そろそろ冷蔵庫でスタンバッてるはずの今宵の白を開けようと探すも、冷蔵庫のどこにもありません・・・・私の白ワイン。
さーてーはー、おやーじゅ、ひとりで飲みやがったなぁ~013.gif
ガックリです。
んで、どうしたかというと、棚の隅に忘れ去られていたウォッカのボトルを見つけ、炭酸で割りレモンをぎゅっと。
c0133013_2302932.jpg
うんうん。イケますよ。ウォッカソーダーレモン。ぐびぐびいけちゃいます。飲みすぎに要注意です。039.gif



ところで海のベロ、実は裏側に黒いラインがあります。初公開(?)
c0133013_2335786.jpg
不思議ですよね。なんで舌の裏側にラインがなくちゃいけないんでしょう?食いしん坊海の象徴・・・。
海のこの舌を見るといつも何かに似ている気がするんだけど、それが何なのか思い当たりません。何に似ているんでしょう?
c0133013_236169.jpg
花、顔で遊んでもまったくお構い無し。むしろ喜んでいる様子。

c0133013_23121679.jpg
花の今日の初物はトウモロコシ。輪切り2個、芯まで完食しました。043.gif

[PR]
by sanakk | 2010-06-28 23:29 | Comments(10)

娘からのプレゼント 

やっと週末です~。過ぎてみればあっという間の1週間なのですが、今週はちょっとばかりタイトでした。
週末までに100ページ近い書類をしあげなくちゃならないという仕事にかかりっきりで職場ではほとんど自分のブログを開くこともできませんでした。(っていうか、いつもどこでブログ更新してんだ!ってつっこまれそうですが011.gif
週末までの時間と仕事の進捗度合いとの戦いでしたが、そんな忙しい中でも、今日は午前中だけ仕事を抜けて長女の学校の合唱コンクールに行ってきました。
本当はそれどころじゃなかったんだけど、高3の長女の合唱コンクールは今年が最後だから・・・。
娘の制服姿をしっかりと目に焼き付けておこうと思いました。
どの学年のどのクラスの楽曲も良かったけど、娘のクラスの合唱はホントに素晴らしかった。
ドイツ語の難しい曲だったけど、2週間でよくここまでクラス一丸となって仕上げたものだと感心しました。やり切ったという感動で歌い終わったとたん、指揮を担当した女の子を始めたくさんの子たちが涙ぐむなか、相変わらず冷めたウチの娘。微笑んではいたけど、涙する様子もなく。
結果は、やはり娘のクラスが優勝しました。私も聞き終わったとたんに優勝を確信していました。
忙しい中、最後の合唱コンクール、聞きに行って良かったと思いました。
娘にとっても高校生最後の年に良い思い出になったことでしょう。

しかしその長女、来年早々の大学受験を控えて、ただいまとてもデリケートな時期。
元々、生真面目で頑固な上、潔癖すぎるところがある性格、受験へのプレッシャーからかさらに扱いにくくなっております。
家族とのかかわりを必要最小限にしようとして、家にいても食事の時以外はほとんど自室にとじこもっているし、最近は会話もめっきり減ってしまいました。
私も長女と同じくらいの年の時は、荒れていて両親を困らせましたが、それとはまた違う感じ。
娘は、私たち両親に反抗するでもなく暴言を吐くでもないけど、とても冷めた上から目線で見ていて少しでも親の矛盾点を見つけると「ふふん」と鼻で笑う感じ。ものすごくムカつきます。015.gifでも、しっかりと受験勉強に集中してもらいたいという気持ちから腫れものを触るようにして扱ってしまう私もいけないのでしょう。
受験も終わって、もう少し大人になればまた変わって来るだろうと、今は私も我慢をする時なのだとは思っています。
そんな長女ですが、先日学校から帰って来ると「これ、見つけたからお母さんにあげる」とプレゼントしてくれました。
c0133013_137577.jpg

「母の日も何にもしてあげなかったから・・・・」って。043.gif
私が鳥と戯れていると「お母さんはお気楽でいいねぇ」的な冷たい目で見ていた娘。それでもちゃんと鳥がらみのものを探してくるあたり、可愛いなぁと思いました。
私の帰りが遅い時、黙ってお風呂を洗ってわかしておいてくれる長女。実はとても細やかな気配りのできる優しい子なのです。
思春期にはいろいろ渦巻く感情があると思います。今、母親である私は、少し距離を置いたところから静かに見ていることが最善なのだなと思いました。娘に必要とされた時、歩み寄ってあげればいいのかなと・・・・。
c0133013_143355.jpg
鳥さんシールかわいいです。これを私に買ってきてくれる17歳の娘、とても愛おしいと思いました。

c0133013_1532613.jpg
      ピーちゃんは今日もリビングで大暴れ。
c0133013_1573599.jpg
          緊張のスリーショット

c0133013_2348100.jpg


c0133013_2134178.jpg
      じわじわと海に近付く詩。

c0133013_217545.jpg
海は昨日の夜から嘴の端っこがめくれてます。
c0133013_22245.jpg
     今朝になってもまだめくれていました。

c0133013_2305238.jpg
今年初物のデラウェア、花は今朝5粒完食いたしました。001.gif

[PR]
by sanakk | 2010-06-26 02:36 | Comments(6)
先週の日曜日は野生ワカケインコウォッチングに出かけた私ですが、この週末はトンビウォッチングをしてきました。
c0133013_16155699.jpg
場所は鎌倉の海~。いえ、たまたまランチをしに鎌倉に行ったら海辺をもの凄い数の湘南名物(?)トンビが低空飛行しているので、ちょっと観察させてもらっただけですが・・・・。
c0133013_16185914.jpg
この日はそこそこ波があったせいか、サーファーで海は賑わっており、由比ガ浜は人出が多かったので、トンビたちもたくさん集まってきたのでしょう。
(おやーじゅ、ボードを持って来れば良かったとちょっと悔しがっていました)
トンビたち、ご馳走を狙ってかなり低いところをまるで凧のように翼を広げて浮かんでいました。
猛禽さん、かっこいいですね~。「ぴゅ~ぴろぴろぴろ~」って鳴きながら、何か人間から横取りできる物はないかと地面をじーっと見ていました。
c0133013_16235140.jpg
(私のデジカメ、屋外で写真を撮るとなぜか白くなってしまうんですよね~、トンビ、もっときれいに撮りたかったのですか・・・・)
c0133013_16261627.jpg
カラスじゃあるまいし・・・、電線にとまっているトンビを初めて見ました。考えてみれば飛んでいる所しか見たことなかったですねぇ。
ふと見ると、ひとりの若い男性が、堂々とトンビが舞う真下でお弁当を広げて食べていました。
まるで、取れるもんなら取ってみろ!とトンビに挑んでいるみたいでした。
もちろん、何羽ものトンビがその男性のすぐ上をぐるぐる旋回して、横取りのチャンスをうかがっているのですが、なぜか一羽も実行に移しません。多分、あまりにもあからさまにわざとらしく男性がお弁当を広げているので何か罠があるかも?と警戒していたんでしょうね。賢い鳥たちですから。
見ているとそのうちの一羽が、つっと向きを変え旋回の輪から離れたなと思ったら、無防備に何かを食べながら歩いている別の男性を襲いました。
私もその昔、江ノ島でフライドポテトをトンビにさらわれたことがあるけど、他人が襲われるところを見たのは初めて。
そのトンビ、上空で翼をたたみ頭を下げてほぼ垂直に急降下して、その男性が持っている何か食べ物だけを見事にかっさらって行きました。人を傷つけることもなく、あっという間の早業でした。
かっこいい~~。そんなの見て感心しているのは私だけでしょうが・・・・。
食べ物をさらわれた男性が羨ましくて、私も襲って欲しい~とか思ってるのも私だけでしょうね。

食べ物は持っていなかったので、バックにたたんで入っていたレジ袋を広げて、空に向かってひらひらしてみました。
トンビが勘違いして奪いにくるかなぁと思って・・・・。
トンビはバカじゃありません。ちゃーんとお見通し。何度か私の上を旋回してから、「ふん!バカがっ!」てな感じで去って行ってしまいました。002.gif

ところでこの日のランチでおじゃましたお店は、鎌倉市由比ガ浜の「オステリアジョイア」さん。
c0133013_16432320.jpg
まだオープンして半年の若いお店ですが、オーナーソムリエの方が自家農園をやっていらして、そこで採れた旬の鎌倉野菜を使ったお料理にこだわっているらしいです。

c0133013_16345462.jpg
前菜のローストポークのサラダと、青鯵のマリネのサラダ
c0133013_1637578.jpg
パスタは私がピスタチオペーストのペンネ、おやーじゅが魚とナッツのフジッリ。
この日はショートパスタのメニューを選んで、いつものように半分づつにして両方お試しです。
どちらも、食感を愉しめる出来上がりで美味しかったです。045.gif

昼間だったので、赤ワインと白ワインをグラスで1杯づつにとどめておきましたが、私の好みをオーナーソムリエの方に伝えるとどんぴしゃなワインを選んで持ってきてくれるのも嬉しかったですね。
c0133013_16435140.jpg
白ワインは、もう残りわずかなのでどうぞとボトルごとテーブルに置いてくださいました。
ラッキー!

メインはこの日、肉は鶏肉、魚は地のサバでした。おやーじゅも私も鶏肉が苦手なので、これはちょっと残念でした。肉料理は他の食材に変えてもらえないか聞いてみましたが、事前にご連絡いただいていれば可能でしたが・・・・とのこと。そりゃあそうだよね。
c0133013_16474541.jpg
仕方ないので、二人ともサバのバジル風味(多分?)を食べました。カリッと皮が焼けて、付け添えのそうめんかぼちゃのピクルスとの組み合わせも絶妙でした。でも私にはちょっとサバがしょっぱかったかな・・・・。
c0133013_16511033.jpg
ドルチェは、コーヒーのセミフレッドとピスタチオとハーブのケーキ。ハナマルでした。043.gif

お店の玄関の軒下にツバメが巣を作っていて、ちょうど私たちが訪れた日の朝、ヒナが巣立ちをしたそうです。
私たちの食事中もヒナが何度も巣に戻ってきてひらひらと玄関付近を飛び回り可愛い姿で楽しませてくれました。
お店のオーナーもツバメさん達をとても大切に可愛く思っているらしく、目を細めて眺めていらっしゃいました。

ところで、私ときたら、期末テスト前で家にカンヅメ状態の娘たちを残して遊び歩いているイケナイ母親ですが、ご機嫌伺いのケーキを買って帰るのは忘れません。この日も鎌倉のとあるケーキ屋さんに立ち寄りました。
で、見つけたのがコレ。
c0133013_1961574.jpg
喉が鳴るでしょ?でも、ビールじゃないんですよ。あ、いえビールです。エビスビールのゼリー。
どんな味がするんだろうという好奇心に勝てず、思わず大人用に買ってしまいました。
ビールがどんなデザートになってるんだろうとわくわくしながら食べてみたら、これが本当にビール。そのまんま苦いエビスビール。ビールは好きだけど、ゼリーはやっぱりフルーティーで甘いほうがおいしいなぁ・・・と思ったのでした。余談・・・・。


あれれ・・・そういえば、我が家のお鳥様のこと、書いてませんが。
c0133013_19145929.jpg
私の膝に頭を乗っけて甘える今朝の花です。
PCを見る私が座る椅子の背に飛んで来ては、肘やわき腹をつついてかまってちょうだいとせがむ花。
それでも私がしらんぷりでパソコンやってると今度は椅子の座部分に下りてきて膝に頭を乗っけてきます。
ここまでされるともう無視できず、私は左手で花の頭をなでつつ、右手だけでキーボードを打たなければなりません。

c0133013_19175686.jpg
海のエイリアン疑惑・・・・。おなかの未確認突起物。引き続き調査していますが、確認できません。
おなかはつるんと滑らかです。
おやーじゅの目撃談が真実ならば、きっと興奮時にのみ現れるのですね。
この目で見てみたいけど、大規模換羽中の海くんこのところすっかり草食系男子になってしまって、スリスリ行動してくれません。

ピーちゃんは相変らず、可愛い顔して精力絶倫ぎらぎらオトコです。008.gif

[PR]
by sanakk | 2010-06-21 19:30 | Comments(16)
札幌市白石区水元町でヨウムさんが保護されました。
c0133013_8554437.jpg
カラスに襲われていたところを勇敢にも保護してくださった方のところに今いるそうです。
ヨウムあるいは大型の鳥飼いさんでないかぎり、大きな嘴をもつこの鳥を助けるには、それなりの覚悟をもって当たらなければならなかったはず・・・。
その勇気と優しい心を持った方を尊敬いたします。

ところでこのヨウムさん、写真を見る限りまだ生後1年未満の幼い子のように見えます。
飼い主さんは、血眼になって探していらっしゃることでしょう。
ネットで探すということを思いついていないのかもしれません。そういう環境に無い方かもしれません。
何か情報をおもちの方は是非、飼い主さんとこのヨウムちゃんを巡り合わせるためにご協力くださいませ。

鳥専門くろしお保護・迷子掲示板
↑の情報に、早く飼い主さんが気づいてくださいますように・・・。
微力ではありますが、私のブログでお役に立てればと掲載させていただきました。
[PR]
by sanakk | 2010-06-20 08:57 | Comments(4)
c0133013_15341150.jpg
c0133013_1534428.jpg
      紫陽花の季節ですね。
この時期、外を歩いているとどこかの家の庭先や道端で必ず目にすることの出来る花です。
紫の紫陽花はよく見かけるけど、私は濃い青の紫陽花が好き。
今年はまだ見てないなぁ~。

c0133013_15393847.jpg
この季節、美味しいもののひとつ、浅利。
毎年、大量の浅利をくださる方がいます。
今年もたくさんいただきました。大きなボールに3杯分。さて、こんなにたくさんどう使うか・・・・。
今年のは粒が大きくてとても美味しそう。けれど浅利はそのままでは日もちしません。すぐに使ってしまわなければ。
c0133013_15481891.jpg
まずはオーソドックスに浅利のワイン蒸し、バジル風味。
料理に使ったワインをそのままグラスに注いで飲みながら、つくったそばから大量に食べました。
c0133013_15493537.jpg
残った浅利のバジルソースでリゾットを作り、ボンゴレビアンコを作り・・・・。
c0133013_23273170.jpg
それでもまだ半分ほど、ボールに残った浅利たち・・・。ぴゅっぴゅと水吹きながら料理されるのを待っています。
もう、今日はコレ以上食べられない・・・・。
残りは酒蒸しにして、出汁とカラから外した浅利の身を冷蔵庫で保存し明日浅利ご飯にします。
おいしかったけど、もうしばらく浅利はいいわーってほど食べました。

そして、今日は真鯛のポワレも作りました。
c0133013_15532290.jpg
上手く皮がカリッと焼けて、バターソースも美味しくできました。
だけど、先日フレンチランチで食べた真鯛はもっと中味がふんわりしていたはず。
私の真鯛のポワレは魚の身が締まって硬くなってしまってる感じ。時間をかけて火を通しすぎたせいでしょうか。やはり「焼き」はプロの技には敵いませんね。

さて、この方も今日はいろんな物を食べました。
c0133013_167557.jpg
苦手だった生のバナナを今日は珍しく受け取って食べていました。
おっ!食べられるようになったのか!と思ったら、ほんのちょっと食べてボタリと下に落としていました。
c0133013_1681278.jpg
      うーん、やっぱこの食感が苦手かも・・・・。
     やっぱりウチはパリパリした乾燥系のものがすき。
c0133013_16114725.jpg

焼き海苔を食べています。花は焼き海苔大好きです。もっともパリパリ食べているうち半分は床にばら撒いていますが・・・・。

絶倫ピーちゃんに影響されたのか、海ったら最近放鳥中にスリスリしている時があります。
c0133013_16224796.jpg
今までは、ケージの中でしかスリスリ行為はしなかった海なのに。
ピーちゃんの影響力はすごいです。先住の鳥たちみんなに何らかの影響を与えているようです。
ピーちゃんが来てから、海と花まで私の頭にとまるようになったし。
c0133013_16274591.jpg
肩専門だった花が、最近時々私の頭に着地します。スリスリはしないけど・・・・・。
私の留守中、すりすりしている海を見ていたおやーじゅは海のおなかに二個突起物があったというのです。
おなかの真ん中から2本にょきっと出ていたと・・・・。

そんなの見たことありません。
早速、海を捕まえておなかをチェック。
c0133013_23282616.jpg
くまなく羽をめくって(換羽中に付きおなかの羽もまばらになっています)触ってみたりしましたが突起物なんてありません。
でも、おやーじゅは間違いなく見たと言い張ります。
えー、なんかキモチワルイ・・・・。エイリアンか・・・。
興奮するとにょきっと出てくるのでしょうか?
やーだー、私のかわいい海のおなかにそんなものあるなんてー。
今夜、もう一度海のおなかチェックしてみます。
025.gif
[PR]
by sanakk | 2010-06-18 23:33 | Comments(8)
とうとう関東地方も昨日から梅雨入りしてしまいました。
またしばらくは、リビングに吊るしまくった洗濯物に鳥たちのうんPかけられないように気をつけなければなりません。008.gif

ところでおとといの日曜日のことですが、私、念願の野生インコ探索に行ってまいりました。
場所は目黒区大岡山の東京工業大学のキャンパスです。車だと家からそう遠くないのでいつか行ってみようと思っていました。
東工大敷地内の銀杏の木をワカケホンセイインコの群れがねぐらにしているのはテレビなど見てご存知の方も多いと思います。
事前に6月のこの時期は夕方の6時半から7時半の間にねぐらの木に帰ってくると調べておいたので、おやーじゅと次女と買物に出た帰り、強引に二人を引き連れて東工大に押しかけたってわけです。
さすがに国立の大学ですねぇ~。キャンパスの広いこと。
着いたのは夕方6時ちょっとすぎでした。正門を入ってすぐ左の銀杏並木がワカケたちのねぐらだと聞いていましたが、確かな情報ではありません。
広いキャンパス内には緑も多く、いったいどの木にインコたちが帰ってくるものやら・・・・お気楽に来てみたはいいけど、そんなに簡単なことではないと分りました。

キャンパスの奥の方に歩いていくと、どんどん木々は増えていって、鳥のさえずりはあちこちから聞こえてくるけどインコの鳴き声ではありません。目に付くのはスズメと子育てに忙しいツバメの姿のみ。
まだ、ワカケたちは帰ってきてないのか・・・・?
c0133013_1411072.jpg

c0133013_13371492.jpg
呆然と木々を見上げる次女とおやーじゅ。広すぎて、木が多すぎてターゲットをどこに絞っていいのか皆目見等がつきません。
やっぱりしっかりとした下調べもせず、突然来てワカケインコの群れを見ようなんて甘かったかな・・・と思ったその時、おやーじゅが、「あっ、あー!」と空を指差して叫びました。
005.gifおおおー!十羽程度の鳥の群れが空をものすごいスピードで横切っていきました。
あ、あれは、長い尾羽のあの鳥たちはまさしくワカケホンセイの群れ~。
追いつくはずも無いのに、ワカケたちが飛んでいった方向に走り出す、おバカ3人組。
すぐに見失ってしまいました。もちろんカメラを取り出して写真を撮る余裕などあるわけもなく・・・。
さてと。彼らがねぐらとしている木はどこだろう?どうやら私が調べた古い情報はやっぱり当てにならないみたいだ・・・。
途方にくれてさらにキャンパスの奥へととぼとぼ歩いていると、またしてもおやーじゅが「あ!ほらほらほらー」と指差す空。電線の上に・・・・
c0133013_13481688.jpg
コレはどうみてもインコでしょ?遠いので色までは確認できませんが・・・・。
700羽ほどもいると言われるワカケの群れの中にはとても少数ですがダルマインコも交じっているといいます。(ボウシインコも交じっているという目撃談もあります。)もしかしたら、ダルマインコかも?同じホンセイ科のワカケとダルマは遠目に見ると体のシルエットがそっくりですから。

私はねぐらの木にもの凄い数のワカケたちが帰ってくる様を見たいのです。どうしてもその木を特定しなくてはなりません。
ちょうど自転車で通りかかった警備員の人に聞いてみることにしました。
おそるおそる声をかけてみると、警備員のおじさん、すごくいい人。勝手に日曜日のキャンパスに入り込んでいる部外者の私たちを白い目で見ることも無く、親切に教えてくれました。
以前は私が聞いた情報どおり、正門近くの銀杏の木がねぐらだったのだけど、その銀杏の枝を去年落としてしまったのでねぐらが変わってしまったそうです。今はキャンパスのずっとずっとはずれの石川台地区のほうの木をねぐらにしてるのではないか・・・と教えてくれました。そして、インコたちが帰ってくるのはこれからだということも。
お礼を言って石川台地区に向かって歩いていると、ちらほらと自転車で現れる警備員のおじさん。どうやら、気にしてくれているらしく、最後には私たちに合流してしまいました。
c0133013_1452753.jpg
私たちの行く先々に、どこからともなく現れてはおやーじゅに道案内する警備員さん。なんだかほのぼのしてしまいました。
そして、多分この木だと思うというところまで案内してくれたのです。いい人だ。
ソコはホントに大学の敷地のはずれのはずれ・・・。ちょうど建物から出てきた学生さんの一団に「インコはこの木に帰ってる?」と聞いてくれる警備員さん・・・。ホントにいい人だ。043.gif

c0133013_13561497.jpg
確かにその木のてっぺんの枝は、鳥がついばんだように葉が無くなっており、地面には見慣れた大きさのインコのものと思しきうんPが落ちて乾燥していました。
よし!とその木の前にあるベンチに座って待つことにした私たち。時々大学関係者と思われる人が歩いてくるのですが、揃って空を見上げて座っている私たち3人組にチラッと視線を投げかけて行きます。かなり、怪しいと人間と思われたかもしれません。037.gif

もう、7時を過ぎて相当空も暗くなってきたのに、ちっともワカケたち帰ってくる気配がありません。
やっぱりこの木ではなかったのかと諦めかけたころ、かなりの数の群れがまたもや空を音もなく横切っていきました。彼らはいつも諦めかけたころ不意をついてその姿を現します。
目の前の木にとまる気配もなく飛び去っていく群れ。この木ではなかったのかと不安になってきます。おやーじゅ、ちょっと探してくるとワカケたちが飛び去った方向に向かって大学の裏門を出て行ってしまうし。
おやーじゅの(短い)足で地面を歩いて、飛んでいく鳥の行く先を見つけられるわけも無いのに。

すっかり暗くなって、こりゃもうこの木には帰ってこないねぇ・・・諦めて帰ろうか・・・・と次女と話していると、なんと数羽の鳥がひらひらと舞い降りてきました。ワカケたちです。
もう暗いので、しっかりと確認はできませんでした。多分5~6羽です。
あっという間に枝の中に入ってしまって姿も見えなくなりました。すぐに眠ってしまうのか鳴き声もあげません。
木のすぐ前にある建物(多分大学関係者の官舎)の3階廊下まで無断で登って目を凝らして見ていると見つけました。一羽だけ。
c0133013_14205926.jpg
すっかり暗いし、私のデジカメではコレがいっぱいいっぱいの画像です。ズームしてるのでどうしてもブレてしまいます。でもまさしくインコのシルエットですね。海の後姿によく似ています。

c0133013_1424999.jpg
このワカケくんは、すっかり暗くなってもずっとこの枝にとまって、宵の口の心地よい風を楽しんでいるようでした。

大挙してねぐらに帰ってくるワカケの群れは見られませんでした。きっと今はねぐらの木が分散してしまったのでしょう。でもまあ、野生のインコが群れで空を飛ぶところが見られただけでも収穫だったかな。

c0133013_14281495.jpg
東工大を後にするころは、もうすっかり夜になっていました。
ちなみにねぐらで羽を休めるワカケの群れは、銀杏の木が葉を落とす冬場に見に来たほうがいいそうです。
今度は、しっかり下調べして冬に見に来ようぜ、とおやーじゅ。←私に負けないくらい物好きです。
でも、わくわくして楽しかったですよ。幻のイキモノを追いかけて探検しているみたいで、童心に戻りました。


まったく余談ですが、大学の正門入った正面に「祝、菅直人氏内閣総理大臣就任」の垂れ幕がありました。
菅さん、東京工業大学を1970年卒業されたんだそうです。知りませんでした。
理数系のヒトだったんだ。理数系の頭脳を持つヒト(憧れ)、総理大臣としてどんな手腕を見せてくれるのか・・・・?


  長女の小指でこちょこちょされてる海。
c0133013_15411949.jpg
ワカケホンセイインコ?おいらが近くにいるのになんでわざわざ?
[PR]
by sanakk | 2010-06-15 15:57 | Comments(6)
よく晴れた土曜日、梅雨入り前最後の休日になるかもと思い、私は朝から大忙し。
「久しぶりに波がありそうだから海行ってくるけど・・・」と言うおやーじゅを「どーぞどーぞ、ごゆっくり。思う存分波と戯れてきてくださいませ」と送り出し017.gif、長女は塾、次女は学校と久しぶりに一人ぼっちになれた土曜日、さくさくと家事を片づけられるというものです。

いまだ羽毛布団をかけて寝ていた我が家の面々。さすがに暑くて毎夜うなされて蹴飛ばしていた羽毛布団をやっと全部掛けカバーを外し干してから仕舞いました。
布団の掛けカバー敷きシーツなどの大物を洗濯したせいで洗濯機5回まわしました。

c0133013_062615.jpg
我が家には屋上はあるけどベランダと言うものがありません。屋上に布団を持ち上がるのは面倒なので南側の窓という窓に干しまくります。
そしてお次は鳥たちのケージ洗い。
c0133013_0134738.jpg
いつの間にかケージは4つになっています。海と花だけだった時は、2週間に1回洗えばいいほうだったのに、今では毎週洗わないと気が済まなくなっています。
ケージの底プラ洗い4つ・・・・、結構大仕事になっています。042.gif
鳥のう〇こは時間がたって乾燥するとなかなか落ちませんが、水にしばらくつけておくと軽くこするだけで簡単に落ちます。けれどピーちゃんのう〇こはしぶといでいすね。スポンジでごしごしこすってもなかなか落ちません。
海や花のう〇こは水にすぐ溶けて洗い流せるというのに・・・・。インコは体が小さい子ほどう〇こがしつこいです。これは我が家の場合なので一般的なことかどうかはわかりませんが。
屋上で水洗いをしていると、背中が太陽にじりじりと焼かれる感じ・・・・。まさに夏の日差しでした。
半そでで出てしまった私。紫外線にさらされて焼けてしまうのじゃないかとドキドキでした。
そろそろ晴天の日の屋上は本格的に日焼け止め対策しないといけませんね。

c0133013_0195138.jpg
ケージ底プラ部分を屋上に天日干ししている間、恒例のケージ四つ並べです。

c0133013_0224759.jpg
花は新聞紙の下に段ボールを敷かないとフローリングの床をがりかり掘ってしまうのです。008.gif普段は段ボールなど見向きもしないくせにこの時だけはすごい勢いで齧っています。


ピーちゃんとオカメsのケージは隣同士。
c0133013_0281069.jpg
ピーちゃんの前で逆さになって翼を広げる詩。
これはピーちゃんを威嚇してるのではなくて、ピーちゃんの気を引こうとしているようにも見えます。

c0133013_0333788.jpg
      今日はたくさんあそべるの?
c0133013_038129.jpg
生きてるインコはどれでしょう?003.gif


午後から横浜にちょこっと用事があって出かけたのですが、急に思いついて横浜スカイスパに寄りました。
前から行ってみたいと気になってはいたのですが、今日は娘たちもおやーじゅもいないのでスパでのんびりするにはもってこいの日だと思ったのです。
入場料金、お風呂屋さんと思えばちょい高めですが、アメニティが充実しているのでパ〇ツ一枚持っていけばOKです。そのパ〇ツだって中で売っているので手ぶらでもノー問題。
サウナに岩盤浴にお風呂、地上14階からの横浜の景色を楽しみつつ堪能してきました。
c0133013_055562.jpg
サウナから見える景色はこんな感じ。思いきりデトックスして心身共にリフレッシュできました。043.gif

[PR]
by sanakk | 2010-06-13 00:59 | Comments(10)
どうやら来週あたりから梅雨入りのようですね。気持ちよく晴れた今日は貴重な一日だったのかもしれません。朝、洗濯したかったのに朝寝坊してしまって出来ませんでした。008.gif
仕事じゃなかったら、家中の布団を干して鳥たちもフルメンバー干してしまうところなのだけれど、残念。
c0133013_160655.jpg
多摩川の川面も太陽の光を反射してキラキラ輝いていました。川はもう夏のニオイ。川の匂いって夏と冬微妙にちがうんですよね。

昨日の夜の放鳥から海が引きこもりになって出てこないと思っていたら、ケージにナスカンしたまま忘れてました。出て来れないはずです。ごめんね海。
c0133013_1604538.jpg
     大換羽中の花の大きな羽を見つけてくれるのはいつも海。

出てきた海はわたしの肩に貼り付いていましたが、なんせ朝は忙しい私、海をくっつけたまま歩き回っていました。室内に所狭しと吊るしてある洗濯物の下を通り抜けようとした時、海が「ぎゃあああ」と叫びました。
私には見えてなかったので何が起こったわからないけど、びっくりして立ち止まった時海は嘴で洗濯物をくわえつつ、足はしっかり私の肩を掴んで踏ん張っていて体がほとんど真横に伸びきった状態でした。003.gifどちらか放せばいいのに、洗濯物も私の肩もしっかり掴んで放さないので私が後ろに一歩戻ってあげると体勢を立て直した海。あっけなく洗濯物を嘴から放してきょとんとしていました。いったい何がしたかったんでしょう?
c0133013_166599.jpg
    何がしたかったかって?そんなのおいらにもわかんない。

c0133013_16203956.jpg
ピーちゃん鳥マンション最上階が大好き。
c0133013_16325429.jpg
希がすっ飛んできて威嚇していましたが、ピーちゃんあんまり堪えてないみたい。037.gif
詩と希がウチに来てから知ったことなのだけど、オカメたちって飛び回って着地したあと翼を広げたままでいることが多いんですよね。ウチの詩と希だけなのかしら?
c0133013_16392338.jpg
      希、誇らしげにしばらく翼を広げています。
c0133013_16452633.jpg
甘ったれ希は放鳥時間中、私の肩に張り付いたまま。ピーちゃんがウチの子になってからは特に・・・。
c0133013_16455011.jpg
ツンデレ女の詩はいつも高いところからリビングで起きている事をクールに観察していて、気が向いた時だけ私のところに飛んできます。
このふたり、最近また仲良く体重リバウンド、肥満記録を塗り替えています。008.gifご飯はずっと同じ量で(少なめ)与えているのに、20g近くの体重変動を繰り返すのはどうしてでしょう?しかも必ずふたりそろって・・・・。
c0133013_16532111.jpg


c0133013_170481.jpg
今朝の放鳥中、私の肩から垂れ下がる花のあんよ。ご機嫌な証拠です。



今朝の花と海。ソファにかけたカバーの上でホリホリしたり、うろうろする花を見守りながらテトテト歩き回る海でした。
[PR]
by sanakk | 2010-06-10 20:14 | Comments(4)
また新しい1週間の始まりですね。
私は先週の木曜辺りからゴハンをつくっていません。イケナイ主婦です。
家族4人が揃わないことが続いたせいか、外食してしまったり、お弁当を買ってきて済ませてしまったり。
すっかり怠け癖が付いてしまいました。

私は一人暮らしをしたことはないのですが、親元に居た若い頃、両親がよく旅行に出ていたのでその間一人で過ごすということはありました。そんな時は、友人と飲みに行くのもよいですが、帰り道デパ地下に寄って自分の好きなお高いお惣菜を買って帰って一人のーんびりと家呑みというのもけっこう好きでした。デパ地下のお惣菜をツマミにビール飲みながらボケーっとテレビやビデオを見て、眠くなったら寝てしまう、まるで単身赴任中のオヤジみたいな生活。夜中まで映画を見ていようと、何を食べようと、どれだけ飲もうと・・・・文句を言う人は誰もいない生活。あこがれていましたね。一人暮らし・・・。結局実現しなかったけど。
今は自分の家族を持ち、食べ盛りの娘たちに毎日メニューを考えて食事を作り、次の日のお弁当のおかずとの兼ね合いを考えて・・・・ってそんな事にいささか疲れてしまう時がたまーにあります。一人暮らしだったら気楽でいいだろうな・・・自分が食べたい物だけ考えればいいんだし・・・・なんてちょっと頭をよぎる瞬間があります。ええ、ほんのちょっとです。028.gif
そんな怠慢主婦の昨日の夕食は、コレ。
c0133013_16285444.jpg
特選タン刺しにネギタン塩。無性に牛タンが食べたくなって外食してしまいました。
c0133013_1630069.jpg
特選タン焼き定食。麦とろごはん、美味しいですね~。
やっぱり上げ膳据え膳でいただくご飯は格別ですね~。
あ、今日はちゃんと作ります。ご飯作ります。はい。012.gif

さて、今朝の花と海です。
騒がしくおしゃべりしていた花の声が途切れて、海もおとなしくしているので、振り返ってみると花の姿がありません。
c0133013_1634838.jpg

海がちゃんと視線で教えてくれました。
c0133013_16413954.jpg

ソファかじられ防止のためにかけてあるカバーの中にもぐりこんでいました・・。
c0133013_1645407.jpg
花はこういうところにもぐり込むのが大好きです。

そしてぶら下がるのも好き。
c0133013_16545627.jpg
いつも花の一人遊びを上からじっと眺めているのは海です。

c0133013_19595320.jpg
珍しく、台所の花の止まり木にとまってピスタチオを食べる海。ちょっと緊張気味。

c0133013_20013100.jpg
久しぶりに買って来たドライイチヂクを食べる花と向うのほうでアーモンドを食べる海。
久しぶりのおやつ、最初はとびついて食べるんだけど、すぐ飽きてポイしちゃうんだよね。
私はヒトだけでなく、鳥のご飯とおやつのことも考えねばならないのでした。まぁ、それはヒトのを考えるよりは楽しいけどね。

花、甘ったれシーズン到来です。リビングから私の姿が消えようものなら血相変えて追いかけてきます。
遊びに夢中になっていても、呼べばぶっ飛んできます。

鷹匠になった気分です。ヨウムは鷹のように勇敢でもクールでもはないですけどね。

[PR]
by sanakk | 2010-06-07 20:18 | Comments(16)

愛するあまりに見る悪夢

いまさらですが実は私、海を溺愛しています。もちろん、ウチにいる鳥たち全員とても愛してるけど、海に対しては特別な感情をもっています。それはきっと母親が息子を愛するようなもの?私には人間の息子がいないのでその感情は想像でしかないけれど・・・・。
息子を持つ母友の話を聞くと、やはり異性であるわが子には自分でも「ナンだろう?この感情は?」と問いたくなるよう想いがあるそうな・・・。
今、我が家に女の子ダルマがやって来て、海がその子にぞっこんになってしまったら私はやっぱりジェラシーを感じると思います。女の子ダルマの嫁いびりをしたりして・・・・。003.gif
c0133013_1145725.jpg
こんな風にぷっくりして内股で佇んでいる海を見ると、愛情がこみ上げてきてとっ捕まえてもみくちゃにしたくなります。昨夜の夜の放鳥中、しみじみそんな想いに浸り、海がいなくなってしまったら私はどうやって生きていくべし・・・・とワイン飲みながら一人目頭を熱くしておりました。
そしたら朝方、恐ろしい夢を見ました。まったく私の思考回路ったら単純なものです。
海がうっかり開いていた窓から外に飛び出してしまった夢です。
隣の家の屋根に内股でぽつんと佇む海。首をかしげてしばらく考えていましたが、必死で呼ぶ私のところに戻ってきてくれました。ああ、良かった。助かった。と夢の中で胸をなでおろす私。
しかし、この夢怖いのはこれからですよ。
ふと見ると反対側の窓も開いてるじゃありませんか。そしてその前にとことこ歩いていって佇む海。
ぎゃー、ダメ出て行っちゃだめー、と窓を閉めようとする私ですが、ソコは悪夢のお決まり、まるで水の中で動くように体は重くスローモーションです。外に向かって飛び立つ海の足が窓から消えようとしたその刹那、いきなりムービー早送り、ピシャッとすごい速さで窓が閉りました。
恐ろしいことに、私が閉めた窓で海の足を切断してしまったんです。
動転した私ですが、とにかく切断された海の足を拾って冷やそうとしていました。病院に行ってくっつけてもらわなくちゃと思いました。夢の中でけっこう正しい判断。そして、海は?どこ?
外に出て行ったはずの海が、飄々と片足ですぐ傍に立って私を見上げていました。
私は海の千切れた片足を持って、一刻も早く病院へ行かなくちゃ手遅れになると焦りながらもまるで金縛りにあったように体が動かないのでした。
・・・・覚えているのはこの辺まで。目覚めてからもしばらくざわざわと騒ぐ気持ちが治まらないでいました。

海を失ってしまったらどうしよう・・・・という想いがこんな夢を見せるんですね。
いつもながら、心理が簡単に夢に反映されてしまう(いつも悪夢)私なのでした。
夢と覚醒のハザマで「海の足」「病院」とぐるぐる考えすぎて、おかげで寝坊してしまい大変な朝になってしまいました。

c0133013_11205342.jpg
        おいらのあんよはホレこの通りちゃんとふたつあるからね。


ドタバタの朝、大慌てで洗濯物を外に干そうとして窓に手をかけた時、背後にまだ海が出ていることに気が付きました。たちまち頭の中で今朝見た夢がフラッシュバック。
ほらほら、気を引き締めなさい、自分。夢はいい加減な私への警告だったのかもね。023.gif

c0133013_11515515.jpg
椅子の背で羽繕いする海を撮影していたら、つつつーっとカニ歩きして花がフレームの中に入って来ました。
海の写真を撮っているとよくあることです。私の所に来るのではなく、まるで自分も写真を撮ってといわんばかりにカメラのレンズが捉える視野の中に入ってきます。
c0133013_11523312.jpg
     はいはい。花ちゃまのことだっていつも注目してますよ。
c0133013_120326.jpg
逆さにぶら下がって遊ぶ花を上から。ウィンクしているように見える一瞬。

c0133013_1316373.jpg
       あ、ちょっとソレやめて。

c0133013_13181575.jpg
       小オカメの尻尾のパーツ取られました。

鳥たちの身の上に起こった悪夢を見た後は、少々イタズラされても返って嬉しかったりします。
ああ~、夢でよかった。元気な海は今日もちゃんと私の傍にいました。043.gif

[PR]
by sanakk | 2010-06-04 13:32 | Comments(12)

平凡な主婦と平凡なヨウムの楽しく滑稽な日々を綴ります


by sanakk