ヨウムな生活 sanahana.exblog.jp

平凡な主婦と平凡なヨウムの楽しく滑稽な日々を綴ります


by sanakk
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2011年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧

変化の春 、 チノパン

寒いですね~~。
今朝あたりがピークで、明日から徐々に寒さも緩んでくるとの予報でした。
いつの間にか日も長くなっているし、春は一歩一歩近づいて来ているのでしょう。
この春から、私の職場の環境も少し変わりそうで、坦々と暮らしていた毎日も久々にちょっとした変化の時を迎えそうです。

鳥たちも毎日同じリビングで坦々と暮らしているようで、きっと私の気づかない小さな変化を感じているのかもしれないです。
c0133013_14352052.jpg
どんな時も素直にステップアップしてくれた超手乗りインコの海ですが、昨夜はケージに戻そうと手を出しても断固ステップアップを拒否。「部屋に帰されるのなら乗らないよ。」という意志が足を踏ん張って動かない海の姿から強く伝わってきました。
今さらですが、条件反射で私の手に乗ってきていたわけでは無かったのだな・・・と、海の精神構造の深さを感じてしまいました。ちょうどわんちゃんが散歩中、これ以上先には行かないよと踏ん張ってリードを引く飼い主を困らせる時みたいに。インコにだってそういう時はあるのです。

c0133013_1439013.jpg
     苦手な折りたたみ式止まり木に取り付けられた落花生が気になる海。
c0133013_15153497.jpg
    意を決して止まり木によじ登るあんよがかわいいです。016.gif
c0133013_1520799.jpg



花は最近、床に降りててくてく歩き回っては、私を見上げるような仕草をよくするようになりました。つんつんと私の足をつつきにくることもあります。
どうしてそのような事をするのか、ちょっと心当たりがあります。
多分花は、私に床に寝転がって遊んで欲しいのだと思います。
ちょっと前、床に転がった私と戯れてから、花はそのような行動をとるようになったから。
今朝も、花は足元に来て「ほげぁ」とか「ふぎゃ」とか良く聞き取れない声で鳴いて私の事を見上げて来るので、ころんと床に寝そべると、それはウレシそうに私の顔の前までやってきて頭を下げて「ナデナデして」のポーズをとります。
c0133013_1631551.jpg
       そして、エグエグと愛情表現。

私が横になると目線の高さが同じくらいになって安心するのでしょうか?本当に嬉しそうな顔をします。043.gif

ピーちゃんとのラブアタックに応える花。嘴をぶつけあっています。
c0133013_16393896.jpg



ところで、この週末は次女とショッピングに出かけました。
次女は近々16歳の誕生日を迎えるので、洋服を買ってあげると前から約束していたからです。
お洒落が楽しくなる年頃です。045.gif
ついこないだまで私の胸の当りから見上げてきた娘は、いつの間にか視線の高さもほぼ私と変わらなくなっていました。最近では18歳の長女も含めて女3人、洋服を共有できるようになりました。
これは大変便利なことです。けれど私は気をつけないと、ともすれば年齢不相応のファッションに走ってしまうと言う危険をはらんでいます。ホント、気をつけないと。

自分でマザコンだと公言する次女は、洋服を買いに行くのはいつも私と一緒と決めているようです。
私がスポンサーだからと言うことだけではなく、コレでいいかどうか、最終的に私に見て決めて欲しいのだそうです。私が「かわいいよ」と言えば間違いないと思っているようです。これは親としては大変嬉しいことですね。
c0133013_1901211.jpg
      ティーンエイジャー御用達のショップはフィッティングルームも可愛い。

私が次女の年のころは、母親と洋服を見に行くなんてありえないことでした。世代も違えば、ファッションセンスも母親との間には大きな大きな隔たりがあり、共有できる物は一ミリたりとも無かったからです。
お小遣いだけもらって、ショッピングは友人と・・・。これが当たり前でした。
一緒に買物にいける娘の存在は私にとって大きな幸せであり、かけがえのないものです。

c0133013_1974290.jpg
娘と気が合ったので共同で使おうと買った、春物のチノパンです。
ボトムスもほとんど共有できますが、もちろん娘たちのほうが私より全然ウエスト細いです。
けど最近のパンツは腰で穿く物が多いので、どうにかギリで同じサイズOKです。
娘はシャツをインで穿きたいというのでベルトも合わせて買いました。
私がシャツインで穿くとベルトにお腹の余った肉が乗っかります。娘はキレイに穿けてるのに。
「おかあさん、インは無理だよ」と娘に言われ、悔しいったらありゃしない。013.gif
本日から腹筋始めます。娘のように細いウエストはもはや無理ですが、せめてチノパンにシャツインでベルトが出来るくらいには、なりたいかなと・・・・。039.gif


この春から、長女は大学生になり、親友は、起業をする。
私の回りが何気なく変化していく春。
私も同じ所にぬくぬくとはとどまってはいられないのかも・・・・なんて思う今日この頃。

[PR]
by sanakk | 2011-01-31 20:01 | Comments(6)

ソルト / カゴ抜け

昨夜は久しぶりに家でDVD観賞しました。
c0133013_1413870.jpg
選んだ作品は「ソルト」。アンジェリーナ・ジョリー扮するヒロインソルトが二重スパイの疑いを掛けられ、CIAに追われるというストーリーの映画です。(説明、ざっくりしすぎ?)
スパイアクションモノが大好きな私は、マット・ディモンのジェイソン・ボーンシリーズも全部観ていますが、「ソルト」はまさにそれの女版と言った感じですね。
私はアンジェリーナ・ジョリーという女優が好きです。彼女は女エージェントの役どころが多い女優ですが(ていうかそればっか)、それは彼女の持つミステリアスでありながら力強いオーラが、使命を背負った女エージェント役にぴったりだからだと思います。
とにかく、カッコいいです。そのナイスバディが繰り出すハードアクション、冷静沈着に標的を狙い打つスナイパーぶり、美しいお顔を男性にぶん殴られても拷問に掛けられても折れない強い目力。彼女は映画の中で窮地に立てば立つほどクールで強くて美しい。
まあ、ストーリーの構成としては、ヒロインがアンジーじゃなかったらどうなのかな?という映画でしたが、彼女の体を張ったカッコいいアクションを観るだけで私は楽しめました。
ヒロインの正体がいったい何者なのか?と言う謎を深く考える前にあれよあれよとそのスピード感で最後まで見切ってしまう、そんな感じ。謎は結局最後まで解けず、あからさまにTo be continued・・・ という終わり方でしたが・・・・。
途中で一瞬、意識が途切れて訳が分らなくなったりしましたが、それでもハッと気がつけばエンドロールだったということも無く最後まで通して観ることが出来ました。
私は、劇場だろうが家だろうが映画を見ていると90%くらいの確立で途中で寝てしまいます。テンポが遅く、セリフも少なく、視覚に訴えるような作品だと100%意識不明に陥ります。
やはりスピード感のあるアクションモノじゃないと。でもそれですら途中ストーリー展開の速度が緩むとうっかりうとうとしてしまうのですから。
万年寝不足ということもあるけど、集中力がなくなってきたということでしょうか?
そんな私に最後まで通して観させる映画と言うのは、あくまで私基準で良い映画ということになります。045.gif
それにしても、アンジーのようなナイスバディにあこがれるっ!012.gifけど、最近の彼女はちょっと痩せすぎな気もしますが・・・・・。

さて、鳥話・・・・
c0133013_1465368.jpg
今朝、鳥ケージ4個掃除中にピーちゃんにカゴ抜けされました。
そう、花が出ている時にです。
カゴの出入口は閉まっていたはずなのに、ちょうどピーちゃんがすり抜けられるくらい開いていました。
自分で押し上げたとしか思えません。恐るべしピーちゃん・・・。
そしてちょうどパソコン前に座っていたおやーじゅの頭に飛んで行ってすりすり・・・。
c0133013_14103753.jpg
おやーじゅの肩で寛いでいた海に思い切り威嚇されますが、お構いなし。
以前、ウチにいたセキセイの空もそうだったけど、セキセイインコって人が持っているものや口にするものに何でも興味を持つ鳥だと思います。
おやーじゅがマウスを使っていればその手元に飛んで行き邪魔をして・・・・
c0133013_1413630.jpg


人が飲んでいる物を飲みたがり・・・・
c0133013_14194860.jpg


私が鳥ご飯の入換えをしていたら、飛んで来て興味深げに覗きこんでいます。
c0133013_14222079.jpg

人が触れるもの全てが気になるようです。
こないだは、私が歯磨きしていたら歯ブラシが気になって仕方なかったらしく、口の中に入ってこようとするので困りました。とにかくピーちゃんは好奇心旺盛な子です。怖いもの知らずがなせる業ですね。
ピーちゃんが縦横無尽にリビングを渡り歩きやりたい放題やっている時、気が気じゃないのがこの方。
c0133013_14295020.jpg
台所の止まり木に避難しながらも、ピーちゃんのことが目障りで仕方ないらしく・・・・、止まり木にぶら下がってからだを左右にゆすって興奮しておりました。

体の大きさが違いすぎるので、普段はけしてピーちゃんと花を同時に放鳥することは無いのですが、このように予期せずピーちゃんが出てきてしまっても実は私はあまり心配していません。
ピーちゃんの移動はほぼワープに近いので、花に捕えられるわけがないのです。
この時も何度か花がピーちゃんを追って飛んでいましたが、ピーちゃんのすばしっこさには到底敵いませんでした。

そして私も飛び回るピーちゃんを捕まえるのは一苦労します。
私は家を出る時間が迫っていたので、こんな時の奥義を使いました。
腕に乗ったピーちゃんに顔を寄せて優しく話しかけると、大喜びで体を摺り寄せてくるピーちゃん。
私の唇に嘴を乗せて興奮マックスになったところを背後から手を伸ばしてむんずとつかんでピーちゃんあえなく御用。
c0133013_14353964.jpg

騙したようで心苦しいけど、おかあさんは仕事にいかねばならないのでね・・・・。

c0133013_14432277.jpg
ピーちゃんがカゴに入ると強気な花。外から睨みを効かしますが、ピーちゃん自分の世界に入っていて相手にしておりません。
この後花も即行でケージにお帰りいただきました。
相変らずドタバタな我が家のリビングであります。039.gif

[PR]
by sanakk | 2011-01-27 14:45 | Comments(4)

Never give up!

鳥メシラックの棚に忍び込んでナッツ入れのフタを開けようと試みる海です。
普通ならいとも簡単にあけてしまうのですが、この時は天井が低いので頭がぶつかってうまくフタを開けられません。とてももどかしそうです。ダルマ頭はまだフタを横にスライドさせればいいことに気づいていません。




ナッツゲットにかけては、ネバーギブアップな海です。再びチャレンジ。
ダルマ頭はフタを横にずらせばいいことに気がつきました。ものすごいオーバーアクションですが、開けることに成功。


海くん、君のそのへこたれない食い意地と臨機応変に働く知恵には感心する。

[PR]
by sanakk | 2011-01-24 16:00 | Comments(9)
今朝の海&花の放鳥時、台所で洗物をしていた私は、鳥たちに背を向けていました。
c0133013_11395212.jpg
するとやたらと騒がしい海。何かを訴えかけるように叫び始めました。
海は花がイタズラを始めるとまるでそれを私に知らせるかのように騒ぎ始めるのです。
案の定、急いで見に行くと、花はソファにかけているカバーをめくって中の革のクッションをバリバリと齧っていました。
いえ、もう既に我が家のソファもラブチェアも、全て花の嘴の洗礼を受けひどいことになっているんですが、せめてソファはこれ以上破壊されないように花が出ている時は大きくて厚手の布で覆っております。
革の噛み応えは、よほど花のお気に入りらしく私の目を盗んでは、カバーを手繰ってはめくり、中味のソファをバッツンバリバリと齧る花なのでした。私に見つかったらどうなるか、経験から十分分っていながら何度叱られても「だめよー」と自分で言いながらその行為に及ぶ花。そこには彼女なりの信念のようなものを感じます。確信犯(or故意犯?)です。そして海は、花がソファ齧りを始めると、私に知らせようとしているのか、それとも「お母さんに叱られるから、ダメだよ」と花に警告しているのかそわそわして騒ぎ始めるのです。

こらぁっ!!やめいっ!っと大きな声で一喝するとびくっとして後退りする花。頭を下げてしばししゅーんとしています。
c0133013_11294048.jpg

そのままカバーの中にもぐりこんでしまう花。
c0133013_11423451.jpg

おいおい、またその中でこっそり齧るんじゃないだろうね?013.gif

叱っている時は、たとえ相手がヨウムであろうと、本当に頭に来てます私。マジで怒鳴ってます。
時々、ソファをばんっとたたいて花を脅かしたりします。
花も、その時だけはしゅんとなって台所の止まり木に飛び去っていきますが、ほんの数分で「おかーさんとー」って始まるから、私もつい「花ちゃまとー」って。043.gif
c0133013_11475949.jpg
だってこんな顔で覗き込まれて「おかーさんとー」なんて言われたら、そりゃプリプリしていられません。
すぐに「花ちゃま、さっきは怒ってごめんね」って言っちゃいます。
人間の子供だったら、いけない事を叱っておいて、ひらりと態度を変えたりして一貫性のないしつけはしてはいけないことですね。相手はヨウムだし、可愛いんだし、永遠の4歳児だし・・・いいよね。どーせソファは既に花の齧り跡だらけだし。039.gif

今朝の撮れたてほやほや動画。
「オイシイたべるよー」とおやつを催促してからいそいそと取りに来る花、それを見た海が慌てて飛んで来て自分にもちょうだいとアピールします。
ちゃんとおかあさんの言いつけを守って、ゴミ箱の内側に向き直って食べるあたり、海は本当に良い子です。





ところで、話は食い物ネタに変わりますが、昨年暮れに真空パックの生パスタフェットチーネとタリオリーニをたくさんいただきました。
タリオリーニのほうは、すぐにオイル系のパスタ料理にして使ってしまいましたが、フェットチーネはどう使おうかと考えつつずっと冷蔵庫の中で放置されておりました。
平たいきしめんのようなこのパスタはクリーム系のこってりしたソースに良く合いますが、私を含め家族はクリーム系パスタがイマイチ苦手なので、どうしたものかと・・・・。
120g×5人前もあるし、いくら真空パックといえどいつまでも放置できないので、昨夜は思い切ってクリーム系パスタに挑戦してみました。
牡蠣のクリームソース、フェットチーネ。
c0133013_1155255.jpg

大振りの牡蠣を白ワインで蒸すと出る濃厚な牡蠣の旨みに生クリームは絶妙なコラボ。あっさり感を出そうと水菜を使ってみたのも正解でした。我ながら、超旨い!
パスタにうるさいおやーじゅも「旨いじゃん・・・」とつぶやきながら大盛平らげました。

牡蠣が苦手というお子ちゃまな娘たちには(私も子供の頃は苦手でした)、サーモンとほうれん草のクリームソースを。
c0133013_11555382.jpg

こちらは生クリームは控えめにブラックペッパーを効かせ、パルミジャーノをたっぷりと。クリーム系が苦手な娘たちもおいしいおいしいとぺろりと食べてくれました。003.gif

みんな、クリーム系パスタ、克服したかな・・・・。

[PR]
by sanakk | 2011-01-21 14:31 | Comments(6)
空気が乾燥しています。も、ホント、カラッカラって感じ。
この時期の風邪やインフレエンザ、皆様は大丈夫ですか?
私の周りでは、ゲホゲホと咳をしている方がとても多い今日この頃です。
私はと言うと、ここ数年風邪らしい風邪をひいたことがありません。
以前、風邪でダウンしたのはいつか覚えていないくらいです。
昔は、一冬の間に必ず1度は風邪を引き熱を出して何日か寝込んだりしたものですが。
バカは風邪を引かないと言うのも私の場合一理あるかもしれませんが、思うに・・・・、風邪を引かなくなったのは、ここ数年続けている毎日の半身浴のおかげかと・・・。
外でウィルスをもらってきたとしても、ほぼ毎日デトックスしているわけなので発症しないのかなあと。
実際、半身浴は体の芯まで温まるし、発汗によって代謝も高まり気分もさっぱりしてストレス解消にも役立っています。これで毎日適度な運動をプラスすればベストなのだろうけど、そちらの方はなかなか実践できないでいます。
で、最近、私の半身浴ツールがひとつ増えました。(以前はひたすら「読書」をしていたのですが、もう活字離れしてだいぶん時間が経ちました。寄る年波には勝てず、目のフォーカスが合わなくなってからめっきり本を読まなくなってしまいました。008.gif
c0133013_13383914.jpg
お風呂TVと初代の古いDS(←半分ぶっ壊れているのでお風呂で平気で使ってます)に ipod が加わりました。ジップロックに入っているところがミソです。003.gif
お湯に浸かりながら、イヤホンつけたり外したりするのはついお湯の中に落としたりして面倒でした。
c0133013_1339930.jpg
娘が便利グッズのipodに差し込むだけの小さなスピーカーを見つけてきてくれました。
高価な物じゃないので、安心してお風呂でも使えます。ボリュームもそれなりに調節もきくし。
小さいので、音はけして良くないけど、まぁお風呂だからエコーも効いてるし。
半身浴しながら、ipodから流れてくるお気に入りの曲に合わせて歌う、これ、最近のストレス解消法です。
娘に、「おかあさん、あまりお風呂で大声出すと近所に丸聞こえだよ」と釘をさされました。インコたちの雄叫びよりも私の歌声のほうが近所迷惑なのだとか。ジャイアンか・・・私は。015.gif


空気が乾燥していると、鳥たちの粉もすごいです。
c0133013_13554043.jpg
とくにオカメsのお二人。ケージの中で羽ばたくだけでもうもうと粉煙を舞い上げています。
天井近くに漂う白い煙を見て、もう我慢できず強制シャワーすることにしました。
c0133013_144309.jpg
まずは年がら年中ムダに羽ばたいて粉を撒き散らすオンナ詩

c0133013_14433245.jpg
激しく抵抗した割には、水を浴びるとおとなしくなってうっとりとした表情の希

c0133013_14485698.jpg
海はほとんど粉を出さないウェットタイプのインコですが、この際洗っておきます。
片手で掴んで台所の水栓で水浴びさせるのは、海の大きさが限界ですね。

c0133013_15295150.jpg
花は久しぶりにお風呂でシャワー。
相変らず、シャワーが苦手で逃げ惑います。
c0133013_15301080.jpg
お風呂の狭い空間でシャワーから逃げようと垂直に飛び上がった花。
結局、花には、体の強力なウォータープルーフをシャワーの水が突破する前に逃げられてしまいました。
c0133013_15365763.jpg
       私の膝の上でクネクネゴロゴロする花

c0133013_15431239.jpg
ごめん・・・ピーちゃん。花まででタイムオーバーになりました。君はまた今度ね。043.gif

[PR]
by sanakk | 2011-01-18 16:42 | Comments(16)

ホバリング

花は私を追いかけてリビングから出て行こうとするとき、その先になにか気になるものがあると躊躇してほんの短い間ですがホバリングらしき飛び方をします。
鳥類のホバリングとは、羽ばたきながら空中の1点に止まっている飛び方のことですが、とてもエネルギーを消費する飛び方なのだそうです。
ハチドリの仲間はホバリングが得意なことで有名ですよね。
日本ではメジロやヒヨドリなどもホバリングを行なって虫を取ったり、花の蜜を吸ったりするそうです。
このようにとても体の小さな軽やかな一部の小鳥たちの技であり、ハトなどの大きさになるとホバリングのような飛び方は出来ないと何かで読んだ記憶があります。ハトというとちょうど花サイズの大きさですよね。
では、やはり花の「戸惑い空中停止飛び」はホバリングとは言わないのでしょうか?
チョウゲンボウなどの猛禽類の一部の鳥も体は大きいですがホバリングするのだそうです。
その場合は、向かい風に羽ばたいて体を空中停止させるらしいです。
ウィンドホバリングと言うのだそうですが、風をうまく利用して空中静止飛びをする猛禽類を実際に見てみたいものだと思います。

無風のリビングでの花の「ホバリングもどき飛び」を動画に収めたい思うのですがなかなかタイミングよく撮影することができません。もしうまく撮れたらまたアップしたいと思います。

この時もほとんど空中停止せずに向きを変えて戻って行ってしまいましたが、こういうシチュエーションの時に「ホバリングもどき飛び」は行なわれます。空中で「えっ、どうしようどうしよう」という、花の戸惑う気持ちがよく現れた飛び方です。
sana 「おいでー」  (デッカイ声すみません)
hana 「行くよ~」  (必ず宣言してから飛んできます。)

何気に海も動画の中に参加しているのに気づいていただけたでしょうか?037.gif

c0133013_15591276.jpg
何かに驚いてぶっ飛び、窓際のハンガー魔境に迷い込んだ花。

c0133013_16103092.jpg
背後をやたら気にする海。こっちが怖くなるからやめてくれ。008.gif

[PR]
by sanakk | 2011-01-14 16:00 | Comments(16)
松の内も終わり、本日鏡開き・・・・、既に私の中では新年と言う感覚は消え、刻一刻と残量を減らす砂時計のように、2011年の残りの時間がどんどん減っていく焦りを感じています。気が早すぎるでしょうか?
でも、うっかりしていたらホントに一年あっという間に終わってしまうので、常に時間の流れを意識して今に踏みとどまっていたいと思うのは、やっぱり私がトシを取ってしまったからかしら?
昨日の成人の日・・・・、街のあちこちで艶やかな振袖を身に纏った新成人の女の子たちを見かけました。
振袖の着方も、私が成人式を迎えた頃と比べるとずいぶんと変わったものだなぁ・・・と思いました。
そりゃそうか、四半世紀以上も昔のことだもの、変わって当然ですよね。若い子の振袖の着こなしだって時流というものがあるに決ってる。それにしても、金髪を逆立てて、盛りまくり、何処に目玉があるのか分らないほどのヘビーなアイメイクを施し、魔女のような長いネイルをくっつけた姿がどうしても振袖に似合うとは思えない私は、やっぱりトシを取ってしまったのでしょうね?003.gif
長女だって、再来年は成人式。お、恐ろしい。振袖など着たくないと今から言っていますが、さてどうなることやら?

お天気に恵まれたこの三連休の中日は、長女も次女も朝からお出かけ。
私とおやーじゅは「すわっ!これは鬼のいぬ間にイタリアンランチじゃっ!」と急遽思いつき、久しぶりに湘南は腰越までドライブしてきました。かれこれ半年振りくらいでしょうか?
c0133013_1153050.jpg
去年の春おじゃまして、すっかり気に入ってしまったイタリアンレストラン「Clarita da morittimaさん」を再び訪れてみることに。
c0133013_1159252.jpg
家を出る直前に予約を入れたのに、たまたまキャンセルでお席が空いたらしくてラッキー。

c0133013_1213841.jpg
前菜3種、江ノ島産石鯛のカルパッチョ、パルマ産生ハムと洋梨、パルミジャーノクロッカンテ

c0133013_13164269.jpg
パスタは鰯とういきょうのスパゲッティサフラン風味、カラスミが隠し味でしょうか?大好きなお味でした。
c0133013_1461499.jpg
丹波篠山産猪と大根のオレキエッテ。煮込み系パスタですがとてもあっさり、耳たぶパスタがもっちもち。
私は真昼間から赤ワインが進みます。011.gif

c0133013_144745.jpg
メインはおやーじゅ江ノ島産平目のオーブン焼香草オイルソース
c0133013_1462656.jpg
私、和牛頬肉の赤ワイン煮込みパルミジャーノリゾット添え

とても美味しくいただき満足。こちらのお店のシェフはまだお若そうな方ですが、やはりかの有名イタリアレストランのアロマフレスカ御出身なのだとか。
全体的にあっさり系で量もお味も私にはちょうどよい感じです。お値段も「アロマ」に比べると相当リーズナブルだし。
ディナーもいただいてみたいですが、なにせ湘南腰越、ちょっと遠いですね。

c0133013_13392399.jpg
デザートは私がチョコレートケーキ、トリュフのジェラート添え、おやーじゅドライアップルのミルフィーユ仕立てラムレーズンのジェラート添え。別バラ、別腹・・・・。

で、ランチを終えた後、すぐそばにある龍口寺を散策してみようとおやーじゅが言い出しました。
c0133013_1344994.jpg
何十年も湘南に通い、数え切れないほど腰越の街を歩いたのにこちらのお寺さんには足を踏み入れたことが無いと言うおやーじゅ。もちろん私も。
こちらはかつての処刑場跡で、その昔日蓮が処刑されそうになった地なのだそうです。
c0133013_1404510.jpg
小さな山の中腹に点々と本堂やら五重の塔やら建てられているのですがなかなか歴史を感じる立派なお寺でした。
頂上の仏舎利塔にたどり着くまで、けっこうな階段を登りますが、食後の運動だよとすたすたと登っていくおやーじゅの後をひぃひぃ言いながら付いて行く私でした。だってワインが効いているんだもん・・・・。015.gif
c0133013_1352522.jpg
       山頂、仏舎利塔前にて記念撮影。

c0133013_1471551.jpg
建物の向う側ですが江ノ島がとても近くに見えます。トンビが一羽、輪をかいて・・・・。
平和な連休の中日でありました。

こうして、美味しい物を食べて幸せ気分に浸るはいいのですが、そろそろ己の突き出してきたおなかを直視してまともにダイエットに取組まなくてはいけない時期になってきました。
世間一般に新年は、体重増加される方が多いのでしょうけど、私もご多聞に漏れずその一人。

そしてそして・・・・こちらの方々もお正月太りしてしまった模様です。

c0133013_160132.jpg
まんまる詩さん。足をたたんで座っているとまるで鏡餅のようにずんぐりどっしり、です。
そしてこの冬、驚愕の体重増加を果してしまったのは、やはり鼠色娘の花ちゃま。
c0133013_1603142.jpg

c0133013_1653724.jpg
c0133013_1671861.jpg
480グラム肥え越え・・・・。またまた記録更新してしまいました。008.gif
花が幼い時の健康診断で鳥病院の先生に「この子は大きい女の子になるよ」と言われましたが、これでいいのでしょうか?軽やかに飛びまくってますが、体が重たくはないのかな?
正月明け、やはり我が家のオンナどもは私を始めみんなこぞって肥えてしまったようです。

昨夜、みんなの頭をハエのごとく渡り歩いては振り払われていた哀れなピーちゃんは、いつの間にか自分でカゴに帰ってしまいました。
c0133013_16162510.jpg
背中を向けた姿がちょっと哀れ・・・・。でも、何度も何度も頭に飛んでこられて髪の毛くしゃくしゃにされておちりスリスリされるとホントにウザいんだって。
c0133013_16185784.jpg
同情したのか、ピーちゃんの周りに集まってくる中型のインコたち。043.gif

私がトイレに立っても、飛んでついて来る甘ったれ花ですが、最近はトイレの前まで飛んで来ては踵を反してリビングに戻ってしまうのでいったいどうしたのだろうと思っていました。
昨夜、私の肩で仰け反りながらも久しぶりにトイレについて来たのですが、花が恐れていた物が判明しました。
c0133013_16222625.jpg
新しいカレンダーです。警戒しながら、めちゃめちゃガン見していますね。
今年はトイレのドアいっぱいいっぱいに大きな日本の絶景カレンダーを掛けてみました。
雄大な富士山の景色が花の目にはなにやら恐ろしいものに映ったようですね。003.gif

[PR]
by sanakk | 2011-01-11 16:36 | Comments(10)
まずはしょっぱなから、久々に動画。途中思わず縦撮りしてしまい、天地が横になってしまいましたが。(私の声がやたらデカくて煩くてごめんなさい)

まあ、このように相変らずの我が家のお鳥様たちですが。
動画中、花の「おかーさんとー」というおしゃべりは花の中で流行モノではなく、すっかり定番になっております。そして「花ちゃんとー」と私が返してワンセットになっている花と私の合言葉のようになっています。

話はちょっと飛びますが、以前ブログで娘たちの赤ちゃんの頃からのビデオテープを整理して、DVDに落としていると書きました。
一度、ハードデスクに落としてから編集しDVDに書き込んでいるのですが、どうしても120分の8ミリテープを最初から最後までがっつりと見入ってしまい大変時間の掛る作業です。このお正月中もちょっと時間があったので、長女が1歳から2歳ころのビデオをHDに落としつつ見ておりました。そしたらなんと、その中でまだおしゃべりを覚えて間もない長女が私に「おかーさんとー」と言っているのです。しかもまったく花と同じ言い方で。
私もそれに「〇〇ちゃんとー」と返しておりました。まるで花に返すのと同じ言い方で。これにはほーんとにびっくりしてしまいました。005.gif
もちろんこの頃、我が家には鳥は一羽もおらず、花だってまだこの世に生を受けておりません。
多分娘の「おかーさんとー」は、2歳くらいまでの私との言葉の遊びであり、その後成長の過程で自然と言わなくなったと思います。私がすっかり忘れていたくらいだから。
その後13~4年経って、花が「おかーさんとー」ってまるで幼い娘と同じような言葉の遊びを始めるというはなんだかすごい偶然のような気がしました。
花の「おかーさんとー」は私が教えたわけでも、家族の誰かが言っていたわけでもなく、完全に花の造語なのです。不思議な連鎖を感じますね~。人と鳥という大きな種の違いを超越した家族としての連鎖。(んな大げさなことでもないですが・・・・003.gif)
でも、お正月早々、嬉しくて心が温まり、改めて花がとてもとても愛おしくなるような発見でした。
花は間違いなく、私の娘です。恐竜だろーが、ヨウムだろーが、関係ない、自分のおなかを痛めて産んだ娘に間違いない!と感じました。043.gif

c0133013_11104442.jpg
私の膝によじ登って来てカキカキしてもらう花。
ちょっとフケが多すぎる娘だけどね・・・・。

[PR]
by sanakk | 2011-01-07 10:48 | Comments(10)

2011年の幕開け

新しい年になって4日目。三が日もサラっと過ぎて、いよいよ明日は仕事初めです。
皆様はどんなお正月を過ごされたのでしょうか?
ただいま、肩でじゃれつく花をあやしながらマイパソに向かっています。
c0133013_13443172.jpg
      2011年、花、ラブゲロ初め、デス008.gif

鳥友達のsas_pさんからX’masプレゼントでいただいた「手作りチャーナグー2011年カレンダー」。
c0133013_13463649.jpg
鳥飼いさん仲間内で昨年人気急上昇したヨウムキャラチャーナグー、ウチにも一名いますよ。003.gif
年が明けて最初にしたことは、1月のページをだしてカウンターにこのカレンダーを飾ったことでした。

今年は喪中ゆえ、新年のご挨拶は控えさせていただきました。
本当に良いお天気に恵まれたお正月でしたが、寒かったですね~。
二日は、また家族一同でお墓参りをしてきました。
兄一家と母と郊外の父の家で待ち合わせしてから、連れだってお墓へ。
父の生前は、こんな風にみんなが集まることはめったになかったのに、最近はやたらと全員集合写真が増えました。天国の父もきっとみんなで集まる機会が増えたことを喜んでいることでしょう。
c0133013_146372.jpg
        (兄による撮影)
      

キジバトのつがいが家の裏庭に営巣していました。
c0133013_1410364.jpg

c0133013_14171894.jpg
仲良く地面を耕して歩く姿は、父と母の姿と重なって・・・・。

c0133013_13383753.jpg
三日は別にすることも無かったのでスカイツリーを真下から見上げてきました。
浅草あたりから見たことはあったのですが、真下まで来て見たのは初めて。
想像していたほど大きくない気がしたけど、真下から見上げるとまるでこっちに向かって倒れ掛かってくるような感覚に陥りました。
見物の人で混み合っているスカイツリー周辺をTVとかでよく見ますが、初詣帰りの人たちでしょうか?やはり結構な人出でした。
この辺りに住んでいる方々は、家を出れば嫌でも覆い被さって来るように空にそびえ立つ電波塔を見なければならないのもいかがなものなのでしょう・・・。


c0133013_1422077.jpg
瞬きした一瞬の怖い顔の花と怖いもの知らずのピーちゃん。

c0133013_14195220.jpg
c0133013_1425722.jpg
おやつ入れタッパーをはさんでニアミスな花と海。
先に食べ終わった花が海に飛びかかってレアな接近状態は解除されるという思った通りの展開になりました。

さてさて、私は明日から通常モード。
すっかり体のあちこちがたるんで重たくなってる気がします。
今日はこれからホットヨガ初めをしに行ってまいります。
体を引き締め(たような気になり)、気分も新たに明日からまた頑張らねばっ!!
なにはともあれ、2011年もよろしくお願いいたしますです。040.gif

[PR]
by sanakk | 2011-01-04 11:23 | Comments(10)