<   2011年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧

2月もとうとう最終日。
週始め、朝から雨でテンション低めのワタクシですが・・・・、そんなことはお構いなしに激しくラブラブモードなのは、おなじみ鼠色甘ったれ娘の花です。
このところ、ケージの中で敷き紙の新聞紙をぐちゃぐちゃにして丸めたり、足をホリホリする行動がよく見られ、ケージの外では私にべったりのラブラブモード全開なのですが、このふたつの行動には何か関連するものがあるのでしょうか?巣引きしたり、繁殖したりしたい気分が高まっているのかな・・・などと考えたりします。
この3月には7歳を迎える花、適齢期なのでしょうか?あまり気分を高めすぎないように気をつけなければ。
c0133013_11175621.jpg
ワンちゃんがご主人様の口を舐めるように、私が顔を動かす方向を追いかけてしつこくチューを迫る花。
c0133013_11202481.jpg
       肩から垂れ下がってひっくり返る花。
c0133013_1124964.jpg
どこかへ置かれそうになるとくるりんして指にしがみつき、置かれないように頑張る花。

そんな鼠色ストーカーインコにつきまとわれながらの今朝の放鳥タイムにちょっとした事件が勃発しました。
洗面所に来た私を花がリビングから追いかけてきて肩にしがみついてくるのはいつものこと。
今朝は、珍しく海も後を追って飛んできました。右肩に既に花がいるのに、左肩に飛んできた海を、危ないので私が手でタオル掛けハンガーの上に移動させました。
そこで海はおとなしくとまって私が歯を磨き終わるのを待っていました。
c0133013_11483175.jpg
        タオル掛けハンガー上の海。

ところが、私と二人だけの場所に割り込んできた海が気に入らなかった花、いきなり私の肩を蹴って飛び上がりタオル掛けハンガーにとまっている海の背中めがけて降り立ち海を両足で押さえ込んだのです。
ええ、まるで猛禽が獲物を押さえ込むように・・・・。そのとき花は見た目と共に猛禽類になっていたのかもしれません。008.gif
ぎゃあああ・・・と叫び声を上げる海。私があわてて「これ!やめなさい」と花を止めに手を出したのと同時くらいに、海は上から花の体重で押さえ込まれ、タオル掛けのスチール棒の隙間から床に落下したのでした。
タオル掛けハンガーの上だったことが、海にとってはラッキーだったのかもしれません。もちろん怪我もありませんでした。
海はそのまま飛び立ちリビングに一目散に戻っていったと思ったら、すぐにリビングの方からケージの扉が開いて閉る「シャー、カシャーン」という音が聞こえてきました。相当驚いてびびったのか、とっとと自分のケージの中に避難したみたいでした。その行動がなんだか、人間ぽくて可笑しくなってしまいました。
いつもなら扉を嘴で持って音も立てずに閉める海が、カシャーンという音を響かせていたところに海の慌てぶりが伺えます。037.gif

でも、そんな海ですが、ものの5分もしないうちに再びちゃっかり出てきてなにやらオカメたちに話しかけていました。
「まったく、花に馬乗りされちゃったよ~。あの鼠色おてんば娘には困ったもんだよ~」と告げ口しているかのように。
c0133013_1142839.jpg

まったく懲りたようすもなくホリホリする花を上から見下ろしてなにやら語りかける海。
c0133013_11443563.jpg

君のその、根に持たないというか、へこたれないというか、飄々とした性格がおかーさんは大好きです。


因みに、(以前もアップしたと思いますが)落ち着いている時の海は、必ずケージの扉を音を立てずに静かに下ろします。045.gif


[PR]
by sanakk | 2011-02-28 13:16 | Comments(12)

座右の銘

次女が学校の授業でお皿を作ってきました。
座右の銘や好きな四字熟語を書いて色を付けたお皿から字の部分だけ削って抜くという手法で作られたものだそうです。
c0133013_1162839.jpg
書道の先生になりたいと言う娘、熟語の意味を表したような肉厚の力強い良い字を書いてるなぁと、親バカながら感心しました。
が、しかし・・・・座右の銘が「弱肉強食」って、どうなのよ?
本人はなんとなくいいな、と思って選んだと言ってますが。
「ほら、いいでしょ?」と満足げに食卓のすぐ上のカウンターにどでーんと置いて「ここに飾っておいて」だって。
食事をするたびに目の前に「弱肉強食」があって、どうも落ち着かないんですけど。008.gif
強い動物に捕食される小動物を連想してしまって・・・。肩に力が入ります。
娘がどういうつもりでこの言葉を選んだのかはわからないけど、自分は力強く生きてのし上がり、人生の勝ち組になるんだという前向きなやる気の表れだとしたら、まあそれも良しとしましょう。
でも、どうせなら「一期一会」とか「明鏡止水」だとか、穏やかで静かな言葉にしてくれたらよかったのにな。039.gif

花は時々、おやーじゅを襲うけど、本当はおやーじゅと仲良くなりたいのだと思います。
c0133013_1194429.jpg
少しづつにじり寄っていって、じーっとおやーじゅを観察する花。
おやーじゅも花もお互いにどう接していいかわからず、なかなか距離が縮まらないけど。

花は放鳥時間が終わるととても素直にケージに戻ってくれる子。帰りたくないと駄々をこねることはめったにありません。
が、たまーに、あまり私といちゃいちゃしすぎると離れたくなくなるのか、ケージに戻っても指を握り締めて放してくれないことがあります。今朝がそうでした。
c0133013_11125999.jpg
      すんなり自分のお部屋に戻ると見せかけて~。

c0133013_11161482.jpg
c0133013_1120194.jpg

c0133013_1125488.jpg


ぎゅぅ~っと痛いほど私の指をにぎりしめて放さない花のあんよを振りほどくのは、とても切ないです。007.gif

花ちゃんの座右の銘は何ですか?
やっぱり、「おいしい、食べる?」か「おかあさんとー」かな?003.gif
c0133013_11312118.jpg

[PR]
by sanakk | 2011-02-24 11:36 | Comments(8)
気がつけば2月も後半に突入。春はすぐそこにやってきていますね。
春一番が吹くころ、私は毎年肌荒れに悩まされます。
花粉の影響なのか、黄砂が関係しているのか?他に原因があるのか?3月に入ると間もなく、顔があちこち痒くなってボツボツと赤い湿疹ができるので、今年もその季節がやってくるのかぁ・・・・と少々憂鬱です。
昔からなぜか春という季節が嫌いなので、体が拒否反応を示すのか、肌荒れのせいで春が嫌いになったのか、どっちが先なのかはわかりません。
今のところは、湿疹も出ずにお肌はすこぶる調子がいいです。このまま、今年は何事も無く春を過ごせれば良いのだけれど・・・。

休日のケージ洗い、最近は水が冷たいので4つのケージを全部いっぺんに洗うのかがしんどくなってきました。
なので土曜と日曜日、2ケージづつ分けて洗っています。
ピーちゃんとオカメsのケージの底プラ部分を洗って天日干ししている間、海と花の放鳥時間でした。
c0133013_15255124.jpg
のどかなおやつタイム。
海はわざわざオカメsのケージの上に行ってアーモンドを食べています。詩は海がぽろぽろ落とす食べかすを狙っています。037.gif
あれっ!よく見るとこの時点ですでにピーちゃんの姿がケージに無いですね、。
最近、ピーちゃん、花がでている時を狙って篭脱けするんです。
c0133013_15351871.jpg
そして、全員フレームに納まってくれました。とてもレアな一瞬です。
c0133013_15372017.jpg
      海を追い出して詩にラブアタックするピーちゃん。
c0133013_15394551.jpg
花はピーちゃんのことはライバルと思っていないようで、ちっとも動じません。ゆったりと羽繕いをしていました。
c0133013_1542996.jpg
アレっ?いつの間にかまたお部屋にもどされちゃった・・・。by Pie-chan

このところ花のブームはケージの敷き紙をビリビリに破いて剥がして丸めてしまうこと。
せっかくキレイに掃除して新しい新聞紙を敷いてもあっという間に剥がしてボロボロにしてしまうので困ったものです。
この日もケージに戻るや否や早速新聞紙剥しを始めたので、要らないダイレクトメールの冊子をどどーんとケージの中に放り込んでやりました。
c0133013_15574354.jpg
いっぺんにドン引きして上の止まり木に避難する花でした。
けど、この冊子、ケージの外でさっきまで夢中になって齧っていたものなんですけどね。
c0133013_161432.jpg
置いてある場所が変わると別物になっちゃうみたいですね。037.gif


話は変わりますが、日曜日に私の携帯電話がぶっ壊れました。
時々、画面がフリーズしてボタンが全て無効になるなど不具合が続いていましたが、時間が経つと復活していたので騙し騙し使っていました。
けれどとうとう、どこをどう押しても反応せず完全に固まってしまいました。まだ3年も経っていない携帯電話ですが、一度水没させたのが原因でしょうか?量販店の携帯電話担当の人に聞くと、2年半もてばいいほうです、と言われましたが、そうなんですか?携帯ってそんなに耐久年数短いのですか?
故障は、私が実家の母と電話で喋っている最中に起こりました。最初は話が通じていたのですが、途中から私が何を言っても母は反応せず一方的に喋るばかり・・・・。そして時々「〇〇〇、人の話きいてる?」と言う始末。私の返事には一切答えずに・・・・。
ったく、人の話を聞かないで自分のことばっかり・・・・とぷりぷりしながら電話を切ったのですが、実は途中から母の声はこちらに聞こえているけど、母にはまったく私の声が聞こえていなかったらしいです。

さて、携帯電話がないととても不便なので、早速新しい物に機種変しに行って来ました。
ほんの十数年前くらいまでは、携帯なんて無くたって当たり前だし、不便も感じなかったのに、今ではなくてはならない生活のツールになってしまいました。人間はどこまで便利さを求めてハイテク機器を発達させてしまうのでしょう・・・。なんだか空恐ろしい気がします。
けど、まあせっかくの機種チェンジの機会にこの際時代の流れに乗って私もここらでスマートフォンを使いこなしてみるか・・・・と意気揚々と行きつけの量販店に乗り込んだのですが、「携帯は電話とメールとワンセグを見るだけ」という私に店の人には、「なら、スマートフォンはよした方がいいです」ときっぱり言われました。
「はい、わかりました」とあっさりと認めて、防水で画面が大きい私のニーズにぴったりの機種を購入してきました。確かに携帯でHPも見ないし、各種アプリを活用するヒマも無し。
たまに家の防水テレビの充電を忘れた時にお風呂でワンセグが見られるように防水携帯は必要だな・・・とそこだけです。
一回り画面が大きくなった携帯は、TVもとってもキレイ。
昨日は嬉しかったので、お風呂TVと並べて観てみました。003.gif
c0133013_1611398.jpg
同じ番組をワンセグで観ているのに、若干時間差があるのはなぜ?

旧携帯電話はボタン操作不能状態のため、電話帳を新しい電話に移行させることができずに、まったく連絡先がわからなくなった知人がたくさんいます。人とのつながりも全て携帯電話に頼っていたツケが回ってきました。
この場を借りて・・・・、ブログ友の方々で私の携帯番号及びアドレスをお持ち方、大変お手数ですが空メールで結構ですから、メールを送っていただけないでしょうか?お願いしま~す。040.gif

[PR]
by sanakk | 2011-02-21 16:20 | Comments(6)
身近な人の言葉にひどく気分を害され、心をかき乱されました。
昨日のことなのに、一晩眠れば大概のことは気にならなくなる私なのに・・・・今日になっても心の中はまだ黒くてジクジクした怒りですっきりと晴れません。
その人は、半分おふざけのつもりで吐いた言葉だったのでしょう。
上っ面だけの真意のない言葉でも、それは私を二日がかりで不愉快にさせ気分の晴れない時間を過ごさせるのに十分なのだと分り、言葉って恐ろしいなと思いました。
言葉の内容よりそんな事を簡単に言う人の愚かしさが腹立たしいのかもしれません。
私も、自分で気がつかないうちに誰かを傷つけているかもしれない、誰かの大切な時間を不愉快なものに変えているかもしれないと怖くなりました。
口は災いの元・・・。今さらですが、肝に銘じました。

さて、先日こんなものを見つけて、思わず購入してしまいました。
c0133013_16144280.jpg
ベニコンゴウインコとセキセイのナノブロックですね。
昨夜、そんなこんなでむしゃくしゃしていたので気晴らしに組み立てようと袋を開けました。
以前にもオカメとセキセイインコ(黄色)のナノブロックを組み立てましたが、こんなにブロックが小さかったっけ?と思いました。うわっ!老眼が進んだか!
仕方ない、読書用の一番度の強いめがねを持ってきて作業開始。
しかし、目が悪くなると指先も言う事を聞かなくなるものだなぁと思いました。目と指先ってリンクしているものでしょうか?私がモタモタとセキセイナノブロックを組み立てていると、次女がじれったくなったのか手を出してきて、ベニコンゴウのほうを開封し、作り始めてしまいました。
c0133013_16191631.jpg
あー、それ作るの楽しみにしてたのに、やっちゃうのー?
c0133013_16235263.jpg
あっという間に出来上がり!ベニコンゴウさんは少し離れてみるとソレっぽいです。
c0133013_16272649.jpg
メンバー勢ぞろい。デカオカメは、次女が自分のレゴブロックを引っ張り出してきて作ったものです。
娘としみじみと出来上がったブロックインコたちを眺めつつ、もっといろんな種類のインコキットが出るといいのにねえ・・・と話しました。たとえばダルマインコとか。絶対そんなの発売されないよね。でも、作りたいねぇ・・・ということで、ネットでナノブロックを調べてみると、各カラーがセットになって販売されています。けれどダルマインコの胸のピンクのブロックがありません。とても限られた色しか作られていません。
発売元の㈱河田さーん、もっといろんな色のナノブロックを作ってくださーい。24色展開にするとか・・・・。039.gif

なんだか壁に向かってごにょごにょおしゃべりしたり、「ねじっておやつ」と止まり木を行ったり来たりする花が可愛くて隠し撮りしました。
鳥たちを見ていると今朝の嵐のように荒れていた私の心が次第に凪いで行くのがわかりますね。
お時間がありましたら、どうぞご覧になってくださいまし・・・。043.gif


[PR]
by sanakk | 2011-02-18 22:24 | Comments(8)
我が家の鳥たち5羽、みんなそれぞれに個性があって見ていて飽きないけど、中でも一番不思議ちゃんなのはうーたんことオカメの詩です。何を考えてるのか、次の行動がまったく読めない不思議な子です。
c0133013_1625443.jpg
詩は、手乗りではありません。肩には気が向けば飛んで来るけど、手を出すと必ず飛んで逃げます。
放鳥中もいつもちょっと離れた高いところにいて上から目線で私の事を観察しています。
だけど、私がソファでしばし転寝してはっと気がつくと最初に見えるのはいつも詩の姿。
c0133013_16282292.jpg
私がうとうとしてると必ずと言っていいほどソファの背に飛んで来て上から見下ろしています。
そして目覚めた私と目が合うと「びゃっ!」と短く鳴きます。どういうつもりなのでしょうか?

c0133013_16553284.jpg
      パソコン前の大魔境に埋もれて遊ぶ詩。

私がパソコン前に座っている時も詩はさりげなく私の視界の中に飛んで来て一人で遊んでいます。遊んで欲しいのかと手を出せば逃げてしまうのですが。
かまってくれなくていいから、そばにいさせて・・・・みたいな感じでしょうか。

そんな不思議ちゃん詩ですが、今朝篭脱けされてしまいました。
c0133013_16383768.jpg
花を出して、4つのケージを順番に掃除している時、うっかりオカメケージの扉が開いたままになっていたらしいのです。またまた私のミステイク。
出てきたのがオカメ二人じゃなくて詩だけだったのがまだ不幸中の幸。

花は先日ピーちゃんと同時放鳥になってしまった時とはまた違う反応でした。
c0133013_16474633.jpg
やはりオンナ同士とわかるのかな・・・。詩のことが気になってそわそわと落ち着きがない花。
何度もリビングを飛んで旋回して詩を威嚇しているようでした。
花が飛ぶたびに詩も「ぴゃーぴゃー」言いながら飛び上がり2羽でぐるぐる追いかけっこをしていました。
詩はとても怯えているようだし、何か事故があってはいけないのでケージに戻したいのですが詩は手にも乗ってくれないので戻せません。仕方ないのでこんな時の常でありますが捕獲用の布を素早く掛けてとっ捕まえて強制的に自分のお部屋に戻ってもらいました。

c0133013_16511123.jpg
捕まったうーたん。抗議して私の指に咬みついてるように見えますが実際はピヨピヨいいながら甘咬みしているだけです。
c0133013_16533350.jpg
ここぞとばかりにおやーじゅの手が伸びてきてお腹をなでなでされるうーたん。
詩を掴んでいると、ジェラシーの塊と化した花がぶっ飛んで来て私の手をガブリ。
力加減してくれるので痛くはありませんが、「そんな子は放して、ウチをかまって」とガブガブしてきます。
c0133013_19153222.jpg
はいはいちょっと待って。今うーたんにはケージにもどってもらうから。

詩がケージに帰ってからずっと引っ付き虫の甘ったれ花。
エンドレスにカキカキを要求してくるので、ケージの掃除がはかどりません。
c0133013_19151873.jpg
「やれやれ、独占欲の強い甘ったれ娘には手がかかるわ・・・」と内心思いながらため息をつくと、花が首をもたげて「ファイト!」とそれははっきりと言いました。003.gif
ファイト!

[PR]
by sanakk | 2011-02-15 19:16 | Comments(10)

いろんな時代

バスの中でぐっすり眠ってしまって止まった停留所であたふたと飛び降りたら、知らない街だった。
見覚えはある気がするけど、何かが違う・・・そんな街。
季節は多分埃っぽい春先、天気の良い昼下がり・・・・。砂埃をあげてバスが走り去る。
そのバスは角が丸くてどっしりと重たげなずいぶんレトロな形をしていた。
ここは一体どこだろう・・・・。自分はどこから来てどこへ行こうとしていたのかそれさえも思い出せない。
少し離れたところに踏切があって、カンカンカンと遮断機がおりようとしていた。
やって来る電車は何線なのか?そしてどこ行きなのか、それを確認できれば、今自分がいる場所のおおよその見当はつくだろう、そう思って踏切に向かって走り出す。真っ赤な重々しい鉄の塊のような列車が目の前を轟音とともに通り過ぎる。
だめだ、行き先を読もうとしても読み取ることができない。赤い電車は見なれた京浜急行のような気もするけどどこかが違う。踏切が開いて止まっていた車が動き出す。あれ?なんか変?自動車のライトはどれもこれも丸く、ドアミラーじゃなくてフェンダーミラー。これまた丸っこいずいぶんレトロな形だ。
白昼だというのに人っ子ひとり歩いてない町並みを改めて眺めて私はやっと気がついた。
私は昭和の街に来ちゃったんだ。それですべてが納得できる。昭和と言っても多分40年代初めころか・・・。
ならば、私は自分の育った街に行かなくちゃ。そこには髪の毛が黒くて元気で働き盛りの両親がいるだろう。そしてきっと幼い私にも会えるだろう。
それにしても、いったいここはどこなのだろう?川の匂いがするからどこか河川敷の近くなのかもしれない。
向こうに古びた木の橋が見える。見覚えがある。
あれは・・・・泪橋?



はい。そこで目が覚めました。そうです。今朝、娘を学校に送り出した後2度寝した時に見た生々しい夢です。
なんで昭和40年代ごろに私は戻ったのだろう?としばらく考えました。
あはは・・・もうお分かりの方もいらっしゃるでしょう。
昨日、映画「あしたのジョー」のメイキングのような番組をTVで見たからです。
リアルにアニメを再現した映画「あしたのジョー」、昨日公開されましたよね。映画の中では昭和40年代の街並みや懐かしの泪橋がリアルに再現されています。
立て、立つんだ、ジョー。
リアルタイムでジョーに惚れた世代の私は(多分あれは私の初恋)TVを見ながらしばし40年近い昔にタイムスリップしたのでした。
そして、今朝の夢です。私の脳ミソは本当に単純に出来てますよね。
脳ミソを刺激した出来事はすぐにリアルな夢になって再現されてしまいます。
でも、ちょっと残念でした。あそこで目覚めてしまわないで、出来れば昭和真っ只中の我が家に帰ってみたかったのです。若い両親と幼い自分に会ってみたかったです。039.gif

さてさて、この三連休、寒いですね~。
関東は雪こそ積りませんでしたが、寒さのあまり私は引きこもっております。
c0133013_23101820.jpg
今朝、私がフランスパンにレバーペーストを付けて食べていると、花がぶっ飛んできました。
首をにょーんと伸ばして私の手元を覗きこみます。
そうでした。花はこんがり焼いたフランスパンが大好物だったのです。
c0133013_23143643.jpg
カリッと焼いたフランスパンのはしっこを嬉しそうに食べる花。
パンにはそのものに塩分があるからほんのちょっとだけね。
c0133013_23161476.jpg
      それぞれの場所でおやつを食べる花と海。

寒い日は鳥たちとともに家でのんびり過ごすのが一番ですね。
ところがお昼前、なにかスタミナがつくものを食べに行こうとおやーじゅからの電話がありました。
このところ仕事が忙しく、休みが無いおやーじゅはそろそろバテているようです。
そこで今日のランチは、このところずーっとおやーじゅも私も食べたかった鰻を食べに行くことになりました。
娘たちが赤ちゃんのころから通っていた子安にある小さな某鰻屋さんです。
昔は月に一度は足を運んでいました。
ここ数年は御無沙汰していましたが、久しぶりに食べたうな重は相変わらず美味しかったです。
c0133013_23194110.jpg
香ばしい焼き具合といい、程よい甘さのタレといい。
c0133013_23195766.jpg
      白焼きもふっくらとおいしい。

美味しく食べ終わった頃、おかみさんが突然「お嬢さんたちは大きくなったでしょうね?もう成人されましたか?」と声をかけてくれました。10年近くも御無沙汰していたのに、覚えていてくれたのだなあと嬉しくなりました。まだ聞き分けのないちいさな娘たちをあやしながら、こちらのお店で鰻を食べていた平成一桁のあの時代を懐かしく思い出しました。
昭和にしても平成にしても、夢の中でいいからタイムスリップしてみたい時代はたくさんあります。
振り返れば、いろんな時代を生きてきたものだなぁとしみじみしてしまった一日でした。

[PR]
by sanakk | 2011-02-12 23:25 | Comments(8)

咬み癖を直す方法

先日、ご近所のクリーニング屋に洗濯物を出しに行ったら、そこの奥さんが「インコを飼ったのよ~」と嬉しそうに話してくれました。聞けばそのインコちゃんとは、ワカケホンセイさんだということです。
今度ゆっくり見せていただくことになっています。クリーニング屋の奥さんは、私が鳥好きである事を知っているので(以前は花を肩に乗せてよく洗濯物を出しに行ったものです)、まるで私が鳥飼いのプロであるかのように勘違いなさっているらしく、メモに書き留めていた質問事項を矢継ぎ早に質問してきます。
いえいえ・・・私だってまだまだわからないことたくさんあるんです。そんなに詳しくないです。とか言いながらも鳥ゴハンやおやつのことは、自分がやっている事をそのまま伝えました。
奥さんが私に一番聞きたかった事、それは、「鳥の咬み癖」についてでした。
お迎えしたワカケちゃんはおそらく生後1年くらいの男の子だということですが、とにかく咬みつくんだそうな。
セキセイインコは以前から飼っておられたのですが、中型のインコは初めてだということで、その小型インコよりはるかに大きな嘴で咬まれると痛くて凹むのだそうです。
手乗りではあるけど、突然指をガブリ、肩に飛んで来て耳をガブリ、それも力加減知らずで放鳥のたびに流血をまぬがれないのだそうな・・・・。
遊ぼうとしても咬まれる恐怖がつきまとい、なんだか放鳥するのが怖くなったとちょっと悩んでおられるようでした。
確かに鳥と遊ぶたびに痛い思いをするのでは楽しくないだろうな~と気持ちはよくわかりました。

インコの飼育本には色々書いてあるれど、しかってはいけない、とか、無視をきめこむ、とか、悪いことをしたら良くない事が起こると覚えさせるとか・・・・。
でも、インコって賢いからひとつのしつけ方が全てのインコに当てはまるということはありえないですよね。
それぞれに個性を持ったインコたちは人から受けるしつけも個体によって捉え方が違うでしょう。
咬まれて大げさに反応すると、飼い主が喜んでいるとインコは勘違いしてかまってもらいたくて返って咬む事を助長するから、痛みを堪えて無反応を通しなさいと読んだ記憶もあります。でも「いった~い・・・何で咬むのよ!」と大声で叱ることでそれを「叱られた」と捉えるインコだっているはずです。ウチの花は、私が大きな声で叱るとそれは「叱られた」と感じているように思います。だって背中を丸めてこそこそと逃げるし・・・・。
c0133013_15471058.jpg

因みにウチの鳥たちは、ピーちゃんから花までだれも咬み癖はありません。
希はパニックを起すと救助しようとした私の手を咬むことがありますが、それは仕方の無いことでしょう。
おやーじゅがたまーに海に咬まれていますが、これもまた仕方の無いことでしょう。(おやーじゅが海をイラっとさせるのが悪いのです017.gif)
それでも幼い時の花はたまーに咬んでくることがありました。そこには花なりの理由があったのかもしれませんが、多分それは人間の常識では分らない理由だったのでしょう。
そんな時私は怖い顔をして花を即刻ケージに戻しました。そしてその日は2度とケージの外には出しませんでした。出てきてすぐに咬めば、その場で戻され、放鳥タイムは1分で終わったなんてこともあったと思います。ケージに戻された花はきょとんとしてなんのことやらわからん・・と言う顔していましたが、そんな事を繰り返すうち自然と咬まないヨウムになりました。
咬むとおかあさんが怖い顔をする→すぐに自分の部屋にもどされる→その後はどれだけアピールしてもかまってもらえない、そんな流れを覚えてくれて「咬む=つまらない」と気がついてくれたのではないかと私は思っています。(今でもかきかきの途中、「そことちがうんじゃっ!」と時々ガツッと来ることがありますが上手に加減してくれて痛くはありません)
そんな我が家のインコ飼育の経緯をクリーニング屋の奥さんには話しましたが、それが新入りワカケ君に通用するかどうかはわからない、と伝えました。
「咬む=つまらないことになる」と教えるのが一番だと私は思っていますが、「つまらないこと」は個体それぞれに違うだろうし、教える方法もその子に合ったものを飼い主が試行錯誤しつつ見つけるしかないと思うと・・・・。
すぐに咬まなくなる特効薬のようなしつけはないし、長い目で見ていくしかないと思うと伝えました。
奥さんはちょっとがっかりしたようでしたが、「頑張ってみる、また相談にのってね」と言ってくださいました。
私がその「咬みワカケくん」をやさしく諭したら、彼が咬むのをやめてくれれば奥さんの期待にそえたのだろうけど、相手は鳥、そんなに簡単じゃないから・・・・。思春期の子供みたいなとこ、あるし。
実際、そのワカケ君は生後1年くらいだから、思春期の反抗期真っ只中なのかもしれないですね。

c0133013_160244.jpg
朝ごはんのイチゴ、気に入らないらしく何度渡しても投げ落として「あ~あ」とため息をつく花。
私がしつこく食べさせようとしたら、最後は怒ってずーっと遠くまで投げ飛ばし「ふんがっ!食べたよ~」と言いました。003.gif

c0133013_166767.jpg
今朝、掃除機をかけていたら水浴びモードにスィッチが入った花。両足、水入れに突っ込んで足踏みして・・・全身水浴びた気になってるようです。どう見ても足湯状態なのですけど。

c0133013_16102818.jpg
希も水浴びモードにスィッチオン。小さい水入れに嘴の先っぽだけつけてぶるぶるぶるぶる・・・。水しぶきを跳ね飛ばして全身ずぶ濡れ気分を味わっていました。(実際は嘴しか濡れていません)037.gif

c0133013_16151420.jpg
そして、お分かりになるでしょうか?水浴びモードの希の後ろで逆さにぶら下がりながら羽繕いをしている詩です。
詩は変わった子で、ケージの中ではよくこうやって逆さになっていることが多く、羽のお手入れまでそのまんましちゃいます。そのうち、そのまま眠ってしまうのじゃないでしょうか?
詩さん、あなたはコウモリの生まれ変わりですか?

[PR]
by sanakk | 2011-02-10 16:41 | Comments(12)

ピーちゃんの底力

暖かい朝でした。起きて少し動くと体が温まり、暖房も切ってしまうほど。
そのせいか鳥たちも朝っぱらからテンション高め。
朝放鳥組の花と海は、いつに無く奇声を発しながらブンブンと飛び回っていました。
c0133013_15222552.jpg

c0133013_15224259.jpg
飛びまくる鳥たちを尻目に台所で立ったままヨーグルトを食べていると、花が目ざとく見つけて飛んできました。私の目の前の止まり木に止まって真正面から顔を覗き込み、「ウチにもちょうだい」と催促してきます。
c0133013_15264391.jpg
スプーンにヨーグルトをちょっとすくって食べさせてあげようとすると、スプーンごと奪い取ってぺろぺろ美味しそうに舐める花。
c0133013_15283123.jpg
オカメ’sケージの横でラック支柱に足を掛けたままフリーズしちゃった海。ずいぶん長い時間この体勢まま何か物思いにふけっていました。037.gif

そしてそして、また今朝もピーちゃんに篭脱けされてしまいました。
性懲りも無く同じドジをしでかす私です。
c0133013_15404952.jpg
花が出ているのにピーちゃんが飛び出してきても、もう慌てなくなりました。なんだか慣れてしまったというか・・・。
ところが今朝、ピーちゃんがついに命知らずの暴挙に出ました。

ピーちゃん、あっぱれです。この後もピーちゃんはずっと花の事を追い回しておりました。
ウチの鳥社会では、ピーちゃんの押しの強さに敵う子はいないみたいです。

けれどピーちゃん、この後ちょっと調子に乗りすぎました。
海と花がケージに戻っても、まったく帰る気配なし。こうなるとなかなか捕まらないので、時間ギリギリまで遊ばせておこうと放っておきました。
遊び疲れると自分からケージにお帰りになることがあるからです。
c0133013_1624195.jpg
ケージの入口まで来るけどなかなか入っていかないピーちゃん、じれったいったらありゃしない・・・。
そのうち、私が時間切れになりました。
もう、強制収容するしかありません。ピーちゃんは冷蔵庫の上とクーラーの上とラックの上を順番に渡り歩いて私から逃げるのでだんだんムキになってきた私も汗をかくほど・・・・。
家を出る時間は迫ってくるし、焦った私はとうとう冷蔵庫からラックに向かって飛んで来るピーちゃんを空中キャッチしてしまいました。
c0133013_15443326.jpg
       こんなことはしなくないんだけど、仕方ないのだよ。

ケージに戻してから、「ピーちゃんごめんね。」と謝ったけど、さすがのピーちゃんもご立腹だったようです。
いつもならしがみついて来るのに、知らん顔。
すっかりピーちゃんに嫌われてしまったみたいです。007.gif
その陽気な鳥頭が明日になったら忘れてくれるといいのだけれど。

c0133013_15483033.jpg

[PR]
by sanakk | 2011-02-07 15:05 | Comments(10)
年が明けたと思ったら、あっという間に節分ですね。
2011年恵方は南南東だとか・・・・。さて、我が家でいうと南南東とはどっちの方角だ?
豆まきのマメは大豆じゃなくて落花生でもいいのですね。
落花生なんかまいたら、花と海が大喜びしそう。

先ほど、仕事を抜け出して関東厄除け三大師のひとつの川崎大師の豆まき式に行ってきました。
c0133013_1456289.jpg
大変な人出で、壇上の年女年男さんたちがまく豆をダイレクトキャッチするのは難しいときいていました。
ちょっと離れた所から見て、スタンバるならど真ん中の大導師さまが投げるエリアだと判断し、人混みをかき分けてもぐり込みました。この作戦が功を奏したようです。
c0133013_14562281.jpg
     3つもゲットしました~。ジャンプしてダイレクトキャッチです。004.gif

手のひらに当りながら反射神経が鈍く掴みきれなかったのもありましたが、3つも取れれば大成功だと地元の人が言っていました。しかもひとつはサイコロキャラメル入りの福袋だし。
さて、本日は、このラッキーなお豆で家でも豆まきするとしましょう。
鳥たちにも歳の数ほど食べてもらいましょう。
海→7個  花→6個  希→1個  詩→1個  ピーちゃん→3個(?)  
私→ヒミツ(足りるかな~?)012.gif


ところで昨夜は、この時期ならではの私の2大好物を揃えて、頂き物の濁り酒を愉しみました。
c0133013_11305269.jpg
てんこ盛りのあん肝は、茅ヶ崎にある魚料理の名店「えぼし」が百貨店や駅ビルに出店しているお惣菜のお店「えぼし工房」で調達。こちらのお店のお惣菜は家庭的でおいしく、値段の割りに量も多いので食事を作るのが面倒な時(頻繁にある)、よくお世話になってます。
とても美味しいあん肝をこの時期出しているので、2パック購入。こういうものは、ちょっと食べるからおいしいのですよね。もうしばらくは要らないと思うほど食べてしまいました。
c0133013_11544577.jpg
そして、真鱈の白子ポン酢。おいしいですね~。旬ですね~。これを食べないと私の冬は終わりません。
久しぶりの濁り酒も美味しく、充実の家呑みでしたが、あれっ?前回記事で誓った私のダイエット作戦はいずこへ?

     希の威嚇に応戦するピーちゃん。仁王立ちして見上げる姿、笑えます。037.gif
c0133013_11583484.jpg
この後、飛んで逃げるのはいつも希。
そして詩はいつも「アタシには関係ないわ」と言う顔でシラーっとしています。
相変らずこのお三方は、一度放鳥するとケージにお戻り頂くのが大変です。特に詩と希のオカメコンビは逃げるだけ逃げて何時間でも外に出ていたがります。
c0133013_13191436.jpg
そのくせ気がつくといつの間にか希は私の肩にとまっています。
c0133013_13215557.jpg
「あたし、帰らないから」と頑張る詩さん。昨夜は2時間近くねばっていました。

葉物野菜が高騰しています。特にレタスやキャベツ、高いですよね。
c0133013_1326405.jpg
このところ大好物のレタスを食べられないピーちゃんですが、小松菜も大好き。
嬉しそうな顔してしゃりしゃり食べてます。
c0133013_1327117.jpg
希も小松菜大好き。ピンクの可愛いベロを見せて美味しそうに食べてます。001.gif
青菜を一切食べない海と花に見習ってもらいたいものです。


そして昨夜はもう一つ、小さなイベントがありました。
節分イブは次女の16回目の誕生日。
美味しいチーズケーキとろうそくも買って来てとリクエストされました。
16歳になってもまだ「Happy Birthday to you ♪」と歌ってもらいたくて、ろうそくの火を吹き消したいお子ちゃまな娘です。
私が一人で歌ってあげると、嬉しそうに「16」のキャンドルを吹き消していました。
c0133013_13293119.jpg
     16歳か・・・・。いいな・・・。あなたにはまだ未知の未来があるね。

先行き不透明な世の中だし、笑ってばかりもいられない未来だろうけど、その弾けるような笑顔が失われませんように・・・と願う母であります。

[PR]
by sanakk | 2011-02-03 14:57 | Comments(6)

平凡な主婦と平凡なヨウムの楽しく滑稽な日々を綴ります


by sanakk