ヨウムな生活

sanahana.exblog.jp

平凡な主婦と平凡なヨウムの楽しく滑稽な日々を綴ります

<   2011年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

10月も今日でおしまい。そして今日はハロウィンですね。
日本人はいつの間にこんなにハロウィンで盛り上がるようになったんでしょうか?
昨日の日曜日、最寄の繁華街に出たら、ハロウィンのパレードと出くわし、道路は混んで車は進まないわ、商店街は人ごみで歩けないわで大変でした。
いつも通ってるホットヨガスタジオにも、仮装した女の子たちが来てくれたところにたまたま出くわして・・・。
c0133013_1455335.jpg
妖精の仮装でしょうか?とても可愛かったので写真を撮らしてもらいました。
若い子はどんな仮装をしても可愛いけど、私のようなオバサンは仮装するとしたら何がいいでしょう?やっぱり魔女ですか?
ヨウムの仮装なんてどうからしら?分かってくれる人は限られるでしょうねぇ。039.gif

そして週末は、長女の通う大学へ行って、教育懇談会という保護者向けの催しに出席してきました。
久しぶりに訪れるキャンパス。
c0133013_14582034.jpg
蔦の絡まる歴史ある校舎が有名です。趣があるので、ドラマやPVの撮影に良く使われています。(つい最近もEXILEの曲「道」のPVが撮影されたとか・・・)
c0133013_15125097.jpg
チャペルの蔦がそろそろ赤く色づいていてとてもキレイでした。
古いレンガの建物と蔦・・・・すごくいい雰囲気のキャンパスです。新しい建物もあるのですが、全体的な景観を壊さないように統一感を大切にしています。最近都会にある多くの大学で見かけるタワーのような高層の建物はあえて建てないというところが良いと思います。
3年前、初めてこの大学のオープンキャンパスに長女と来た時、この雰囲気に憧れてぜったいこの大学で学びたいと決心した長女の気持ちが分かるような気がします。
こちらのチャペルでよく卒業生が結婚式を挙げるそうなのですが、申し込みしても一年待ちだそうです。
娘もここで結婚式を挙げてくれればいいのに・・・。
あ、でもその前に彼氏か。
一年生時に校舎の蔦が秋になって色づく前にカレシ・カノジョができなければ、その学生は4年間独りだというジンクスがこの大学にはあります。
ああ、それが本当なら、長女はもう4年間カレシ無し決定です~。

c0133013_15275817.jpg
キャンパス敷地の一角に江戸川乱歩邸が大学によって管理されています。
この日は、訪れた保護者に公開されていたので見学してきました。
中学生の頃、乱歩の世界にハマって作品を読み漁った記憶があります。
c0133013_15313928.jpg
この土蔵の中に、乱歩の膨大な書籍が保存されているそうで閲覧できるのかと思ったら、入口のところでガラス張りなっていて中のようすを覗くことしかできませんでした。
でも、前もって予約すれば蔵書の閲覧も可能だそうです。乱歩が執筆するために参考にした書籍もたくさん保存されているとのことで、興味深いですね。




さてさて、今朝はピーちゃんに篭脱けされました。
c0133013_15452944.jpg
朝夕は大分肌寒くなってそろそろペットヒーターを引っ張り出そうか・・と思うほどですが、我が家の元気印ピーちゃんは、寒さなんてなんのその。朝からハイテンションです。
c0133013_1551565.jpg
おやーじゅが手でピーちゃんをおびき寄せ海と絡ませようとしますが、海はまったく興味をしめしません。
この距離が限界。これ以上ピーちゃんが近づくと海の一喝が入ります。

今朝はおやーじゅが居てくれて助かりました。二人で離れて立って、まるでキャッチボールでもするようにピーちゃんを交互に追い立てると、あっという間に疲れて力尽きるピーちゃん。
c0133013_15494372.jpg
やはり元気印といえど家飼いの鳥ですねぇ。持久力がないです。これがひとりで追いかけると私が先に疲れてしまうのですが。

c0133013_19323318.jpg
ピーちゃんが出ていると置物になってしまう花。
壊れかけのサブコンデジでぼっちらぼっちら、鳥たち撮影していますが、なんとなく写真の感じが違って新鮮です。こちらのカメラの方が柔らかい感じに撮れる様な・・・。
ただ、サブコンデジは起動してレンズが出てくるまでにたっぷり10秒くらいかかります。一度シャッターを切って撮影可能にもどるまでの時間もそれくらい。ものすごくじれったいカメラです。008.gif
c0133013_19575981.jpg


最近、sana家で流行っていることをちょっと。
富山に単身赴任中の兄があちらで生産され市場には出回らず農家の方たちだけで消費するという美味しいお米を直接買い付けて持って帰って来てくれました。
c0133013_204667.jpg
玄米です。米所のあちらの方は玄米を炊く直前に挽くのだそうです。全然味が違うそうですよ。
で、兄に家庭用精米器を借りて、その日炊く分だけ白米にしています。
c0133013_2043593.jpg
      4合で白米になるまで4分かかります。

確かに、真珠のように美しい光沢のお米に炊き上がり、程よい粘り具合や甘みも感じられてとても美味しいです。スーパーで買ってきたコシヒカリと比べてどれだけおいしいか?ときかれると曖昧なんですが、おいしいのは間違いないです。
でも、炊く前にいちいち精米するのは、結構面倒。10キロの玄米も精米すると2割くらい目方が減るそうですし。
一度にまとまって精米しておいて、冷凍庫で保存すれば挽き立ての新米の味をいつでも楽しめるのだそうです。
食欲の秋ですからね。
飽きっぽいsanaですからいつまで続くかわかりませんが、精米にハマッている今日この頃です。

[PR]
by sanakk | 2011-10-31 22:32 | Comments(8)
c0133013_106282.jpg
またまた、私の職場の裏口にやって来るお猫さまのくーちゃんの話。
相変わらず毎日、来てます。姿が見えなくても、私が歩き出すと何処からともなく、くーちゃん転がるように走り出てきます。
c0133013_1033131.jpg
常に裏口のドアが見えるところにいて張っているのかもしれません。
前回、くーちゃんがかわいいピンクの首輪をして現れたことから新しいご主人様ができたらしいと書きましたが、しょっちゅうの裏口に現れるのでいったい何処のお家の子になったのか?新しい飼い主さんはいつもくーちゃんが家に居つかず出歩いてばかりいるのでがっかりしているのではないか?と心配になっていました。
でも、くーちゃんのあたらしいお家が判明しました。なんと道を挟んですぐ前のお宅だったのです。
そのお宅のオープンになっている駐車スペースの奥に(屋根付き)、ピンクのプラケースとお水と餌のお皿が並べられているのに気がつき、もしや・・・と思い当たりました。くーちゃん、よくそのお宅の方から歩いて来たので。不法侵入ごめんなさい・・・・と心で謝りつつ駐車スペースに立ち入ってプラケースの中をのぞいてみると、くーちゃんがすーやすや眠っていました。
ケースの横は自由に出入りできるように穴が開いていて、くーちゃんが寒くないように中にはふかふかのクッションのようなものが敷き詰めてありました。隣にはキレイな猫砂の入ったトイレが置かれてあり、水や餌の入れ物もとても清潔でキレイにしてありました。
家の中で飼えないくーちゃんが自由きままにすごせるように、食べる事や排泄する事に困らないようにちゃんと配慮してありました。
このお宅の方は猫がお好きなのでしょうね。どんな方なのか、お目にかかった記憶がないのですが、頭が下がる思いでした。
安心して、そーっとその場を離れようとした時(なにせ、オープンになっているとはいえよそのお宅の敷地内ですから)、目を覚ましたくーちゃんは慌ててプラケースから出てきて私の後に付いて来て足に擦り寄っていました。ほんとうに可愛い可愛いお猫さま、くーちゃんです。
そばを自転車で通り過ぎていった小学生男子が、「おっ!くーだ!」と言って去っていきました。
この辺りでは有名なお猫さまだったんですね。みんなに愛されてくーちゃん幸せ者ですね。045.gif
c0133013_1072033.jpg
首の辺りをカキカキするとバンザイして伸びてしまうくーちゃん。カキカキ大好きは、お猫さまもお鳥さまも同じ。


さて、我が家のお鳥さまの話。
昨夜の放鳥タイムのこと、花の様子がなんだかいつもと違いました。
いつもなら、まず台所にいる私のところに飛んできて背中に止まるのですが、昨夜の花は飛んで来てもUターンして戻っていってしまいました。それっきりちっとも私のところに飛んできません。
それどころか何かにおびえるように飛び回り、挙句の果て今まで一度も近づいた事のない室内物干しに止まってみたりしました。
c0133013_10135035.jpg
内弁慶で保守的なヨウムが今までと違う行動をとる時には、必ずなにか原因があるのです。
原因を探るべく部屋中をチェックしましたが、わかりません。昨日とは違う何かがどこに潜んでいるのか・・・。
放鳥タイムも終盤になってやっとわかりました。
c0133013_10173611.jpg
コレです。あまりに汚い鍋つかみがいつも台所にぶら下がっていたのですが(花のキッチン止まり木のすぐ後ろ)、長女が見るに見かねて100均ショップで買って来てくれたもの。部屋の中で新しい物といったらコレしか考えられません。
案の定、私が手につけて近づくとぶっ飛んで逃げる花なのでした。

そして、今朝の放鳥タイムでもひと波乱ありました。
突然鳥たち全員(ピーちゃんを除く)がパニックを起こして、ケージから出ていた海と花は狂ったように乱れ飛びました。それはもう大騒ぎ。
ケージの中でオカメsがパニックを起こした事が原因でした。
いったい何事?とオカメ’sケージを覗くと、ははーん・・・ついにやったね、と納得。
c0133013_10212464.jpg
オカメたち、下段の止まり木を齧り落としていました。
以前から止まり木の一点を少しづつ齧って細くしていたのです。
犯人は希か詩かわかりません。たぶんこういうことをするのは詩じゃないかと思いますが、自分たちで落としておいて大パニック起こすなんて、本当におばかさんです。037.gif
c0133013_1151372.jpg
      花ちゃま、昨日の夜から驚いてばかりだね。025.gif

c0133013_10282587.jpg
騒いだわりにはすぐに立ち直って朝のスリスリにいそしむ希。
頼むから、ピーちゃんみたいにおしゃべりしながら明るくスリスリしてくれ・・・。
おもちゃを掴んで、だまーってひたすらスリスリするのが希のエロスタイル。しかも、ゆっくりと・・・。
すごくむっつりスケベっぽくて嫌なんですけど・・・・。015.gif

[PR]
by sanakk | 2011-10-28 10:53 | Comments(6)
新しい週が始まりました。
先週末、私とした事が珍しく胃腸の調子を崩しまして、まだイマイチ本調子ではありません。
その上、いつもブログアップ用の写真撮影に使っているデジカメも調子を崩してましてドック入りしました。
サブで使っているデジカメは一度シャッターを切ってからの起動が超のろくて使いづらいのですが、仕方なくそのサブカメラでお鳥様たちの写真はぼちぼち撮っていました。そうしたら、おやーじゅが昨日道端でサブカメラ落としまして、壊れました。
もう、踏んだり蹴ったりでございます。007.gif
ブログをはじめてからかれこれ4年の間に3台のデジカメが壊れました。確かにこの4年間カメラを使わない日はほとんどなかったし(お鳥さまを追っかけまわして・・・)、相当酷使してきたとは思いますが、どのカメラも2年ともたずに不具合が起きるのはやっぱり私の使い方が荒いのでしょうかね~。それともカメラ運がないのかなぁ~。ぼちぼち一眼でも購入するか・・・なんて考えていたのですが、なんとなくそんな気持ちも萎えてしまいました。
とにかく、一番手に馴染んでメインで使っていたデジカメがドックから復帰してくるまでは、お鳥さまの写真撮れそうにないです。

c0133013_1155090.jpg
希と詩、ペアで我が家の家族になってから、2年半ほど経ちますが、まったくこの2羽の関係は喧嘩ばかりする兄妹のまま進展なしのようでしたが、先日ちょっと新展開を目にすることができました。
今まで聴いたことのない鳴き声がピョロピョロときこえてくるので、いったい誰の声だろうと鳥マンションを見上げると最上階のオカメ部屋に詩と希の姿が見えません。あれっ?と思ってそっと近づいてみると詩も希もケージの床に下りていました。
ピョロピョロと不思議な鳴き声は詩のもので、尾羽ぴょこんと上向けにして希を追いかけまわしているのでした。おお!これは詩の求愛なのだと思いました。♂が求愛するのはよくあることですが、♀も積極的に言い寄る事もあるんだなぁと意外でした。
詩のあまりにも強引なお誘いに希は少々逃げ腰でしたがまんざらでもない様子。
すわっ!コレは撮影しなければ・・・・と、カメラ(壊れる前のサブくん)を持ってそーっと身を低くして鳥マンションに近づき写真を撮ろうとしたら・・・・やはりというか当然ですがふたりに気づかれてしまいました。
c0133013_1158390.jpg
ささっと我に返って止まり木に上がった希と詩。
せっかくの蜜月をぶち壊すような無粋な事をしてしまいました。レアな場面なら何でも撮影してやろうというパパラッチ根性が詩と希のせっかくのラブラブモードをぶち壊ししてしまったのです。反省。
しかし、詩と希もわざわざ床に下りてラブラブするあたり、なかなかやるなあと思いました。
なぜなら彼らのケージは鳥マンションの最上階なので床に下りてしまうと、私たちヒトの視界の中から消えてしまうのです。003.gif
その後、止まり木にとまったまま、希が詩の羽繕いなどしてサービスしていましたが、もう冷めてしまった詩はシャーッと息を吐いて希を攻撃していました。
「もう、そんな気分じゃないのよ。触らないでよ。」と言う詩の言葉が聞こえてくるようでした。
c0133013_1242132.jpg
希くん、ドンマイ。オンナゴコロをがっちりと掴むには雰囲気作りとタイミングが必要なのだよ。
あ、それを台無しにしたのは私だったか・・・・すまん。
c0133013_13434985.jpg
珍しくピーちゃんにちょっかいを出しに来た、詩。

さて話は変わりますが、先週の金曜日は、久しぶりに有休をとって、中学時代からのオンナ友達と会ってイタリアンランチをしました。
その友達とは、十代から二十代バブル期全盛の時代まで本当によく遊んだものです。
彼女も若い時から呑むのが好きで何かというとよくふたりで仕事帰りに落ち合って呑んだくれたものです。
私たちがオヤジギャル(死語ですね)だった古きよき時代のことです。
結婚したのは彼女の方がずっと早かったけど、子供を持つのは私のほうがずっと早かったので、彼女にはまだ小学生のお子さんがいますし、高齢のお母様と同居していることもあり、今では夜会うことはほとんど出来なくなりました。土日出かけるのもままならない彼女と会うためには私が平日仕事を休むしかありません。
でもまあ、私は娘たちも大きくなって今ではかなり自由な身の上だし、有休もたんまり溜まっていて消化しないといけないので、それはまったくかまわないのですけど。
でも、結婚→育児→親の介護等で友達とどうしても疎遠になってしまうのは、いつもオンナのほう。
オンナって損だな・・・ってちょっと思ったりしますね。
c0133013_1251754.jpg
久しぶり~。とまずはビールで乾杯して前菜をいただきました。
たぶん美味しかったんだろうけど、半年振りくらいに会って話す事がありすぎて何をどう食べたのかわかりません。
c0133013_1261226.jpg
レタスとフレッシュトマトのぺペロンチーノがあっさりしていて美味しかったのはなんとなく覚えていますが・・・。
昼間からビールとワイン2杯飲んでからしっかりドルチェ。
c0133013_126408.jpg
この後場所を変えて呑み直したいところでしたが、真昼間と言う事もあるので再びお茶&ケーキをして友人が帰宅しなければならないぎりぎりまでしゃべり倒しました。
帰り道、しゃべる事にものすごくエネルギーを使って、くたびれている自分に気がつきました。
そして、その夜お腹を壊しました。何か食べたものが悪かったのかも?と思いましたがまったく同じものを食べた友達はなんともなかったようなのでやはり私の体調のせいだったのでしょう。
まったく、その友達と一晩中呑んで遊んで、朝帰りしていたころの体力は何処へ行ったのでしょう?
トシはとりたくないものです・・・・。

[PR]
by sanakk | 2011-10-24 13:25 | Comments(8)
c0133013_1141158.jpg
昨夜は3日ぶりくらいにオカメ以下「出たら帰らない3羽組」の放鳥をしました。(海はなぜか篭城)
またまた定期試験が近い次女がリビングを占拠して勉強しているので、夜の放鳥がなかなかできないでいます。
まったく、自分の部屋があるのに何故そこで勉強しないのか・・・・。家族の行き来や鳥たちの鳴き声がやまないリビングよりそのほうがずっと集中できるのでは?と思いますが。
次女曰く、
「花は出たらお母さんにべったりだし、海はおとなしいからいいけど、オカメーズとピーちゃんは落ち着かないからダメ」なのだそうです。
次女の休憩時間にちょこっと放鳥許可が出ました。
確かに希&詩&ピーちゃんが揃って出てくると、しばし3羽で乱れ飛び落ち着かない事この上なしです。
海はこの落ち着かない3羽組と一緒の放鳥だと篭城する確立が高いです。めんどくさいのでしょうね。
しかし、私がソファに寝そべってうとうとし始めると3羽とも私のそばに止まっておとなしくなるのだそうです。
昨夜もクレイアニメのように小刻みに動くオカメーズを眺めているうち、どうしようもない睡魔に襲われソファに倒れこんで転寝してしまった私。そして私を取り囲む小鳥たち。
そんな景色を見て次女がこう言いました。「なんか白雪姫みたい・・・・」
はは・・・もちろん、私が白雪姫のように可憐で美しいという意味ではないです。
継母に毒を盛られ、仮死状態になった白雪姫を森の小動物たちが心配そうに取り囲む絵、次女が幼い時に読んだ絵本の一ページをなぜか思い出すのだそうです。ふてぶてしくアホ面して(たぶん)眠っている私は白雪姫には程遠いのでしょうけど、詩や希、ピーちゃんが眠っている私の肩口や手にとまって時折顔を覗き込んだりしている様子が次女の連想を誘うのでしょうね。
オカメーズとピーちゃんをケージに戻した後は、次女の邪魔にならないように花を連れて寝室にこもりました。
c0133013_11133621.jpg
花は布団にもぐりこんでもぞもぞするのが大好き。巣引きのシュミレーションでもしてるのかもしれません。
布団をどんどん掘り進み、その中でまったりしていました。ふとんの中ではけしてうんPをしないのでやはり営巣をしているつもりなのでしょうか?うんPがしたくなるとのそのそ出てきてベットからお尻を突き出して床に落とします。
c0133013_1114169.jpg

そしてここでもまた睡魔に襲われる私。まったくどれだけ眠いのか・・・・。さっさと諦めて本格的に寝ればいいのに、うとうとしながらも夜更かししてしまうのは私の悪い癖。
花をふとんの洞穴の中に放置したまましばらく意識を失って、次に気がついた時には、掛け布団カバーの角のところはズタズタに破られていました。007.gif
はいはい・・・鳥タイムにすぐに眠ってしまう私が悪いのです。分かってはいるのですが、鳥たちの癒しの力は私にとっては睡眠導入剤のようなものですねぇ。

c0133013_1116493.jpg
私の膝によじ登ろうとして、急に見上げて一点を凝視する花。たぶん私の頭上あたり?
えっ?何が見えてたの?025.gif

[PR]
by sanakk | 2011-10-19 11:36 | Comments(8)
今日はお昼からがっつりとんかつ定食。
c0133013_16301142.jpg

c0133013_16432274.jpg
場所は蒲田の丸一さん。この辺りでは秘かに有名なお店です。いつもお店の前には人が列を作っています。
お昼前から並んでしっかりヒレカツ、平らげて、二日ぶりくらいに満腹を感じることができました。
今週に入ってから急遽頑張ってダイエットしてなんとか2キロ落として臨んだ、今日の健康診断でした。
なんとか間に合いました。042.gif
健康診断後のとんかつは美味しかった~。高カロリーな栄養が細胞ひとつひとつに染み渡るようでした。
せっかく数字は落とせても、健康診断が終わったとたん堰を切ったように食べていたらあっという間にリバウンドすることは間違いないでしょう。

ところで前回の記事で大学病院でCTスキャンを受けた事を書きましたが、その結果を聞きに行ってきました。
結局、私のわき腹に現れたみみずばれの正体は分かりませんでした。
CTの映像には、(私も見せてもらいましたが)悪いものは何も写っていないそうです。おそらく、皮下脂肪の中で何らかの衝撃のために傷ついた部分が治ろうとする力で硬くなって盛り上がっているのではないか、と言う事でした。あくまでも推測であり、本当にそれが何なのかを調べたいのであれば、あとは切って細胞を取り出し調べるしかないそうです。そんな事をすれば痛いし傷も残るし、今の段階でそこまでする必要はないだろうということで経過観察となりました。
とにかく、怖い病気ではないので一安心。お騒がせ、お騒がせ・・・・。040.gif
今回は、CT画像で私の分厚い腹部の皮下脂肪が白日の下にさらされただけでありました。ちゃん、ちゃん。


今朝の事。花に気づかれないように平静を装って、爪切りを取りに行ったのに振り向いたらもうそこに花は居ませんでした。どうして悟られてしまうのでしょう。
花を捕まえる時はいつもギャーギャー騒がれるので、私もどうしても内心ドキドキしてしまいます。空気でそれが伝わってしまうのでしょうか?
c0133013_1633636.jpg
いつものように洗面所に逃げ込んだ花。この後あえなく御用となり、ぱっちんぱっちん爪きりされてしまいました。ぎゅーっとすごい力でゲンコツを握らなくなったので、捕まえてしまった後はすばやくスムーズに爪きりできるようになりました。

c0133013_16334283.jpg
目の前で私が美味しそうにピオーネを食べて見せると、首を伸ばして奪い取ろうとする花。ピンが手元に合ってしまいましたが。
ぺたぺたする果物を持つのが大嫌いなはずなのに、この時は平気でピオーネを握り締めて食べていました。
c0133013_16344426.jpg
そしてこの後ベタベタのあんよで私の肩に飛んできて、私のシャツで嘴を拭き拭きする花でした。025.gif

そういえば、先日のブログで花が「よん、さん、ごぉ、にぃ・・・・」とか、順序がめちゃくちゃな数字のおしゃべりをすることを書きましたが、そのブームはまだ続いています。その時だけ抑揚のない無機質なしゃべり方をするのでなんだろうと思っていましたが、やっと分かりました。留守番電話が発信先の電話番号のアナウンスをするのをまねていたのです。でも何故「よん」から始まるのかは、まだ解っていません。

今朝はなかなか海が出てこないなと思ったら、ケージとラック支柱の隙間が狭くて出られなかったようです。
c0133013_16375627.jpg
にっちもさっちいかなくなってうろたえる海。037.gif下まで降りてしまえば出てこれるのに。
c0133013_16382246.jpg
カメラを向けると体をよじって顔を背ける海。正面顔を撮られるのが苦手のようです。
まあるいカラダにちょこんとそろえられたあんよ、何回見ても萌えますねぇ。

さてさて、早くも週末がやってきました。今週は心置きなく美味しい物を食べられそう。
開放感が心地よいです。
せっかくちょっとダイエットしたのに、維持させようと言う気はまったくないおバカなsanaです。

[PR]
by sanakk | 2011-10-14 16:50 | Comments(8)

CTスキャン と 一周忌

先週からこの3連休にかけて、なんだかバタバタしてしまって落ち着いてブログを更新する気にもなれませんでした。

原因の一つは、先週はちょっと仕事が立て込んでいたにもかかわらず、病院に2回も行って半日つぶしてしまったこと。
多分13年ぶりくらいにCTスキャンなるものを受けました。輪切りのわたしの胴体に分厚い脂肪がついていたらどうしましょう・・・。恥ずかしい。・・・・って、そういう事じゃなく。

2週間前くらいから右手を挙げて高い所の物を取ろうとすると右脇腹が攣れるような感覚がありました。
そんなに痛いというほどのものではなかったので放置していたのですが、ふとした時に脇腹を触ると肋骨と垂直に交わる向きで10センチくらいの筋のようなみみずばれが指に触りました。
「なんじゃ、こりゃー」と思わず口にしました。まったく思い当たるところが無いのです。触ると青あざに触れた時のような痛みがあるし、手を挙げた時に感じる攣れはやはりこの筋のようなみみずばれから来ていることがわかりました。
普通にしてるとわからないのですが(皮下脂肪にうもれて)、手を上げるとくっきりと脇腹に浮かび上がります。
気持ち悪いったらありゃしない。それでも、時間を取れそうもなかったので放置しかかっていた私ですが、娘がしつこく病院へ行けと言ってくれまして、重い腰を上げて仕事をやりくりし、近くのそこそこ大きい総合病院に行きました。
こういう症状は何処の科にかかっていいか分からず、受付の看護師の方にわざわざシャツをめくり上げて患部を触ってもらい、とりあえず整形外科に行ってみてと指示を受けました。
レントゲンを撮っても骨には特に悪い所見は見つからず腹部の内臓にも異常は見つからず・・・、心配は無いと思うけど念のために内科でも見てもらってくださいと内科に回され、そこから外科に回されました。
外科の先生は「こんなの見たことない。ちょっと診断がつかないから大学病院に行ってください」と仰いました。
えーっ、わかんないの~?思わず言いたくなりましたよ。3科たらいまわしされても脇腹のみみずばれの原因の予測もできないなんて。
で、形成外科のある大学病院に翌日行き直して、CTスキャンとなったわけです。
結果はまだわかっていませんが、思いもかけず大事になってしまってちょっとびっくりです。
最初の病院では、診断もつかないのに初診料やらレントゲン撮影料やら、結構な診療代をとられて半日以上無駄にしてしまいました。最初から大学病院に行けばよかったのです。
自分の体の事なのに、めんどくさがって手近で済ませようとしたらいけませんね。教訓になりました。
大きな病気が潜んでいたりしなければ良いのですが。
いえ、私自身はとても元気なのですけど。

そして、昨日はひと月ほど早かったのですが、去年11月に亡くなった父の一周忌の法要をしました。。
母と兄家族とsana家族であつまっただけの法要だったのですが、母も今回はあまりめそめそせず明るくみんなで談笑した会になりました。父もその方が嬉しかったでしょうね。
一年などあっと言う間でした。特に今年は世の中も私の周りでもいろんな事が起こって忘れられない年になりそうです。
母と一年前の今頃の父はどうだった、こうしてた、とよく話してきましたが、もう少しで一年前の生きてる父の事を辿ることもできなくなります。本当に月日はそこにとどまっていたい私の気持ちなど無視して容赦なくに過ぎ去ってしまいます。

長女はもう高校の制服で法要の場に出られない事に数日前気がつきました。もちろん喪服などまだ持っておりません。知人に頼んでもうキツくて着られないという喪服を急きょお借りしました。
その知り合いの女性が若くて細かった頃にさらにウエストをつめて細く直したということで長女が果たして着られるかどうか心配でしたが。
c0133013_20102058.jpg
孫にも衣装。ちゃんと入りましたね。まだ若いからウエストも細いです。(ちなみに私が着て見たら背中のファスナーが途中から上がりませんでした012.gif)
長女も来年は二十歳。そろそろ喪服も用意しておいた方がいいのかもしれません。


c0133013_20112690.jpg
ヨーグルト中の今朝の花。嘴にいっぱいつけてきょとんとした顔、かわいいです。016.gif
c0133013_20123941.jpg
おもちゃで遊んでる途中で眠くなってしまった詩。おもちゃを抱えうとうとしています。すっごく可愛いのですがうまく撮れないのが悔しいです。近づきすぎると起きちゃうし。


c0133013_2227347.jpg
今朝の海は私にべったり。立てば肩に飛んでくるし、座れば膝の上によじ登ってきます。そんなにおかあさんが好きかえ?と一人悦に入っていましたが、そうじゃなかったのです。海はおやつが欲しかったのです。私の顔を見上げては鳥メシラックを見て・・・。そういえばこの数日ナッツ類が全部切れているのに買いに行けないでいたのでした。
海の好物のアーモンドもピスタチオも無いので仕方なく普段はあまりあげることのないヒマワリの種でごまかすことにしました。
c0133013_20115879.jpg
ヒマ種を入れたおやつ容器がケージにセットされたのを見たとたんいそいそと私の膝を下りて行く海。さっさと自分でケージにお帰りになりました。
c0133013_20114165.jpg
       無言で食べてます。
c0133013_20122049.jpg
真剣に食べる花のこの目つき。しばし、しーんと静まりかえって花と海がヒマワリを食べるカシュカシュと言う音だけが響いていました。久しぶりに食べるヒマワリがそうとう美味しかったようですね。
c0133013_20125248.jpg
三連休最終日の今日はゆっくりと過ごせたので花&海の命のナッツ買いに走ってきました。
落花生、ピスタチオ、アーモンド。人間のお酒の乾き物おつまみじゃございません。我が家のお鳥さまの必須おつまみでございます。

[PR]
by sanakk | 2011-10-10 22:56 | Comments(8)
10月。今年も残すところ3ヶ月を切りました。なんだか焦ります。
早朝の寒さに思わず毛布を引っ張り出してしまったsanaです。

c0133013_1925798.jpg
コワイ顔して落花生を食べる花。本当に花は落花生が大好き。
食欲の秋、食べたい気持ちを抑えるのに四苦八苦しているわたしですが(まったく抑えられていません008.gif)、花もまた大分肥えているようです。037.gif
手に乗せた時のずっしり加減でわかります。ずっと手に乗せていると肩がこってくるほどです。
c0133013_1944815.jpg
今朝は手に乗せて花の顔を見ながら、「花ちゃんはかわいいねぇ~。だーい好きだよ。アイシテルよ。」と話しかけているとやっぱりエグエグとプレゼント攻撃が始まりました。
私の気持ちが伝わるのでしょうね。私の愛情に花なりの愛情表現で返してくれます。やっぱりインコって可愛いですねぇ。といまさらながら思った朝でした。
c0133013_19484373.jpg


今朝の花のおしゃべりは、ちょっとおもしろかったです。定番おしゃべりの合間に「よん、さん、ごー、にぃ、ななとー」って数をかぞえていました。教えた覚えはないのですが、会話の端々から覚えるのでしょうか?
順番がめちゃくちゃなところが花らしくっておかしいのです。必ず「4(よん)」から始まるのは何故でしょう?
ウチの住所にも電話番号にも「よん」は無いのに。
c0133013_1950012.jpg
       目玉がこぼれおちちゃうよ、海くん。


ダイエット頑張ると言い切っていた私ですが、あっけなく決心は崩れて日曜日イタリアン行っちゃいました。
知ってる人が茅ヶ崎にイタリアンレストランを開いたそうだから行ってみようとおやーじゅの誘惑にへらへら負けて出向いたお店はpaglietta(パリエッタ)さん。おやーじゅが海の帰りにたまに立ち寄るイタリアンレストランの厨房を任されていた方が独立して開いたお店だそうです。いつも厨房でお仕事されていたので私は背中しか見たことありませんでしたが、正面からお目にかかるととても若い方でした。
イタリアンのシェフは、若い男性が多いですね。しかもナイスガイが多いです。

c0133013_1954484.jpg
前菜。白レバーのパテやクスクスのサラダ、鯵のマリネなどなど・・・・。スプマンテを呑みながらちまちまと食べるのは愉しいです。
c0133013_20175931.jpg
大うるめイワシのコンフィ。香ばしい身をほぐしてポテトと一緒に、頭から全部食べられます。
c0133013_22442185.jpg
パスタは生シラスと青海苔のアーリオオーリオとポルチーニのタリアテッレ。
ポルチーニはクリームベースかと思いきや、オイルベースであっさり系。ポルチーニ茸がゴロゴロ入っていて美味しかったです。
c0133013_20184511.jpg
c0133013_20185841.jpg
メインは子羊のローストと浅利仕立ての花鯛のグリル・・・。子羊は柔らかく、鯛は浅利のスープを吸ってふんわりとしていて両方とも満足の美味しさでした。
特筆すべきはドルチェ。ティラミス&ゴルゴンゾーラと梨のケーキ。
c0133013_2021554.jpg

ティラミスがおいしいのは言うまでもありませんが、ゴルゴンゾーラのケーキがとても気に入りました。
ちょっとしょっぱいドルチェです。塩ようかんとか塩キャラメルとか・・・・塩の効いたスィーツがありますがこのケーキもそんな感じにゴルゴンゾーラの独特の風味がプラスされてとても美味。
しばらくゴルゴンゾーラにハマってしまいそうです。
若い男性二人組の居心地のいいイタリアンレストランでした。頑張っていただきたいと思います。

それにしても、私のダイエット計画はいったいどうなることやら・・・・。015.gif

[PR]
by sanakk | 2011-10-04 22:30 | Comments(8)

平凡な主婦と平凡なヨウムの楽しく滑稽な日々を綴ります


by sanakk