ヨウムな生活 sanahana.exblog.jp

平凡な主婦と平凡なヨウムの楽しく滑稽な日々を綴ります


by sanakk
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2012年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

先週、関東直下型地震がこの4年の間に起こる確率は70%とTVのニュース等で発表されました。
それに続き、この土曜日の朝には山梨県で震度5弱を記録する地震が起きたりして、先週から週末にかけて私はどうしようもなくヘビーな気分になってしまいました。
どうしよう・・・いよいよ来るかもしれない。娘の大きなリュックサックに大切なもの(印鑑やら、保険証券やらetc)や懐中電灯を詰めてみたりしました。でもすぐに、そんなことしても何の意味があろう?と空しい気持ちになりました。
大地震の件で私の気持ちを重く沈みこませる一番の要因は「鳥たちの事」です。人間のための備えをしても鳥たちのことで安心できなければ意味がないのです。
もし、日中、家族のいないときに大地震が来たら・・・留守番をしている鳥たちの安全はどうなるのかと思うともう不安で押しつぶされそうになってしまいます。
人間は、それぞれの場所で被災したとしても、自分の判断で自分の身を守る努力をすることができるけど、飼い鳥は、ケージの中で恐怖に陥りパニックを起こし、逃げたくても逃げる事もできません。ましてや津波が襲って来たり火災になったりしたら彼らはどうする事もできず恐怖と苦しみの中で死を待つしかないでしょう。
もし、家族が在宅の時に地震が起きたとしても、4個もあるケージを抱えて避難する事は不可能な気がします。特に花のケージはとても重いし、持って逃げるなんて無理。かといって激しく揺れる中、パニック状態の鳥たちをキャリーにいちいち移す余裕などある訳無いと思うし。そうやって具体的に考え始めると出口の無い暗い気分のスパイラル状態に陥ってしまうのでした。。
他にも色々憂鬱な事が重なって、ここ数日すっかり塞ぎこんでいた私だったのです。

でも、今朝になって、なんとなく気分が晴れてきました。耳が痛くなるような寒い朝、晴れた青空の下自転車を走らせているうち、なんかすっと心が軽くなっちゃいました。
何も解決策などありません。
気持ちの中で臭い物に蓋をしたのかもしれません。でも、もうこれは運を天に任せるしかないのかなぁと思えるようになってきたのです。守らなきゃならないものがたくさんありすぎて、あれもこれもと欲張るからどうしようもなく怖くなるのです。大切なものを失うかもしれない、神様が助けると決めたものは助かるだろう・・・そう開き直る事にしました。自分自身が失われるかもしれないんだし、その時までなるべく楽しく悔いなく生きるしかないと。願わくば、籠の鳥たちが過大な恐怖と苦痛を味わうことがありませんように・・・そう祈るのみです。
そうやって開き直るとあら不思議、ここしばらく私の頭の中をしめていたドス黒い不満や不信感まで雲が切れて青い空が見えたときのようにクリアになっていきました。
もういいじゃない、明日大地震が来て、どうなるかわからないロシアンルーレットのような世の中で、いやらしい妬みの様な感情に支配されてる場合じゃないと。何もかも受け入れ、許し、清清しい気持ちで生きたらいいじゃないと。なんちゃって、かっこよすぎますね。012.gif
あ、決してやけっぱちになったわけじゃないんですけどね。悶々と考える事に疲れただけかもしれないです。

と言うわけで(?)、今日はナッツゲットにすべてをかける無邪気な海の動画三連発。
天井が低いラックの棚でおやつ入れの蓋を開けることに苦労する海。
たった一つしか入っていないアーモンドをゲットすることに焦ったのか蓋を外そうとして容器ごと下に落としてしてしまう海。空っぽになった容器をしっかり確認して、いまいましそうに放り投げるところが見どころです。003.gif
容器が落ちたところには丁度花が居てぶつかりそうになっていました、っていうかぶつかっていました。


なかなかうまく行かず、じれったいです。


最初の失敗から学習したのか、一度蓋を外してから慎重にスライドさせて落とす海。さすが。
自分が落とした蓋がどうなったか確認してから食べてますね。


この子たちと、平穏無事に暮らせる日々が少しでも長く続きますように。神様おねがいっ。

[PR]
by sanakk | 2012-01-30 11:49 | Comments(10)
最近、あまりブログに登場しないsana家のオカメたち。ちょっと影、薄め・・・。
ほぼ毎晩、放鳥してるんですけどね。ブログネタにならないのは、彼らがリビングに出ている間、私が転寝している率が高く、写真を撮っていないから。または仮に私がちゃんと起きていても、彼らが これと言ってブログネタになるようなことをしてくれないから。
放鳥中、希はほとんど私の肩にしがみついているので写真を撮るどころか、私はあまり希の姿を見ていませんし、詩は基本手乗りではないので、どっか高いところから下界を見下ろしているだけ。
希はただ私の肩にとまって耳元でさえずっていれば満足で下手にかまおうとするとドン引きして後ずさりするし、詩は私が手を出せば飛んで逃げるので、このオカメsお二方には放鳥中、私がしてあげることはあまり無いのです。ただ自由に飛ばせて遊ばせるだけ。時間が来たらとっ捕まえて、ケージに放り込むだけ。

昨夜は、オカメsに好き勝手させながら、私はリビングの床に座って洗濯物をせっせとたたんでいました。すると希は早速私の肩に飛んできてまったく動こうとしません。私が肩先を見ながら話しかけると「はぁっ!」と威嚇しながら引くくせに何ゆえそんなにびったりと肩にとまって寄り添ってくるのか、不思議で仕方ないのですけど、可愛いですね。ただ肩にじーっと乗っかってくる希の重みと温もりに癒されます。
c0133013_1528026.jpg


詩は詩で、まずは冷蔵庫の上あたりから見下ろしていましたが、ゆっくりゆっくり時間をかけて近くにやってきます。
c0133013_1528294.jpg
気がつくと私の目の前のちょっと離れたところでちょこんとしゃがんで羽繕いなんかしています。
c0133013_15285756.jpg

c0133013_15291190.jpg
そしてちょこまかちょこまかと歩きながら少しづつ私との距離を詰めてきます。
c0133013_1532212.jpg
そしていつの間にか私の膝の間に入ってきてつぶらで無垢な瞳で見上げてくるのです。
オカメたちは、たとえベタベタと甘えてこなくても、彼らのやり方で私のことをじんわりと暖めてくれます。


さて、こないだの雪交じりの雨が降ったりしてとても寒かった休日、次女と今年になってからハマッている「お散歩ウォーキング」で自由が丘の街まで歩こうと計画していたのですが、あいにく朝から雨雪模様で計画は中止。
二子玉川まで歩くよりはずっと近いし、でもそこそこ歩き甲斐があり、丁度良い距離かと思っていたのですが。
今度、天気の良い暖かい日にでもリトライしたいと思います。

で、今回は電車で自由が丘へ行くことに。次女の通う学校が近くなので、私たちはよくこの街を二人でぶらつくのです。
バーゲンを冷やかし、雑貨屋を見物し(自由が丘って雑貨屋が多い街です)、お茶しようと行きあたりばったりで入ったカフェレストランのようなお店で・・・・多分この冬初の生牡蠣を食べました~。大好きなのになんか今シーズンは食べる機会が無くて。
c0133013_15384214.jpg

娘はケーキとお茶なのに母は白ワインと生牡蠣。おかしなテーブルの上の景色ですよね。
でも、美味しかった~。そのカフェ、何も考えずに落ち着けそうだからと入ったのですが、席に通されてメニューを見たら目を疑うほど何もかもが高額で(自由が丘マダムプライス?)、超お高くついたカフェタイムになってしまいました。

そしてこの自由が丘散策の時、次女と何気なく覗いたセレクトショップで、また衝動買いしてしまいました。
c0133013_18585839.jpg
本革パイソンのお財布!!しかも私のテーマカラーの緑!
セレクトショップのおじさんに安くしてあげるよ儲け無しだよと丸め込まれ、次女にそそのかされ・・・。
現在私が7年間くらい使ってるお財布をまず見ていただきましょう。
c0133013_15413447.jpg
これをバックから取り出すと一緒にいるヒトはたいてい驚きます。何が入っていてそんなに分厚いの?と。
一番厚いところで7cm以上あります。まさにブタ財布です。003.gif
もちろん札束でこんなに膨れ上がっているわけじゃございませんよ。
クレジットカードにキャッシュカード、各種ポイントカードに診察券に会員カードに図書館カードetc、etc。
数えてみたらこの小さな折り畳み財布に55枚のカードが収納されていました。いえ、どれも吟味して外せないと思って財布に入れてあるカードたちです。これでも、先日財布がブタのようになりすぎて閉まらなくなったので、少し整理して要らないカード類を捨てたところなのです。
現金はというと、いい年の大人が所持するには恥ずかしいほどの金額なのに。

先日、風水がらみのサイトで読みました。赤い財布は「貧乏財布」と言われるくらい自分の財を燃やしてしまうので風水的には絶対NGなのだそうです。そして二つ折りの財布もお金が折られて窮屈な思いをするのですぐに出て行ってしまうとのこと。その上、お財布にキャッシュカードやらレシートやら入れるのも絶対NG。しかも財布の寿命は3年と言われていて、それより古いものは新しい財布に変えるべし!と書いてありました。
全部、当てはまるじゃん、私の財布。なるほど出て行くばかりで貯まらないはずだわ、と思ったのでした。(自分のやりくり下手を棚に上げ039.gif)
その時、天然蛇革の長財布は金運アップに良い(風水的に蛇は財を大きくする力があるそうです)とも書いてあったのを覚えていました。
別に私は風水信者ではないのですが、なんとなくこの時は、もうこのヘビ財布、買うっきゃない、そしてこの貧乏財布とはおさらばじゃー、と思ってしまったのでした。

でも、7年も使って手に馴染んで愛着のあるこのブタ財布。どうも捨てる気になれなくて。可愛そうで。結局まだ使っております。おニューのヘビ財布は仕舞い込んじゃいました。
2012年も貯金増えないかな~。008.gif
あ、ちなみに緑のパイソン長財布を購入してからもう一度、風水金運アップサイトを覗いてみたら「緑色は悪い色ではないけれど一生懸命働かないとお金が入ってこない色」なのだそうです。そのくだり最初に見落としていました。
ま、どんなお財布を持とうと、じみちぃーに働きなさいってことですね。045.gif

[PR]
by sanakk | 2012-01-24 19:04 | Comments(9)
毎日寒いですねぇ~。そして今朝は雪がちらほらと降りました。
関東地方、すごく乾燥してましたから、空気が少しは湿って返ってよかったのかもしれません。
皆様、まだまだ寒い日が続きそうですので、風邪やインフレエンザ、十分お気をつけくださいませ。

sana家では毎朝、海と花を放鳥している間に、4個の鳥ケージすべて掃除をすることにしています。
掃除が終わると海と花には、ケージの中の「ねじっておやつ」にピスタチオを仕込んであげるのが習慣になっています。
海はそれをよく見ていて、ピスタチオが仕込まれたのを確認するとそそくさと自分のケージにお帰りになります。
毎朝、自分でお部屋にもどってくれるので本当に手間いらずなインコです。
c0133013_16114853.jpg
自分の部屋に帰って、「ねじっておやつ」をネジネジしてピスタチオをゲットすることをとても楽しみにしているようで、最近は私がなかなかケージの掃除を始めないと、ケージのそばの洗濯ばさみに止まって無言で「早くお掃除しなよー」と私に圧力をかけてくるようになりました。
c0133013_15461452.jpg

c0133013_15463671.jpg
私がのらりくらりと掃除を始めると、背中に止まって早く早くとせかす海。
そして、痺れをきらして、まだ掃除が終わっていないのにピスタチオもセットしていないのに、早々とケージに戻ってスタンバっている時もありました。
c0133013_16122363.jpg
c0133013_1612479.jpg
c0133013_1552180.jpg
先日、先にケージに戻ってあんまり熱い視線で私にプレッシャーをかけるので、つい先行してピスタチオを渡してしまいました。その後、ちゃんと「ねじっておやつ」にもひとつセットしたので、海は結果的に2個ピスタチオをゲットしたことになりました。それに味をしめた海は、それからというもの毎朝、先回りして自分のケージに戻って待つようになったのです。ダルマインコの学習能力の高さには、驚かされます。
まあ、海の場合、学習能力を発揮するのはナッツが絡んでいる時限定なのですが・・・。

毎朝、ケージから出てきてアーモンドか落花生1個、そして先回りケージインして待ってる時にピスタチオ1個、そしてさらに「ねじっておやつ」の中にピスタチオ1個。計3個のナッツを順番にたいらげるのが海の朝の習慣になってしまいました。
朝からちょっとあげすぎですかね~。015.gif

放鳥中は、ストーカー行為に夢中でおやつには執着しない花。動きにくいのでちょっと離れてもらおうと落花生で釣って花を止まり木に置くのですが、かなりの率で投げ捨てます。
c0133013_16201619.jpg
条件反射で落花生を受け取って齧りますが、視線は私から外しません。008.gif

そして、今朝の花。
花の視線の先には海がいます。「かいちゃま~」と言っているのは偶然ではないようです。
私の代わりに、おやつを盗み食いしようとする海に注意しているつもりなのかもしれません。

[PR]
by sanakk | 2012-01-20 16:28 | Comments(8)
c0133013_1349338.jpg
先週末、2度目の初詣(2度目は初詣と言わないか・・)に行って来ました。
鶴岡八幡宮です。
鎌倉にはしょっちゅう来るけど、鶴岡八幡宮の境内に踏み入るのは何年ぶりでしょう?
c0133013_13522665.jpg
おととしの春でしたっけ?強風でじ大銀杏が根こそぎ倒れてしまったのは。ニュースになりましたよね。
今は根元から4mの切り株が少し離れた場所に移植されていました。再生不可能と言われていたのに若い枝が空に向かって伸びていました。根性大銀杏、樹齢1000年とも言われる老木なのに、逞しいですね。
植物は意志を持って育つ、と聞いた事があります。横倒しになってもちゃんと空に向かって太陽に向かって若芽を芽吹いて伸びていくんですよね。
c0133013_13572258.jpg
元の大銀杏跡、手前と移植された大銀杏、奥。


c0133013_1403174.jpg
おなじみ鶴岡八幡宮、源平池の鷺さんですが、左上のなが~く首を伸ばしてどこか一点を見つめている方、何分も微動だにせずこの体勢のままなので、枝に取り付けられた鷺のオブジェかと思ってしまったくらいです。ハシビロコウのごとくあまりにも動かないのでやっぱりあれはニセモノか・・・と見物人がつぶやき始めた頃、いきなり飛び立ちました。本物でした。それにしても鷺という鳥は右下の固体と比べても、見事に首が伸びますね。
ヨウムも相当首が伸びる鳥だと思っていましたが、鷺さんと比べると足元にも及びませんね。

2日に初詣した湯島天神で引いたおみくじは「小吉」。そしてこの日、鶴岡八幡宮で引いたおみくじは「吉」でした。あれっ?小吉と吉では、どっちがラッキーなんですか?おみくじなんて久しぶりだったので分からなくなりました。ラッキー順は、大吉→中吉→小吉→吉→末吉でいいのでしょうか?それとも大吉→中吉→吉→小吉→末吉?
039.gif

さて、せっかく鎌倉に来たのだからと立ち寄ったのは小町通の小さな雑居ビルの2階のイタリアンワイン食堂「オステリア コマチーナ」。実はお参りよりこちらがメインだったりして。011.gif
以前おじゃまして、ワインの種類が豊富なのと、ワインが進むお料理がとても美味しかったので、今回は2度目の訪問。
c0133013_14413564.jpg
       まずはサバのマリネにお店お勧めのスプマンテ。最高のコラボです。


c0133013_1442220.jpgこのスプマンテ、お店の方の説明はキレイさっぱり忘れましたが実に美味しかったです。ビールにも似たほろ苦さとまったりとした芳醇な味わい。
こんなの飲んだ事ないというお味でついつい昼間から3杯も飲んでしまいました。


c0133013_14443317.jpg
こちらのアジのサラダはお勧めです。アジが新鮮でドレッシングがなんとも言えずさわやかでマッチしています。

c0133013_1446380.jpg
     豚レバーと豚肉のパテ。赤が進みそう。
c0133013_14473046.jpg
葱のオイル煮。焦がした葱の青い部分が甘く香ばしく・・・・ワインのお供にぴったり。
こちらは、ツマミ系の一品料理がとても美味しくリーズナブル。ああ、夜来てガッツり呑みたい!という欲望に駆られます。こんなお店がもっと近くにあればねぇ・・・と話しました。さすがに鎌倉ではフラッと来て食べて呑んで帰るというわけにいきません。

c0133013_1450110.jpg
       ポワロ葱とジャガイモのスープ。

c0133013_1450334.jpg
       赤イカとほうれん草のパスタ。イカがやわらかーい!

c0133013_14541046.jpg
       タコの辛いリゾット。(そんなには辛くありません)

c0133013_1453736.jpg
リコッタチーズとイーゼルナッツのケーキ&カプチーノで〆て、この日のおそーいイタリアンランチはお終い。
ランチ、というよりアフタヌーンワインメシ、かな?


「ダメよ~ダメダメ!」そう言う花の声が聞こえたらロクなことはありません。
c0133013_15221886.jpg
「ダメな事」をしていると自分で告知しているわけですから。037.gif
振り向くとやはり、水栓に降りてなにやら浄水器あたりをガッツンガッツンやっておりました。
ダンボール齧り熱は一段落して、最近は再び水回りに興味が向いているようです。
でも私が「こらぁ~、花!ダメよ~」と声をかけるだけですぐに上の止まり木に戻っていくので、以前に比べるとかなり学習して良い子になっていると思います。
c0133013_1527138.jpg


c0133013_15292057.jpg
・・・と思ったのもつかの間、すぐにまたぶら下がって浄水器狙いが始まりますが。

叱られると慌てて私の肩に飛んできて、クネクネ状態になる花。
c0133013_1522456.jpg
さて、コレはどういう状態になっているかおわかりになりますか?(横から撮った写真)
c0133013_1523687.jpg
私の肩から逆さになり超イナバウアー状態で頭をすっぽりくるまれて喜んでいる花でございます。
イタズラをしても甘ったれておけば許されると知っているのでしょうか?
良い子になったというよりは、要領が良くなったというほうが当たっているかな?

[PR]
by sanakk | 2012-01-17 15:37 | Comments(8)

お酒の話

c0133013_7492620.jpg
いきなりですが、越乃寒梅の焼酎です。
生産数が限られているせいか、レア物らしいのですが知り合いの酒屋さんが12本だけ仕入れたものを1本分けてくれました。お正月にちびちび飲もうととっておいたのですがやっと昨夜開けました。
大吟醸酒粕のみ使用して、3年以上は寝かせているという逸品とのことで楽しみにしていました。
酒屋さんに美味しい呑み方は、何かで割ったりしたらもったいないのでロックで呑むのが一番と教えてもらい、久しぶりにアルコール度数の高いお酒をちびりちびり舐めてみる事にしました。
その昔、私はバーボンをロックで呑むのが大好きでした。世の中バブル景気の真っ只中にいた頃、ショットバーと呼ばれる店が全盛期でした。うら若き乙女だったはず(?)の私は、ショットバーに行けばカラフルで可愛いカクテルを飲む友人や同僚を尻目に「バーボンロックで!」とオーダーし、チェイサーもなしにぐびぐびっと呑んでおりました。まるでハードボイルド小説に登場する探偵のように(?)。003.gif
家にもフォアローゼスあたりのバーボンを常備し3日くらいで呑み切っていたものです。バーボンをあまりの呑みたいと思わなくなったのは、ワインに目覚めた頃だったでしょうか?半身浴が毎日の習慣になってからは、ビールやサワーといったゴクゴクと飲めて喉を潤すものに手が伸びてワインもあまり家では飲まなくなりました。それに、トシをとると共にすっかり弱くなってしまって今はそんなに強いお酒、飲めないですし。ハードボイルドはずいぶん前にやめました。
話がそれました。この越乃寒梅の焼酎はアルコール度数40度。バーボンだってたしか25度くらいなのに。でも、しっかりねかせてあるせいかとてもまろやかですんなりと喉を通っていく味わい。久しぶりに強いお酒をオンザロックでいただきました。危険です。
c0133013_7505638.jpg
さて、その寒梅の古酒焼酎にあわせて作った昨夜の肴は、鰤の照り焼き、肉じゃが、白子ポン酢など、まるで小料理屋のようなメニューでした。肉じゃがは美味しく仕上がりましたが、白子は少々湯通しが長すぎました。鰤照りは娘たち曰く「若干サカナ臭い」という評価でした。002.gifそもそも娘たちは鰤という魚が苦手だったのでした。

現在sana家には珍しく、濁り酒に大吟醸に珍しい赤の発泡ワインにスプマンテ・・・とまだ開けていないお酒がたくさん控えておりまして・・・。それぞれに合う肴には、何が良いだろうと思案しているところです。

さて、家呑みしていると、花にからみたくなる私。この夜も恒例の花との乾杯!
花が自分のコップから飲んでいるのは白ワイン、じゃなくてリンゴジュースです。


花とお酒を酌み交わせたら楽しいだろうに・・・・。
[PR]
by sanakk | 2012-01-14 08:01 | Comments(6)
お正月休みの後の連休も終わり、日常が戻ってきました。
あわただしく朝の仕事を済まし、職場へ向かい眠気と戦いながら仕事をこなし、買い物をして帰宅してまずはお風呂に浸かり、夕食を済ましてからつい転寝をしてしまい、気がつけば深夜・・・そんなルーティンをまた当分繰り返すのでしょう。何も去年と変わらない、元通りの生活。いえ、ひとつだけ元通りになってないことがあります。それはお正月中に増えてしまった私の体重。どうにかしなくっちゃ。気持ちは焦っているのだけれど一度広がってしまった胃袋と満たされる事に慣れてしまった私の食欲は、そう簡単に自粛ムードにはなってくれません。
ヤバイです・・・。 008.gif
そういえば、花が最近よくつぶやきます。
c0133013_16272592.jpg
私が無意識に言ってるのでしょうかね~?小さな声でボソッと「やばっ」、と花が言うたびに、リアルにヤバイと思う私です。008.gif

c0133013_16284811.jpg
くーちゃん、元気です。たっぷり太って・・・・。やはりお正月太りでしょうか?
私が職場の裏口から出て歩いていると、どこからともなく現れて足にまとわりついてきます。
くーちゃんの面倒を見てくれている里親さんは職場のすぐ裏のお宅だったと以前書きましたが、先日その里親さんとお話する機会がありました。
道端でくーちゃんをなでなでしていたら、突然里親さん(女性)に声をかけられて「その子、飼いませんか?」と言われました。なんでもその方はお宅で既に3匹のペルシャ猫を飼われていて本当は手一杯なのだけど、くーちゃんが家のガレージに戻ってきてしまうので放っておくこともできずに面倒を看ているのだそうです。
「元気なうちはいいけど、病気でもしたらほったらかしにはできないし、お金はかかるし、困ったわ~」と仰っていました。「どなたか飼ってくれないかしら~?」と。
その方がくーちゃんの避妊手術の費用も負担なさったそうです。
ちゃんと動物を飼うということはお金がかかると言うことです。猫がとてもお好きだからこそ、たまたまガレージに居ついてしまったくーちゃんの面倒を仕方なく看ているその方が困ってしまうというのもよく解ります。
「くーちゃん募金箱」を置いたらどうでしょう?と提案してみました。この辺りの人はみんなくーちゃんのことが好きだからきっと誰かしらが寄付してくれるのではないでしょうか?と。もちろん私もできる範囲で協力しますからと思いつつ。
「それ、いいわね。本当に募金箱置こうかしら~」と仰っていましたが、未だ置かれている様子はありません。
確かに、なかなか度胸が必要なことでしょうね。自分の家の玄関口にノラ猫ちゃんの募金箱を掲げるなんて。
そして今もちゃんとくーちゃんの面倒を看ていらっしゃいます。頭が下がる想いです。
自分は何もできないくせに、冗談めかして安易なことを言ってしまって申し訳ないと反省しました。

c0133013_16363782.jpg
裏口で待っていても誰も出て行かない時は、正面玄関に回って来て誰かが遊んでくれるのを待っているくーちゃん。ガラス越しにじーっとこちらを伺う姿は、ケージの中から私を見つめる花にも似て。


さて、今朝の花。
お正月の間に蜜柑をあげすぎてすっかり飽きてしまっていました。渡してもボットリと落とすし、ケージのおやつ入れに入れておくと即行でブン投げます。
なのに私が今朝、蜜柑を食べていると肩から回り込んできて首を伸ばして私の食べかけの蜜柑を奪い取っていきました。
自分がもらうのと私が食べているのは別物と思っているのでしょうか?
c0133013_16375523.jpg
c0133013_16381742.jpg
お手手が汚れるので水分の多い果物を持つのが大嫌いなはずなのに、ぎゅっと握り締め珍しく最後までキレイに食べていました。
花の天敵をひとつご紹介します。ただ怖がって逃げるだけじゃなくて、唸り声を上げて威嚇しているようにも見えます。

電池の充電器の何処が気に入らないのか、コレが視界に入ると必ず不思議な唸り声を上げるので、ついからかってしまってごめんなさい。
この唸り声、見知らぬ中高年の男性(つまり工事の人)がやって来ても上げます。鼠色の得体の知れない鳥にこんな風に唸られたらカワイクナイ生き物飼ってるな~って思われるでしょうね~、普通。

[PR]
by sanakk | 2012-01-10 18:53 | Comments(10)

2012年、歩いて始まる

新年のご挨拶の更新もできないまま、本日仕事初めとなってしまいました。
遅ればせもいいところですが、あけましておめでとうございます
今年は、おやーじゅが急な仕事が入ったため暮れからずっと三が日も休み無しだったので、sana家は今ひとつお正月気分になれませんでした。でもしっかり食べて呑んで、皮下脂肪は溜め込んだようです。
このお正月、ハマってしまったことがあります。それは「歩く」こと。

元旦に下の娘(16歳)と最寄りのJR駅前まで歩いたのが発端でした。
体が鈍りそうだから、ちょっと歩いてくるという私に「〇〇も行く~」とくっついて来た娘は、自他共に認めるマザコンです。037.gif
ふたりでおしゃべりしながら、いつもなら車かバスか自転車を使って行く距離を歩いてみました。
元旦だったので夕暮れ時の駅前はガランとして人通りもまばらでしたが、開いているカフェを見つけて娘とお茶をして一休み。JR駅の西口から東口に出て帰りは違う道を歩いて帰りました。
案外どうってことないね、歩けるもんだね・・・と娘と話しながら。そして、もっと遠くまで歩いて行ってみたくなった母娘。すっかりウォーキングお散歩にハマってしまったのでした。
そして3日の日、そこそこ暖かいし娘と徒歩で向かったのは、無謀にもいきなり距離を伸ばして二子玉川。
c0133013_15592393.jpg
我が家の最寄の多摩川河川敷遊歩道に出るとそこは、海から約8キロ地点ちょい手前。そこからずっと多摩川沿いに何処までもとことこと川を上って行けば、二子玉川です。とはいえ車で走っても結構な距離です。
多摩川大橋、ガス橋、丸子橋、第三京浜多摩川橋と通り過ぎ、二子橋までの約11~12キロくらいの行程でしょうか。
大張り切りで歩く気満々の娘と、大丈夫かな~?とちょっと自信のない母は、とりとめのないおしゃべりをしながらうきうきと歩き始めました。
c0133013_1602599.jpg
凧を揚げる人の向こうに見えるのは最初の橋「多摩川大橋」。天気も良くて、歩いているとちょっと汗ばむくらい。まだまだ楽しい散歩道。
「お正月には凧あげてぇ~♪こーまを回して遊びましょ~♪」最近の子供はお正月の遊びも知らないのでしょうねぇ。次女は「羽子板ってどうゆうの?」ってきいてきましたし・・・。
c0133013_161113.jpg
多摩川大橋からガス橋までは桜並木が続きます。桜の季節は本当に美しいのですが、歩いた事はありませんでした。いつも車で橋を渡るときチラッと観るだけ。今年の春は絶対歩いてお花見したいと思います。
c0133013_1614310.jpg
多摩川河川敷の広範囲に群生しているススキの種子がこの時期大量に飛びますが、今年は特にすごいです。地域一帯に飛びまくって、洗濯物にもぎっしりとくっつくくらいです。

c0133013_1625044.jpg
新幹線が行き来する鉄道橋をくぐれば丸子橋。ここまでマイペースで歩いて1時間ちょっとで、5キロの行程です。
c0133013_946285.jpg
そろそろ日も傾きかけて、風が冷たくなってきました。この頃になると疲れが出てきて、さらにここまで歩いた距離以上まだ先があると思うとリタイアしたくなってきたへタレな私。最初のやる気はどこへやら・・・です。
東急線多摩川駅近くから出ている二子玉川行きのバスに乗らない?とおそるおそる娘に持ちかけてみましたが、即座に却下されました。「ニコタマまで歩くって決めたんだから歩こうよ~。バスに乗ったんじゃ意味ないじゃん。」って。そりゃそうなんだけど。
42.195キロ走る人もたくさんいるのに、10キロちょいを歩くなんてどうってことない!と自分に言い聞かせ、泣き言をいいながらも歩を止めることはしませんでした。かろうじて・・・。
丸子橋を過ぎてしばらく歩くとはるか彼方に二子玉川の高層マンションが見えてきます。ああ、あそこまで歩くのか・・・とさらに重たくなった足を前へ前へと。「疲れた疲れた」しか言わなくなる私を叱咤しながらスタスタ歩く娘に、ヨロついて後ろから来た車にクラクションを鳴らされるたびに腕を引かれて「おかあさん危ないよ、しっかり歩いて」と言われました。やっぱり若いんですねぇ。老後、腰が曲がって杖をついた自分が娘に手を引かれて歩く姿がリアルに想像できました。039.gif

c0133013_1664169.jpg
いよいよ大田区を出て世田谷区に突入。喜ぶ娘。そして冷えてきて公衆トイレを探す母。
(多摩川サイクリングロード沿いの公衆トイレは、新しくてとてもきれいです。)

c0133013_1671871.jpg
第三京浜が見えてきた辺りで、日暮れがせまり美しい夕焼けを撮る事ができました。明日もいい天気だなぁ~と。
もう、この頃になると足の裏の痛みが結構辛くなり、若干腰にもきていて、ただ意地だけで歩いてた私でした。
ヤワですね~。普段、車と自転車ばかりの生活なので、たかが10キロちょっとで足が悲鳴をあげてしまうのですね。
娘との会話は「昔の人は偉いね~。歩いて日本中を旅したんだよ~。」って、そんな内容になってきました。でも、つくづくそう思いました。便利な乗り物の無い時代、庶民はテクテク歩いて何処までも移動していたんだと思うと本当に頭が下がる想いですね。

そして歩き出して2時間20分、やっと着きました。目的地、二子玉川ライズショッピングセンター。
c0133013_1694319.jpg
        すごい達成感!
c0133013_16101529.jpg
まずは早く座って休みたいということで、目に付いたカフェに入り、カフェモカとビールで乾杯。
娘はすっかり私との「お散歩ウォーキング」が気に入ってしまったようで、今度は横浜まで歩こうとか、文京区のおばあちゃんちまで歩こうとか、どんどん目的地を遠くに設定するのです。008.gif
歩くって良い事です。確かに。でも私はもう少し普段から歩いて足腰鍛えなきゃと思いました。
この翌日まで、私の足裏の違和感は続き、ふくらはぎの筋肉痛は今も少し残ってます。(娘はなんとも無し)
ちなみに、帰りはもちろんバスと電車を乗り継いで帰ってきました。003.gif娘とのおバカな会話は「いくらくれるって言われたら、帰りも歩く?」。(すぐにお金に換算して考えようとする母娘)
娘は5万円、私は200万円、でした。コレで私と娘の疲れ度合いの違いが大体分かっていただけるでしょうか?


さて、長くなってしまいましたが、新年のお鳥さまたちです。
c0133013_16323642.jpg
    ふたり揃ってカメラ目線の海と花。

c0133013_16144542.jpg
このお三方は相変わらず・・・・。

お正月といっても鳥たちの毎日は何も変わらず、人間の夜更かしにつき合わされてさらに宵っ張りになっていたくらいでした。
今年もこの気の毒なsana家の鳥たちの協力のもとに、マイペースでブログを続けていく所存です。
どうぞ宜しくお願いします。040.gif

[PR]
by sanakk | 2012-01-05 16:33 | Comments(8)