ヨウムな生活

sanahana.exblog.jp

平凡な主婦と平凡なヨウムの楽しく滑稽な日々を綴ります

<   2012年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

暖かくなったり、また冷え込んだり、進んだり後退したりを繰り返しながら少しづつ春に近付いてる感じですね。
職場では同僚の女性がノロウィルスに感染して週末ダウンしておりました。
sana家ではおやーじゅが先週風邪で熱を出しダウンしました。ほどなく娘たちにもその風邪はうつって私意外みんな体調を崩しておりました。
おやーじゅは、あまり熱が長引くので病院で調べてもらったのですがインフルではなかったようです。単なる風邪。
一人、鼻水もたらさず咳も出ない私を見て、リビングのソファで毛布にくるまり寒気と闘いながらおやーじゅは「〇〇〇は、いつも絶好調でいいねぇ・・・」と、ぬかしました。
いや、別に絶好調じゃないから!普通に健康なだけだから!ヒトをバカみたいに言うのやめてくれる?自分の健康管理が悪くて風邪ひいたんじゃないの!言ってやりましたよ。
調子が悪いなら、自分のベットで寝てればいいものを、わざわざリビングに出てきてアピールするから娘たちにもうつすんでしょ!
だいたい、オトコという生き物は、ちょっと風邪ひいただけでどうしてこう重病人みたいになるんでしょ?私なんて、高熱だしても一人で黙ってうずくまって治すのに・・・。
ん?高熱?そういえば私が風邪で寝込むなんてこと、ここ8年くらいなかったです。はるか遠い昔、まだ娘たちが小学生だったころ、年末に熱を出しなかなか下がらないので救急に駆け込んだのが風邪をひいた最後だったと記憶しています。
まあ、おやーじゅや娘たちが私の事を「鉄」と呼ぶのも分かるような気も。
では、なぜ私が風邪をひかないのか、というとそれはもう毎日の半身浴しか理由は考えられません。週一でヨガのレッスンをする以外、コレと言った運動もしていませんし。
半身浴を始めたのはちょうど8年前くらい。時期も合っています。
毎日デトックス生活は、体に侵入したいろんな悪いものをその日のうちに体外に出してしまってるってことでしょうか?
とにかく丈夫になったのはとても良いことです。
今年も風邪ひとつひかず春を迎えることができるでしょうか?あともう少し。


さて、本日、sana家に大きな荷物が届きました。
c0133013_1552376.jpg
海君の新しいお部屋です~。(右)
って新旧まったく同じなので、写真ではどちらが新しいか分かりにくいですね。
約9年使った海のケージは、ちょっと見わかりませんが、かなりガタがきていてところどろメッキははがれてきてるし、金属の格子の縦横接合部が外れたり折れたりしていました。
c0133013_15555911.jpg


c0133013_15582695.jpg
天然木止まり木と長年愛用しているおもちゃを付け変えて、海のお引越しは終わり。
まったく同じ形に底プラ部分も同じ色にしましたが、今回のは晴れてステンレス製。きっと長持ちしてくれるでしょう。
海君、長生きしようね。043.gif

c0133013_1614341.jpg
ねじっておやつにピスタチオを入れたら、躊躇なく帰っていく海。まだ新しいせいか、餌入れ容器出し入れ口の戸が硬くて開けるのに少し苦労していましたが。
c0133013_16173075.jpg


新旧ケージの違うところは素材がステンレスにになったという他は、餌入れが緑色から真っ白になったこと。
せっかくだから餌入れもおニューを使ってもらおうと白いのにペレットを入れてケージにセットしようとしたら、中から嘴で引き入れようとして待っていた海が、びっくりして腰をぬかして下に落ちました。037.gif
やっぱり餌入れの色の違いは、海にとってオオゴトだったのですね。
ゴハンが食べられなくなったらいけないので餌入れは旧ケージの緑色の物をそのまま使うことに。
c0133013_16125640.jpg



c0133013_16194394.jpg
   なんか今日はやたら、光ってまぶしいね。 by kai

c0133013_16254938.jpg
花ちゃんの新しいお部屋も、今オーダー中だからね。もう少し待っててね。



週末にはすっかり風邪も良くなって元気になったおやーじゅは、友人との呑み会にいそいそと出かけて行きました。やれやれ・・・。015.gif
娘と3人だけの夕食は、だいたいパスタと決まってます。
c0133013_1628236.jpg
若い娘たちの食欲を満たすガッツリ系パスタ、カリカリに焼いた豚肉とジャガイモと大葉のアンチョビパスタ。
パルメザンチーズをたっぷりかけて、もちろんパスタは2.2ミリのぶっといスパゲットーニで。
次女は私が作るパスタの中でコレが一番好きだといいます。育ち盛りの男子にもイイかもしれませんね。
スパークリングワインが飲みたかったけど、ひとりでボトルを開けてしまうと呑みきれないので、私はウォッカソーダをちびちび呑みました。娘たちのパスタの残りをツマミに・・。
この日のパスタにも使用したジャガイモ、「マチルダ」という品種ですが、最近気に入っていてお店で見かけるとよく購入します。スェーデン原産のジャガイモですが、中身は黄色くて表面の凸凹があまりなく皮が剥きやすいのが特徴。上品で凝縮された甘みがあり、ホクホクとした食感のわりに煮崩れしません。いろんなお料理によく合いますから見かけたら試してみてくださ~い。

[PR]
by sanakk | 2012-02-26 16:35 | Comments(6)
日曜日の夕方、急に思いついて実家の母のところに行きました。2週間ぶりです。
去年の秋ぐらいから、日に何度もかかってきた母からの電話がピタリとなくなりました。
繰り返し母に使い方を教え続けた携帯電話(らくらくフォン)もとうとう扱いきれなくて1月に解約してしまいました。
そもそも母の携帯電話は母からかかってくる時のみつながる代物で、私からかけても母が出たためしはなかったのでした。完全に一方通行だったのです。ここ数ヶ月はまったく通話もしていないのに(もちろんメールなどするわけも無く)月に2万円近く請求されるようになり、携帯会社に請求金額の内訳を問い合わせてみても、契約者は既にこの世にいない父であるため、教えてもらえませんでした。
それを知るためには、名義を父から母に変更するしかないのですが、そのためには父の死亡証明やら母の戸籍謄本やら揃えなくはならず、ずいぶん面倒な世の中になったものだと実感しました。
久しぶりに母の携帯の電源を入れるとわけのわからない広告メール的なものをいきなり80件以上受信するじゃないですか・・・・。母はメールのやり方も分からないのになんでこんな事になるんですかね?
心当たりのない請求はこのメールが関係していたのでしょう。どこをどういじっておかしくしてしまったのか、母も気づかないうちに携帯サイトを開きっぱなしとかにしていたらしいです。
そうこうするうちにも覚えのない料金の請求書がまた送られてきて、もうめんどくさいから解約してちょうだい、と母。どっちみち、こんなもの使いこなせないんだから、と。
父の死亡証明書を持って母と携帯会社の窓口へ行き手続きしたら、あっという間に母の携帯はどこにも繋がらないただのおもちゃになりました。けれど母はそれを大切そうにハンカチで包んでバックにしまっていました。
父が自ら私や孫たちに練習メールを送った記録が残っているのだから、その中には、父が生きていた時の言葉が保存されているのだから。

最近母が私に電話をかけてこなくなったのは、電話をしても話すのは泣き言ばかりだし、切った後余計に寂しくなるから・・・・だそうです。もう、大分孤独と友達になったのだそうです。
そんな母の元に、日曜日の夕方にsana家全員で押しかけて行って、無理矢理食事を一緒にしようと連れ出しました。
1人の食事ほど侘しいものはない、と泣くくせに、いざ一緒にごはん食べようと誘うと「私はいいよ」と言って出たがらない母でしたが、この日は強引に電話で誘って車で迎えに行くと、ちゃっかりよそ行きのコートを着て暖房を切って寒い部屋でスタンバっていた母。なんだか母がとても愛おしく思えました。
「何が食べたい?おばあちゃんの好きなものでいいよ」と言うと、母は「ラーメンが食べたい」だって。
うーん。ラーメンかぁ~。お寿司とか鰻とか、おうどんとか、その辺を想定していたんだけどな。

と、いう事で近所で一軒だけ知っている美味しいラーメン屋さんに母をご招待。
ラーメン瞠(みはる)池袋店さん。濃厚魚介系スープのつけ麺が売りのお店です。
こちらは長いカウンターだけの、ちょっとバーのようなおしゃれなラーメン屋さんです。高いカウンターの前の高いスツールに孫娘たちの腕に支えられよじ登るようにしてやっとこさ座った母でした。
c0133013_11321330.jpgつけ麺もおいしいけど、私はこちらの油そばが大好物です。油そばのわりにはあまりギトギトしていないのですが、ガッツりと食べたい気分も満足させてくれる濃厚なお味。
(撮影をすっかり忘れてがっついて食べてしまったので、ラーメン写真は食べログから拝借しました。)

いつも店先で待つ繁盛店なのにこの日は運よく空いていて、母も入れて家族5人で、だーっとカウンターに横並びでラーメンすすりました。こういう食事形態もめずらしい。
c0133013_11341548.jpg
母が食べた味玉ラーメン(麺柔らかめ)
びっくりしたのは、母の食べるのが早いこと。5人の中で一番早く食べ終わって箸をおいたのは84歳の母でした。すごい勢いで麺をすすり、チャーシューをほおばり、嬉しそうに半熟玉子を食べていました。
私の早食いが母譲りなのは分かっていたけど。
いやいや、弱々しい事を言っていつも私を心配させる母ですが、あの食べっぷりを見たら内心「ばあちゃん、あなたまだまだ大丈夫。」と思ってしまいました。

食事を終えて帰る時、バーのような高いスツールに腰掛けるのに苦労した母を気遣って、お店の若い人が踏み台をささっと持ってきてくれました。こういうちょっとした優しさは嬉しいですね。ラーメン瞠さん良いお店です。


長くなってしまいました。
鳥ばなし!
今朝の花は、何だかとーっても甘ったれ。10段階評価で言うと、きっぱり最高評価10の甘ったれ度。
c0133013_1137599.jpg
引っ付き虫は当然ながら、今朝は私の顔の前に肩から回りこんできて唇を割って嘴を突っ込んで来て首を小刻みにゆすります。
まるでヒナが親鳥に餌をねだる時のよう。そして「おいしい食べる?」と言うのです。
これは間違いなく私に口移しでお水を飲ませてほしい時の行動です。
たーっぷりお口からお水を飲ませてあげました。(正しい鳥飼いの人はけしてしない行為です)

いつもなら、ケージの外でナッツを2個食べたら、さっさと自分で帰ってケージの中でもらえるナッツを待ってる海なのですが、今朝はどうしたことか、私がピスタチオを「ねじっておやつ」に仕込むのを見ていたのに帰ろうとしません。
c0133013_11404495.jpg
私が手に乗せて戻そうとしても拒否。
海がナッツよりもケージの外に出ている事を優先させるなんて珍しいこと。どうしたんでしょうね。
花の甘ったれぶりを見て次は自分も・・・と思ったのかもしれません。
お約束のシャツインをした後に、すんなり自分からケージにお帰りになりましたから。003.gif

おかあさんとー。花は今でも時々言います。
前は私と花との言葉遊び、合言葉のようなものかと思っていましたが、最近はとても甘ったれの日に言うことが分かってきました。

「おかあさんとー」は単なる言葉遊びとしてだけじゃなく、花がほぼその意味の通りで使っている感情表現の言葉なのだと私は確信しています。

[PR]
by sanakk | 2012-02-21 14:40 | Comments(10)
今日は昨日より少し気温が高いようですが、天気予報は夜から雪ダルママークがついていました。
職場の加湿器、フル稼働しても湿度は32%です。
乾燥した空気の中、インフルエンザが蔓延しているようですので、皆様お気をつけくださいませ。
近頃巷でインフルエンザ予防効果があるとしてブームになっているR1ヨーグルト、スーパーなどでは欠品状態が続いているらしいですね。ある大手スーパーは、一日に5個くらいしか入荷がないとTVで言っていましたが、職場近くの〇トー〇ーカドーに開店の10時に行くと4、50個はR1ヨーグルトあります。ドリンクタイプのものも3ダースくらいはあるかな?さすがセブン&〇ホールディングス、大手中の大手だけあって、㈱明〇に対して強いのか・・・なんて思ったりしました。
もちろん開店と共にダーッと主婦たちがヨーグルトのスペースに駆け寄り争奪戦が起こり、ものの1分で売り場からなくなりますが。
こちらのスーパーは、1人何個まで、という制限は無く、あくまでも早い者勝ち、持ってけ泥棒!的な売り方が返ってさっぱりしていていいです。
今朝はたまたま別件でこのスーパーに用事があったので開店に合わせて行って、ちょっと頑張って購入してみました。008.gif主婦たちの争奪戦を店員の方はちょっとはなれたところで楽しげに眺めていました。「あ、もう無くなったわ」なんて言いながら。
c0133013_16215044.jpg
こんなにブームになるずっと前から、私はこのヨーグルトが好きで食べていたのに、TVで何度も紹介されたせいで、とても買いづらくなってしまいました。

健康に良いとされて流行ったもの、昔から色々ありました。古くは紅茶キノコとかね。何年か前は、ダイエット効果があるとして「にがり」が流行った事もあったっけ。メディアで紹介されるとあっという間にブームがやってきて、そして去っていきますね。
インフルエンザの季節が終わったら、このR1ヨーグルト、普通に買える日が戻ってほしいものです。
そして最近では、スーパーからトマトジュースが消えているって本当なのでしょうか?(さっき、いつも行くコンビニで知りました)なにやらトマトの成分に脂肪燃焼効果があるという論文が発表されたそうですね。
健康とダイエット、日本人をフードファディズムに陥らせるキーワード。
「下腹ぽっこり解消」とか「アンチエイジング」とかに劇的に有効な食品が発売されませんかね。私もきっと飛びつくと思います。017.gif


さて、今朝は、また寝坊してしまい、気がついたらもう部屋の中が明るくなっていました。
次女のお弁当を作って朝食を食べさせて送り出すためには、まだ暗いうち(6時ごろ)に起きなくてはいけないので、目覚めた時、辺りが明るいということは、かなりヤバイ状況を意味します。
眠気は吹っ飛び、震える指で目覚まし時計代りの携帯を開いて祈るような想いで時間を確認。6時56分。
おお!何とかセーフ!
「寝坊した!起きて、すぐ起きて!」と次女をたたき起こし、(次女は毎日夜中の2時くらいまで勉強しているので自力で起きる気はまったくありません)10分でお弁当を作りました。042.gif
娘は、朝食も朝シャンも省略して、顔だけ洗って制服に着替え出て行きました。「もう、おかあさん、いい加減にしてよ~。ちゃんとした目覚まし時計買いなよ」とぶつぶつ文句を言いながら・・・。
そう、中学1年生からほぼ5年間無遅刻無欠席を貫いてる娘に、私のせいで遅刻をさせないためにも、強力な目覚まし時計をゲットしないと、と思いました。二度寝を防止するような目覚まし時計。
二度寝、本当に怖いです。今朝もソレで失敗しました。一度5時半ごろ目覚めて、ああまだ30分眠れるとふとんを被り直したのがいけませんでした。携帯の目覚ましが鳴ったのも、自分で操作して止めたのもまったく記憶にありません。
そんなこんなのあわただしい朝、花と海の放鳥タイムもかなり時間が押していました。
花はすぐさまケージから飛び出てきて、いつもの水回りで悪さを始めました。最近また浄水器のダイヤル回しに戻っています。
c0133013_16283311.jpg
指一本で、というか爪一枚で逆さにぶら下がっています。ただでさえも最近おデブな花、よくこんなことできるなぁと感心しちゃいます。

そして海は・・・、私たちのドタバタにうんざりしたのか今朝はなかなか出てこようとしませんでした。
たまーにこういうことがあります。
c0133013_1629574.jpg
ケージを出ようとして躊躇する海。扉を開けかけて、何か考えこんでからやっぱりやめてケージの中に引っ込むあたり、とても人間くさい仕草です。今朝は何か考えるところがあったみたいですね。
c0133013_16302278.jpg
たっぷり迷った挙句にこっそりと出てきましたが、ケージに貼り付くように佇んでなかなか次の行動に移ろうとしない海。
挙句にまたこっそりとケージに戻ろうとするので、「何で今日はお母さんのところに来ないんだよう」とむんずとつかんでシャツの中に入れちゃいました。003.gif
c0133013_16312192.jpg
       海 in my shirt 久しぶりです。
私の胸でもぞもぞしてシャツにバリバリ穴あけて、ふっきれたのか、その後はいつもの海に戻りました。
c0133013_1631534.jpg
       やっぱりピスタチオはおいしいぞ

c0133013_16325873.jpg
花のぶっ飛びに驚いて、海もぶっ飛びましたの図037.gif

[PR]
by sanakk | 2012-02-17 16:50 | Comments(10)
世界の歌姫がこの世を去ってしまいました。大好きだったのに、ホイットニー。
キュートでスタイルが良くて、突き抜けるような美声と歌唱力、富も名声もすべてを手に入れたかのように見えた時期もあったけど、何かが足りなかったのですね。ドラッグに溺れるのは、やはり心の中に埋められない深くて暗い穴を持っているからでしょうか。
誰しも、大なり小なり、そんな穴を胸の内にかかえていると思うけど、人は名声を得て有名になっていろんな物を身に纏うと、返ってその心のブラックホールの存在が強調され気になって、それを埋める事に躍起になるのかも知れないと思いました。
彼女の1985年のデビューアルバムを持っています。当時はまだレコードだったんですよ。LP盤とかEP盤とか、あった時代ですね。(懐かしい)
海辺に抜群のプロポーションの白い水着姿の彼女が立っているジャケットのLP盤、覚えています。探せばまだ実家のどこかにあるでしょう。レコードが擦り切れるほど何度も何度も聞きました。カセットテープにダビングして車の中でも聞きました。(ダビング?死語?)
そのアルバムの中に収録されている「Saving All My Love For You」(邦題:すべてをあなたに)が特に好きでした。これって歌詞を読むと家族のある男性との報われない恋に身を焦がす女性の心情を歌った切ないバラードなんですよね。
当時、失恋したばかりだった私は、この曲を聴いては自分に置き換え涙したものでした。
ああ、懐かしの’80年代・・・。まだまだ若かったあの頃。
またひとり、きらきらと輝いていた'80年代を彩ったアーティストが消えてしまいました。
彼女はほぼ同世代なだけに寂しいです。




今日は朝から曇天、そのせいかどうにも気分が落ち込んでネガティブなことばかり考えてしまいました。
c0133013_13583591.jpg
そんな私の心境がうつったかのようにアンニュイな感じの海。別にどーでもいいんだけど。という顔つきでボサッと佇んでいました。

けれど私が落花生の袋を手にすると、表情は一転。すぐそばに飛んできて真剣な顔つきで待っています。目力がちがいますね。
c0133013_1359171.jpg
って、あなた、どこにとまっているのっ!022.gif


c0133013_1359206.jpg
私の肩にへばりついて耳元でしゃべり倒す花。今朝はさかんに「ヤバッ、ヤバッ」を連発。
そう、ヤバイのよ、花。あなたをくっつけてのらりくらり朝の仕事をしていたら、遅刻しそうなの。
c0133013_13595192.jpg
そろそろ慌てなきゃ、と花をケージに戻したのに、私の手を握り締めて放さず登って来ようとしています。

c0133013_1401583.jpg
オーマイガーッ!残り時間少ない朝に、篭脱けしてドヤ顔のピーちゃん。
ピーちゃんとの追いかけっこが始まると、ケージに戻された花が「かえるよー、さ、かえるよー、さ、ねよねよ」とかしゃべり始めました。
状況ドンピシャな花のおしゃべりを聞きながら、ピーちゃんを追いかけているうち、ちょっとだけテンション上ってきました。

[PR]
by sanakk | 2012-02-14 11:10 | Comments(4)

ハマっている

花が最近ハマっていること。
c0133013_16331343.jpg
朝、ケージを掃除している時、オカメsの止まり木をねじって落としてしまうこと。
c0133013_2032445.jpg
オカメsのカラフル止まり木はケージの格子の隙間を通してねじって止めるもの。
横向きのネジを縦にすれば外れる事を花は知っていてそれが面白くて仕方ないようです。
c0133013_16334782.jpg
自分で外しておいて落ちた止まり木にびっくりしてひと飛びした瞬間の花。037.gif


c0133013_16475875.jpg
オカメsの止まり木を2本とも落としてしまうと今度はピーちゃんのケージの止まり木外しに取り掛かる花。


外せる止まり木はすべて外してしまった花。あ、まだピーちゃんのケージの上の段の止まり木が残っていますがそれには気がついていません。
c0133013_16362459.jpg
次は何をしてやろうかとしばし考えて、ピーちゃんの鏡に目をつけて齧ろうとしたので、強制退去させられた花でした。

花が最近ハマっているおやつ。
c0133013_1636497.jpg
甘栗です。
先日、ナッツ類をすべて切らしてしまった時、つなぎのおやつに渡したところ、久しぶりだったせいかえらく喜んで熱心に食べてました。それ以来甘栗ブームが続いています。
落花生を渡しても、一口齧って放り出し「おいしいたべる?」と小首をかしげて私をのぞきこむようにして言う花。
「おいしいたべる?」を翻訳すると、「落花生なんか欲しくないの。ウチはあの甘くてほくほくしたのが食べたいの。アレをちょうだい。早くちょうだい。」という意味だと思います。
大きな甘栗を半分にして殻ごと渡すと、ひったくるようにして取ってそれは嬉しそうに点目になって食べるのでした。

c0133013_16383839.jpg
海は、甘いおやつがキライ。甘栗は投げ捨てます。
相変わらずナッツ一辺倒。
c0133013_1639255.jpg
落花生かピスタチオかアーモンドをあげていればご機嫌です。



さて、それでは私が今ハマっているもの。
c0133013_16393538.jpg
おつけもの慶さん のキムチ。今、川崎界隈で話題になっております。
小さなお店には毎朝開店前から行列ができ午前中で売れきれてお店は閉まってしまいます。
ネットで注文しても1ヶ月待ちという、恐るべきお漬物です。
行列に並んでまで買うつもりも無かったのですが、そんなにおいしいのか?と気にはなっていました。
キムチ好きの私の事を覚えていてわざわざスペシャルルートで取り寄せて届けてくださった優しい方がいらっしゃいまして(いつもブログも読みにきてくださるMさんありがとう~040.gif)、実際食べてみたら、まあ美味しい事!
甘みの後に程よい辛味と旨味がやってきます。甘辛系キムチがお好きな方は絶対ハマると思います。
えっと~、お正月太りしてたカラダ、やっと元に戻してやれやれと思っていたのに、このキムチがあるとごはんが進んで進んで・・・・。リバウンドしてしまいそうです。008.gif

そして、もうひとつ最近ハマっているもの。
c0133013_16432314.jpg
ゴルゴンゾーラです。(写真はデンマーク産のブルーチーズ)
そのまま食べるのも好きですが、昨夜はゴルゴンゾーラクリームソースのペンネを作ってスプマンテを呑みました。
c0133013_092774.jpg

次女はクサイから苦手と言って食べませんでした。
私も若い時は嫌いでした。確かに味覚、嗅覚が敏感な子供にはゴルゴンゾーラのツンとくるカビくささと独特の味はいただけないでしょう。年とともに若い頃のような研ぎ澄まされた味覚や嗅覚は衰えてくるけれど、その代わり寛容で貪欲な味覚を得ると言うもの・・・。その分、食の楽しみがグンと広がるわけで、悪いことではないですよね。
前回の記事で紹介したオイスターバーのメニューに「ゴルゴンゾーラとはちみつのバケット」と言うのがありました。ゴルゴンゾーラとはちみつ?どんなお味になるんだろう?ととてもそそられて頼んでみたのです。そしたら、これがおいしいこと!ゴルゴンゾーラのカビっぽい塩味とはちみつのフレッシュな甘み、これがすごく合うんですよね。
早速、家でも作ってワイングラス片手に食べてます。おいしいです。
c0133013_20322133.jpg
今回はふわふわのパンを買ってしまいましたが、やはりこれはカリカリに焼いたバケットが合いますね。

次女に、「おかあさんはどうして、クサイ食べ物ばかり好きなの?」と言われました。
ホントにどうしてでしょう?匂いの強い物って美味しいですよね。

[PR]
by sanakk | 2012-02-10 00:13 | Comments(12)
先週は、いろんな意味で疲弊した一週間で、ブログの更新もサボってしまいました。
でも大丈夫、週末に自分にエネルギーを注入したので復活いたしました。003.gif

さてさて、そんな私の家に先日また工事の人がやってきました。
なんだかsana家は、やたらと業者さんの訪問が多い気がします。どちらのご家庭もこんなものでしょうか?
今回の工事は洗面台付替え工事。
新年早々に元の洗面台がいきなり壊れました。水が出なくなったのです。長年使った結果、蛇口の中の部品が磨耗してしまったようです。修理できない事もなかったのですが、見た目も大分消耗していたので、洗面台ごと新品に取り替えることはすぐに決めたのですが、何せ工事が立て込んでいて3週間待ちとなりました。
その間、朝夜の歯磨き洗面等は、お風呂場でしゃがんで行うことを余儀なくされました。
寒い寒い朝、冷たいタイルの床にしゃがみこんで歯を磨いているとなんとも切ない気分になるものです。

施工業者の方は二人でみえて、旧洗面台を撤去し、給排水管の調整、新洗面台の取付完了まで3時間くらいを要しました。洗面所の作業だったので、リビングに入ってくることは無かったのですが、鳥たちは早速家の中の異変に気付きどよめき立ちました。
c0133013_1483975.jpg
       興奮のるつぼと化した鳥マンションタワー。

海は大車輪しながら「かぁぁ~かぁぁ~」と大音量のカラス鳴きをするし、花は「行こう~行こう~、どしたの~?」と壊れたレコードのように繰り返し、オカメたちは「びゃーびゃー」と叫びながら脂粉と羽毛を部屋中に舞いあげながら羽ばたき続けました。どう見ても怯えているようは見えません。家の中で何が起こっているのかと興味津津で興奮している感じ。業者の方もリビングで何事が起こっているのか?と内心思われていたことでしょう。039.gif
去年の暮れから、食洗機の交換や業者による浴室掃除と、どやどや知らないヒトが来ることが続いていたので、もうすっかり慣れてしまっておもしろがっているようにすら見える鳥マンションのメンバーたちでした。

新しい洗面台取付後、今朝初めて花が洗面所に飛んで行ってしまいました。(花はなぜか洗濯機の上が好きでドアが開いていると洗面所に飛んで行ってしまうのです)私も洗面所が様変わりしていることをすっかり忘れていたので、あっ!と思った時には既に時遅し・・・。
血相を変えて飛んで戻って来た花は私の胸にしがみついて肩で息をしていました。
その慌て様がおもしろくてつい笑ってしまいました。花ちゃま、ごみんね。
c0133013_14121526.jpg
ショックから立ち直るまで止まり木で置物となり憮然とした表情の花。

c0133013_14313060.jpg
肩に乗せて連れて行って歯磨きしていたらすぐに新しい洗面所にも慣れましたけどね。001.gif

c0133013_14365627.jpg
私の膝に左右から同時によじ登ろうとする海と花。この後膝の上でおでこがぶつかりそうになって、海がぶっ飛びました。037.gif


憂鬱な事が重なって心が疲れている時の常備薬はやっぱり鳥たちとの時間ですが、特効薬は旨いものを食べて旨いお酒を飲むこと。
と言う事で、とても寒いこの週末でしたがやっと念願のオイスターバーへ行ってきました。
今回のお店は千駄ヶ谷にある「オイスター&イタリアンバール海SENクラブCOVO」さん。

JR代々木駅を降りて徒歩2分、裏路地のような道にひっそりとたたずむ小さなお店でしたが、私たちが予約した7時に着いた時には、既に満員でした。
まずは生牡蠣を心行くまで堪能しようということで、こちらのお店一番人気という昆布森産4Pと厚岸産2Pのプレートを注文。
c0133013_1031443.jpg
オリジナルソースは柚子胡椒みそ、カクテルソース、ビネガー、ナンプラー、ごま油&塩の5種類。(私的にはごま油&塩が一番好きでした)濃厚でクリーミーな昆布森産の生牡蠣、初めて食べたのですがとてもおいしかったです。磯の香りとともに冷たい生牡蠣をちゅるりんとすする至福の時、ん~うまい!と思わず目を閉じて夢見心地になってしまいます。
そもそも私は大人になるまで、牡蠣と言う食べ物が大嫌いでした。家の中にあの牡蠣を洗う時の独特のニオイが立ち込めると「げーっ!」っとなって外に飛び出すほどでした。ビジュアル的にも苦手だったし。
いつの間にこんなに生牡蠣大好き人間になったのか・・・。やはり、ワインを好んで飲むようになってからじゃないかと思います。人はお酒を嗜むようになり、その時間を大切にするようになると味覚もぐっと広がり食の好みも変わってくるものなのだなぁと思いますね。

c0133013_10492968.jpg
焼き牡蠣はアンチョビクリームソース焼きと日本酒と和だしで焼き上げたものの2種類をいただきました。
c0133013_10494435.jpg
白魚のオイル焼き、香ばしいガーリックオイルをパンにつけて。
白ワインはミュスカデをボトルで注文し、さあ呑むぞお~と気合が入ります。
c0133013_10512768.jpg
c0133013_10514589.jpg
鶏レバーのパテと本日お勧めのメニューカンパチのかまのオーブン焼き。外はカリカリ、内はふわふわ。うっすら塩味がちょうど良く大変美味でした。
他にも色々おつまみ系お料理を頂き、白ワインが回って相当気分が良くなったあたりで〆は牡蠣の燻製と岩海苔のクリームリゾット。
c0133013_1053582.jpg
燻製された牡蠣の旨みとあっさりクリームリゾットがとても相性良くて大満足でした。
今回のお店はこじんまりとしていて雰囲気もすごく私好み。新鮮な牡蠣もお料理もとても美味しくて良いお店を見つけたと思いましたが、残念だったのは、お店が禁煙または分煙でなかったこと。分煙は難しい広さだったのかもしれませんけど、左右煙草を吸う方に挟まれてしまい、それはちょっと厳しかったかも。
今時は完全禁煙か完全分煙しているお店がほとんどなので、すごく久しぶりにそういう状況に置かれたような気がしました。
ま、仕方ないですけどね。酔いが回った頃には煙草の煙も気にならなくなりましたが。
そして帰り道の寒いこと!酔いも醒めて耳が痛くなるような寒さ。冬の外呑みはコレがタマニキズですよね~。007.gif

[PR]
by sanakk | 2012-02-06 11:23 | Comments(8)

平凡な主婦と平凡なヨウムの楽しく滑稽な日々を綴ります


by sanakk