ヨウムな生活

sanahana.exblog.jp

平凡な主婦と平凡なヨウムの楽しく滑稽な日々を綴ります

<   2012年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧

ハロウィンですね~。
c0133013_11112099.jpg
職場の最寄のJR駅前は今ハロウィン一色。この街は、ハロウィンパレードで有名です。毎年10万人の人出があるといいますが、人ごみが怖くて私は見物に行った事はありませんでした。
日曜日、ちょうどパレードの行進の真っ最中にたまたま通りかかり、初めて間近で見ました。
c0133013_11231167.jpg
c0133013_11232921.jpg

みんな、楽しそう。欧米では、死者の祭りとか収穫祭の行事とされるハロウィンも日本では完全にイベント化されていますね。
日本人は、外国の習慣をイベント化するのが大好き。そういえば、もうそろそろボジョレー・ヌーボーも解禁かな?何年か前、カウントダウンしたりして大騒ぎしていたような・・・。

私は、人ごみをかき分けて駅に向かいました。隣駅で次女と待ち合わせして、この日は次女のテスト明け恒例のカラオケ大会、4時間コースの予定だったのです。
sana家ではカラオケ部というのが創設されまして、部員は今のところ、私と次女のふたりだけです。
部長は私、副部長は次女。ただいま部員募集中でございます。003.gif
次女と私のカラオケ部活はDAMの精密採点が必須で、ふたりで競い合います。そして毎回それぞれが新しい課題曲を披露しなくてはならないことになっております。今回の私の課題曲はシェネルの「ビリーヴ」。かなりの難関曲でありました。
原曲キーで歌うので、最後の盛り上がりのところは、こめかみの血管が切れるかと思いました。でも、初回の挑戦で87点をたたき出したのだから、まあ、上出来でしょう。何せiPotにDLして50回近く聞いたのですからね。あはは。
カラオケ部、なかなか楽しい部活動ですよ。


週末、長女の大学で年に1回開催される保護者懇談会に出席してきました。
お昼に長女と待ち合わせてして、初めて学食でふたりでランチしました。
c0133013_11251661.jpg
こちらはメインの学食。ホグワーツ魔法学校(ハリーポッター)を彷彿とさせる雰囲気のある学食です。
長女はサービスうどん350円、私はタコライス400円をいただきました。お味は、お値段なりです。
娘と同じ年代の子たちをウォッチングしながらのランチとなりました。
20才前後の娘さんたち、一番輝いている年頃ですよね。おしゃれな子もたくさんいました。
ああ、うちの娘ももうすこし身なりに気を使わせなければ・・・というのが正直なところ。

c0133013_11301687.jpg
この大学のシンボルとなっている東京都選定歴史的建造物である本館は、去年から耐震工事と改修工事をしておりましたが、完成したということで、娘に案内してもらいました。
c0133013_11305169.jpg
内部は歴史の重みを残しながらも、機能性や快適性を取り入れて見違えるほどキレイになっていました。
窓やドアは既存のものを再利用しているそうです。
c0133013_11315549.jpg


c0133013_11312829.jpg
窓から見えるチャペルを撮影してみました。この日は、どなたかの追悼式とかで、チャペルからはずっと賛美歌が聞こえていました。
この時期、赤レンガの建物に絡まる蔦が赤く色づいて、この大学のキャンパスはとてもいい感じです。
多分、外部の方だと思いますが大きなカメラを掲げて撮影に来ている方を何人か見かけました。
c0133013_11325124.jpg

こんなロマンチックなロケーションに身を置く事ができるのに、娘はなぜボーイフレンドの一人も見つけられない?と歯がゆい想いの私。娘にしてみれば、大きなお世話と言いたい所でしょうけど。

大ホールで大学総長のお話と偉い教授の講演を聞いて(半分、爆睡014.gif)、場所を変えて学部長の話を聞いて(ここでも半分眠る019.gif)、最後は教室に場所を変えて学科の先生のお話を聞きました。(さすがにここでは眠りませんでした)けっこうな数の親御さんが来ていて、両親で参加されてる方もいましたね。皆さん、心配事はやはり就職のことのようでした。
長女も来年の秋には、就活に入るのです。早いですね~。
真面目な性格が取柄ですが、人付き合いがヘタクソな娘は無事に社会に出て行くことができるのでしょうか?
他の親御さんと同様、私も心配です。

c0133013_11372398.jpg
ハロウィンの合言葉、Trick or treat、 イタズラされるのイヤだったら、おもてなししてね(おやつをちょうだい)ってな意味でしょうね。
落花生にピスタチオ、いっぱいおやつあげたのに、食べ終わったらさっそくイタズラを画策しているようです。
c0133013_11552870.jpg


やっぱり!ソファのカバーを自分でめくって、下にあるインコクッションを齧っていました。
c0133013_11555710.jpg
おやつをあげてもあげなくても結果は同じようです。013.gif

c0133013_1139320.jpg
海はイタズラはしないけど、おやつのおねだりばかり。食べ終わったらすぐに、次のナッツを欲しがっていました。002.gif
c0133013_11394843.jpg


何年か前のハロウィンに、お友達のsas_pさん が作ってくれた画像、久しぶりに見たらとっても可愛かったので再び掲載させてくださーい。
c0133013_11421964.jpg

[PR]
by sanakk | 2012-10-29 16:54 | Comments(4)
20年近く前、おやーじゅがとても気に入っていたラーメン屋さんがありました。
そのお店は葛飾区亀有の環状7号線沿いの白いトレーラーハウスのような小さな建物だったのを覚えています。
ラーメンの種類は「湯麺(とんみん)」と「ねぎそば」のみ。湯麺は具の無いスープと麺のみの商品。店のマスターこだわりの喉越しの良い自家製麺と限りなく澄んだ塩味のスープはあっさりとしていながら深い味で、お酒を呑んだあとでもつるつると気持ちよく胃に収まるラーメンでした。ねぎそばは醤油ベースの少し濃いスープでしたが、これまたなんとも形容しがたい不思議な美味しさでした。魚介系とかとんこつ醤油とか、そういったラーメンの既製ジャンルのどこにも属さないような・・・・。私はだいたいいつもこのねぎそばに自家製チャーシューをトッピングしていただいていました。
深夜にわざわざ大田区から食べに来る私たち夫婦のことを、マスターも覚えてくれて、お客さんで混んでいない時はおしゃべりしたり、店の人気メニューの豚の角煮の作り方を教えてもらったりしたものでした。

2年ほど、その店に通った頃でしょうか、突然、マスターは店を閉めてどこかへ行ってしまいました。
トレーラーハウスには移転先の張り紙もしてありませんでした。
風の便りで、千葉県は松戸あたりに店を移転したのだとずっと後で知りました。当時はまだインターネットも普及していませんでしたから、場所を知る方法はありませんでした。(18年前はまだそんな時代だったんですね)
今では、ネットで大体のお店は調べる事ができますよね。
先日、おやーじゅが「食べログ」をうろうろしていたら、懐かしいマスターの顔を見つけちゃったんです。
彼は今、松戸市の五香で店を営んでいました。
なつかしい!これは行ってみるしかないぜ!という事で、日曜日にドライブがてら行ってきました。
そのお店は、マスターの都合で不定期に休業するし、電話番号は非公開。9月中の日曜日はほとんどやっていなかったようです。その日営業しているかどうかは賭けでした。

ボーっとしてると通り過ぎてしまうほど目立たない、半分シャッターの閉まったそのお店は、ラッキーな事に営業していました。
横にひとまわり大きくなったマスターは、まちがいなくあのマスターで、一見とっつきにくい感じだけどしゃべりだすと気さくな人がらも昔のまま。
私たちのことを覚えているかは、彼の表情からはわかりません。
おやーじゅが我慢しきれずに「俺たちの事、覚えてますか?」と聞いてしまいました。「覚えてるよ」とマスター即答しましたが、私は内心疑わしいなあと思いました。
大田区から来ていたこと、いつも深夜だったこと、深夜だったというのに赤ん坊を連れていたこと(長女)、赤い大きな四駆のピックアップで来てはいつも店の横にどーんと駐車させてもらっていたこと、などなど、当時の私たちをマスターに印象付けたはずの事柄が彼の口からひとつも出なかったからです。
そりゃあ、そうですよね、私たちから見ればマスターはひとりだけど、彼にしてみれば常連のお客さんは無数にいたはずですし。18年も経てば、私たちの外見だって相当変わっていたのでしょうね。自分では変わっていないつもりでも。

で、ラーメンはというと、メニューも増えて、やはりちょっと変わっていました。
マスターは中華料理店で本格的に修行をしたというこどで、亀有時代のシンプルだけど深い味に、プラスαな感じがしました。もちろん、それはそれで美味しかったです。私の好きだったねぎそばは昔の味をちゃんと思い出すことができました。懐かしい味でした。
マスターはとても自由人です。サンバが好きで、各地のサンバ祭りに参加したりしてるから、そういう時は店は閉めてること、来年は本場ブラジルはリオのカーニバルに参加するかもしれないから、やっぱり店は休業になるかも、ということなど、いろいろおしゃべりして、携帯番号まで交換しましたが、私たちのことを本当に覚えていたかどうかは最後まで謎でした。
その時、ネギ炒めというシンプルな一品を食べたのですが、そのネギがとても甘くて美味しかったのです。
近くの農場で採れたての新鮮なものを使っているとのことで、これからネギ畑にネギ抜きに行くから一緒に行く?ってマスターに誘われて。思わぬ方向に事態が展開していきました。
マスターご夫婦をウチの車のリアシートに乗せて、その契約農家の武井ファームへレッツゴーということになりました。
c0133013_18593256.jpg
ガラガラとシャッターを閉めて、また店は一時お休み。そういうお店です。
c0133013_18594817.jpg
住宅街に囲まれた畑です。(なぜか写真はすべてピンボケになってしまいました)
c0133013_190149.jpg
葱を引っこ抜くの初体験です。一本50円で好きなの抜いていいよとのこと。太いのをえらんでバスバス抜きました。
c0133013_1904213.jpg
       たくさん収穫。043.gif

武井さん葱、本当に甘くて美味しいんですよ。青いところまで美味しく食べられます。
今度、この畑でマスターのラーメンと葱のイベントがあるらしいから、また行っちゃおうかな。
c0133013_2065086.jpg
家に帰って、お店の真似をしてネギ炒め作ってみました。味付けは中華だしと仕上げにラー油をたらして。素材が良いのでどんな味付けでも美味しいと思います。すこし焦がすとさらにまた甘みが増しますね。

すっかり、長くなってしまいました。
今日は、ラブラブ状態が落ち着いて、少し大人になったこのお二方をアップ。
c0133013_2084073.jpg
キッチン止まり木にとまる時は必ずこの立ち位置です。詩が向かって右側の端っこ。希が止まり木ではなく上の金属部分と決まってます。
ここ数日は、希が詩に攻撃されてる場面をよく見ます。難しいですね。男と女の間には深くて暗い川がある♪・・・デス。(古っ)
c0133013_2092742.jpg
詩に叱られてもド突かれても、へこたれない天然boyのマーくんこと希。
c0133013_209471.jpg
放鳥中、あちこちでいつもウトウトしちゃう、妖精みたいにふわふわして儚い感じのうーたんこと詩。
ついでに。037.gif
c0133013_20103518.jpg
みんなが出ている時は、カゴで出待ちをしているピーちゃん。




[PR]
by sanakk | 2012-10-27 01:18 | Comments(4)
こないだの土曜日、木更津三井アウトレットパークに行ってきました。
混むと聞いていたので、10時のオープンに間に合うように家を出ました。
しかし、東京湾アクアライン(川﨑から東京湾を横断して木更津に至る)ができて、千葉県が近くなりましたね。
大田区の我が家を9時20分頃出て、10時ちょっとすぎにはアウトレットパークに着いていました。陸路で木更津まで行こうと思ったら2時間くらいかかるんじゃないでしょうか?
c0133013_16121089.jpg
このアクアライン、開通当時は片道4000円という高額な通行料金だったため、ちょっと利用するのに勇気が要りましたが、3年ほど前からETC搭載車にかぎり800円とお安くなって大分気軽に使えるようになりました。
c0133013_1555464.jpg

アクアラインはさておき、この日アウトレットに行ったのは、ちょっと欲しいものがあったのでお安くゲットできるかもと思ったからです。でも、私が欲しかった物はありませんでした。
ていうか、アウトレットって欲しい物が見つかったためしがないんですよね。横浜ベイサイドとか幕張とか、何度か行きましたが、いつも疲れきったうえに、手ぶらで帰ってきます。
分かっているのに、今度こそイイお買い物ができるかと木更津まで行ってしまいました。
私は、ブランド物にはあまり興味がないので、いくらフェラガモの靴が50%オフだろうと、バーバリーのお洋服が70%オフだろうと、買おうという気になりません。
高級ブランドショップだけじゃなく、お手軽な価格のファッションブランド店も入っていますがアウトレットはどうも商品に偏りがあるように思います。
c0133013_15513749.jpg
せっかく往復1600円のアクアライン通行料を払って来たのだから、何か欲しいものはないか、とだだっ広い敷地内くまなく歩いてお店を見て回りましたが、私の購買意欲を刺激する物は見つけられませんでした。
私のお買い物は、最寄の駅ビルで十分なのですね。
あ、ラルフローレンでセールをしていた、ポロシャツに唯一惹かれました。それは裾と袖口と襟のところにさりげなくビーズの飾りがついているポロシャツ。値札を見ると定価が24000円!えっ?ポロシャツが?とわが目を疑ったのですが、その下には値引き後の赤札がついていて4900円。あら、まあなんとお買い得な。というより、最初の値段が高すぎますよね。衣服の価値なんて曖昧でいい加減なものだと思いました。
で、そのポロシャツ、シンプルな中にも可愛くてしかもお安いので、購入しようと思い、一応念のために試着してみることに。
なんだか、見るからにちっちゃい作りだなぁと思いましたが、着てみるとこれが本当に小さいんです。
Mで、普通のSSくらい?一番大きなLを着ても私だとバッツンバッツン。私ってもしかしてデブ?としょんぼり。
来年の夏に、そのポロシャツを調度よく着る事ができるほど痩せられる自信がなかったので購入は断念いたしました。
14、5年ほど前の、チビTシャツやヘソ出し、なんでもピッタリ小さめの流行がまた巡ってきたら、もう私はアウトだな、とつくづく実感しました~。

c0133013_15595813.jpg
猿まわしのショーをやっていました。猿まわし師の女の子とタケオくん。
c0133013_1602412.jpg
見事に息の合った芸を披露していました。
c0133013_1604231.jpg
タケオくんの立ち姿が可愛いです。なぜか赤ん坊だった頃の次女をお風呂に入れている時の姿を思いだします。037.gif
タケオくん、舞台のソデでジャンプの指示を待つ間、自分の指先が気になって仕方ありません。師匠のことなんか見ちゃいませんが、合図が出たとたん、見事に表情がピリッと引き締まって見事なジャンプを見せてくれました。やるときは、ビシっとキメるお猿さんタケオでした。003.gif

結局、この日はアウトレットパークの中にあった「たち吉」さんで、セールの和食器を何点か買って帰りました。新しい食器があると、少しは料理を頑張る気になるでしょうか?
c0133013_1622715.jpg

乳幼児のころから使っている割れないプラスチック製のキティちゃんのお茶碗で、未だにご飯を食べている娘たちにご飯茶碗を買いました。食べ終わると底から小鳥が出て来る絵柄が可愛いです。

c0133013_1631062.jpg
換羽を迎えたらしい花。
c0133013_1633092.jpg
ケージから出てきて、身震いしただけで羽毛がこんなに落ちました。
花は、換羽期突入して抜けまくっても、海のようにみすぼらしくならないのが不思議。
c0133013_1641375.jpg
大きなクルミを前に、どうしたものか途方にくれる海。

久々に撮った昨日の朝の動画です。
一見、ききわけの良いいい子なヨウムの花です。

[PR]
by sanakk | 2012-10-23 16:27 | Comments(8)
c0133013_1425325.jpg
典型的な秋空ですね~。ひんやりした朝を迎えると、布団が恋しくてなかなか起きられない季節がすぐそこに来ていると実感します。

秋の夜長、またまた次女にリビングを占拠されております。
そう、定期テスト(2学期中間)直前です。リビングのテーブルが勉強に集中できるというので仕方ありません。
でも定期テストもあと12月テストの1回残すのみとなりました。やれやれ・・・です。

そうそう、次女は希望の大学進学がほぼ決まり、ホッとしております。042.gif
あとは小論文提出と11月に入ってから面接があるのですが、よほどの事が無い限りは「合格」と思っていていいみたいです。親としてはとりあえず一安心ですね。043.gif

大学が決まったからと言って定期テストに手を抜かないのは、次女の真面目なところだと思います。
来週はじめに中間テストが終わるまでは、夜のお鳥様時間が大幅に削られることになってしまいますが、リビングの小さな面々にも協力をお願いするしかありません。

秋の味覚、巨峰もそろそろ終わりでしょうか。
c0133013_1475165.jpg

sana家でブドウに目が無いのは、次女と花のふたり。
頑張る娘の夜のおやつに巨峰をどうぞ、しました。
c0133013_1484670.jpg
そして、花にも・・・。
次女の勉強中、リビングに出る事を許可されるのは、花と海だけとなっております。
このふたりは、自分の位置を決めたら無駄に飛び回らないから勉強の妨げにならないそうです。
でも、次女は数分おきに海を眺めては「かわいい~」と目じりを下げているので、やっぱり妨げになっていると思います。
次女にとっての花は、「おかあさんをとっちゃったニクイ妹」な存在だったそうです。花をお迎えした時、彼女はまだ9歳だったから、いきなり私にべったりで近付く人間に敵意をむき出しにしていた花にそういう感情を持っても仕方なかったでしょう。
c0133013_1436073.jpg


でも、次女も17才になった今は、そんな花がいじらしく思えるそうです。花も娘たちに敵意をあらわにする事もなくなり穏やかにそばに佇んでいるようになりましたし。みんなそれぞれに成長したってことですね。045.gif
c0133013_1411894.jpg
秋の味覚、秋刀魚と九条ネギと茸のパスタ。娘の夜食に・・・。次女は喉に針山(扁桃腺)を持っているので、どんな小さな小骨もささります。秋刀魚の小骨取りを完璧に行わなければなりません。(老眼の私には任せられないと娘本人がやっていました008.gif)柑橘系をちょっと上から絞って。美味しかったです。(って、私もいっしょになってしっかり食べてる)
生秋刀魚も、そろそろ終わりですね~。

c0133013_1413627.jpg
レゴの後ろでウロウロ挙動不審なオトコ海。
c0133013_14133131.jpg
レゴオカメの後ろをひょいと飛び越え・・・・
c0133013_14134765.jpg
たどり着いたのは、おなじみナッツ入タッパー。
フタを荒々しくあけて夢中でアーモンドにかぶりつきましたが、ふと気がついたようにまだ食べかけのアーモンドを自分の足元に置いてさらに新しいアーモンドを取る海。
c0133013_14154367.jpg

そ、それって、サル山のおサルさんの行動ですよね。片手にお芋を抱えてもう片方の手で違うお芋を奪い取るという。
c0133013_1431710.jpg
見ているとタッパーから新しいナッツを2回取り(それ以上は私がタッパーを回収しました)、ゆっくり食べてから、足元にキープしたアーモンドもキレイに完食した海でした。
そんな食い意地の張った行動でもそこはかとない海の知性を感じてしまう私です。
毎度、親バカですみません。

[PR]
by sanakk | 2012-10-19 14:36 | Comments(8)
長女が、大学の売店でまた新しい鳥グッズを見つけて買ってきてくれました。
c0133013_14134422.jpg
「やることリスト」というタイトルの手帳。
c0133013_14141577.jpg
開くと中も可愛いです。最近物忘れの激しい私にピッタリの鳥グッズだと娘は思ったのでしょう。
c0133013_1417485.jpg
娘の大学の売店は、やけに小鳥モチーフの文房具を置いているらしく新しい商品を見つけると娘は買ってきてくれます。
鳥グッズ、大学生に人気なんでしょうか?需要があるから新しいものが入荷されて店頭に並ぶのだろうし。

c0133013_14164236.jpg
長女が見つけた時、即買いして来てくれたシール。めずらしくヨウムがいたからと。オカメやセキセイのシールはよく見かけますがヨウムは初めてです。だいぶん一般知名度上がってきたのかな。
ヨウムは色のバリエーションがほとんどないですから、1シート全部ヨウムのシールは作ってもらえないのですね。
c0133013_14174545.jpg
このシールよく見ると、かなりマニアックにできてるんです。
めずらしい天女インコとかいるし、アカコンゴウと紅コンゴウのカラーの違いを正確に分けてますね。

それにしても、ダルマインコグッズはあまり見ないですね~。生体そのものもほとんどショップから姿を消してしまったし。
c0133013_14205314.jpg
以前、ネットショップで見つけて即行でポチっと購入してしまった、ダルマインコのストラップ(羊毛フェルト製)。
もったいなくて携帯には付けられません。飾ってあります。
c0133013_14483637.jpg
お友達のかつをどり画伯の作品(マグカップ)も大慌てでポチポチして、お買い上げ~。イラストのわるいヨウムたちのワル面がひとりひとり違うのが可愛いです。娘たちに大ウケで、こちらもしばらくは飾り物でしょう。
鳥グッズ、sana家のリビングのあちこちに置いてありますが、何気なく視界に入るだけで楽しい気持ちになります。

c0133013_14223042.jpg
ケージ越しにしゃべりかける海に、羽を広げて精一杯大きく見せて虚勢を張る希。
どれだけ怒っても、その姿はそのままマスコット人形にできそうなくらい愛らしいです。(親ばか)
c0133013_14225241.jpg
私の肩を実効支配中の希。花とにらみ合い。一触即発の危険な空気が漂っていました。(鳥仕様のぼろぼろTシャツがあまりにみすぼらしかったのでモザイクにしました)

c0133013_14233979.jpg
換羽が終了してつるつるピカピカの美しい海。海の目は一見黒目がちだけど、アップで見ると虹彩がもやもやしています。


さて、先日↓詩と希のラブを記事にいたしましたが、その後どうなったかというと・・・。
特に変化なし、です。日中、無人になるsana家でこのふたりがせっせと繁殖活動をしているのかどうかはわかりませんが、今週に入って私は目撃していないです。
心配していた詩の産卵の気配もありません。やはり、巣を入れてなければ卵は産まないものでしょうか。
相変わらず、小競り合いをしたり、仲良く羽繕いをし合ったりしている詩と希を見ていると、ケージを分けるのはなんだか可哀相な気がして、今は様子見ということにしました。

先日、長女の大学から定期的に送られてくる冊子を読んでいて、興味深い内容の文がありました。
理学部生命理学科の教授が書かれたものですが、鳥の社会進化についてでした。鳥の行動生態学を専門に研究されている方のようです。
それによると、地球上にいる一万種の鳥類の約90%は一夫一妻なのだそうです。特に大型の鳥ほど長い生涯を一羽の伴侶と添い遂げるそうで、その絆はとても深いということです。(そこから仲の良い夫婦をオシドリ夫婦というようになったのですが、実際のオシドリは毎年パートナーを変えるそうですね。)
それに比べて私たち人間が属する哺乳類は90%以上が、乱婚か一夫多妻なのだそうです。
(一部の部族を除いてほとんどの人間が一夫一妻なのは、哺乳類の中ではとても少数派だったのですね。)それを考えると鳥類の配偶形態や社会は私たち人間のそれに近いのではないか、ということが書かれていました。
鳥たちはただ子孫を残すためにツガイになるのではなく、そこには愛があるんだなぁと思いました。
長い時を共にして苦労して巣を築き、子を育てあげ、家族としての絆を強くしていく。きっと人間の夫婦と同じなんだと思いました。
sana家ではオカメふたりっきりの詩と希ですから、お互いを選ぶしかなかったのかもしれないけど、でもきっとふたりの間には愛情と信頼がある、と思うと私の都合でふたりを別々にする気がしないんですね。
万が一、詩が産卵してしまったら、その時、考えまくります。
ヒナが誕生したら、是非里子に!と言ってくださる方もいるので、まあ、その時はその時ということで。039.gif


c0133013_1423582.jpg
カメラを向けるとお得意のポーズで目を細めてカメラ目線の花。機嫌がいい時の表情です。043.gif
花と暮らしていると鳥の愛情の深さをひしひしと感じます。

[PR]
by sanakk | 2012-10-16 15:13 | Comments(12)
c0133013_13182566.jpg
先日、出かけた先の街角で見かけた呑み屋の看板。親近感。どういう店か気になります。

昨夜、女子会(オバ会)したお店は「呑み処さな」ではなく、地元JR駅前にある鹿児島県郷土料理のお店でした。
c0133013_13201589.jpg
お店の看板料理、地鶏炭火焼。鹿児島県霧島市の自社農場から毎朝送られてくる新鮮な地鶏ということで、あえてレアに焼いてあるそうです。ビジュアル的にもかつての私だったら絶対食べないであろう料理ですが、チャレンジしてみたら、これが美味しいこと。ジューシーで柔らかく、私が苦手な鶏独特のくさみも無く。
子供の頃から嫌いで唯一克服できなかった食材、鶏肉。素材が良くて、調理法によっては美味しく食べられるようになった自分、大人になったなと思いました。今さらですが。
けれど、どうにもブツブツの皮だけは、やっぱりダメ。皮は友人に担当してもらって、私はジューシーな肉の部分だけをいただきました。やっぱりガキっぽい?
c0133013_13301267.jpg
地頭鶏たたきネギまみれ。こちらもまったく大丈夫。美味しくいただきました。
c0133013_1331425.jpg
馬刺しネギまみれ。(牛刺しはダメなのに馬肉のナマはなぜOK?)久しぶりの馬刺し、とても新鮮でした。この店のメニュー、ネギまみれの物が多かったです。
馬刺しに甘いタレをかけるのは鹿児島風なんでしょうか?ちょっと私には甘かったかなぁ。
c0133013_1334482.jpg
地鶏炭火焼を食べた後の鉄板で、焼飯をハート型にして持ってきてくれるのはお店のサービス。
鶏の脂から出た旨味が効いていて美味しかったけど、別にハート形じゃなくていいからもっとたくさん食べたかった。

こちらのお店、キャピキャピした若い女の子がすその短い着物にタスキがけで接客と料理運びを担当しているのは会社帰りのサラリーマンをターゲットにした作戦なのでしょうか。中年男性のお客さんが目立っていたような。
いわゆるセクシー居酒屋ではないです。鹿児島郷土料理も美味しかったし。

c0133013_13381771.jpg
百合根の素揚げ。鹿児島のお塩につけながら。百合根、大好物です。外はカリッ、中はホクッとしていて美味でした。
最初は、おとなしく向日夏サワーなど飲んでいた私でしたが、だんだん調子にのってくると物足りなくなって芋焼酎のロックに手を出してしまいました。鹿児島といえば芋焼酎ですものね。
最近の芋焼酎は、マイルドになって呑みやすくなりましたね。若い頃は、こんなくさい酒が飲めるか!と思っていましたが。
最後に飲んだ「れんと」は、あまりに呑みやすくて気に入ったので2杯立て続けに・・・。芋だと思って飲んでいたけど、奄美大島の黒糖焼酎でした。通りで喉越しがよくすいすいと飲めたはずです。
女子3人で他にもたくさん食べて呑んで、盛り上がり、明日は仕事だったよねと10時半頃、会はお開きになりました。
c0133013_13412156.jpg
小さなスィーツはお店のサービス。女の子扱いしてくれた感じで悪い気はしないです。

皆、地元だったので、ふらふらと自転車に乗って家路につきました。(飲酒運転、本当は違反なのですよね)
しかし、週半ばに深酒しすぎました。今日、午前中はほとんど死んでいました。私。
早朝、朦朧としながら次女のお弁当だけはどうにか作りました。ご飯も炊いていなかったので焼きうどんを作ってタッパーに詰めるだけという究極手抜き弁当。それでも、学校の売店で買うお弁当よりいい、という娘のために。
やはり、呑むなら週末です。翌日仕事があるというのに深酒しても平気だったのは20年も昔の若い頃。
健康診断が無事終わった安心感からかハメを外して呑んで食べ過ぎました。今日はずっと胃腸の調子が悪いです。008.gif
他の二人の友人も今頃、呑み疲れた体にムチ打って仕事しているでしょうか?彼女たちは私よりお酒強そうだから大丈夫かな?


さてさて、長くなってしまいましたが、実は本日の記事のメインはこれから。鶏話、いえ鳥話です。
sana家のお鳥さまで、見た目癒され度N0.1といえば、オカメたち。詩&希。
希は幼稚園児の男の子のように甘えん坊で、詩はつかみどころの無いふわふわした妖精のような女の子。
c0133013_14102974.jpg

クレイアニメのような動きでなんとなくリアリティのない希と詩なのです。
無垢で無邪気で・・・・。
ああ、それなのに。その無垢で無邪気なはずのふたりが、あぁ・・・




交尾をしていたのです何回も目撃してしまいました。
まるで、Hを覚えたての青いBoy&Girlのように012.gif

まあ、そりゃ、ひとつ部屋で生活する若いペアなんだから当たり前の成り行きなんですが。
母親の私としては、なんとも複雑。女の子の母でもあり、男の子の母でもあるわけなので、どう考えてよいものやら。
そして、問題は、詩が産卵してしまったら、ということ。
もう、sana家は定員一杯。これ以上定員を増やす事はできません。
オカメさんは、相性の良いペアだと、繁殖能力が高いとききました。どうしましょう?
二人のケージを分けるべきかしら・・・と今思案中です。

リアリティの無い希と詩の、めちゃめちゃリアルな現場写真をアップしちゃいます。
R18指定です。


コチラ。
[PR]
by sanakk | 2012-10-11 14:14 | Comments(10)
気がつけば10月に突入。毎日暑いので実感がないですが、あと二ヶ月もすれば2012年も暮れですよ。早いですね~。

最近、職場の近くのカラスがすごいです。繁殖の季節ではないはずですが、数も増えているようだし、人の頭すれすれに滑空したり、威嚇行動がよく見られます。
職場の男性(おじさま)は後ろ頭を低空飛行してきたカラスに蹴られたそうです。威嚇されるのは、だいたい中年以上のカラダの大きな男性のようです。ひょろっとした若い男性やオンナ子どもは眼中にないようです。
ちゃんと人間の固体識別しているのですね。自分たちにとって脅威なのは、人間の中でもある程度年をとった♂だと判断しているようです。賢いなぁと思います。

c0133013_05827.jpg
今朝、撮影したカラスです。頭の羽毛がふわっとしていてなかなか可愛いのです。
真正面から低く飛んで来たので、襲われるのかと一瞬ヒヤっとしましたが、するりと私の横をすり抜けてすぐそばのフェンスにとまりました。私がじわじわと近付いて行っても、まったく逃げる様子なし。堂々としたものでした。カラス君との距離3mくらいまでつめることができました。
すぐそばの木の上でガサゴソと何者かが動いていたので、恋人か家族でもいたのかもしれないですね。
黒い瞳に知性を感じます。


さて、昨夜は久しぶりにこのお三方の同時放鳥をいたしました。
c0133013_125229.jpg
詩と希は、すぐに海の近くに飛んで行きます。
海は、ちょっと迷惑そう。横歩きでソファの端っこまで移動してちょっとのけぞっています。
面白いのは、こういうときは必ず詩が希と海の間に立つということ。そして希が海に近付こうとすると「はっはっ」と息を吐いて威嚇します。037.gif
c0133013_7142980.jpg



c0133013_162566.jpg
じーっと何かを見つめている花とそれを見つめている海。
花が見つめている何か・・・・それはおやーじゅの背中でした。

ここ数日、花のおしゃべりが冴えわたっています。滑舌絶好調で、とっくにブームが去った言葉まで思い出してしゃべり倒しています。
今朝は出かける間際に、ケージを振り返ると花は私の目をまっすぐに見て「ちょっと待っててね。行ってきまーす」と言いました。それは、私のセリフなのに。


c0133013_173728.jpg
久しぶりに家パスタしました。秋の夜長に白ワインを開けて。
先日、イタ友(イタリアン友達・・・と私が勝手に思ってる)のquesoさん とイタリアンをご一緒した時いただいたドンペッピーノのショートパスタを使って。
c0133013_1104493.jpg
シラスとトマトのトレッチェジュリエッタ。やはり一緒にいただいた「いしり」(漁醤)も使いました。いしりは私がパスタを作る時よく使うアンチョビの代わりにもなるし、少し使うだけで味がぐっと引き締まりますね。
くるりんと巻いたような形状のこのショートパスタは、ソースがよく絡んでとても美味しいです。
c0133013_1112557.jpg
もう一種類いただいたパスタはオレキエッテ。耳たぶのような形のショートパスタです。こちらはどんなパスタ料理が合うかなと思案しましたが、結局冷蔵庫の野菜室にあったブロッコリーを一株まるまる使って、ブロッコリーとパルミジャーノのオレキエッテに・・・。
パスタと一緒にブロッコリーもゆでて、アーリオオーリオソースと絡める時に荒く潰していきます。パルミジャーノをたーっぷりと削りかけて・・・。美味しかったです。
夜中に、作って食べてしまいました。
9日には健康診断があるので、ダイエットを硬く心に誓っていたのに。明日から3連休、美味しく食べて呑む事ができないなら、連休の楽しみなんかありゃしません。
あーあ、今回はもう諦めムード。
直前にダイエットしても意味無いよ、普段の状態で健康診断に臨まなくては、とおやーじゅがめずらしくごもっともな事を言いましたが、数字として保存されるのだから少しでも軽くなっておきたい乙女心を分かってないんだなぁ、おじさんは。015.gif

[PR]
by sanakk | 2012-10-06 01:23 | Comments(8)
台風一過、夏に逆戻りしたような暑さの一日になりました。
日曜日は家に引きこもるつもりで早々と買い物も済ませ、午後2時には、「いつでもおいで」とスタンバイ。
うつらうつらしながら映画など見ていたので、夜になってからの外の嵐もあまり気になりませんでした。
時折、叩きつける突風の音に気がつくくらいで。ニュース等で騒いでいたほどのすごい台風とは思いませんでしたが、皆様の地域はいかがだったでしょうか?
嵐の翌日は、お決まりの富士山が姿を現します。まだ山頂は白くなっていないみたいですね。
c0133013_00332.jpg



今朝の海くんは、なぜだかちょっとネガティブでした。
ケージから出ているはずなのに、ちっとも気配が無いので、あれっ?どこにいるの?と部屋中に視線を泳がせてみてもどこにも姿がありません。
狭い部屋の中でどうして見つけられないんだろう?ひょっとして神隠しか?と不安になり始めた頃、見つかりました。
c0133013_02742.jpg
鳥マンションの屋上の一番奥の角に頭をくっつけるようにしてじっとしていました。
この位置は、下からだと死角になるので、なかなか気がつかなかったんです。
c0133013_023868.jpg
海くーん、どうしたの~?と声をかけても、こちらに背を向けて手の届かない奥のほうでじーっとうなだれていました。
c0133013_04261.jpg
めずらしく、ナッツの誘惑にも乗らずにしばらく天井近くの隅っこでネガティブダルマを続けていましたが、やがて花が落花生を豪快に齧る音に釣られて、下界に飛び降りてきました。
いったい何だったんでしょうね~。私に訴えたい何かがあったのでしょうか~?

落花生をひとつ食べてすっかりいつものポジティブダルマに戻った海は、今度は私の首にくっつくようにしてワンパターンのおしゃべりを始めました。「はーなーちゃん」。聞こえないかもしれませんが、まちがいなく海はそう言っているんです。



ポジティブになった海は、オカメたちにもちょっかいを出していました。037.gif
c0133013_063944.jpg


注文していた鳥ゴハン、届きました。
c0133013_064343.jpg

今回は、ちょっと気分を変えてサンシード社のビタプライムシリーズのパラキートとパロットを買ってみました。
こちらの鳥ゴハンはいろんなシードと、ペレットやドライフルーツもミックスされていて見るからにゴージャスですね。新しく封を開けるとフルーツの良い香りがします。
c0133013_082559.jpg
        花&海用。
c0133013_091182.jpg
        オカメs &ピーちゃん用

一同、目新しいシードごはんをシーンと静まり返って食べていました。


しかし、鳥ゴハン、お金がかかります。これだけ注文して6490円也。大体毎月これくらいかもっと出費しています。ペレット一袋、くーちゃんに食べさせてるキャットフードの3倍以上のお値段。(けしてくーちゃんのキャットフードをケチってるわけじゃないんですが)
小鳥なんて粟だま食べさせときゃいい、と思ってる人が聞いたらビックリする事でしょう。
一日の大半はケージで過ごしている鳥たちに、せめてゴハンだけでもいろんなモノを食べさせてあげて楽しんでもらいたいという飼い主心からなのですが。
娘が「ウチらよりいいもん食べてんじゃないの?」なんて冗談言ってました。
いや、まあそんな事はないけれど。「お鳥さま」、ですね。045.gif

[PR]
by sanakk | 2012-10-02 00:23 | Comments(10)

平凡な主婦と平凡なヨウムの楽しく滑稽な日々を綴ります


by sanakk