締めくくりのビール

あれよあれよという間にあと一日になりました。平成24年。
この年の瀬に来て、珍しく風邪をひいてしまったsanaです。(たぶん、おやーじゅの風邪をいただきました・・・007.gif)
それでもなんとか、キッチンまわりの掃除は済ませ、今日はお鳥さまケージ4個、丸洗いをしました。
c0133013_148165.jpg
去年はできなかった台所の窓のブラインドも、2年ぶりに取り外し、屋上で丸洗い。これが体力消耗するんですよね~。
そこまでやって、そろそろギブアップ。風邪のせいか片頭痛に悩まされもう無理です。
夕方、これまた病み上がりながら家中の窓拭きをしてくれたおやーじゅとお正月の買い出し行ってきました。
どこもかしこもすごい人出でへとへとになりました。

小腹が減って入ったお蕎麦屋さんにめずらしく置いてました。サッポロラガー赤ラベル。
c0133013_1492598.jpg

赤ラベル置いてるお店ってめったにないんですよね~。これはラッキー!と注文。
ぐびぐびと呑んで、あ~、うまい!労働の後のビールは本当に美味しいです。疲れた体にラガー赤ラベルの軽やかな味はちょうどいいです。なんだかこの味が私の一年を締めくくったような気がしました。
この一年もせわしなく駆け抜けたけど、まあまあ良い年だったといえるでしょう。
sana家はみんな健康で(小さな健康上のトラブルはありましたが)、義母の病気は完治し、実家の母は少しだけ元気になって笑顔が戻りました。次女の大学進学が決まり、仕事も調度良いくらいに忙しく。これ以上を望んだら欲深いというものでしょう。そしてこのビールの味がこの一年のすべてを物語っている、そう思いました。
お疲れ~自分。
お疲れ様でした~皆様。

c0133013_1505845.jpg
おやーじゅを見上げる海。来年はいよいよ10歳になります。来年も健康でありますように。
c0133013_1512049.jpg


c0133013_1513778.jpg
出待ちオカメs。最近、仲よくしている場面も増えました。来年はBaby誕生か!(うそうそ、それはありません)
c0133013_1515541.jpg
絶倫ピーちゃん、来年もますますパワーアップ?
c0133013_1521099.jpg
甘ったれ花は永遠です。数日前から「おめでとうございます」教えていたのですが、きょうは「とーございます」と勝手に省略していました。003.gif
c0133013_1525375.jpg
皆様、良いお年を~。

[PR]
by sanakk | 2012-12-31 01:54 | Comments(8)

c0133013_1540758.jpg
       雨は夜更けすぎに~、雪へと変わるだろう
       Silent night Holy night
       きっと君は来ない、ひとりきりのChristmas Eve・・・♪

Y.達郎氏の伝説のクリスマスソング、最近あまり耳にしなくなった気がしますね。
かつては(多分バブルの頃)、クリスマスシーズンになるとどこへ行ってもこの曲が流れていたように記憶しています。
あの頃、クリスマスイヴといえば、恋人たちの大切な一夜、女の子にとっては勝負の夜、そんな感じでしたね。
彼氏からの高価なプレゼント&豪華なディナーが女子たちにとってのステイタス。
そして、恋人と過ごす事のできない人、もしくは恋人の居ない人にとっては、それはそれは切ない夜。
この曲を聴いて、切ない気持ちに酔いしれた人も少なくないはず。私もその1人。

最近は、若い人たち、けっこうドライなんですね。もう、イヴ=恋人たちの夜、というのは過去のことになってしまったのでしょうか。
彼氏と過ごすより女子会をしている方がいい、という女の子もけっこういるようです。
私が若い頃は、イヴの夜は、みんな彼氏との予定があるものだから、付き合ってくれる女友達を調達することもできなかったけどなあ。
時代ですかねぇ。切ない気持ちを煽るクリスマスソングも必要なくなったというわけでしょうか。

皆様は、クリスマスイヴ、どんな風に過ごされたのでしょうか?

私は、甥っ子が勤める世田谷区某所にある美容院に行ってきました。
まだ27歳の甥っ子ですが、この夏からその美容院の店長に就任したというので、これは一度、客として彼を指名しなければ、と思っていたのでした。
おやーじゅとふたり並んで鏡の前に座って、おやーじゅはカット&部分パーマ、私はカット&ヘアカラーを甥っ子に施してもらいました。
赤ん坊の頃から知っている、おとなしくて優しい性格の子供だった甥っ子が、立派に店長として10人のスタッフに目を配り、お客さんとスマートに会話しつつ、仕事をしている姿はとても新鮮で頼もしく思いました。
そして、私のカット&カラーリングしてもらいながら、初めて彼とちゃんと向き合って話をしたことに気が付きました。冗談も交えながらですが、彼も腹を割っていろんなことを語ってくれました。初めて彼がどんな人間なのか少しは知ることができたような気がします。
甥っ子は十代の頃、学校も行かずにいい加減なことばかりしていたようで、この先どうなる事やら、と思いつつも、私は他人ごとのように無関心な叔母でした。今回、なんとなく彼との間の垣根が取れた気がしました。
彼のカットはとても丁寧でこちらの要望をよく理解してくれていて、私もおやーじゅも大満足。これからは、車を30分走らせて彼の店に通うことになりそうです。
2年後には独立して自分の店を持つ、と夢を語ってくれた甥っ子、若くて輝いていてちょっとまぶしかったです。
因みに彼も、クリスマスはいつも仕事をしていて、彼女と過ごした事はないそうです。
「えっ?イヴって彼女とすごすもんなんすか?いつも夜中まで仕事だったんでそういう認識ないです」そう言ってました。

それにしても、寒い寒いクリスマスイブでしたね~。
甥っ子の美容院の帰り道、三軒茶屋に立ち寄り、皿うどんとちゃんぽんの名店「来来来」さんに行ってきました。
c0133013_15474971.jpg

熱々の皿うどんにカメラのレンズもくもりました。美味しくて体が暖まりましたね~。
c0133013_1548913.jpg

大人になった甥っ子にドキっとしながら髪をシャンプーカットしてもらった後、大盛皿うどんを食らう、そんなクリスマスイヴもなかなか充実しておりました。043.gif

とうとうツリーも飾らなかった今年のクリスマス。(もう2シーズンくらいツリー出してません)
せめて、ケーキぐらいは買ってクリスマス気分になってみようかと・・・。
近所のケーキ屋さんに寄ってみましたが、ホールのクリスマスケーキは予約で完売。なのでカットされたケーキをいろんな種類ちまちまと買ってきました。
c0133013_15505172.jpg

オトナ率が大分上がったsana家では、昔のように甘い物を食べなくなりましたが、たまにはケーキもおいしいね、と娘たちが喜んでくれました。


c0133013_155147100.jpg
パソコンに向かう私の手元に飛んできた海。アルファベットをガシガシ踏みまくってくれました。
詩もパソコン周りによく飛んでくる子。
c0133013_15521377.jpg
手を出せば逃げるくせに、私の手元でちょろちょろしてくれます。天邪鬼ですね。

c0133013_15524015.jpg
台所でイタズラ画策中の花。左右にステップを踏みながら「いい子ね~いい子ね~」と自画自賛しておりました。037.gif
c0133013_15531114.jpg
     蜜がたっぷりのりんご、おいしいね。

気がつけば、2012年も今日を入れてあと1週間。
私、大掃除、いつするのかなぁ~008.gif

[PR]
by sanakk | 2012-12-25 16:05 | Comments(10)

友人の息子さん(小学生)D君は、動物好きで、最近セキセイインコをお迎えしたそうです。
またひとりインコ仲間が増えたってことですかね。
で、ウチのピーちゃんに興味を持って、ブログを見てくれているらしいので、今日はピーちゃんの動画をアップ。
希も一緒に写っていますが、このふたりの微妙な距離感がおもしろいです。
ピーちゃんをガン見している希とまったく気にしていないピーちゃん。鳥たちの性格も色々ですよね~。

ピーちゃん、最近あまり人間語をしゃべってくれません。私たちの話しかけが足らないのかしら。
すばしこく飛び回り、なかなか捕まらないので、ピーちゃんの放鳥時間は長いです。もしかして、sana家のお鳥さまのなかでピーちゃんが一番長いかもしれません。
c0133013_15261548.jpg
私の鼻に嘴をくっつけておしゃべりするピーちゃん。唯一はっきり聞き取れる言葉「おにいちゃん」を連呼します。
おにいちゃん?ウチにはおにいちゃんはいないんだけどね。
2年半前、sana家に引き取られるまでは、実家の兄の愛鳥だったピーちゃん。実家は、兄の息子が二人いるので、その頃の記憶がまだ残っているんですね~。
ピーちゃんは、大好きだった兄の事をまだ覚えているのでしょうか~。
たっぷり1時間以上、飛び回って遊んだあげく、私に捕獲されたピーちゃん。
c0133013_1527780.jpg
手のひらに包まれると、それまでの煩さがウソのようにシュンとなっておとなしくなってしまいます。

インコは、飼ってみないとわからない魅力をたくさん持っていて、奥が深いです。
たかが、小鳥と思われる方も世間には多いかもしれませんが、一緒に暮らしてみると、愛情深く、人の言葉を覚えてコミュニケーションをとろうとしたりして、その賢さに驚くはず。
ただいま、セキセイヒナを差し餌で一生懸命育てているというD君。
ぜひ、ディープな鳥LOVERになっていただきたいと思います。
インコと言えば「セキセイ」だけではなく、いろんな種類のインコがいることも知っていただきたいと思いますね。
たとえば、おしゃべりが得意で、コミュニケーション能力抜群のヨウム。
猛禽かと間違えられるほど強面で、ハトと間違えられるほど地味な姿で、臆病で内気な性格のヨウムの魅力も是非、知ってほしい~。
で、今朝の花。あまり饒舌な朝ではありませんでしたが、お返事はいつものようにちゃんとしてくれました。



さてさて、話は変わりますが、先日地元でとても素敵なお店を見つけてランチしてきました。
京急蒲田駅前の商店街にあるチャイニーズレストラン「聖兆」さんです。
中国料理について私の中にある概念をぶちこわしてくれた、ソフィスケイトされたお料理をちょっとご紹介。
この日いただいたのは、3150円のシェフお任せのスペシャルランチコース。(Aランチ800円、Bランチ1000円とリーズナブルなランチもあります)

c0133013_15324253.jpg
前菜はピータンの茗荷のせ、海老の紹興酒漬、イカの胡麻しゃぶ。
ピータン!驚きました。あの独特のくさみはまったく無く、まったりとして濃厚で上品な味。またこのピータンとシャンパンがとても合うのです。
本日、メニューのお飲み物の他にシャンパンをご用意しています、というお店のきれいなおねいさんの言葉についついシャンパンを注文してしまったのでした。メニューに無いシャンパン、グラス1杯おいくらか確認もしないで。
c0133013_15333668.jpg
お次は、バターナッツのスープ。バターナッツっていういかにも美味しそうな名前のかぼちゃのスープです。その名の通りピーナッツの形をしたかぼちゃ。
見た目はフランス料理かと思うようなスープ、一口飲んでみるとやわらかく深い味わい。でもやはり洋食のポタージュスープとは違う、中華なお味でした。
c0133013_15343690.jpg
北海道帆立貝柱と空豆のトーチー炒め。くわいも入ってました。こちらも絶妙なトーチー加減のお味。

c0133013_1535491.jpg
サヨリとイワシのココナッツスパイシー揚げ。イワシは肝のソースに付けていただきます。
頭からしっぽまで、サクサクとたべてしまいました。
そしてこの辺りで、シャンパン2杯目。
c0133013_15352987.jpg
岩手県産黒豚フィレ肉の黒酢炒め。お隣の席の方のこのお料理は骨付きの鶏肉だったのですが、最初に苦手な食材をきかれて鶏肉と言っておいたので、豚に変えてくれたみたいです。言っておいてよかった。
黒酢の酸味が程よく、お肉も美味しくて、この上なく上品な酢豚でした。

c0133013_15365052.jpg
青ネギを香ばしく炒めたチャーハン。ああ、中華料理を食べてるんだなぁとここで再確認。
c0133013_15373736.jpg
デザートはとろっとろの杏仁に自家製ストロベリージャムがかかったもの。このほかに自家製焼き菓子が出て温かいジャスミンティーでいただきました。
大変美味しかったです。このコースで3150円は、お得だと思いますね。
ところが帰りにお会計をしたら、ちょっとビックリな金額に・・・・。(二人ですが、諭吉さんぶっ飛びました)008.gif
シャンパンです。美味しくてつい2杯のんでしまったシャンパンがお高かったようです。
2杯で止めておいて良かった。042.gif
でも、コレに懲りずにまた訪れたいお店でした。
残念な事に、京急蒲田駅前はただいま再開発が進んでいて、商店街のお店ほとんど立ち退きを余儀なくされているようです。
c0133013_1540922.jpg

現にこの聖兆さんも、その辺りではただ一軒だけ営業しているお店でした。
並びのお店はすべてシャッターがおろされ、すっかり寂しい商店街になっておりました。
お店の人にきいてみると、1月いっぱいはここで営業しますが、それ以降の移転先はまだ決まっていませんとのことでした。
残念です。一見カフェのようなお店の佇まいも落ち着く店内も、いい感じなのに。壊されてしまうなんて。
また、フランス料理のように洗練されていて、なおかつ深いお味の中国料理がいただきたいので、なるべく近くに移転先が決まって再オープンしてくれると良いのに、と願います。

[PR]
by sanakk | 2012-12-21 15:45 | Comments(4)

選挙権と振袖

皆様、昨日の衆院選は、投票に行かれたでしょうか?戦後最低の投票率だったそうですね。
第三極の政党の乱立や、どうせどこに入れても自民だろう、という大方の予想が多くの人の選挙権放棄につながったのかもしれないですね。
民主はウンザリ、だけど今さら自民?それにしても第三極はねぇ・・・って、私のようにどうしていいのかさっぱり分からなくなってしまった方はたくさんいらっしゃると思うのですが。
が、しかし、この夏の終わりに二十歳を迎えた、長女はキリリとした表情で、人生初の投票に行く意欲満々でした。
母親としてはついこないだまでお子ちゃまだった娘に参政権が与えられたというのは、なんだか不思議な感じなのです。
長女には、彼女なりの考えがあったようで支持する政党も既に心に決めているようでした。
(私のように、よくわからないから消去法で・・・とう決め方ではないです。)
「投票にいかなければ、政治に文句を言う事もできない」というのが持論のようで、確かにごもっともです。045.gif
「どこに入れるの?」と聞いても、「それは、たとえおかあさんでも言わなくちゃいけないことじゃないよね」ときっぱり。
TPPには大反対、と言うのが娘の考えなのは知っていたので、だいたい想像はつくけど、あまり詮索するのはやめておきました。
「総選挙」といえば、まずAKB?とか連想する若者も多い中、国政について真剣に考え投票に臨む姿勢は、何事にも真面目に取り組み一本気な長女らしいし、素晴らしいことだと思いました。親バカですが。
と言うわけで、昨日は長女と二人で、彼女の母校の小学校へ投票に行ってきました。

二十歳といえば、この週末、その長女と呉服屋さんへ出向いて買い物しました。
c0133013_20462034.jpg
振袖用のスワン羽毛ショールと髪飾りです。
成人式の振袖は、私のを着てくれるそうです。帯からバック、草履、小物ひと通り揃っているのですが、ショールと髪飾りは、さすがに私のものは古いので新調する事にしたのです。
長女は、いわゆる地域の成人式典には出席しないのだそうです。振袖にもまったく興味が無くて「着たくない」と言っていたのですが、やはり大学生になったあたりから記念写真くらいは撮っておこうと言う気になったらしく、髪の毛を伸ばし始めました。
約30年ぶりに日の目を見る私の振袖は、琉球紅型といって古典的なもので、今はレンタルでも販売でもあまり見かけないものです。娘がどんな風に着こなしてくれるのか、本当に楽しみです。

先日、着付けとヘアメイクを頼んでいる美容院に打ち合わせに行った時、着物雑誌をめくっていて見つけた振袖。↓
c0133013_20482394.jpg
ヨウム振袖だぁ~って、娘と目が釘付けになりました。003.gif白とグレイと赤、完全なヨウムカラーですよね。花が、振袖姿の女の子に化身したら、こんな感じかしら、と妄想しました。
c0133013_22241987.jpg

c0133013_22243889.jpg


c0133013_2222285.jpg
ピーちゃんにからむ花。ピーちゃんの視線が、なんだか優しい上から目線ですよね~。

[PR]
by sanakk | 2012-12-17 22:53 | Comments(14)

c0133013_16124646.jpg
ソファに掛けたカバーをめくって、下のクッションを齧ろうとしている花です。羽を逆立ててワクワクしているのがわかります。
最近の花、とってもワルイ子です。
ケージから出ている間も私には寄り付かず、あっちこっち飛び回っては良からぬ事しています。
c0133013_1614403.jpg
台所のとまり木から、水栓に降りようとする花。
ほぼ180度の開脚で水道の蛇口を掴もうとしますが、あともう少しというところで体がくるんと回ってしまい掴むことができません。観ていてコチラがじれったくなるくらい。
c0133013_1615184.jpg

ぴょんと飛び降りればいいものを、ヨウムってわざわざめんどくさい方法を選びますよね。

で、水栓に降り立って何がしたかったかというと、私がいつも花の目の前で開け閉めして使っている食洗機用洗剤の入れ物をいじりたかったらしいです。
c0133013_16202841.jpg
最初は、フタを開けようとしていましたが、開く訳ないです。自分がのっかってるんだから。003.gif
そのうちイラッとして、プラスチックのフタを齧り始めました。
さあ、そこまでよ、花ちゃま。と私の手が伸びていって、再びとまり木に戻される花なのでした。
c0133013_1621826.jpg
私のお説教が始まると、くるんと頭を下げて甘える花。心得ていますね。頭を下げれば、お説教中も中断して、私がナデナデしてしまうことを分かっているんですね。

c0133013_1621326.jpg
おやーじゅがテーブルについて、何かを食べているとすっ飛んでいってじーっと見上げる海。(なんで食卓にどでーんと梯子が置いてあるかは、深く追求しないで下さい008.gif)
そう、もちろん、おやーじゅからおすそ分けをもらうことを期待しているんです。
c0133013_16215869.jpg
「あげちゃだめ!」と私が注意しても、海の黒いうるうるの瞳に見上げられると、たまらずにパンの端っことかちぎって渡ししてしまうおやーじゅです。
わんちゃんが居るみたいですね。実家のわんこ小太郎が元気だった頃、人間が何か食べ始めるとものすごい目力で足元から見上げてきたのを思い出します。


さてさて、先日このブログにも書きましたが、親族の男性が年明け早々に入籍予定なので、先週末にお祝いのお食事会を催しました。
お相手の女性とは、この時が初対面だったので、ちょっぴり緊張いたしました。
どんなお話をしたらよいのだろう?お食事は気に入っていただけるだろうか?と。
とても落ち着いた感じのキレイな方でした。本当に良い方とご縁があって良かったなと、率直に思いました。
人の縁というのは、不思議ですよね。どこかでちょっと歯車が合わなければ出会わなかったかもしれない者同士。永遠に接点が無く、それぞれ別の人生を歩んでいたかもしれない者同士、ちゃんと出会って恋に落ちるのは、やはり最初から決まっていた運命なのでしょうか?
何はともあれ、今度こそ、末永く幸せに暮らしていただきたいものです。

で、ご招待するお店をどこにしようかと、下見調査にわざわざ出かけたりした私とおやーじゅでしたが、結局いつもランチを食べに行く地元行きつけのイタリアンレストラン「オステリアウンパッソ」さんに決めました。
事前にお店のマスターとお話しして、どのくらいの予算でどういうお料理にするかという相談に乗ってもらえたし、旬の良い素材を吟味してコースを作ってくれるということなのでお任せすることにしました。

c0133013_16383861.jpg
まずはアミューズ。小さなバーニャカウダとスペイン産生ハムと柿をピンで合わせたものを一口で。スプマンテで乾杯。はじめまして&おめでとうございます。
c0133013_16392423.jpg
冷たい前菜は、ツバスのカルパッチョ。ツバスとは鰤の幼魚でイナダの前段階、30センチ未満の時をそう呼ぶそうです。関東ではあまり聞きませんよね。産地は北陸?ちょっと忘れてしまいましたが、とても脂のりが良く美味しかったです。四角いキューブ状のものはカブ。カラスミがアクセント。

c0133013_16395565.jpg
温かい前菜は、広島県産牡蠣のフリット。揚げた蓮根が敷いてあります。グリーンは春菊のソース。外はサクッ、中はふんわりジューシーな牡蠣、みんなの口から「おいしい・・・」と言葉が漏れました。
c0133013_16422653.jpg
いよいよ一皿目のパスタはズワイガニと白菜のタリオリーニ。柚子の香りが食欲をそそります。(照明のせいか、私がヘタなのか、お料理が見たままの色に撮れていないのが残念)
c0133013_1643712.jpg
パスタ二皿目、私のリクエストで作っていただきました。エゾジカと牛蒡のピーチ。パルミジャーノが効いた濃厚な煮込み系ソースですが、牛蒡が入っているせいかちょっと和風なテイストも。こちらのお店は手打ちパスタはディナータイムだけですが、とても美味しいです。
これから寒い季節は、ジビエの濃厚煮込み系パスタと赤ワイン、いいですね~。
お店のマスター曰く、ジビエにも力をいれているようで、とてもパンチのあるお味の野生のイノシシが入荷します、なんて情報をもらい、心がそそられました。
c0133013_16441511.jpg
そして、メインは、お店のマスター自信の一皿で、宮崎牛の希少部位(三角とイチボの間くらいにある名前忘れ)だそうで、じーっくりと時間をかけて焼き上げたもの。岩塩と胡椒とにんにくペーストがお皿にちょこんと。
脂が甘くてとろけそうなお肉と野生のルッコラの辛味が絶妙。とても美味しかったです。
c0133013_164626.jpg
ドルチェは旬のラフランス。ほろ苦いカラメルに絡めて焼いてあります。上に乗っているのはバジルのグラニテ。ミルクのジェラート添え。
旬の食材をたくさん取り入れてあり、とてもバランスの良いディナーコースで、満足でした。
この日の前日、私は職場の忘年会で午前様だったので、若干体調が戻っていなかったのがタマニキズ。
ワインがあまり進みませんでした。肝臓が、今日はあまり呑むな、と警告を発しているようでした。2日続けての宴は、やはり少々堪えるお年頃です。012.gif
婚約中のハッピーなお二人にも満足していただけたようでした。
結婚前の一番愉しい時ですから、どこへ行っても何を食べてもきっとバラ色なのでしょうね。
私も、バラ色気分を少しおすそ分けしてもらったようでとてもいい気分になりました。
結婚生活が始まったら、バラ色はどんどんその色を変えていくってことを、既に大人のお二人も私たちもよーく分かっている事ですけどね。

[PR]
by sanakk | 2012-12-11 15:35 | Comments(10)

娘にせっせと約5年と8ヶ月、作り続けたお弁当、とうとう最終日となりました。
明日から学期末テストなので、お弁当は無し。テストが終われば、高3の娘は長い長い休みに入ります。
あと高校に行くのは、終業式と3学期は選択した授業の日に何日か登校するだけ。そして卒業式です。
娘を中高一貫の私学に入学させた時は、これから6年近くお弁当を作り続けるのか・・・と遠い目をしていたであろう私。(公立の中学に行かせていれば、中学の3年間は給食がありますから)お弁当作りから開放されるのは、果てしなく遠い未来のような気がしたものですが、過ぎてみるとあっという間だったかなぁ。
私が朝寝坊した日以外は、どんなに忙しい朝もほとんど毎日作り続けました。頭の回らない朝、無意識のうちに手が動き、お弁当箱の空白を埋め、気がつけば15分足らずで出来上がっていました。
娘もご飯粒ひとつ残さずいつもキレイに空っぽになったお弁当箱を持って帰ってきてくれました。そして1日も学校を休みませんでした。私のお弁当作りは、娘が毎日元気で学校に行き、無事に帰って来い、という願掛けのようなものだった気がします。
最後の学校弁当か、と思うとちょっと感慨深いものがありましたが、いつものように時間に追われる朝のこと、特別に豪華にすることもなく、15分でちゃっちゃと作りました。なるべく娘の好物を入れるようには努力しました。

c0133013_15562964.jpg
娘、キノコのバター醤油炒めが入っているとテンションが上がるそうです。アスパラ豚肉巻も娘の大好物。今日は塩麹に漬けてから焼きました。前夜仕込んでおいた帆立貝柱と大根の炊きこみごはん。かぼちゃのコロッケは冷凍食品。等等。大サービスでピオーネのデザート付。
最後の学校弁当なので、一応記念撮影しておきました。043.gif

c0133013_162395.jpg
いってきまーす、とお弁当を持って娘が出て行くと、朝の放鳥タイムになります。
台所のとまり木で、朝ごはんやお弁当の食材の切れ端をツマミ食いすることも多い花です。
c0133013_163031.jpg
今朝は、ラッキーだったね。花の大好物のピオーネにありつけました。
ほんのちょっとだけど、一息入れられる時間です。
でもすぐに、今度はお鳥さまたちのお部屋のお掃除にとりかからなくてはなりません。
作業をする私の肩に飛んでくる海、私の部屋着のフードの中に落ちては背中でもがいているようです。
c0133013_1634860.jpg
037.gif

カメラを向けると、必ずくるりと後ろを向いてしまう海。写真を撮られるということを理解している動作のように思えて仕方ありません。
c0133013_1641823.jpg



さて話は変わりますが、こないだの休日、久しぶりに映画館で映画を観ました。
公開されたばかりの「007 スカイフォール」、観て来ましたよ。007シリーズ誕生50周年記念作ということで話題になっていますが、私はもともと「エージェントモノ」の映画が好きなんです。
しかも、今回3作目となるボンド役のダニエル・クレイグ、以前観たDVDの「ドラゴンタトゥーの女」でも主演していましたが、気になる俳優の一人です。
「ドラコン~」の時は、ちょっとたるんだ感じの中年の編集者の役でしたが、スカイフォールでは見事に引き締まったマッチョな体を披露してくれて、役者根性さすがだなぁと思いました。
最後に映画館で007シリーズを観たのは、確か中学か高校の時でロジャー・ムーアがボンド役だった「私を愛したスパイ」。なんと30ウン年ぶり。(ほぼトシがバレますね)
時代と共に、ジェームス・ボンドのキャラクターも変わっているんですよね。かつてのボンドといえば、都会的でかっこよくて女ったらし、どこかニヤけた感じだけど完璧なオトコでした。クレイグのボンドは、違うんです。自分の年齢や体力の衰えを感じていながら、大きな悪に立ち向かう、みたいなちょっと泥くさくて、哀愁漂うボンド。でも、そこが新鮮で良かったりしますね。リアリティーがあります。
ダニエル・クレイグがかもし出すちょっと疲れた中年男の悲哀といいますか、色気がいいんですよね。
フェロモンと加齢臭のぎりぎり境界線の魅力。(私より年下のクレイグさんに、ごめんなさい。でも好きです)
しかも、今回のボンドガールは齢77歳のおばあちゃん「M」と言ってもいいです。
かつての007シリーズお決まりの、ナイスバディ美女の命を救ってお色気シーンに発展という筋書きではないんです。
後半、無理矢理な設定にちょっと「ん?」と思わないでもなかったですが、細かい事は気にせずに、息もつかせないアクションとダニエル・クレイグのちょっとうらぶれたボンドの魅力が楽しめる娯楽作品でした。
あ、あとアデルが歌う主題歌の「スカイフォール」、すごくいいです。


OO7シリーズ映画お決まりの冒頭シーン。ボンドがカメラのシャッターの中をあるいているような場面。
c0133013_1695850.jpg

ずっとカメラのシャッターだと思っていたけど、これって敵の銃の砲身を意味してるらしいです。
映画館に記念撮影用に置いてあったのでおやーじゅ立たせて見ました。
c0133013_16104560.jpg
ピストルではなく、ビールとコーラのカップ持って・・・・、ずいぶんおマヌケなボンドです。003.gif

[PR]
by sanakk | 2012-12-06 10:59 | Comments(8)

師走に突入。寒い週末でしたね~。
ホットヨガで体を温めた帰り道、立ち寄ったスーパーでスペインのオリーブオイルフェアをやっていました。
人気のエクストラバージンオリーブオイルをずらーっと並べて、パンを浸して試食させてくれていたので端から順にすべて試しちゃいました。オリーブオイル大好きなので。
一口にオリーブオイルと言っても、本当にみんな微妙に味がちがうんですよね。ピリッとスパイシーだったり、ほろ苦かったり、フルーティーだったり。
そして、試食の結果、気に入った物を2本購入。
c0133013_10184658.jpg
左のは、めずらしいトリュフフレーバーのオリーブオイルです。市販のピザが、このオイルをかけるだけでランクアップしました。パスタやお肉料理、いろいろと活躍してくれそうです。
もう一本は、アンダルシアで一番香りの良い10月に手摘みされたオリーブで年に一度しか生産されないという厳選されたオリーブオイルです。とても瑞々しいお味で、そのまま飲んでも美味しいくらいです。
しかもお値段リーズナブル。とても良いお買いものができました。

さて、本日はおやーじゅが早くも忘年会。(年内、どれだけ忘年会と称して呑み会があることやら。べつにいいけど015.gif)おやーじゅが外呑みの日は、なぜか私の家呑みに気合いが入るのです。
c0133013_10195091.jpg
今シーズン初の牡蠣と青ネギのオイルパスタです。フルボトルは一人では無理なので、呑み切りサイズのスプマンテも調達してきました。
購入したばかりのオリーブオイルを使って、パプリカのマリネも作りました。
c0133013_10203038.jpg
タッパーのままテーブルに乗るのが家呑みならではですね。012.gifパプリカって、なぜか冷蔵庫に放置される野菜じゃないですか?いただきもののパプリカ、食べきれずにぎりぎりのところでマリネにしてみたら、これがとても美味でした。
合せビネガーに漬け込む前に、よく炒めて焦げ目をつけるととても美味しくできます。
最近は、私の家呑みもノンアルコールで娘が付き合ってくれるのでさらに楽しい時間になりましたが、あっという間に酔っぱらってソファで爆睡がお決まりのパターンです。

眠ってしまったので、夜の放鳥はまたしても深夜になってしまいました。
c0133013_10214549.jpg
野菜ジュースを美味しそうに飲む花。いつもはコップを自分で持って飲むのだけれど、今夜は「おかあさんが飲ませて~」だったようです。
c0133013_10222199.jpg
2杯おかわりして最後まできれいに飲みました。
そうそう、花もジュースで私の家呑みによく着き合ってくれるのでした。045.gif

c0133013_10224361.jpg
ピーちゃんのほっぺの羽毛が一枚抜けてました。なんだか、鳥さんのほくろみたいですよね。
c0133013_10225547.jpg
      自分のほくろを見つめるピーちゃん。
c0133013_10234466.jpg
       大股開きでハッスルピーちゃん。
ピーちゃんもまた、眺めているだけで家呑みの酒の肴になりますな~。003.gif

[PR]
by sanakk | 2012-12-02 13:05 | Comments(10)

平凡な主婦と平凡なヨウムの楽しく滑稽な日々を綴ります
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31