今週の日曜日は、長女の成人式、再チャレンジの日でした。
14日の大雪で、おばあちゃんのところへ晴れ着姿を見せに行くのを断念したのですが、この日こそはと予定しておりました。
お天気には恵まれましたが、やっぱり寒かったですね~。
今回は、14日の成人の日の時とは違う美容院を探して、着付けヘアメークをお願いしました。
なぜなら、前回の振袖の着付けは、正直あまりいい出来ではなかったからです。
一年も前から予約を入れてあり、朝一番に対応してくれてよくしてくださったのですが、残念な事に着付けがイマイチ・・・というかかなり酷かったです。襟元がくたくただったり、帯が下がってきたり。
着付け免許を持ったプロに外注するという美容院を近所で見つけて、そちらにお願いしてみることにしました。
まだ次女の成人式が控えているので、ちゃんと着付けをしてくれる美容院を探しておかなければ・・・と思いまして。
年配の女性が二人来て、振袖着付けてくれました。隅っこで邪魔にならないように見ていたのですが、やっぱり全然違うんですね~。素人の私でも分かりましたよ。
まず襟のところが違うんです。半襟の出し方とか、ビシっと決まっていました。
階段を上ったり、おトイレへ行ったりしても、着崩れないように裾も工夫してあったり。
c0133013_16334426.jpg
今回は雰囲気を変えて文庫結びにしてもらいました。私が使った昔の帯なので、今の帯より短いのだそうです。もう少し垂下ると良かったんですが。まあこれはこれで、チマっとしていて可愛いかなと思います。
ヘアーは前回よりだいぶん盛った感じにセットしていただきました。
c0133013_16344166.jpg
   前回の帯結びです。どちらがいいと思いますか~?043.gif
メイクも、施す人が変わるとずいぶん違うんだなぁ~と思いましたね。メイクは前回のほうが楚々とした感じに仕上がっていて良かったかなぁと思いました。
前田敦子ちゃん似になっていた前回でしたが、今度はフィギュアスケートの荒川静香さん似な感じ。
「つけま」の付け方で目の感じが変わってしまうと、顔の雰囲気もずいぶん違ってくるものですね。

実家の母は、私に着せた振袖を再び孫娘が着てくれたのを見られて本当に喜んでいました。父に先立たれてからずーっとメソメソしてばかりだった母が、最近はちょいちょい笑顔を見せるようになってきたので、私も少し安心しています。
さあ、せっかくお金をかけて着た2度目の振袖姿を見せびらかしに行きましょう、ということで母も伴ってみんなでお参りに繰り出しました。
まずは、実家から近い場所にある「東京大神宮」に行って見ました。長年近くにいながら、私もこの神社に来たのは初めてでした。
c0133013_1638462.jpg
もう節分祭が始まっていて、思ったより狭い境内は人でごったがえしていました。
東京大神宮、たしか縁結びや恋愛成就で、若い女性に人気の神様ではなかったでしょうか?
私も、「カタブツで人付き合いが不器用な娘に、良縁がありますように」と、祈っておきました。003.gif
お参りして、写真を撮ったら、すぐにやる事がなくなります。あっという間に帰って着物を脱ぐだけ、なんてなんだかもったいない気がしたので、神社をはしごしようということになりました。
東京5大神社と言えば、この東京大神宮(飯田橋)と明治神宮(原宿)、靖国神社(九段)、大國魂神社(府中)、日枝神社(赤坂)ですね。
c0133013_1641203.jpg
で、やって来ました、日枝神社。
c0133013_16503154.jpg
実は私の成人式の時、お参りに来たのがこの日枝神社でした。

振袖姿の仲の良い同級生の友達と私を二人、車に乗せて、父が式典会場の送り迎えをしてくれて、その後、日枝神社につれてきてくれたのでした。写真好きだった父が、自分の一眼レフで私と友達のスナップ写真をたくさん撮ってくれた日枝神社の境内。その時以来、〇十〇年ぶりに来てみたら、記憶がよみがえり懐かしい気持ちでいっぱいになりました。子煩悩でマメだった父の事を思い出し、またちょっと胸がきゅんと苦しくなりました。
あの時、父が撮ってくれた写真を貼ったアルバムはどこにいったのだろう?今度探しておかなければ・・・と思いました。

こちらには、娘のほかにも何人か振袖姿のお嬢さんがいましたね。やはり14日大雪成人の日のリベンジをされてる方でしょうか?

神社をはしごして、実家に帰ったころには、長女もそろそろ帯の苦しさが限界に達していたようです。
もうちょっと着ていたかったみたいですが、しぶしぶ持参してきた洋服に着替えていました。
振袖を着ていた時間、約4時間。今回、着付けヘアメークにかかった金額、2万7000円。なんだかなあ008.gif
まあ、一生に一度の(2度でしたが・・・)成人式の思い出なのだから、プライスレスですけどね。


さて、今朝の花は、旬の金柑をいただきました。
c0133013_16455057.jpg
金柑はあまり汁気が無くて持ちやすいので、花お気に入りの果物です。
けれど、皮だけ食いちぎってはぺっぺっと吐き捨て、中身をほじくるというたいそうお行儀の悪い食べ方をします。
c0133013_16461595.jpg
それに、半分くらい齧ったところで投げ捨て。
c0133013_1646398.jpg
「もっとちゃんと食べなさい。」と拾って渡そうとしても、一度投げ捨てたものは金輪際受け取らない花ちゃまなのでした。

c0133013_18534438.jpg
ピーちゃんにちょっかいを出す花。ピーちゃんは大喜びで花の相手になってくれます。
c0133013_16473065.jpg
ピーちゃんが一歩前に出てくると、飛び上がって退く花。037.gif
臆病でわがままで天然娘のヨウム、花。愛すべき存在です。
「花ちゃま、だーい好きだよ」と話かけると、じーっと私の顔を見つめてからエグエグして愛情表現のお返しをしてくれました。心が通じるんですね。043.gif
c0133013_16483171.jpg

[PR]
by sanakk | 2013-01-30 18:57 | Comments(10)

先日、今シーズン初のオイスターバーに行ってきました。
sana家は夫婦揃って、激しく牡蠣LOVERなので、それはもう張り切って。
一年ぶりに訪れたそのお店は、移転していて、もとあった場所は焼き鳥屋さんになっていました。
売り切れになるかもしれないので、生牡蠣8ピースプレートを確かに予約したので、どこかにお店はあるはず。
だけど、職場の電話から予約したので電話番号も分からず・・・・。HPも見ていなかったので、よもやお店が移転しているとは思いもしませんでした。
こういう時は、やっぱスマホだよなぁ~とか思いながら(おやーじゅも私もいまだにガラケイ)、付近をうろうろしました。
予約していた時間もとうに過ぎ、ああ~生牡蠣が遠ざかって行く~と思いながらふと空を見上げると、見つけましたオイスターバーCOVOさん。目の前の建物の2階に。
ラッキーですよね。移転先の何の情報も無く適当に歩いていたのに、その店の前でちょうど立ち止まるって。
やはり、食いしん坊の私、美味しいものへの並々ならぬ執念がなせる業でしょうか。
c0133013_1681546.jpg
カウンターの奥の席に落ち着くと、目の前には産地別に愛しき牡蠣たちが並んでおりました。やれやれ、やっとありつけます。
c0133013_169020.jpg
まずは予約してあった生牡蠣8Pプレートです。すべて兵庫県産のもので相生、坂越、室津。
私には、室津のものが濃厚な甘味があって一番美味しく感じられました。
今年は、東北や北海道、北陸の牡蠣はなかなか入ってこないのだそうです。メニューを見ても西日本産地のものばかりでした。でも、夢心地になるくらい美味しかったです。
c0133013_1695099.jpg
お店オリジナルの生牡蠣ソースも用意されていて、ナンプラーやごま油&塩などお勧めですが、やはりレモンを絞ってそのままちゅるん、が一番ですね。磯の香を堪能できます。
1人4個食べてもまだまだ食べたい私たち、さらに6Pプレートを追加注文。冷たいスパークリングワインと共に合計7個の生牡蠣をつぎつぎと胃に流し込みました。
お店の男性が、「生牡蠣はお腹を冷やすので、やはり食べ慣れてない方がいきなりたくさん食べると、下す方がいらっしゃいますので、大丈夫ですか?」と心配していました。
「全然、大丈夫です!」と同時に深くうなずく私たち。根拠のない自信がそこにはありました。だって、こんなに生牡蠣を愛してるんだもん。お腹をこわすなんてありえなーい。
c0133013_16132742.jpg
その後さらに、サルサソースの冷製牡蠣をいただき・・・。
c0133013_16134318.jpg
お店自慢の大きな熱々カキフライのジューシーさに舌鼓を打ち・・・。
c0133013_16141246.jpg
牡蠣ごろごろのリゾットをいただきました。いったいいくつの牡蠣を食べたのでしょう。
c0133013_16143344.jpg
〆は自家製パンチェッタと葱のパスタ。最後の方は、さすがにもうしばらく牡蠣はいらないかな、と言う感じでした。
でも、一晩寝ると翌日にはもう生牡蠣食べたくなってました。我ながら、よっぽど好きなんですねぇ。
因みにお店の方の話によると、今年は天候の都合で、各地の牡蠣の成育が遅れており、3月過ぎまで真牡蠣を楽しめそうだとのことでした。オイスターバー、季節のうちにまだ何回か行くことになりそうです。045.gif

おやーじゅ、この3日後、お腹をこわして寝込みました。日にちがあいているので牡蠣のせいではないと思います。多分お腹に来る風邪でしょう。
当然、私はぴんぴんしています。003.gif

食いしん坊といえば、海くんも私に負けず劣らず相当の食いしん坊。美味しい食べ物には、ものすごく執着するオトコです。さすがの私も、その執念深さ、負けるかも?
c0133013_1618463.jpg
ケージの掃除をしている間、海は必ず私の肩に飛んで来て私の仕事を眺めています。
ナッツをもらえるタイミングを分かっているからです。
c0133013_16193715.jpg
途中で一個もらって食べるのはお約束。
そして、自分のケージ底に新しい新聞紙がセットされると、いそいそと帰っていきます。
次はケージの中でナッツをいただくという順番が彼の脳ミソにインプットされているようです。
もはや、海の放鳥時間は放鳥されるためのものではなく、海が考えてる手順で好物のナッツにありつくためのものであるようです。
私が「ネジっておやつ」にナッツをセットするのがまちきれない海は先回りしてケージの中で待ち構えています。イジワルな私は、海がネジを回すのを指で逆回しして妨害してみます。執念のオトコ海は、鳥とはおもえないほどのバカ力でネジを回し返して意地でもナッツにありつくのでした。↓



放鳥中の花は、おやつへの執着がほとんどありません。
c0133013_1632686.jpg
落花生をもらっても、一粒取り出してそれも雑に半分だけたべたら、残りはポイ!
c0133013_16323545.jpg
それを見ていた海は、またまた大急ぎでケージから出てきて花の投げ捨て落花生を拾いに走るのです。忙しいオトコです。008.gif 
c0133013_16475861.jpg

[PR]
by sanakk | 2013-01-25 11:40 | Comments(10)

今日は、このブログに何回か登場してる、ノラ猫くーちゃんのお話です。
c0133013_1925674.jpg
私の職場の勝手口に現れるようになって、もうかれこれ2年近くになるくーちゃんでした。
その賢さと人懐こさのおかげで、1年ほど前に近所の奥さんが自宅のガレージでくーちゃんを飼い猫として面倒を見てくれていた時期もありました。けれど、ほどなく、くーちゃんの首輪は外され再びノラ猫として解放されてしまいました。それからというもの、ほとんど毎日のように、職場勝手口から給湯室に入ってきて私がロッカーに常備しているキャットフードを食べていたくーちゃんでした。
9連休だった年末年始、くーちゃんはどうしているだろう?と気にはなっていました。
c0133013_1935521.jpg
お正月休みが終わって、数日後、ひょっこり現れたくーちゃんは、なんとまた新しいピンクの首輪をつけていました。005.gif
どこのお家かわかりませんが、また新たな里親さんをゲットしたみたいです。
本当に、世渡り上手なノラ猫のくーちゃん。今度こそ、ずっとそのお家で家族として可愛がってもらえるといいですね。
ピンクの首輪を着けてからも、毎日必ず勝手口に現れていたくーちゃんでしたが、先日の大雪の日以来ぷっつりと姿を見せなくなりました。
きっと新しい里親さんが、大雪をきっかけにくーちゃんを家の中の飼い猫にしたのかな~と思っています。
それはそれで、よきかな。よきかな。私も一安心。
職場のロッカーを開けるたびに、くーちゃんが食べかけのキャットフードの袋が目に付いて、ちょっと寂しい気持ちになりますけど。


コピー用紙の段ボールの上がくーちゃんのお食事処でした。
c0133013_1943974.jpg



さて、猫の次は鳥。
c0133013_1953174.jpg
海の爪が伸びていたので、次女と二人がかりでカットしました。
海はおとなしく爪切りさせるので、いつもは私1人で十分できるのですが、なぜか今回は暴れたので次女に手伝ってもらいました。
多分・・・、その辺にあったタオルでくるんで保定したのがいけなかったのかな?いつものマットじゃなかったから。鳥は「いつもと違うこと」に敏感ですから。
c0133013_196195.jpg
爪切り直後、ボサボサ状態で放心状態。娘にしっかり押えてもらったので、出血も無くしっかりと爪切りできました。
海は形状記憶羽毛の持ち主。どんなにぼさぼさになっても、一分でもとどおりのつるつるすべすべダルマに戻ります。
c0133013_1962075.jpg
c0133013_1963648.jpg


海の爪切りを目撃して、すっかり縮み上がった花は、その後とってもおとなしくなってしまいました。
c0133013_1965832.jpg
瞬きの途中のお目目がどこか色っぽい?

[PR]
by sanakk | 2013-01-22 19:45 | Comments(12)

先の三連休から週明けにかけて、女子会続きだったsanaです。
連休初日の夜は、旧友と3人で地元の海鮮ビストロで呑みました。赤ワイン、何本空けた?2本?3本?結構呑みました。
c0133013_16393089.jpg
オイスターバー・・・、と思いつつ、まだ行けてない私ですが、その店で今年初生牡蠣、1人で食らいました。(他のふたりは生牡蠣は苦手みたいだったので)
四半世紀どころか、30年以上の古~い付き合いの友人との、久しぶりの女子会(オバ会)、愉しかったです。
若い時は、ディスコ(古っ)通いから始まって、少し大人になると、食べ歩き呑み歩き、そして旅行へ行き、それはよく遊んだ仲間でしたが、それぞれに家庭を持ち、子供が生まれて自然と会うことも少なくなっていました。
20年の時を経て、やっとまた夜遊びができる自由が戻ってきたのですね。この時が来るのを待っていたような気がしますが、しかし、悲しい事に私たちはすっかりオバサンになってしまって、昔のように遊ぶ元気はもう無いのでありました。ぼちぼち、体の外側よりも内側がどうなっているのか気になるお年頃になってしまいましたし。
まあ、時々会って美味しいものを食べて美味しいお酒を呑んで、静かにじっくり大人の会話を楽しめればいいでしょう。(この時の私たち、あまり静かではなくて大人げ無かったと思いますが)

そして連休明けのまだ地面に雪が残って歩きにくかった火曜日、午後からの所用のため仕事を休んでいた私は、またまた友人を誘って横浜でイタリアンランチしました。
私が行きたかったレストランが全部、前日の成人の日の振り替えでお休みでした。横浜のイタリアンレストランは申し合わせたかのように月曜定休で、月曜が祝日の場合翌日が休みになるってご存知でしたか。
その日ランチをしたのは、昔の記憶で飛び込みで入ったお店でしたが、なかなか美味しかったです。
大雪の翌日の平日ということもあり、お店は、空いていて、落ち着いて食事とおしゃべりを楽しむことができました。
c0133013_16453888.jpg
       冷たい前菜、ワラサのカルパッチョ。
c0133013_16455957.jpg
       温かい前菜、天使海老のオーブン焼きタイム風味
c0133013_16461969.jpg
       魚介ラグートマトソースのスパゲッティ
c0133013_16463872.jpg
京都産もち豚肩ロース肉と京野菜の炭火焼
白ワインのデカンタを二人で呑んで、ほろ酔い。昼間なので調度良い量でした。

ドルチェはレモンのスポンジ、苺のロールケーキ、葡萄のジェラートなど盛りだくさんのプレードで美味しかったのですが、おしゃべりしながら食べているうち、写真撮り忘れました。

その時の友人に家から新聞紙をひと束持ってきてもらいました。
なぜならsana家に新聞紙のストックがまったくなくなってしまったから。そう、鳥ケージ用の敷き紙が無くて困っていたのです。
友人が持って来たのは、なんと「こども新聞」でした。(小学生のお子さんがいるので)
c0133013_16484988.jpg
鳥ケージの掃除をしながら、こども新聞を広げていたらついつい読んでしまって、はかどりません。
こども新聞て、なかなか面白いですねぇ。いつもは日経新聞を使っているのですが、それよりずっと私の頭の中にさらりと活字が入ってきます。ウチもこども新聞とろうかな?ちょっと真剣に考えてしまいました。003.gif

c0133013_1650464.jpg
こども新聞の向こうで鈴をちりんちりんして遊ぶピーちゃん。
c0133013_1651632.jpg
よく見ると、鈴をれろれろ舐めているみたいです。

同時放鳥組の詩、希、ピーちゃん。ひとしきり飛んだあとは、いつも鳥マンション屋上に集います。
c0133013_16512685.jpg
ピーちゃんを意識して右往左往するオカメsなんて無視して羽繕いするピーちゃん。長い尾羽の先っちょまでちゃんと器用に嘴ですきすきします。
c0133013_16522242.jpg
希と男同士のにらみ合い。手前に居るピーちゃんが希に負けないくらい大きく見えますね。(ピーちゃんの体重は希の半分以下)

c0133013_16532048.jpg
That's オカメ! と言う感じの希。ぽってりとして首を傾げてる様子が本当に可愛い。016.gif
以前、消しゴムはんこ作家のにこまるさんにいただいたオカメのはんこ、そのまんま。
c0133013_63985.jpg


今日、花と海の放鳥タイムに、ちょっとした事件がありました。
今朝は、花がやけに海の事を気にして追い回しているなぁと思ったら、逃げてる最中の海がずっこけてしまいまして。
すかさずそこに花がとびかかり、獲物を捕獲した鷲のごとく両足で海をむんずと押さえつけてしまったのです。
声も上げずにもがく海。さすがに海もそこそこ大きいので(それでも体重は花の3分の一以下)花をはねのけるのと、私が駆けつけるのが同時でした。008.gif
c0133013_16544042.jpg
      私のそばでしばらくフリーズ状態の海。
c0133013_16545385.jpg
でも、ナッツを渡せばすぐに復旧するのが海。
噛まれたわけではないので、海に怪我はありません。
花は時々、執拗に海を追い回し、あまり真剣に逃げない海を捕まえてふんづけるように乗っかってしまう時があります。遊んでいるつもりなのかもしれないです。
c0133013_16555137.jpg
アンタは、大きいんだから、体格差を考えて遊ばなきゃダメよ~。と諭しながらナデナデ。大きなお耳しておりますが、聞いているんだかどうか・・・?

[PR]
by sanakk | 2013-01-18 07:05 | Comments(12)

大雪の成人式

爆弾低気圧が西から攻めてきた成人の日。まさかの・・・というかやっぱり、大雪になってしまいました。
予報では関東地方は朝から大雨だったので、長女に振袖を着せるのはどうかと悩んだのですが、着付けとヘアメークを頼んでいた美容院の方に聞くと、少々の悪天候でもみなさん振袖を着て成人式を決行するということなので、うちも予定通りに進めることにしました。
c0133013_19263631.jpg

ところが朝、振袖を美容院で着つけているうちに天候は悪化の一途。気が付けば外は真っ白になっていました。
前日に着物用のレインコートと草履用の雨除けを購入していたので、それらを装着して、車に乗り込み写真館に向かいました。
c0133013_2034429.jpg
プロのカメラマンにまるでモデルさんばりにいろんなポーズを撮影してもらってご満悦の長女。
やはりプロはさすがです。シャッターを切るたびに新しい映像がモニターに映し出されるのですが、どの瞬間を撮った写真でも本当にきれいに撮れています。娘も5割増しに可愛くなっていて、晴れ着の色も鮮やかに・・・。
この時撮った写真を後日改めて見に行って、気に入ったものを選んでからきちんと引き伸ばして装丁してくれるのだそうです。娘と選ぶのがとても楽しみです~。

しかし~、女の子というのはお化粧で変わるものだなぁ~、本当に化けるなぁ、とつくづく。
普段、ほとんどお化粧もしない長女なので、余計に変化を感じるのかもしれません。
ちょっとドキっとしてしまいました。
普段はネガティブモデルの栗〇類くんを平たくした感じの娘が、前田敦子さんと若き日の松田聖子さんを足して割ったような感じになりました。ちょっと想像がつかないでしょう?
親バカな欲目も相当入っていますのであしからず・・・。

写真館で記念撮影した後は、おやーじゅ方のおばあちゃんに晴れ着姿を見せに行きました。
その間も雪はしんしんと降り積もり、次は少し離れた私の実家に行く予定でしたが、どうも我が家のRV車のブレーキの様子がおかしいのです。スノータイヤに4駆なので、スキー場にもそのまま行ける車なのですが、なんだかブレーキを踏むと後輪が横滑りをおこします。
危ないので、実家行きとお参りは断念しました。実家の母は、娘の私と孫の2代に渡る振袖姿をとても楽しみにしていたので、残念でした。
外で写真を撮ることもできなかったし、どうにも不完全燃焼の成人式になってしまったので、後日、天気の良い日にもう一度、長女に振袖を着せて、実家の母を訪ねお参り(sana家の初詣になります)に行くことにしまた。

平成4・5年生まれの新成人。なんだかなぁ~、と思います。
新型インフレエンザ流行で高校の海外研修は中止になり、震災で大学入学式は中止になり、成人式は大雪。
それはそれで、人生のなかで忘れられない1ページとなるのでしょうか。
試練の多い大人としての船出を象徴しているかのような今日の悪天候でしたが、力強くこれからの社会を泳いで行ってほしいものです。

c0133013_19214287.jpg
早々と帰宅して、晴れ着のまま鳥たちを眺める娘。頭に雪がついたまま。



c0133013_19251860.jpg
次女は、屋上で張り切って雪だるまづくり。
屋上に降り積もった雪だけで、立派な雪だるまができあがりました。久々の大雪にはしゃいでいる次女はまだまだ子供ですが、2年後にはまた成人式ですね~。

インコたちは、何歳で成人するんでしょうね~。
それとも一生幼児のままでしょうか?
c0133013_20483131.jpg
ケージに張り付いて花にアピールするピーちゃん。
c0133013_20484470.jpg
ナッツを食べてるいる時だけ、ナデナデさせてくれる海。食べるのに夢中なので何をしても嫌がりません。
c0133013_2049374.jpg
花はどんなな時も私の指を待ってます。
晴れ着姿の娘がいきなり鳥マンションの前に立っても、誰もびびりませんでした。怖がるかと思ったんですけどねぇ。039.gif娘だってちゃんとわかっているんですね。

c0133013_19215925.jpg

[PR]
by sanakk | 2013-01-14 17:13 | Comments(16)

お正月休みも終わり、仕事に復帰して三日目・・・。とにかく、眠いです。
眠りたくなるまで起きていて、起きたくなるまで眠っていた生活だった9日間で体内時計が狂ってしまったかのようです。
職場にいても、何かを考えていないと、一瞬でも頭の中を空白にしてしまうとそこに強力な睡魔が入り込んで来て意識ごとどこかへ連れ去られてしまいそう。
ただただ、眠いです。019.gif

年が明けて街ではいっせいにバーゲンセールシーズンが始まりましたね。
待ってましたというように、娘が(特に次女)お買い物に行きたがります。
肩もんであげるから、お手伝いするから、勉強するから。あの手この手で大蔵大臣の私の財布のヒモを緩めにかかるのです。
まあ、いいか。お年頃の娘たち。おしゃれもしたかろう・・・。
それに、私もこの冬のバーゲンで狙っていたモノがあったので、お正月休みの後半、娘とバーゲン巡りしてきました。
娘にも、たくさんたかられましたが、私もちゃっかり買ってしまいました。
c0133013_1554816.jpg
黒のブーツ。すごくシンプルなデザインですが革が柔らかく上質で、バックファスナーがかっこいいかな、と即決でお買い上げ。某大手百貨店ブーツバーゲンコーナーに行ったのですが、さすがにデパートです。ものすごい種類と量のブーツが並んでいました。
その中で、気に入ったのを見つけると他を見ないですぐに決めてしまうのが私流の買い物。
私のお買い物は、いつもとても早いです。
私の足は、23.5と一番ポピュラーなサイズなので靴のバーゲンの時は、形が気に入ってもサイズが既に無い事が多いのです。このブーツも最後の23.5でした。
まるで私の足に合わせて誂えたかのようにすぐに馴染んで履き易いのですが、実は左足のファスナーをあげる時はかなりギリギリです。(私は右足より左足の方が太いようです)ふくらはぎの肉がファスナーにくいこまないかとハラハラするほどです。012.gifパンツをインして履くので余計にパンパンになります。
でも、ファスナーをそぉーっと上げてしまうと、あら不思議、ブーツの中にふくらばぎがきっちり収まり、程よい締め付け感が気持ち良いのです。
これ以上、左のふくらはぎが1センチでも太くなったらアウトです。気をつけないと・・・。



そして、来週はいよいよ成人の日がやってきます。
c0133013_15574954.jpg
長襦袢に新しい半襟を縫い付けました。(実家の母が)
さすが裁縫プロのおばあちゃん、とてもきれいに縫い付けてくれました。
私の時は、ただの白い半襟でしたが、今はこういう刺繍を施したものやレースの半襟を振袖の襟元からちらりと見せるのが主流のようですね。
この長襦袢は、もちろん私が着たものですが、20年前に他界した祖母のお手製です。
ひ孫がまた袖を通す事になるなんて、天国の祖母もきっと喜んでくれる事でしょう。

さてさて、お鳥様のおはなし。
手に乗せるとずーっしり重い花ちゃま。さては私と同じく正月太りか、と思いきや。
c0133013_1601153.jpg
体重計に乗せてみるとそうでもありませんでした。450g、花のベスト体重キープしておりました。う、うらやましい。

最近の花は、とてもわるい子です。あちこちでいらん事をしてくれます。
c0133013_1605385.jpg
年末に新しい物に付替えた浄水器に早速気がついたようです。
c0133013_1615873.jpg


c0133013_1624977.jpg
わるいヨウムのマグカップとわるいヨウムの生体。

c0133013_1634934.jpg
詩と希、それぞれのラック支柱が決まっていて、必ずこの立ち位置です。

昨夜、リビングで娘がマジックテープを剥す音をバリバリと立てたら、なせかケージの中の海が驚き、つられて花がパニックを起こし、結果、放鳥中だった詩&希が大オカメパニックを起こしました。
まったく、人間までびっくりして飛び上がってしまうような大騒ぎでした。
落ち着いたかなと思うと、ひきつけを起こしたようにまたぶっ飛ぶので再び海&花もパニックを起こし、しばらくパニックループが続きました。そしてオカメたちが力尽きて床におちてパニックは終息しました。
リビングでは、海&花&希&詩の荒い息づかいが聞こえるなか、ピーちゃんだけが何も変わらず平常心でスリスリしていましたとさ・・・・。003.gif
c0133013_1675673.jpg
床に落ちた詩は、簡単にニギニギさせてくれます。
c0133013_1681377.jpg
ナデナデすると手の中でうっとりして、本当に可愛い。016.gif
ここぞとばかりに娘とかわるがわるに鼻を押し付けて詩のニオイを嗅ぎます。詩はとてもイイニオイ。鳥臭はまったくなくて、お香のようなニオイです。
希は私の肩から離れない甘ったれのクセしてこんな風に手の中でおとなしくしてくれません。無理矢理ニギニギしようものなら、渾身の力で咬まれますから。
それぞれにニオイも性格も違う5羽の鳥たちとの暮らし、脂粉まみれ羽毛まみれ糞まみれ生活ですが飽きると言う事がありませんね~。

[PR]
by sanakk | 2013-01-09 15:51 | Comments(12)

新年!!食べて、歩く!

あけましておめでとうございます。040.gifかなり遅ればせではございますが。
c0133013_10564223.jpg
sana家屋上から見た元旦の富士山です。
不思議ですね。雲や濁った空気で見えないことの方が多い富士山が、元旦には必ずといっていいほど鮮やかにその姿を見せてくれます。

お正月三が日は、午前中は家でだらだらし、午後からのっそりと行動を開始し、夜は呑んだくれて早々とねてしまう、という感じでした。新年のご挨拶の更新がすっかり遅れてしまいました。

c0133013_11141224.jpg
おやーじゅがお正月に呑むつもりで酒屋の友人から仕入れてきた焼酎です。夜な夜なこいつのせいで、お正月観ようと思って借りていたDVDを観ることもできずに意識不明になっておりました。
でも、美味しいものはたくさん食べました。003.gif
c0133013_11151929.jpg
天然物ミナミマグロ&本マグロ。包丁を研いでいなかったのでうまく切れずにグダグダの見てくれですが、久しぶりに「うまい~!」と心底思えるものに出会えました。こんな贅沢もお正月ならではです。

食べて呑んでばかりではいかん!ということで、三日は次女と多摩川沿いを歩きました。
c0133013_1128585.jpg
sana家近くの多摩川遊歩道から多摩川大橋、ガス橋、丸子橋を経て、鉄道橋もいくつかくぐって二子橋までの約12㎞の道のりです。これは去年のお正月も次女と一緒に歩いたコースなのです。次女が今年も歩こう歩こうと言い始め、これからは私と次女、ふたりの正月恒例行事となりそうです。
c0133013_1118512.jpg
ほぼ中間地点となる丸子橋が見えてきました。ぼちぼち足の裏やひざが痛くなってくる頃です。
丸子橋のすぐそばから出ている、目標地の二子玉川行のバスに乗りたい気持ちをぐっとこらえて、娘に励まされながらさらに約5㎞を歩きます。
c0133013_11202619.jpg
2度目だったせいか、今年は早く着いた気がしました。
でも、疲れたのは同じ。受験で体がなまっていた次女も今年は足腰にキタと言っていました。
夜は、ふくらはぎ足裏、腰にシップを貼りまくって寝ました。12キロ歩いたくらいで母娘して軟弱と笑ってやってください。012.gif
でも、大丈夫、今日はもう回復しております。

来年のお正月も、娘と愉しくおしゃべりしながら歩けるように、今年一年健康に留意して錆びない自分でいたい、というのが私の平成25年の目標ですね。

c0133013_11204961.jpg
おしりのお手入れをする海。彼もお正月バージョンのナッツ類を堪能し、ご機嫌でした。

c0133013_1121526.jpg
     今年もウチらをよろしくね~ by 花


皆様にとって平成25年が実りある一年になりますように・・・・。

[PR]
by sanakk | 2013-01-04 11:30 | Comments(14)

平凡な主婦と平凡なヨウムの楽しく滑稽な日々を綴ります
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31