ヨウムな生活 sanahana.exblog.jp

平凡な主婦と平凡なヨウムの楽しく滑稽な日々を綴ります


by sanakk
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2013年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

オカメs、久しぶりの登場です。
ツンデレ娘のうーたんこと詩の発情期も通り過ぎたように思われ、穏やかなオカメライフが続いていたのですが。
c0133013_20361737.jpg
うーたん、また卵、産みました。今のところ、4日前に産んだひとつの卵を、大切そうに温めていますが、やはりかなり気まぐれ抱卵です。飽きればすぐにやめてしまうし、自分が眠る時は卵放置でとまり木に上がってしまうし。夜の間に卵は、ひんやりと冷たくなっています。
ケージの扉を開ければ、大喜びで飛び出してくるし。
「うーたん、本当に孵す気あんの?」ってききたくなりますね。
c0133013_20373030.jpg
希が、卵を気にして、しきりに自分のお腹の下に入れそうなそぶりを見せます。オカメインコって♂も卵を抱くのでしょうか?勉強不足でその辺の生態についてはわかりません。
ペンギンは、夫婦で協力して卵を温めて孵すけど、オカメインコがそういうことするって聞いたこと無いですね。詩があまりに集中力がないので、見かねた希がお手伝いしているつもりなのかな?とか。
c0133013_20404791.jpg
詩はいつもチャップリンのようにつま先を広げて立ちます。インコの究極内股も大好きだけど、詩の外股立ちも可愛いです。016.gif

昨夜の放鳥タイム、私の肩にとまってまったりしている海があまりにも愛おしかったので、そばにいたおやーじゅに「海ってほんとうにキレイで可愛くて賢くて、非の打ち所の無いインコだと思わない?ほら、見て見て。」と、親バカ炸裂していました。
その様子を台所のとまり木からじーっと見ていた花。
私は家呑みで多少酔っ払っていたのかもしれません。配慮のないことをしてしまいました。
花はすっかりご機嫌を損ねてしまいした。
その上私は、うっかり海を肩に乗せたまま、洗面所に行ってしまいました。それは、いつもは花と行う事。自分だけの特権と思っている花は、激怒しました。
洗面所の鏡の前で、いちゃつく私と海の背後から「どどどどどー」っと、花の羽ばたき音が怒号のように近付いてきたのでした。
すごい剣幕、とはこのことでしょう。
「やべ!」と私は、とっさに肩にいた海を手に乗せ避難させました。その直後私の肩に怒りのランディングをした花。
c0133013_0384480.jpg
「しゃあぁぁ」と威嚇の息をもらしながら、海をにらみつけておりました。
花は、その後もそれはしつこくしつこく海を追い回しておりました。もう少しつかまりそうになる海の「ぎゃっ!」という声が何度もリビングに響いていました。
花のキモチを無視したデリカシーの無い事をした私の責任です。
c0133013_2183033.jpg
海もいい迷惑だったでしょうね~。以後気をつけます。


花のケージの「ネジっておやつ」を新しいのと交換しました。
先っぽのストッパーを齧り落としてしまって、ネジが毎朝、ケージの床に落ちていたので。
c0133013_2191846.jpg
新しいのも、時間の問題で旧ネジっておやつと同じになるんでしょうか。
c0133013_219374.jpg
新ネジっておやつを遠巻きに見てビビる花。037.gif
c0133013_21102288.jpg
ケージに入ると羽を逆立てて警戒モード。
でも、数分で最初のクチバシ入れが行われました。ひと噛みでがりっと木屑が落ちてました。
c0133013_2110529.jpg
おやつが仕込んであるのにねぇ~。使い方、間違ってるよ~花ちゃま。
おやつを取り出す道具と認識してる海は決して「ネジっておやつ」を齧りません。何年もキレイなままです。
花ちゃま、海の賢さを見習いたまえ~。

[PR]
by sanakk | 2013-03-30 00:42 | Comments(6)
週末、お友達と久しぶりのイタリアンランチをしてきました。
場所は、私のお気に入りで時々利用させていただく、クチネッタイタリアーナモストさん。
この土日は桜の見ごろピークとあって、お店のある自由が丘はけっこうな人出でした。
12時半にランチを予約していた私たちが一番乗りかと思いきや、既に小さなお店の中は満席状態。
しかも、すべてのお客さんが女性でした。
c0133013_1938382.jpg
野菜の食感が残る濃厚ポタージュの後は前菜盛り合わせです。美味しかったです。友人とスプマンテで乾杯!
いつもはシェフとサービスの男性、二人で切り盛りしていたと記憶していましたが、新人らしき男性がふたり増員されていました。私たちのテーブルに前菜を運んできた男性は、お料理の説明をしようとして、カミカミになってしまい、焦って料理の名前を忘れてしまったようで、本当にこの仕事について間がないという感じでした。しどろもどろになって「す・すみません。ちょっと聞いてきます」と厨房のほうに戻ろうとするカレに、「いいですよ~。見たらだいたい分かるから~」と、なるべく優しく声をかけておきました。
c0133013_19415142.jpg
パスタは、浅利とめかぶのぺペロンチーノ。
最初、新人君が、トマトソースのパスタを持ってきたので、頼んでいないと言うと、一度下がってから「大変申し訳ありません。自分の聞き間違いです、すぐにお作りしますが、もうしばらくお待ち下さい」と汗をかきかき恐縮しつつ出てきました。
きっと厨房で叱られるんだろうな・・・と思うと気の毒で「トマトでもいいですよ」と言おうとしたら、もう踵を返して行ってしまいました。
そして「お待たせしてすみません」と、生ハムとオリーブの小さなお皿とスプマンテをもう一杯づつサービスしてもらっちゃいました。あたふたしてる新人さんに申し訳ないような、得しちゃったような・・・。
友人と顔を見合わせて思わずほくそ笑みながら、スプマンテおかわり楽しませていただきました。
新人さん、まだまだミスが多いようでしたが、一生懸命さが伝わってきて嫌な感じは全くしませんでした。
がんばれ!新人くん、巨匠とよばれるその日まで。043.gif
c0133013_2064472.jpg
そしてメイン。リーズナブルなランチ価格でありながら、岩手の黒毛和牛門崎丑のオチボとランプのグリルです。こちらのお肉は、程よい脂乗りと歯ごたえに甘味旨味のある、本当に美味しいお肉です。
この後、ドルチェもしっかりいただき、美味しい食事とおしゃべりであっという間に時間が過ぎていった午後でした。
今回、ランチをご一緒した友人は、次女の中学高校で同級だった子のお母様。いわゆるママ友というやつですが、娘たちが卒業し、それぞれ別の未来に向かって歩みだしたのだから、もうママ友も卒業だね、という話をしました。これからは、お互いに娘たちのことは抜きにして、おいしいものを食べたり、旅行したりして楽しみましょうと。今回は、わたしたち母親のささやかな卒業式ランチだったのかもしれません。
とりあえず、今年中にどこか近場でもいいから海外旅行の計画を立てましょうと約束して別れました。
実現できるといいけれど。
c0133013_207221.jpg
自由が丘お花見スポットの南口グリーンストリートは満開の桜でアーケードができていました。あいにくの曇天でしたが、たくさんの人で賑わっていました。

さて、その翌日は埼玉県のとある場所にある実家のお墓に参りました。前日とは打って変わって肌寒い日曜日の事です。
桜の木に囲まれたような墓所なので、さぞやキレイに咲いているだろう楽しみにしていたのですが、こちらは2分咲きといったところでした。やはり同じ関東でも、地域によって桜の開花時期もずいぶん違うものだと思いました。
c0133013_2073559.jpg
高速道路がすいていれば1時間もかからない場所なのですが、都会に比べると気温が低いのでしょうね。こちらでのお花見は1週間早かったようです。
実家のお墓参りに母を伴って来ると必ず立ち寄る お蕎麦屋さん があります。そして必ず全員で注文するのが鴨南蛮。
c0133013_2074935.jpg
埼玉県産鴨にこだわったロース肉は、鴨独特の臭みもなくやわらかくて最高です。鴨のつみれや焦げ目のついて葱も美味しく、まさに鴨が葱背負ってやって来た感じの一品です。こちらの鴨南蛮を食べたら、もう他所では食べられなくなりますよ。
最近では、お墓参りか、鴨南蛮か、どちらがメインかわからなくなってきました。
ごめんなさい、お父さん。012.gif

食ネタが長くなりました。
鳥ネタ、だんだん少なくなってる気がします。
わたしが鳥たちを放ったらかしにしてるわけではないのですよ。あしからず・・・。

台所は、アタシのシマよ、とばかりにやりたい放題してくれる花。とにかく、自由です。
c0133013_2032654.jpg
今朝は、乾燥ワカメの袋を見つけ出し袋を破り、ワカメを床にばら撒き、ついでに齧っていました。
花は海苔も食べるので、海草系が好きなのかもしれません。
c0133013_20322811.jpg
ワカメを取り上げられると、調味料の小袋を見つけ出しすぐに穴をあけました。まったく次から次へとよく見つけ出します。
あわてて取り上げようとするわたしの手と取られまいとする花のクチバシとの攻防戦がしばらく続きました。
c0133013_20325636.jpg
鳥ゴハンを置いているラック周辺は、海の縄張り。毎度、おやつを盗み食いしにやって来る海です。けれど天井の低いところでフタを開けるのは、コツが必要です。
c0133013_20331853.jpg
全部下に落としちゃいました。003.gif
c0133013_20362727.jpg
自分の失敗にへこんでしまったのか、怖くなってしまったのか、床にばらまいたナッツを取りに行く勇気がないみたいです。ずっと床のアーモンドを恨めしそうに見つめていました。
c0133013_203493.jpg
柱の向こうからジトーっとおやつのおねだりタイミングを計る海。
c0133013_20352432.jpg

[PR]
by sanakk | 2013-03-25 11:54 | Comments(14)
c0133013_2035895.jpg
スカイツリーです。
日曜日、車で近くを通ったのでちょっと寄ってみようかってことになりまして。
完成してから初めてやって来ました。
2年前のお正月、まだ建築中の頃に見に来た事がありましたが、その頃とずいぶん変わっているのでびっくりしました。
あの頃は川の反対側からしか、スカイツリーを見上げる事ができませんでした。
c0133013_20355260.jpg
地下駐車場の大きさにビビリつつ駐車し、地上に出てみると改めてスカイツリーのその大きさにビビりました。012.gif
周辺もすっかり整備されて、隣接する大きな商業施設「東京ソラマチ」もできて、付近の住人の生活も少なからず変わったのではないでしょうか?ソラマチの集客力が、このあたりの昔ながらの商店にとって吉と出たのか凶と出たのか・・・・。スカイツリー周辺の人出に比べて、少し離れた通りが閑散としていたことがちょっと気になりました。

展望台には登りませんでした。
まあ、死ぬまでに冥土の土産に一度くらいは登ってみましょうかね、ってくらいです。
東京ソラマチはひと通り流してきましたが、何せ人が多くて・・・疲れました。トシですねぇ。人ごみが苦手とかって。
c0133013_20383455.jpg
ソラマチ7階のテラスのベンチに寝転がって撮った写真。人が少なくてホッとしました。ちらほらとそこにいた人たちはみんな寝そべってスカイツリーの写真を撮ってました。



さて、鳥話。
海くん、最近ブームになってることがあります。
それは、次女がコンタクトレンズを入れるところじーっと観察すること。
c0133013_07386.jpg
まだコンタクト初心者の次女はいつもテーブルに鏡を準備して、ものものしくコンタクト装着にとりかかります。そうすると海は大慌てで飛んで来て、ものめずらしそうにその様子をガン見しております。037.gif
c0133013_07154.jpg
回り込んで見ております。じゃましたりはしません。
海にしてみれば、いったい何をやってるんだろうと、不思議でしょうがないのでしょうね。

次女は、高校を卒業した翌日からメガネをコンタクトに変え、耳にピアスをあけました。
アルバイトを始め、おしゃれに夢中になっております。解き放たれたように、自分改造に励んでいるようです。

花がじっと観察するものは、何年も変わってません。
c0133013_081076.jpg
私の後をついて洗面所に飛んできては、洗濯機の中をのぞいています。特に洗濯物の衣類が入った洗濯漕にそそられるようです。私が、下着やタオル、一枚一枚放り込むのを熱心に目で追いながら見ています。
何がそんなに面白いのでしょうね。
さあ、洗濯機回すから、そこ、どいてちょうだい、花ちゃま。それとも、洗濯物と一緒に回ってみる?037.gif

c0133013_09912.jpg
台所も花のプレイスポット。自分の体ほどもある大きさのペットボトルで遊んでいます。
c0133013_093425.jpg
どんなにイタズラしても、「さあ、お部屋に帰るよ」と言ってケージに近づけると、素直にのーっそり戻って行くところが花の性格の良いところ。

c0133013_095396.jpg
尾羽をお手入れする海の姿は鬼気迫るものがあります。そろそろ換羽の季節でしょうか。

[PR]
by sanakk | 2013-03-18 16:26 | Comments(6)
観測史上、一番早い夏日を記録したかと思えば、翌日は一気に10℃以上気温が下がって冬に逆戻りしたり、今週に入って体調を崩してしまいそうな気候が続いてますね。
ただでさえもこの時期、なんだかそわそわとキモチが落ち着かず情緒不安定になりがちで、毎年肌荒れに悩みます。その上、今年はめでたく花粉症デビューも果たしてしまいました。
3月4月は、苦手なシーズンです。嫌いです。
ここ数日、目の痒みに悩まされていましたが、どんどん酷くなる一方で、目は充血して真っ赤になり、擦りすぎてせっかくのまつげエクステはほとんど取れて、白目が腫れた状態になってしまいました。家族に早く病院に行けと叱られ、やっと昨日、眼科に行ってきました。
私の前に待ってた人も、私の後に待ってた人も、「目の痒み」でやって来た患者さんでした。
今年は花粉の量もハンパないそうで、私のようにいきなりデビューする人も多いのだとか・・・。
目薬を3種類、コンタクト装着時に点眼するもの、裸眼時に点眼するもので、ステロイドが入ったものとそうでないものが処方されました。
いやー、具合の悪いときは我慢しないで早く病院に行くにかぎります。病院の目薬をさしていたら、その日のうちに目の痒みが嘘のように治り、充血も引きました。
目の調子が良くなると、アラ不思議、くしゃみ鼻水もピタリと治まってしまいました。今日は一回もくしゃみが出ません。こんなことってあるんですかねぇ~。目と鼻って連動してるんでしょうか~。
なにはともあれ、目と鼻が楽になって、だいぶんご機嫌が直ったsanaです。043.gif


さて、先日もこのブログにてふれましたが、ただ今少しづつ時間をかけて、sana家鳥部屋兼人間居間のクリーン化活動をしています。本当に少しづつです。
おやーじゅが、ぼろぼろになっていた3人掛ソファの革を張り直してくれました。
c0133013_16412080.jpg

花が齧って削ったり傷つけたところから、劣化して亀裂が入りビリビリ破けていたのです。
新品の頃は、本当に素敵なソファだったのですが、見るも無残になっていました。
買い替え案も出たのですが、鳥と暮らす限り、どうせ齧られうんPされるのだからもったいないとおやーじゅは言います。それにこのソファ大きすぎて、今のところ家から出す方法がありません。(買った時はちょうど改築中だったので、窓から吊り上げて搬入しました)
で、こういうことにかけてはプロのおやーじゅが、新しいレザー地を仕入れてきて、裂けて汚れていた座とクッションを張り替えてくれたわけです。
背と肘掛の旧レザー部分との色が違うのがタマニキズですが。(同じような色のレザーを仕入れられなかったとのこと。)まあ、これはこれで、見慣れたらイイかな、と。
おやーじゅは、そのうち時間ができたら、背の部分もすっぽり新しいレザーで張り替えてやると言っておりますが・・・。
Before の写真を撮らなかったのが悔やまれます。Before→After でお見せしたかったのに。
c0133013_16433878.jpg
      花ちゃま、もう齧っちゃいやよ。 022.gif

c0133013_16441385.jpg
あんよをハミハミするピーちゃん。お久しぶりです。
c0133013_16592424.jpg
鳥友のsas_pさん の作品で羊毛チャームです。ネットショップのPo-incoで見つけて思わずゲットしちゃいました。
だって、コレ、ピーちゃんでしょ。可愛くて、見るたびに和んでいます。
実際のピーちゃんは、相変わらず落ち着き無くて私の頭にスリスリするし、「和む」にはほど遠い子ですけど。

c0133013_19245687.jpg
おやつタイムは唯一リビングがしーんと静かになります。ガリガリ、カサカサ・・・そんな音だけになります。
[PR]
by sanakk | 2013-03-12 14:37 | Comments(18)
一気に春めいてきましたね。
しかし、このところ朝からくしゃみ連発で鼻水が止まらず、目が痒くてしかたないsanaです。
いよいよ、花粉症デビューでしょうか?
去年まで花粉症で苦しむ方たちに、「大変だねぇ~」とまるで他人事丸出しの言葉をかけていた私。
天罰が下ったのでしょうか?
1週間ほど前から、目がとても痒かったので、コンタクトレンズ更新の際の眼科検診でそのこと相談しました。
眼科の先生は、ぺろっと私の目をあっかんべぇさせて診てから、おっしゃいました。「花粉症の症状は出てないよ」と。
本当でしょうか~。この時期に、この症状、まさに花粉症じゃないでしょうか~。
でも、不思議なのは、くしゃみを連発して怒涛のように鼻水を垂れ流すのは、いつも室内なんですよね。
マスクも着けないで出歩いているのに、屋外では症状が出ないのです。花粉症なら外、ですよね。
まさか、今さら、ハウスダスト?まさかまさか、鳥たちの脂粉?
今朝、花が私の肩に飛んできた直後、くしゃみ4連発しました。えええーっ?しふーん?
でもでも、スーパーや職場で、何回もくしゃみして鼻水ずずずーってこともあるし。原因が特定できません。
私のアレルゲンはいったい何なんでしょう。

今日辺りから、関東地方にも黄砂やpm2.5が飛んでくるそうですね。
これ以上、鼻炎の症状が酷くなったらイヤなので、超微粒子N95規格/pm2.5対応のマスクを買いに走りました。コンビニやドラックストアでは既に売り切れてましたが、小さな薬局にたくさん在庫していました。
c0133013_1625108.jpg
マスクは息苦しくて苦手なのだが、しかたあるまい・・・・。

一日中、ハナをかむので保湿ティッシュも今の私には必需品。
私のことを常に監視している花は、ティッシュを一枚引き抜くと間髪いれずに「じゃーっ、じゃーっ」と、私がハナをかむ音を見事にプレイしてくれます。
そこは先回りしなくていいよ、花ちゃま。008.gif
c0133013_16255989.jpg



c0133013_16261975.jpg
床に座って、ケージの掃除をしていると、いつの間にか膝によじ登ってくる海くん。
c0133013_1627561.jpg
可愛いのでついオヤツをあたえてしまいます。
ソレを見ていた花が、のしのしと歩いてやって来て膝に登ってきます。
c0133013_16291594.jpg
海との大きさの違いが歴然ですね。
c0133013_16293682.jpg
そのまま私の膝の上でゆっくりと落花生を食べる花。食べ終わるまで私はケージ掃除の中断を余儀なくされます。


冬の味覚ともそろそろお別れでしょうか。
この冬は、好物の牡蠣をたくさん食べました。
牡蠣パスタ、牡蠣グラタン、カキフライに牡蠣の炒め物・・・etc。家でもいろいろ牡蠣料理作りました。
c0133013_1630332.jpg
これを作るのを忘れていました。最後に牡蠣の炊き込みご飯。
お米と一緒に炊きこんだ大根に牡蠣の旨味が程よく沁み込んで実に美味しいです。
明日は、この冬の〆でオイスターバー行ってきます。楽しみです~。043.gif

[PR]
by sanakk | 2013-03-08 16:40 | Comments(10)
昨日は、次女の卒業式でした。
c0133013_18251521.jpg

6年間、あっという間でしたね~。入学式の日のことを鮮明に覚えています。
まだ小さくて制服に着られていた次女。身長は10センチ以上伸びました。
彼女は、とうとう6年間学校を1日も休みませんでした。
遅刻もしなかったので、無事、皆勤賞をいただきました。
6年前、進学する中学を選ぶ際、選択肢は2校ありました。片方はミッション系のお堅い感じの学校だったのですが、次女は自分の意志で滑り止めで受験したもう一つのほうの中学を選びました。
そちらの方が校風が自分に合っていると言って。
私は、その選択が合っていたのかどうかずっと疑問に思っていたのですが、昨日の卒業式で、やっと娘の選択で良かったのだ思えました。
次女は、のびのびと6年間を過ごし、友達をたくさん作って、そして勉強も頑張ってくれました。
卒業の日、担任の先生からは心のこもった手紙をいただきました。読ませてもらったのですが、娘のことを中学の時に遡ってよく覚えていてくれて、細やかに見てくれていたのだなぁと分る文章でした。
最後の2年間、いい先生に担任していただき本当によかったです。
蛍の光斉唱のなか、退場する卒業生の先頭を歩いてくる次女は顔を真っ赤にして泣いていました。
たくさんの子が泣いていました。
良かった。いろいろあったけど楽しい6年間だったのね。そして、これからはもっと広くて自由な世界にみんなそれぞれ飛び立っていくんだね。私もつられて涙があふれました。

卒業式が終わると、その日の夕方からは謝恩会。
結婚式場として老舗の某「目黒〇叙園」というところで開催されました。
結婚式場なんて久しぶりだし、その華やかな雰囲気にちょっと気おくれしました。
c0133013_18325931.jpg
おお、ウェディングドレスの花嫁さん~、お幸せに~。
こちらは、東京都指定有形文化財の百段階段が有名ですね。それは昭和初期の木造建築で、素晴らしい装飾が施された宴会場の7部屋を長い階段廊下が繋いでいるというものです。一度見てみたかったのですが、折しも「百段ひな祭り」という、百段階断と古い歴史あるお雛さまのコラボという企画展が開催されていたので、早めに行って観てきました。
sana家では、今年も雛人形飾らなかったけど、江戸時代、明治大正期の由緒あるお雛様たち、堪能してきたので私は満足です。
その昔、華やかな宴が行われたという七つの部屋それぞれの装飾だけでも観る価値はあります。撮影禁止だったので紹介できないのが残念です。
ジブリ映画「千と千尋の神隠し」で登場するお油屋の宴会場は、こちらの百段階段のお部屋を見て宮崎駿監督がアイディアを得たのだという話は納得です。
c0133013_18363882.jpg
百段雛祭り会場入り口を飾るお雛様。丸いフォルムが可愛いですよね。こちらだけは撮影可。
c0133013_18365399.jpg
園内のあちらこちらに可愛いお雛様が飾られていました。
会期は3月3日まででしたが、来年も開催されたらまた見に行きたいです。古い部屋やお人形を観るのは大好きです。ちょっと怖いけど。

さて、謝恩会のほうですが、大宴会場には生徒と先生父兄関係者で300人以上入ったのではないでしょうか?芸能人の結婚式はこんな感じか?と思うほど広く、晴れやかな宴でありました。
c0133013_18375321.jpg

宴もたけなわになると、生徒たちの余興で大笑いし、学年を受け持ってくれた先生ひとりひとりの言葉に涙しました。
8時までの予定が9時まで延びた上、終わった後もロビーではいつまでも先生を取り巻く生徒たちが帰ろうとはしませんでした。先生に抱きついて泣いている子もいました。
先生と生徒が近くて信頼関係にある良い学校だったんだなと改めて思いました。


さて、話は変わりますが、先日リビングの棚の上段を何年かぶりに片づけていて、すっかり存在を忘れていたものを見つけました。
花をお迎えした時に、一緒にショップから渡された書類です。
c0133013_18393039.jpg

花は南アフリカから輸入された個体です。輸入に関する確認申請書などもありました。それによると平成16年6月12日に日本に到着した12羽のヨウムと8羽のアオボウシインコの中の一羽だったということが記載されていました。今更ながら、へぇ~そうだったんだ~と・・・。
あれ?アオボウシインコと言えばアマゾン、原産は南アメリカ、ブラジルとかじゃないの?なんで南アフリカからの輸入なんでしょうね?その辺の経緯は謎。
輸送中、落鳥した個体はゼロと書かれていたので、9年経った今頃ホッとしました。
10日に積込まれて12日に到着と書かれているので、空輸されたんですね。船便だと半分くらいが死んでしまうという話を聞いたことがあります。
そして、注目すべきは生年月日が3月4日頃、と書いてあること。お迎え当時、花が家に来たことで舞い上がっていて書類をちゃんと見ていなかったんですね。花は誕生日がわからない子だと思っていたので、勝手に3月24日と私が決めて毎年ささやかにお祝いしていました。
20日も早い3月4日(頃)だったとは~。005.gif
1日早いですが、お誕生日おめでとうです。花ちゃま。9歳になるんですね。明日は、花の好物のフルーツでも買ってきてお祝いしようと思います。
病気もせずに元気で私のそばにいてくれてありがとう。何回でも言いたいです。
c0133013_1841284.jpg

さっき、実家の母と電話で話していたら、花も一緒になって「はい、はい。うん、うん。そうなの。そうよ。」ってうなずきながらしゃべっていました。003.gif

[PR]
by sanakk | 2013-03-03 17:08 | Comments(10)
3月に突入しました。ということは、2013年も6分の1が終わったと言う事。
抗う事のできない時の流れの速さに、恐怖を感じる今日この頃でございます。

あさっては女の子のお節句の日。私は今年もお雛様を飾れなかったダメ女です。
去年もこの時期忙しくて(←言い訳)、今年だけ勘弁してください。来年はきっと飾りますから・・・と心に誓って3月3日を通り過ぎました。
亡き父と、長女の初節句の時に2度も浅草橋に足を運んで買ってもらったお雛様なのに。
初めての女の子の孫にたいそう喜んだ父が、張り切ってどんな立派な雛人形でもいいから買ってやると言ってくれたのに。(そんなに立派なのは置く場所がないので、コンパクトな段飾りにしました)
箱の中でお雛様が泣いてますね。天国の父に喝を入れられそうです。
まだ2日あるよ、と言う声が聞こえてきそうですが・・・、すみません、大きな箱を引っ張り出して段を組み立てて、雛人形並べる根性、今年は無いです。
お父さん、ごめんなさい。来年は必ず飾ります。008.gif

c0133013_16311297.jpg
窓辺に、紙のお雛様、飾ってあります。一応。だめですか?こんなんじゃ。
娘たち、お嫁に行けなくなるでしょうか?



c0133013_1631563.jpg
さてさて、久しぶりにケージから出てきて思う存分飛び回った後、羽繕いをして寛ぐ詩。
産卵→抱卵のため、しばらく引きこもっていたうーたんでしたが、その後のご報告です。
3個の卵のうち1個は割れてしまい、撤去しました。残りの2個を、マイペースで温めていましたが、1週間くらい前から、まったくやる気を失いましてほとんど放置するようになりました。
これはもう無理だなと判断して、先日残りの2個の卵も撤去しました。
その後は、産卵する事も無く、繁殖期は通り過ぎてしまったように思われます。
イライラして希を追い回す行動も見られなくなり、一件落着。
可愛い初孫を見る淡い夢をみましたが、それは叶わず、でもそれはそれで良かったとホッとしてます。
c0133013_16342610.jpg
ケージから出るとじわじわと私との距離を詰めてくるオカメs。
c0133013_16344526.jpg
最終的には台所のとまり木に来て、私の目の前でリラックスして羽繕いをしています。
かわいいです。016.gif
c0133013_16351937.jpg
インコが片足を上げて羽繕いする姿が大好きです。


長女の振袖姿の記念写真が出来上がりましたと写真館から電話が来て、先日取りに行ってきました。
c0133013_16362010.jpg
さすがプロのカメラマン、すごく良く撮れてます。ひとつのポーズにつき背景のセットと向きを変えて2パターンづつ撮影して100枚以上撮ったデータの中から絞り込んだ4枚です。
同じカテゴリの写真を5枚くらいづつモニターに出してその中で一番良いものをセレクトしていくのですが、カメラマンの人が上手く誘導してくれたので、どんどん絞り込めていつの間にか4枚になっていました。私と娘だけでは、なかなか100枚中4枚を絞り込む事は大変だったと思います。
次回は、大学の卒業式のときの袴の記念写真もいかがですか、そして就活の時の証明写真はスピード写真の比ではないほど良い仕上がりの写真になります、としっかり営業されました。なるほどね・・・。023.gif

写真館の帰り道、いつもは通らない橋を渡ったら、三脚にバズーカ砲のような望遠レンズをセットした人たちがずらーっと橋の上に並んで撮影しているので、いったい何事だろうと思いました。
何を撮っているのかわからないのですが、たくさんの方がいっせいに川にむかってシャッターを切っていました。そんなに素敵な被写体があるのなら、とりあえず私も撮っておくか、と同じ方向に向かって、自分のコンデジでシャッターを切っておきました。
後から、そのデータをPCのディスプレイで見て気がつきました、夕焼けをバックにした富士山を撮っていたのですね。
私が撮るとこんな写真になってしまいます。
c0133013_16491969.jpg
わかりますか?隠れ富士山。

[PR]
by sanakk | 2013-03-01 12:01 | Comments(6)