ヨウムな生活

sanahana.exblog.jp

平凡な主婦と平凡なヨウムの楽しく滑稽な日々を綴ります

<   2013年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

いろいろ考えた結果、10年半、大切に乗った愛車を買い替えました。
c0133013_15521472.jpg

クセの無い車で運転しやすく、高速道路でアクセルを踏み込めば瞬時に反応して加速してくれる車でしたが、いかんせん、燃費が悪かったです。街中では5キロ走るかどうか・・・。全然エコじゃなかったです。
パートタイム4WDだったので、スキーにも何回か行きました。それに、sana家のお鳥さま全員お迎えの時は、この車で我が家に連れてきたのでした。
リアシートにちょこんと座っていた小学生だった娘たちをいろんな所につれて行きました。
塾の送り迎えや、学校に遅刻しそうになった時、環八をかっ飛ばしたのもこの車でした。
本当に思い出がいっぱいいっぱい詰まっています。
慣れ親しんだ車を手放す時は、いつも寂しいです。
これからの季節、10年物の車でも4WDは東北や北海道に持って行けばすぐに売れるんだそうです。
(しかもsana家は、車を大切に扱うのでとても状態が良いのです)
長い間、どうもありがとう。どうか、大切に乗ってくれる人が次のオーナーになってくれますように。
感謝の気持ちを込めて、車のタイヤに清酒を撒いてあげました。
自分の子供を里子に出すような気分、と言ったらちょっとオーバーでしょうか?

c0133013_16345857.jpg
11月22日大安吉日。おまけに「良い夫婦の日」。
この日は納車日でした。下取りに出した古い車でディーラーまで行って新車に乗替える日。
ディーラーでは、旧車と新車を並べて、その前で我ら夫婦の記念写真を撮ってくれて、額に入れてくれたり、花束をくれたり、大サービスでちょっと恥ずかしくなるくらい。
商談をしていた段階から、「奥様、奥様」と私を立ててくれていましたが、やはり「女性の心を掴まないと商品は売れない」という売上アップのための戦術は車業界にも浸透しているようですね。
家庭において財布の紐を握っている奥様は、購入への影響力大ですから。(実際私は、これでもか、と値切りました011.gif)
今回は値引き交渉も上手く行った上、大分持ち上げられて、奥様は気分良く大きなお買いものをさせていただきました~。
c0133013_15584619.jpg
あなたが池ポチャさせたのは金の車ですが?それとも、銀の車ですか?真ん中に神様が立っていたらそう聞かれそう。
新旧並んだ車の写真を見て、イソップ童話の「金の斧、銀の斧」のお話を思い出しました。003.gif
新しい車にも、これから宜しくお願いします。安全に私たちを運んでください、とタイヤにお酒を撒きました。

今の車っていわゆる鍵で、エンジンスタートしないんですね。
c0133013_16401224.jpg
こんなものを穴に突っ込むとブルルンとエンジンがかかるんです。信号待ちのアイドリングストップやら、リヤビューカメラやら、パークアシストやら至れり尽くせりの装備で、10年の間にずいぶん進歩したんだなと感心しました。しかも、燃費はリッター18キロも走るという・・・。ここ、一番重要。
そのうち運転手が要らない車が走り出すのも時間の問題ですかね?
この土曜日から東京ビックサイトで開催されてる東京モーターショー2013には、勝手に走る未来カーが展示されているとか?


さてさて、長くなりましたが、お鳥さまについて。
今回は、sana家のメンバーのお目目をクローズアップしてみました。
c0133013_1642748.jpg
c0133013_16422194.jpg
オカメsは、虹彩と瞳孔の区別もつかないほど黒目がちでつぶらな瞳。詩と希、どっちかお分かりになりますか~?

c0133013_1642372.jpg
ピーちゃんは近くで見ると目力がありますね~。それに、表情が人間臭い気がします。

c0133013_16425854.jpg
もやっとした虹彩が不思議な感じの海。アップで見るとますます賢そうだなと・・・親バカです。

c0133013_16432018.jpg
ザ ヨウムなお目目の所を撮りました。凄い形相ですけどね、外見とはうらはらに小心者で心優しい花ちゃまなのです。
c0133013_16434539.jpg
アップで目だけ見ると、ほとんど爬虫類?なんとかいうトカゲの仲間にこんな目をしたのが居たような?

[PR]
by sanakk | 2013-11-25 16:57 | Comments(8)
今朝のピーちゃん。
またしても籠抜けされてしまい予定外の放鳥時間となってしまいました。
c0133013_16432919.jpg

久しぶりに下からお尻を拝みましたが、剥げていないです!005.gif
もふもふと白いお尻の毛が生えてました。
ラック支柱に映る自分の姿に萌えながら、尾羽を綺麗に広げてダンスしておりました。037.gif
c0133013_16444425.jpg
私の肩にもせわしなく飛んできて熱烈キッスの嵐。
盛り上がりのピークあたりで、肩をケージの入り口に近づければ、つい戻ってしまう素直な(単純な?)ピーちゃんなのでした。

呼び鳴きだけは聞こえるのに行方不明になっていた希は、
c0133013_16454152.jpg

冷蔵庫の上に置いてあったバッチイ袋の中から頭が出ていてやっと見つかりました。
袋の中でいったい何をしていたのでしょう~。
c0133013_16462544.jpg


今日も朝からバタバタと飛びまくりリビングの塵埃を舞い上げて竜巻をおこすsana家のお鳥さまたちなのでした。
c0133013_16464862.jpg

夜間はぐっと冷え込んできたので、そろそろペットヒーターをと思いつつ、春先に割ってしまった保温電球の交換すらまだしていないダメな飼い主の私です。

c0133013_1647203.jpg
変な体勢でアーモンドを受け取る海。(ピントが尾羽の方に合ってしまいました)

c0133013_16485668.jpg
私の膝の上で、落花生を食べる海。なんだか哀愁を感じる。ただ、落花生食べてるだけなのに。



先週末、今シーズン初のオイスターバーに行ってきました。
急に思いついて出かけたので、近所の商業施設の中にある「GUMBO AND OYSTER BAR」さんに行ってきました。百貨店やショッピングモールなど多くの商業施設に出店しているお店なので行かれたことがある方も多いかもしれません。
c0133013_16495856.jpg
北海道産、三重県産、兵庫県産の生牡蠣を堪能いたしました。
生牡蠣に良く合う冷えたスパークリングと共に、一週間の疲れが癒されるひと時ですね~。
2人で6980円というコース(生牡蠣6ピース+ガーデンサラダ+牡蠣の前菜盛り合わせ+牡蠣フライ2+牡蠣の香草焼2+牡蠣とナスのアヒージョ+牡蠣とベーコンのパスタ+小さなデザート)にさらに生牡蠣を4ピース追加しました。

途中で震度4という地震が起こりましたが、店内お客さんみんなほろ酔いだったのでしょうか、そんなに怖がる人もいなかったですね。結構揺れていたような気がしますが。
私は家に置いてきた鳥たちの事が気になり、娘にLINEしましたが、オカメたちだけちょっと怖がってバタついたとのことでした。(娘YUKAのほうがよっぽど怯えていたみたいです)

c0133013_16502351.jpg
牡蠣とナスのアヒージョ。牡蠣の旨味とにんにくたっぷりのオイルはとても美味しくてバケットにたっぷりつけていただきました。
しかし、その後私の胃からにおうにんにく臭は、翌日行動を共にしたYUKAを苦しめたみたいです。
「おかあさん、クサイ。おかあさんが歩いた後にんにく臭が残ってる」と言われました~。008.gif

c0133013_16503614.jpg
牡蠣とベーコンときのこのパスタ。〆の一皿。
お腹がかなりいっぱいになっていたので、濃厚な味と塩気が若干強めなのが気になりました。
牡蠣三昧のコース、デザートもついて、結構リーズナブルだと思います。

さて、満腹になった我らは珍しくお店の梯子をしました。
おやーじゅがTokyo FMで紹介された soul bar が近くにあるらしいから行ってみたいと言い出しまして。

c0133013_1744631.jpg
裏路地の雑居ビルのような建物3Fにあるそのbarは、小さな看板と鉄の扉があるだけで、最初はかなり入りづらい雰囲気のお店。ソウル好きでは有名なお店なのだとか。
勇気を出して入ってみると、暗い店内には私が敬愛するソウルシンガー、Marvin Gaye の What's going on がちょうど流れているところでした。
c0133013_17565.jpg

店主でありDJでもある男性が、DJブースの前のカウンターに座るように誘ってくれて、おやーじゅと私は、懐かしの青春時代(70’s~80’s)の楽曲をリクエストしまくりでした。
店内に並んでいるレコード、ハンパない数でしたよ。どこに何があるって大体把握しているというDJにもびっくり。まあ、当たり前か、全部DJの私物だというし、プロなんだから。
ザ・DJ という風貌の彼でしたが、話をいろいろしていると私たちとほぼ同じ年代の人だとわかり、しかも同じ年の娘さんまでいるのだとか。
もう曲名が分からない私が「ほら、アレ、アレ」と言うとすぐに分かってかけてくれるのも、同じ時代を生きてきた人だからなのかな・・・。
大好きな音楽とDJとの会話で、楽しくて、めずらしくバーボンロック、4杯も飲んでしまった私。
(ジャズバーもバーボンだけど、ソウルバーもやっぱりバーボンだわ。)
帰りは午前様になりました。娘たちも鳥たちも家に置き去りで夜遊びする不良夫婦、相当酔っぱらっていました。011.gif

DJ に、初めて来店してくれた記念にと、オリジナルCDをいただきました。
c0133013_1753173.jpg

彼がMIXしたものなのでしょうか、たぶん25曲ぜーんぶつながったノリノリでGroovyなソウルミュージックが収録されてるはずです。
・・・ていうか、まだ全部聞いてません。夜寝る時、聴こうと思ってプレイヤーにかけてベットに入るとものの15分もせずに眠りに落ちてしまうので。
全部、聴き終えるのはいつの日か・・・・。

[PR]
by sanakk | 2013-11-19 19:51 | Comments(10)
私は、こう見えて(どう見えてる?)自分の体に対して備えを怠らないオンナです。
それはどういうことかというと、20代のころからガン保険にがっつり入っているし、職場で受ける健康診断年2回はサボったことないし、それに加えて30代のころから、毎年婦人科検診も欠かさず受けています。
おかげさまでずっと健康で、問題が出たことはありませんでした。
ところが、ひと月ほど前受けたマンモグラフィー検査で、「要精検」という通知をもらってしまいました。005.gif
10年以上前から、毎年受けていてひっかかったことはなかったので、今年も大丈夫と高をくくっていたのですが。
すわっ!乳ガンか!と、ヒヤリとしましたが、落ち着いて調べるとマンモで要精検と出るのは1000人受けたとしたらほぼ1割くらい。そしてその中からガンと診断されるのは3%ほどという統計がありました。
胸をなでおろしましたが、だからと言ってガンではないと断言はできないわけで、実際、今まで一度も出たことがなかった要精検が出たということは、どこかが今までとは違っていたということ。
さっそく、マンモグラフィー検査を受けた総合病院の外来で精密検査を受けることにしました。
その場合担当の科は婦人科と思ったら、外科になるんですね~。
私の場合、なぜ要精検判定がでたかというと、腋下のリンパ節が腫れていたからだそうです。リンパはいろんな原因で腫れますが、乳がんでも腫れることがあるので一応規則なので精密検査になりました、と言われました。
そしてリンパ腺のエコー検査をして、1週間後また来てください、と言われました。
おそらく大丈夫とは思っていたけど、やはりどこか心がモヤモヤする1週間でした。
この秋から良くない事続きなので。
大体、検査結果ってなんでその場で教えてくれないのでしょう?エコーの映像なんてその場で見て診断がつきそうなものなのに。
モヤモヤした1週間という時間は、私にとって大切な時間なのに。

そして、1週間後の今日、検査結果を聞きに行ってきました。30分ほど待って「〇〇さーん」と呼ばれ、診察室に入る前には心の中で十字を切って「神よ」と祈りました。(オーバー?)
まだ私が椅子に着席する前に、医師は「大丈夫ですね。問題ないです。」言い放ちました。なんともあっけなく。「今後も検診は怠らず続けてくださいね」と、1分で終わりました。
気が抜けたけど、まあ良かったです。ホッとしました。042.gif
マンモグラフィー検査って、わりとちょっとしたことで精密検査にまわされるようです。そしてほとんどの人が、乳ガンではないと確認するための検査になるようです。だから、「要精検」が出されても無駄にうろたえることはないのです。が、確率が少なくてもそこで「癌」とわかる人もやはりいるので、検査はしないとですね~。
乳ガン発症は若年化してきていると言われてますので、女性の方はマンモグラフィー検査、年に一度は受けましょう~。

病院のお会計を待っていると隣にすわっていた年配の奥様がとってもステキなお洋服をお召しになっていたので、目が釘付けになりました。
c0133013_1702020.jpg
後ろから撮影させていただきました。私の心をゆさぶるこんな柄のお洋服、いったいどちらで購入されたんでしょう?


さて、話は変わりますが、我が家のお鳥さまごはんがすっかり在庫薄になっておりました。このところ忙しかったのでネット注文するのも忘れていて、シード類などはすっかり無くなっていました。
c0133013_1711957.jpg

c0133013_1714721.jpg
ピーちゃん用シードとオカメs用シード、届きました。ピーちゃん、詩、希、目の色変えてがっついておりました。
やっぱり鳥たちはシード類に目がないですね。

c0133013_17214100.jpg
花用ペレット、ズプリーム、アビアントレーハーベストフィースト。ニューパッケージ開けたては香ばしそう。
c0133013_1724041.jpg
花はこの中に入ってる乾燥人参やドライフルーツが好きです。えり好みしてつまみ食いしておりました。

c0133013_173010.jpg
私の膝によじ登ってきて、パソコン机に頭を置いてナデナデをおねだりする花。
鳥というより猫?

c0133013_1731461.jpg
羊毛フェルトのお人形のようにもふっとして毛並のいい海。
今朝も私の後をさりげなくついて回って、おやつのおねだりをしていました。
これから寒い冬に向けて皮下脂肪を蓄えようとしているのか、sana家のお鳥さまたちみんな食欲全開です。


そして私も、エコー検査の結果がお咎め無しと出たので、気分が軽くなって職場に戻る前に豪華ひとりランチしちゃいました。
c0133013_1733662.jpg
鰻ひつまぶし、お昼からいただいちゃいました。一人では多すぎるご飯、ペロリと全部食べちゃいました~。
美味しい物を美味しく食べられるって幸せだなあとしみじみ思うひとりランチでした。
やっぱり健康第一ですね。

[PR]
by sanakk | 2013-11-14 19:47 | Comments(4)
あれだけ街を彩っていたオレンジ色のジャック・オー・ランタンが消えたとたん、もうあちらこちらでクリスマスの飾りつけを目にします。
c0133013_16445511.jpg

毎年のことですが、あー、またこの季節がやってきた、あっという間の一年だったな、とため息が漏れます。

今週月曜日から儀父が入所した施設(有料老人ホーム)でもしっかりクリスマスツリーが飾られてました。
天井からは、きらきらとかわいらしいオーナメントがぶら下がり華やかな雰囲気になってました。
病院では、一切の病院食を拒否し何も食べなかったので「胃ろう」(直接胃にチューブを入れて栄養を注入すること)の状態だった儀父でしたが、施設に入ってから、いきなり食欲が復活して他の入居者の方々と一緒に大きな食堂で食事ができるようになりました。
胃ろうのチューブも外れました。
入所して初めての食事の様子を儀母と見学させてもらいました。
大きなエプロンを首からつけられて、見違えるほど生き生きとした顔で、デザートの今川焼きをほおばる儀父を見たときは、ちょっと感動しました。なんだか胸にこみ上げるものがありました。
この感情はかつてどこかで味わったことがあるもの・・・。
変な話ですが、それは、長女が2歳の時、初めて保育園で他のお友達といっしょに給食を食べているのを見た時の感動とちょっと似ていたのです。
それまで毎日毎日片時も私と離れたことはなかった長女が(それこそトイレの中まで一緒だった)、一人でほかの子たちに混じって私が作った以外の物を食べている・・・、娘が初めて家の外の社会に出て行った小さな第一歩が嬉しく頼もしく感じたものでした。カンガルーの母親が子供を袋の外に初めて出した時はこんな気分になるでしょうか?
儀父には、甚だ失礼ですが、このまま自分で食事することもできない状態が続くのか、と思っていたので、子供の成長を喜ぶ時のような感情が芽生えました。
儀父はこの先衰えることはあっても、成長していくことはけしてありませんが、食べる喜び、人と関わる楽しさや生きる希望を持って、少しでも体の機能が戻ってくれることを願っています。
とりあえず、儀父のことは一件落着。(あくまでも、とりあえず、ですが。)
さて、次の問題解決にとりかからなくては。008.gif



朝、篭脱けしたピーちゃん。飛び回りすぎて疲れて床に落ちたところを捕まえました。
c0133013_1648163.jpg
暴れん坊のピーちゃんですが、手の中ににぎってしまうと、小さ過ぎて儚い感じ。借りてきたじゃなくて鳥のように神妙になってしまいます。

c0133013_16484826.jpg
ケージになかなか帰りたがらない詩も捕まえてニギニギ。
さすがにオカメ、握りごたえがありますね。大きいので人差し指で頭を押え込むことができません。
でも詩は女の子らしく、ふわふわと柔らかくて暖かくていい匂い。


セキセイ→オカメとニギニギすると、当然ダルマも握りたくなるというのが人情というもの。
c0133013_16493632.jpg
片手で握る限界ですね。
胴体が太いので指が詩のように回りませんね。身が締ってどっしりと硬いにぎり心地の海でした。
もがく姿もカワユク愛おしくていじめたくなってしまいます。(ドSだ。私は・・・)

c0133013_16515671.jpg
無理無理。とてもじゃないけどあなたは片手でニギニギできません。
頭を手のひらで包んでウリウリするのが精一杯。御髪が乱れてしまいましたね。




さてさて、先週末は次女YUKAが通っていた高校の母友の会でした。
娘が卒業しても、定期的に会を企画して集っております。
学校が東横線沿線だったことから、みんなが集まりやすい自由が丘で開催することが多いです。
この日は、自由が丘で人気のワイン居酒屋「直出しワインセラー事業部」というお店でした。
10人の妙齢の母親たち、いえ、女の子たちが集まって強烈な女子会が始まりました。
c0133013_16551118.jpg
呑み放題のワインは赤白、次から次へと空く空く・・・。
c0133013_16554727.jpg
魚介系を得意とするお店のようですが、ボリューム満点のワインの肴が出てきました。
c0133013_16555850.jpg
そしてメインは魚介たっぷりのブイヤベース。
今回、初対面の方が参加されていたのですが、その方に自己紹介しようとしたら「あ、いい。いい。もうどういう人か分かったから。さっき、ここに来る途中の小鳥屋さんで立ち止まったでしょう。鳥が好きなヒトだってわかったから。もう気が合うって知ってる」と言われましたー。005.gif
そうなんです。お店まで、みんなでぞろぞろ歩いて来る途中に小さな小鳥屋さんがあるんです。
「あー、このお店、いいんだよー」と、言って私が立ち止まったんですよね。
その彼女も、小さい時からインコ好きだったということでした。その日はガールズトーク(赤裸々おばちゃんトーク)で盛り上がり鳥の話はしませんでしたが、また同士を見つけてしまった、という感じです。003.gif
c0133013_16561874.jpg
仕上げはブイヤベースのスープでお米を炊いたリゾット。魚介の出汁をしっかりと纏った大変おいしいリゾットでした。
その後、10人でカラオケになだれ込み、マイクを放さなかったような・・・。誰かと踊り、手をつないでシャウトしたような・・・・。演歌を唸ったような・・・・。ああ、みんなが覚えていないといいけれど。

[PR]
by sanakk | 2013-11-08 19:23 | Comments(6)
11月1日。本日は1並びの日でしたね。
ふた月づつのカレンダーもとうとう最後の1枚になってしまいました。本当に1年が早いです。
2013年もあと4分の1かというところで、sana家は非常事態に突入したので、今年はバタバタと怒涛のごとく暮れていきそうです。
とはいっても、これから忘年会の季節、今年はどんな美味しい物を食べ歩いてやろうか、と考えるとワクワクしてしまいます。私の食欲の暴走はこの季節ますます止まりません~。

鳥たちもこのところ食欲旺盛です。
海と花、共に大好きなおやつNo.1は殻付落花生ですが、ふだんは千葉県産半立ちを購入しております。
しかし、小さな袋にいくらも入ってないのですぐに無くなってしまいます。
c0133013_21255626.jpg
先日、お菓子の問屋さんを訪れる機会がありまして、そこで千葉県産落花生大袋を破格のお値段でゲットしました。


c0133013_21261671.jpg
500g入り。これで約1000円ですからかなりお買い得だと思います。一応千葉県産と明記してありますし。
世間では某ホテルの食材偽装問題が騒がれておりますが、まあ、ここは表記を信じることにいたしましょう。
(棚の隣には、某国産落花生が3分の1のお値段で並んでいました)
表記ひとつで人間は、同じ食材が美味しく感じられるようになるらしいですから。ヒトの味覚なんて頼りないものだと思いました。
字が読めないこの鳥たちは、己の味覚と視覚だけが信じられるもの。私たち人間より鋭い感覚を持っているのかもしれません。
c0133013_2126564.jpg
新物落花生、おいしいかい~?海の食べっぷりはいつ見ても気持ちいいですね~。
c0133013_2127876.jpg
ヌメっと黒い舌を光らせて落花生をほおばる花。食べ方が荒くて、必ずかけらがたくさん下に落ちてます。それを後から拾い食いして床を掃除してくれるのは海です。003.gif

秋の夜長の放鳥中、どこからともなくコンコンコンという音がきこえてくるのですが、
音源はコレ。
c0133013_21274752.jpg
いつのまにか洗面所に飛んで行った花が大好きな洗濯機をひたすらコンコンと嘴で小突いている音でした。
因みにこの写真はフラッシュ撮影したもの。実は薄暗い洗面所に自ら飛んで行って暗闇の中でひたすら洗濯機をコンコンするヨウム、なんだか怖くなってしまいましたよ。008.gif



さて、そろそろ牡蠣が美味しい季節ですね~。
c0133013_21281525.jpg
昨夜は牡蠣と小松菜でおウチパスタしました。生クリームを少し入れてコクを出し、隠し味にちょっとだけ魚醤をプラス。大変美味しくできて、白ワインが進みました。
あ~、オイスターバーに行きたいな~。

[PR]
by sanakk | 2013-11-01 23:27 | Comments(6)

平凡な主婦と平凡なヨウムの楽しく滑稽な日々を綴ります


by sanakk