ヨウムな生活 sanahana.exblog.jp

平凡な主婦と平凡なヨウムの楽しく滑稽な日々を綴ります


by sanakk
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2014年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

c0133013_1002183.jpg
ほぼ10年ぶりくらいにsana家のリビングにメインの照明が灯りました。
ずーっと壊れていて点かなかったのだけど、ダウンライトがあったので特に不便も感じなかったので。
なのでウチのリビングは夜になると、どこかほの暗い感じでした。夜の鳥たち撮影は難しかったです。
ボケるか、フラッシュを使って白浮きしてしまうか、どちらかでした。

c0133013_10103172.jpg
取り外された10年間点かなかった照明。すごく大きいくせに、ただ天井に貼り付いて白い丸を残してくれただけでした。

最近の照明器具は、すごいですねぇ~。ずっとコンパクトですし。(天井に白い輪っかがはみ出てしまいました)
リモコンで白熱球色から蛍光灯色まで、自分の好みの照明色に調節できて、微妙な明るさの調節もできる。自分の好みの色・明るさを記憶させておくこともできる。もちろんLEDだから電気代エコ。世の中、どんどん便利になって行くもんだと新しい照明を見上げてリモコンでいろいろやりながら感心してしまったsanaでした。
けれど、長い間ほの暗いリビングで生活していたせいか、照明が明るいとどうも落ち着きません。
光が目に突き刺さるように感じてしまうんですね。
結局新しい照明も、マックスの35%くらいまで絞って点けてます。わざわざ交換した意味あまりないかもしれません。

c0133013_1011034.jpg
でも、フラッシュなしでも自然の色に近く綺麗に撮れてる気がするのですが・・・。

c0133013_1012768.jpg
      花の視線を受けてビクビクしている海。

c0133013_1014861.jpg
      確かにすごい目力で海の事を見てますね~。

c0133013_1021363.jpg
おやーじゅの肩にいれば、海は安心です。
私の肩にいる時の様に、耳がキーンとなるほどの声で叫んだり、シャツを齧ったりしないで、おとなしーくじーっとおやーじゅに寄り添っている海。なんでだろう~。



昨日は、3週間ぶりに希の通院日でした。
やっとやっと、病院を卒業していいと先生に言ってもらえました~。
c0133013_1012765.jpg
ピーちゃんとの珍しいツーショット。手に乗ってくれないケージ帰りに手を焼くツートップです。

今回担当してくださった先生は、とても慎重に診てくださる方でした。
最初に、鳥の肺炎はここまで進むとなかなか治りませんよ、と言われましたが、1月に病院通い始めてから4か月かかりましたね~。008.gif気がつけば、季節は真冬から初夏へと変わっていました。
前回、3回目の肺のレントゲンを撮ったのですが、やはり白い影はまだ少し残っていました。
でも、それは炎症の跡のようなものでもう消えないかもしれません。
まだ完治とは言えないけれど、あと十日分薬を出すので、それでとりあえず薬は切って、様子を見てくださいとのことでした。
希、現在81g前後と、彼の中でもかなり体重を落としている最中ですが、それは羽毛の生え変わりのせいと考えられます。
ご近所が気になるくらい良く通る大声量で呼び鳴きしてくれますし、元気になりました。(肺炎発病当初は声が出なかったのですから・・・)本当によかったよかった。
c0133013_10155550.jpg
希くん、何回も嫌な病院通いお疲れ様~。(私自身もお疲れ様~042.gif)

鳥の呼吸器系の病気は、換羽期や季節の変わり目などに再発しやすいとのことです。
これからも注意して見てあげなければ・・・・。

[PR]
by sanakk | 2014-05-29 11:27 | Comments(10)
先週末、仕事でお疲れのおやーじゅが美味いイタリアンが食べたいというので、2人でこっそり地元お気に入りのイタリアンレストランに行こうと予約を入れてありました。
てっきりバイトの遅番だと思っていたYUKAが、その日はバイトが無く家にいたことが想定外でした。
「おかーさんとおとーさんだけ、いつも二人で美味しい物食べに行ってずるい!」「なんで家族で食事に行こうという発想が無いの?」と非難を浴びました。
はい。確かに。私とおやーじゅはいつも二人で食べ歩いております。でもそれは、唯一の我ら夫婦が共有できる楽しみのようなものでして、「家族で外食」とは全く意味の違う娯楽なのです。
それを言ってもYUKAには理解してもらえず、この日は結局家族4人でイタリアンディナーとなりました。
誰の誕生日でも誰のお祝いでも無い、なんでも無いふつうの週末なのに、ずいぶん贅沢な家族の外食となってしまいました。

c0133013_13494934.jpg
こちらは最初の前菜。コチと白瓜のカルパッチョ。とてもあっさりとした白身魚にピリリと辛いアクセント。
おやーじゅと2人なら一人前をシェアで十分なのに、色気より食い気の娘たちが一緒だと前菜も×2。
c0133013_13505682.jpg
馬肉と長芋のタルタル。上からたっぷり削られたチーズとミントの葉、そして添えられたミントジュレが本当にいい感じ。スプマンテが進む一皿。この日は珍しくスプマンテボトル1本呑み切りました。
c0133013_13584339.jpg
燻製した鯖と甘唐辛子のキタッラ。燻製、イイですね~。こちらのパスタも×2。
c0133013_1359856.jpg
パスタ二皿目は桜エビのカルボナーラ(リングイネ)。桜エビの旨味たっぷりのカルボ、斬新で美味しかったです。もちろんこちらも×2。
お若そうに見えるシェフですが、いつ来ても本当にお上手だなぁと感心します。
c0133013_1415357.jpg
そしてメイン。この日は山形産の豚肉。お肉の量はグラムでオーダーできるのでありがたいです。
1時間かけて火を通すお肉は、もはや豚肉とは思えません。
もちろん、ドルチェもしっかり4人でいただきましたよ。
c0133013_1433892.jpg
苺のナントカ。忘れましたけど、すっごく美味しかったです。子供の頃に食べた懐かしいいちごミルクをうんと高級にした感じ。
c0133013_144321.jpg
こちらのティラミスは、芸術的。ほろ苦いコーヒーリキュールシャーベットのクラッシュ。
大人のティラミスです。

・・・と、まあ、なんでもない日に大散財したディナーでしたが、美味しかったので満足です。
今月は残りあと十日。家族4人で粗食に耐えなければなりません。008.gif

さてさて、久しぶりに仲良く並んでとまってるオカメsです。
c0133013_145439.jpg
希と詩、体格の差が歴然としていますね~。詩は若干おデブさんで希はやせっぽっち。
詩はケージの中のペレットを減らして、おやつのシードもほんのちょっとにしてダイエット中ですが、まん丸い体型は相変わらず。
希には太ってほしいので、好物のシードにヒマワリまでたくさん混ぜて好きなだけたべていいよとケージに入れているのに、なかなか太りません。(うらやましい)
換羽がやっと終わったようですが、そのせいかさらに痩せてます~。
次回の病院の時に元気アピールできるように、どうにかあと5gくらい体重増やしたいものですが。
c0133013_1418396.jpg
女帝詩は強い・・・。

c0133013_1482728.jpg
背伸びしてナッツ入れを探す海。ながーく伸びてキョロキョロしています。037.gif
c0133013_1494840.jpg
私が目を離した隙に盗みを働いたオトコの後姿。
わざわざ、止まり木までナッツを持って飛んで行ってから食べるのは、現行犯逮捕されないための海精一杯の知恵のようです。
c0133013_14111215.jpg
     早く食べて、次のを取りに行かなくちゃ。 by kai

c0133013_14195118.jpg
甘いものに目がない鼠色娘はあんこが大好き。



昨日、おやーじゅが本屋でいい物見つけたよ、と買ってきてくれました。見つけた時、おおっ!と思ったんだそうです。
c0133013_14145874.jpg
よく、こんな小さなものを見つけたものです。
けれど、コレ残念ながら、私もちょっと前に見つけて自分で買ってお財布に付けてた んでした~。
一瞬どうしようかな、と思いましたが、嘘はつけず「コレもう私持ってるよ~。あ、でも壊れた時のスペアができた。ありがとう」と言っておきました。
「なーんだ。持ってたのか」と、ちょっとがっかりしたようなおやーじゅ。
あとで、そのことを話したYUKAに「おかーさん、バカだなぁ。そういう時は、もってないふりして嬉しそうに受け取るものだよ」と言われました。
本当にね。咄嗟の気転がきかない私です。
ま、おやーじゅ、そんなにナイーブなオトコではないので、翌日には買ってきたことも忘れているはずですが・・・。003.gif

[PR]
by sanakk | 2014-05-21 14:43 | Comments(6)
先日の日曜日は母の日でしたが、皆さまはお母さん孝行されたでしょうか?
義父を現在入居している有料老人ホームから、もっと近所に建設されてこの6月から新規オープンする施設に引っ越しさせることになりました。その手筈で忙しかった私は、母の日、実家の母も入院中の義母もスルーしてしまいました。
実家の母には、夜になって「そっちに行けなくてごめんね」と電話をしたのですが、なんと今年は母の日と実家母の誕生日が重なっていたのだそうですよ!言われて気がつきました。
あっちゃー!そんな事、めったにないのに、無理をしても行ってあげればよかった、と後悔しました。
まあ、兄がお寿司とケーキを買って来てくれたらしくて、母は上機嫌だったので良しとします。
この埋め合わせはまた今度。045.gif

YUKAが母の日に、スマホケースをプレゼントしてくれました。
c0133013_1316033.jpg
ショップで一目見て、このセキセイさんのありえない顔の角度と人間臭い表情、リアルなようでリアルじゃない絵柄が気に入って、よし、おっかぁに買ってやるべと思ったんだそうです。
YUKA本人がえらく気に入っているらしく、「ね、かわいいでしょ?かわいいでしょ?」としつこく同意を求められました。
かわいいよ。うれしいよ。ありがとう。何度も言いましたよ。YUKAが納得するまで。
いえ、本当に嬉しかったですよ。003.gifよく考えれば、私だって「母の日」なんだから。
自分が何かをしてもらえるなんて、これっぽっちも期待していなかったのでサプライズ的に嬉しかったですよ。


さてさて、今朝の花ちゃま。
私の膝の上にやって来ては頭を下げて甘ったれ。いつもは椅子の背か肩にとまっておねだりするのですが、今朝はわざわざ膝まで下りてきて熱烈アピールしてきました。
それなのに、私がナデナデするとすぐに頭をぶんぶん振って指を振り払います。
c0133013_13175753.jpg
いつも通りにやってるんですけどね~。
どうにも今日は私の撫で方と花の気分が合わなかったようです。普段は手で頭を包み込んでワシワシとハードにこねくり回されるのが好みの花なのですが、もっとソフトにやって欲しかったのでしょうか?
いろいろやり方を変えて撫でてみたのですが、どうやっても振り払われてしまいました。
花の気持ちがよく分からない朝でした。まあ、こんな時もありますね。
c0133013_13193348.jpg



暑くなってきたせいか、お散歩中のラッシーのハァハァが激しくなってきました。ただでさえ、メタボですしね。
ラッシーがどこでクンクンして、どこでオチッコして、どこでうんPをするか、大体把握できました。
不思議なことに、おやーじゅと私では、それらのポイントが違うようなのですね~。人を見て場所を変えてるのでしょうか?お散歩のルートも大体同じなんですけどね。

c0133013_13222537.jpg
近所のマンション脇の花壇のところで必ず1回オチッコです。
そしてその後、必ず座り込んで歩くのを拒否します。ふんばるラッシーと引っ張る私の根競べ。
c0133013_13231551.jpg

しばらくすると、ふっと立ち上がってまた歩き出すんですよね。
今度は、ラッシーの気持ちがよく分からない・・・・。
言葉で感情を伝えられない動物たちの想いを100%理解するのは難しいです。
翻訳こんにゃく、欲しいな、なんて。
「志村動物園」に出てくる動物の心が読めるハイジさんご存知ですか?アレ本当ですかね?
猜疑心をもちつつ、あんな才能があったらいいなぁ、なんて思ったりもします。
でも、よく分からないところを分かろうとあれこれしながら暮らしていくのがいいのかな?
常に動物たちの気持ちが自分に流れ込んで来たら、きっと身が持ちませんね。
対人間だったらもっと怖いね・・・。008.gif

[PR]
by sanakk | 2014-05-14 14:45 | Comments(6)
連休終盤、早朝に地震が起きるし、急に冷え込むしで、なんだかスッキリしない気分でGWも終わってしまいました。
皆さまは、愉しく過ごされたでしょうか?
c0133013_1639302.jpg
ジャーキーおあずけ中のラッシー。頑張って待ってます。

私は、ただ今入院中の義母の代わりに雑用を片付けたり、ラッシーの世話があったりで、旅行などに行くことはできませんでした。
それでも、友人と会ったり、娘と遊びに行ったりしてそこそこ楽しく過ごすことができました。

連休後半のとある日、旧友3人組で横浜での女子会を開催しました。
c0133013_16412868.jpg
赤ワインでかんぱーい!この日の一次会は、横浜駅東口のイタリアンレストラン「da TAKASHIMA」さん。
スタートからおしゃべりパワーマックスだったので、たくさん注文したお料理写真を撮るのをすっかり忘れてしまいました。
c0133013_16421424.jpg
菜の花とバジルのトロフィエ。一皿の量、割と多めでしたが、食い気パワーも強力な我らにかかっては瞬く間に無くなりました。
c0133013_1643320.jpg
レモンポークのロースト。素朴なお料理ですが、火の通し加減が絶妙、軟らかくあっさりした味わいだったので、甘くて深いメルローがあっという間に一本空きましたとさ。
20歳代がちょうどバブル期だった私たちは、当時月に一度のグルメの会と称しては集まり、美味しい物を求めお店を渡り歩き飲み歩き、さんざん散財しました。20年以上の時を経て再び集結といった感じです。
やっと子育ても一段落、心にも時間にも余裕ができる年頃なのでしょう。この時期を逃してなるものか!と、また月イチグルメの会を復活させようということになりました。
とはいえもう私たちはそれぞれに家庭を持ち、好き勝手をしていた20代の頃とは、生活環境がずいぶん変わっています。当然のことですが。
遊び方も、あの頃と比べるとずいぶん規模を縮小したものとなりそうですが、これからだって楽しまなくっちゃという思いが最近強いです。たった一度きりの人生ですものね。

さてさて、話は変わりますが、
c0133013_1646365.jpg
花が若干引き気味に見つめているのは、見ての通り「くるみ」の1キロ入り大袋です。最近お取り寄せしました。
というのも、先日TVの健康番組(たけしの健康エンターテインメント・みんなの家庭の医学)で、くるみを一日に7個食べると短期間で確実に血管年齢が若くなるというのを見たからです。(ご覧になった方も多いのではないでしょうか?)
それによると、九州大学の研究で、健康な男女40人が毎日一定量のくるみを一か月食べた結果、悪玉コレステロールが約10%も下がったという結果がでているとのこと。
普段からくるみを好んで食べているという女性3人の血管年齢を調べると、みんな実年齢よりずっと若いということを番組内で検証していました。
くるみの中に非常に多く含まれる脂質の成分α-リノレン酸が人の体内に入ると、血管を柔らかくして動脈硬化を予防する成分(DHAとEPA)となり、結果、血管年齢を若くするってことなのです。
単純な私は、そういう情報を知ると、すぐに自分も実践しようと飛びついてしまうところがあります。
TVや雑誌、ネットなどで「わ、これ体に(またはダイエットに)良さそう」と思った商品をすぐに購入するものの、すぐに飽きてしまったり嫌になったりで放り出してしまった物件数知れず・・・。
今回も、さっそく翌日、いつものスーパーのナッツ売場に行ってみました。鳥たちのおやつのピスタチオや落花生が置いてある棚に、くるみがいつもたくさん並んでいたのは知ってました。
ところがどうでしょう!くるみのスペースだけガラ空きになって、「売り切れ、入荷までしばらくお待ちください」と札が立ててありました。
TVの影響力ってすごいですね。オンエア翌日には、どこのお店のナッツ売場からもくるみが消えていたらしいですよ。

c0133013_1651662.jpg
くるみなら、鳥たちといっしょに食べればいいし。001.gif海は大好きでした。
花は、受け取って匂いを嗅ぐようなそぶりをしてからポイッ。その後は何度渡そうとしても、受け取ってくれませんでした。好きじゃないみたいです。
c0133013_16513047.jpg

鳥の血管年齢も若返らせてくれるんでしょうか?くるみって、結構カロリー高いはずです。
小さい体で、大きなくるみ一粒、余裕で食べてしまう海ですが、やっぱり食べ過ぎでしょうか~。

今回は頑張って、1日7個(だいたい手に一握り)のくるみを食べ続けよと決意しているのですが、たった7個と言ってもこれが結構しんどいのですよ~。
飽きてくるし、口の中の水分全部持って行かれる食感がつらい~。
2kgも購入してしまったので、飽きずに食べられるよう、簡単にできるくるみレシピを考えなければ~。
知ってる方がいらしたら教えてください~。

c0133013_16561937.jpg

c0133013_16564169.jpg

[PR]
by sanakk | 2014-05-08 19:02 | Comments(8)

GW前半は・・・

GW、皆様いかがおすごしでしょうか?前半は良いお天気にめぐまれましたね。
前半休日のとある日、一か月ぶりぐらいで母の様子を見に実家に行ってきました。このところ精神状態が安定しているのかめっきり電話が減った母です。ついつい忙しさにかまけてつい放置しがちです。ごめんね、マミー。

まずは母が懇意にしている小さなフレンチレストランで遅いランチをいただきました。
c0133013_1640144.jpg
母とYUKAは鶏胸肉のミンチ煮込みハンバーグ風
c0133013_16405242.jpg
私はメダイのポワレ。皮目が焦げているように見えますが、パリっと焼けていて身はふわりと軟らかく美味しかったですよ。(ちょっとしょっぱかったけど)
c0133013_16405865.jpg
      デザートのマンゴータルト。
母は高齢で入れ歯のくせに食べるのがとても早い人です。私もヘタな男性より早食いなのですが、母譲りだったのだなと、今更ながら納得しました。
一人でお店を切り盛りしている男性は、母のことをおばあちゃんと呼び、気にかけてくれてる様子です。
母が鍵を持たずに外出中に同居の甥っ子が鍵かけて出掛けてしまい、母は家を締め出されてしまったことがありました。その時何時間も店に母を居させてくれた上、僅かに窓が空いていた2Fベランダによじ登り家の中から玄関を開けてくれたのもこの人でした。
いつぞやは母がすっかりお世話になりました・・・とお礼を言っておきました。ついでに店から通りを隔てたところに母の家は見えるので、これからも母のことを気にかけてやってくださいまし、とお願いしてきました。
また、ランチしにお邪魔しますからと。

ランチの後は、実家近くにある護国寺まで母と散歩しました。
私は、小さい頃からこのお寺の境内で遊んでそだちました。
ここの景色は、何十年経っても変わりませんね。
c0133013_16454512.jpg
ツツジが鮮やかな季節ですね。
c0133013_1646336.jpg
本堂にまでの階段を、ゆっくりですが確かな足取りで上っていく母。
まだまだ大丈夫だなと、そのまあるく小さくなった後姿をながめつつ安堵しました。


c0133013_16465438.jpg
階段の途中の大師堂の脇にひっそりとたたずむ一言地蔵さま。
なんでも願いを聞いてくれるけれど、その名の通り一言でお願いしなければご利益はないのだそうです。
母は何かお願い事があると、このお地蔵様にお参りするのですが、手を合わせて俯いている時間の長さから見てとても一言のお願いとはおもえませんね~。
この日は、もうすぐ就職に関わる大切な試験を控えている長女の合格祈願をしたいと母がいうので、護国寺までそぞろ歩いて来たのでした。

c0133013_20511135.jpg
大師堂の床下で伸びて眠っているノラちゃん。気持ちよさそう。

c0133013_16475235.jpg
国の重要文化財指定の本堂が解放されていたので、中に入ってお参りして来たのですが、入り口の上をふと見ると・・・
c0133013_1648149.jpg
「三猿」が・・・・。長年この地に住み、数えきれないほど訪れていたのにこの日初めて知りました。(戸口の外からしか撮影できないので、こんな角度の写真になりました)
日光東照宮の三猿は、真ん中のサルが「言わざる」ですが、護国寺のは向かって左が「言わざる」。真ん中は「見ざる」になってました。この配置の違いは何か意味があるんでしょうか。
c0133013_20502886.jpg
一応、合格祈願の絵馬も吊るして来ました。でも、とても難しく倍率の高い試験なので過度の期待はしないようにしています。
たとえ願いが叶えられなかったとしても、長女の頑張りを称えて労う心のゆとりを持たねば、自分に言い聞かせました。


帰り道、池袋に寄って娘とウィンドウショッピングしていて、可愛いT-シャツみつけちゃいました。
c0133013_20551593.jpg
T-シャツにしては、チョイお高かったけど、迷いなく即買いしました。
一羽だけサングラスをずらしてこちらを見てるのがオシャレで気に入りました。043.gif
c0133013_20553671.jpg



久々にうーたん登場。
c0133013_20555052.jpg

パートナーの希と別居して早4ヶ月になりますか。一人暮らしもすっかり慣れてしまったようです。
c0133013_20562242.jpg
オカメs、放鳥タイムになるといつも近くに居るけど、一定の距離を置きたがる詩なのでした。
希は詩のそばにいきたがるのだけど、近づきすぎると詩におこられてます。
c0133013_20565196.jpg
テーブルで勉強している次女のことをふたりで熱心にながめていました。

GW最終日は、希の病院に3週間ぶりの予約が入っています。通院最終日となればいいんだけど・・・。

[PR]
by sanakk | 2014-05-02 21:01 | Comments(4)