日曜日の朝、長女AMIに引かれてのっそりと歩くラッシーです。
c0133013_16312392.jpg
わんこ生活がまた始まりました。
週末に飼い主である義母が、ラッシーの散歩中に転倒し、救急搬送されました。
去年の5月に階段を踏み外し骨折した義母は2ヶ月入院しました。
右足の大腿骨頸部骨折と診断されましたが、これは骨盤と大腿骨を繋ぐ股関節近くの大腿骨の付け根部分を骨折してしまうことです。
近年、この大腿骨頸部を骨折する高齢者(特に女性)が激増しているそうです。1987年と比べて3倍近くに増加しているのだとか・・・。骨粗鬆症の人が増えているのですね。
この大腿骨頸部を骨折すると、骨と骨がつきにくい部位であるために人工骨を入れるという手術をするしかないそうで、義母もこの時その手術をして、リハビリを経てやっと普通の生活を送るところまで回復しておりました。
それでもやはり右足を引きずって歩いていたので、そもそもラッシーの散歩などするべきではなかったのです。
いつもは義母の左側をゆっくりのっそり寄り添うように歩くラッシーなのですが、たまたま出会ったお友だちわんこと遊ぶうちつい引っ張ってしまって、右足を踏ん張ることができない義母は転倒してしまいました。
若くて骨がしっかりしている人ならば、それくらいで骨折などしないのでしょうけど。
義母は高齢の上、4年にわたる闘病のせいか骨がスカスカになってしまったのでしょう。簡単に骨折してしまいました。今度は左足の大腿骨頸部です。ご丁寧に右足と全く同じ部位です。
また、左足の人工骨を接ぐ手術です。とうとう両足とも大腿骨は人工骨となってしまうわけです。
やはりリハビリ期間を入れても2ヶ月は入院となるでしょう。義母は歩けるようになるのでしょうか?
このまま寝たきりなどになったらどうしようか・・・と不安がつのります。

ただでさえも女性は閉経後に骨密度が急激に低下するうえ、この大腿骨頸部は骨の形成がされにくく極端にスカスカになってしまうのだそうですよ。
違う転び方をしても、全く同じ場所を同じように骨折してしまうもの納得です。
女性は気を付けなければいけません。若いうちどれだけ密度の濃い骨を作っておくかが重要ですよね。
1年の間に、右左と順番に骨折して手術を受ける義母も気の毒でなりませんが、またまたひとりぼっちになったラッシーもつくづく可哀想なわんこです。
ある程度の年齢になってから(還暦ぐらいが目安だと私は考えます)動物を飼うべきではないと、思います。
(これはそのまま私自身にも返ってくる言葉です。大型のインコは犬よりずっと寿命が長いですから)
飼い主が想定外の病に倒れた時など、ペットも可哀想だし、家族も大変ですし。

今はちょうど長女AMIが就職前の長い春休みなので、ラッシーの通いの世話を引き受けてくれました。
けれどいずれは家に引き取ってお世話することになるかもです。
5羽の鳥たちだけでもいっぱいいっぱいの毎日なのに、とため息が漏れるsanaです。
ラッシーに罪はないし、可愛いわんこなのですが。

義母の入院に伴うアレコレ雑用で病院と家を何回も往復そしてラッシーの世話、散歩、その合間に実家母の病院にもお供し、施設に入所している義父にも説明しに行き・・・。
間の悪いことにおやーじゅは仕事の繁忙期に入り、まったく戦力になりません。
c0133013_16433967.jpg
今朝、疲れ切った私がぼんやりと掃除機をかけていると、歩いてきて見上げてる花です。
そういえば、この土日、鳥たちに目を向ける暇もありませんでした。
c0133013_16403428.jpg
二日間、放置だったケージを掃除しているとそーっと隣に来て見ている花を娘が面白いと撮ってくれました。
いつものように背中に貼りついたりしないのは、私の疲れたオーラを感じ取ってくれてたからでしょうか~。
c0133013_16415956.jpg

[PR]
by sanakk | 2015-01-26 16:56 | Comments(4)

昨日は、仕事を休んで実家母の病院にお付き合いしました。
去年暮れに高齢者対象の地域の検診で、心臓機能に要検査という結果が出てしまった母でした。
一度大きな病院で、心臓の詳しい検査をしてもらいなさい、とうことで検査予約をしてありました。
ヨタヨタとかろうじて二足歩行はできていますが、いかにも弱々しく頼りなげな老人を一人で病院に行かせるのは忍びなく私が朝からお供致しました。
心電図は異常なしでしたが、レントゲンで見た母の心臓は肥大しているそうです。
先生が仰るには、87才という母の年齢を考えると仕方のない症状でギリギリ許容範囲内の大きさなのだそうですが、一応心臓エコーもやりましょうということになり、その結果治療の必要があるのかどうかは来週の外来予約日に説明があるそうです。
87年間、膨張と収縮を繰り返してきた母の心臓は、そろそろ疲れてきて膨張した後、縮まりにくくなってしまったのでしょうか?ここ数年は血圧を下げる薬など服用して心臓への負担を減らすように心がけてきたはずなのですが。
平日の総合病院は、ほとんど高齢者だけで混雑しており、日本は4人に1人65才以上といわれる高齢化社会だいうことをしみじみと実感しました。

病院の後、母と遅いランチをしました。母がお気に入りのオイスターバーで昼間から生牡蠣とシャンパンをいただきました。
c0133013_16394999.jpg
c0133013_16401091.jpg
牡蠣と青菜のクリームパスタ。美味しかった~。
母は弱々しく見えても、食欲はガッツリあって年の割には食べるのが早い人です。
若い時は、食べるのも早いし歩くのも早かった母でした。子供の頃の私はいつも母の横を小走りしていましたっけ。私はそんな母に似て、だれよりも早歩きで早食いです。
目の前の母を見ていると、いずれ自分もこうしてトシを取っていくんだと実感できます。
母は今日受けた検査はなんだっけ?と何度も聞いてきました。ボケているわけじゃないけど、新しい事が全く頭に入らないようなのです。
最近持たせた「見守り携帯」もやはり電話を掛けることも受けることもできません。ボタンを一つ押すだけなのに。

母は今年の春には88歳を迎えます。いろいろとガタがきているようですが、なんとかこのままの状態を維持してもらって、米寿のお祝いをしてあげたいのですが。


c0133013_16474194.jpg
今朝、お鳥さまたちのお世話をしていた時のこと、ただ今抱卵中の詩のケージから卵を取り上げるとなんととっても温かいんです。
どうやら、一晩中温めていたようです。
これは詩ちゃん、進化です。以前の抱卵していた時は、昼間だけ気まぐれに温めて夜は放ったらかしだったので、朝一番で卵に触ると冷たかったものです。
詩、今回の抱卵はマジモードなのでしょうか?
c0133013_16481325.jpg
c0133013_16475373.jpg
詩が温めていると、隣のケージで療養中の希が必ず床に下りてきてすぐ横で付き添っています。自分も卵を抱きたくてうずうずしているみたいです。
c0133013_1648392.jpg
詩、卵を抱くときの膨らみ方も以前よりもモフっと大きくなって気合が入っています。
しかしながら、別居中に産んだこの卵、当然ですが無精卵です。どれだけ抱いても、孵ることはない卵たちなので詩が気の毒で不憫ですねぇ。
定期的に産卵しては抱卵することが、オカメたちのライフワークというか生きるはりあいになっているようです。

c0133013_16502094.jpg
ステンレスに映る自分に見入る海。
c0133013_16521754.jpg
ソファに胡坐をかくYUKAにちょっかいを出す花、ほぼほぼ姉妹のこのふたり、色もお揃いですね~(上下逆だけど)003.gif

[PR]
by sanakk | 2015-01-20 15:01 | Comments(4)

さむ~い成人の日 

お正月明けの3連休、寒かったですよね~。皆さま、どう過ごされたでしょうか?
私は10日は茨城県の親戚の告別式、そして12日は次女の成人式と、お悔み事とお祝い事が立て続き忙しい連休でした。

昨日の成人の日、晴れて良かったです。2年前の長女の大雪成人式は悪夢でしたから。まあ、それなりの思い出にはなりましたけどね。
晴れたけれど、寒い一日でしたね~。着物は袖や裾から冷気が入って寒いですから、YUKAは振袖の下にヒートテックを着てしっかり防寒していました。(日本人はなぜ着物などという、脱ぎ着が面倒で動きにくく防寒性のない着衣を考え付いたのでしょう?)
成人の式典は地元ではなく、高校のお友だちと川崎市の「とどろきアリーナ」に出席しました。
「テラスハウス」に出演していた住岡梨奈ちゃんがミニコンサート開いたそうですよ。
主題歌の「ネバーエバー♪」ってあの曲も歌ってくれたって。
c0133013_15174360.jpg
会場の前にたむろしていた新成人のほとんどは、式典には出ずに、ただそこで友人と出会い盛り上がっているだけのようでした。
やはりちらほらと毎年TVのニュースで観るような、白い羽織袴の若者がおりましたが、特に大騒ぎすることも無く(若干の奇声をあげてるやつらもいましたが・・・)式自体はスムーズに進行したようです。
会場の外で円陣を組んでせわしなく煙草を吸っている男子の集団もいました。大人になって、喫煙も飲酒ももう誰に咎められることもないということをアピールしたいのでしょうか?
成人の日という祝日の趣旨をまったくわかっていないし、大人の行動ではないですね。
(関東最大の式典会場の横浜アリーナは、大分荒れたようですね。)
驚いたのは、会場に警察車両が来ていたこと。
若者が一人前の成人として認められ、それを祝う式場に、出番が無いとしても警察が待機しなければならないなんて、いったい世の中はこれからの日本はどうなって行くんだ?なんて憂うのは私がトシをとった証拠でしょうか?
ま、それは置いといて。
私が成人した大昔と比べて、今の若者はもっと厳しい社会を泳いで行かなければならないのだから、頑張れ!とエールを送りたいですね。

式典が終わった後は、YUKAのお友だち二人を車に乗せて、赤坂の日枝神社にお参りに行きました。
c0133013_1532352.jpg
若さあふれる三人娘。今はまだ親の庇護の元、キャピキャピと楽しそうだけど、これからいろんな経験をしていくのですね。そしていつか酸いも甘いも噛分けた大人になっていくのかなぁ。

よそのお嬢さんのお振袖を見るのも、楽しいです。
c0133013_1533335.jpg
三人で神様に手を合わす後姿。お辞儀までしっかり揃っていました。帯の結びもそれぞれです。
c0133013_1534717.jpg
絵馬に今年一年のお願い事を・・・。幸せな一年になりますように、良い会社に就職できますように。

お参りの後、プリクラで振袖盛り盛り写真を撮りたいという3人を地元近くの駅で降ろして、私とおやーじゅの成人の日ミッションは終了。疲れました~。

c0133013_15345822.jpg
この日のためにと、人生初のジェルネイルを施したYUKA。
和菓子屋のバイト先でネイルはご法度なので、5日間でオフしなきゃならないそうです。
もったいない・・・。008.gif

解放された我らが、やれやれとその日訪れたのは大井にある更科蕎麦の老舗、布恒更科さん。
c0133013_15421978.jpg
私がいただいたのは季節限定メニューの中の白子蕎麦。
暖まりました~。上質な白子がふわふわで口の中で溶けました。美味しいですよ。(でもお蕎麦一杯のお値段もいいです。)

さてさて、忙しかった3連休、鳥たちのことはご飯とお水のお世話意外は放置状態でした。
夜は疲れてしまって、花と戯れる時間もとれなかったので、久々にお風呂タイムを利用することに。
c0133013_15355157.jpg
ゆっくり湯船につかる私のそばで大人しくしている花。
そばにいるだけでいいの・・・という雰囲気で佇んでいるのでいじらしいったらありゃしない。
エコーの効くバスルームの中で「おかーさんとー」なんて言われちゃって、涙がちょちょぎれるほど愛おしい鼠色娘です。
c0133013_15434049.jpg
016.gif

[PR]
by sanakk | 2015-01-13 16:17 | Comments(6)

新年を迎えたかと思えば早くも鏡開き。コンビニに行けば恵方巻きのポスターが貼ってありました。
立ち止まることはできませんね~。
来週の月曜日は、いよいよ成人式。次女YUKAも新成人です。(早生まれなので正確にはまだ未成年ですが)
2013年の大雪の長女の成人式から2年あっという間に過ぎました。
12日の天気予報は、今のところはどうやら晴れと出ていますが、どうでしょう?
成人の日の雪だけは本当に勘弁してほしいものです。
4日に、YUKAの前撮りをしました。
今回は帯と帯揚げ帯締めを変えてみたのだけれど、それだけで大分雰囲気が変わりましたね。
c0133013_14503898.jpg
(頭が大きく見えるのは高いカメラ位置のせいだと本人談037.gif)
c0133013_14515696.jpg
2年前の長女の写真。中央が光ってしまいました。
蛍光色のようなオレンジの帯揚げをぐっと渋い色の赤にしたら、全体的に引き締まって落ち着いた感じになったと思います。
新しい帯は、昔の帯より長くて柔らかいのでいろんな結び方を楽しめるそうです。YUKAの胴体はペラペラに細いので帯がたくさん余り華やかな立て矢結びができました。
c0133013_1452408.jpg

本番の成人式の日は、YUKAのお友だちのお嬢さん2人も加わり、振袖娘3人を車に乗せて都心の神社にお参りに行くことになっています。
小娘3人集まれば、たとえ振袖姿でも姦しいことでしょう。やれやれ・・・・。
でも、よそのお嬢さんの振袖姿を見るのも楽しみにしています。


さてさて、年が変わっても何も変わらないsana家のお鳥さまたちですが、希が去年の暮れあたりから再び呼吸が荒くなってきて、お腹の動きが大きくなっています。
c0133013_1454406.jpg
お正月明け、すぐに病院か、と思っていたのですが、元気があってご飯もそこそこ食べているし、今の所声が良く出ているので病院行は見合わせています。
すぐに繁殖活動をしたがる詩とは、ケージを別にして、保温に気を付けて様子を見ています。
このところ寒いし風も強いので、外に連れ出すのは気が引けます。車に揺られてお出かけするのもストレスになると思うんですよね~。
希くん、一度患った肺炎のせいで、肺が硬くなってちょっとのことで炎症を起こしやすくなっているのでしょうか~。
この症状とは、もう生涯付き合わなければならないような気がします~。007.gif

c0133013_1455348.jpg

[PR]
by sanakk | 2015-01-09 15:04 | Comments(4)

新しい年を迎えました。
私は午前3時に地元の神社で初詣を済ませましたよ。045.gif
c0133013_14201196.jpg
実はこの神社から、次女YUKAが大晦日の11時から開けて午前3時まで、参拝者の御札に毛筆で名前を書くアルバイトを頼まれました。
特技の書道が思わぬところで生かされ、本人も張り切って出かけましたが、さすがに深夜3時に一人で家に帰ってくるのは心配なのでお迎えに行きがてら、初詣をいたしました。
午前0時には、列をなして押し寄せたという参拝客もこの時間には、誰一人おらず、広々とした神社で今年一年の願い事をたらたらと欲張って唱えてまいりました。
いろいろと細かいことを頭の中でお願いしましたが、みんな心身ともに健康でまた一年過ごせますように、とこの一つにすべてが集約されますね。

YUKAは元旦、二日とこの神社でお札書きのバイト、朝から晩まで。ご苦労様です。
新年早々、神様のお手伝いをしたのだから今年は良いことがあるのではないでしょうか?(ムシが良すぎですか?012.gif

c0133013_14203613.jpg
くいしん坊のダルマ、海も

c0133013_1421840.jpg
浮世離れした妖精のようなオカメ、詩も

c0133013_14214583.jpg
穏やかで心優しい希も(肺の持病がまた再発したようで、心配しています)

c0133013_1424985.jpg
相変わらず熱くてしつこいスタミナギラギラ男のピーちゃんも

c0133013_1432731.jpg
sana家の愛すべき天然ナッツ姫、花も・・・・

2015年、sanaともどもよろしくお願いいたします。040.gif

[PR]
by sanakk | 2015-01-01 14:27 | Comments(4)

平凡な主婦と平凡なヨウムの楽しく滑稽な日々を綴ります
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31