c0133013_19341262.jpg
卵を抱く希、大分上手になったでしょ?しっかりと体を低くしてしゃがみこみ、詩ほどではないけどそこそこ膨らんで卵抱えています。
c0133013_19345327.jpg
最近では、詩と希ふたりでむかいあってケージの床にうずくまっているので何をしてるのかとよく見ると・・・。
卵を分け合ってふたりで抱いているんです。微笑ましいですね。
カゴの鳥だし、誰に教わったわけでもないのに、ペアで力を合わせて子孫残そうとする本能、すごいなぁと感心しました。けれどどれだけ頑張っても孵らない卵なのに、と不憫になってしまいました。
今回は相当気合がはいっているのか、オカメたちもなかなか抱卵に飽きることが無く、粘り強いです。
c0133013_19364695.jpg
顔に綿毛がついたままで一心不乱に温める希。
卵撤去のタイミング難しいですね~。

c0133013_1938380.jpg
長女に捕まった海。みんなが海を捕まえてクンクンしたがっているから、海くん油断は禁物です。
換羽も大分おちついたかな?


今週は、梅雨もしばしお休みかな?というお天気が続いてますが、まだまだ週の中日というのに昨日は仕事終わりにイタリアン呑みしてしまいました。もう、週末まで待てなーい!という感じだったので。
c0133013_19392750.jpg
今回のお店は自由が丘の住宅街にひっそりと、という感じのリストランテマッケローニさん。
2年ほど前にランチタイムにお邪魔した時もブログで紹介しました。私の大好きなイタリアンレストランの一つ。
相変わらず、OPENもCLOSEも出てなきゃ、何屋さんかも分かりづらい店構え。
通り一遍のお客さんは受け付けない雰囲気。
10人定員のカウンターだけで、男性シェフが一人で何もかもをこなすお店です。
ディナーのお料理はシェフお任せコースのみ。たぶんその日の段取りを事前にすべて用意してあるのでしょうね~。お客さんはだいたい7時過ぎには揃って、It's showtime ! という感じで始まりよどみなくコースのお料理が出されます。私はこのシェフの完全に自分の世界に入った仕事ぶりをカウンターから眺めるのが好きです。とにかく無駄が無く、計算された動きながらどこか軽やかで優雅にも見えます。
彼は誰も雇わずに、自分だけの食の空間を作りたいのだなぁと、だからこういうスタイルのお店になったんだなぁと思いました。

冷たい前菜は二品。
c0133013_19422766.jpg
アスパラガスムース。ふんわりとしてクリーミー。乾燥した生ハムとカリカリのアスパラガスの皮が新鮮な感じ。
c0133013_19433522.jpg
馬肉のカルパッチョ。パリパリに焼いたチーズと生のマッシュルームに馬肉、独創的な組合せですね。
温かい前菜も二品
c0133013_19441485.jpg
空豆とナントカチーズのタルト。(シェフ、声がちっちゃくて聞き取れませんでした。常に動いてお仕事してるので聞き返すこともはばかられ・・・)これは、女子は大好きでしょーというお味。
c0133013_19444664.jpg
鱧のフリットとカポナータ。目の前で揚げた熱々の鱧と冷たいカポナータ、美味しかったです。
カポナータはイタリアンのお店によってそれぞれにお味が違うものです。こちらのは酸味よりすこし甘味が強いカポナータでしたが、鱧のフリットにはぴったり。
c0133013_1946172.jpg
そして新じゃがの冷たいスープ。

ここまでで結構お腹が膨れました。やっとここでプリモという構成のコースです。
c0133013_1949992.jpg
白エビとトマトを練り込んだ手打ちパスタ。ピリリと後から辛いパンチのあるお味。美味しかったです。
c0133013_19495255.jpg
そしてこれまたシェフのオリジナリティあふれる鮎とハーブのリゾット。サクサクの香ばしくてほろ苦い鮎とその旨味が染み込んだお米は私の好みの硬さ。
うーん、でもこの辺りでもうお腹いっぱい。
この後にセコンド。牛フィレチーズ焼とヤングコーンのロースト。10人のお客さんにいっぺんに出されます。
少しだけ遅れていらした一組は最初の頃は一品つづ遅れていましたが、いつの間にか追い付いていましたよ。みなさん、メイン料理のそのボリュームにため息が漏れていたけれど、残した人はいませんでした。
食べるのに夢中で最後の牛フィレだけ、撮影し忘れました~。
コースはこれでおしまい。このボリュームでコース料金は5000円を少し切ってました。たしか・・・。
生ビール×2とスプマンテボトル1本、エスプレッソダブル×2 で二人で16000円はお値打ちですね。
コスパ、大分いいと思います。シェフ一人だから、ワインのおかわりとか注文のタイミングを見計らったり、サービス的にはいたれりつくせりと言うわけではありませんが、美味しいんだからいいでしょ、って感じのお店です。
全部美味しかった~、満足満足。045.gif

平日だというのに帰りが遅くなった作夜、酔っているし食べ疲れているし、シャワーしてすぐに寝たいのはやまやまなのですが・・・。
鼠色娘がケージの中から地団太を踏み踏み、恨みがましく私のことを見つめていました。
「おいで、ちょっとだけだよ。」と扉を開けると、飛び出してきました。
c0133013_19565751.jpg
ナデナデして?と首を下げては、私を見る。
c0133013_1957154.jpg

酔っ払いの私は、思わず愛おしくて花のお腹に鼻をくっつけてフンフンとその匂いをお粉ごと吸引すると、
花はすぐにそんな私の愛情に応えてきます。私の指をにぎりしめ引き寄せてエグエグ・・・。
c0133013_195745100.jpg
花がとても官能的に見える瞬間。016.gif
本当はいけないんでしょうね?鳥の発情をそそるようなことをしては・・・。
でも、これも私と花の絆を深める大切な時間。私は花にとって母であり、恋人でもあるのかな。

[PR]
by sanakk | 2015-06-25 20:38 | Comments(6)

梅雨の季節なのだから仕方ないけれど・・・所狭しと室内に掛けられた洗濯物を見てはため息が漏れる毎日です。まだまだ先が長いこのうっとおしい季節、明けるのは8月過ぎてから・・・なんて予報も出ていますがほんとうでしょうか~。だとしたら、今年の夏は短いかもですね。

前回の記事で、〇〇ダーコアという絶賛売出し中の腹筋マシンを使って腹筋を鍛えていることについて書きました。
c0133013_16131077.jpg
今回は三日坊主になるまいと強く決心して毎日頑張っていました。慣れてきたので70回から100回に増やして3日目、腹筋を鍛えるはずだったのに、背中の筋肉痛になってしまいました。しかも右側だけ。
右の背中だけっていうのが不思議なんですが・・・。筋肉が炎症を起こしている感じの痛さで、きのうから湿布を貼っています。
今回は毎日習慣にして続けられそう・・・・って思っていたのに、早くもお休みです。
腹筋が痛いならまだしも・・・なぜ背中?分かりません。
写真で見ていただいたら分かる通り、背もたれが左右別々についていてそれぞれ負荷を調節できるようになっているのですが、左右のバランスが悪かったのかしら~。この腹筋マシン、なかなか使い方が難しそう。(私だけ?)
私のやる気に珍しくスイッチが入ったのに、このザマです。
背中が痛すぎて、私のやる気はしゅるしゅると風船から空気が抜けるようにしぼんでしまいました、とさ。008.gif

さて、今朝のお鳥さまたち。
c0133013_16423087.jpg
相変わらず花は朝から私へのストーキング開始。忙しく動き回る私の後をバサバサと羽音を響かせてついてまわっていました。

c0133013_16424240.jpg
大好物のアーモンドをいただく海。大事に大事に最後のひとかけらまで器用に持ち替えて食べます。
人間に食べ物の好き嫌いがあるのだから、鳥にあったって当然なのですが・・・・。海があんなに美味しそうに食べるアーモンドを嫌う花。受け取りません。
c0133013_16431284.jpg
はっきりと「いらないの~」と言います。(語尾疑問形ですが)使い方正しいです。そして私の手からもぎ取って投げ捨てる。015.gif
c0133013_16434162.jpg
娘が食べていたロールケーキのスポンジ部分、むしゃむしゃ食べます。甘いものが大好き。面白いですね。
c0133013_16435931.jpg
       天邪鬼お嬢様。016.gif

抱卵中のオカメたち、今は詩と希、交代で温めています。片方が卵から離れると、すっともう片方が降りてきて卵を抱くという・・・。見ていると感心してしまいます。
c0133013_1645297.jpg
やっぱり詩、抱卵する姿が様になってます。希のそれと比べると(前回記事、掲載写真)、しっかりとしゃがんでモフっと膨らんで自分の体温を卵に伝えてる感じですよね。
希も詩の抱卵を見て、学習したのか、ちょっと上手になってきています。
巣箱を入れてあげれば、オカメたち、ひょっとしたら上手に卵を孵すかもしれないなぁと思いました。(ダメダメ046.gif)


うっとしい毎日ですが、仕事帰りに時々美味しい物を食べて美味しいお酒をいただくのは、私の生きがい。
家の近くに、能登出身の大将が切り盛りする小料理屋を見つけました。
c0133013_16412526.jpg
能登の食材を使ったおいしいお料理をいただくことができて大満足。
c0133013_16413514.jpg
あおさのしゃぶしゃぶ、です。冷酒が進みます。
c0133013_16415152.jpg
今シーズン初の岩牡蠣です。能登大島産。ライムを絞っていただきました。
こ・これは、美味い。ウマすぎる。しばし、天を仰いで固まりました。
梅雨は、美味しい食事とお酒で乗り切るしかないです。(私は一年中コレですが)

[PR]
by sanakk | 2015-06-19 16:55 | Comments(6)

関東地方も梅雨入りしちゃいました。これから1か月半、ムシムシジメジメしたお天気とお付き合いですね。
テンション下がり気味のsanaです。

c0133013_1016384.jpg
海はただ今換羽まっただ中。毎日たくさん抜けて、背中は白い綿毛があちこちはみ出てどんどんみすぼらしくなってきています。
海は、一度換羽が始まるとウチの鳥たちの中では、一番激しく抜けて見た目も変化する子です。
その割に、換羽中はさらに元気いっぱい、食欲旺盛、そして意地汚くなるのです。
朝、私が家族と会話していると耳元に飛んできて、大音量でわめくのも海です。
我々の会話に加わりたいのか、邪魔をしたいのか・・・。とにかく相手の声が聞き取れなくなるほどぎゃうぎゃうわめくので、「海、うるさい。ちょっと静かにして!」と叱られる毎日です。
今朝はとうとう、花にまで「海くん、うるさいよ」と言われてました。037.gif
花が今の所、海のわめきちらしをコピーしないことが唯一の救いでございます。
c0133013_10182710.jpg
威嚇しつつ、他人の食事を盗食う・・・。人間ならば最低の奴ですね。015.gifでも、海だと何をしても微笑ましく見てしまうのです。

希と詩、同居再開してひと月ほど経つでしょうか?さっそく卵がふたつ・・・・。
c0133013_10211574.jpg
しかしながら、今回はちょっといつもと違います。
c0133013_10214359.jpg
希が卵を独り占めして温めようとしています。詩は希に追い払われて、自分が産んだ卵に近づかせてもらえません。
が、しかし、希は抱卵がとてもヘタです。
c0133013_10231768.jpg
希くん、体勢が高い・・・。もっとしゃがまないと、卵は温められないと思うよ。
希と詩、あとどのくらいこの不毛の繁殖活動を続けるつもりなんでしょう。
c0133013_10242772.jpg
相変わらず、ごはん容れの縁に並べながら食べる希。不思議な癖です。
ミックスシードとペレット、両方ケージにセットしてるんですが、当然シードを独り占めするのは希。希がお腹いっぱいになるまで詩は根気強く待っていなければなりません。
体重を増やしたい希とダイエットしてほしい詩。(ふたりの体重差20g008.gif)希がシードを独り占めしてたくさん食べてくれて、詩がおあずけくらうのはちょうど良いことなのです。
でも、詩ちゃん、ちょっと可哀想かな。

さてさて、そんなsana家のリビングに見慣れない物が加わりました。
c0133013_10264338.jpg
普段は折りたたんでソファと床の間に仕舞ってあります。
使う時は、↓こうなります。そう、もうお分かりですよね。
TVでも盛んにCMしてますね、倒れるだけで腹筋〇〇ダーコアァ~♪って。剛力彩芽ちゃんがCMに出ているコンパクトタイプのほうです。
c0133013_1027336.jpg
背もたれの反発力が体を倒す時も起き上がる時も腹筋を刺激して、普通に腹筋運動するより2倍だか3倍だか効果があるとか・・・・ないとか・・・・。
なんでも道具から入るsana家の人々です。いつまで続くかわかりませんが、毎日腹筋70回頑張ってます。
どうしよ~、お腹割れちゃったら。(ナイナイ・・・003.gif)

そして食の話。
6月12日から、とうとう豚のレバー刺も飲食店で出すことは禁止になってしまいましたね~。
牛レバー刺提供が禁止になってから、豚レバー刺の需要が右肩上がりになって、それとともにE型肝炎に感染する人も増えているとのことで、今回の規制導入は正しい事なのでしょう。
E型肝炎、感染するのは希だといっても、もし感染して劇症化すれば死に至ることもあるそうで、怖いです。
でも、生レバー愛好家としては、正直とても残念ですね。
c0133013_10294511.jpg
仕事帰りに時々寄るもつ焼き屋さんのレバー刺し、食べ収めしておきました。右半分は希少な白レバーです。
こちらのお店のレバー刺は甘みがあってプリっと新鮮で大好きなんです。
ああ、やっぱり美味しいですね~。もう食べられないなんて。
お店の方に、6月12日以降はどうなるんですか?と聞いたら、今まで生で出していた同じ豚レバーを提供しますがお客さん毎にコンロを置いて焼いていただきます、とのことでした。
「しっかり焼いて食べてください」とお店の人、含みを持たせた言い方でした。
店としてはコンロを用意して言うことは言ったのだから、超レアで食べようが、もしくは焼かずに食べようが、それはお客さんの自己責任だよ、ということでしょうか?
うーん、焼くべきか焼かざるべきか・・・・生食大好き人間の私としては悩むところです。

[PR]
by sanakk | 2015-06-12 10:41 | Comments(4)

6月に入った途端にお天気は下り坂、ぼちぼち梅雨入りか・・・なんて言われてますが、5月最後の週末は良く晴れて真夏のような日差しと暑さでしたよね。
お天気の良い週末はこの時期、鳥干し決行です。
c0133013_10481347.jpg
今回は花の番。ケージごと窓辺に連れて行かれる途中は、ビビッて大騒ぎしますが、いざ太陽の光を浴びるとおとなしくなってじっとしている花なのでした。
写真を撮ったり、霧吹きで水を掛けたりしているうち自分も眠くなっていつの間にか花のそばで転寝しているところを娘に撮られました。
c0133013_10192844.jpg
気持ちいいですよね~、休日のお昼寝。窓からいい風が入って。幸せなひと時でした。

ケージの掃除中、海はやりたい放題。
c0133013_10194381.jpg
オカメsのシードを首突っ込んで盗み食いする後姿、浅ましいですよね~。
c0133013_10201447.jpg
ピーちゃん用シードは、私が容器から補充するタイミングを見計らってやって来て直食いします。(後ろでピーちゃんも無心に入れてもらったばかりのシードに食らいついています)
c0133013_10204482.jpg
久しぶりのツーショット。海は追い立てられても花のことが気になって仕方ないようです。
この時も、突然飛び立った花に蹴られてすっ飛ばされました。それでも懲りずにふたたび花のそばに降り立って、なにやらぎゃうぎゃうと話しかける海なのでした。


さて、この日は夕方からJR茅ケ崎駅近くにあるsanaとおやーじゅお気に入りのイタリアンレストランに行ってきました。
最近、お邪魔する頻度が高くなってます。イタリアンはお気にりのいくつかのお店をぐるぐる回ってる感じ。
ぼちぼち、近場で新規開拓したいところですが、美味しいと分かっているお店はやっぱり安心して訪問できますからねー。

c0133013_10271623.jpg
まずは生ビールをいただきながら、前菜一皿目、稲取産金目鯛のカルパッチョ。皮目を炙った金目鯛がおいしーい。彩もキレイ。
c0133013_10273830.jpg
二皿目は最初のお料理と若干かぶりますが、地鰺とカブのマリネ。カブが甘くて、脂ののった地鰺が本当に美味しい!ピンクペッパーがいいお仕事してます。
c0133013_10284522.jpg
蕪があんまりおいしかったので、冷たい蕪のスープを追加オーダーして・・・。
c0133013_10291210.jpg
生ビールの後にこの日いただいたスプマンテは瓶内二次発酵の赤。爽やかな辛口で、発砲もしっかりしていますが、炭酸ガスが抜けると赤ワインとしても美味しくいただけるのだそう。
このワイン、ホント美味しかったです。お値段もまあそれなりでしたが。
c0133013_10295061.jpg
白レバーのムースとイチヂクジャム。レバーと甘いジャムはどうしてこんなに相性がいいのでしょう。
c0133013_10301941.jpg
やっとパスタです。こちらのお店に来るとメニューにのってなくても頼んでしまうカーチョ エ ペペのパッケリ。
ナイフで切って食べるほど巨大なマカロニのようなパッケリにチーズと胡椒とオリーブオイルだけのシンプルなパスタ料理なんですが、自分で作っても絶対この味は出せないんだろうな。
c0133013_10314482.jpg
メインは最近ハマってる熊本あか牛のピステッカ。カウンターの上に無造作に積まれたヤングコーンが美味しそうとシェフに言ったら、付け添えにしてくれました。
お店の方がご自分で畑から採ってきたという新鮮なヤングコーンは皮ごとヒゲごと香ばしくローストしてくれて全部食べられます。
もうお腹いっぱいというおやーじゅでしたが、私はまだ食べ足りない。
「よく、食うなぁ~」という声を無視して、ズッキーニとレモンのリゾットを私とおやーじゅ比、7対3で分けてもらっていただきました。011.gifふつう逆ですよね。
c0133013_10335561.jpg
爽やかにレモンが香るリゾット、これはメインの後でもペロリとイケちゃいますよ。
ワイン、ボトル空けて、ドルチェまでいただいて、今日も美味しかったです~と、上機嫌でお店を後にしたのが10時ごろだったかな。
JR茅ケ崎駅から東海道線に乗って途中タクシーを使って帰るので家まで1時間もかかりません。
そのはずでしたが・・・。
すぐに来た東海道線に乗り込んで、ぐっすり寝込んでしまった我々が目覚めた時、電車は横浜に止まっていました。時刻は既に12時近く・・・。そんなばかな。
そうなんです、この日は(土曜日)小笠原沖震源の大きな地震がありましたよね。その時は店で呑んでいたので揺れながらもあまり深く考えなかったのですが、どうやら我々は帰宅難民になりかかっていたようです。
最寄駅に2時間以上かけてやっと着いてもタクシー乗り場が長蛇の列で、けっきょく3時間近くかかって家にたどりつきました。(逆に電車が止まっていなければ我々は確実に東京駅まで乗り越していたであろう・・・)
せっかくの美味しい食事とワインだったのに、家に着いた時には酔いも醒め、疲れ切っていましたよ。
日本各地の火山活動と最近頻発する地震、心配ですね。いま日本列島の下でなにが起こっているのでしょう。
ちなみに留守番していた鳥たちは、そんなに怖がることも無く大丈夫だったそうです。
YUKA談ですが。
人間がうろたえると鳥たちも怯えてパニックを起こすので、YUKAはじーっと動かずに鳥たちを凝視していたそうです。羽繕いをしていた花が揺れだした途端ビクッとして顔を上げた時、YUKAがじーっと見ている視線に圧倒されて暴れることも忘れていたようだったって。
なるほど~。そういう手があったのか。さすが鳥飼いの娘。
YUKAちゃまグッジョブです。049.gif

[PR]
by sanakk | 2015-06-03 10:42 | Comments(4)

平凡な主婦と平凡なヨウムの楽しく滑稽な日々を綴ります
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30