ヨウムな生活

sanahana.exblog.jp

平凡な主婦と平凡なヨウムの楽しく滑稽な日々を綴ります

<   2016年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

桜の開花が始まりましたね~。近所の公園の桜はまだまだ3分咲き程度(3/29現在)ですが、その木の下にシートを敷いて夕方から宴会を始める方がチラホラと現れ始めましたよ。
花の見ごろはまだだし、肌寒いのに好きだなぁ~と私なんか思っちゃいますけどね~。

さてさて、春を迎えたsana家のお鳥さまたちの話。
オカメの詩さんはただ今絶賛抱卵中。
c0133013_161288.jpg
最近はだいたい1個か2個しか産みませんが、きっちり2ヶ月毎に産卵いたします。
この時期気が立っていてカメラを向けると「シャーッ」とすごい勢いで威嚇してくるのでまともな写真が撮れません。
c0133013_16122874.jpg
すごい勢いで突進してくるので、ピンボケてしまいます~007.gif

詩さんが抱卵生活に入ると、落ち着きがなくなるのが別居療養中の希くん。
希の位置からでは、詩の様子が見えるはずないのに、お互い何かサインを出し合っているかのようです。
c0133013_1613151.jpg
詩の方角を見上げてそれはそれは響き渡る声で鳴き続ける希なのでした。
鳥は肺から鳴き声を出しているから、肺に病気があると声が出なくなると以前病院の先生から聞きました。
煩いほど良く通る声で長時間鳴き続ける希の肺炎はもう良くなっているのでしょうか?
でも、眠くなってうつらうつらし始めると、お腹が激しく動いて明らかに荒い息づかいが聞こえてきます。とても苦しそうに眠っています。
少しは良くなっているのかなぁ~。前回病院に行った時は、先生が抗生剤の注射はやめて、薬も量を減らしましょうとおっしゃっていたので、もうそろそろ病院を卒業する時が近いのでしょうか~。

c0133013_1615096.jpg
希が大音量で鳴き始めると、絶妙のタイミングで花が「うるさい!うるさいよ~。」と言います。おやーじゅの声で。私の声で言う時は「うる」が抜けて「さい!さい!」と、短く吐き捨てるように言うのです。
私は、本当にそんな言い方をしているのでしょうか~。自覚は無いけれど花がそう言うのだから言ってるんでしょうね~。反省・・・・。

↑海のコレが始まると、花はアンニュイな声で「海ちゃん、うるさいよー」と言います。相手によって微妙に言い方が変わるところが可笑しいですね。


先週末、いただいたイタリアン。いつもお邪魔する茅ケ崎のお店です。
c0133013_16153893.jpg
左上から、イサキのカルパッチョ。
真鯖のサラダ(コリアンダーやイタリアのタンポポの葉など、とても美味)
若竹のモッツァレラチーズ焼、みやじ豚のグリル
パスタは牛スジ煮込みのキタッラ、レモンとアーモンドのスパゲットーニ
ドルチェは清美オレンジのタルトと苺のミルフィーユ
いつものように、旬の野菜、地の魚を美味しくいただけて、よい週末となりました。
c0133013_16164740.jpg
ワインは、最近のお気に入りNO.1のスプマンテ、ゼロ・インフィニートを一本空けて、グラスで赤を一杯。
そしてこの日は、食後酒にグラッパを2種類いただきました。これがいけなかった!
呑みすぎました~。翌日、若干調子悪かったです~。008.gif


そして今週になって私がハマっていること。それは競馬観戦。
c0133013_16173131.jpg
c0133013_16174269.jpg
仕事の帰り道にある某公営競馬場。夕方から開催されるトゥインクルレースの1戦、出走の瞬間です。ものすごく近くで見ることができます。
実はコレ、競馬場の中で見ているのではないのです。
競馬場の隣りに最近できた商業施設の裏の駐輪場が、なんと競馬場の馬場と金網フェンス越しにありまして、場内のスタンドなんかよりよっぽど近くでサラブレッドが走る様を見ることができるのです。
金曜日までこの競馬場でレースが開催されているので、毎日寄り道して、フェンスにかぶりついて観るつもりです。
c0133013_16184320.jpg
結構迫力ありますよ。近いですから。馬の蹄の音、ムチの音、息づかいまできこえてきますし。
c0133013_16193257.jpg
     葦毛のサラブレッド、きれいですね~。
c0133013_16202433.jpg
      すごいでしょ?この近さ。
c0133013_16204750.jpg
スタートを後ろから見れちゃったりするんですよ~。かつて競馬ファンだった私としては堪りません。
馬って美しい生き物だなぁと思います。





[PR]
by sanakk | 2016-03-30 16:30 | Comments(4)
3月の3連休中日、お天気にも恵まれた日曜日、日帰りバスツアーに娘と参加してきました。
行先のメインは2014年に世界文化遺産に登録された群馬県の富岡製糸場でした。
関越道の渋滞で現地到着が遅れ、富岡製糸場見学の前に昼食となりました。
c0133013_15535654.jpg
食事の内容はまあこうしたツアーにセットされているありがちなものでしたが、この群馬の郷土料理「こしね汁」はとても美味しかったです。
c0133013_15572043.jpg
いよいよ富岡製糸場へ入場です。
1872年(明治5年)に完成したという建物は、木骨煉瓦造という当時の日本では珍しい工法で建てられました。木の骨組みに煉瓦を積むというもの。屋根は日本の伝統的な瓦葺きで、和洋折衷な感じ。
c0133013_15595327.jpg
急速に近代化を進め先進諸国に追いつこうとする、明治という時代の日本を感じることができます。
c0133013_1644275.jpg
c0133013_1645355.jpg

c0133013_167228.jpg
群馬県のキャラクターぐんまちゃんと富岡製糸場の女工さんの顔はめ看板。つい顔を嵌めたくなるお調子者の私。
製糸工場の女工さんと言えば、私がまず思い出すのは映画「ああ、野麦峠」。若き日の大竹しのぶさんが女工を演じたアレです。涙なくしては観られない映画でしたが・・・・。
会社にこき使われた上に最後は結核になって死んでしまうのではなかったでしたっけ?
でも富岡製糸場の女工さんの待遇はそんなに悪くなかったみたいですよ。労働時間は7時間45分(季節によって異なる)で年間の休暇もたくさんあったみたいです。今時よくいわれるブラック企業とは比べ物にならないほど良い労働条件の上、お給料も当時の女性の稼ぎとしては良かったそうです。
敷地内には女工さんたちの宿舎や仕事が終わってから勉強するための施設、診療所や療養施設もありました。
c0133013_16145621.jpg
長くて広い工場内も見学できます。明治時代の初めはまだ電気も通ってなかったので自然の光が工場内にたくさん入るように設計されています。この工場、昭和62年まで実際に稼働していた、ということにちょっと驚きました。
写真にあるのは最後まで使われていた操糸機だそうですが、自動車の日産製の機械なんだって。
創業当初フランスから輸入された操糸機は、日本で改良に改良を重ねられ、昭和30年代に開発されたのがこの操糸機。この機械が導入されたことによって工員ひとりあたりの生糸の生産量を画期的に増やし、コストを下げたということです。
そうやってシルク製品が庶民にも手が届く物になったんですね~。
そしてこの優れた日本製の操糸機は、海外にも輸出され、今でも最先端の機械として使われているそうです。日本の技術、すごい!世界の絹文化に貢献したのだから、世界文化遺産の登録も当然と言えば当然。
c0133013_16215263.jpg

時間が押していたので、駆け足で富岡製糸場を見学した後は、こんにゃくパークへ。
c0133013_16241592.jpg
群馬県といえば、蒟蒻も名産品ですよね。こちらは平日ならば蒟蒻工場の見学もできます。この日は日曜日だったので工場はお休みでしたが、こんにゃくバイキングをいただくことができました。
蒟蒻カレーに蒟蒻唐揚げ、蒟蒻ラーメン、蒟蒻レバ刺し・・・・。こんにゃくづくしです。
c0133013_16271231.jpg
お昼ご飯からあまり時間が経ってなくてお腹空いてなかったので、娘とふたりでワンプレートをつつきました。
まあ、どれも蒟蒻なんですけどね。タレとかスープとか味付けでそれらしいお料理になっていました。でも、蒟蒻のレバ刺し(プレート右下)にはちょっと驚きました。見た目と食感が似ていて、付けダレがそのものなので、しばらく食べていない大好物のレバ刺しを十分に彷彿とさせました。蒟蒻レバ刺し、お土産に買って帰りました。003.gif

こんにゃくパークのお次は、いちご狩り。スケジュールびっちりです。
群馬県のブランド苺のやよいひめだって。あんまり東京のスーパーでは見かけないブランドです。
小ぶりで赤いのは、とても甘くておいしかったですよ。
c0133013_1633642.jpg
いちご狩りなんて娘が小学校低学年の時以来。30個くらい食べちゃっいました。苺を一遍にそんなに食べたのは生まれて初めてかも?お土産はおじゃました苺農家手作りの苺大福。柔らかいお餅の中にはあんこと生クリーム、甘すぎずこちらも美味でした。
最後はららん藤岡という大きな道の駅でお買い物をしました。と言っても私が買ったものは帰りのバスの中で呑むつもりの群馬の地酒。
帰りも連休渋滞が予測されたので、これは呑んでほろ酔いになって眠ってしまおうという魂胆。
c0133013_16363767.jpg
超辛口純米吟醸、平井城という群馬のお酒、キリッとしていて美味しかったです。冷えてたらもっとよかったんだけど。
娘とバスツアーの一日のおさらいをしながらチビチビ呑んでいたら、いつの間にか眠りに落ちていましたとさ。
帰りは案の定、渋滞だったらしく(眠っていて覚えていない)予定の時刻を2時間も過ぎて帰ってきました。
それでも充実して楽しい一日でした。
バスツアー好きです。のほほ~んとバスに乗っていたら、どんどん連れて行ってくれるし。スケジュールが決まっているので自分で企画したり考えなくていいところが楽。(自分で企画する旅もそれはそれで愉しいですけどね)
また何か面白そうなバスツアー見つけたら参加したいと思います。

さてさて、長くなってしまいました。
今回のお鳥さまの話は海くん。たぶん今月末で13歳になりました。
c0133013_16434127.jpg
離れたところから花を見守る海くん、優しい視線です。043.gif

海と言えば、先日の話、久しぶりにPCのメールチェックをしていたら、DM的な大量のどうでもいいメールばかりの中に去年8月に送られてきた驚きのメールがありました。(どんだけメールチェックしてないんだって話ですが011.gif
それはTBSで今も放送している「生き物にサンキュー」という番組の制作担当者からでした。
会社名も書いてあったのでネットで調べてみると、実際に存在する番組制作会社でその担当者の名前と同姓同名の社員もちゃんと写真付で載っていたので、信用できるメールだと思います。
そのメールによると私がYouTubeにアップしている動画を番組内で使用する許可を頂けないかというものでした。
うわー、ちゃんとメールチェックしておけばよかった!もしかしてもしかしたらウチの鳥が番組に出演していたかも?とちょっと残念でした~。なにせ去年の8月の話ですから~。
で、その「生き物にサンキュー」を制作している方が私のどの動画に目を止めてくれたのか、検索してみました。
それがコレ↓です。

2009年7月にアップロードした動画。海、6歳の時。掃除機で吸われるのが好きだったんだ。すっかり忘れていました。今度、吸ってやろう・・・。
花かと思ったら、海だったんですね。こういうのがテレビ的に面白いと思っていただけたのでしょうか~。


[PR]
by sanakk | 2016-03-25 16:55 | Comments(4)
先週までの寒さが嘘のように暖かくなりました。お天気の良い週中日、仕事を休んで久しぶりに千葉県外房の海にやって来ました。
この数か月、忙しくて土日も仕事漬けだったおやーじゅが一日休んで波乗りに行くというので、私もお供した次第です。
おじさんサーファーのおやーじゅは、湘南と千葉外房は相当食べ歩いているので、ついて行けば間違いなく美味しいものが食べられます。
この日は私のリクエストでフレンチのお店につれて行ってもらいました。
c0133013_14421613.jpg
長生郡一宮町の海岸近くにあるオーベルジュpole pole さんです。
木々で囲まれた広い敷地内にこじんまりと建つ平屋の建物。 海辺なのに森林の中のリゾートホテルみたい。
ゆったりと寛いでお食事できる雰囲気です。ゲストハウスも3つほどあって、夏ならば宿泊しても愉しそう。
c0133013_14381811.jpg

広い庭の隅っこの方に、おとぎ話に出てきそうな可愛らしいパティスリーがあります。なんでもシェフの奥様がお庭の隅でお菓子を作っているのだとか・・・。
c0133013_1440250.jpg

私は朝ごはんを抜いてきているのでおなかペコペコ。
c0133013_14425460.jpg
アミューズとスパークリングワイン。おやーじゅはノンアルコールビールで久々の休日に乾杯!
c0133013_1443993.jpg
お次は菜の花のポタージュ。ほろ苦い菜の花の風味はそのままでクリーミー。
オリーブオイルで描かれた菜の花が可愛いですね。
c0133013_1443342.jpg
お次はお魚。ワラサのグラタン仕立て。地元で採れる野菜や魚介を使って和テイストも取り入れた優しいお味のフレンチですね。
お魚の下からはほうれん草の胡麻和えが現れました。美味しかったです。
c0133013_14443622.jpg
お肉は私が横芝産合鴨ロースト、オレンジと赤ワインのソース。添えられた味付けなしの地のお野菜が美味しい事!もちろんお肉も美味しい!鴨とオレンジソースって王道だけど確かに美味しいですよね。
c0133013_14451056.jpg
おやーじゅは北総豚のカダイフ包み焼きマスタードソース。こちらもサクサクと香ばしく、豚の脂身まで甘くておいしかったです。
c0133013_14453712.jpg
そしてデザートは夷隅産の黒大豆のブラマンジェ黒蜜がけ。カッテージチーズのような白いのは豆腐のアイス。舛に入ってるのも面白いですね。とても美味しかったです~。

お庭の端っこのパティスリーのケーキを買って帰りたかったけど、まだこれから家に帰るまで何時間もあるので生ものは無理とあきらめました。

さて大満足のカジュアルフレンチランチの後は、外房の海岸線を車で走ります。
おやーじゅの波乗りポイントを探しながら。
c0133013_1446272.jpg
千葉県興津町の海岸はとても美しいです。海水が澄んでいて底が見えるほど。なんで同じ外房の海なのにここは特別に綺麗なのでしょう?

勝浦のホテル三日月を通り過ぎ、平日で全く人気のない鴨川シーワールドを横目で見つつ、何か所か波乗りポイントを回ったのですが、おやーじゅいわく何処も波がイマイチらしく・・・なかなか海に入りません。
c0133013_14482582.jpg
太陽も傾きかけた頃、やっとこさ丸木というポイントで満を持して海に向かうおやーじゅでした。
ランチのワインが効いてきた私は車の中でお昼寝です。波の音を聞きながら、シートを倒して転寝するこの時間が私は好きです。

日が暮れて陸に上がったおやーじゅとこの後、南房総の千倉に向かいました。
一見、その辺にある古い酒屋のような佇まいのお店なのに、一歩入るとものすごい種類のワインが置いてあってソムリエの方がアドバイスしてくれると言うお店に行きたかったのですが、着いてみるともう閉店していました。残念!こちらは次回訪問の機会のお楽しみとしましょう。
この後、アクアラインに乗って我々は家路につきました。なかなか楽しい早春房総半島ドライブの一日となりました。
たまには平日に休みを取って遊ぶのも良いものですね。001.gif


c0133013_14495254.jpg
最後にまんまるピーちゃん。珍しく、正面顔を撮らせてくれました。
(ブログを始めてから4台目のデジカメが壊れて、写真はもっぱらスマホのカメラで撮っているので、動きの速い鳥たちの写真がうまく撮れていません。なので最近、sana家の鳥たち、出番が少ないです~)







[PR]
by sanakk | 2016-03-18 15:02 | Comments(4)
今朝、近所の公園の桜の木にまだまだ硬くて黒いけどたくさんの蕾がついているのを見つけました。
本格的な春はもうすぐそこに来てるのかな~。とはいえ、花粉!です!
花粉症デビューして3年目の私ですが、今年も戦っております。市販薬でどうにか凌いでおります。
さかんにTVでCMしているア〇グラとア〇ジオン、両方試してみました。ア〇グラは一日2錠、ア〇ジオンは一日1錠で24時間効くとうたっています。両方とも眠くなりにくいとも。
私的には前者の薬の方がよく効く気がしますね~。あくまでも私個人の感想なんですが。そして両方ともやっぱり眠くなる。あ、でも私は一年中午後になるとうつらうつらしてしまうので、これはアレルギー薬のせいではないかもです。019.gif

話は変わりますが、今年に入ってすぐ、実家の母が私の家のすぐそば(徒歩3分)の有料老人ホームに入居しました。
実家で孫ふたりと暮らしていた母ですが、去年それぞれに結婚して家庭を持ち実家を出て行ったので、母一人になってしまいました。
病気も無く脳の回転もトシの割には早い母ですが、なにせ88歳ですから~、足腰も大分弱って来てますし、寂しがり屋ですし、かねてからウチの近くの老人ホームにいらっしゃいと私が誘っておりました。
最近では、自分で買い物に行ったり、食事を作ったり、掃除や洗濯がしんどくなっていた母でした。ついにその気になってくれて、近所の施設に入居したのです。
一昨年オープンしたばかりの新しい老人ホームは、建物は新築でお部屋も広くて綺麗です。
食事付、おやつ付、お世話付、診察&看護士さん付ワンルームマンションのようですよ。もう無理して何もしなくていい母は、入所してみるみる間にふっくらと太りました。ズボンのウエストがみんなきつくなったとぼやいております。
何もしなくていい事が母にとって果たして良かったのか?ボケてしまわないか?と、そこがちょっと心配ですが。
でもお友だちもできたみたいだし(結構しっかりした方が入居されています。もちろん認知症の方もいらっしゃいますが)、何より良かったことは母が明るくなったこと。そして近くに居ると思うと私も母も安心していられるということ。
朝、昼、おやつ、夕食とそのたびに入居者は1Fのダイニングに集まるのですが、その時に女性はみんなお洒落をしていると母は言います。一日に何度もお色直しするおばあちゃんもいるんだそうで・・・。
なので母は新しい洋服が欲しい、買い物につれて行ってちょうだいと私にせがみます。
こないだたくさんお洋服買ったばかりなのに、今度は春物が欲しいのだそうで。
良い事ですね。いくつになってもオシャレ心を持つことは大切だと思います。043.gif
先週は私とふたりで美容院に行ってきました。真っ白になった髪の毛にパーマをかけてカットして、セレブなおばあちゃま風に変身した母を、今度の日曜日はお洋服を買いにどこかへ連れ出さなくちゃです。
春らしい明るい色の服を着て、明るい気分で毎日を過ごしてほしいものです。
先日、そんな母の部屋に顔を出したら、なんだか見覚えのあるカーディガンを着ていました。
c0133013_10204196.jpg

すっかり忘れていたけど、この白いカーディガン私が編んだんですよ~。30年近く前に。
まだあったなんて!005.gif母がタンスの奥から見つけ出して実家から持ってきたらしいです。
すごい!こんなの作れたんだ、自分、と自画自賛。昔、私は編み物に凝っていていろんな物編んだっけなぁ・・・。当時のカレシに手編みのセータープレゼントしたこともあった。(重っ!)
もう今は、やり方忘れました~。
時間が出来たら、また編み物始めてみようかな~。編み物って編んでる時は頭から邪念が消えて無心になれるから好きです。


さて、お鳥さま。
c0133013_1022741.jpg
珍しく同じところにとまっている海と花。でも、しっかりと距離はとってます。お互いこれ以上近づこうとはしません。
12年近くも一緒に暮らしているのに、このふたりの距離はこれ以上縮まりませんね。
c0133013_10223835.jpg
花がそっぽ向いちゃいました。海の存在は無視するらしいです。やれやれ・・・という感じの海の表情がどこか人間臭い。
ヨウムは都合が悪い事は、見て見ぬふりする傾向があるような気がします。
c0133013_10513998.jpg
お尻を向けながらじわじわと近づいてきた花に、ビビッてのけぞりながらも逃げない海。
c0133013_10453597.jpg
ラックから洗濯バサミに移りました。003.gif
c0133013_10454711.jpg
洗濯バサミに仁王立ちする海。3月4日に花が12歳になりましたが、海もこの3月中にお誕生日を迎え13歳になるはずです。
生まれた日は正確には分からないのですが、たぶん3月の後半だと思います。
13歳。中学一年生ですね~。
人間の子供たちが中学生になるまではあっという間だったような気がするけど、鳥の13年だとながーく感じるのはどうしてでしょう?
今年も元気にお誕生日をむかえられそうですね。海君。
c0133013_10462753.jpg
頭にモフをのっけたまま、真剣な顔で見つめてくる花が可笑しくてわらっちゃいました~。


こないだ平日から呑みに行った地元の小料理屋さんで、久しぶりの日本酒をいただきました。
「大将、すっきりとしたやつ」という言うと、大将がこだわって仕入れている日本酒から選んでくれます。
c0133013_1047590.jpg
最初は山形県のお酒「霞城寿」純米酒。スッキリしてるけどコクのあるお味。お造り盛り合わせをつまみながら。この日も大好きな赤西貝をいただきました。こりこりとして上品な磯の香が堪りません。
c0133013_1047419.jpg
石川県の宗玄。こちらはまたキリッと辛口であっさりタイプ。先にいただいた霞城寿とはまたずいぶんと違います。お酒って深いですねぇ~。同じお米から作っているのに、こんなにも風味がちがうなんて。
あっさり辛口の宗玄に合わせていただいた肴は「モツ煮込み」。絶品でした。モツの脂身が甘い甘い。
煮込みをガーリックトーストに乗っけていただくと美味しいのです。
c0133013_10482386.jpg
我々夫婦がイタリアン好きということをご存知の大将が「なんちゃってカルパッチョ」と言って出してくれました。
日本食の小料理屋さんでいただくカルパッチョ、素材が良いので間違いなしです。
美味しいお酒と肴で御機嫌な夜でした。





[PR]
by sanakk | 2016-03-10 16:07 | Comments(4)
今日は雛祭り。3月3日は耳の日ということでうさぎの日という噂もあるけれど・・・。
今年も雛人形は出さずじまいでした。もう何年、タンスの上で埃をかぶっているsana家の雛人形の箱は開けられていないのでしょうか・・・・。
私の母は、私が大人になっても、毎年せっせとお雛様を飾ってくれました。
私が嫁いでも、実家で毎年お雛様を飾ってくれていました。
迷信とは思っていても、娘たちがお嫁に行き遅れたら困るので、小さなガラス細工の雛人形を買いました。
c0133013_16383811.jpg
家で飾ろうと取り出した途端、床に落としてお雛様の首がもげた~008.gif
これはますます不吉です~。
次女は大笑いしながら、「あー、これでアタシたち嫁いけないの決定だ~」って。
あ~あ・・・
一応、瞬間接着剤で直しましたけどね。私の不注意で今年は、なんとも不吉な感じの雛祭りとなってしまいました。


そして一日早いですが、3月4日は、花の誕生日です。とうとう12歳になります~。
c0133013_9543069.jpg

赤ん坊が小学校6年生になるくらいの月日が経ったってことです。
なんだかピンと来ない。
長かったけどあっという間だったような気もします。
小学生だった娘たちが、花と一緒に成長して成人したのです。貴重な時間だったと思います。
そしてこれからも花と暮らすかけがえのない日々が末永く続きますようにと祈りまして・・・・。




c0133013_9554014.jpg
高級落花生をプレゼントしました。いただきものですが011.gif
c0133013_9565795.jpg
落花生の受け取りを拒否する花。おやつではごまかされない子です。
今はおやつよりもかまってちょうだい、という顔をしていますね。

[PR]
by sanakk | 2016-03-03 16:40 | Comments(4)

平凡な主婦と平凡なヨウムの楽しく滑稽な日々を綴ります


by sanakk