ヨウムな生活 sanahana.exblog.jp

平凡な主婦と平凡なヨウムの楽しく滑稽な日々を綴ります


by sanakk
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2017年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

関東地方が梅雨明けして1週間が過ぎました。毎日暑いですねぇ~。でも、梅雨が明けた途端にもう夏の終わりを意識してしまうのは私だけでしょうか?
なんだかんだ言っても、暑い暑いとふーふーいう期間はあっという間に過ぎてしまって子供の頃より夏は短く感じます。長期夏休みが無いせいかな?
先日の連休の中日、たまには夏らしいことをしようと思って久しぶりに夫の波乗りにくっついて行ってみました。
仕事が忙しく休みがない夫も久しぶりの休日でした。
その日向かったのは茨城県は波崎。
波崎は昔からお気に入りのポイントがあるようでよく出かけていましたが今回は1年以上ぶりでしょうか?
夫は去年8月に頸椎の手術をしたので、それから1年近くサーフィンを封印していたのですが、最近また復帰したようです。大丈夫なんでしょうかね?大波にワイプアウトして巻かれて首に衝撃を受けたらどうするんだろう?とか心配になりますが、ワイプアウトしても危険が無いくらいの大人しい波でやるから・・・とヤツは言っておりますが・・・・。118.png

c0133013_16313541.jpg
鹿島神宮一の鳥居です。この日は暑いくせにどんよりとした空模様でした。
茨城県の鹿島神宮は日本建国、武道の神様である武甕槌大神をお祭りする由緒ある神社ですよね。せっかくなのでお参りしようとしたのですが、あいにく朝から参拝客で駐車場が満車だったのであきらめました。
その代りに(最初からそのつもりでした111.png)鹿島神宮近くのイタリアンレストランでランチしました。
c0133013_16323331.jpg
ランチコースの前菜です。あまり人通りもなく車で来るしかないような閑散とした場所にあるお店ですが本格的なイタリアンがリーズナブルにいただけるんですよ。
だだっ広い駐車場もガラガラで大丈夫なのかな?と思っていましたが、ポツリポツリとお客さんが来店して気がつけばお店は満席になっていました。
夫には申し訳ないけれどいつものように自分だけ昼下がりのハートランドビールを愉しみました。
c0133013_16342494.jpg
これはアラカルトで注文した炙り鯖と水なすのサラダ。ドレッシングの甘み酸味が絶妙でピリリとスパイシーでクリーミー。大変美味しかったです。
c0133013_16345984.jpg
パスタは蛤とドライポルチーニのリングイネと夏野菜のリガトーニ。
c0133013_16352521.jpg
メインは自家製サルシッチャのグリルと牛頬肉の赤ワイン煮、どちらもグリルした夏野菜たっぷり添えられて。
ドルチェとコーヒーも付いて2500円のランチコースです。お値打ちでしょう?
鹿島にいらしたら是非
キッチンピノさん、お勧めです。
お腹を満たしたら、波崎に向かいました。波をチェックしながら海岸線を走っていたら、路肩に何台か車が止まっているのでコレは?と我々も車を路駐して波チェックしました。
夫は波崎でもここは初めてだと言ってましたよ。
混んでいないし、波はいいし人には教えたくないシークレットポイントだと喜んでいましたよ。
なかなか良い波乗りが楽しめてご満悦で上がってきました。
c0133013_16370249.jpg
初おろしのサーフボード。手術する前に購入していたので、一年以上使えなかったのですね。
c0133013_16372179.jpg
満を持して海へ。30度越えの暑い日でしたが、波崎の海は海水がまだ冷たいらしくフルスーツでちょうどいいのですって。(海水は年々温度が上昇してるそうだけど、打ち寄せる波に足をつけてみたら結構冷たかったですよ)
遠くに見える風力発電の風車みたいなやつ!で場所が特定できる方もいらっしゃるでしょう。

c0133013_16380238.jpg
       無事にテイクオフできたところを確認しました。102.png


さてさて、花ちゃま。
c0133013_16382692.jpg
爪切りをされて息も絶え絶えの状態です。相変わらず断末魔の叫びとシクシク泣きでこちらの心が折れます。
馴れてくれることは無いのでしょうか~。
でも放っておくと刃物と化した爪で腕や肩、指をサックリとやられそうなので強制爪切りは必須ですね。
c0133013_16383380.jpg
これくらい切れば、もう安心。ぎゅーっと指を握られても痛くないです。一ヶ月くらいは大丈夫かな?105.png
c0133013_16391364.jpg
頑張ったご褒美にショックから立ち直った頃、大好物のシャインマスカットを・・・。
c0133013_16391732.jpg
美味しいに決まってます。シャインマスカットですから。
心してお食べなさい、花ちゃま。








[PR]
by sanakk | 2017-07-24 16:48 | Comments(2)

夏本番! 

更新をサボっているうちに7月も中旬になってしまいました。毎日暑いですね~。
もうこれは梅雨、明けてますよね?梅雨明け宣言は出ていないみたいだけど。
さあ、夏本番!・・・と思ったら、あっという間に夏は終わってしまうんですよね。
先日(6月下旬でした)の夕方の空です。この時期の夕暮れの空は不思議な色をしていることが多いです。
c0133013_15325287.jpg
まったく加工無しですよ。空も川もピンク色に染まってとても幻想的な風景でした。
こんな夕焼けはいろんな気象条件がそろわないと見られないレア物だと思います。

我が家の鳥たちもこの暑さの中、元気に暮らしおります。
c0133013_15332928.jpg
明らかに発情中の体勢の詩さん。絶対産卵するな、と思っていたら、今朝ケージの中に卵が二つ転がってましたよ。
c0133013_15342153.jpg
またしばらくは儀式の様な詩と希の抱卵期が続くのでしょう。

c0133013_15343600.jpg
珍しく至近距離のおふたり。花は平然としていますが海は体が逃げていますね。102.png
c0133013_15343950.jpg
いつ花に襲われても逃げられるように首だけにゅーんと伸ばしておやつ食べてます。
c0133013_15351710.jpg
湿度が高い朝は、肩に飛んできた海が匂います。105.png何とも言えないエキゾチックなかほり。雑巾臭のような、長い間お風呂に入っていない人のような・・・。でも、海だから許します。
c0133013_15352020.jpg
そして次の瞬間には、肩のメンバーが入れ替わります。
飛んできて海を蹴散らして肩にとまる花の分かり易いドヤ顔デス。
c0133013_15361647.jpg
    カメラ撮影はいいから、早くおやつをちょうだいよ。by海

先日、最寄りの駅前に新装オープンした和食屋さんに行ってきました。
そのお店は、sana家がずっとお付き合いしている大工さんが内装を手がけたお店でした。
大工のМさんは、それはこだわって時間をかけてお仕事をしたそうで工期も大きく延びたそうですよ。いい店だから一度行ってみてくださいと言われて、出かけてみました。
オープンして1週間なのでお店の前には胡蝶蘭が並んでいましたよ。
確かにMさんが丁寧な仕事をされたらしく、素晴らしい内装のお店でした。
c0133013_15373755.jpg
通されたのは個室でしたが、建具屋さんのお仕事が素敵。木の扉は建付けだけで最後まで閉めずとも自然と閉まるように造られています。椅子やテーブル、トイレの中まで随所に店主の方とその奥様、そして大工Mさんのこだわりを感じました。お金もかかっただろうな~という感じ。
そして一番肝心なお料理は・・・・
c0133013_16004248.jpg
とても繊細で凝った日本料理に美しい器。左上の突出しは新店舗の船出という意味で船の器なのだそうです。
紫雲丹と蝦夷馬糞雲丹がのっているは一口大のもち米です。
あいなめと加賀太うりのお椀、そしてお次はお造り。炙り帆立に本鮪、ウマヅラハギの肝和えはたいそう美味しかったです。
c0133013_15401218.jpg
こちらは生まれて初めていただきました。星エイの唐揚げです。食感がシコシコサクサクしていて子供の頃給食で食べた鯨の立田揚げにも似ていました。
c0133013_15403434.jpg
そしてこれが星エイの肝です。これは、美味しかったですよ。カワハギやウマヅラの肝よりもっともっと甘くて濃厚なのです。
c0133013_15410538.jpg
この日いただいたのは日本酒ではなく、シャトー勝沼の鳥居平今村。店主夫妻がご自分の料理に合うワインを捜し歩き試飲しまくって決めた日本のワインだそうですよ。
日本人が作るワインが日本食にバッチグーは当たり前ですよね。
c0133013_15492109.jpg
仕上げは銅釜炊きのごはん。農家と契約している魚沼産コシヒカリ。絶対の自信の味なので白いご飯を食べてくださいとのことでした。確かに甘くて美味しいご飯でした。
糖質制限なんてくそ食らえ!とばかりにおかわりして食べてしまいましたよ。
c0133013_15423173.jpg
美味しい和菓子とお茶をいただいて、店主お任せコースの終了。
大変美味しい日本料理のコースでした。大工Mさんこだわりのお店の内装も素敵だったし。
ただ、コスパ的にどーかな?というのが最後にちょっと気になりましたね。
土地柄、10%のサービス料取って高級志向にしてしまうとこの辺りの新規のお客さんがリピーターになってくれるのかな?と。何と言っても下町的な小さくてリーズナブルな個人経営の飲み屋が多い土地柄の駅前ですから。
多額の設備投資をして、素敵なお店をせっかく出したのだから、上手く軌道に乗って繁盛するといいなと思いますが、どうなんだろう~??って感じでした。
季節を変えて、秋の味覚が出てくる頃、再訪してみようと思います。



[PR]
by sanakk | 2017-07-14 16:06 | Comments(2)