ヨウムな生活 sanahana.exblog.jp

平凡な主婦と平凡なヨウムの楽しく滑稽な日々を綴ります


by sanakk
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2017年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

10月も終わってしまいますね。
しかし、今年の秋は雨続きでした。先週の台風21号は各地に被害をもたらしましたが、私の生息エリア近くにも大きな爪痕を残して行きました。
c0133013_09135835.jpg
台風21号が去って行った朝の多摩川です。堤防まであと2メートルくらいの所まで川の水がきていました。消防のレスキュー車や救急車が何台も川べりの遊歩道に止まっていました。
濁流が呑みこんでしまったこの場所は、普段はだだっ広い河川敷だったのです。
朝のニュースで、中洲に取り残された人の救助の模様を流していました。
河川敷の住人の方々でしょうか?
そうじゃなければあの嵐の未明に河川敷に居るなんてありえませんよね。
何はともあれ無事に全員救助されて良かったです。
c0133013_09145264.jpg
翌日の同じ場所です。あっという間に水が引いた後は、そこにあったテニスコートは無残なことになっていました。
つくづく自然の力は凄いなぁと感じた朝でした。そして久しぶりに見上げた晴れた秋空でした。
ところが、またしても今週末に台風22号が日本列島に近づいてくるという予報!!
もううんざりですね。
ハロウィンの仮装パレードを予定されているところもあるのでしょうが、雨天になったら大変でしょうに・・・。

c0133013_09145734.jpg
先日、娘と蕎麦屋呑みをしたときの画像です。
娘が会社の上司(40歳代)との呑み会の店選びを任されて、どんな店にすればいいだろうか?と相談を受けて考えた結果、私が提案したお店です。
すると娘は前もって現地調査をしたいというので先週末行ってきました。
40代男性、お酒が好きとなれば肴の種類も豊富で日本酒も各種置いている蕎麦屋で〆に蕎麦をずずずーっとやるコースが最適と思ったのですが、もうちょっと上の年代向きだったでしょうか?
お通しが鯛兜煮という渋い蕎麦屋で地ビールから始まって発泡酒をいただき、青森の銘酒田酒を頂きました。当の娘はビールを一杯だけ。
その店に外国人のアルバイト男子がいました。背が高くて青い目の彼は爽やかで礼儀正しそうな好感が持てる青年でした。
私たちでも読みづらいような日本酒の漢字の銘柄をすらすら読み上げて説明してくれたり、お品書きにある日本料理の品名も完璧に読めるようでした。
すごいなあ、と思って「ご出身は?」と聞くと「フランスです」とのこと。
最近、日本びいきの若いフランス人が増えているらしいですね。アニメやコミックなどの日本独特のオタク文化(?)が窓口になっているのかな?蕎麦屋の彼がそうかどうかはわかりませんが。
お蕎麦屋をアルバイト先に選ぶなんて、日本が好きなんだなということはわかりました。
今、外国人観光客が増加して、「ヌードルハラスメント」なんて言葉も生まれています。私たち日本人が粋とする蕎麦をすするずずずーっという音は、彼ら西洋人からすればトイレの音にも匹敵するほど耳障りな音らしいですが。
蕎麦屋で働くフランス人の青年は上手に蕎麦をすすれるんでしょうね。きっと。そう思いたいです。
c0133013_09132857.jpg
吞んだ後の〆にこの時もお蕎麦をいただきました。私好みの美味しいお蕎麦でした。
後日、娘と勤め先の上司二人との(不思議な組合せ?)呑み会は開催され、そのお店は好評だったようです。良かった良かった。


c0133013_09150170.jpg
さてさて、アーモンドを握りしめてご満悦の海くんです。
とても美味しそうに嬉しそうに一粒のアーモンドを大事に食べます。ナッツのCMがあれば海を起用してほしいくらいです。最高のキャスティングだと思いますよ104.png
c0133013_09150419.jpg
落花生をとても雑に食べる花。食べるモノに対してのこの扱いの違いは何でしょうね?
自然界での生息域や食性の違い、というよりは性格の違い、と思ってしまいます。このふたりを見ていると。



[PR]
by sanakk | 2017-10-27 16:52 | Comments(2)

休日の運転練習 鎌倉へ

週末の今日からしばらくお天気は雨続き。気温が10度以上も下がり秋が深まってきた感じですね~。急な気候の変化に体がついて行けない気がします。これからはどんどん寒くなるのでしょうね。衣替えをしなくては。(まだクローゼットの中は夏物のままという119.png

さてさてこないだの3連休はお天気も良く行楽日和でしたね。良く晴れて暑いくらいの日曜日、運転免許取り立てでただ今運転練習中の次女YUKAと鎌倉までドライブしてきました。
もちろん往復YUKAの運転です。まだ高速道路は怖いので一般道で鎌倉まで運転練習です。臆病で用心深い性格のYUKAは私が助手席に乗っていないと怖くて運転できない、と言います。
車線変更も私が「はい、ウィンカーだしてぇ~。はい、ハンドル切ってぇ~」と指示を出さないと怖くてできないと。よくそれで本試験が受かったものですね。
うーん・・・もしかして車の運転に向いていない性格なの?自分で判断してどこへでも行けるようにならないと運転免許取った意味がないと思います。
私としては、外でお酒を呑んでも安心して娘の運転で帰れるようになりたいのですが、まだまだ道のりは長そうです。
休日に運転練習と称してYUKAとあちこちドライブして、ランチしたりウィンドウショッピングなどするのは楽しいですが、車の中では自分がハンドルをにぎるより助手席の方が神経使って疲れますね~。
c0133013_15395366.jpg
連休中ということで普段の日曜日より混み合う小町通り。
ウチから鎌倉までの一般道の道のりは運転練習には調度良い距離ですね。YUkAのトロトロ運転でも2時間はかかりません。
以前からよく行く小町通りのイタリアンワインバーが近くに移転してリニューアルしたと聞いていたので、ランチを予約しておりました。
c0133013_15400324.jpg
夏の様に暑い日だったので、まずは冷たいスプマンテと鰺のサラダ。脂の乗った鰺が美味しくてドレッシングの塩加減はちょうど良い。
小町通りの喧騒から外れた路地奥に移転したお店は広くなってテラス席などできて、いい雰囲気でした。そして満席。
お料理も美味しいのですがスプマンテからの白ワインをオーダーした時、底にまだ少しだけスプマンテが残っているグラスに白を注ぐのはいかがなものでしょう?ふつうグラスを換えるものではないでしょうか?
お店を大きくして繁盛している分、細かい所に気遣いができなくなってしまったのかな?とちょっと残念。
c0133013_15400026.jpg
カラマーリのカルボナーラは娘のチョイス。あっさりとしたクリームソースで美味しかったです。

c0133013_15395778.jpg
牛ハラミのタリアータ。こちらのお店に来るといつも注文する一皿です。
そのほかにもたくさん食べて私は昼間からスプマンテ→白→スプマンテと3杯も呑んでしまいました。(因みに三杯目の時も同じグラスに注ごうとしたので、思わずグラスを換えてください!と注文をつけてしまいました!私、小さい?130.png)
「おかあさん。そんなに飲んで帰りの車で寝ないでよ」と娘に言われましたが既に手遅れです。
当然帰り道、助手席で寝落ちしてしまいました。ほんの20分ほどですが、その間YUKAはしかたなく自分ひとりの判断で運転してました。それこそが上達への道ですよね。やるしかなければできるものです。

c0133013_15400785.jpg
小町通りにふくろうカフェができていました。
c0133013_15395596.jpg
フクロウさんが一羽通りに出てお客さんの呼び込みをしていました。賢そうな可愛い子でした。
あとからネットで調べてみたら、鎌倉乃フクロウの森というお店でカフェではありませんでした。
入場料600円でいろんなフクロウや小動物と触れ合えるという場所で、飲み物の提供はないのでカフェではないですね。観光地なのに時間無制限の600円でフクロウを間近で見て触れ合えるとはお安いと思いましたね。
次回鎌倉を訪れる機会には立ち寄ってみようかな~。

久しぶりにちょこっと花のおしゃべりです。


最近ますますカメラを向けると黙り込むようになった花です。相変わらずおもしろいおしゃべりで笑わしてくれるのですがなかなか撮ることができません。
c0133013_15400955.jpg
ちんまりと私の指に座って今日も可愛い花ちゃまです。162.png



[PR]
by sanakk | 2017-10-13 15:59 | Comments(2)