ヨウムな生活 sanahana.exblog.jp

平凡な主婦と平凡なヨウムの楽しく滑稽な日々を綴ります


by sanakk
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

絶叫アトラクション 他

ぼやぼやしてたら、あらなんと今日は節分ですね~。どこへ行っても恵方巻ばっかり販売しているので少々うんざりしています。
おまけに数日前から珍しく風邪をひきこんだらしく、頭の芯がぼーっとして気管支がムズムズして咳が出るしあまり芳しくありません。008.gif

c0133013_16175134.jpg
先週の始めに娘YUKAと富士急ハイランドに遊びに行ってきました。実は私、いい年をして絶叫アトラクションが大好きなんです。
1月の富士山麓はピリリと突き刺さるような寒さで都心より4~5度は気温が低いんじゃないかと思いました。遊園地内は路肩に雪が残った状態で、この数日前に積雪したことを物語っていました。学生たち春休み前の寒い季節の月曜日ということで、空いておりました。
前回来園した時は(おととし9月)、ものすごく混雑していてどのアトラクションも3時間待ちと殺人的でした。おまけに途中から雨天となりアトラクションは止まり、私たちは「フジヤマ」一つしか乗れませんでした。仕方なくお隣の富士山温泉に入って帰ったのでした。
今回はそのリベンジ。そしてこの時期はすっごく寒いけど穴場だということが分かりました。遊びに来ている人の半分以上は外国人ではないかな?
おかげで憧れの「ええじゃないか」に二度も乗ることが出来てご満悦の我々でした。
YUKAはまだ若いからいいですが、私はそろそろ絶叫アトラクションの年齢上限に引っかかるのも近い未来なので・・・今のうちに楽しんでおかなくては・・・。
さて、ここまでは良かったのですが、YUKAに誘われ「絶叫戦慄迷宮」に入ることになりました。そういわゆるお化け屋敷です。私が苦手な歩いて進むやつ。
かつて惨殺が行われた古い病院の廃屋と言う設定のお化け屋敷みたいです。
c0133013_16175757.jpg
最初にグループごとに通される部屋でまず心臓破りの写真撮影があります。爆音のシャッター音とともに椅子が動く仕掛け。とりあえずきゃあきゃあ言わされます。
その後は心配していたほど怖くはなく(強がり)順調に早足で歩き去り出口もそろそろという頃、追いかけてきたお化けから逃げようとして段差で足を踏み外し、右の足の甲で着地するという今考えてもイタイイタイ結果になってしまいました。007.gif
かろうじて転びはしなかったものの、びっこをひきひき逃げる私をお化けさんも心配そうにゆっくりと追いかけてくれました。
これはやってしまった!完全に捻挫だ~もしかして靭帯断裂?と思った私は、お化け屋敷を出てから、スタッフの人に救護室はどこか聞きました。
すると「足を挫かれましたか?」とスタッフの人。けっこう私のようなどんくさいお客さんが居るのかもしれませんね。
でも思うんですが、薄暗くてパニックを起こしやすいお化け屋敷に階段や段差をつくるのはどうかと思いますよ。絶対危ないと思います。
私のような中高年は反射神経や踏ん張りもききませんから・・・悲しいかな、自分の運動能力の衰えを実感いたしました。
スタッフの人がどこかへ電話したら、湿布薬を持ってすっ飛んできてくれたのは先ほどお化けをやっていたらしい血のりのついた白衣を着たサイコパスの医者でした。
大丈夫ですか?すぐ湿布をはりましょう、とお化け医者に言われてなんだかちょっと可笑しかったです。
靴下を脱いで足首を出すと、もう既にくるぶしの周りが腫れ始め、くびれの無い豚足のような足になっていました。
本当に遊びに行って故障して帰ってくるほど情けない事はありません。
自分の体の機能をよく把握して遊びに行かないといけませんね。気持ちだけは絶叫アトラクションを楽しめるほど若いつもりなんですけどね。
c0133013_16180528.jpg
捻挫してから3日後の足。右足はアキレス健がみえなくなるほど腫れました。
そして内出血で赤紫から青紫に変わり、今は黄色くなり腫れも大分引いてふつうに歩けるまでに回復しています。靭帯断裂はしてなかったようです。
やれやれ・・・042.gif



c0133013_16334072.jpg
さてさて、そんなおバカな私に優しい海くん。転寝する私の肩に止まってずっと見守ってくれていたらしいです。(娘撮影)
オカメやピーちゃんもそうなのですが、私が起きてる時は遠巻きで見ているくせに眠ってしまうと飛んできてわらわらと私の体に集うらしいです。
c0133013_16174858.jpg
c0133013_16181815.jpg
 久しぶりのピー爺さん、最近あんまり飛べなくなっちゃいました。でも元気ですよ。
c0133013_16181018.jpg
花ちゃまは相変わらずです。最近、ケージの底紙荒しがすごいです。掃除して新しく新聞紙換えてもあっという間にこんな風になってしまいます。
なにかストレスでも抱えているのでしょうか~。
c0133013_16181444.jpg
          スキンシップが足りてないの~?花ちゃま。008.gif







[PR]
# by sanakk | 2017-02-03 16:58 | Comments(4)
冬らしい厳しい寒さが続いています。気がつけば早1月も後半に突入して、もうあちらこちらで恵方巻や節分という文字を目にします。
2017年もこうして、季節の行事が駆け足でやって来ては去って行って、あっという間に終わるんだろうな~とまだ始まったばかりなのに終わりを予想してしまいます。
寒い寒いといっても、この数日で急に日が長くなってきましたよね。もうすぐ春ですね。

さて、先日、初めて訪問して感動したお店について。
田園都市線の高津駅下車の住宅街にあるかなりマニアックなお店。店主の方が日本酒にとことんこだわり、そして日本酒に合う独創的な料理を提供してくれる小さなお店です。
日本酒はもともと大好きですが、いつも冷酒でいただいてました。こちらのお店、お酒は基本、常温で呑んでください、と最初にいわれました。
冷やしてしまうと本来の旨味や香り分かりづらくなるので、日本酒はなるべく体温に近い温度で呑んでくださいとのことでした。
冷やしてくださいと瓶に書かれたお酒もこちらでは常温で提供するそうです。
店主の方は100種類以上も在庫している日本酒の温度管理に神経を使っているらしいです。
ええ~、生ぬるい日本酒は苦手~、と最初は思ったものの、小ぶりのワイングラスに注がれて店主お任せで出てきたお酒を一口飲んで、そんな思いは吹っ飛びました。
c0133013_14480953.jpg

常温の日本酒(最初にいただいたのは奈良県の篠峯・純米生原酒 左上)、旨い!
最初に呑んだお酒の反応を観て、店主は二杯目三杯目の日本酒を選んでくださいます。
最初の一杯の反応で大体お客さんの好みが分かるんだって。

c0133013_14512758.jpg
↑その夜呑んだ日本酒の数々。店主の好みもあって奈良県のお酒が比較的多かったですね。変わったところで左から2番目は群馬県の巌・純米吟醸。
常温の日本酒がこんなに風味豊かに感じられて美味しいとは・・・。キリッと冷やしたお酒が美味しさの原則と思ってました。
赤ワインを常温でいただくのと同じことでしょうかね。
そして素晴らしかったのは、ついついお酒が進んでしまう創作料理の数々。
c0133013_14514399.jpg
どれも素材の味を殺さずに絶妙な組み合わせ。特に右下の一皿、鮟肝の味噌漬けは絶品でした。カリッと焼いたパンの上に乗っているのも斬新です。
c0133013_14515659.jpg
お刺身を山葵醤油で食べるだけではつまらないと寒鰤の上にはエシャロットとかフルーツとか叩いたモノがのっかてるけど美味しい(左上)
甘くて香ばしい筍と白子と白身魚、ソースは何だったかな?この辺りはもう大分気分よかったので覚えていないけど、とにかく美味しかったです(右上)
ガツンと目が覚めるような脂の乗った蝦夷鹿!脂身が甘くて旨い。(左下)
〆は店主特製のラーメン。コラーゲンたっぷりのとろっとろのスープはあっさりしているようでこってりしてる(どっちなんだ?)
この後、チーズとオレンジのデザートが出て、店主お任せ料理は5000円也。お値打ちだと思いますね。
またすぐに再訪したく、次に空いている週末をきくと2月の下旬まで予約で一杯とのこと。もちろん次の予約を入れて帰りました。
日本酒が苦手~、と仰る方(とくに女性は多いですよね)は割といるけれどこちらのお店に来たら好きになると思います。012.gif

そして。酉年の我が家のお鳥さまたち、元気です。
暮れから抱卵期に入っていたオカメs。今回は希が実にマメマメしく卵を抱いていました。もしかしたら詩より長い時間卵の上に座っていたかもしれません。
c0133013_15240896.jpg
希と詩が抱卵の交代をする時、お互い嘴をつつきあって何やらふたりにしか分からない言葉で交信していました。
詩:「もういいわよ。今度は私が抱くわ。ほら、卵ちゃんがはみ出てるし。」
希:「まだいいよ。オレが抱いてるよ。キミは上でおやつ食べて休んでいていいよ。」
こんな会話をしていた感じでした。詩が心配して交代を申し出ても、まだオレがやる!と居座る希の姿をよく見かけました。
c0133013_15241137.jpg
上下を見比べていただくとお分かりになると思うけど、やっぱり詩の方が抱卵が上手。ふくらみ方もどっしりとした座り方もプロです。
けれど半月を過ぎましたし、もうそろそろいいかなと思って今朝、卵を撤去しました。


c0133013_15250776.jpg
去年暮れにお取り寄せした長崎県のブランドみかん「出島の華」。ただ甘いだけじゃなく酸味と旨味を感じる濃ゆいお味。みかんがこんなに美味しいと思ったのは初めてでした。


最後の一個のひと房をいただく花。食いつきが違います。いつものみかんだったら、一口食べてジュースを適当にチューチューしたらボタリと落とすのですが、「出島の華」は大切そうに最後まで握り締めて食べていました。
c0133013_15241426.jpg
まさに達磨みたいなまんまるの海。首を傾げて宙を見つめて、いったい何を考えているのでしょう。




[PR]
# by sanakk | 2017-01-19 15:40 | Comments(4)

明けて2017年!

年末年始、良く晴れて暖かい日が続きましたね。皆さま、良いお正月を過ごされましたか?
c0133013_23170234.jpg
元旦の朝の花。窓から差し込む光を浴びてお目目が点になっております。
12年前の酉年、まだ幼かった花のドアップ写真の年賀状を作ったのがついこないだのよう。
もうあれから干支一回りして再び酉年。
花は今年の春には、13歳になります。早いものです。
もう一回りして12年後の酉年、花は25歳になるのですね。私は・・・考えたくない。008.gif
みんなみんな元気で幸せに年をとりたいものですね。

今年の御節は、贔屓にしている能登の小料理屋さんにお願いしてました。
c0133013_23183431.jpg
美味しそうでしょう~。元旦の朝(ほぼお昼)は、こちらのお節を肴に白ワインをいただきました。
sana家は、喪中ですから、本当はこんなお祝いの膳をいただいてはいけないのでしょうけど、去年おととしの暮れ義母が注文してひとりで平らげたという伝説のこの御節を、今は亡き義母を
偲んでいただいてみようということになったのでした。
元旦は昼間からワインを呑んで酔っ払い、半日眠って過ごしました。

二日は、朝からTVで箱根駅伝を観ていました。さっき大手町を出発したと思ったら、あっという間にうちの近所に先頭の一団が近づいてきているのをTVで見て、あわてて沿道に出てみました。
c0133013_23200915.jpg
箱根駅伝のルートが近くなのに、一度も生で観たことありませんでした。初めて沿道から応援しました。
本当に速いですね~。あっという間にやって来てあっという間に走り去って見えなくなりました。ここはまだ往路の第一区ですが、すごいですよね~、ひとり20kmくらい走るということですが、私が猛ダッシュしたって彼らの走る速さには敵いません。当たり前か。

3日はお墓詣り。10月に義母の納骨をしてから初めてのお墓詣りだったので、丁寧にお掃除してきました。
c0133013_23213231.jpg
その帰りは、新横浜にある鰻屋さんに寄るのが毎回恒例になっております。お正月の鰻屋さん、賑わっておりました。
去年暮れから食べたい食べたいと思っていたのですが、新春早々に願いが叶いました。003.gif

4日もまた、朝から青空が広がり暖かい一日でしたね。
3年ぶりに娘と多摩川ウォーキングをしました。コースは決まっています。多摩川六郷橋付近から二子玉川まで約15キロほど河川敷沿いに歩きます。今回で3回目。
c0133013_23233277.jpg
ガス橋の手前でカモメたちが日向ぼっこしてました。この辺りのカモメたちは人馴れしていて至近距離で撮影しても知らん顔。
c0133013_23242710.jpg
そして丸子橋を目指してあるく途中で、雀の一団にまじって白い鳥がいるなぁと思ったら、セキセイインコを発見しました。
c0133013_23245082.jpg
天気が良すぎて白浮してしまい、ちゃんと撮れませんでしたが。
雀たちと一緒にくらしているのでしょうか?楽しそうに飛び回っていました。どこかのお宅から逃げてしまったセキセイちゃんでしょうね。私が近づいても逃げようとしなかったので保護しようかなと思ったのですが・・・・捕まえられませんでした。
c0133013_23252028.jpg
セキセイインコはサバイバル能力高そうなので、きっと野生でもちゃんと生きていけると思いますが、ご家族は今頃どこでどうしているかと心配されていることでしょうね。
久しぶりに多摩川の河川敷をぶらぶら歩きしていると、名前は知りませんがいろんな野鳥たちに出会えました。
c0133013_23275609.jpg
大田区から世田谷区に入った頃、足は大分疲れてきています。
c0133013_23282973.jpg
2時間半歩いて、やっと二子玉川の商業施設ライズが見えてきました。
前回歩いた時(3年前)は、このあたり開発途中で工事中でしたが、今ではすっかり整備されて新しいタワーマンションが立ち並び、綺麗な公園ができていました。公園の中にはスタバもあって、すっかりお洒落なリバーサイドの街という感じ。
その夜は、YUKAも私も疲れ切って、足にサロンパスを貼って寝ましたよ。ふだんはあまり歩かないから、15キロくらいの歩行でひいひい言ってしまいます。
駅伝の選手たちはこれ以上の距離をあの速さで走るのですから、やっぱり凄いですな。
私のお正月は、こんな感じでした。
さあ、仕事も始まったし、2017年も元気に楽しくすごすぞぁ~とやる気満々です。
皆さま、今年も宜しくです。

最後に・・・
新春早々、詩がお卵三つ産みました。
c0133013_23301305.jpg
        最近、仲睦まじい希と詩です。
どちらが卵を抱くかで時々喧嘩していますが、産卵することで絆を深めているようす。
オカメインコは雄も抱卵することを、希を見ていて初めて知りました。
卵が孵ったら、希はきっとイクメンになるのだろう、と思いますが、孵ることはないでしょう。
だってふたりとも、とっても飽きっぽいんだもん。002.gif







[PR]
# by sanakk | 2017-01-06 23:32 | Comments(6)

さようなら2016年

当ブログにお越しいただいた方、ありがとうございました。
来年も超マイペースに更新していく所存です。

c0133013_08111707.jpg


皆様、良いお年を!




[PR]
# by sanakk | 2016-12-31 08:13 | Comments(4)

銀婚式とイタリアン納め

2016年もいよいよあと5日。いろんなことが起こった1年でした。特に7月以降。たぶんこの先も忘れられない年となりそうです。その割には、詳細な事は記憶から飛んでいます。あまりにも目まぐるしくいろんなことに対応しなければならなかったので自分内蔵のHDではキャパオーバーだったようです。
かねてから故義母の入退院は続いていましたが、病気一つしなかったおやーじゅが難病発症し入院手術することになったり、2か月前には実母が突然急性膵炎を発症して緊急入院したりと自分以外の件で病院に行く機会の多い1年でした。
本当に人間、長く生きてると何が起こるか分かりません。自分だっていつ病気になるかもしれないし、心と身の回りの準備はいつでもしておかないと、と思いました。
幸い今の所私は健康で、美味しく食べて呑んでおります。
頸椎後縦靭帯骨化症という診断を下されたおやーじゅも一時はどうなるかと思いましたが、良い病院と名医に出会えたおかげで今では仕事に復帰しバリバリ働いております。
実母は11月の初めに退院して、食事制限が多少あるものの今は元気に暮らしています。
いろいろあったけど、とりあえず年の瀬の今「セーフ!」と言えることをありがたいと思います。
そして今日(26日)は我々夫婦の25回目の結婚記念日でありまして、世間で言う銀婚式ってやつですね。
若い時は定期的に激しい喧嘩を繰り返してきましたが、よくもまあ銀婚式を迎えられたものだと思います。
ここまできたら、夫婦そろって元気で金婚式を迎えることを目指したいと思います。003.gif

25年も続けられたのは、ひとえに私たち夫婦が美味い物を食べに行くのが好き、という唯一のそしてとても重要な共通点があったことが良かったのだと思います。
それが無かったたら果たして今頃どうなっていたことか・・・。
そんな我々が25周年記念と年内最後のイタリアン食べ納めを兼ねて出かけたお気に入りイタリアンレストランのクリスマス特別コースです↓

c0133013_15323423.jpg

冷前菜- 尾鷲オニエビ 根室帆立 利尻雲丹 蕪の器 オニエビのコンソメジュレ

c0133013_15323903.jpg
 温前菜- 寿雀卵 モンドールチーズ ゆり根 冬トリュフ
(実は今回のコースで一番気に入った一皿。ワインが進みます)


c0133013_15341109.jpg
この日ただいたフランスのスパークリング。しっかり発砲するタイプでバランスの良い美味しいワインでした。

c0133013_15324382.jpg

パスタ1- ブロッコリー 自家製からすみ フェデリーニ

c0133013_15331704.jpg
パスタ2- トルテッリーニ イン ブロード

c0133013_15332337.jpg
 魚料理- 尾鷲平すずき 菊芋 ビーツ

c0133013_15332795.jpg
肉料理- 南伊豆鹿ロース カーボロネロ
(柔らかくて脂の少ない赤身、鹿のお肉美味しいですね
)

c0133013_15340428.jpg
             お肉料理からのパスタ、ブッタネスカ!!
これじゃまだ足りないでしょう、とシェフが特別に作ってくれました。私たち大食い夫婦の胃袋の容量をよく把握してくれているシェフです。

c0133013_15340859.jpg
         クリスマススペシャルドルチェ- 苺のシブースト(本当に美味しかった!)

もう3年続けて年末には必ずこちらのお店にお邪魔しておりますが、いつもはアラカルトでクリスマスコースをいただくのは初めてでした。
素晴らしいラインナップでした。どれも美味しくてドルチェまでペロリ、でした。
今年も美味しいイタリアン納めが出来たこと、神様に感謝です。
来年も美味しい物いっぱい食べるぞ~。

と決意も新たにしたところで、おとりさま。

c0133013_15342083.jpg

なでなで待ちの花ちゃま。根気強く頭を下げてじっとしております。でも、なでなでしてあげるとすぐにダメ出ししてきます。
最近ちょっぴり気難しい鼠色娘。

c0133013_15342425.jpg
今朝、何に怯えたのかケージに慌てて帰ってこの体勢のまま10分くらい微動だにせず。あなたはハシビロコウですか?
何か異変を感じたのでしょうか~?海は時々こういうことがあるのです。私たちには感じることのない第6感があるのでしょうか?大きなお目目を見開いてじっと見つめる先に何かが見えていたのでしょうか~?ぞぞぞ




[PR]
# by sanakk | 2016-12-26 16:43 | Comments(5)