更新さぼっておりました。
立冬も過ぎ、朝夕は暖房が必要になってきました。そして気づけばカレンダーは最後の一枚。
ああ、今年もまた暮れて行くんですね。早すぎます~。

最近、地元で美味しい和食屋さんを新規開拓いたしまして、週一くらいのペースでせっせと通っております。
c0133013_10115389.png
本当に何を食べても美味しくて、仕事帰りに一番乗りでお店に入り、カウンターの一番奥でまずは冷たいサッポロラガー赤星をいただきつつ美味しいお通しに舌鼓を打つ時間が至福の時です。あとからお任せで出てくるお料理に期待しつつ。
話をしているとホッとするような穏やかなお人柄のお店の大将もお気に入りです。
先日、大将とお話していて、世間は広いようで狭くてどこかで繋がっていたりするものだなぁ、と思うことがありました。
私が連れと私の生まれ育った街のことを話していると、その大将が「僕も昔、その近くの店で修業していたことがあるんです」と話に加わってきました。聞けば、私が高校を卒業した春休みアルバイトしていたカフェと経営者が同じですぐ近くの日本料理屋さんのことでした。
もう30年以上も昔のことです。その日本料理屋さんは、古い蔵のような建物を改造したとても風情のある素敵なお店でした。もちろんお料理も美味しかったです。両親の金婚式はそのお店でお祝いをしたのでした。
十代の私は、初めてのカフェのアルバイトで知らない事ばかり。店長の女性に叱られてばかりいた記憶があります。
カフェのランチ用ご飯が無くなると大きなボールを抱えて、歩いて1分ほどのその日本料理屋の厨房に炊いたご飯をもらいに行かされたものです。
その時、まだ若くて修業中の大将と会っていたんだろうね、などと話しました。30数年前の共通の知人もいてびっくりしました。
不思議な縁を感じましたね~。ありがちなようでそんなにはない縁だと思います。
長い時間を経て、お互い中高年になって、ずっと離れた東京のはずれの街で評判の料理人になっている大将のお店に客として訪れた私。
高校を卒業した春休み2ヶ月弱のそのカフェでのアルバイト経験が、私にとっていろんな意味で生涯忘れられないであろう経験だったので、余計に大将との接点が奇跡の様に思えたのかもしれません。

こちらのお店でいただいたお酒たち。
c0133013_10155931.jpg
山形県の栄光富士、純米大吟醸。爽やかで飲み易かったです。

c0133013_10164562.png
左、島根の金五郎、こちらは名前とは印象が違ってフルーティーな感じで女性うけしそう。
右、秋田のまんさくの花、キリッと超辛口でさらりと呑めました。
冬は美味しい和食と日本酒がイイですね~。私は2合もいただいたら限界ですが。
不思議な縁で繋がった大将のお店、これからも美味しいお酒いただきに通わせていただきます。012.gif

さてさて、お鳥さまをちょっと。
海くんの動画。最近はアイスの棒がお気に入り。003.gif



海くんは無駄に可愛いダルマインコ(親バカ)
c0133013_11010482.jpg




[PR]
# by sanakk | 2016-11-10 11:03 | Comments(4)

もうすぐ11月だというのに、季節が遡ったような暑さの一週間でした。
来週からは、ぐっと気温も下がり秋らしい気候になるそうです。そろそろ夜間の鳥たちの保温を考えなければ。
熱帯雨林のような我が家のリビングもさすがに11月にもなると夜間は冷え込むので。




食いしん坊海はオカメsのケージに頭をつっこんでシードのつまみ食い。
「あたしのおやつを食べないで~」と抗議する詩を威嚇する始末。(威嚇するだけで攻撃はしませんけど008.gif)こういうの盗人猛々しいって言うんでしょうか?

c0133013_16440461.jpg
実際はピーちゃんの10倍以上の大きさの花ですがずーっと後ろに下がるとそんなに体格差があるように見えませんね。花はいつもピーちゃんのカゴの周りをウロウロしてます。
c0133013_16442807.jpg

この夏のバタバタですっかり希の病院通いがストップしてしまいました。飲み薬もとっくに切らせています。
夜になると呼吸は相変わらず荒いのですが、良く通る声で鳴くし食欲もあるのでしばらくこのままで行こうと決めました。
c0133013_16445185.jpg
薬水も無いので、一年ぶりに詩との同居を再開しました。
なーんとなく距離が縮まらないふたり。希はうれしそうなんだけど・・・、詩がねぇ~。
のびのびと広いケージで一人暮らししていたのに、急に相方が帰って来たとなると、もはや気ままな独り暮らしの方がいいわーというのが詩の本音なのかな?まあ、人間の夫婦にもあるあるですね003.gif


先日、義母の納骨を無事終わらせました。
朝から大雨の日でした。あちらこちら手配してあったので、もう日にちを移動することはできず、雨の中の強行となりました。母がまだお墓には入りたくない、と言っているのかな~とちょっと思いましたね。
それでも墓地に車で赴く途中、雨は小降りになりました。傘も差さずに法事を済ませられるほどでした。
それなのにいよいよお骨をお墓に納める時になって再び急に雨足が強くなりました。ああ、やっぱりお義母さんはまだ入りたくないのだわ、と思いましたよ。でも仕方ないです。生きてる私たちはひとつひとつ物事を片付けて前に進んでいく必要がありますから。
義母のいろんな事を、閉じて行く作業はちっとも進んでいません。なんとなく忙しさのせいにして後回しにしている私です。でもそろそろ本腰入れなくては・・・。
納骨に出席してくれた埼玉の叔母(実妹)が母の衣類を全部引き取って整理してくれると言ってくださいました。本当に助かりました。
クローゼット一杯の母の服やタンスにいっぱいのセーターやブラウス・・・そのうちいつか処分しなければなりませんが捨てるのはしのびないし、売れる物でもないし。
おやーじゅ仕事用の大型ワンボックスカーの荷台いっぱいに積んだ母の衣類と一緒に叔母を埼玉まで送りました。
本当に叔母に感謝です。
自分もこれからは何があるかわからないのだから、物を増やさないように生きようと思いました。増やしてしまったら要らないものはさっさと処分しなければ・・・と。


c0133013_16431160.jpg
叔母を送った時走った、首都高中央環状線からの景色です。ちょうど荒川に沿って走る船堀橋から小菅くらいまでの間、左側にスカイツリーを見ながら大東京を荒川越しに俯瞰しているようで私の好きな路線です。
この時は朝からの雨がやっと夕暮れになって止んで、明日は晴れるかなぁという夕焼けを見ることができました。
ふと気がつくと青い光がふわふわとスカイツリーの周りを不思議な動きで飛んでいます。
ありゃなんだ?!未確認飛行物体かっ!     
と、一瞬ワクワクしましたが、車の窓ガラスに映った私のスマホカメラのライトと思われます。なーんだ・・・・




[PR]
# by sanakk | 2016-10-21 17:00 | Comments(2)
c0133013_10164915.jpg
ヨウムがとうとうワシントン条約付属書Ⅱ類(サイテスⅡ)にから付属書Ⅰ類(サイテスⅠ)掲載種に移行決定だそうな?
密猟や非合法な取引などが原因で野生個体が激減してるんですって。それは大変!
以前からヨウムの密輸の実態など度々問題提起はされてきましたが・・・。深刻な問題になっているんですね。
そうやって数を減らし絶滅の危機に瀕している動物はヨウムだけではないでしょうけど。
ヨウムを飼いたい、お迎えしたいとかつての私の様に切望する人がたくさんいてどんどん需要が大きくなってきたことが、乱獲や不正な取引の原因の一端でもありますよね。確かにヨウムは魅力的なコンパニオンバードですから、人気があるのも当然ですが。
c0133013_10170217.jpg
花は、ブリード個体ではなくアフリカから輸入された個体なので、私も責任を感じてしまいます。もちろん正規の輸入で証明書もありますよ。
でも、花がどういう状況で生まれて日本に輸入されてきたのか分かっていません。
木箱に何羽も詰められて船底に置かれた状態ではるばる日本に来たのかな?なんて想像してしまいます。需要がなければ供給も必要ない訳で・・・、そういう意味では我々ヨウム飼いは愛鳥に対して大いに責任を感じながら生活しなければいけませんね~。

今後はショップに並ぶヨウムの幼鳥も減るかもしれませんね。ブリード個体以外は商業目的の輸入は禁止されますから。
ところで、今現在のヨウム飼いはどうしたらよいのでしょう?国内登録が必要とか聞きましたが。
少し調べた方がよさそうですね~。039.gif
c0133013_10470389.jpg
    何気に↑このオトコもサイテスⅠ類らしい・・・

さてさて、先日、仕事がらみで紹介していただいたイラストレーターの方に花のイラストを制作していただきました。知り合いのワンちゃんのイラストを描いてくださるのに便乗して私の愛鳥も~っと図々しくお願いしてしまいました。
c0133013_10180583.jpg
可愛いでしょ?5パターンの花を描いてくれました。左下のほっぺをポッと赤らめてる花なんて可愛すぎる。016.gif
ただちょっと残念だったのは、もうインコ飼いの方ならお気づきだと思うけど、あんよが・・・・ね。
前に指三本になっちゃってますね。008.gif
インコのあんよは前2本後ろ2本のお手手としても使いやすい形状。鳥を描くのは初めてと仰ってたので花の写真を見てもあんよの形状まで気づかれなかったのでしょう。
可愛いからいいんです。カラスあんよのヨウムなんてかえって味があっていいかもしれません。
c0133013_10184236.jpg
額に装丁して送ってくださったので、大切に飾ってあります。上目遣いの感じが花の雰囲気だしてます~。

暦の上ではすっかり秋ですが、このところ台風の影響で不安定なお天気が続いているせいなのか、お野菜が高くて困ってしまいますね~。
先日馴染の日本料理屋の大将が良い松茸を仕入れたのでいかがですか?とLINEをしてくれました。
良い食材を仕入れた時はそうやって時々LINEで知らせてくれるのです。
せっかくだから久々に松茸いただきますか、といそいそと仕事帰りにお店に寄らせていただきました。
松茸を肴にちょっと一杯のつもりが、当然そうはならずしっかりと呑んでしまいました~。
大将は何も言わずとも、私が好きそうな(?)お酒を出してくれます。
c0133013_10192070.png
山口県の五橋ひやおろし(左)、口当たり優しくやわらかな味わいの中にも米の旨味もしっかりあり。
山形県のつららぎひやおろし(右)、こちらの方は爽やかな柑橘香も感じる軽快な感じ。地元山形県の幻の米を使って作られているそうな。どんな肴にも相性が良さそうなお味でした。
c0133013_10193463.jpg
そして、お愉しみは松茸。焼いたのとフライ。揚げたてのフライにはすだちをギュっと絞って。美味しかったですよ~。
大将お勧めの秋刀魚の棒鮨も最高でした~。秋を満喫した夜でした。

今日も10月だというのに30度越えの暑さになるとの予報でした。そして週末にはガタッと気温が下がるそうなので体調を崩さないように気をつけないと。
呼吸器疾患の持病持ちの希は要注意です。





[PR]
# by sanakk | 2016-10-05 16:58 | Comments(2)

1年ほど前に、ブログ写真用に使用していたデジカメが壊れ、それ以降写真はスマホのカメラ一本にしていた私ですが・・・、この度、長年愛用のiphone5を新しく出たばかりの7に替えました。するとどうでしょう。鳥たちの写真がとても綺麗に撮れてる気がします。
c0133013_10270663.jpg

今までとは違う大きなシャッター音にびっくりする花。
c0133013_10294014.jpg

海も一回り大きくなった四角い物体にちょっとドキドキ・・・
c0133013_10305160.jpg

ピーちゃんはカメラを向けてもウトウトとしていることが多くなりました。
以前は飛びついて来たんだけれど。
c0133013_10325138.jpg

希くん、相変わらず呼吸荒いですが、カメラを向けると力強く威嚇してきます。
c0133013_10343636.jpg

詩さん、またまた繁殖期に突入。ほとんどケージの底に降りて産卵の準備中です。008.gif



新しいスマホカメラで、先日新規開拓した四川料理のお店のお料理もご紹介。美味しそうに撮れたでしょうか?
c0133013_10524708.jpg
牛舌を酢醤油に漬け込み薄くスライスした一皿。さっぱりとしてビールのおつまみにぴったり。
c0133013_11122758.jpg
帆立貝柱の山椒ソース掛け。すごく美味しかったです。ホタテはふっくらとしていて、山椒ソースはスパイシーですが強い痺れはなく程よい感じ。次回訪問したら、また必ず注文したいと思いました。
c0133013_11132450.jpg
薄ぎり蒸豚肉の薬味ソース。こちらは辣油が効いたピリ辛なお味。お肉と同じくらい薄くスライスされた胡瓜と一緒にいただくと美味。
c0133013_11134493.jpg
つるむらさきのガーリック炒め。今が旬の鉄分豊富なつるむらさき、独特な苦味がありますが大好きです。
こちらのお店、お酒のおつまみ系小皿が豊富で、量もほど良いので少人数で来てもいろんなお料理を楽しめそうです。
c0133013_11143042.jpg
脱帽の美味しさだったフォアグラ。蒸したフォアグラを熊本の甘口赤酒と紹興酒をブレンドしたものに漬け込んだ冷菜です。ほんのり甘くクリーミーなフォアグラ。無性にワインが呑みたくなる一皿でした。
c0133013_11144963.jpg
お手頃なお値段のフカヒレスープ。小さめの器ですがちゃんとフカヒレが・・・、とろりと滋味深いスープでした。
c0133013_11151785.jpg
四川料理と言えば麻婆豆腐。こちらの土鍋焼き四川麻婆、ほんとにほんとに美味しかったです。辛いのですが深い旨みも感じられ、ご飯がいくらでも進んでしまいそうでした。
c0133013_11171081.jpg
胡麻入りの汁なし担担麺は麺が硬めでコシがあり、酸味のあるあっさり系。〆にぴったり。
c0133013_11172802.jpg
最後にしっかりマンゴープリンもいただいて。
いやー、久々に中華料理が美味しいと感じました。ピリ辛甘四川料理、私の味覚をドストレートに刺激してくれてそのお味に首ったけ、という感じです。
こちらのお店、再訪間違い無し、デス。







[PR]
# by sanakk | 2016-09-22 11:22 | Comments(4)

渚園ライブ参戦!


c0133013_15114904.jpg
日曜日、静岡県浜松市の弁天島へ行ってきました。新幹線の切符捨てられずにいます。
余りにもエキサイティングで楽しかったから、余韻から抜け出せずにいます。
c0133013_15130792.jpg

それは、ワンオクことONE OK ROCK の渚園スペシャルライブに参戦して来たからでーす。娘YUKAと。
渚園は私も初めて行きました。新幹線浜松駅から東海道本線に乗り換えて12分の弁天島駅下車、浜名湖に浮かぶだだっ広いキャンプ場がライブ会場でした。
当日、天気は雨の予報でした。もちろんライブは雨天決行です。かつてあのB’zがこの渚園で10万人規模のライブをした時の情報では(台風とぶつかったそう)芝生の会場は地面がドロドロになり大変だったとききました。
あーあ、誰かさんの行いが悪いから・・・、とため息交じりテンションも下げ下げの状態で雨がそぼ降る中、東京駅に向かいました。
が、しかし、浜松市の現地に近づくにつれて、新幹線の車窓は明るく日差しが強く差し込むようになるじゃありませんか。あー、やっぱり私の行いが良いからだわ、とかなんとか言いながら現地に着いたのが11時前。
c0133013_15152434.jpg

        浜松市は快晴。弁天島海浜公園から見る赤い鳥居。
c0133013_15150876.jpg
ライブのスタートは15:30から。まだまだ時間がありますが、まずは会場の渚園に行って自分のブロック内で良いポジションを確保しなくてはなりません。今回はオールスタンディングのライブだったのです。実は私、スタンディングのライブは初参戦です。しかもワンオクなんて若い子(おそらく10代から20代前半の人がほとんど?)ばかりが集まるロックコンサートです。2時間半の縦ノリジャンプに果たして耐えられるのか自信がありませんでした。
我々のブロックはA2。なんとなんとステージに向かって一番前の中央。最高のブロックが当ったのでした。もうこれで2016年の運気は使い果たした感じです。
ライブスタートまで4時間、暑さとの戦いでした。雨の予報が一転して晴れになってラッキーと思いましたが、暑いのもなかなか辛いものです。
c0133013_15265354.jpg
会場には当然椅子はありませんので、自分のポジションを確保したら地べたに座ってひたすら太陽光を浴びながら待ちます。
スタート前2時間を切った頃、もっと人が入るので立って前に詰めてくださいとアナウンスが入り、立たされました。苦しい苦しい。
ライブを愉しむためには老体にムチ打って苦行に耐えないといけないんですね~。
その日の観客5万5000人の中で自分が最高齢なんじゃないか、と思っていましたが、なんのなんの、そんなことはなかったです。チラホラですが同年代かもしくはもう少し先輩と思われる方々もいらっしゃいました。まあ、だいたい我々と同じように親子連れというパターンが多かったですけどね。

さて、ワンオクのライブですが、楽しかったです。最高でした!!娘の影響でしたが、私自身が本当に好きになりました。
今回は、この土曜日曜のみのライブでしたが来年はツアーも敢行するとのこと。
絶対ぜーったい、またYUKAと参加します。東京近辺でチケットとれなければ、地方だって行きます。それまでにはもっと体力つけておかないと。
猛暑の中立ちっぱなし&2時間半縦ノリ腕上げジャンプ、時には隣の人と肩を組んで激しく前後に首振り、汗だく、足は砂埃まみれ。
疲れました~。
c0133013_15582224.jpg
c0133013_15581255.jpg
本当にワンオクライブ初参戦でA-2ブロックを当てたことは奇跡と言ってもいいくらい幸運な事でした。
ステイタスシンボルのように一日腕に巻いていたアームバンドです。記念に保存しておきます。
帰りの新幹線はビールを飲んで廃人になってました。 因みに翌日は腰痛と首の筋肉痛、肩凝りで一日ぎくしゃくと歩いてました。
それでもまた参戦したーい。

と、熱く語った後はちょこっとお鳥さま。012.gif
一日お出かけした翌日は、明らかに甘えんぼうになる花ちゃま。
c0133013_15320959.jpg
とことこと私の前に歩いてきて、お辞儀してはチラッと見上げて、カキカキ待ちをしていました。
c0133013_15335393.jpg
ピンボケ写真ですが、
ドアの下のわずかな隙間を観ようとしています。そこまで首をねじらなくても・・・003.gif
c0133013_15332683.jpg
海くんはいつもマイペース。彼のルーティンは変わりません。毎朝、私のそばで物欲しそうなあるいは賢そうな瞳で佇んでいます。










[PR]
# by sanakk | 2016-09-13 15:55 | Comments(0)

平凡な主婦と平凡なヨウムの楽しく滑稽な日々を綴ります


by sanakk