タグ:オカメ ( 207 ) タグの人気記事

90歳! 

5月もそろそろ終わり。梅雨入り間近ですね~。私はそんなうっとおしい季節に生まれたので、今年もまた誕生日が近くなってきました。この速さで毎年毎年誕生日を迎えて行ったらあっという間におばあちゃんになって終活しなくちゃだわ、空恐ろしい気分になります。
それより自分は健康な状態で年を重ねていくことができるのだろうか?と心配になりますね。

先日、5月11日で90歳を迎えた母の誕生日会を、行きつけの小料理屋さんで家族で開催しました。
90歳!!わが母ながらあっぱれ!全くボケてませんし、今の所体も健康。まだ2足歩行も大丈夫。
いつも思うのは、母の電話の声がとても若いと言う事。声としゃべり方だけなら60歳代と言っても通用するかもしれません。
この調子でいけば、100歳越えも夢じゃないかも?なんてみんなでおだてたら、母も嬉しそうな顔してやる気満々でした。
思えば7年前、父が亡くなった時、もうこの世の終わりかというほど悲しんで落胆していた母でしたが女は強し!デス。

母は若い時から、神経質なほど自分の体の変調に敏感な人だったし、体に悪い事は一切しない人でした。
私は母の様に元気で90歳を迎えられる気がしません。お酒も毎日呑みますし。ただ私は、母ほど神経質ではないしかなり大雑把でストレスをためにくいタイプと自分で分析しているので、その性格がこの先の私の残された時間にいい方向に作用してくれますように・・・・。
c0133013_13330990.jpg

いつも美味しい物を食べさせてくれる能登出身の大将のお店。この日もいろいろ作ってくれました。
左上は先付に出た鯛の白子を焼いたもの。
鯛の白子って初めて食べましたが、鯛の身と同じ味がするんですね~。
お造りは私の大好きな赤西貝を入れてくれて、脂の乗ったのどぐろの刺身も美味でした。
中段右の鱧のお椀は母も思わず美味しい~とつぶやくほどの逸品でした。
そしてこの日注目したのは、右下の煮魚料理。こちら富山湾でとれた「げんげ」という深海魚。幻魚とも水魚とも書いて「げんげ」と呼ぶらしいです。
c0133013_15090575.jpg
生きたげんげはヌメヌメトロトロした大きな魚らしいです。けして見てくれはよく無いのだけれど、この日煮魚にしてくれたげんげはとても美味しかったです。ちゅるんとコラーゲンそのもののような身は口の中で溶けます。唐揚げにしても美味しいのだそうですよ。そう、唐揚げはこちらのお店でいただいたことがありましたっけ。
c0133013_15030744.jpg
今季初の岩牡蠣もいただきました。フレッシュでミルキーな岩牡蠣、こちらのお店ではライムを絞っていただきます。
美味しくて楽しい時間をすごし、母の嬉しそうな笑顔を見られて良い休日となりました。



c0133013_15291147.jpg
海くん、お父さんにアイスの棒をもらってご満悦。ぺろぺろしてからバキバキにして2度楽しんでます。




荒く砕いたピスタチオを食べる希くん。美味しそうに食べるでしょ。大好物です。相変わらず荒い呼吸は治っていませんが、最近ピスタチオのおかげか体重が増えました。
その調子で君も長生きするのだよ102.png


[PR]
by sanakk | 2017-05-26 15:40 | Comments(4)
5月もあっという間に後半になってしまいましたね。もうすぐあのうっとおしい梅雨入りですね~。
早い早い・・・

先日の休日に、伊勢原市にあるsana家わんこのお墓にお参りしてきました。
去年の暮れに一昨年亡くなったラッシーを納骨して来たのですが、その際、墓石にラッシーの名彫りを霊園の事務所でお願いしてその費用も支払って帰りました。年の暮れなので明けて1月に発注し2月までには出来上がるのでご連絡します、とのことでした。しかし、一向に連絡は無くこちらもすっかり忘れてしまっていました。
先日ふと思い出し、どうなっているのだろうということで半年ぶりにラッシーの眠る霊園に行ってみることにしました。
c0133013_16372713.jpg
しかし、このペット霊園、うちからは遠いです。東名高速を厚木で下りて、しばらく走ります。
義父母が初代の愛犬が亡くなった時に購入したものですが、正直なんでこんなに遠くの霊園を選んだのか首を傾げたくなりました。
近所にはお寺さんが経営する霊園がいくつもあるのに・・・。遠方に立派な墓石でお墓を作るより近くのマンション型霊園に足繁くお参りしてあげたほうがいいのでは?と思います。
さて、墓石の名前ですが・・・連絡は無かったけど、ちゃんと彫ってありました。
c0133013_16381891.jpg
       ラッシーは3代目。
途中、100均ストアで造花を買ってきました。周りを見ると造花を飾っているお墓が結構多いのでそれに倣ってみました。
c0133013_16385585.jpg
みなさん、めったに来れないから枯れない造花を飾るのでしょうね~。
びっくりするほど急な狭い山道を車で昇って行って人里離れた感のあるこのペット霊園の隣りは射撃場になっていて、お参りしている間ずっとライフルの銃声が響いています。あまりに近い所から聞こえてくる銃声なので流れ弾が飛んで来ないかちょっとヒヤヒヤしてしまいます。

また、陽気のいい時にドライブがてらお参りに来るからね、とラッシーの墓前で手を合わせてから、我々は40分ほど車を走らせて小田原に着きました。
c0133013_16395076.jpg
小田原城。初めて来ましたよ。
北条氏ゆかりのこのお城、明治3年に廃城となり、関東大震災で全壊し江戸時代の姿は失われたそうですが昭和35年に天守閣まで再建されたそうですよ。
c0133013_16405118.jpg
c0133013_16401336.jpg
常盤木門前で・・・。(門の全景を撮ってもらいたかったのにカメラマンのおやーじゅにセンスが無いために階段が半分を占めてます131.png
c0133013_16405504.jpg
天守閣に登ると相模湾もよく見えます。
c0133013_16405976.jpg
小田原城公園内にはお猿さんもいましたよ。

この日小田原まで足を伸ばした本当の目的は、城下町にある鰻屋さん
「松琴楼」さんでした。
c0133013_16420058.jpg
こちらこの小田原城下で江戸末期創業の老舗です。
鰻重のお品書きが
140g  1620円
200g  2268円
230g  2592円
250g  2808円
300g  3348円 
とグラム(調理する前の鰻の重量)で記されているのも珍しいですよね。
c0133013_16420230.jpg
もちろん一番大きい300gを余裕で平らげましたよ。111.png
独自の製法で蒸しあげた鰻はふわふわで口の中で溶けます。タレは少なめあっさりめですが自分で調節できるように継足しのタレが置いてあります。皮の焼き目の香ばしさや弾力にこだわる方には少し物足りないかもしれませんが、私は大変美味しくいただきました。
プチ小田原観光もできたし、美味しい鰻重も食べたし、少々遠い愛犬の墓参りもたまにはイイかもしれません。
義父母もたまの気分転換にと敢えての霊園選びだったのかもしれないなぁ、と帰る頃には私もそういう気になってました。

さて、鳥たち。
c0133013_16433479.jpg
一時的にピーちゃんの籠に入れられる詩さん。お互いに目を合わさないようにしていますね。
これは希に好物のピスタチオをあげると詩が横取りしてしまうので、希のおやつタイムだけ詩を他へ移すという作戦。
希はピスタチオを食べ始めてから、すごく元気になってきた気がするのです。栄養価高いですし、やせっぽっちの希が少し太ってくれるといいのですが・・・。
逆に100g越えのぽっちゃり詩にはピスタチオは食べさせたくありません。病気もち痩せ男子とぽっちゃり食いしん坊女子の同居は難しいです119.png
c0133013_16433834.jpg
          イクメン希。ただ今絶賛抱卵中。
気候のせいか、ピスタチオのおかげか本当にこのところ調子がいいです。
c0133013_16433617.jpg
花は相変わらず、天然娘。今朝もあふぉ毛を立てた真剣顔で笑わせてくれました。








[PR]
by sanakk | 2017-05-19 16:58 | Comments(2)

2017GW 沖縄旅行 他

GW、終わってしまい、しばらくまとまった連休もないですね~。勤労者にとっての次の目標というか心の糧は夏休みかお盆休みでしょうか?
そして今年もあと少しで半分を過ごしてしまうことにびっくりです。

c0133013_16025978.jpg

今年のGW後半は、次女YUKAと沖縄に旅行をしてきました。3月の終わりに急遽決まった旅行で一番の目的は観光ではなくライブだったのです。
JTBが企画するONE OK ROCK 2017 Anbitions JAPAN TOUR in 沖縄のライブチケット付2泊3日のツアーが当選したのです~。
2月から5月中旬まで続く彼らのライブツアーにもう一度参戦したかったのですが、東京近郊の会場はなかなか当たらないので、えぇーい、連休中だし沖縄まで行ってしまえ!とやけっぱちでエントリーした抽選に当たってしまったのです。
もう、これは行くしかありません!
とはいえ、ライブの為だけに沖縄へ行くのももったいない話なので、もちろん時間が許す限り観光もしてきましたよ。
私は何度か沖縄観光をしていますが、YUKAは初めてなので。
 午後1時半に那覇空港に着くと、事前にチャーターしておいた観光タクシーの運転手さんが私の名前を書いたプラカードを掲げて待っていてくれました。
そして最初に連れて行ってもらったのが首里城でした。
c0133013_16072475.jpg

守礼門の前で。30年以上も前にこの門の前で写真を撮った記憶がうっすらとよみがえりました。
あれは誰と沖縄を旅行した時だったのだろう?すぐには思い出せないくらい遠い昔。
c0133013_16111388.jpg

首里城公園の丘から見た那覇市内。
沖縄はもう夏でしたよ。この日の気温は28℃。日差しも強い。
c0133013_16112623.jpg

首里城の前面は現在改修工事中でした。
c0133013_16131149.jpg

玉座ですね。すごく中国の影響を受けた造りですね。南西諸島を統治した王国がかつて存在していたんですね~。
国王の末裔の方は現在もご健在で王家の血筋は続いているんですよ。
c0133013_16145641.jpg

王子の控えの間だったという鎖之間(さすのま)でさんぴん茶(ジャスミン茶)と沖縄のお菓子で一服しました。

午後2時から日没までの観光では、多くの観光地は5時には終わってしまうので回れるところに限りがあります。なのでこの日は、なんといっても沖縄で一番の見どころである美しい海が見えるところに連れて行ってもらいました。
c0133013_16275050.jpg


c0133013_16191382.jpg

最終便ののグラスボートに間に合ったので乗船しました。
c0133013_16191847.jpg

船の底がガラスになっているボートで沖に出て、カラフルな南のお魚さんを観察できるというもの。
しかし期待していたファインディングニモの世界のような海の中は見れませんでしたけどね。
c0133013_16211038.jpg

絶景ポイント、撮影ポイントだと運転手さんが推す知念岬公園にて。この素晴らしい日本のサンゴ礁の海が永遠に失われないことを祈ります。
c0133013_16315605.jpg
次回はさらに美しい海を求めて宮古島あたり行ってみたいなぁ。

夕方ホテルにチェックインしてから、我々はその日の夕食をとるべくモノレールに乗って県庁前駅まで出ました。
(私が最後に沖縄に来た時はまだモノレールなんてできてませんでした。交通手段はバスかタクシーのみだった那覇市内も今は便利になっているのですね)
事前に予約しておいたは、
アグー豚しゃぶしゃぶのお店でした。
c0133013_16364104.jpg
アグー豚のロースが甘くておいしくてお肉おかわりしちゃいましたよ。こちらのお店のしゃぶしゃぶは独特でお出汁の効いたスープをくぐらせたお肉を溶き卵に胡椒をたっぷりかけたものにつけていただきます。この食べ方が新鮮で良かったですね。
これは家庭でも真似できますね。ジーマミー豆腐がどこで食べたのよりも濃厚で美味しかったです~。
ビールはもちろんオリオンビール。
食事の後はすぐ近くの国際通りを散策しました。私が知っている国際通りとはすっかり様変わりしているのでびっくりしました。
30年前の国際通りはもっと地元の方々に根付いた街でした・・・と記憶しております。今はもう、その名の通りどこの国?というほど外国語が飛び交い観光客と土産物屋ばかりの通りになってますね~。

さて、翌日はいよいよライブ当日です。午前中はまたモノレールに乗っておもろまち駅に直結しているTギャラリアを散策しました。こちらは国内旅行なのに免税ショッピングできるというショッピングモール。国内なのに免税ってなんで?沖縄って特別なんですね。
そしてライブ前の腹ごしらえは、事前に調べてあった近くの
沖縄そばの店へ行きました。
c0133013_16434450.jpg
11時の開店前なのに既に数人店の前で並んでいましたよ。期待が高まります。
c0133013_16433644.jpg
590円の三枚肉(並)すば(そば)を注文しました。無料でじゅーしー(炊き込みごはん?)が付いて来るんですよ。
私、沖縄そば初めて食べたかもしれません。出汁が濃厚なのに優しい味の汁に硬めの麺ととろける三枚肉、
旨い!気に入っちゃいました。途中で島コーレーグス(泡盛に島唐辛子漬けたもの)をちょちょっとたらすとまた美味~。
c0133013_16453774.jpg
さあ、お腹も満たしたのでメーンイベントに出陣です!
今回はライブチケット付ツアーなので会場の沖縄コンベンションセンターまではバスの送迎付です。
ライブ終了後はいつだってヘトヘトになっているので帰りの交通手段が確保されていてホテルまで送ってくれるのは本当に助かります。
お高いツアー代金を支払っているのですから、それくらい当然と言えば当然なのですが。
c0133013_16485332.jpg
今回の会場は5000人規模。ツアー中一番小さい会場なのでは?我々のアリーナのポジションは、前回の静岡の時と比べるとひとブロック後ろで今まで参加した中では一番ステージから遠かったのですが、会場が小さいため、スタジアムクラスのライブのスタンド席を考えれば夢の様に近いと言えるでしょう。
楽しかったです!!
TVニュースにもなりましたが4月8日の幕張メッセの時に、将棋倒し事件で怪我人が出たことから、ライブ中の規制が厳しくなっていました。サークルモッシュ、飛び込みは厳禁。実際に沖縄ではモッシュは全く起きませんでしたし、隣の人との間隔もあって最前列から2番目のポジションだった静岡エコパアリーナの時よりずっと楽で安全に楽しめました。
でも、私としては若い子がサークルを作りぶつかり合うモッシュを横目で見て、自分も盛り上がるというのがあったので(けして私はモッシュに参加しませんよ。怪我しますから)ちょっと規制が厳しすぎるのも寂しいかなと言う気がしました。
ワンオクのメンバーのパフォーマンスは最高でしたよ。沖縄まで飛んだ甲斐があったというものです。
もうこの後、ロングランの彼らのツアーも熊本で2公演、そして広島2公演で終了。そしてまた海外に行ってしまうんだろうな~、寂しい(2回も参加したくせに)。次回のワンマンライブを心待ちにしています。
ライブ終了後、送迎バスでホテルに着いた時は夜の10時前でした。疲れていたので飛び込みでホテル近くのお好み焼き屋さんに入りました。まあ、フツーのお好み居酒屋だったのですが、
c0133013_16552836.jpg
沖縄県産和牛ミスジステーキ↑は絶品でした。疲れた体にスタミナをチャージしてくれました。

3日目、12時40分那覇発の便で帰る予定です。朝8時に初日と同じ観光タクシーが迎えに来てくれました。
4時間でどれだけ沖縄を楽しむことができるのか、ドライバーさんの腕の見せ所でしょう。とても良い人でした。
観光地の場所と所要時間など考えて、ロスの無い順番と私たちの要望も考慮しつつ努力してくれました。
c0133013_09553002.jpg
まずはひめゆりの塔。こちらはまだ資料館が営業時間前だったので、献花をしてYUKAになぜここに慰霊碑があるのかを私の知識の範囲で解説しました。

お次は「おきなわワールド」。沖縄本島の南部を代表する観光スポット。
c0133013_09553346.jpg
おきなわワールド観光のメインは天然記念物の鍾乳洞、玉泉洞です。全長は5000m、公開されてるのは890m。
30万年という長い時を経て自然の営みが作り上げた鍾乳洞、神秘的ですよね。
c0133013_09553799.jpg

お次は琉球ガラス工房。YUKAがグラス作り体験をしたいと言うので、時間ぎりぎりで運転手さんに寄ってもらいました。
c0133013_09553988.jpg
ガラスを融かす窯は1300℃だそうです。熱気の中、職人さんたちが働いていました。
グラス作り体験は簡単。職人さんがドロドロに融けたガラスを棒の先につけて持ってきてくれるので、それを型にはめて息を吹き込みます。
c0133013_09554457.jpg
その後は流れ作業で、工房の椅子に座って言われた通りに飲み口の仕上げ作業をするだけです。
c0133013_09554662.jpg
型は決まっているので自分で作り上げた感は薄いですが、ひとつひとつ違う風合いに仕上がるので間違いなく世界に一つだけの自分オリジナルのグラスが出来上がります。
グラスは後日自宅に郵送してくれます。

3日目最終日の観光はこれでおしまい。時間いっぱいとなりました。12時までには那覇空港に滑り込まなくてはなりません。
今回は観光タクシーの運転手さんのおかげで短い沖縄滞在時間を無駄なく楽しむことが出来ました。
本当は北部の方も行ってみたかったんですが、ライブが目的のツアーだったので仕方ないですね。

c0133013_09555809.jpg
そして沖縄から帰って3日目には送られてきたオリジナルグラスです。
グリーンが私ので模様入りがYUKAの。良い思い出になりました。

c0133013_10064393.jpg
花ちゃん、留守にしてごめんね~。おやつで御機嫌をとる102.png
c0133013_09554813.jpg
c0133013_09555248.jpg
           帰ったら詩が4つも卵産んでました。140.png



海のわめきの合間に花の「海ちゃぁーん」「ほうほう」って声も入ってます。
沖縄行っててスルーしてしまいましたが5月5日こどもの日は海の14回目のお迎え記念日でした。
今頃思い出しました。海くん、ごめんね。
我が家にとってこどもの日は、病気一つしないで元気で賢い海に感謝する日だったのでした。















[PR]
by sanakk | 2017-05-12 10:29 | Comments(4)
新緑の季節となりました。 「木の芽時」は、もう過ぎましたけど、どうにも安定しない春の天気は苦手です。
今年の春は、大荒れになったと思えば4月だというのに真夏日の気温になったりと落ち着かないですね。
もう来週末からはGWに突入しますので、そろそろこの時期らしい爽やかなお天気になってほしいものです。



海くん、お気に入りのお人形を振り回して遊んでいましたが、フト我に返って止めてしまいました。
季節せいでしょうか?この頃、海のわめき声がハンパじゃありません。
興奮すると手近にあるものを振り回しながら「あ”~あ”~」と叫ぶ声はものすごい音量で向こう三軒両隣どころか、ひと区画先の公園まで響き渡っているのではないでしょうか?(かつてその公園で海らしき叫び声を聞いたことがあるので)
時期的なものならば、そのうち治まってくれるといいのですが・・・近所からクレームが来ないかと心配です。
海がハイテンションでわめき始めると、下のケージの花がローテンションで「うるさいよー。ぅっさい!ぅっさい!」と合いの手を入れるので可笑しいです。

c0133013_16524181.jpg


その花が美味しそうに食べているのは、「インコのおやつクッキースティック」。本当に大好きで箱を見せるだけでそわそわウキウキするほどです。
c0133013_16525579.jpg


ネットで見つけて、大人買いしてしまいました。これね10本入りで305円。安いのか高いのかよく分からないお値段ですが、人間が食べてもそこそこ美味しいです。(ちょっと粉っぽいけど)
自然な甘さでサクサクしていて、花が夢中になるのもわかります。たくさん買ってしまったけど、花が途中で飽きないといいのですが。

ほとんど毎夜、リビングのソファで転寝する私ですが、昨夜はウトウトしている耳元で「ハアハア」と荒い呼吸の音で目が覚めました。
c0133013_16524531.jpg

私の顔のすぐ前に来てじっとしている希でした。
肌寒かったり暑かったり不安定なこの時期、希の持病である慢性肺炎が悪化しないだろうかと心配しています。
私が転寝するといつの間にか傍に来てじっと見つめている可愛い子です。
荒い呼吸は相変わらずですが、食欲はあるし、活発に動くところも見られるので小康状態を保っている感じかな。
もう、病気が完治することはないと思いますので、上手に付き合いながら長生きしてもらいたいですね。
c0133013_16105451.jpg

私が寝ていると、花も静かになって眠そう。真っ暗にしてみんな本気で就寝すればいいのに、こうしてうつらうつらしながらsana家の夜は更けていくのでした。

さてさて、先日呑みに行った先でいただいたお酒をちょっとご紹介。
c0133013_16130510.jpg

        左上から 群馬県の巌、島根県の王禄、大阪府の秋鹿、奈良県のみむろ杉
c0133013_16130024.jpg

        そしてこの日のNO.1は奈良県の千代酒造の篠峯。これは本当に好きでした。

こちらのお店、以前もこのブログにて紹介したことがありましたが、日本酒好きの人にはたまらない店だと思います。
次々と店主が選んでくれる一升瓶が6人座ったら満席のカウンターにずらり並びます。
なかなか予約が取れないので、お邪魔した時に次の空いている週末を予約して帰ります。たまたま同じ日に同席した客6人が同じことをするので2回続けて同じ面子6人となりました。そしてまた次回7月の予約も同じ6人。すっかりこのお店で6人呑みグループが出来てしまいましたよ。102.png
お料理も日本酒の肴としては、たまらないものばかり。季節の食材と店主のセンスで毎回違うお料理を楽しめます。
c0133013_16105926.jpg

左上から前菜、店主お手製鯖鮨は絶品!右下は鯨ベーコンですが美味でした。鯨の皮と肉の境目のあたりらしいですがコリッとした食感がたまらない・・・。お酒がすすむすすむ。
c0133013_16110381.jpg

左上から白子の豚肉巻、自家製辣油添え、ほろ苦い鮎の春巻き、そしてこの日のメイン蝦夷鹿のヒレは最高でした。
店主は北海道の業者と契約を結んでいて一年中美味しい蝦夷鹿を仕入れているそうな。鹿というと冬の食べ物と思っていましたがこれからが美味しくなるそうです。
この日の〆は店主こだわりの桜エビの濃厚なつゆでいただくつけ麺。美味しかったです。
お料理が美味しすぎてお酒もすすみ過ぎ自分の許容量を超えてつい呑んでしまいました。
家に帰ってから、ちょっと調子悪くなってしまいました。せっかく美味しい物をいただいたのに・・・。
お酒はほどほどにしないといけないですね。129.png



[PR]
by sanakk | 2017-04-19 16:47 | Comments(2)
今日は早、春一番が吹きました。日もずいぶんと長くなりましたし、もうすぐ春ですね~。
暖かくなるのはいいのですが、これからの季節、私は苦手です。花粉は飛びますし、強風の日が多くて埃っぽくて。暖かいかと思ったら急に寒くなったり天候が不安定で私の心身まで不安定にするのがこの春先の時期。
1月の終わりに捻った足首もやっとこさよくなってきて、2週間がかりで風邪を克服したばかりです。また体調を崩さないように気を付けたいものです。

恋の季節でしょうか?最近やたらと愛があふれている花ちゃまです。

いつも素直にケージに戻ってくれる子ですが、こんな風に朝から指を握り締めてエグエグされると、後ろ髪引かれますね。
「花ちゃん、可愛いね。大好きだよ~」と私が声かけるとすぐにエグエグモードになるので、こちらの気持ちがちゃんと言葉で伝わっているんでしょうね~。愛おしいです。016.gif
c0133013_15090517.jpg
           ほぼ一頭身の花037.gif

c0133013_15091027.jpg
好物をワイルドに頬張る海くん。相変わらずです。寄り目になったこの顔、堪りません。食べてる時の海は細くなって顔が鋭角になってるもんだからなんだか写真を縦に引き伸ばしたみたいです。
c0133013_15090864.jpg
 カメラを向けるとそっぽを向くオトコですが、チラッとこちらを気にしています。


c0133013_15091401.jpg
先週またまたおかめsが産卵しました。暮れにやはり3つ卵を産んで抱卵しつつ年を越し、先月終わりに撤去したばかりでした。
詩さん、最近産卵サイクル短くなってる?そしていつも産むのは3個。
c0133013_15091380.jpg



さてさて、先日久しぶりのイタリアンでいただいたワインです。
c0133013_15090298.jpg
最初一口飲んだ時はちょっとクセのあるワインだなと思ったのですが、慣れてくると美味しく感じられました。口の中に柑橘系の香りがふわっとするのですがどこかスパイシーな感じ。
結局、私の舌はどんなワインでも慣れてしまえば美味しいと感じるのかもしれませんね。
c0133013_16182709.jpg
この夜もたくさんおいしいイタリアンをいただいたのですが、こちらのお豆と野菜のスープ、体がじわーっと癒される優しいお味で本当に美味しかったです。この日は風邪のひき始めで体調がイマイチだったせいか、メインまで行きつかず、パスタ2種類で〆ました。
c0133013_16183082.jpg
       尾鷲の牡蠣と九条葱、柚子のスパゲットーニ
c0133013_16183290.jpg
蝦夷鹿のパッパルデッレ。美味しかったです。この冬は蝦夷鹿をいただく機会に恵まれました。みんな美味しかった。

こちらのイタリアンレストランは我々夫婦のお気に入りでちょいちょい訪問するお店なのですが、この時は28年暮れのイタリアン〆に来てから1ヶ月半ぶりくらいでした。
それなのにシェフが前回お会いした時より明らかに体が絞られていて、見違えるように痩せていることに私はすぐに気がつきました。
どうしたのですか?と聞くと糖質制限ダイエットの成果だそう。
やはり料理人の方は、生活も夜型で味見やら試食やらで常にカロリーオーバーしてしまいそうですし、血糖値の高い方が多いと聞きますね。シェフは40歳になったのを機に、肉体改造をしようと一念発起して炭水化物を絶ったそうです。
2週間くらいで6キロ落ちたそうですよ。すごいですね、糖質を制限するだけで短期間でそんなに痩せられるのですね。
美味しいパスタ料理を作ってくれるシェフですが、パスタは一切食べてないそうですよ。
美味しい物を食べたいだけ食べてきた私、時々立ち止まって一度体をリセットするのも大切な事かな?と思いました。
でも、炭水化物を制限するって厳しいです~。特にパスタが食べられないなんて。禁断症状起こしちゃいそうです。私には無理かな~。




[PR]
by sanakk | 2017-02-17 13:39 | Comments(0)
冬らしい厳しい寒さが続いています。気がつけば早1月も後半に突入して、もうあちらこちらで恵方巻や節分という文字を目にします。
2017年もこうして、季節の行事が駆け足でやって来ては去って行って、あっという間に終わるんだろうな~とまだ始まったばかりなのに終わりを予想してしまいます。
寒い寒いといっても、この数日で急に日が長くなってきましたよね。もうすぐ春ですね。

さて、先日、初めて訪問して感動したお店について。
田園都市線の高津駅下車の住宅街にあるかなりマニアックなお店。店主の方が日本酒にとことんこだわり、そして日本酒に合う独創的な料理を提供してくれる小さなお店です。
日本酒はもともと大好きですが、いつも冷酒でいただいてました。こちらのお店、お酒は基本、常温で呑んでください、と最初にいわれました。
冷やしてしまうと本来の旨味や香り分かりづらくなるので、日本酒はなるべく体温に近い温度で呑んでくださいとのことでした。
冷やしてくださいと瓶に書かれたお酒もこちらでは常温で提供するそうです。
店主の方は100種類以上も在庫している日本酒の温度管理に神経を使っているらしいです。
ええ~、生ぬるい日本酒は苦手~、と最初は思ったものの、小ぶりのワイングラスに注がれて店主お任せで出てきたお酒を一口飲んで、そんな思いは吹っ飛びました。
c0133013_14480953.jpg

常温の日本酒(最初にいただいたのは奈良県の篠峯・純米生原酒 左上)、旨い!
最初に呑んだお酒の反応を観て、店主は二杯目三杯目の日本酒を選んでくださいます。
最初の一杯の反応で大体お客さんの好みが分かるんだって。

c0133013_14512758.jpg
↑その夜呑んだ日本酒の数々。店主の好みもあって奈良県のお酒が比較的多かったですね。変わったところで左から2番目は群馬県の巌・純米吟醸。
常温の日本酒がこんなに風味豊かに感じられて美味しいとは・・・。キリッと冷やしたお酒が美味しさの原則と思ってました。
赤ワインを常温でいただくのと同じことでしょうかね。
そして素晴らしかったのは、ついついお酒が進んでしまう創作料理の数々。
c0133013_14514399.jpg
どれも素材の味を殺さずに絶妙な組み合わせ。特に右下の一皿、鮟肝の味噌漬けは絶品でした。カリッと焼いたパンの上に乗っているのも斬新です。
c0133013_14515659.jpg
お刺身を山葵醤油で食べるだけではつまらないと寒鰤の上にはエシャロットとかフルーツとか叩いたモノがのっかてるけど美味しい(左上)
甘くて香ばしい筍と白子と白身魚、ソースは何だったかな?この辺りはもう大分気分よかったので覚えていないけど、とにかく美味しかったです(右上)
ガツンと目が覚めるような脂の乗った蝦夷鹿!脂身が甘くて旨い。(左下)
〆は店主特製のラーメン。コラーゲンたっぷりのとろっとろのスープはあっさりしているようでこってりしてる(どっちなんだ?)
この後、チーズとオレンジのデザートが出て、店主お任せ料理は5000円也。お値打ちだと思いますね。
またすぐに再訪したく、次に空いている週末をきくと2月の下旬まで予約で一杯とのこと。もちろん次の予約を入れて帰りました。
日本酒が苦手~、と仰る方(とくに女性は多いですよね)は割といるけれどこちらのお店に来たら好きになると思います。012.gif

そして。酉年の我が家のお鳥さまたち、元気です。
暮れから抱卵期に入っていたオカメs。今回は希が実にマメマメしく卵を抱いていました。もしかしたら詩より長い時間卵の上に座っていたかもしれません。
c0133013_15240896.jpg
希と詩が抱卵の交代をする時、お互い嘴をつつきあって何やらふたりにしか分からない言葉で交信していました。
詩:「もういいわよ。今度は私が抱くわ。ほら、卵ちゃんがはみ出てるし。」
希:「まだいいよ。オレが抱いてるよ。キミは上でおやつ食べて休んでいていいよ。」
こんな会話をしていた感じでした。詩が心配して交代を申し出ても、まだオレがやる!と居座る希の姿をよく見かけました。
c0133013_15241137.jpg
上下を見比べていただくとお分かりになると思うけど、やっぱり詩の方が抱卵が上手。ふくらみ方もどっしりとした座り方もプロです。
けれど半月を過ぎましたし、もうそろそろいいかなと思って今朝、卵を撤去しました。


c0133013_15250776.jpg
去年暮れにお取り寄せした長崎県のブランドみかん「出島の華」。ただ甘いだけじゃなく酸味と旨味を感じる濃ゆいお味。みかんがこんなに美味しいと思ったのは初めてでした。


最後の一個のひと房をいただく花。食いつきが違います。いつものみかんだったら、一口食べてジュースを適当にチューチューしたらボタリと落とすのですが、「出島の華」は大切そうに最後まで握り締めて食べていました。
c0133013_15241426.jpg
まさに達磨みたいなまんまるの海。首を傾げて宙を見つめて、いったい何を考えているのでしょう。




[PR]
by sanakk | 2017-01-19 15:40 | Comments(4)

明けて2017年!

年末年始、良く晴れて暖かい日が続きましたね。皆さま、良いお正月を過ごされましたか?
c0133013_23170234.jpg
元旦の朝の花。窓から差し込む光を浴びてお目目が点になっております。
12年前の酉年、まだ幼かった花のドアップ写真の年賀状を作ったのがついこないだのよう。
もうあれから干支一回りして再び酉年。
花は今年の春には、13歳になります。早いものです。
もう一回りして12年後の酉年、花は25歳になるのですね。私は・・・考えたくない。008.gif
みんなみんな元気で幸せに年をとりたいものですね。

今年の御節は、贔屓にしている能登の小料理屋さんにお願いしてました。
c0133013_23183431.jpg
美味しそうでしょう~。元旦の朝(ほぼお昼)は、こちらのお節を肴に白ワインをいただきました。
sana家は、喪中ですから、本当はこんなお祝いの膳をいただいてはいけないのでしょうけど、去年おととしの暮れ義母が注文してひとりで平らげたという伝説のこの御節を、今は亡き義母を
偲んでいただいてみようということになったのでした。
元旦は昼間からワインを呑んで酔っ払い、半日眠って過ごしました。

二日は、朝からTVで箱根駅伝を観ていました。さっき大手町を出発したと思ったら、あっという間にうちの近所に先頭の一団が近づいてきているのをTVで見て、あわてて沿道に出てみました。
c0133013_23200915.jpg
箱根駅伝のルートが近くなのに、一度も生で観たことありませんでした。初めて沿道から応援しました。
本当に速いですね~。あっという間にやって来てあっという間に走り去って見えなくなりました。ここはまだ往路の第一区ですが、すごいですよね~、ひとり20kmくらい走るということですが、私が猛ダッシュしたって彼らの走る速さには敵いません。当たり前か。

3日はお墓詣り。10月に義母の納骨をしてから初めてのお墓詣りだったので、丁寧にお掃除してきました。
c0133013_23213231.jpg
その帰りは、新横浜にある鰻屋さんに寄るのが毎回恒例になっております。お正月の鰻屋さん、賑わっておりました。
去年暮れから食べたい食べたいと思っていたのですが、新春早々に願いが叶いました。003.gif

4日もまた、朝から青空が広がり暖かい一日でしたね。
3年ぶりに娘と多摩川ウォーキングをしました。コースは決まっています。多摩川六郷橋付近から二子玉川まで約15キロほど河川敷沿いに歩きます。今回で3回目。
c0133013_23233277.jpg
ガス橋の手前でカモメたちが日向ぼっこしてました。この辺りのカモメたちは人馴れしていて至近距離で撮影しても知らん顔。
c0133013_23242710.jpg
そして丸子橋を目指してあるく途中で、雀の一団にまじって白い鳥がいるなぁと思ったら、セキセイインコを発見しました。
c0133013_23245082.jpg
天気が良すぎて白浮してしまい、ちゃんと撮れませんでしたが。
雀たちと一緒にくらしているのでしょうか?楽しそうに飛び回っていました。どこかのお宅から逃げてしまったセキセイちゃんでしょうね。私が近づいても逃げようとしなかったので保護しようかなと思ったのですが・・・・捕まえられませんでした。
c0133013_23252028.jpg
セキセイインコはサバイバル能力高そうなので、きっと野生でもちゃんと生きていけると思いますが、ご家族は今頃どこでどうしているかと心配されていることでしょうね。
久しぶりに多摩川の河川敷をぶらぶら歩きしていると、名前は知りませんがいろんな野鳥たちに出会えました。
c0133013_23275609.jpg
大田区から世田谷区に入った頃、足は大分疲れてきています。
c0133013_23282973.jpg
2時間半歩いて、やっと二子玉川の商業施設ライズが見えてきました。
前回歩いた時(3年前)は、このあたり開発途中で工事中でしたが、今ではすっかり整備されて新しいタワーマンションが立ち並び、綺麗な公園ができていました。公園の中にはスタバもあって、すっかりお洒落なリバーサイドの街という感じ。
その夜は、YUKAも私も疲れ切って、足にサロンパスを貼って寝ましたよ。ふだんはあまり歩かないから、15キロくらいの歩行でひいひい言ってしまいます。
駅伝の選手たちはこれ以上の距離をあの速さで走るのですから、やっぱり凄いですな。
私のお正月は、こんな感じでした。
さあ、仕事も始まったし、2017年も元気に楽しくすごすぞぁ~とやる気満々です。
皆さま、今年も宜しくです。

最後に・・・
新春早々、詩がお卵三つ産みました。
c0133013_23301305.jpg
        最近、仲睦まじい希と詩です。
どちらが卵を抱くかで時々喧嘩していますが、産卵することで絆を深めているようす。
オカメインコは雄も抱卵することを、希を見ていて初めて知りました。
卵が孵ったら、希はきっとイクメンになるのだろう、と思いますが、孵ることはないでしょう。
だってふたりとも、とっても飽きっぽいんだもん。002.gif







[PR]
by sanakk | 2017-01-06 23:32 | Comments(6)
未明の地震に目覚めました。起きてテレビをつけると予想以上に騒ぎになっているのでびっくり。震源はまたしても東北、福島県沖だそうで。津波注意報が出ていましたね。
被害が拡大しないことを祈ります。

東京でも久しぶりにハッキリと体感できる揺れにsana家の鳥たちで一番騒いだのはこの方。
c0133013_10512681.jpg
ケージの底に落ちて「ギャッ!ギャッ!」と短い悲鳴を上げているのが聞こえました。朝の放鳥タイムになってもまだ怖いのか首だけ出して辺りを警戒しては引っ込むを繰り返していました。
c0133013_10522574.jpg
私の呼びかけでやっとこさ出てきた海くん。怪我などは無いようです。怖かったねぇ008.gif

c0133013_10524761.jpg
意外にもこのヒトたちは、まったく騒ぎませんでしたよ。パニック起こす鳥の代表選手のはずなのに。ふたり一緒で安心だったのかな?

c0133013_10533473.jpg
そして昨日の事、家族としゃべりながら上の空で花をなでなでして無意識にひっくり返そうとしたら、珍しくガブっと一撃を食らいました。流血沙汰はたぶん10年以上なかった事です。
c0133013_10532274.jpg
まあご覧の通り、出血した割には傷口は小さく大したことは無いのですが・・・(こういうの見たくなかった人ごめんなさい・・・)
多分、おしゃべり中の私にひっくり返されると思ってなかったのに不意をつかれて驚いた花は反射的に私の指を噛んでしまったのでしょう。本気噛みはしてないのだけれど尖った嘴の先が突き刺さりました。
そのことにショックを受けたのは私じゃなくて花の方でした。びっくりして私の手から飛び去りしばらくオドオドとしてました。私の肩に飛んでこようともせず・・・。デリケイトな花の心が傷ついたかもです。
c0133013_10562843.jpg
ごめんね。おかあさんの不注意だったね。花は何があっても噛んだりしない子だとタカをくくって適当な扱いをした私のフォルトでした。


さてさて、今年もあと一か月とちょと。なんか実感がないですが~。
c0133013_10571181.jpg
ボージョレーヌーヴォー赤、白、いただきました。
こちらは職場でお付き合いのある会社が契約しているワイナリーのもので過去トロフェ・リヨン(フランスのボージョレーヌーヴォーのコンクール)で近年3回金賞を取っているそうです。しかも今年は葡萄の熟成が良く素晴らしいビンテージになっているとか・・・。
何を肴にいただこうか、家呑みが楽しみです。012.gif





[PR]
by sanakk | 2016-11-22 11:11 | Comments(2)

もうすぐ11月だというのに、季節が遡ったような暑さの一週間でした。
来週からは、ぐっと気温も下がり秋らしい気候になるそうです。そろそろ夜間の鳥たちの保温を考えなければ。
熱帯雨林のような我が家のリビングもさすがに11月にもなると夜間は冷え込むので。




食いしん坊海はオカメsのケージに頭をつっこんでシードのつまみ食い。
「あたしのおやつを食べないで~」と抗議する詩を威嚇する始末。(威嚇するだけで攻撃はしませんけど008.gif)こういうの盗人猛々しいって言うんでしょうか?

c0133013_16440461.jpg
実際はピーちゃんの10倍以上の大きさの花ですがずーっと後ろに下がるとそんなに体格差があるように見えませんね。花はいつもピーちゃんのカゴの周りをウロウロしてます。
c0133013_16442807.jpg

この夏のバタバタですっかり希の病院通いがストップしてしまいました。飲み薬もとっくに切らせています。
夜になると呼吸は相変わらず荒いのですが、良く通る声で鳴くし食欲もあるのでしばらくこのままで行こうと決めました。
c0133013_16445185.jpg
薬水も無いので、一年ぶりに詩との同居を再開しました。
なーんとなく距離が縮まらないふたり。希はうれしそうなんだけど・・・、詩がねぇ~。
のびのびと広いケージで一人暮らししていたのに、急に相方が帰って来たとなると、もはや気ままな独り暮らしの方がいいわーというのが詩の本音なのかな?まあ、人間の夫婦にもあるあるですね003.gif


先日、義母の納骨を無事終わらせました。
朝から大雨の日でした。あちらこちら手配してあったので、もう日にちを移動することはできず、雨の中の強行となりました。母がまだお墓には入りたくない、と言っているのかな~とちょっと思いましたね。
それでも墓地に車で赴く途中、雨は小降りになりました。傘も差さずに法事を済ませられるほどでした。
それなのにいよいよお骨をお墓に納める時になって再び急に雨足が強くなりました。ああ、やっぱりお義母さんはまだ入りたくないのだわ、と思いましたよ。でも仕方ないです。生きてる私たちはひとつひとつ物事を片付けて前に進んでいく必要がありますから。
義母のいろんな事を、閉じて行く作業はちっとも進んでいません。なんとなく忙しさのせいにして後回しにしている私です。でもそろそろ本腰入れなくては・・・。
納骨に出席してくれた埼玉の叔母(実妹)が母の衣類を全部引き取って整理してくれると言ってくださいました。本当に助かりました。
クローゼット一杯の母の服やタンスにいっぱいのセーターやブラウス・・・そのうちいつか処分しなければなりませんが捨てるのはしのびないし、売れる物でもないし。
おやーじゅ仕事用の大型ワンボックスカーの荷台いっぱいに積んだ母の衣類と一緒に叔母を埼玉まで送りました。
本当に叔母に感謝です。
自分もこれからは何があるかわからないのだから、物を増やさないように生きようと思いました。増やしてしまったら要らないものはさっさと処分しなければ・・・と。


c0133013_16431160.jpg
叔母を送った時走った、首都高中央環状線からの景色です。ちょうど荒川に沿って走る船堀橋から小菅くらいまでの間、左側にスカイツリーを見ながら大東京を荒川越しに俯瞰しているようで私の好きな路線です。
この時は朝からの雨がやっと夕暮れになって止んで、明日は晴れるかなぁという夕焼けを見ることができました。
ふと気がつくと青い光がふわふわとスカイツリーの周りを不思議な動きで飛んでいます。
ありゃなんだ?!未確認飛行物体かっ!     
と、一瞬ワクワクしましたが、車の窓ガラスに映った私のスマホカメラのライトと思われます。なーんだ・・・・




[PR]
by sanakk | 2016-10-21 17:00 | Comments(2)
台風の影響で、不安定なお天気が続いております。まさか、このまま秋に突入ってことはないでしょうね?
2016年夏は、なんだかバタバタしているうちに去ってしまいそうです。
c0133013_15532962.jpg
スコールのような突然の雨の後、すごく久しぶりの虹を見ました。でも虹の向こうの空はまたどんよりと・・・。
もうひと雨来そうな空。虹って雨上がりの青空に架かるものだと思ってました。
曇天に虹はなんだか不思議な景色です。

c0133013_15541265.jpg
ケージの中でナッツを貪る海。海のケージの異変にお気づきでしょうか?
c0133013_15545830.jpg
海のケージがこんなことになってしまいました。底トレイのプラスチックが割れてもう修復不可能です。007.gif
台風が近づいてきている週末、雨が降っているのに屋上で海のケージを水洗いしようとして、滑って転んでしまいました。
雨で濡れた屋上の防水材があんなにつるつる滑るとは知りませんでした。一歩踏み出した途端、すってーんと絵に描いたようにうつ伏せに転がっておりました。
その際、この底トレイの上に倒れたので角の所が粉々に割れてしまったのです。
でも考えようによってはラッキーでした。このプラスチックトレイ、弾力があるのですが衝撃に弱くすぐに割れます。転んだ際、これがクッションになり私は怪我をせずに済んだのだと思います。(腰骨のところがちょっとだけ青タンになっただけです)

しかし海くんのお部屋を壊してしまいました。
海のケージは「マルワのわかば」というシリーズでもう10年以上も使っています。途中でステンレスに替えましたが、形と色は全く同じなので、海は気づいていません。
しかし、このマルワという会社、去年廃業してしまって、何軒かショップに電話してみましたけど、市場にはもうほとんど無いということでした。
1件だけステンレス製で底トレイが白の物を在庫しているお店があったのだけど~、白では海が警戒してケージに入ってくれない恐れがあるし、必要なのは底トレイだけなのでステンレス製のものではかなりもったいないですよね。(製造会社がもうないので部分売りはしてくれないそうです)
諦めずに片っ端から電話してみたら、あったんです!こんぱ〇相生店に!展示品でよければ同じ色の物が1個だけありますとのこと。これはステンレスではないので丸ごと購入しても3分の1のお値段です。
訳を言ったら、お店の人がすぐに発送してくれて翌日には届きました~。
c0133013_15593228.jpg


c0133013_15594861.jpg
よかったね~海くん。全く同じ色なので、今回も彼はケージの底が変わったことに気づかずストレスフリーです。

教訓!台風の雨の中、無理してケージ洗いをするのはやめましょう。002.gifちょっとぐらい汚れていても鳥たちは大丈夫。世話人の私が怪我をしては元も子もありません。
そしてもう割らないように大切に使わなければ。今度壊してももう在庫は見つからないでしょうから。

久しぶりのオカメsです。
c0133013_1613785.jpg
相変わらず不思議ちゃんな詩。近くで写真を撮るとシャッター音に「しゃああっ」と威嚇してきます。008.gif
c0133013_1612062.jpg
いつの間にか傍に来ている可愛いベイビーの希。このところのsana家の騒動で6月以降病院に行けてません。まだ薬はあるんだけど、しばらく家で様子見てみようかな。


頸椎の手術で入院していたおやーじゅは、先週無事に退院してその翌日は奴の誕生日でした。
快気祝いと誕生日祝いを兼ねて馴染のお店にお鮨を食べに行きました。
台風の影響で魚が無いということで、鮨ネタが少なかったけど、いつものように大将の江戸前の技で美味しいお鮨をいただきました。

c0133013_1633250.jpg
サバの〆具合が絶妙でしたし、横須賀産だという穴子は塩とすだちでいただき、ふんわりとして大変美味でした。中央は柔らかい鮑、こちらも最高でした。
c0133013_1635528.jpg
最後に握ってくれた巻物はぼちぼち旬のイクラ。赤酢のシャリにイクラも美味しいですね~。
秋から冬。これから美味しいお魚が食べられますね。
それにしても首の手術跡がまだ生々しいおやーじゅ、ガンガンアルコール摂取してるんだけど大丈夫なのかしら?
10日間病院にカンヅメだったあとにシャバに出た解放感からなのか、ビールが美味しくて仕方ないみたいです。008.gif





[PR]
by sanakk | 2016-08-23 16:13 | Comments(8)

平凡な主婦と平凡なヨウムの楽しく滑稽な日々を綴ります


by sanakk