タグ:オカメ ( 204 ) タグの人気記事

7月も終わりですねぇ~。猛暑が続いておりますので健康管理には気を付けなければいけないですね。
私は今週になって二日続けて明け方に足がつって「痛、イタタタ~」と飛び起きました。
ふくらはぎが突然攣ると痛いですよね~。おかげですっかり寝不足です。
こんなことかつて無かった事です。冷房で足を冷やし過ぎたのか、または汗をかきすぎて体のミネラルバランスが崩れているのか~。
何年か前に、やはりこの時期深夜に胃痙攣を起こして、救急病院に駆け込んだことがありました。
暑さは自覚のないまま、体に負担をかけているのでしょうね~。皆さまもご自愛くださいませ。

義母の入院が長引いて、ラッシーのお散歩は大学が夏休みに入った次女のお仕事になっています。
c0133013_16522238.jpg
ラッシーはYUKAが相手だと歩かないんですよね~。最短の距離を歩くと、すぐにお家に帰ろうとYUKAを誘導しはじめるんだそうです。(私と歩くときは、私が怖いのか素直にロングコースを歩きますが)
確かにこの季節、わんこは散歩もキツイですよね。ラッシーは凄い毛皮を纏っているわけですし。しかも、老犬。
c0133013_16524538.jpg

お留守番のストレスか、犬部屋に敷いてる新聞紙やおしっこマットをびりびりにちぎって荒らすのでYUKAも困っているようです。
ただ今、犬部屋に隣接している部屋のエアコンは24時間フル稼働です。008.gif


さてさて、この暑さの中、発情期を迎えてしまった詩さんは、数日前からシャチホコ体勢で独特の耳に付くピロピロピロ~という誘い鳴きをしておりました。
けれど希は病気療養中のため、隔離されていますのでその鳴き声に応えることはできません。
離れたケージの中でせわしなく止まり木を右往左往するだけでした。その姿は、すっかり元気なんですが。
c0133013_16105072.jpg
そして昨夜、帰宅するとまたしても形の良いお卵がふたつ、詩のケージの床に転がっておりました。
だんだんと産卵のサイクルが短くなっているような気が・・・・。008.gif
体に負担だろうと思うので、どうにかやめさせたいけれど、うまくいかないものですね。
単純に希と別居したからと言って、繁殖本能が収まるというものでもないようです。
c0133013_1611455.jpg
ひとりだってアタシは頑張るわっ!とでも言いたげな表情で卵を温める詩。私が見ていても写真を撮っても全く動じずに、まるでフクロウのようにバフッとふくれています。
尾羽も広げて、熱を逃がすまいとしているかのようです。こんなに気合を入れて膨らんでいる詩を見たことがありません。今回も相当本気なのでしょう。
気の毒に・・・・。どんなに頑張って温めても、卵は孵らなにのに。
産卵→抱卵はいまや詩の生甲斐なのでしょうね~。

c0133013_16122826.jpg
海、お気に入りのおもちゃのそばに寄り添っている姿が可愛いです。
遊びすぎて振り回し過ぎて、ヒモが切れて落ちてしまったのを、おねいちゃんが直してくれたのよね。003.gif
たいそう喜んだ海は、気が狂ったように振り回して遊んだ後も愛おしそうに貝殻をくりぬいたAMIお手製のおもちゃに寄り添っていました。
c0133013_16131761.jpg
海はいつも止まり木の端っこで内股ぎみに足をちょこんとそろえて佇みます。このもっちりとして妖怪ちっくな緑がかったあんよにsana家の人間全員、メロメロになってしまいます~。

c0133013_1613431.jpg
花は海と違って、いつも大股開きの開脚立ち女。
なんとなくこうした所作にも性格が表れてる気がします。037.gif

c0133013_16163045.jpg

[PR]
by sanakk | 2015-07-30 15:51 | Comments(6)

涼しげな江戸切子 他

夏本番ですよね~。毎日暑いです。
冷たい飲み物(主にアルコール)を飲み過ぎて、お腹を壊していたsanaデス。いえ、もう回復いたしましたが。
c0133013_8422363.jpg
コレはネット検索しているうち見つけてしまい、其の場で衝動ポチっとな、してしまった江戸切子のグラスです。
昨日家に届いた時は、「アレ?いったい何買ったんだっけ?」と忘れていたくらい、気まぐれに購入してしまいました。
でも、涼しげなブルーでキレイでしょ?眺めているだけで涼をとれそう。
ぐい飲みサイズではなく、結構な大きさのグラスです。この江戸切子でいったい何を飲みましょう?
ガラス器が好きな私は、使い道も無いままにクリスタルグラスやら何やら時々衝動買いしては、戸棚の肥やしにしてしまいますね~。


さて、sana家のお鳥さまたち、この暑さにも負けず、頑張って生きてます。003.gif
c0133013_8442337.jpg
あ、希は療養中。絶対安静を言い渡されているので、昼間でも毛布を掛けられています。
でも、薬の効果が出てきたのか、大分活発になって来て私がそばを歩くたびに下りてきてこちらを覗いています。
もう、ひとりで寝ているの飽きたよ~。つまんないよ~。って感じでしょうか。
c0133013_8444393.jpg
ひとりだけの放鳥タイム。詩もつまらなそう。
c0133013_8452334.jpg
海のロングテールが2本抜けてしまいました。
c0133013_8454032.jpg
生えてくるまでしばらくはコザクラちゃん。
c0133013_8465769.jpg
こわいよ、こわい、花ちゃま。頭を下げて待っているのに知らん顔してたら、にらまれました。
c0133013_8471853.jpg
放鳥時間が終わって、「さあ、お帰り」とケージまで連れていくと自分からのっそりと帰って行く花。
聞き分けの良い後姿がなんだか哀れで可愛い・・・・。


先週末イタリアンは地元の行きつけのお店でした。
c0133013_8474442.jpg
フォアグラとゴーヤのリゾット。ゴーヤの季節ですよね。まったりと苦味の組合せが絶妙。
c0133013_848076.jpg
最近、いただく機会がよくある熊本県のブランド牛阿蘇王のビステッカ。すもものピューレをつけて。
他にもたくさん食べて、精力をつけました。043.gif
今日は土用丑の日ですね~。

[PR]
by sanakk | 2015-07-24 16:47 | Comments(2)

分解修理に出していた時計が戻ってきました。
c0133013_16485060.jpg
コレ、父の形見です。文字盤に水が入ったのか大きなシミがついて止まっていた時計でしたが、オーバーホールして、文字盤も交換して、ついでにクタクタの黒い革のベルトを赤いクロコダイルに替えてみたら、あらあら、可愛い女の子の時計に生まれ変わったと思いません?
男性用の腕時計は大きくて、文字盤が見やすいし。(私はもう、小さい腕時計は無理です。見えなくて・・・)
ほら、ちゃんと裏には、父の時計だったという証拠が残っています。
c0133013_16501768.jpg
父の古稀のお祝いに、父が初めて担任した生徒さん3人がお金を出し合って贈ってくださったのだそうです。あ、父は中学校の教師をしていたことがあります。
現在ならば、中学生といえば反抗期盛りです。そんな年頃だった教え子が40年以上も経ってるのに担任の先生の古稀を祝うってすごいなぁと思います。
その生徒さんたちだってもう結構なお年になっているはず。新任教師だった父との中学時代の思い出がとても良いものだったのでしょうか?はたまた、やんちゃな中学生で先生に迷惑ばかりかけていたとか?
いずれにしても、ありがたい話です。父は、とても喜んでこの時計を大切にしていました。
私がこれからもずっと大切に使うつもりです。


c0133013_16515652.jpg
アンニュイな感じで「おはよ~」と言いながらのっそりと出てきた今朝の花です。
けだるそうなしゃべり方(多分私のマネ)の割には、私へのストーキングやる気満々のお顔です。
c0133013_16522441.jpg
ケージの掃除をする私の肩にどっしりと居座って、やりにくいったらありゃしない。
c0133013_16523962.jpg
      ほれほれ・・・。ちょっとだけだよ。

c0133013_16532659.jpg
体重測定のために鷲づかみされている希くん。
今朝の体重は78gでした。008.gifまた減っていました。
おとといから、4回目の病院通いが始まりました。
激しく咳き込むようになったので、もう自宅で様子見するのも限界だと思い、病院に連れていきました。
分かっていたことですけど、レントゲンを撮るとやっぱり肺は真っ白。
そして肺が苦しいせいか、今回は心臓が肥大していることも分かりました。
そういえば、父も肺の病気で亡くなりましたが、心臓が肥大していると主治医にレントゲン写真をみせられましたっけ。鳥も同じなのですね。妙に病状が一致しているなぁと嫌な感じがしました。

c0133013_1655974.jpg
希くんはまだ若いのだから、頑張ってくれるよね。
その日先生に抗生剤の注射を打ってもらって帰りましたが、さすがに注射はよく効きますね。
明らかに今朝は元気が出ている感じです。
人間も入院しているので(義母)、クスリを多めに出してもらって通院の間隔をあけてください、と先生に言うつもりだったけど、検査結果が思ったより深刻だったので言い出せず・・・。
しばらくは週一で通院なのかな~。正直気が重いけど、仕方ないです。
とにかく希に元気になってもらわないと・・・・。

[PR]
by sanakk | 2015-07-17 18:52 | Comments(4)

ヨウムのオリビアちゃん、2015年女子サッカーW杯、迷いなく日本が優勝と占いましたが・・・

準優勝になっちゃいましたね。残念!でも、なでしこ、よく頑張りました。アメリカは強すぎましたね~。
それにしても、オリビアちゃん可愛い~。これだけのギャラリーの前でちゃんと日本の国旗を選ぶなんて偉いっ!016.gif


さて、sana家のオカメたち、朝ごはんを新しく取り替えた後はどちらが先にシードを食べるかで攻防戦が繰り広げられます。何故、希も詩もお互いの右側に割り込もうとするのでしょうか?

この時は、まだケージの床に卵がありましたし、希も食欲があって元気でした。
この後、卵は撤去しました。そろそろオカメたち、抱卵から解放してあげようと思いまして。
けれど、ライフワークを奪われて張り合いが無くなったのか、はたまた換羽が始まったせいなのか、希が体調を崩しまして、この土日は食欲も無く元気がありませんでした。
呼吸も苦しそうだったし、咳も出てました。病院に連れていかねば~と思っていたら、義母が体調を崩し入院することに。準備やラッシーの散歩などなど・・・、タイミングを逃しまだ病院には行ってません。
c0133013_1648310.jpg
今朝、オカメケージを覗くと、希の羽毛が大量に抜けておりました。今朝は、またしても↑の動画のように詩と奪い合うようにごはんを食べていたので、体調の悪化は換羽のせいかな?ととりあえず判断しました。
頑張れ、希くん!


お中元に、甘~い佐藤錦をいただきました。さくらんぼっていただくと嬉しいけど、自分で買ってまで食べようとは思わなくないですか?
この日は、ピーナッツもいらない、ピスタチオもいらない、おかあさんがいいの、ひっついていたいの、とばかり何も受け取らずただ私にへばりつく花でしたが、佐藤錦を見せたとたん目の色を変えました。
c0133013_16484789.jpg

c0133013_164910100.jpg
c0133013_16491948.jpg

珍しくて美味しい物はちゃんと食べるんですね~。003.gif

c0133013_16493314.jpg
はいはい・・・。いいこ、いいこ。


先日、ブログ友さんと美味しいお食事とお酒を楽しみました。気がつけばその日は3軒も梯子しちゃいました。
一軒目に案内してもらったお店でいただいたのは、馬刺しの盛り合わせ。
c0133013_16501138.jpg
会津産と熊本産の、いろんな部位の盛り合わせ。やっぱり生のお肉は美味しゅうございます。
牛もダメ、豚もダメ。生食最後の砦は馬?いつかさくら肉も生食禁止になってしまうのでしょうか。
さくら肉のお刺身はあっさりとしていてクセなく、脂身もその噛みごたえとともにとても美味。牛豚より低カロリーで高たんぱく、栄養価の高いお肉です。
しかし、この翌日、大好きな競馬中継を見ていて、ふと「私は昨夜、この美しい生き物のお肉を生で食べたのか・・・」と思ってしまいました。調べてみると、日本では廃用になった競走馬も食用にまわされることがあるのだとか・・・。
深く考え始めると、迷宮に入り込んでしまうので、ブルンブルン頭を振って「でも、美味しかった、ありがとう」と、考えることにしました。

[PR]
by sanakk | 2015-07-06 16:58 | Comments(4)

c0133013_19341262.jpg
卵を抱く希、大分上手になったでしょ?しっかりと体を低くしてしゃがみこみ、詩ほどではないけどそこそこ膨らんで卵抱えています。
c0133013_19345327.jpg
最近では、詩と希ふたりでむかいあってケージの床にうずくまっているので何をしてるのかとよく見ると・・・。
卵を分け合ってふたりで抱いているんです。微笑ましいですね。
カゴの鳥だし、誰に教わったわけでもないのに、ペアで力を合わせて子孫残そうとする本能、すごいなぁと感心しました。けれどどれだけ頑張っても孵らない卵なのに、と不憫になってしまいました。
今回は相当気合がはいっているのか、オカメたちもなかなか抱卵に飽きることが無く、粘り強いです。
c0133013_19364695.jpg
顔に綿毛がついたままで一心不乱に温める希。
卵撤去のタイミング難しいですね~。

c0133013_1938380.jpg
長女に捕まった海。みんなが海を捕まえてクンクンしたがっているから、海くん油断は禁物です。
換羽も大分おちついたかな?


今週は、梅雨もしばしお休みかな?というお天気が続いてますが、まだまだ週の中日というのに昨日は仕事終わりにイタリアン呑みしてしまいました。もう、週末まで待てなーい!という感じだったので。
c0133013_19392750.jpg
今回のお店は自由が丘の住宅街にひっそりと、という感じのリストランテマッケローニさん。
2年ほど前にランチタイムにお邪魔した時もブログで紹介しました。私の大好きなイタリアンレストランの一つ。
相変わらず、OPENもCLOSEも出てなきゃ、何屋さんかも分かりづらい店構え。
通り一遍のお客さんは受け付けない雰囲気。
10人定員のカウンターだけで、男性シェフが一人で何もかもをこなすお店です。
ディナーのお料理はシェフお任せコースのみ。たぶんその日の段取りを事前にすべて用意してあるのでしょうね~。お客さんはだいたい7時過ぎには揃って、It's showtime ! という感じで始まりよどみなくコースのお料理が出されます。私はこのシェフの完全に自分の世界に入った仕事ぶりをカウンターから眺めるのが好きです。とにかく無駄が無く、計算された動きながらどこか軽やかで優雅にも見えます。
彼は誰も雇わずに、自分だけの食の空間を作りたいのだなぁと、だからこういうスタイルのお店になったんだなぁと思いました。

冷たい前菜は二品。
c0133013_19422766.jpg
アスパラガスムース。ふんわりとしてクリーミー。乾燥した生ハムとカリカリのアスパラガスの皮が新鮮な感じ。
c0133013_19433522.jpg
馬肉のカルパッチョ。パリパリに焼いたチーズと生のマッシュルームに馬肉、独創的な組合せですね。
温かい前菜も二品
c0133013_19441485.jpg
空豆とナントカチーズのタルト。(シェフ、声がちっちゃくて聞き取れませんでした。常に動いてお仕事してるので聞き返すこともはばかられ・・・)これは、女子は大好きでしょーというお味。
c0133013_19444664.jpg
鱧のフリットとカポナータ。目の前で揚げた熱々の鱧と冷たいカポナータ、美味しかったです。
カポナータはイタリアンのお店によってそれぞれにお味が違うものです。こちらのは酸味よりすこし甘味が強いカポナータでしたが、鱧のフリットにはぴったり。
c0133013_1946172.jpg
そして新じゃがの冷たいスープ。

ここまでで結構お腹が膨れました。やっとここでプリモという構成のコースです。
c0133013_1949992.jpg
白エビとトマトを練り込んだ手打ちパスタ。ピリリと後から辛いパンチのあるお味。美味しかったです。
c0133013_19495255.jpg
そしてこれまたシェフのオリジナリティあふれる鮎とハーブのリゾット。サクサクの香ばしくてほろ苦い鮎とその旨味が染み込んだお米は私の好みの硬さ。
うーん、でもこの辺りでもうお腹いっぱい。
この後にセコンド。牛フィレチーズ焼とヤングコーンのロースト。10人のお客さんにいっぺんに出されます。
少しだけ遅れていらした一組は最初の頃は一品つづ遅れていましたが、いつの間にか追い付いていましたよ。みなさん、メイン料理のそのボリュームにため息が漏れていたけれど、残した人はいませんでした。
食べるのに夢中で最後の牛フィレだけ、撮影し忘れました~。
コースはこれでおしまい。このボリュームでコース料金は5000円を少し切ってました。たしか・・・。
生ビール×2とスプマンテボトル1本、エスプレッソダブル×2 で二人で16000円はお値打ちですね。
コスパ、大分いいと思います。シェフ一人だから、ワインのおかわりとか注文のタイミングを見計らったり、サービス的にはいたれりつくせりと言うわけではありませんが、美味しいんだからいいでしょ、って感じのお店です。
全部美味しかった~、満足満足。045.gif

平日だというのに帰りが遅くなった作夜、酔っているし食べ疲れているし、シャワーしてすぐに寝たいのはやまやまなのですが・・・。
鼠色娘がケージの中から地団太を踏み踏み、恨みがましく私のことを見つめていました。
「おいで、ちょっとだけだよ。」と扉を開けると、飛び出してきました。
c0133013_19565751.jpg
ナデナデして?と首を下げては、私を見る。
c0133013_1957154.jpg

酔っ払いの私は、思わず愛おしくて花のお腹に鼻をくっつけてフンフンとその匂いをお粉ごと吸引すると、
花はすぐにそんな私の愛情に応えてきます。私の指をにぎりしめ引き寄せてエグエグ・・・。
c0133013_195745100.jpg
花がとても官能的に見える瞬間。016.gif
本当はいけないんでしょうね?鳥の発情をそそるようなことをしては・・・。
でも、これも私と花の絆を深める大切な時間。私は花にとって母であり、恋人でもあるのかな。

[PR]
by sanakk | 2015-06-25 20:38 | Comments(6)

梅雨の季節なのだから仕方ないけれど・・・所狭しと室内に掛けられた洗濯物を見てはため息が漏れる毎日です。まだまだ先が長いこのうっとおしい季節、明けるのは8月過ぎてから・・・なんて予報も出ていますがほんとうでしょうか~。だとしたら、今年の夏は短いかもですね。

前回の記事で、〇〇ダーコアという絶賛売出し中の腹筋マシンを使って腹筋を鍛えていることについて書きました。
c0133013_16131077.jpg
今回は三日坊主になるまいと強く決心して毎日頑張っていました。慣れてきたので70回から100回に増やして3日目、腹筋を鍛えるはずだったのに、背中の筋肉痛になってしまいました。しかも右側だけ。
右の背中だけっていうのが不思議なんですが・・・。筋肉が炎症を起こしている感じの痛さで、きのうから湿布を貼っています。
今回は毎日習慣にして続けられそう・・・・って思っていたのに、早くもお休みです。
腹筋が痛いならまだしも・・・なぜ背中?分かりません。
写真で見ていただいたら分かる通り、背もたれが左右別々についていてそれぞれ負荷を調節できるようになっているのですが、左右のバランスが悪かったのかしら~。この腹筋マシン、なかなか使い方が難しそう。(私だけ?)
私のやる気に珍しくスイッチが入ったのに、このザマです。
背中が痛すぎて、私のやる気はしゅるしゅると風船から空気が抜けるようにしぼんでしまいました、とさ。008.gif

さて、今朝のお鳥さまたち。
c0133013_16423087.jpg
相変わらず花は朝から私へのストーキング開始。忙しく動き回る私の後をバサバサと羽音を響かせてついてまわっていました。

c0133013_16424240.jpg
大好物のアーモンドをいただく海。大事に大事に最後のひとかけらまで器用に持ち替えて食べます。
人間に食べ物の好き嫌いがあるのだから、鳥にあったって当然なのですが・・・・。海があんなに美味しそうに食べるアーモンドを嫌う花。受け取りません。
c0133013_16431284.jpg
はっきりと「いらないの~」と言います。(語尾疑問形ですが)使い方正しいです。そして私の手からもぎ取って投げ捨てる。015.gif
c0133013_16434162.jpg
娘が食べていたロールケーキのスポンジ部分、むしゃむしゃ食べます。甘いものが大好き。面白いですね。
c0133013_16435931.jpg
       天邪鬼お嬢様。016.gif

抱卵中のオカメたち、今は詩と希、交代で温めています。片方が卵から離れると、すっともう片方が降りてきて卵を抱くという・・・。見ていると感心してしまいます。
c0133013_1645297.jpg
やっぱり詩、抱卵する姿が様になってます。希のそれと比べると(前回記事、掲載写真)、しっかりとしゃがんでモフっと膨らんで自分の体温を卵に伝えてる感じですよね。
希も詩の抱卵を見て、学習したのか、ちょっと上手になってきています。
巣箱を入れてあげれば、オカメたち、ひょっとしたら上手に卵を孵すかもしれないなぁと思いました。(ダメダメ046.gif)


うっとしい毎日ですが、仕事帰りに時々美味しい物を食べて美味しいお酒をいただくのは、私の生きがい。
家の近くに、能登出身の大将が切り盛りする小料理屋を見つけました。
c0133013_16412526.jpg
能登の食材を使ったおいしいお料理をいただくことができて大満足。
c0133013_16413514.jpg
あおさのしゃぶしゃぶ、です。冷酒が進みます。
c0133013_16415152.jpg
今シーズン初の岩牡蠣です。能登大島産。ライムを絞っていただきました。
こ・これは、美味い。ウマすぎる。しばし、天を仰いで固まりました。
梅雨は、美味しい食事とお酒で乗り切るしかないです。(私は一年中コレですが)

[PR]
by sanakk | 2015-06-19 16:55 | Comments(6)

関東地方も梅雨入りしちゃいました。これから1か月半、ムシムシジメジメしたお天気とお付き合いですね。
テンション下がり気味のsanaです。

c0133013_1016384.jpg
海はただ今換羽まっただ中。毎日たくさん抜けて、背中は白い綿毛があちこちはみ出てどんどんみすぼらしくなってきています。
海は、一度換羽が始まるとウチの鳥たちの中では、一番激しく抜けて見た目も変化する子です。
その割に、換羽中はさらに元気いっぱい、食欲旺盛、そして意地汚くなるのです。
朝、私が家族と会話していると耳元に飛んできて、大音量でわめくのも海です。
我々の会話に加わりたいのか、邪魔をしたいのか・・・。とにかく相手の声が聞き取れなくなるほどぎゃうぎゃうわめくので、「海、うるさい。ちょっと静かにして!」と叱られる毎日です。
今朝はとうとう、花にまで「海くん、うるさいよ」と言われてました。037.gif
花が今の所、海のわめきちらしをコピーしないことが唯一の救いでございます。
c0133013_10182710.jpg
威嚇しつつ、他人の食事を盗食う・・・。人間ならば最低の奴ですね。015.gifでも、海だと何をしても微笑ましく見てしまうのです。

希と詩、同居再開してひと月ほど経つでしょうか?さっそく卵がふたつ・・・・。
c0133013_10211574.jpg
しかしながら、今回はちょっといつもと違います。
c0133013_10214359.jpg
希が卵を独り占めして温めようとしています。詩は希に追い払われて、自分が産んだ卵に近づかせてもらえません。
が、しかし、希は抱卵がとてもヘタです。
c0133013_10231768.jpg
希くん、体勢が高い・・・。もっとしゃがまないと、卵は温められないと思うよ。
希と詩、あとどのくらいこの不毛の繁殖活動を続けるつもりなんでしょう。
c0133013_10242772.jpg
相変わらず、ごはん容れの縁に並べながら食べる希。不思議な癖です。
ミックスシードとペレット、両方ケージにセットしてるんですが、当然シードを独り占めするのは希。希がお腹いっぱいになるまで詩は根気強く待っていなければなりません。
体重を増やしたい希とダイエットしてほしい詩。(ふたりの体重差20g008.gif)希がシードを独り占めしてたくさん食べてくれて、詩がおあずけくらうのはちょうど良いことなのです。
でも、詩ちゃん、ちょっと可哀想かな。

さてさて、そんなsana家のリビングに見慣れない物が加わりました。
c0133013_10264338.jpg
普段は折りたたんでソファと床の間に仕舞ってあります。
使う時は、↓こうなります。そう、もうお分かりですよね。
TVでも盛んにCMしてますね、倒れるだけで腹筋〇〇ダーコアァ~♪って。剛力彩芽ちゃんがCMに出ているコンパクトタイプのほうです。
c0133013_1027336.jpg
背もたれの反発力が体を倒す時も起き上がる時も腹筋を刺激して、普通に腹筋運動するより2倍だか3倍だか効果があるとか・・・・ないとか・・・・。
なんでも道具から入るsana家の人々です。いつまで続くかわかりませんが、毎日腹筋70回頑張ってます。
どうしよ~、お腹割れちゃったら。(ナイナイ・・・003.gif)

そして食の話。
6月12日から、とうとう豚のレバー刺も飲食店で出すことは禁止になってしまいましたね~。
牛レバー刺提供が禁止になってから、豚レバー刺の需要が右肩上がりになって、それとともにE型肝炎に感染する人も増えているとのことで、今回の規制導入は正しい事なのでしょう。
E型肝炎、感染するのは希だといっても、もし感染して劇症化すれば死に至ることもあるそうで、怖いです。
でも、生レバー愛好家としては、正直とても残念ですね。
c0133013_10294511.jpg
仕事帰りに時々寄るもつ焼き屋さんのレバー刺し、食べ収めしておきました。右半分は希少な白レバーです。
こちらのお店のレバー刺は甘みがあってプリっと新鮮で大好きなんです。
ああ、やっぱり美味しいですね~。もう食べられないなんて。
お店の方に、6月12日以降はどうなるんですか?と聞いたら、今まで生で出していた同じ豚レバーを提供しますがお客さん毎にコンロを置いて焼いていただきます、とのことでした。
「しっかり焼いて食べてください」とお店の人、含みを持たせた言い方でした。
店としてはコンロを用意して言うことは言ったのだから、超レアで食べようが、もしくは焼かずに食べようが、それはお客さんの自己責任だよ、ということでしょうか?
うーん、焼くべきか焼かざるべきか・・・・生食大好き人間の私としては悩むところです。

[PR]
by sanakk | 2015-06-12 10:41 | Comments(4)

sana家のお墓は(夫方のお墓)は、横浜市内某所の横浜市が管理している墓地にあります。
もとは小さな山だったところを霊園にしたのか、起伏の多い土地で、うちのお墓は坂を上って後方が崖になっている一角にありました。
去年の秋の台風で、その崖が崩れて、なんとうちのお墓の左右にあった数件のお墓は地盤ごと、墓石もお骨もいっさいがっさい流されてしまいました。
うちのお墓だけが崖の上に残りました。なぜかというと義父がそこにお墓を建てた時、基礎に鉄筋をいれてコンクリートを打っていたからです。さすが義父、そういう事にぬかりがありません。
がけ崩れを起こしたその場所に、もう墓所を置くことはできないという横浜市の指示で、そこにあったお墓は難を逃れたうちのお墓も含めて全部、同じ霊園内の違う場所に移転されることになりました。
お墓を移して建て替えるために必要な基本的な費用は横浜市が持ってくれるということです。
移転先は、市が提示したいくつかの区画から選べるのですが、今度は高台ではなく開けた平地でずっと良い場所に移れることになりました。
義父母はこの際に費用を負担しても、墓石からすべて新調してもっと立派なお墓にしたいと言っています。
今までの墓石だって十分大きいし、もったいない、と私は思うんですけどね。
老人ホームに入っている義父と現在病気療養中の義母に代わって、私とおやーじゅはこのところ墓地の石材屋さん通いをしております。新しく建てるお墓の打ち合わせのために。
自分がまさか、お墓建立に携わるとは思いもしませんでしたね。確かに普通に考えればいずれ私も入るお墓なのですが・・・・。まだちょっと実感がありません。
義父母は、どうしてそんなに立派なお墓にこだわるのでしょうか?私にはよくわかりません。
いずれ孫の代、曾孫の代、そのまた次の代となればその墓に入っている人たちのことは忘れ去られ、ただお墓の管理だけが子孫に残されていくのです。いえ、そのころには無縁墓になっているかもしれません。
おやーじゅは長男だけど、私たちには娘2人しかいませんから。
お墓に大金を使うくらいなら、生きているうちに自分たちのために使えばいいのに。
c0133013_9514571.jpg
   墓地内にある教会の十字架にとまるハトがなんとなく神々しく見えました

去年静かにブームになった「0葬-あっさり死ぬ」という本を書店でぱらぱらと立ち読みしたことがあります。
著者は葬式はしない、お墓はいらない、遺骨は火葬場で処分してもらい引き取らない0葬を提唱しています。
少し過激な考え方のようですが、私はそれもアリかな?なんて思います。
遺骨があるから埋葬するお墓が必要になるんですよね。しかしお墓があるから故人のことを思い出すわけではない、と著者も書いていましたが、その通りだと思いました。
私の父のお墓は埼玉にあるので、なかなかお墓参りにも行けませんが、父のことはほぼ毎日思い出して考えます。故人の供養とはそれでいいんじゃないかって。
お墓参りをしても、そこに故人がいるとは思えませんし、数年前に流行した「千の風になって」という曲の詩は理にかなっているなと思うわけです。
長くなってしまいました。
義父母の意向に沿って、お墓のレイアウトやら墓石の種類大きさ、加工など決めることがいろいろあるのです。お墓ってなんだろ?ってついつい考えてしまうこの頃の私なのでした。


さてさて、今朝の花ちゃま、不思議なところにとまっています。
c0133013_9573968.jpg
玄関ドアのノブです。これ、やらせで私がとまらせたんじゃなく、自分で飛んで行ってとまってるんですよ。
c0133013_9581061.jpg
ヨウムは暗い隙間が大好き。好奇心をかき立てられるようですよ。ドアと靴収納棚の隙間の暗闇を長い間覗いていました。
c0133013_9582720.jpg
突然我に返って怖くなった花、慌てて私の所に飛んできました。037.gif

c0133013_9584889.jpg
希が放鳥中に詩のケージに入り込んでから、なんとなく同居を再開したオカメsです。
半年ぶりくらいでしょうか?
c0133013_95958.jpg
希はとてもうれしそうだけど、詩はちょっぴり迷惑そう・・・・。



c0133013_1011680.jpg
昨夜作った愛知県産大浅利と大葉のパスタ。キリッと冷やした白ワインが進みます。
この時期の浅利美味しいですね~。殻いっぱいに詰まった身と濃厚な旨味がパスタに絡んで堪らんです~。
今週末は、またイタリアンかな~。039.gif

[PR]
by sanakk | 2015-05-28 10:02 | Comments(6)

リビング、リニューアル

5月に台風が接近するなんて・・・あまり記憶にないんですけどね。
おとといの夜は関東も大荒れでした。そして昨日今日と台風一過の晴天。今は何月だっけ?とわからなくなるほど真夏のような日差しと暑さです。

間の悪いことに、sana家は先週末からリビングと私の寝室のエアコン取替工事が始まっています。
リビングに2台と寝室に1台取り付けられていたマルチ型エアコンを撤去して、リビングの方は大きいエアコン一台にまとめようという工事なので、設置場所が変わるため壁に穴を開けたり、既存の穴を塞いだりする工事があるのです。
ついでだから大分汚くなったリビングと寝室のクロスもこの際貼り替えちゃえっ!ということになりました。
c0133013_11545956.jpg

大変でしたよ~。こないだの土曜日は、電気屋さんに大工さん、どやどやと4人の職人さんがsana家に朝からやって来て、長女の部屋以外の部屋すべて公開になってしまいました。もうプライバシーもへったくれもあったもんじゃないです。
完璧に片付け掃除する時間も無かったので、汚い我が家のアレコレを見られてしまいました。
家具の裏に数センチ積もったホコリやカーテンレールに積もったホコリ。寝室の照明カバーを外したときに内側積もったホコリ・・・自分の目を疑うほどでした。穴があったら入りたいほど恥ずかしかった。
極めつけは、「ちょっとおトイレお借りします~」と言われて「あ、ちょっと・・・」と内心うろたえる私。
職人さんはとっとと用を足しにトイレに入ってしまいましたが、まさかトイレを使うとは思っていなかったので1週間掃除していない状態でした~。008.gif
あーあ、ズボラで掃除もしない奥さんだと思われただろうな~。実際、ズボラなんだからしょうがないか。

そして月曜日はクロス貼り替えの日でした。早朝から、リビングの家具を部屋の中心に集めなければなりませんでした。
c0133013_11572113.jpg

業者さん曰く壁際を最低1m位空けておいてくださいとのことでした。
こうした家具の移動は業者さんに丸投げすることもできますが、自分たちでやることによって、かかるコストを下げることができるのです。
これまた骨の折れる作業でした。おやーじゅとひぃひぃ言いながらやりましたよ~。
寝室はカーテンレールまで取り外さなければなりません。カーテンなんて最後にいつ洗濯したか覚えていません。
よくもまぁ、こんなに埃っぽいカーテンを引いた部屋で寝起きしていたもんだ、と我ながらあきれるやら感心するやら。
問題は鳥たちです。
希&詩とピーちゃんのあんぽんたん組は次女の部屋へ移動。
花と海は、鳥ラックにカバーを掛けて、キッチンまで移動しました。ラックを動かすと中で大騒ぎする花でした。
c0133013_13643100.jpg
壁から離された冷蔵庫と並べられる鳥ラック。
本当は二日かかると言われていたクロス貼り替え工事、職人さんたちが頑張ってくれて、夜までかかって1日で終わらせてくれました。
作業中、時々花の声が聞こえてきました。
「もしもし・・・」「ごはんたべる~?」等々。
そのたびに職人さんくすっと笑いながら「あ、なんか言ってますね」と反応してくれました。003.gif
最近のクロス用塗料は、天然素材からできているので人間にはもちろん小動物にも害はないそうです。
c0133013_1383471.jpg
カバーの中の花、暗いのでお目目が黒々しています。声をかけてあげると、小さな声で「ハイ」と答えていました。
工事が終わってから、鳥たちを元通りの場所に戻してあげてチェックするとその日は朝からほとんど食べていない状態でした。知らない人が出入りしていつもと違う場所につれて行かれて一日中カバーを掛けられていた状態では無理もないですね。

深夜に埃だらけのカーテンをコインランドリーに行って洗いました。お恥ずかしい話ですが、レースのカーテンなんて長年の埃のせいで鼠色っぽくなっていました。
家の洗濯機で洗いたくないほど汚れた物をコインランドリーで洗うなんて、ごめんなさい・・・。と、こっそり洗い終わったカーテンを袋に詰めていると、後から入ってきた女性も乾燥機からカーテンを取り出しているじゃないですか。
あら、みなさん同じ事なさってるのね~、とちょっとホッとしました。
c0133013_1435053.jpg
カーテンもキレイ、壁紙も新しくなった私の寝室。
c0133013_1441172.jpg
寝室のクロスは小さなピンクのドット柄が入ったものにしました。sana家で一番の汚部屋だった私の寝室は一番キレイな部屋になりました~043.gifいい夢が見られそうです。
c0133013_1318587.jpg

c0133013_13193982.jpg
変化に敏感な鳥たちです。特に海と花はごまかせません。リビングの壁紙が新しくなって初めての放鳥タイムはなかなかケージから出てきてくれませんでした。
私の手にのって無理やり出された後もなんだか落ち着かない様子でしたよ。
(写真では分かりづらいかもですが、リビングの壁が明るくなっているのがおわかりでしょうか~
前回記事にアップした写真と比べていただけると分かりやすいです。)

そして本日は、やっと新しいエアコンの取付工事をしているところです。
c0133013_13372392.jpg
工事中、希とピーちゃんのケージはリビングの隅に重ね置きされています。花と海と詩はまたしても工事が終わるまでカバー掛けです。
鳥たちも今日一日の辛抱です。何日も大変な協力を強いてしまいました。
おかげで今年の夏は、猛暑になっても快適に過ごせるかなぁ~。

[PR]
by sanakk | 2015-05-14 14:07 | Comments(6)

粉と戦ってます

更新滞りがちですが・・・、3月になってしまいました。春はもうすぐ、ていうかもう来てますね。花粉と共に・・・。私の苦手な季節がやってきました。
暖かいかと思えば、寒かったり、強い風が吹きまくりいろんな粉が飛散するこの時期、私も心身ともに不安定になりますね~。
一昨年の春、いきなり花粉症デビューしたsanaです。(仲良くおやーじゅも一緒にデビューしました。)
そして去年の春は、なぜか症状が出なかったので、花粉症デビューは気のせいだったか、と思っていたのですが、やっぱり今年はキツイです。
今朝は自分の連発くしゃみで飛び起きました。鼻にティッシュを詰めたまま放鳥、おそうじをして、鼻水を垂れ流しながら出勤してまいりました。
c0133013_11525154.jpg
保湿ティッシュ無しでは、生きていけません。
抗アレルギー剤をのむと、仕事にならんのですよ。ただでさえもいつも眠たいのに。
今の所、薬に頼らずに戦っています。職場に着いて、不思議と午後になると症状は落ち着いてくるのです。
そして家に帰るとまたひとしきりくしゃみ鼻水、目の痒み・・・。家?ん?これって花粉が原因なんでしょうか?
脂粉だったりして。
おやーじゅが耳鼻科で仕入れてきた情報によると、花粉アレルギーから脂粉アレルギーを併発することもあるとか?(真偽は未確認)確かに花粉と脂粉、ねっとりとしたお粉の感じや粒子ぐあいも似ている気がします。


一年中、恋の季節、恋愛体質の詩さん。このところ独り暮らしのケージの中でシャチホコ体勢でお尻を突き上げ「ピロピロピロピロ」と誘い鳴き(私が勝手にそう思っている)をしていたかと思ったら、卵産んでました。
c0133013_11544587.jpg
今朝、掃除のときに気がつきました。008.gif
私がケージを覗くと、いつも逆さにぶら下がって翼を広げてこのポーズをとります。
あっちへ行け!と威嚇してるんでしょうか?
c0133013_11551368.jpg
全然怖くないけどね。ウータン。003.gif
c0133013_11552960.jpg
sana家のお鳥さまが全員海の様に脂粉を出さない体質だったらよかったのに。海が頭をガシガシ掻いても、花の様に白いのろしはあがりません。

c0133013_11561349.jpg
「ズズズズゥ~」という鼻かみ音ばかり真似する近頃の花。私がティッシュに手を伸ばすと「ズズズー」と先に鼻をかんでくれますよ。
おやーじゅと私の鼻をかむ音の微妙な違いまで正確に再現するので、可笑しいやら、悔しいやら。
そういえば、今年もすっかりスルーしました。3月4日の花の誕生日。11歳になりました~。043.gif


さてさて、先日、sanaエリア内でなかなか良いお鮨屋さんを新規開拓しました。
お鮨も美味いし、雰囲気も良し、大将が気さくで好印象、しかもお代が良心的。
カウンターでつまむお鮨屋さんは、握ってくれる大将との相性も結構重要だったりしますね。
c0133013_11565182.jpg
生サバとカワハギのお造り。たっぷりの肝醤油につけていただくカワハギ、今が美味しいですよね~。
美味しい物を食べると花粉症が良くなるのだったら、どんなにいいでしょう~015.gif

[PR]
by sanakk | 2015-03-06 12:01 | Comments(6)

平凡な主婦と平凡なヨウムの楽しく滑稽な日々を綴ります
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30