ヨウムな生活 sanahana.exblog.jp

平凡な主婦と平凡なヨウムの楽しく滑稽な日々を綴ります


by sanakk
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

タグ:グルメ ( 156 ) タグの人気記事

〇〇回目のBirthday直前

今週は週末まで雨模様の梅雨らしいお天気が続きそうです。憂鬱なこの季節にさらに憂鬱なことに私の誕生日がやって来ます。
毎年のことですが、1年が早くて自分の実年齢をしっかりと把握しないうちに次の誕生日が否応も無くやって来るのです。もういったい自分はいくつなのかわからなくなってしまいます。
でも今年は運転免許証の更新の年なので、嫌でも自分の年齢を突き付けられます。
ああ、もう本当にヤバイです。いつの間にこんなにトシをとってしまったのでしょう?
5年前、次の免許更新の時は自分すごい年齢だぞ、と身震いしたけれど、いやいやまだまだ5年もあるし・・・と自分を慰めたのでした。そしてその5年後はあっという間にやってきました。
老いという現象は、どんな人間にも平等に順番に起こることですから仕方のない事です。
自分の老化とどうやって向き合い折り合いをつけ、残りの人生を充実させるかって事が大切ですね。
残りの人生、という言葉を使っても違和感のない年齢になってしまいました。って、まるで隠居老人みたいなことを言っておりますが、私はまだ仕事を持っておりますし、その仕事にやりがいを感じていて充実した毎日を送っています。
いずれは鳥たちと静かに暮らす豊かな老後を目指していますが、それまでにはまだまだひと山もふた山も越えなきゃならないので早々と年寄ぶってる場合じゃないですね。045.gif

さて、そんな誕生日直前の週末の外呑みは最寄駅で最近新規開拓したお鮨屋さんでした。
c0133013_105450100.jpg
この日は石川県の天狗舞というお酒をいただきました。夏限定の超辛純米とうたっているだけあってキレの良い爽やかな味わいで美味しかったです。
ヒカリ物のお魚にも脂の乗った鮪でもバッチり合いました。

c0133013_10554352.jpg
ちょっと炙ったのど黒のにぎり。美味でした~。最後の晩餐は何がいい?たま~に議論になりますが、私は断然旨い日本酒と美味しい魚とお鮨ですね~。

c0133013_10561948.jpg
余力がある時、たまに2軒目で立ち寄るロックバー。この夜は、日本酒からのバーボンロックとなりました。011.gif
70’sや’80’sの懐かしのロックナンバーを聞くときはやっぱりバーボンロックでしょ。


c0133013_10574557.jpg
お目目がきらっとして可愛い佇まいの海くん。こんな可愛い顔して実はこの季節彼はくちゃいオトコです。
ジトジトした気候のせいでしょうか?雑巾臭が・・・・。008.gif
でも良く晴れたこないだの日曜日にしっかり干したので今はまあまあイイ匂いになってます。(あくまで私基準の評価です)
c0133013_1059221.jpg
かいて?と頭を下げながらチラっと見てくる花。この上目遣いのチラ見が大好きな私、わざとじらしてしまいます。
c0133013_10592231.jpg
sana家の首長竜、ヒマワリ食べ放題。
c0133013_10594147.jpg
ナデナデされながらうっとりとカメラ目線。ヨウムってこういう時、艶っぽい表情になるなぁと思います。


c0133013_1114226.jpg
病院でネブライザー受けた翌日の希は、少し呼吸の状態が良くなります。
希の通院、7月で丸一年になります。
c0133013_11273.jpg
ピーちゃん、真っ白のお顔だったのに、最近鼻の上が黄色く変色してきました。なんだろ、老化現象?
c0133013_1122911.jpg
誕生日が不明のピーちゃんですが、もともとは私の実家で兄がお迎えしたセキセイインコでした。
兄が寒い地域に単身赴任することになってsana家で引き取ることになったのです。
ピーちゃん実家にお迎えされたのが2008年の秋の事ですから、ぼちぼち8歳くらいになっているはずです。
まだまだ元気ですけどね。相変わらずすばしこく、ギラギラとした暑苦しい愛にあふれております。
いつまでも元気でいてね~。
c0133013_1161269.jpg
お迎えして間もないころのピーちゃん。こんなにあどけない時もあったのね~。016.gif

[PR]
by sanakk | 2016-06-29 11:14 | Comments(4)
梅雨の季節まっただ中だというのに、今日も関東は良いお天気。天気が良いのは嬉しいのですが、ダムの底が見えかかっているところもあるようで、心配ですね。水不足。
節水を心がけなければ・・・。歯を磨く時や顔を洗う時、出しっぱなしの水を止めるだけでも5リットルの節水になるそうですよ。もともと私は出しっぱなしになんてしませんけど。
浴槽の水、洗浄剤入れて3回沸かしなおします。気持ち悪いですか?017.gif
いいんです。浴槽に浸かるのは家族で私だけですから。私は半身浴をストレス解消法としてるので、夏でもお風呂に浸からなければ気が済みません。節水は大切と思うけど、浴槽のお湯は譲れませんね。なので3日間使います。自分のダシが出ているだけですから。003.gif



ラブラブモードの花。朝からたっぷり愛情表現してくれます。
この時期になるとそろそろ花が首にくっついてくるのが暑苦しくなってきますが、がまんがまん。
朝と夜の限られた時間しか花とスキンシップできないのだから邪険にはできませーん。

c0133013_1526319.jpg
最近ジェルネイルを楽しんでいます。花や海が怖がるのでやめていたのですが、ふたりともすっかり慣れてしまいました。スタッズやラインストーンなど飛び出してしまうパーツを付けなければ大丈夫です。
c0133013_15265827.jpg
自分の手元を見た時、気分が上がるので飽きるまでネイル続けてみようと思ってます。
次はどんなデザインにしようかな~とか考えるだけでも楽しいですね。

週末のイタリアンは、数か月ぶりにお気に入りの茅ヶ崎のお店に行きました。
c0133013_15391532.jpg
この日初めていただいたスプマンテはキリッと辛口中の辛口。ほんのりとクレープフルーツのような柑橘類の味わいも感じられました。
c0133013_15393482.jpg
稲取産金目鯛のカルパッチョ。金目鯛は皮目が炙ってあり脂のりも良く美味しかったです。
c0133013_15404655.jpg
この時期限定のジンダのフリットはビールのつまみにぴったり。
c0133013_1541233.jpg
焼きナスとウニの冷製フェデリーニ。冷たくて焼きナスと塩雲丹のバランスが絶妙。こちらはまだ前菜です。
c0133013_1543654.jpg
本格的パスタは、地の蛤とアスパラソバージュのカヴァテッリ。湘南の地ハマ、サイズは小ぶりですが旨味はたっぷり。
c0133013_15441116.jpg
そしてピーチのアリオーネ。ピーチ、讃岐うどんのような強いコシがあってゴロゴロと不揃いに太いパスタですが、大好きです。みんな美味しかったけど、トマトとガーリックだけのシンプルなピーチがこの日のNo.1でした。
c0133013_15444723.jpg
そしてメインは少し冒険して春鹿のグリル。鹿と言うと歯ごたえのあるイメージでしたが、とても柔らかいお肉でした。お皿に盛られた違う部位、それぞれにお味が違って食べごたえがありました。
ごちそうさま~。この夜も大満足でした。

今、ちょっと気分が下がってしまう事がsana家では勃発していて、積極的に楽しい事をしてテンション上げようと頑張っております。美味い物食べて、旨い酒飲まなきゃやってられません!笑
ポジティブに~と自分に言い聞かせております。
花も「おかあさんと~」を毎日連発して健気に私を癒してくれてますし~。045.gif

[PR]
by sanakk | 2016-06-17 15:57 | Comments(6)
GW早くも後半ですが、皆さまどうお過ごしでしょうか?
前半は良いお天気に恵まれましたが、昨夜から関東も強風雨で荒れました。GWというと毎年穏やかに晴れているイメージなのですが、この時期こんなに荒れるなんてなんだか今年の春はおかしいですね。

連休二日目の土曜日、私は生まれて初めての宝塚体験をしました。
c0133013_11505120.jpg
有楽町にある東京宝塚劇場、もちろんこちらに入るのも初めてです。いきなり正面にある赤い絨毯を敷きつめた階段とシャンデリアに、ザ・宝塚を実感して思わず記念撮影。
演目はコミック原作の「るろうに剣心」。次女YUKAが大好きで宝塚編も見たいというたっての希望でチケットを取りました。もちろんYUKAも宝塚初体験です。
c0133013_11512268.jpg
何事も経験ですね~。男役さんの立ち振る舞いや台詞回し、衣装や舞台演出の豪華な事、独特の世界観ですよね~。ハマる方がたくさんいるのもわかる気がします。
お芝居が終わった後の、これでもかというほどの華やかなショーには感動しました。
例のすごい羽を背負ってシャンシャンしながら階段を下りてくるやつ、とうとう生で見ました~。眩いほどの華やかさに圧倒されましたよ。
私は多分ハマりはしないけど、演目によっては(ベルばらとか)また観劇してもいいなぁと思いました。


さてさて、連休前半、天気の良いうちに大洗濯をして、いらなくなった冬物の衣類や毛布も干して・・・と家事もたくさん片づけました。そしてもちろん、鳥たちも天日干ししました。

ピーちゃんの水浴びは、ウチの鳥たちの誰よりもダイナミックで、ちょこまかと速いです。


花には霧吹きで強制水浴びをしていただきました。
c0133013_11542680.jpg
冬物のニットと一緒に干される希とピーちゃん。
c0133013_11544044.jpg
スパイシーな香りをリビングに漂わせている海もしっかり天日干し。雑巾のようなニオイが香ばしいお日様の香りに変わりました。
c0133013_1154587.jpg
不思議そうに外の世界を眺める希。
c0133013_11554083.jpg
相変わらずビビりの花は、わくわくドキドキ。
寒からず暑からずでからりと晴れるこの時期は、本当に鳥たちの日光浴に適していますね。
詩さんは只今抱卵中なのでそっとしておきました。


グルメもちゃんとしてますよ。昨日は鎌倉は由比ヶ浜にあるお気に入りのイタリアンレストランに行ってきました。
女性シェフがオープンキッチンで腕を振るうこちらのお店へは、久しぶりの訪問です。
今回はキッチンの中のシェフのお仕事を拝見しつつ、お話もできるカウンターの端っこ席でよかったです。
c0133013_11572844.jpg
まずはハートランドビールをいただきながら、鰯のサラダ。スモークされた鰯の塩味と鎌倉野菜の甘みとの調和がとれていて美味しかったです。
c0133013_1235455.jpg
ボトルで注文したスプマンテもキリッと爽やか系で酸味も程よく。
c0133013_1158093.jpg
二皿目は赤イカのソテーとグリル野菜。ワインが進みますね~。
c0133013_1242854.jpg
冷たい新玉ねぎのスープもいただきました。クリーミーかつ新玉ねぎの甘い風味がとても美味しかったです。
この日は脱メタボ中のおやーじゅの減塩、減酒も解禁でしたがつい野菜系を多く注文してしてしまうし、血液サラサラ効果の玉ねぎとか食べなくちゃ、とか思ってメニュー選びしてしまいますね。

c0133013_127860.jpg
パスタはピカジェのアーモンドソース。前回来た時もいただいてとても美味しかったので再びオーダーいたしました。もちもちの生パスタに絡むアーモンドとチーズとルッコラ、やっぱり美味しい。
この日パスタは一品にして(いつもならパスタ2品なのですが)メインは山形牛のグリル。
c0133013_121462.jpg
あえて赤身ではなく、刺しの入った部分を焼いてもらいました。旨みたっぷり、軟らかくておいしーい!(でもやっぱり私は赤身の方が今は好きかな?)
こちらのお店の女性シェフはドルチェもお得意です。ドルチェを作っている時が一番楽しいとおっしゃってました。
c0133013_129686.jpg
たくさんの種類のドルチェの中からシェフお勧めのプリンとティラミスをチョイス。
プリンはとろけるやつじゃなくて、昔懐かしのしっかり硬めです。濃厚でほろ苦いカラメルがまた素晴らしい。
満足、満足。
ほろ酔い気分で江ノ電に乗って家路につきました。
c0133013_1293732.jpg


連休後半、西からの低気圧で荒れ気味のお天気が北上しているようですが、それを追いかけるように私も北国へプチ旅行します。
北海道の桜もこの悪天候で散ってしまうのでしょうか~。桜が見られたらラッキーだなぁ。


[PR]
by sanakk | 2016-05-04 12:17 | Comments(6)
桜の開花とともに新年度が始まり、街では初々しい新入社員の姿を見かけます。
ダークスーツにスプリングコートを羽織って髪を一つにまとめるというお決まりの出で立ちの就活中大学生もよく見かけますね~。かく言う私も就活戦線まっただ中の娘(次女)を持つ親ですが・・・。
一昨年の長女の就活は悪戦苦闘でハラハラさせられましたが、今回はどうなることやら。
満開の桜を見上げては、なんとかうまくいって欲しいと祈る母です。
当の次女YUKAは「焦ったってしょうがない、なるようになるさ」みたいなこと言ってのほほーんとしておりますが、本当は不安でいっぱいなのだと思いますね。
c0133013_162034100.jpg
それにしても、桜が満開になるとどうしてこうどんよりとしたお天気ばかりになるのでしょうか?
この時期の雨と風が、せっかく咲いた花をすぐに散らしてしまいますし。
そういう桜の儚さに人は魅せられて、せっせと肌寒い中、お花見に行くのでしょうか~。

さて、その次女YUKAと先日、都心にある某レンタルドレスのお店にフィッティングに行ってまいりました。
5月に甥っ子の結婚式があるのです。結婚式にお呼ばれなんて、何年振りでしょう?
私は友人の結婚式以来だから、なんと、22年ぶりくらいです~。
娘たちは、初体験です。さあ、困った!衣装はどうする?ということになりました。
オンナ3人分のドレス、靴、バック、アクセサリー、となるとこれは大変な事です。で、ネットで調べてなかなか素敵なレンタルショップを見つけまして、今回はそちらですべて調達することにしたのです。(娘たちはたぶんこれから10年くらいの間にお友だちの結婚式お呼ばれラッシュが来るであろうから、購入してもいいのかな?と思いましたが)
そのレンタルドレスショップは、ショップと言ってもマンションの一室で若い女性が一人で経営しているようでした。フィッテイングは完全予約制。
ドレスの種類はそんなに多くはなかったですが、可愛くてセンスの良い物ばかりでした。
私のようなオバサンが着られるドレスの種類はとても少なかったですが、なんとかギリギリセーフの物をみつけました。042.gif
若い子のドレスは選択肢が多くて羨ましいです。私もあと30年若かったら着れるのにー012.gif
c0133013_16255384.jpg
いろいろ悩んで、最終的にこの4パターンが残りました。うまく生地の色や質感が撮れていませんが、みんなYUKAに良く似合って可愛かったんです。
左上はシルバーのジャガード織のような立体感のある柄の生地のドレス。ウエスト前で結ぶ大きなリボンがありましたが、あえて外しました。白のボレロと合わせて。
右上はマットな黒のシンプルな生地で裾にフレアがついたAラインのストンとしたワンピース。首元にクリスタルが最初から縫い付けてあります。
左下はサテン地の黒にブラウン?オレンジ?っぽいシフォンを合わせたドレス。ノースリーブなので黒のひらひらの小さなボレロを合わせて。
右下は黒に見えますがネイビーです。キラキラとスパンコールが光る生地でスカートには透け感のあるシフォンが上からかぶせてあってさりげなくキラキラ。白のボレロを合わせて。
さて、どれに決めたのでしょうか?039.gif
YUKAは右上のシンプルなAラインの黒が気に入ってたみたいですが、結局私が一番押した左下の黒とオレンジのドレスに決まりました。可愛らしさの中にも、上半身の黒に大人っぽさもあってYUKAにも良く似合っていました。(親ばか)
こんなハイウエスト切り替えのふわふわワンピなんて、20代前半じゃないと着られませんよね~。
来月の結婚式当日、母娘3人でドレスアップするのが楽しみです。


c0133013_16292935.jpg
出たら帰ってくれないあんぽんたんトリオの放鳥中です。
こいつら、呼んでも来ないし、手には乗ってくれないし、アンコントロールな三羽なのですが、私がソファで転寝しているといつの間にか私の周りに集まってくるので憎めません。

c0133013_16295886.jpg
コントロール可能なふたり組jはこちら。
海なんて、ちょっと外で遊んだらとっとと自分でケージに帰っちゃいます。早く帰れば早くおやつにありつけることを知っているのです。
ケージの中にセットされているナッツを早々と平らげたら、再び出てきます。これを何度も繰り返せばその度におやつをもらえると思ってるらしいです。
しかーし、そうは問屋がおろしませんよ。044.gif
c0133013_1634386.jpg


このところワインばかりでしたが、先週末は美味しい日本酒をいただきました。
最寄りの繁華街になかなか良い感じのお鮨屋さんを新規開拓いたしました。
c0133013_16343880.jpg
辛口でキリっとしたお味の岐阜のお酒、三千盛。肴は旬の桜鯛をすだちとお塩でいただきました。
大将お任せコースはいくつかの肴が出た後、握りが10カン。
c0133013_16352060.jpg
小ぶりなキンキの煮つけや旬のヤリイカの煮物など結構お腹にたまる肴の後、握り10カンでおなか一杯になりました。鮪赤身のづけや煮蛤は素晴らしく美味しかったです。
お値段もそれほど高いわけではなく、まあ内容に見合っているだろうという程度。落ち着いた雰囲気で良いお店を見つけたと思っていたら、カウンターの一番奥に座っていたカップル、中年サラリーマンと若い娘(見るからにキャバ嬢風)がイケなかったです。
「もー、いやーん。やっだぁーん。痛ぁーい」とピンク色の大きな声で騒ぐ娘で、鮨屋で何をいちゃついてんだとカウンターの客みんながドン引きして固まったのです。お店の人も苦笑い。
美味い鮨と酒が台無しです。ピンク色の大騒ぎは、我々の食事の終盤から始まったのでまだ良かったですが。なんだか呑む気が失せて、その日はお酒一合で引き揚げました。
運が悪かったのでしょうね。歓楽街に近い場所でしたからそういうお客さんもいるでしょう。
それが無かったら★みっつです!と言えたんだけど・・・・。









[PR]
by sanakk | 2016-04-06 16:53 | Comments(4)
桜の開花が始まりましたね~。近所の公園の桜はまだまだ3分咲き程度(3/29現在)ですが、その木の下にシートを敷いて夕方から宴会を始める方がチラホラと現れ始めましたよ。
花の見ごろはまだだし、肌寒いのに好きだなぁ~と私なんか思っちゃいますけどね~。

さてさて、春を迎えたsana家のお鳥さまたちの話。
オカメの詩さんはただ今絶賛抱卵中。
c0133013_161288.jpg
最近はだいたい1個か2個しか産みませんが、きっちり2ヶ月毎に産卵いたします。
この時期気が立っていてカメラを向けると「シャーッ」とすごい勢いで威嚇してくるのでまともな写真が撮れません。
c0133013_16122874.jpg
すごい勢いで突進してくるので、ピンボケてしまいます~007.gif

詩さんが抱卵生活に入ると、落ち着きがなくなるのが別居療養中の希くん。
希の位置からでは、詩の様子が見えるはずないのに、お互い何かサインを出し合っているかのようです。
c0133013_1613151.jpg
詩の方角を見上げてそれはそれは響き渡る声で鳴き続ける希なのでした。
鳥は肺から鳴き声を出しているから、肺に病気があると声が出なくなると以前病院の先生から聞きました。
煩いほど良く通る声で長時間鳴き続ける希の肺炎はもう良くなっているのでしょうか?
でも、眠くなってうつらうつらし始めると、お腹が激しく動いて明らかに荒い息づかいが聞こえてきます。とても苦しそうに眠っています。
少しは良くなっているのかなぁ~。前回病院に行った時は、先生が抗生剤の注射はやめて、薬も量を減らしましょうとおっしゃっていたので、もうそろそろ病院を卒業する時が近いのでしょうか~。

c0133013_1615096.jpg
希が大音量で鳴き始めると、絶妙のタイミングで花が「うるさい!うるさいよ~。」と言います。おやーじゅの声で。私の声で言う時は「うる」が抜けて「さい!さい!」と、短く吐き捨てるように言うのです。
私は、本当にそんな言い方をしているのでしょうか~。自覚は無いけれど花がそう言うのだから言ってるんでしょうね~。反省・・・・。

↑海のコレが始まると、花はアンニュイな声で「海ちゃん、うるさいよー」と言います。相手によって微妙に言い方が変わるところが可笑しいですね。


先週末、いただいたイタリアン。いつもお邪魔する茅ケ崎のお店です。
c0133013_16153893.jpg
左上から、イサキのカルパッチョ。
真鯖のサラダ(コリアンダーやイタリアのタンポポの葉など、とても美味)
若竹のモッツァレラチーズ焼、みやじ豚のグリル
パスタは牛スジ煮込みのキタッラ、レモンとアーモンドのスパゲットーニ
ドルチェは清美オレンジのタルトと苺のミルフィーユ
いつものように、旬の野菜、地の魚を美味しくいただけて、よい週末となりました。
c0133013_16164740.jpg
ワインは、最近のお気に入りNO.1のスプマンテ、ゼロ・インフィニートを一本空けて、グラスで赤を一杯。
そしてこの日は、食後酒にグラッパを2種類いただきました。これがいけなかった!
呑みすぎました~。翌日、若干調子悪かったです~。008.gif


そして今週になって私がハマっていること。それは競馬観戦。
c0133013_16173131.jpg
c0133013_16174269.jpg
仕事の帰り道にある某公営競馬場。夕方から開催されるトゥインクルレースの1戦、出走の瞬間です。ものすごく近くで見ることができます。
実はコレ、競馬場の中で見ているのではないのです。
競馬場の隣りに最近できた商業施設の裏の駐輪場が、なんと競馬場の馬場と金網フェンス越しにありまして、場内のスタンドなんかよりよっぽど近くでサラブレッドが走る様を見ることができるのです。
金曜日までこの競馬場でレースが開催されているので、毎日寄り道して、フェンスにかぶりついて観るつもりです。
c0133013_16184320.jpg
結構迫力ありますよ。近いですから。馬の蹄の音、ムチの音、息づかいまできこえてきますし。
c0133013_16193257.jpg
     葦毛のサラブレッド、きれいですね~。
c0133013_16202433.jpg
      すごいでしょ?この近さ。
c0133013_16204750.jpg
スタートを後ろから見れちゃったりするんですよ~。かつて競馬ファンだった私としては堪りません。
馬って美しい生き物だなぁと思います。





[PR]
by sanakk | 2016-03-30 16:30 | Comments(4)
先週までの寒さが嘘のように暖かくなりました。お天気の良い週中日、仕事を休んで久しぶりに千葉県外房の海にやって来ました。
この数か月、忙しくて土日も仕事漬けだったおやーじゅが一日休んで波乗りに行くというので、私もお供した次第です。
おじさんサーファーのおやーじゅは、湘南と千葉外房は相当食べ歩いているので、ついて行けば間違いなく美味しいものが食べられます。
この日は私のリクエストでフレンチのお店につれて行ってもらいました。
c0133013_14421613.jpg
長生郡一宮町の海岸近くにあるオーベルジュpole pole さんです。
木々で囲まれた広い敷地内にこじんまりと建つ平屋の建物。 海辺なのに森林の中のリゾートホテルみたい。
ゆったりと寛いでお食事できる雰囲気です。ゲストハウスも3つほどあって、夏ならば宿泊しても愉しそう。
c0133013_14381811.jpg

広い庭の隅っこの方に、おとぎ話に出てきそうな可愛らしいパティスリーがあります。なんでもシェフの奥様がお庭の隅でお菓子を作っているのだとか・・・。
c0133013_1440250.jpg

私は朝ごはんを抜いてきているのでおなかペコペコ。
c0133013_14425460.jpg
アミューズとスパークリングワイン。おやーじゅはノンアルコールビールで久々の休日に乾杯!
c0133013_1443993.jpg
お次は菜の花のポタージュ。ほろ苦い菜の花の風味はそのままでクリーミー。
オリーブオイルで描かれた菜の花が可愛いですね。
c0133013_1443342.jpg
お次はお魚。ワラサのグラタン仕立て。地元で採れる野菜や魚介を使って和テイストも取り入れた優しいお味のフレンチですね。
お魚の下からはほうれん草の胡麻和えが現れました。美味しかったです。
c0133013_14443622.jpg
お肉は私が横芝産合鴨ロースト、オレンジと赤ワインのソース。添えられた味付けなしの地のお野菜が美味しい事!もちろんお肉も美味しい!鴨とオレンジソースって王道だけど確かに美味しいですよね。
c0133013_14451056.jpg
おやーじゅは北総豚のカダイフ包み焼きマスタードソース。こちらもサクサクと香ばしく、豚の脂身まで甘くておいしかったです。
c0133013_14453712.jpg
そしてデザートは夷隅産の黒大豆のブラマンジェ黒蜜がけ。カッテージチーズのような白いのは豆腐のアイス。舛に入ってるのも面白いですね。とても美味しかったです~。

お庭の端っこのパティスリーのケーキを買って帰りたかったけど、まだこれから家に帰るまで何時間もあるので生ものは無理とあきらめました。

さて大満足のカジュアルフレンチランチの後は、外房の海岸線を車で走ります。
おやーじゅの波乗りポイントを探しながら。
c0133013_1446272.jpg
千葉県興津町の海岸はとても美しいです。海水が澄んでいて底が見えるほど。なんで同じ外房の海なのにここは特別に綺麗なのでしょう?

勝浦のホテル三日月を通り過ぎ、平日で全く人気のない鴨川シーワールドを横目で見つつ、何か所か波乗りポイントを回ったのですが、おやーじゅいわく何処も波がイマイチらしく・・・なかなか海に入りません。
c0133013_14482582.jpg
太陽も傾きかけた頃、やっとこさ丸木というポイントで満を持して海に向かうおやーじゅでした。
ランチのワインが効いてきた私は車の中でお昼寝です。波の音を聞きながら、シートを倒して転寝するこの時間が私は好きです。

日が暮れて陸に上がったおやーじゅとこの後、南房総の千倉に向かいました。
一見、その辺にある古い酒屋のような佇まいのお店なのに、一歩入るとものすごい種類のワインが置いてあってソムリエの方がアドバイスしてくれると言うお店に行きたかったのですが、着いてみるともう閉店していました。残念!こちらは次回訪問の機会のお楽しみとしましょう。
この後、アクアラインに乗って我々は家路につきました。なかなか楽しい早春房総半島ドライブの一日となりました。
たまには平日に休みを取って遊ぶのも良いものですね。001.gif


c0133013_14495254.jpg
最後にまんまるピーちゃん。珍しく、正面顔を撮らせてくれました。
(ブログを始めてから4台目のデジカメが壊れて、写真はもっぱらスマホのカメラで撮っているので、動きの速い鳥たちの写真がうまく撮れていません。なので最近、sana家の鳥たち、出番が少ないです~)







[PR]
by sanakk | 2016-03-18 15:02 | Comments(4)
先週、朝に地震がありました。sana家のエリアは震度3で思ったより大きくなかったですが、下から突き上げるような揺れだったのでちょっと焦りました。
調度、花と海の放鳥中だったのでリビングはしばしパニック状態になりました。
気を付けていたつもりだったのに、いきなりドドドドッと地鳴りのような音とともに揺れたので私がうろたえてしまいました。花も海も、私の怯えがもろに伝わってしまって余計にパニック状態になってしまったのだと思います。
鳥たちの前では、平常心を忘れない事。いつも言い聞かせているのに、いざとなると難しいですね~。
c0133013_16342816.png
バタバタと部屋中を飛び回ってどこかにぶつかってパソコン前に落ちたところを確保された海。幸いどこも怪我してなかったですが、
荒い呼吸と心臓のドキドキが手に伝わってきました。怖かったね。ごめんね。

c0133013_16362126.jpg
最初は遠慮がちに椅子の背にとまって、おやーじゅの背中に貼りつく海。
c0133013_16364982.jpg
頃合を見計らって肩に移動。
c0133013_16371351.jpg
おやーじゅの肩に無事よじ登って自分のポジション確保。ドヤ顔してます。003.gif


c0133013_16375265.jpg
うーたん、またしても産卵。今回はひとつしか産まないつもりかしら?だんだんと産卵数が減ってきているような・・・。
抱卵中は、私が覗くだけでも、体を膨らませて威嚇してきます。
c0133013_16383556.jpg
ハァッ!ハァッ!と息を吐きながら嘴を開けて突進してくるのです。母は強しですね。
もちろん希とは別居中なので、今回も無精卵。どれだけ温めても孵ることはありません。

玄関のドアノブでカキカキしてもらうのがブームになってる花。自分で飛んで行って、待ってます。頭を下げて。
c0133013_1639951.jpg

玄関は寒いからお部屋に戻ろうよ~と連れ帰っても飛んで行っちゃう。008.gif
私の外出を阻止しようという魂胆なのでしょうか~?
c0133013_16515393.jpg
花が居座ったあとの玄関扉は白ーくなっています。037.gif


久しぶりに家族4人で外食した週末。新期開拓した地元の焼肉屋さん
当りだったと思います。何を食べても美味しかった~。
c0133013_16405710.jpg
ローストビーフアドカドわさび。鮪とアボカドの組合せはポピュラーですが、和牛とアボカドねぇ。
美味しいです!山葵たっぷりつけて。
c0133013_16412631.jpg
和牛の炙りにぎり。お口の中でトロけました。
c0133013_164237.jpg
写真は上ロース。 他にも特選厚切りタン塩やら、和牛赤身肉盛り合わせやら。
最近、牛肉はあまりたくさんは食べられなくなってたけど、この日は肉食獣と化したsanaでした。
そして、家族4人で結構食べたのに、お会計が安い!これが重要なところ。
再訪必至のお店でした~。



[PR]
by sanakk | 2016-02-09 15:46 | Comments(4)

新橋路地裏~おでん 

あっという間に節分ですね。先ほどタクシーに乗ったら、降りる時、運転手さんにおつりといっしょに節分のお豆と飴の小袋を渡され気がつきました。最近のタクシーは季節のイベント事に因んだサービスまでしてくれるんだ、と感心しました。

寒い日が続いてますが、私は相変わらず週末になると夜の街へ食べ歩き飲み歩きに出かけています。
先週末、友人と出かけたところは新橋でした。
サラリーマンの聖地です。土曜日だったので平日の夜よりはスーツ姿のサラリーマンは少なかったですが、それでも思いのほか仕事帰りらしき人が多かったですね~。
c0133013_15233869.jpg
鳥森神社でお参りしてから、神社敷地内の路地を通り抜け、階段を降りれば、ザ・新橋な裏路地。ワクワクしますね~。
c0133013_1538488.jpg
土曜日なら大丈夫だろうと踏んでいた、路地の小さな焼き鳥の名店は既にいっぱいで入れませんでした。
オイスタバーでも行こうか・・・と歩いていたのですが、結局その日行きついたお店はおでん屋の「新橋かま田」さん。ラッキーにもカウンター2席空いてました。
その日のメニューは、3500円のおでんコースのみでしたが、これが美味しくてお値打ちなコースでした。
c0133013_15265883.jpg
       まずはお通しにヱビス生で乾杯。至福の瞬間。
c0133013_15273963.jpg
お次はお刺身のお皿。大間の鮪、中トロ赤身にその朝九州から届いたというカワハギ。白子ポン酢にタコ(絶品!)、白エビetc・・・少しづついろいろ愉しめます。お酒は山口県の東洋美人。キリッと辛口で美味しい。
c0133013_1528025.jpg
次はお椀。蛤しんじょう。ふんわりと口の中で蛤の旨味が広がって融けました。
そしてコースのメインは、そう、おでん!寒い夜のおでんと日本酒は最高ですよね。
c0133013_15282775.jpg

お出汁がとても美味しいおでんです。すべての具がしっかりと出汁を吸い込んでほっこりと幸せになるようなおでん。特別扱いになっている玉子は絶品でした。
カウンターの中でおでんの世話をしながらお刺身を切ったりほかの料理をしたりとひとりで活躍している板さんは、まだ若そうに見えましたが、かつてはあのおでんの老舗お多幸にて腕をふるっていたのだとか。
ちょっと意外な気がしました。こちらのお店のおでんはお多幸の濃くて甘いおでんとは対極にあるような、見た目は薄い出汁勝負のおでんだからです。

c0133013_1543273.jpg
大間の鮪があまりにも美味しかったのでここで再び雲丹とともに注文。お酒は山形正宗をいただきました。(少し筋っぽいですが、脂の乗った大間の鮪の頭の部分を切ってもらいました)雲丹は甘みが強いので、塩でいただきました。最高の酒の肴!

c0133013_15312547.jpg
そして最後はお豆腐ごはん。ごはんの上にごろんと乗っかったアツアツのお豆腐にお上品なだし汁がかかっています。
お腹いっぱい。美味しかったです。本当は生牡蠣を食べに行くはずだったのですが予定を変更して大正解。

よっぱらい二人組は新橋駅前の地下街を散策し、バーでもう一杯やってから、謎の台湾式マッサージにはいりました。
片言の日本語と中国語ペラペラの女性だけのマッサージ店。おっかなびっくりカーテンで仕切られた個室に入ると、「これ、着替えるね」と差し出されたのはドピンクにくまさんだかうさぎさんの模様の短パンとTシャツ。
大丈夫かな?不安になりましたが、ドピンク上下に着替えて横たわったら天国が待ってました。全身と足裏しっかり揉みほくしてもらって昇天しました~。台湾式マッサージ、いいですね。
今度新橋に呑みに来たら、またこのマッサージ店再訪しようと思いました。
新橋ナイト、なかなか楽しかったです。043.gif

さて、お鳥さまのお話を少し。
詩さんは自分の夫を差し置いて、海の事が好きみたいです。やっぱり。
c0133013_15333181.jpg
海がケージの近くにやって来ると、一番近い角に下りてきてじーっと熱い視線を送っております。
でも、そんな詩のこと、海は眼中にありません。

海はステンレスの支柱に映る自分の姿に夢中のようです。ナルシスト。
自分の事、好きでも仕方ないか・・・。だって、海は本当に美しくてかっこいいインコだもの(親ばかですから)
c0133013_15342969.jpg

立場が変わって、今度は花にケージの外からガッツンガッツンされる海。花の目に海の姿は映っていません002.gif
c0133013_1535599.jpg



[PR]
by sanakk | 2016-02-03 15:48 | Comments(5)
沖縄に雪が降るなんて!信じられないような大寒波でしたね~。雪というかみぞれだったらしいですが。
c0133013_15492940.jpg
今日も寒いです。空気が澄んでいるのか、午前中はみごとに雲一つない青空でした~。耳が痛くなるほど空気は冷たかったけど。本当に暖冬なんですか?

この寒いのに、今朝の花ちゃま水浴びモードにオンしたみたいでした。水を新しくしたとたん、両足を浸けて足踏み、これが花の水浴びです。時々嘴でお水を外に撒きながら・・・。花自身は足以外濡れてないけど、ケージの回りはびしょびしょになります。008.gifあっという間に水入れのお水は無くなってしまいました。

でもって、花は自分が水浸しになったつもりでいるらしく、盛んにブルブルします。どうせ水浴びするなら、もっと豪快にすればいいのに。
(ボウルに水を張って出しても怖がって、絶対近づきません)

忙しくて夜の放鳥を割愛された翌朝は、あきらかにしつこくつきまとう花ちゃまです。エンドレスなでなでを要求して私の肩から離れてくれませーん。



さて、先週末のグルメは、港区三田にある「三田ばさら」さんに行ってきました。
以前、三田の広告代理店で働いていたので、この界隈は少し知っているのですが、久しぶりに訪れると大分お店が入れ替わっていましたね。当時の場所にそのまま残っているのは、マクドナルドくらいのものでした~。
私が通っていたころに比べると居酒屋がすごく増えている気がしました。面白そうな美味しそうなお店がたくさんありました。
創作和食のばさらさんでは、名物のトマトすきやき懐石をいただきました。
c0133013_15311150.jpg
五種盛り合わせ→お椀は鰤のお吸い物(お出汁が秀逸)→お造り(鮪、平目、白いか)
そしていよいよ、楽しみにしていたトマトすきやき。テーブルにすき焼き鍋は無くて、お店の人が近くのテーブルで作って取り分けて持ってきてくれるシステムです。
c0133013_15314019.jpg
玉ねぎとトマトと和牛だけのシンプルなすき焼きですが、甘い割下をトマトの酸味がさっぱりとさせてすいすいと食べさせてくれる感じ。
150gの和牛を、トマト玉ねぎと共に3回に分けて取り分けてくれるので、お腹いっぱいになります。はじめは足りるかなぁと思いましたが。
〆は、お肉とトマトの旨味が煮詰まった割下になんとタリアテッレを投入して、イタリアンに変身です。
c0133013_15323015.jpg
バジルとパルメザンで、和風ボロネーゼみたいでしたね。濃厚なお味です。
濃いと思ったらすき焼きの卵につけて食べてくださいとのことでした。
この後、お茶とこだわり卵で作ったプリンが出て懐石コース終了でした。
美味しかったです。お腹いっぱい。
たまには目先の変わったものをいただいてみようということで、トマトすきやきにトライしてみましたが、おやーじゅはすき焼きの割下が甘過ぎると、若干不満だったようです。
すき焼きとはそもそも甘辛い食べ物ですし、トマトの酸味を加味しての味付けだと思いますが、味覚は人それぞれですな。039.gif
鰻の蒲焼や牛丼、すき焼き、日本の甘辛い食べ物の甘さ加減については、いつもおやーじゅと私は意見が分かれるところです。

久しぶりに間近で見る東京タワー。一晩のうちにライトアップを変えるんですね~。
c0133013_1535416.jpg
左はお店に入る前、右はお店を出て帰る時。
ドット柄のような右のライトアップ、とても可愛かったです。043.gif

まだしばらく寒い日が続きそうですので、皆さまご自愛くださいませ。

[PR]
by sanakk | 2016-01-26 15:57 | Comments(6)
新年のご挨拶から大分経ってしまいました。気がつけば1月も中旬となり、2016年も確実に歩を速めて先へ先へと進んでいきます。
恵方巻きが来て、雛祭りが来て、五月の節句にGW・・・もうその流れの速さが手に取るように予測できますね~。

お正月休み、珍しく娘二人と映画を観に行きました。
c0133013_162918100.jpg
007スペクター。スパイモノ映画が好きな私は、ダニエル・クレイグが007役になってからは毎作欠かさずに見ています。
ダニエル・クレイグ、素敵です~。英国紳士って感じなのにワイルドで渋い。今回もジェイムズ・ボンドをタフにセクシーに演じきってくれてます。面白かったですよ。
二十歳の娘にもその渋いおじさまの魅力は理解できたみたいです。003.gif
でも、実はそのダニエル・クレイグ、私より年下です。ガーン。
子供のころから、ジェイムズ・ボンドといえば強くてセクシーなおじさま、という印象で、それは大人になった今も変わっていないのに自分だけがどんどん年取って、とうとうボンドの年を越えてしまったという事実。切ないです~。

そしてこの3連休の初日は、日が暮れてから鎌倉に繰り出しました。
c0133013_1631239.jpg

松の内が過ぎても、小町通はまだまだお正月ムードが漂っていました。夜になっても結構な人出でした。
c0133013_16312627.jpg

新年の参拝にいくわけでもなく、我々の目的は小町通にある隠れ家的イタリアンワイン食堂「オステリアコマチーナ」さんでした。
c0133013_16334842.jpg
こちらのお店でまたまた↑このスプマンテに出会うことができました。ゼロインフィニート。
迷わず注文しました。
本当に美味しい、このワイン。ネットで調べたらお取り寄せできるみたいなのだけど、こういうワインはお店で美味しいお料理と一緒に呑むから美味しいのですよね。きっと。
自分の家の散らかったテーブルで、私のガサツな料理を肴に呑むんじゃ、ワインがもったいないなぁと思い、お取り寄せはやめました。
c0133013_16345741.jpg

呑み進めるほどにグラスの中のスプマンテの色が変わっていくのがお分かりになるでしょうか?
最後の一杯には瓶の底の澱が混ざって濁っていますが、これがまた深い味わいになって美味しいのです。

2016年も、美味しいワインや日本酒とのどんな新しい出会いがあるのかとワクワクしています。


c0133013_16361612.jpg
ピーちゃんのご飯の中にほっぺのホクロが抜け落ちているのを発見。
でもピーちゃんの顔を確認すると、ちゃんと左右対称に揃っているホクロ。どこのが抜けたんだろう?この黒●は一枚の羽毛に描かれているんですね。なんだか不思議。

c0133013_1637620.jpg
朝から台所で寛いでしゃべり倒す花ちゃま。
「ごはんだよ~。ごはんたべるぅ~」最近これしか言いません。あとは人の行動を見て、絶妙のタイミングで「ヤバッ!」とか「くっさ!」とか、ロクな事言いません。
だれか花にちゃんとした日本語を教えてやってください。やっぱりsana家の人間の会話がひどい、ということなのでしょうね~008.gif

[PR]
by sanakk | 2016-01-12 16:16 | Comments(2)