ヨウムな生活

sanahana.exblog.jp

平凡な主婦と平凡なヨウムの楽しく滑稽な日々を綴ります

タグ:グルメ ( 152 ) タグの人気記事

気づいたら11月も中盤、ああ、一週間が早い早い。そろそろ忘年会シーズンの到来ですね~。
2015年は年明け早々に義母が2度目の骨折入院となり波乱含みの幕開けでしたが、それ以外は可もなく不可もなくといった一年だったなぁと、もう一年の振り返りをしています。
すごく悪い事も、すごく良い事もないけど、sana家のメンバーは大きな病気もせず日々淡々と過ごすことができた、ということで、良い年だったのかもしれません。
あ、でも今年は4月から長女が就職して無事社会人になったのでした~。これは私にとっては良いことでした。
長女は今、就職したIT系の会社から出向という形で某大手外資系PC製造販売会社の本社で働いております。入社して約7か月。話を聞いていると、なかなか厳しい職場のようで日々鍛えられているようです。
もう社会に出た大人ですから、娘にエールは送れても直接助けてあげることはできません。
自分で道を切り開いて行ってもらうしかありません。


そうそう、もう一つ良い事がありました。次女が書道に励んでいることは何度かここでも書かせていただきました。2ヶ月も前のことですが、とうとう準師範に合格しましたー!
c0133013_1623591.jpg
もう、目指すのは師範のみとなりました。現在も秀麗さん、師範昇格目指して頑張っております。045.gif

後はsana家の二男坊希の病気が年内に完治してくれれば言うことないんですが・・・・。
c0133013_1631818.jpg
ケージの中のおやつ置き場にナッツを置いてあげようと手を入れたら、怒って威嚇しております。
攻撃してくるほど元気ってことなんですけど。
毎日高カロリーなピスタチオを食べさせているので、体重が3gほど増えました。
c0133013_1634185.jpg


c0133013_1635827.jpg
花と海を両肩に乗せてご満悦。003.gif秋の夜長は家呑みと鳥たちと戯れて過ごしています。

ストーカー花は、相変わらずトイレの中まで私の後を追いかけてきますが、この頃はゴミを捨てに行こうとすると外までついて来ようとするので困っています。
c0133013_165198.jpg
玄関外のノブにつかまって、ゴミ捨てから帰ってくる私を待ってる花。朝の習慣になりました。
あ、ご心配なく。sana家の玄関扉は建物の中なので、花が外に飛び出すことはないです。
外に出るには、玄関を出てさらに内階段を降りなくてはならないので、さすがの花もそこまでは怖くてついて来れないようですね。おとなしくノブにとまって待っててくれますよ。

c0133013_1653993.jpg
いつも忙しい朝は、ながら放鳥でじっとしていない私を追いかけまくる花も大変でしょうね。
少しでもそばに居たいと思ってくれるのでしょう。可愛い子です。016.gif
c0133013_1661243.jpg
c0133013_1662644.jpg


さてさて、今週末は日本料理のお店でじっくりと日本酒を楽しみました。
数か月前からたびたびお邪魔している地元の日本料理屋さんは、ご主人が能登出身の方で、能登の食材を使った美味しいお料理を出してくれます。
c0133013_1673622.jpg
まずはお造り。雲丹以外はすべて能登産のお魚。目の前で届いたばかりの大きな鰤の解体を見せてもらいました。鰤はこれからどんどん美味しくなりますね~。この日いただいた鰤のカマ近くの部分、脂が乗って美味しかったですね~。
c0133013_168238.jpg
七尾湾周辺でしか獲れないという赤西貝。初めて頂きました。関東ではなかなかお目にかからない巻貝ですよね。コリコリした食感と口の中に広がる上品な磯の香、美味しかったです~。
c0133013_168262.jpg
自家製だというカラスミを甘い大根と一緒にいただきます。最高の酒の肴ですね。カラスミはカドの無いまろやかな出来上がり。合わせて吞んだのは福井のお酒黒龍でした。(写真撮り忘れ)
c0133013_16103413.jpg
和食屋さんでいただく牡蠣のグラタンもまた良いものです。ホワイトソースがどこか和風。
c0133013_16111632.jpg
石川県のお酒加賀鳶いただきました。こちらは黒龍とはまた違ってフルーティーで爽やかさを感じました。
c0133013_16113883.jpg
出初めの白子ポン酢。お品書きにはなかったけど冷蔵庫に白子があるのを見つけて作ってもらいました。
c0133013_16124142.jpg
フォアグラの味噌漬け焼き。大将ご自慢の一品。大根おろしがよく合います。味噌がカリッと香ばしく焦げてほっぺたが落ちそう。
c0133013_1613219.jpg
お酒は奈良県北村酒造の猩々(しょうじょう)。希少なお酒、特別本醸造でナンバーがふられてます。こちらは500本中のNO.234。これは美味しい!危険なお味です。魂を持って行かれそう。
この日いただいたお酒では、この猩々が一番好きでした。
c0133013_16133385.jpg
このお酒に合せて大将が丁寧にさばいて出してくれたのが、能登産香箱蟹。ズワイガニの雌です。
小ぶりな蟹ですが、外子(そとこ)と呼ばれる茶色の卵のつぶつぶの食感がたまりません。内子と呼ばれるオレンジ色の味噌の部分も濃厚な旨みたっぷり。香箱蟹は11月から年末にかけての短い期間が旬なので、とても贅沢な肴になりました。
週末ごとの美味しいお食事とお酒は、その次の週も頑張ろうという私のエネルギーの源ですねぇ~。043.gif


[PR]
by sanakk | 2015-11-14 16:16 | Comments(4)
11月に突入しました。ふた月ごとのカレンダーも残り一枚となりました。なんとなく年末感がじわじわと漂ってまいりました~。
一年中熱帯雨林のようなsana家のリビングも朝は大分冷え込むようになったので、先月から希のケージにはペットヒーターを取り付けました。
c0133013_2334753.jpg

希、大分調子良くなっていたので、そろそろ病院通いも卒業か・・・とひそかに期待していたのですが、この時期になって大規模換羽が始まってしまい、また少し体調が後退してしまいました。
またしてもお腹で荒く呼吸する症状が出てきてしまいました~。007.gif
食欲もあるし、煩いほどに良く通る声もでているんですが、荒い呼吸はなかなか良くなりません。

栄養価の高いおやつをせっせと与えて、少しでも体重を増やして体力をつけてもらいましょう。
毎日ナッツ類を砕いて、希のおやつ台の上にのっけてあげています。
c0133013_23345587.jpg
希は特にピスタチオを砕いたのが好き。ふた粒くらいキレイに平らげます。本当に食欲はあるんですけどねぇ~、相変わらず80g前後をいったりきたりの痩せっぽっちです。
c0133013_23352730.jpg


c0133013_23355087.jpg
ピーちゃんとリンクしてごはん中の希。このふたり、いつも仲良く同時にごはん食べてます。

c0133013_2336693.jpg
くるっと大きなお目目で可愛く撮れた海。
c0133013_23362311.jpg
相変わらず後姿はアボカド・・・。
c0133013_23364332.jpg
朝から熱心にホリホリする花を不思議そうに眺めていました。あんまり見ていると、また花に突然襲われるよ・・・。
海が見つめる先で花はソファをあんよで力強くほりほりしながら「あ”っあ”っ」というような、何とも字では表現しづらい鳴き声をあげています。
寒くなってきたから、穴掘って潜り込みたいのかな?ヨウムの習性かな?よくわかりませんが。


さてさて、先週末のグルメは、珍しくインド料理をいただきました。
c0133013_01293.jpg
東陽町のタンドールバル カマルプール というお店。某TV番組で取り上げられてから、いつも満席で予約なしでは入れないお店になってしまったようですが、私も一度行ってみたいお店でした。
名物タンドール料理、堪能してまいりました。
c0133013_23381014.jpg
まずはチーズクルチャ。これは絶対外せないと思っていたメニュー。とろーりチーズが流れ出て生地はほんのりと甘い・・・美味し~い。インド式ピザですね~。
c0133013_23394559.jpg
見た目は悪いですが、ヒイカのアチャ―ル(写真上)。ヒイカはホタルイカのような小さなイカでアチャ―ルとは、インドのマリネのようなお料理だそうです。これは、もうキリッと冷えた白をいただくしかありません。
南インドの辛くて酸っぱいトマトスープ(写真下)。深いお味でした~、香辛料が効いていてちょっとカレーを思い出すような、でもトマトスープ。
c0133013_23403497.jpg
秋刀魚のタンドール焼。秋刀魚もインド料理の食材になっちゃうんですね~。タンドール窯で串刺しにして焼くんでしょうか?いや秋刀魚がインド料理になるとは・・・意外でした。美味しかったです。
c0133013_23411698.jpg
ブナオイスター。牡蠣のインド風炒め物。香辛料たっぷり。食べたことない牡蠣料理。
c0133013_23413864.jpg
カリフラワーとトマトの炒め物。みんなちょうどいい量で出てくるので、いろんな種類のメニューにトライできます。
c0133013_23415571.jpg
レバーと砂肝タンドール焼き。バジルペーストのように見えて、バジルじゃない。じゃあ何?グリーンカレーの味に似ていたような・・・。
ちょっとワインのツマミ的なものを頼み過ぎました。このあたりで大分お腹いっぱいになってきました。
c0133013_012540.jpg
〆は牡蠣チャーハン。インド料理ですから、当然ぱらぱらごはんに香辛料たっぷり。レモンをしぼりかけるとさっぱりした味になります。
久しぶりにいただいたパラパラで細長いインディカ米
は、お米というよりは何かの野菜の茎の炒め物のようでした。
この牡蠣チャーハンは半分くらい食べきれず、お持ち帰りにしていただきました。
インド料理店に来て、カレーを食べずに帰るなんて、蕎麦屋に入って、つまみで酒だけ呑んで蕎麦を食べずにかえるようなもの
008.gif
初めてのお店は、ついつい勝手がわからず注文しすぎてしまいますね。
でも、こちらのお店、私が経験して覚えているインド料理店の中では、一番美味しかったです。日本人の味覚に寄り添ったインド料理だと思います。
お酒もワインから焼酎、日本酒まで取り揃えているし、呑みながらタンドール料理を楽しめるお店。コスパもグッド。
次回訪問した時は、必ずカレーをいただきます、と心に誓って、お店を後にしました。

[PR]
by sanakk | 2015-11-04 15:47 | Comments(6)
こないだの週末、久しぶりにイタリアンレストランの新規開拓をしました。
とても良いお店があるよと私のイタリアン好きを知っている人に教えてもらって、さっそく2週間前から予約を取って楽しみにしておりました。
そのお店は中目黒にあるフェリチェリーナさんです。
桜の季節には賑わう目黒川沿いを駅から5分ほど歩き、少しだけ住宅街に入った建物の2階、カウンター13席のオシャレなお店でした。
ディナーは、前菜、プリモ、セコンド、ドルチェ、それぞれいくつかあるメニューから選んでコースを作って行きます。

まずは前菜の前の一口前菜(Stuzzichino)
c0133013_1691760.jpg

種入りオリーブやら、貝柱やら、ゼッポリーネやら、エビのカダイフ揚やら、冷たい小さなスープやら・・・ビールでいただきました。
こちらの一口前菜は、お客さん全員に同じものが提供されます。
この後の前菜からは、それぞれがいくつかあるメニューから選んでいきます。
c0133013_16102755.jpg
冷たい前菜(Antipasto Freddo)は、佐渡産黒イチヂクと生ハムルッコラのサラダ仕立て。シャキッとしたイチヂクがとても美味しかったです。
こちらは自家製のパンもなかなかのものです。イチヂクのお皿の向こうにあるのは自家製クルミパンとフォカッチャ。
c0133013_1612940.jpg
暖かい前菜(Antipasto Caldo)は茨城産 鶏白レバー炙り焼き 満願唐辛子添え。お皿がレバー色であまり美味しそうに撮れませんでしたが、レアな火の通し方が調度良く大好きな一皿でした。(私は鶏肉は苦手なのですが、鶏の白レバーは大好物です。天邪鬼・・・)
このあたりから、微発砲の赤ワインをいただきました。
プリモ(Primi Piatti)は2種類、メニューから選べます。
c0133013_16134850.jpg
まずは、釧路産秋刀魚のスパゲッティ。揚げナスとフレッシュハーブソース。
私たちの前に出てくるちょっと前から、キッチンから香ばしい秋刀魚の香りが漂ってきて堪りませんでした~。
c0133013_1614862.jpg
そして二皿目は、ハンガリー産フォアグラのリゾット。パルミジャーノ仕立て。
これは美味しくない訳がありません。
フォアグラが外側カリッと、内側トロッと、絶妙の焼き加減で最高でした。

セコンドつまりメイン料理(Secondi Piatti)は 滋賀県産近江牛の炭火焼。
c0133013_16144929.jpg
粗挽き黒胡椒、マスタードソース、ホースラディッシュ、にんにくをミルクで煮詰めたペースト、お好みでつけていただきます。私はにんにくのペーストが一番好きでした。
c0133013_16151341.jpg
ドルチェはバナナを春巻きのように揚げたお菓子とキャラメルジェラート添え。
コーヒーと小さな焼き菓子が出て、ディナーコースは終了です。
もう、お腹いっぱい。大満足でした。とても美味しいイタリアンでした。
ディナーコースは基本、前菜2+プリモ2+セコンド1+ドルチェ1で一人6,800円なので、リーズナブルだなぁと思ったのですが、近江牛やフォアグラなどの食材を使用したメニューを選んだ結果、一人につきプラス¥2,000以上となりましたし、コペルト(テーブルチャージ)が¥800/1人というのも若干お高い気がしました。まあ、中目黒という土地柄仕方がないのかもしれません。ビールやワインボトル代を入れると結構な金額を支払い、やはり私たちが普段良く行くカジュアルなイタリアンレストランとは少し違うのかなぁと思いました。
サービス、お味、雰囲気、総合するとそれに見合う金額なのかもしれません。
ちなみに、後から知ったのですが、こちらのお店の料理人は男性2人なのですが、どちらの方もかのイタリアンの有名店「アロマフレスカ」にいらした方だそうです。
なるほどな・・・という感じ。
アロマフレスカ出身のシェフのお店は、幾つか行きましたか、やはりどこか共通するところがあるような気がしますね。(アロマフレスカよりはお手頃なお値段だと思います)
今度は何かの記念日に利用させていただきたいと思います。043.gif


さてさて、本日のお鳥さまは、海君@ダルマインコです。
c0133013_15382869.jpg
すごい形相をして齧っているのは、海の一番好きなおやつピスタチオ。しばらく切らしていて、久しぶりにあげたのですが、いつまでもいつまでもカリカリやっています。
c0133013_15385330.jpg
嘴で咥えて転がして、舌のさきで殻の割れ目を探しているようでした。インコの嘴は器用ですよね。
長い間、このピスタチオと格闘していましたが、とうとう割ることができずに諦めてポトリと下に落としました。拾ってみると、割れ目の無いつるりとしたピスタチオでした。
たまーにこういうのが混ざっていますよね。
c0133013_15392667.jpg
さすがの海もこういうつるつるのピスタチオは割ることができないようです。
c0133013_1603085.jpg
花だったら、ガリっとひと噛みで割ってしまうんだけど、この日はまったくやる気が無くて、このピスタチオを受け取ってくれることもしませんでした。
c0133013_15395885.jpg
大好物食べられなくて、哀愁漂う海君。
この後、私が金鎚を持ち出して、つるつるのピスタチオの殻をたたき割りました。金鎚を見た途端にそわそわし始めた海は事の成り行きが分かっていたみたいです。賢いなぁ。
私の肩に飛んできて、ピスタチオを割る様子を覗き込んでいました。
早く早く、その中身をおいらにちょうだいと、言わんばかりに・・・。003.gif

[PR]
by sanakk | 2015-10-09 16:00 | Comments(8)
台風、日本列島にこれでもかと雨を降らせましたよね~。茨城県、栃木県、その他の地域で被害合われた方が一日も早く、安心して暮らせるようになりますように・・・と思うばかりです。

大きな被害を出した茨城県、実は先週の土曜日、一日だけ晴れたので行ってきたばかりだったのです。
c0133013_11163120.jpg
東関東自動車道をひた走り、利根川を越えて潮来で降りて、着いたのは鹿嶋市宮中。
おやーじゅの波乗りに付き合って海に来たのは何年ぶりでしょう。娘たちが幼い頃が最後なので15、6年ぶりでしょうか?
いつもは暗いうちから家を出て朝一番の波でサーフィンをしてくるおやーじゅですが、この日は私もグルメを楽しめるようにと9時過ぎに出発して、ちょうどお昼頃鹿嶋に着きました。
c0133013_11172642.jpg
おやーじゅが予約をしておいてくれたイタリアンレストラン、キッチンピノさん。
住宅もまばらな閑散とした感じの国道沿いにあって、しかも奥まっているので見つけるまでに時間がかかりました。こんな場所でイタリアン・・・大丈夫かな?と思いましたが、結構次から次へと車でお客さんが来て、繁盛しているようでした。
こちらのお店のシェフはもともと鎌倉のイタリアンレストランに居た方で、地元に戻って自分のお店をオープンさせたそうで、味は間違いない、というのがおやーじゅ情報でした。

c0133013_11184847.jpg
まずは茨城県の地ビールで乾杯!フクロウ?のラベルが可愛い。
(この日の運転手のおやーじゅは、一口だけでほぼ私が2本いただきました011.gif)

c0133013_11191355.jpg
そして前菜です。自家製野菜のマリネと自家製ハムと鰺のカルパッチョ。自家製、というからにはシェフ自ら畑をやっていらっしゃるのでしょうか?とても野菜がおいしい。
c0133013_11193647.jpg
追加で注文したガスパチョ。爽やか~。+210円でこのクオリティーは素晴らしい。
c0133013_11195931.jpg
浅利とポルチーニのパスタ。シンプルですが香りと旨味がよく出ていました。
c0133013_11201478.jpg
おやーじゅは王道のポテトといんげんが入ったジェノベーゼ。太めのリングイネがもちもちとよく絡んで美味しかったです。
c0133013_11203984.jpg
パスタランチに単品でプラスしたメインは和牛イチボのグリル。常陸牛でしょうか?柔らかくお肉の旨味たっぷり。
ソースの味付けもあっさりでグー049.gifスイスイと無理なく胃袋に収まりました。
c0133013_1121933.jpg
小さなデザートとコーヒーが付いてとてもリーズナブルなお会計でした。
明るくて綺麗で居心地の良いイタリアンレストランです。鹿島神宮の近くです。おススメ。

さて、ほどよくお腹が満たされたら、お次はおやーじゅの波乗りです。
ここまで運転して来たんだから、少しは付き合ってあげないと・・・ですね。
車で少し走ったら、もう鹿嶋の海です。通称「とっぷさんて」と呼ばれる、波乗りポイントにやって来ました。
c0133013_11224312.jpg
波チェックに入るおやーじゅ。長い・・・。そんなに長い間、海見てる時間にサッサと入ってくればいいのに。
c0133013_11233426.jpg
あまり良くないけど、そこそこ遊べるポイントがあるからと海に向かうおじさんサーファー。
c0133013_1124532.jpg
老体にムチ打ってパドリング。無事沖に出られたようですが、先月騒ぎになっていたサメは大丈夫なんでしょうか~。

この日も結構な数のサーファーが波間に浮かんでいましたが、サメが怖くないのかな?
私なら怖くて入れませんけどね。
サーファーの人たちは、怖いもの知らずなのか何にも考えてないのか?

昼間からアルコールの入った私は、おやーじゅが海で遊んでいる間2時間ほどお昼寝タイムです。
車のドア全開にすると波の音と心地よい風が眠りを誘います。
それにしても、車の中で昼寝しながらおやーじゅを待つ感じ、なんだか懐かしいです。
20数年前の若い自分にタイムスリップしたような。目覚めたらその頃に戻っていたりして、なんて考えながらうつらうつら・・・。

途中で風が変わったとおやーじゅが一時間余りで海からあがって来てハッと目覚めたのが4時半ごろ。タイムスリップしていませんでした。私もおやーじゅもオバサンとオジサンのままでした。003.gif

これから銚子港まで走ったら、夕食にちょうどいい時間になるから、銚子で美味しいお鮨でも食べて帰ろうか、ということになりました。
1時間半ほど車を走らせて銚子漁港の手前で飛び込みで入ったのは銚子入船寿司さんでした。
銚子港に揚がる魚にこだわっているお寿司屋さん。
最初、無愛想に見えた大将でしたが、魚の話を持ちかけてみると意外に話好き。
ネタ仕入れについてのあれやこれや興味深い話が聞けました。

c0133013_11271819.jpg
とりあえずお刺身。秋刀魚とキンメと平目。
キンメも銚子で獲れるんですね~。神奈川や静岡のキンメより赤味が薄いですが脂はのっていて美味しいです。
銚子港に新秋刀魚がこの秋初にあがったのはこの日の前日だったそうです。例年だと8月中旬くらいなのに今年は太平洋側の海水温度が高いせいで秋刀魚が南下してくるのが遅れたようですね。
その代りに暖かい海水を好むサメが現れたりしたんでしょうね~。
新秋刀魚、もう何度もいただきましたが、すべて北海道産のものでした。
東京の鮮魚店やスーパーで売られている新秋刀魚は、ほとんど北海道か宮城県から輸送されたもので、薬漬けになっているので、実はそんなに新鮮ではないというのが大将の持論でした。
ウチのは薬漬けになってないからちょっと違うよ~と仰っていましたが、本当にそうでした。今まで私が美味しい美味しいと食べていたものとはさらに一線を画す感じ。目からウロコの美味しさと言えばいいでしょうか?
その美味しい秋刀魚を握ってもらい、佃煮をお酒の肴でいただき、〆はつみれ汁でいただきました。
いろんな形で堪能いたしました。
c0133013_11304056.jpg
この日いただいたお酒は久保田の千寿。(相方がアルコールフリーだというのに呑む鬼ヨメぶり012.gif
c0133013_11313595.jpg
その日、もうひとつのお勧めネタはボタンエビ。生のまま頭の中のミソまでちゅーちゅー。

イタリアンに海にお鮨、大満足の一日でした。また来年も本当に新鮮で美味しい秋刀魚をいただきに銚子に来たいものです。


c0133013_113342.jpg
       花ちゃま、ごめんごめん

[PR]
by sanakk | 2015-09-11 10:32 | Comments(7)
月曜日から女子会(オバ会)を開催してしまい、疲れの残る火曜日となりました。
そんなに深酒したわけでもなく、ほど良い感じで食べて呑んで、しゃべり倒し11時には帰宅しシャワーを浴びてバタンキュー。そんな夜でしたが、やっぱり翌日に疲れが出ますね。午前中は怠くて眠くて仕方ありませんでした。
でも、大丈夫。明日からSummer Vacation です!残り少ない2015年サマーを満喫しなくては!

この週末は、最後の(?)夏素材イタリアンを楽しもうと行きつけの茅ヶ崎のお店に出かけました。
まずはビーツの冷たいスープ。目にも鮮やかなピンク色はビーツだけの色だそうです。
c0133013_16192512.jpg
クリーミーなのにほど良い酸味があるスープ、ディナーのスタートにはぴったり。爽やかで美味しかったです。
c0133013_16204764.jpg
カポナータは夏野菜が充実したこの時期だけのメニューですね。お店によってお味はそれぞれですが、こちらのカポナータ、酸味と甘みのバランスが私好み。
c0133013_16211150.jpg
桃と水ナスのサラダ。バジルとピンクペッパーが良いです。爽やかですね〜、食もワインも進みます。
c0133013_16214840.jpg
この夜いただいたスプマンテ。ラベルが可愛い。
c0133013_16221654.jpg
そして、お次はなんと早くも新秋刀魚のカルパッチョ。え~、もう新秋刀魚~と驚いていると、お店の人が今日が初日です、と答えてくれました。そういえばもうそんな季節ですよね。数日前に駅ビルの地下生鮮売り場で超お高い新秋刀魚を見たような。
c0133013_16225087.jpg
下に隠れていたのは、秋刀魚のワタとオクラとナスをペースト状にしたもの。一緒にいただくと本当に美味。
c0133013_16232353.jpg
お次は温かい前菜、真鰯のベッカフィーコ。
こちらはシチリアの名物料理です。手開きにしたイワシにアンチョビや松の実、レーズンと炒めたパン粉を混ぜたものを巻いて焼き上げたもの。香ばしいイワシの中からいろんなお味が出てきて楽しいです。塩味とレーズンの甘みが良いですね~。
青魚三昧をした後、やっとパスタです。
c0133013_16235847.jpg
最初のパスタは、鱧とツルムラサキ、オクラのオイルベース。夏の魚、鱧、この夏おじゃましたあちこちのイタリアンレストランでよく出会いました。鱧のパスタもお店によってそれぞれで楽しかったですね~。これで食べ納めかなぁ~。
c0133013_16264444.jpg
パスタ二皿目は生ウニとルッコラのクリーム仕立て。まったりとしたウニとトマトのクリームソースが太めのパスタに良く絡み、ルッコラが辛くて美味~。
ワインのお供に前菜を頼み過ぎて、この日はメインまでたどり着く前に満腹になってしまいました。
c0133013_16271436.jpg
ドルチェには桃のコンポートとジェラート、そしてエスプレッソ。
ああ、満足満足・・・
新秋刀魚も登場して、そろそろ秋の味覚がやってくる~、と嬉しいようなさびしいような。
2015年夏を楽しむイタリアンはこれで〆かなぁ~。今年の夏も美味しい物たくさんいただきました。
神様に感謝、デス。
c0133013_16542337.jpg
5月のリビングクロス貼り替え工事の時、壁から取り外した羊毛チャーム、思い出して再び壁に飾りました。sana家の愉快な仲間たち、やっぱり可愛いですね~016.gif

[PR]
by sanakk | 2015-08-11 17:30 | Comments(6)
ヨウムのオリビアちゃん、2015年女子サッカーW杯、迷いなく日本が優勝と占いましたが・・・

準優勝になっちゃいましたね。残念!でも、なでしこ、よく頑張りました。アメリカは強すぎましたね~。
それにしても、オリビアちゃん可愛い~。これだけのギャラリーの前でちゃんと日本の国旗を選ぶなんて偉いっ!016.gif


さて、sana家のオカメたち、朝ごはんを新しく取り替えた後はどちらが先にシードを食べるかで攻防戦が繰り広げられます。何故、希も詩もお互いの右側に割り込もうとするのでしょうか?

この時は、まだケージの床に卵がありましたし、希も食欲があって元気でした。
この後、卵は撤去しました。そろそろオカメたち、抱卵から解放してあげようと思いまして。
けれど、ライフワークを奪われて張り合いが無くなったのか、はたまた換羽が始まったせいなのか、希が体調を崩しまして、この土日は食欲も無く元気がありませんでした。
呼吸も苦しそうだったし、咳も出てました。病院に連れていかねば~と思っていたら、義母が体調を崩し入院することに。準備やラッシーの散歩などなど・・・、タイミングを逃しまだ病院には行ってません。
c0133013_1648310.jpg
今朝、オカメケージを覗くと、希の羽毛が大量に抜けておりました。今朝は、またしても↑の動画のように詩と奪い合うようにごはんを食べていたので、体調の悪化は換羽のせいかな?ととりあえず判断しました。
頑張れ、希くん!


お中元に、甘~い佐藤錦をいただきました。さくらんぼっていただくと嬉しいけど、自分で買ってまで食べようとは思わなくないですか?
この日は、ピーナッツもいらない、ピスタチオもいらない、おかあさんがいいの、ひっついていたいの、とばかり何も受け取らずただ私にへばりつく花でしたが、佐藤錦を見せたとたん目の色を変えました。
c0133013_16484789.jpg

c0133013_164910100.jpg
c0133013_16491948.jpg

珍しくて美味しい物はちゃんと食べるんですね~。003.gif

c0133013_16493314.jpg
はいはい・・・。いいこ、いいこ。


先日、ブログ友さんと美味しいお食事とお酒を楽しみました。気がつけばその日は3軒も梯子しちゃいました。
一軒目に案内してもらったお店でいただいたのは、馬刺しの盛り合わせ。
c0133013_16501138.jpg
会津産と熊本産の、いろんな部位の盛り合わせ。やっぱり生のお肉は美味しゅうございます。
牛もダメ、豚もダメ。生食最後の砦は馬?いつかさくら肉も生食禁止になってしまうのでしょうか。
さくら肉のお刺身はあっさりとしていてクセなく、脂身もその噛みごたえとともにとても美味。牛豚より低カロリーで高たんぱく、栄養価の高いお肉です。
しかし、この翌日、大好きな競馬中継を見ていて、ふと「私は昨夜、この美しい生き物のお肉を生で食べたのか・・・」と思ってしまいました。調べてみると、日本では廃用になった競走馬も食用にまわされることがあるのだとか・・・。
深く考え始めると、迷宮に入り込んでしまうので、ブルンブルン頭を振って「でも、美味しかった、ありがとう」と、考えることにしました。

[PR]
by sanakk | 2015-07-06 16:58 | Comments(4)
c0133013_19341262.jpg
卵を抱く希、大分上手になったでしょ?しっかりと体を低くしてしゃがみこみ、詩ほどではないけどそこそこ膨らんで卵抱えています。
c0133013_19345327.jpg
最近では、詩と希ふたりでむかいあってケージの床にうずくまっているので何をしてるのかとよく見ると・・・。
卵を分け合ってふたりで抱いているんです。微笑ましいですね。
カゴの鳥だし、誰に教わったわけでもないのに、ペアで力を合わせて子孫残そうとする本能、すごいなぁと感心しました。けれどどれだけ頑張っても孵らない卵なのに、と不憫になってしまいました。
今回は相当気合がはいっているのか、オカメたちもなかなか抱卵に飽きることが無く、粘り強いです。
c0133013_19364695.jpg
顔に綿毛がついたままで一心不乱に温める希。
卵撤去のタイミング難しいですね~。

c0133013_1938380.jpg
長女に捕まった海。みんなが海を捕まえてクンクンしたがっているから、海くん油断は禁物です。
換羽も大分おちついたかな?


今週は、梅雨もしばしお休みかな?というお天気が続いてますが、まだまだ週の中日というのに昨日は仕事終わりにイタリアン呑みしてしまいました。もう、週末まで待てなーい!という感じだったので。
c0133013_19392750.jpg
今回のお店は自由が丘の住宅街にひっそりと、という感じのリストランテマッケローニさん。
2年ほど前にランチタイムにお邪魔した時もブログで紹介しました。私の大好きなイタリアンレストランの一つ。
相変わらず、OPENもCLOSEも出てなきゃ、何屋さんかも分かりづらい店構え。
通り一遍のお客さんは受け付けない雰囲気。
10人定員のカウンターだけで、男性シェフが一人で何もかもをこなすお店です。
ディナーのお料理はシェフお任せコースのみ。たぶんその日の段取りを事前にすべて用意してあるのでしょうね~。お客さんはだいたい7時過ぎには揃って、It's showtime ! という感じで始まりよどみなくコースのお料理が出されます。私はこのシェフの完全に自分の世界に入った仕事ぶりをカウンターから眺めるのが好きです。とにかく無駄が無く、計算された動きながらどこか軽やかで優雅にも見えます。
彼は誰も雇わずに、自分だけの食の空間を作りたいのだなぁと、だからこういうスタイルのお店になったんだなぁと思いました。

冷たい前菜は二品。
c0133013_19422766.jpg
アスパラガスムース。ふんわりとしてクリーミー。乾燥した生ハムとカリカリのアスパラガスの皮が新鮮な感じ。
c0133013_19433522.jpg
馬肉のカルパッチョ。パリパリに焼いたチーズと生のマッシュルームに馬肉、独創的な組合せですね。
温かい前菜も二品
c0133013_19441485.jpg
空豆とナントカチーズのタルト。(シェフ、声がちっちゃくて聞き取れませんでした。常に動いてお仕事してるので聞き返すこともはばかられ・・・)これは、女子は大好きでしょーというお味。
c0133013_19444664.jpg
鱧のフリットとカポナータ。目の前で揚げた熱々の鱧と冷たいカポナータ、美味しかったです。
カポナータはイタリアンのお店によってそれぞれにお味が違うものです。こちらのは酸味よりすこし甘味が強いカポナータでしたが、鱧のフリットにはぴったり。
c0133013_1946172.jpg
そして新じゃがの冷たいスープ。

ここまでで結構お腹が膨れました。やっとここでプリモという構成のコースです。
c0133013_1949992.jpg
白エビとトマトを練り込んだ手打ちパスタ。ピリリと後から辛いパンチのあるお味。美味しかったです。
c0133013_19495255.jpg
そしてこれまたシェフのオリジナリティあふれる鮎とハーブのリゾット。サクサクの香ばしくてほろ苦い鮎とその旨味が染み込んだお米は私の好みの硬さ。
うーん、でもこの辺りでもうお腹いっぱい。
この後にセコンド。牛フィレチーズ焼とヤングコーンのロースト。10人のお客さんにいっぺんに出されます。
少しだけ遅れていらした一組は最初の頃は一品つづ遅れていましたが、いつの間にか追い付いていましたよ。みなさん、メイン料理のそのボリュームにため息が漏れていたけれど、残した人はいませんでした。
食べるのに夢中で最後の牛フィレだけ、撮影し忘れました~。
コースはこれでおしまい。このボリュームでコース料金は5000円を少し切ってました。たしか・・・。
生ビール×2とスプマンテボトル1本、エスプレッソダブル×2 で二人で16000円はお値打ちですね。
コスパ、大分いいと思います。シェフ一人だから、ワインのおかわりとか注文のタイミングを見計らったり、サービス的にはいたれりつくせりと言うわけではありませんが、美味しいんだからいいでしょ、って感じのお店です。
全部美味しかった~、満足満足。045.gif

平日だというのに帰りが遅くなった作夜、酔っているし食べ疲れているし、シャワーしてすぐに寝たいのはやまやまなのですが・・・。
鼠色娘がケージの中から地団太を踏み踏み、恨みがましく私のことを見つめていました。
「おいで、ちょっとだけだよ。」と扉を開けると、飛び出してきました。
c0133013_19565751.jpg
ナデナデして?と首を下げては、私を見る。
c0133013_1957154.jpg

酔っ払いの私は、思わず愛おしくて花のお腹に鼻をくっつけてフンフンとその匂いをお粉ごと吸引すると、
花はすぐにそんな私の愛情に応えてきます。私の指をにぎりしめ引き寄せてエグエグ・・・。
c0133013_195745100.jpg
花がとても官能的に見える瞬間。016.gif
本当はいけないんでしょうね?鳥の発情をそそるようなことをしては・・・。
でも、これも私と花の絆を深める大切な時間。私は花にとって母であり、恋人でもあるのかな。

[PR]
by sanakk | 2015-06-25 20:38 | Comments(6)
梅雨の季節なのだから仕方ないけれど・・・所狭しと室内に掛けられた洗濯物を見てはため息が漏れる毎日です。まだまだ先が長いこのうっとおしい季節、明けるのは8月過ぎてから・・・なんて予報も出ていますがほんとうでしょうか~。だとしたら、今年の夏は短いかもですね。

前回の記事で、〇〇ダーコアという絶賛売出し中の腹筋マシンを使って腹筋を鍛えていることについて書きました。
c0133013_16131077.jpg
今回は三日坊主になるまいと強く決心して毎日頑張っていました。慣れてきたので70回から100回に増やして3日目、腹筋を鍛えるはずだったのに、背中の筋肉痛になってしまいました。しかも右側だけ。
右の背中だけっていうのが不思議なんですが・・・。筋肉が炎症を起こしている感じの痛さで、きのうから湿布を貼っています。
今回は毎日習慣にして続けられそう・・・・って思っていたのに、早くもお休みです。
腹筋が痛いならまだしも・・・なぜ背中?分かりません。
写真で見ていただいたら分かる通り、背もたれが左右別々についていてそれぞれ負荷を調節できるようになっているのですが、左右のバランスが悪かったのかしら~。この腹筋マシン、なかなか使い方が難しそう。(私だけ?)
私のやる気に珍しくスイッチが入ったのに、このザマです。
背中が痛すぎて、私のやる気はしゅるしゅると風船から空気が抜けるようにしぼんでしまいました、とさ。008.gif

さて、今朝のお鳥さまたち。
c0133013_16423087.jpg
相変わらず花は朝から私へのストーキング開始。忙しく動き回る私の後をバサバサと羽音を響かせてついてまわっていました。

c0133013_16424240.jpg
大好物のアーモンドをいただく海。大事に大事に最後のひとかけらまで器用に持ち替えて食べます。
人間に食べ物の好き嫌いがあるのだから、鳥にあったって当然なのですが・・・・。海があんなに美味しそうに食べるアーモンドを嫌う花。受け取りません。
c0133013_16431284.jpg
はっきりと「いらないの~」と言います。(語尾疑問形ですが)使い方正しいです。そして私の手からもぎ取って投げ捨てる。015.gif
c0133013_16434162.jpg
娘が食べていたロールケーキのスポンジ部分、むしゃむしゃ食べます。甘いものが大好き。面白いですね。
c0133013_16435931.jpg
       天邪鬼お嬢様。016.gif

抱卵中のオカメたち、今は詩と希、交代で温めています。片方が卵から離れると、すっともう片方が降りてきて卵を抱くという・・・。見ていると感心してしまいます。
c0133013_1645297.jpg
やっぱり詩、抱卵する姿が様になってます。希のそれと比べると(前回記事、掲載写真)、しっかりとしゃがんでモフっと膨らんで自分の体温を卵に伝えてる感じですよね。
希も詩の抱卵を見て、学習したのか、ちょっと上手になってきています。
巣箱を入れてあげれば、オカメたち、ひょっとしたら上手に卵を孵すかもしれないなぁと思いました。(ダメダメ046.gif)


うっとしい毎日ですが、仕事帰りに時々美味しい物を食べて美味しいお酒をいただくのは、私の生きがい。
家の近くに、能登出身の大将が切り盛りする小料理屋を見つけました。
c0133013_16412526.jpg
能登の食材を使ったおいしいお料理をいただくことができて大満足。
c0133013_16413514.jpg
あおさのしゃぶしゃぶ、です。冷酒が進みます。
c0133013_16415152.jpg
今シーズン初の岩牡蠣です。能登大島産。ライムを絞っていただきました。
こ・これは、美味い。ウマすぎる。しばし、天を仰いで固まりました。
梅雨は、美味しい食事とお酒で乗り切るしかないです。(私は一年中コレですが)

[PR]
by sanakk | 2015-06-19 16:55 | Comments(6)
6月に入った途端にお天気は下り坂、ぼちぼち梅雨入りか・・・なんて言われてますが、5月最後の週末は良く晴れて真夏のような日差しと暑さでしたよね。
お天気の良い週末はこの時期、鳥干し決行です。
c0133013_10481347.jpg
今回は花の番。ケージごと窓辺に連れて行かれる途中は、ビビッて大騒ぎしますが、いざ太陽の光を浴びるとおとなしくなってじっとしている花なのでした。
写真を撮ったり、霧吹きで水を掛けたりしているうち自分も眠くなっていつの間にか花のそばで転寝しているところを娘に撮られました。
c0133013_10192844.jpg
気持ちいいですよね~、休日のお昼寝。窓からいい風が入って。幸せなひと時でした。

ケージの掃除中、海はやりたい放題。
c0133013_10194381.jpg
オカメsのシードを首突っ込んで盗み食いする後姿、浅ましいですよね~。
c0133013_10201447.jpg
ピーちゃん用シードは、私が容器から補充するタイミングを見計らってやって来て直食いします。(後ろでピーちゃんも無心に入れてもらったばかりのシードに食らいついています)
c0133013_10204482.jpg
久しぶりのツーショット。海は追い立てられても花のことが気になって仕方ないようです。
この時も、突然飛び立った花に蹴られてすっ飛ばされました。それでも懲りずにふたたび花のそばに降り立って、なにやらぎゃうぎゃうと話しかける海なのでした。


さて、この日は夕方からJR茅ケ崎駅近くにあるsanaとおやーじゅお気に入りのイタリアンレストランに行ってきました。
最近、お邪魔する頻度が高くなってます。イタリアンはお気にりのいくつかのお店をぐるぐる回ってる感じ。
ぼちぼち、近場で新規開拓したいところですが、美味しいと分かっているお店はやっぱり安心して訪問できますからねー。

c0133013_10271623.jpg
まずは生ビールをいただきながら、前菜一皿目、稲取産金目鯛のカルパッチョ。皮目を炙った金目鯛がおいしーい。彩もキレイ。
c0133013_10273830.jpg
二皿目は最初のお料理と若干かぶりますが、地鰺とカブのマリネ。カブが甘くて、脂ののった地鰺が本当に美味しい!ピンクペッパーがいいお仕事してます。
c0133013_10284522.jpg
蕪があんまりおいしかったので、冷たい蕪のスープを追加オーダーして・・・。
c0133013_10291210.jpg
生ビールの後にこの日いただいたスプマンテは瓶内二次発酵の赤。爽やかな辛口で、発砲もしっかりしていますが、炭酸ガスが抜けると赤ワインとしても美味しくいただけるのだそう。
このワイン、ホント美味しかったです。お値段もまあそれなりでしたが。
c0133013_10295061.jpg
白レバーのムースとイチヂクジャム。レバーと甘いジャムはどうしてこんなに相性がいいのでしょう。
c0133013_10301941.jpg
やっとパスタです。こちらのお店に来るとメニューにのってなくても頼んでしまうカーチョ エ ペペのパッケリ。
ナイフで切って食べるほど巨大なマカロニのようなパッケリにチーズと胡椒とオリーブオイルだけのシンプルなパスタ料理なんですが、自分で作っても絶対この味は出せないんだろうな。
c0133013_10314482.jpg
メインは最近ハマってる熊本あか牛のピステッカ。カウンターの上に無造作に積まれたヤングコーンが美味しそうとシェフに言ったら、付け添えにしてくれました。
お店の方がご自分で畑から採ってきたという新鮮なヤングコーンは皮ごとヒゲごと香ばしくローストしてくれて全部食べられます。
もうお腹いっぱいというおやーじゅでしたが、私はまだ食べ足りない。
「よく、食うなぁ~」という声を無視して、ズッキーニとレモンのリゾットを私とおやーじゅ比、7対3で分けてもらっていただきました。011.gifふつう逆ですよね。
c0133013_10335561.jpg
爽やかにレモンが香るリゾット、これはメインの後でもペロリとイケちゃいますよ。
ワイン、ボトル空けて、ドルチェまでいただいて、今日も美味しかったです~と、上機嫌でお店を後にしたのが10時ごろだったかな。
JR茅ケ崎駅から東海道線に乗って途中タクシーを使って帰るので家まで1時間もかかりません。
そのはずでしたが・・・。
すぐに来た東海道線に乗り込んで、ぐっすり寝込んでしまった我々が目覚めた時、電車は横浜に止まっていました。時刻は既に12時近く・・・。そんなばかな。
そうなんです、この日は(土曜日)小笠原沖震源の大きな地震がありましたよね。その時は店で呑んでいたので揺れながらもあまり深く考えなかったのですが、どうやら我々は帰宅難民になりかかっていたようです。
最寄駅に2時間以上かけてやっと着いてもタクシー乗り場が長蛇の列で、けっきょく3時間近くかかって家にたどりつきました。(逆に電車が止まっていなければ我々は確実に東京駅まで乗り越していたであろう・・・)
せっかくの美味しい食事とワインだったのに、家に着いた時には酔いも醒め、疲れ切っていましたよ。
日本各地の火山活動と最近頻発する地震、心配ですね。いま日本列島の下でなにが起こっているのでしょう。
ちなみに留守番していた鳥たちは、そんなに怖がることも無く大丈夫だったそうです。
YUKA談ですが。
人間がうろたえると鳥たちも怯えてパニックを起こすので、YUKAはじーっと動かずに鳥たちを凝視していたそうです。羽繕いをしていた花が揺れだした途端ビクッとして顔を上げた時、YUKAがじーっと見ている視線に圧倒されて暴れることも忘れていたようだったって。
なるほど~。そういう手があったのか。さすが鳥飼いの娘。
YUKAちゃまグッジョブです。049.gif

[PR]
by sanakk | 2015-06-03 10:42 | Comments(4)
久しぶりの更新です。
連休中は良いお天気に恵まれましたね~。きっと皆さん、楽しい休暇を過ごされたことでしょう。
私は、普段手の出せないところを片付けたりクローゼットの入替をしたりしつつも友人と呑みに行ったり、気ままに5連休を過ごしていました。
連休中日には実家に次女YUKAと一泊してきました。
文京区の実家に泊りに行く時は、いつも水道橋のスパラクーアに寄って汗を流してから、というのが恒例になっています。
c0133013_1121046.jpg
東京ドームシティ内にある施設ですが、何も持たずに行ってもアメニティが完備されていてゆっくりできて、お風呂好きサウナ好きの私とYUKAのお気に入りのスパです。
大型連休の中日、かえって都心のこうした施設は空いているのでは?と思ったのは甘かったようでした。
結構、混んでいましたが、それでもリラックスできて心身ともにリフレッシュできました。

実家で母娘3代で食事しおしゃべりして川の字になって眠り、翌日も晴天。
YUKAとふたりで実家近くの懐かしい街雑司ヶ谷を散策しました。ここがおかあさんが育った街だよ、と。

c0133013_11225083.jpg
実家から歩いて数分のところにある料亭「雑司ヶ谷 寛」。一度行ってみたいお店なのですが、何せ敷居が高いです。
大正、昭和と多くの文士が好んで居を構えたという雑司ヶ谷。こちらは小説家三角寛の邸宅だったそうです。
母がもうすぐ誕生日で米寿を迎えるので、こちらでお祝いの席を設けようとしたのですが、もう予約がとれませんでした~。
ランチでもいいから、いつか絶対おじゃましたい料亭です~。
懐かしい雑司ヶ谷。幼い頃、買い物籠を持った母のエプロンの端を握り締めて歩いたものですが、商店街はとっくに寂れて瀟洒なマンションばかりが建っていました。
c0133013_11241625.jpg
大分小さくなっていましたが、残っていました路地の小さな市場。レトロな感じですね~。
驚いたのは、小さい時よく友達と遊んだ公園に、当時のままの遊具が残っていたこと。
c0133013_11244752.jpg
当時は体が小さくて軽かったから、ひょいひょい中に入って友だちと秘密基地のようにして遊んでいたものですが、こう大きくなると年取ると中に入るのも危なっかしい足取りで大変!
それにしてもゆうに40年以上は経過しているこの遊具…大丈夫なんでしょうか?とりあえず私が入っても崩れ落ちるなんてことにはなりませんでしたが・・・。
c0133013_11255035.jpg
東京に唯一残る路面電車、都電荒川線の鬼子母神前停留所まで歩きました。この辺りまでは子供の頃の徘徊エリアでしたね~。
c0133013_11264887.jpg
現在は東池袋~学習院下間、工事中のようです。
c0133013_112769.jpg
鬼子母神近くのケヤキ並木は見覚えのある方も多いでしょう。多くのTVドラマや映画の撮影に使われていますから。
こちらのケヤキは古い物で樹齢400年だそうです。東京都指定の天然記念物です。
新緑が風に吹かれる涼やかな音を聞きながら鬼子母神周辺をお散歩してから、私とYUKAは副都心線雑司ヶ谷駅から地下鉄に乗り込み渋谷へ向かいました。
雑司ヶ谷駅から6駅目が終点渋谷。私がこの地を離れてから副都心線なんて開通しちゃってずいぶんと便利になったものです。

渋谷は苦手な街です。人が多すぎます。
外国人観光客に人気だという駅前のスクランブル交差点、見ただけでその人ごみのすごさにめまいを感じました。早く用事を済ませてこの街を離れたい、そう思いました。学生の頃は渋谷でアルバイトしていたので毎日のように通っていたのに・・・。
渋谷に用事があったのはYUKAです。
c0133013_1129368.jpg
駅前にそびえたつTSUTAYA渋谷店。
c0133013_114126100.jpg
こちらでYUKAご贔屓のロックバンドONE OK ROCKのイベントがあったから。
黒い箱のような部屋に入り(中は真っ暗)、音響と光で彼らのライブに参加したような感覚を体験できるというもの。
GW限定イベントということで50分待ちの列ができていました。ほぼ10代とおぼしき若者の列に娘と一緒と言ってもオバサンが並ぶのは若干恥ずかしかったです。


GW、もちろん食べ歩きました。食べまくりました。
印象に残った美味しい物たち。
c0133013_11295645.jpg
アボカドチーズバーガーにパラペーニョサルサと目玉焼きのトッピング追加。(池上台のマウンテンバーガーさん)
c0133013_11302548.jpg
家族でジュージュー焼肉は休日のお決まり。七輪からすぐに火柱が上がって大変でした。でもおいしかった。(蒲田、京城亭さん)

c0133013_11305374.jpg
和食屋さん呑みでは、純米辛口スパーリング水芭蕉を。こちらのお酒、大好きです。美味しすぎてこれは危険!と思ったほど。
c0133013_11312182.jpg
筍&浅利の土鍋ごはんで〆~。
美味しいお酒と美味しい食事、堪能できる健康な体があるということは、幸せなことですね。

お鳥さま、ちょっとだけ。011.gif
c0133013_1132160.jpg
詩さん、ひなたぼっこ。お水かけられてずぶぬれになっております。
孵らない卵を抱くことにも飽きたようなので、卵は撤去いたしました。

c0133013_11323276.jpg
何かに驚いてぶっ飛び、普段はけして近づかない場所にとまっています。見慣れない角度で見る部屋の景色をしばらく不思議そうにながめていました。
c0133013_1133594.jpg

最近の花は、ケージの中でも突然驚いてバタバタする時がよくあります。何事かとこちらがびっくりして心臓がキューっとなりますよ。
私たちには見えない何かが見えているのでしょうか~。
花が突然暴れるたびに娘たちと顔を見合わせて「また、何か来てるんじゃないの~?」とゾゾゾーっとしています。
怪談の季節にはまだちょっと早いですけどね。008.gif

[PR]
by sanakk | 2015-05-08 11:44 | Comments(4)

平凡な主婦と平凡なヨウムの楽しく滑稽な日々を綴ります


by sanakk