ヨウムな生活 sanahana.exblog.jp

平凡な主婦と平凡なヨウムの楽しく滑稽な日々を綴ります


by sanakk
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

タグ:ダルマ ( 97 ) タグの人気記事

90歳! 

5月もそろそろ終わり。梅雨入り間近ですね~。私はそんなうっとおしい季節に生まれたので、今年もまた誕生日が近くなってきました。この速さで毎年毎年誕生日を迎えて行ったらあっという間におばあちゃんになって終活しなくちゃだわ、空恐ろしい気分になります。
それより自分は健康な状態で年を重ねていくことができるのだろうか?と心配になりますね。

先日、5月11日で90歳を迎えた母の誕生日会を、行きつけの小料理屋さんで家族で開催しました。
90歳!!わが母ながらあっぱれ!全くボケてませんし、今の所体も健康。まだ2足歩行も大丈夫。
いつも思うのは、母の電話の声がとても若いと言う事。声としゃべり方だけなら60歳代と言っても通用するかもしれません。
この調子でいけば、100歳越えも夢じゃないかも?なんてみんなでおだてたら、母も嬉しそうな顔してやる気満々でした。
思えば7年前、父が亡くなった時、もうこの世の終わりかというほど悲しんで落胆していた母でしたが女は強し!デス。

母は若い時から、神経質なほど自分の体の変調に敏感な人だったし、体に悪い事は一切しない人でした。
私は母の様に元気で90歳を迎えられる気がしません。お酒も毎日呑みますし。ただ私は、母ほど神経質ではないしかなり大雑把でストレスをためにくいタイプと自分で分析しているので、その性格がこの先の私の残された時間にいい方向に作用してくれますように・・・・。
c0133013_13330990.jpg

いつも美味しい物を食べさせてくれる能登出身の大将のお店。この日もいろいろ作ってくれました。
左上は先付に出た鯛の白子を焼いたもの。
鯛の白子って初めて食べましたが、鯛の身と同じ味がするんですね~。
お造りは私の大好きな赤西貝を入れてくれて、脂の乗ったのどぐろの刺身も美味でした。
中段右の鱧のお椀は母も思わず美味しい~とつぶやくほどの逸品でした。
そしてこの日注目したのは、右下の煮魚料理。こちら富山湾でとれた「げんげ」という深海魚。幻魚とも水魚とも書いて「げんげ」と呼ぶらしいです。
c0133013_15090575.jpg
生きたげんげはヌメヌメトロトロした大きな魚らしいです。けして見てくれはよく無いのだけれど、この日煮魚にしてくれたげんげはとても美味しかったです。ちゅるんとコラーゲンそのもののような身は口の中で溶けます。唐揚げにしても美味しいのだそうですよ。そう、唐揚げはこちらのお店でいただいたことがありましたっけ。
c0133013_15030744.jpg
今季初の岩牡蠣もいただきました。フレッシュでミルキーな岩牡蠣、こちらのお店ではライムを絞っていただきます。
美味しくて楽しい時間をすごし、母の嬉しそうな笑顔を見られて良い休日となりました。



c0133013_15291147.jpg
海くん、お父さんにアイスの棒をもらってご満悦。ぺろぺろしてからバキバキにして2度楽しんでます。




荒く砕いたピスタチオを食べる希くん。美味しそうに食べるでしょ。大好物です。相変わらず荒い呼吸は治っていませんが、最近ピスタチオのおかげか体重が増えました。
その調子で君も長生きするのだよ102.png


[PR]
by sanakk | 2017-05-26 15:40 | Comments(4)
更新さぼっておりました。
立冬も過ぎ、朝夕は暖房が必要になってきました。そして気づけばカレンダーは最後の一枚。
ああ、今年もまた暮れて行くんですね。早すぎます~。

最近、地元で美味しい和食屋さんを新規開拓いたしまして、週一くらいのペースでせっせと通っております。
c0133013_10115389.png
本当に何を食べても美味しくて、仕事帰りに一番乗りでお店に入り、カウンターの一番奥でまずは冷たいサッポロラガー赤星をいただきつつ美味しいお通しに舌鼓を打つ時間が至福の時です。あとからお任せで出てくるお料理に期待しつつ。
話をしているとホッとするような穏やかなお人柄のお店の大将もお気に入りです。
先日、大将とお話していて、世間は広いようで狭くてどこかで繋がっていたりするものだなぁ、と思うことがありました。
私が連れと私の生まれ育った街のことを話していると、その大将が「僕も昔、その近くの店で修業していたことがあるんです」と話に加わってきました。聞けば、私が高校を卒業した春休みアルバイトしていたカフェと経営者が同じですぐ近くの日本料理屋さんのことでした。
もう30年以上も昔のことです。その日本料理屋さんは、古い蔵のような建物を改造したとても風情のある素敵なお店でした。もちろんお料理も美味しかったです。両親の金婚式はそのお店でお祝いをしたのでした。
十代の私は、初めてのカフェのアルバイトで知らない事ばかり。店長の女性に叱られてばかりいた記憶があります。
カフェのランチ用ご飯が無くなると大きなボールを抱えて、歩いて1分ほどのその日本料理屋の厨房に炊いたご飯をもらいに行かされたものです。
その時、まだ若くて修業中の大将と会っていたんだろうね、などと話しました。30数年前の共通の知人もいてびっくりしました。
不思議な縁を感じましたね~。ありがちなようでそんなにはない縁だと思います。
長い時間を経て、お互い中高年になって、ずっと離れた東京のはずれの街で評判の料理人になっている大将のお店に客として訪れた私。
高校を卒業した春休み2ヶ月弱のそのカフェでのアルバイト経験が、私にとっていろんな意味で生涯忘れられないであろう経験だったので、余計に大将との接点が奇跡の様に思えたのかもしれません。

こちらのお店でいただいたお酒たち。
c0133013_10155931.jpg
山形県の栄光富士、純米大吟醸。爽やかで飲み易かったです。

c0133013_10164562.png
左、島根の金五郎、こちらは名前とは印象が違ってフルーティーな感じで女性うけしそう。
右、秋田のまんさくの花、キリッと超辛口でさらりと呑めました。
冬は美味しい和食と日本酒がイイですね~。私は2合もいただいたら限界ですが。
不思議な縁で繋がった大将のお店、これからも美味しいお酒いただきに通わせていただきます。012.gif

さてさて、お鳥さまをちょっと。
海くんの動画。最近はアイスの棒がお気に入り。003.gif



海くんは無駄に可愛いダルマインコ(親バカ)
c0133013_11010482.jpg




[PR]
by sanakk | 2016-11-10 11:03 | Comments(4)
台風の影響で、不安定なお天気が続いております。まさか、このまま秋に突入ってことはないでしょうね?
2016年夏は、なんだかバタバタしているうちに去ってしまいそうです。
c0133013_15532962.jpg
スコールのような突然の雨の後、すごく久しぶりの虹を見ました。でも虹の向こうの空はまたどんよりと・・・。
もうひと雨来そうな空。虹って雨上がりの青空に架かるものだと思ってました。
曇天に虹はなんだか不思議な景色です。

c0133013_15541265.jpg
ケージの中でナッツを貪る海。海のケージの異変にお気づきでしょうか?
c0133013_15545830.jpg
海のケージがこんなことになってしまいました。底トレイのプラスチックが割れてもう修復不可能です。007.gif
台風が近づいてきている週末、雨が降っているのに屋上で海のケージを水洗いしようとして、滑って転んでしまいました。
雨で濡れた屋上の防水材があんなにつるつる滑るとは知りませんでした。一歩踏み出した途端、すってーんと絵に描いたようにうつ伏せに転がっておりました。
その際、この底トレイの上に倒れたので角の所が粉々に割れてしまったのです。
でも考えようによってはラッキーでした。このプラスチックトレイ、弾力があるのですが衝撃に弱くすぐに割れます。転んだ際、これがクッションになり私は怪我をせずに済んだのだと思います。(腰骨のところがちょっとだけ青タンになっただけです)

しかし海くんのお部屋を壊してしまいました。
海のケージは「マルワのわかば」というシリーズでもう10年以上も使っています。途中でステンレスに替えましたが、形と色は全く同じなので、海は気づいていません。
しかし、このマルワという会社、去年廃業してしまって、何軒かショップに電話してみましたけど、市場にはもうほとんど無いということでした。
1件だけステンレス製で底トレイが白の物を在庫しているお店があったのだけど~、白では海が警戒してケージに入ってくれない恐れがあるし、必要なのは底トレイだけなのでステンレス製のものではかなりもったいないですよね。(製造会社がもうないので部分売りはしてくれないそうです)
諦めずに片っ端から電話してみたら、あったんです!こんぱ〇相生店に!展示品でよければ同じ色の物が1個だけありますとのこと。これはステンレスではないので丸ごと購入しても3分の1のお値段です。
訳を言ったら、お店の人がすぐに発送してくれて翌日には届きました~。
c0133013_15593228.jpg


c0133013_15594861.jpg
よかったね~海くん。全く同じ色なので、今回も彼はケージの底が変わったことに気づかずストレスフリーです。

教訓!台風の雨の中、無理してケージ洗いをするのはやめましょう。002.gifちょっとぐらい汚れていても鳥たちは大丈夫。世話人の私が怪我をしては元も子もありません。
そしてもう割らないように大切に使わなければ。今度壊してももう在庫は見つからないでしょうから。

久しぶりのオカメsです。
c0133013_1613785.jpg
相変わらず不思議ちゃんな詩。近くで写真を撮るとシャッター音に「しゃああっ」と威嚇してきます。008.gif
c0133013_1612062.jpg
いつの間にか傍に来ている可愛いベイビーの希。このところのsana家の騒動で6月以降病院に行けてません。まだ薬はあるんだけど、しばらく家で様子見てみようかな。


頸椎の手術で入院していたおやーじゅは、先週無事に退院してその翌日は奴の誕生日でした。
快気祝いと誕生日祝いを兼ねて馴染のお店にお鮨を食べに行きました。
台風の影響で魚が無いということで、鮨ネタが少なかったけど、いつものように大将の江戸前の技で美味しいお鮨をいただきました。

c0133013_1633250.jpg
サバの〆具合が絶妙でしたし、横須賀産だという穴子は塩とすだちでいただき、ふんわりとして大変美味でした。中央は柔らかい鮑、こちらも最高でした。
c0133013_1635528.jpg
最後に握ってくれた巻物はぼちぼち旬のイクラ。赤酢のシャリにイクラも美味しいですね~。
秋から冬。これから美味しいお魚が食べられますね。
それにしても首の手術跡がまだ生々しいおやーじゅ、ガンガンアルコール摂取してるんだけど大丈夫なのかしら?
10日間病院にカンヅメだったあとにシャバに出た解放感からなのか、ビールが美味しくて仕方ないみたいです。008.gif





[PR]
by sanakk | 2016-08-23 16:13 | Comments(8)
いよいよ今週末からGW突入ですね。皆さまはどのように過ごされるのでしょうか~。
毎年、この大型連休中はどこへ行っても混んでいるので、都内でおとなしく(?)過ごしている私ですが、今年は連休後半にプチ旅行を計画しています。天気に恵まれるとよいのですが・・・・。

本日は、可愛い海くん特集043.gif
c0133013_15588100.jpg
おとうさんの肩で寛ぐ海くん。穏やかないい顔をしています。海は、しつこくニオイをクンクンしたり、頬ずりしたりしてかまってくるsana家の女性陣より、肩は貸してくれるけど放っておいてくれるおやーじゅが好きなのですね。
c0133013_15592910.jpg
私のそばに来ると、隙あらばこういうことになっちゃいますし。037.gif
海とピーちゃんの大きさ、こう見るとずいぶん違いますね。
c0133013_1601072.jpg
おねいちゃんが吊るしてくれた猫ちゃん用首輪が、お気に入りです。輪っかをくぐって齧っています。あっという間にちぎってしまうでしょうね。
c0133013_1603917.jpg
おやつを前に瞳を輝かしている海。分かり易い子ですね~。
海は久しぶりに大規模換羽が始まったようで、今、ハゲハゲのみすぼらしい感じになってます。

さて先週末は、行きつけの小料理屋さんで日本酒を愉しみました。
c0133013_1624256.jpg
最初にいただいたのは能登のお酒、宗玄。青森県のあん肝といっしょに。まったりとしたあん肝にキリッとしたお酒が良く合って瞬く間に一合呑んでしまいました。
c0133013_163319.jpg
お次は石川県の純米大吟醸、手取川。さすがに飲み易いお酒ですね~。肴のお造りには、私の大好きな赤西貝もいれてもらいました。
c0133013_1633614.jpg
2合ではちょっと物足りないので、最後になかなか入荷しないという奈良県は北村酒造の純米大吟醸、猩々(しょうじょう)をグラスでいただきました。山田錦の精米歩合37.5%、なるほどという滑らかさと味わい。香りも良いです。大好きなお酒です。
c0133013_1641493.jpg
〆は、金目鯛の炊き込みご飯と常陸牛のステーキ。おいしゅうございました。

・・・・とまあ、私は相変わらず美味しく食べて呑んでおりますが、相方のおやーじゅはそう好き勝手もできない事態となりました。
前回の記事でおやーじゅが脳ドックを受けたことを書きました。結果、脳の血管に異常はなかったものの、血糖値高めと血圧高め診断が出てしまいました。日を改めて、ドックを受けた病院の血圧内科を受診したおやーじゅがそこで先生に言われたことは、毎日朝晩、血圧を計って記録すること、そして奥さんと二人で来院してください、とのことでした。
要するにおやーじゅの普段の食生活を妻である私から聞いて、血圧高めの原因を探る事と、血圧と血糖値のための適正な食事の指導が目的のようです。仕方ないから行きましたよ二人で。
栄養指導の先生とおやーじゅのカルテを見ながら、いろいろお話してきました。
結論から言うと、これまでのおやーじゅの食生活はダメダメだったということ。朝からカップ麺を食べ、お昼は外食(主に中華屋にいってました)、朝と昼で一日分の塩分摂取量を大幅にオーバーしていたようです。
こうなると嫁である私の管理不足、怠慢、ということになるのでしょう。まあ、確かにそうなのですが、平日の日中はそれぞれ仕事を持ちバラバラに行動しているので、私も彼の食生活を管理しきれていませんでした。
ラーメン、パスタ、うどん・・・とにかく麺類が大好きなオトコです。朝ラーメン、昼ラーメン、夜パスタ、なんて食事も良くある事です。しかも野菜をあまり食べないときています。
栄養指導の先生によると、おやーじゅは食事制限はしなくていいのだそうです。主食(お米 or パン)にメインのおかず(肉でも魚でもいいそうです)に野菜を使った副菜を2種類くらい食べるようにしてください、とのことでした。
ラーメンをお腹に流し込んで1食終わりという食生活はいけません、ということ。
野菜を大目にバランスよく食事をしていたら、それだけで血圧も血糖値も下がってきますよ、と言われました。
そして、3日に1回は休肝日を作る事!だそうです。(これが一番厳しいミッション)

最近は、糖質0、プリン体0、と謳ったアルコールが多く出回っています。こないだとうとう、糖質0のワインまで見つけました。おやーじゅは一応そうしたアルコール飲料を積極的に呑んでいることを先生に言ったのですが、それは気休めにすぎないということです。結局、アルコールそのものが血圧を上げているのだそうですよ。
c0133013_1611288.jpg
まだ1週間ですが、今回は心を入れ替えて頑張る所存のおやーじゅ、今の所真面目に血圧グラフも付けています。
拡張期血圧(下の血圧)が高いんですよね~。仕事の疲れや睡眠不足も影響しているのかな。
私も心を入れ替えて、野菜中心でなるべく多くの品目を摂れるような食事作りを心がけています。今の所・・・。
おやーじゅと一緒に私もそろそろ休肝日つくろうかな~。
おりしも今日、先日私が受けた健康診断の結果が返ってきましたが、ガンマ23、血圧64/110 と問題がなかったのでやる気が起きません。
数値が悪くなってから焦るのではおやーじゅの二の舞を踏むことになってしまいますね。008.gif






[PR]
by sanakk | 2016-04-26 14:53 | Comments(7)
3月の3連休中日、お天気にも恵まれた日曜日、日帰りバスツアーに娘と参加してきました。
行先のメインは2014年に世界文化遺産に登録された群馬県の富岡製糸場でした。
関越道の渋滞で現地到着が遅れ、富岡製糸場見学の前に昼食となりました。
c0133013_15535654.jpg
食事の内容はまあこうしたツアーにセットされているありがちなものでしたが、この群馬の郷土料理「こしね汁」はとても美味しかったです。
c0133013_15572043.jpg
いよいよ富岡製糸場へ入場です。
1872年(明治5年)に完成したという建物は、木骨煉瓦造という当時の日本では珍しい工法で建てられました。木の骨組みに煉瓦を積むというもの。屋根は日本の伝統的な瓦葺きで、和洋折衷な感じ。
c0133013_15595327.jpg
急速に近代化を進め先進諸国に追いつこうとする、明治という時代の日本を感じることができます。
c0133013_1644275.jpg
c0133013_1645355.jpg

c0133013_167228.jpg
群馬県のキャラクターぐんまちゃんと富岡製糸場の女工さんの顔はめ看板。つい顔を嵌めたくなるお調子者の私。
製糸工場の女工さんと言えば、私がまず思い出すのは映画「ああ、野麦峠」。若き日の大竹しのぶさんが女工を演じたアレです。涙なくしては観られない映画でしたが・・・・。
会社にこき使われた上に最後は結核になって死んでしまうのではなかったでしたっけ?
でも富岡製糸場の女工さんの待遇はそんなに悪くなかったみたいですよ。労働時間は7時間45分(季節によって異なる)で年間の休暇もたくさんあったみたいです。今時よくいわれるブラック企業とは比べ物にならないほど良い労働条件の上、お給料も当時の女性の稼ぎとしては良かったそうです。
敷地内には女工さんたちの宿舎や仕事が終わってから勉強するための施設、診療所や療養施設もありました。
c0133013_16145621.jpg
長くて広い工場内も見学できます。明治時代の初めはまだ電気も通ってなかったので自然の光が工場内にたくさん入るように設計されています。この工場、昭和62年まで実際に稼働していた、ということにちょっと驚きました。
写真にあるのは最後まで使われていた操糸機だそうですが、自動車の日産製の機械なんだって。
創業当初フランスから輸入された操糸機は、日本で改良に改良を重ねられ、昭和30年代に開発されたのがこの操糸機。この機械が導入されたことによって工員ひとりあたりの生糸の生産量を画期的に増やし、コストを下げたということです。
そうやってシルク製品が庶民にも手が届く物になったんですね~。
そしてこの優れた日本製の操糸機は、海外にも輸出され、今でも最先端の機械として使われているそうです。日本の技術、すごい!世界の絹文化に貢献したのだから、世界文化遺産の登録も当然と言えば当然。
c0133013_16215263.jpg

時間が押していたので、駆け足で富岡製糸場を見学した後は、こんにゃくパークへ。
c0133013_16241592.jpg
群馬県といえば、蒟蒻も名産品ですよね。こちらは平日ならば蒟蒻工場の見学もできます。この日は日曜日だったので工場はお休みでしたが、こんにゃくバイキングをいただくことができました。
蒟蒻カレーに蒟蒻唐揚げ、蒟蒻ラーメン、蒟蒻レバ刺し・・・・。こんにゃくづくしです。
c0133013_16271231.jpg
お昼ご飯からあまり時間が経ってなくてお腹空いてなかったので、娘とふたりでワンプレートをつつきました。
まあ、どれも蒟蒻なんですけどね。タレとかスープとか味付けでそれらしいお料理になっていました。でも、蒟蒻のレバ刺し(プレート右下)にはちょっと驚きました。見た目と食感が似ていて、付けダレがそのものなので、しばらく食べていない大好物のレバ刺しを十分に彷彿とさせました。蒟蒻レバ刺し、お土産に買って帰りました。003.gif

こんにゃくパークのお次は、いちご狩り。スケジュールびっちりです。
群馬県のブランド苺のやよいひめだって。あんまり東京のスーパーでは見かけないブランドです。
小ぶりで赤いのは、とても甘くておいしかったですよ。
c0133013_1633642.jpg
いちご狩りなんて娘が小学校低学年の時以来。30個くらい食べちゃっいました。苺を一遍にそんなに食べたのは生まれて初めてかも?お土産はおじゃました苺農家手作りの苺大福。柔らかいお餅の中にはあんこと生クリーム、甘すぎずこちらも美味でした。
最後はららん藤岡という大きな道の駅でお買い物をしました。と言っても私が買ったものは帰りのバスの中で呑むつもりの群馬の地酒。
帰りも連休渋滞が予測されたので、これは呑んでほろ酔いになって眠ってしまおうという魂胆。
c0133013_16363767.jpg
超辛口純米吟醸、平井城という群馬のお酒、キリッとしていて美味しかったです。冷えてたらもっとよかったんだけど。
娘とバスツアーの一日のおさらいをしながらチビチビ呑んでいたら、いつの間にか眠りに落ちていましたとさ。
帰りは案の定、渋滞だったらしく(眠っていて覚えていない)予定の時刻を2時間も過ぎて帰ってきました。
それでも充実して楽しい一日でした。
バスツアー好きです。のほほ~んとバスに乗っていたら、どんどん連れて行ってくれるし。スケジュールが決まっているので自分で企画したり考えなくていいところが楽。(自分で企画する旅もそれはそれで愉しいですけどね)
また何か面白そうなバスツアー見つけたら参加したいと思います。

さてさて、長くなってしまいました。
今回のお鳥さまの話は海くん。たぶん今月末で13歳になりました。
c0133013_16434127.jpg
離れたところから花を見守る海くん、優しい視線です。043.gif

海と言えば、先日の話、久しぶりにPCのメールチェックをしていたら、DM的な大量のどうでもいいメールばかりの中に去年8月に送られてきた驚きのメールがありました。(どんだけメールチェックしてないんだって話ですが011.gif
それはTBSで今も放送している「生き物にサンキュー」という番組の制作担当者からでした。
会社名も書いてあったのでネットで調べてみると、実際に存在する番組制作会社でその担当者の名前と同姓同名の社員もちゃんと写真付で載っていたので、信用できるメールだと思います。
そのメールによると私がYouTubeにアップしている動画を番組内で使用する許可を頂けないかというものでした。
うわー、ちゃんとメールチェックしておけばよかった!もしかしてもしかしたらウチの鳥が番組に出演していたかも?とちょっと残念でした~。なにせ去年の8月の話ですから~。
で、その「生き物にサンキュー」を制作している方が私のどの動画に目を止めてくれたのか、検索してみました。
それがコレ↓です。

2009年7月にアップロードした動画。海、6歳の時。掃除機で吸われるのが好きだったんだ。すっかり忘れていました。今度、吸ってやろう・・・。
花かと思ったら、海だったんですね。こういうのがテレビ的に面白いと思っていただけたのでしょうか~。


[PR]
by sanakk | 2016-03-25 16:55 | Comments(4)
2015年、あと4日となりました。本当に今年も一年が早かった。
いろいろあったんだけど、年末になって思い返してみるとみんな駆け足でやって来て通り過ぎて行った、という感じ。
これからはこうしてあっという間の一年を積み重ねて老いていくのか・・・なんだか空恐ろしいキモチになりますが、そんな事悩んだって仕方のないこと。今目の前に山積みになっているやらなきゃならない事を片づけることに専念しましょう。
というわけで今日はなんとか冷蔵庫の掃除をしました。
冷蔵庫の中身をすべて出して、棚や引き出しを取り出して洗い、中をきれいに拭いて・・・と一年の終わりにこれだけはやるようにしています。
冷蔵庫の中から出てくるものは、まるで一年分の食生活の垢のよう。期限切れになった調味料やらカレーのルーやら瓶の底に残ったジャムやら。奥の方からドキッとするような古いものI が出てくることも。
それらをどんどん捨てて行く時は快感です。さっぱりと小奇麗になってスペースの空いた冷蔵庫に、新たにお正月の食材を入れる時はとても気持ちがいいです。
毎年のこと。また来年の暮れには、不要な古くなったものが溜まった冷蔵庫になるんだろうな~。

この週末は、2015年イタリアンの〆、ということで行きつけのイタリアンレストラン(茅ケ崎)に行ってきました。ここ3年間は、暮れのイタリアンはこちらのお店Pagliettaさんと決まっています。

c0133013_1511326.jpg
この日いただいたお料理は、左上から前菜、
茅ケ崎太刀魚のカルパッチョ→フォアグラのテリーヌとイチヂクジャム
鴨の生ハムとラ・フランス→ズワイガニと下仁田ネギのトるテッリ(小さな餃子のようなパスタ、縮みほうれん草が練り込んであります)
レモンのスパゲッティ(レモンとチーズでさっぱり)→熊本あか牛のビステッカ  
というラインナップ。これに食後酒にグラッパを飲んで、ドルチェとエスプレッソをいただきました。
1年の〆にふさわしい、大満足のイタリアンでした~。
c0133013_15134534.jpg
こちらのお店ではいつも美味しいワインを選んで頂くのですが、この日3本ピックアップしてもらったうち、迷った末1本チョイスしたスプマンテです。
とても美味しかったです。辛口なのですが開けたてはラ・フランスのような爽やかな果実味があり、発砲もしっかりしていました。呑んでいるうちに瓶の底の澱のようなものが混ざって来て濁り酒のようになっていきます。再び醗酵していくような
深い味わいになってきてお肉にも良く合うワインになるという、1本で何度も楽しめるワインでした。
2015年も健康で美味しい物をたくさん食べられて、美味しいお酒を呑めたこと、神様に感謝いたします。

この後、まだ余力があった我々は、地元の街に帰って2軒目はロックバー。私は初めてのお店。おやーじゅが案内してくれました。
結構なお年の渋いご夫婦(多分)がお2人でやってるカウンターだけのお店。久しぶりにバーボンロック、3杯もおかわりして、たくさんリクエストしちゃいました。
c0133013_15151368.jpg
周りを見ればやはり中高年がずらーっとカウンターにならんでましたよ。
クラプトンにストーンズにツェッペリン・・・懐かしい70sロックを堪能しました。
c0133013_1516610.jpg
私は愛するフレディーさまのBorn to love you をリクエスト。中学生の時QUEENが大好きだったと言えば年齢がばれますが・・・。
c0133013_15173718.jpg
ちょっと新しめ(といっても80年代?)でスティングの Englishman in NewYork もリクエスト。
イーグルスの Desperado リクエストしようとしたら、お店が終わってしまいました。気づけば25時をまわっていました~。本当にこれで〆です。残りの日は、真面目に掃除します、絶対。


私の肩でハイテンションな海。耳元で大音量の「はーなちゃん」。そんなに耳のそばで叫ばなくても・・・008.gif
しかしその花がドドドドドーっと羽音を響かせてぶっ飛んできたので、あわてて逃げる海なのでした。

[PR]
by sanakk | 2015-12-28 15:25 | Comments(8)

武道館ライブ久しぶり 

こないだの月曜日、夏前から楽しみにしていたライブに行ってきました。

仕事も早退して、まずは都営三田線神保町駅で降りて腹ごしらえ。
欧風カレーの老舗Bondyさん、久しぶりの訪問です。
23年前、この界隈で仕事をしていた私は、Bondyがまだ古本屋さんの中にあった頃を知っております。
c0133013_16591141.jpg
       私は野菜カレー辛口。
c0133013_16592489.jpg
       おやーじゅは帆立カレー中辛。
ちょっとだけピリッと辛いけど、甘くてまろやかなお味、変わっていませんでした~。
神保町~神田小川町、知らないお店がたくさんできて大分変わったけど、路地を入った古本屋街はあまり変わってなかったです。懐かしかった~。

さて、お腹を満たした我々は、九段下方面に向かいました。
この日のライブ会場は、武道館。
c0133013_16595689.jpg

Daryl Hall & John Oates のライブ~。24年ぶり~。
c0133013_0172598.jpg

子供の頃に(多分12、3歳のころかな?)、オールスター歌の祭典的なのが武道館であって、そのチケットが当ったので見に来たんですよ。
百恵ちゃんとか、秀樹とか五郎やひろみGoがアイドル全盛期だったころね。そう、昭和よ、昭和ど真ん中。
それ以来ですよ、武道館に入るのは!
子供心にものすごく広い、というイメージだったけど、結構狭いな、と思いました。
スタジアムのライブとか経験すると、武道館は狭くて、どの位置でもステージは近いですね。

c0133013_170185.jpg
そして、なんと我々の席はステージ真横でした。008.gif
最近は、すっかり洋楽なんて聞かなくなりましたが、’80年代は洋楽オンリーでした。ロックやらソウルやら。
80年代は名曲が多いです。中でも Hall & Oates は、大好きでした。
c0133013_0165741.jpg
予想通り、Maneater から始まって中盤で 名曲Sara smile をやってくれました。
Sara smile ウチでは Sana smile と呼んでいます。012.gif
アンコールで最後の曲は、Private Eyes で決まり! 最高の夜でした。

彼らのライブ、撮影可みたいでした。みんな動画や写真撮ってた。
c0133013_0184046.jpg
でも私は近いのに位置が悪くて、ちゃんとしたのとれなかった。 中央でキーボードひいてるのがDaryl Hall、大分オジサンになったなぁ。
CDで聞くようには、声が出てなかった気がするけど、それでも生演奏なりの良さがありますよね。
お客さんは、やっぱり40~50代が中心。アリーナの人たちは最初から最後まで立ちっぱなしで踊ってました。熱いなぁ、中高年。みんな青春時代にタイムスリップしたんでしょう。
80年代は音楽も良かったし、景気も良かったし、若者もギラギラしてましたからねぇ。
私たちの両側の席の人、スーツ姿でした。平日ということもあり、仕事帰りのスーツ姿の男性がとても多かったですねぇ。

c0133013_0203510.jpg
熱いライブの後は、夜の靖国神社、散歩して帰りました。クールダウンするにはちょうどいい感じです。
c0133013_0205248.jpg
夜空にぼーっとライティングされて浮かび上がる巨大な鳥居にはいつ見ても圧倒されます。
夜の靖国神社は神秘的ですね。
c0133013_0211472.jpg

月曜日から遊んでしまって、今週はとても疲れました。


さて、お鳥さま。久しぶりに詩さん登場。
c0133013_0214034.jpg
また、卵うみました。だいたい3ヶ月毎ですね~。でも今回はあまりやる気なさそう。
c0133013_022454.jpg
集中力がなくすぐに卵から離れてしまいます。いくら温めても孵らない卵なのだからいいんですけど。
産卵する体力が無駄だなぁと心配してしまいますね~。
c0133013_0242921.jpg
洗濯バサミのぎりぎりを掴んで片足でとまる海くん。片足はおさるさんのおもちゃを掴んでいます。
バランス感覚、すごいです。

[PR]
by sanakk | 2015-10-23 16:17 | Comments(4)
こないだの週末、久しぶりにイタリアンレストランの新規開拓をしました。
とても良いお店があるよと私のイタリアン好きを知っている人に教えてもらって、さっそく2週間前から予約を取って楽しみにしておりました。
そのお店は中目黒にあるフェリチェリーナさんです。
桜の季節には賑わう目黒川沿いを駅から5分ほど歩き、少しだけ住宅街に入った建物の2階、カウンター13席のオシャレなお店でした。
ディナーは、前菜、プリモ、セコンド、ドルチェ、それぞれいくつかあるメニューから選んでコースを作って行きます。

まずは前菜の前の一口前菜(Stuzzichino)
c0133013_1691760.jpg

種入りオリーブやら、貝柱やら、ゼッポリーネやら、エビのカダイフ揚やら、冷たい小さなスープやら・・・ビールでいただきました。
こちらの一口前菜は、お客さん全員に同じものが提供されます。
この後の前菜からは、それぞれがいくつかあるメニューから選んでいきます。
c0133013_16102755.jpg
冷たい前菜(Antipasto Freddo)は、佐渡産黒イチヂクと生ハムルッコラのサラダ仕立て。シャキッとしたイチヂクがとても美味しかったです。
こちらは自家製のパンもなかなかのものです。イチヂクのお皿の向こうにあるのは自家製クルミパンとフォカッチャ。
c0133013_1612940.jpg
暖かい前菜(Antipasto Caldo)は茨城産 鶏白レバー炙り焼き 満願唐辛子添え。お皿がレバー色であまり美味しそうに撮れませんでしたが、レアな火の通し方が調度良く大好きな一皿でした。(私は鶏肉は苦手なのですが、鶏の白レバーは大好物です。天邪鬼・・・)
このあたりから、微発砲の赤ワインをいただきました。
プリモ(Primi Piatti)は2種類、メニューから選べます。
c0133013_16134850.jpg
まずは、釧路産秋刀魚のスパゲッティ。揚げナスとフレッシュハーブソース。
私たちの前に出てくるちょっと前から、キッチンから香ばしい秋刀魚の香りが漂ってきて堪りませんでした~。
c0133013_1614862.jpg
そして二皿目は、ハンガリー産フォアグラのリゾット。パルミジャーノ仕立て。
これは美味しくない訳がありません。
フォアグラが外側カリッと、内側トロッと、絶妙の焼き加減で最高でした。

セコンドつまりメイン料理(Secondi Piatti)は 滋賀県産近江牛の炭火焼。
c0133013_16144929.jpg
粗挽き黒胡椒、マスタードソース、ホースラディッシュ、にんにくをミルクで煮詰めたペースト、お好みでつけていただきます。私はにんにくのペーストが一番好きでした。
c0133013_16151341.jpg
ドルチェはバナナを春巻きのように揚げたお菓子とキャラメルジェラート添え。
コーヒーと小さな焼き菓子が出て、ディナーコースは終了です。
もう、お腹いっぱい。大満足でした。とても美味しいイタリアンでした。
ディナーコースは基本、前菜2+プリモ2+セコンド1+ドルチェ1で一人6,800円なので、リーズナブルだなぁと思ったのですが、近江牛やフォアグラなどの食材を使用したメニューを選んだ結果、一人につきプラス¥2,000以上となりましたし、コペルト(テーブルチャージ)が¥800/1人というのも若干お高い気がしました。まあ、中目黒という土地柄仕方がないのかもしれません。ビールやワインボトル代を入れると結構な金額を支払い、やはり私たちが普段良く行くカジュアルなイタリアンレストランとは少し違うのかなぁと思いました。
サービス、お味、雰囲気、総合するとそれに見合う金額なのかもしれません。
ちなみに、後から知ったのですが、こちらのお店の料理人は男性2人なのですが、どちらの方もかのイタリアンの有名店「アロマフレスカ」にいらした方だそうです。
なるほどな・・・という感じ。
アロマフレスカ出身のシェフのお店は、幾つか行きましたか、やはりどこか共通するところがあるような気がしますね。(アロマフレスカよりはお手頃なお値段だと思います)
今度は何かの記念日に利用させていただきたいと思います。043.gif


さてさて、本日のお鳥さまは、海君@ダルマインコです。
c0133013_15382869.jpg
すごい形相をして齧っているのは、海の一番好きなおやつピスタチオ。しばらく切らしていて、久しぶりにあげたのですが、いつまでもいつまでもカリカリやっています。
c0133013_15385330.jpg
嘴で咥えて転がして、舌のさきで殻の割れ目を探しているようでした。インコの嘴は器用ですよね。
長い間、このピスタチオと格闘していましたが、とうとう割ることができずに諦めてポトリと下に落としました。拾ってみると、割れ目の無いつるりとしたピスタチオでした。
たまーにこういうのが混ざっていますよね。
c0133013_15392667.jpg
さすがの海もこういうつるつるのピスタチオは割ることができないようです。
c0133013_1603085.jpg
花だったら、ガリっとひと噛みで割ってしまうんだけど、この日はまったくやる気が無くて、このピスタチオを受け取ってくれることもしませんでした。
c0133013_15395885.jpg
大好物食べられなくて、哀愁漂う海君。
この後、私が金鎚を持ち出して、つるつるのピスタチオの殻をたたき割りました。金鎚を見た途端にそわそわし始めた海は事の成り行きが分かっていたみたいです。賢いなぁ。
私の肩に飛んできて、ピスタチオを割る様子を覗き込んでいました。
早く早く、その中身をおいらにちょうだいと、言わんばかりに・・・。003.gif

[PR]
by sanakk | 2015-10-09 16:00 | Comments(8)
ちょうど1週間前、ギックリ腰を発症したsanaです。一時はどうなるのか自分?、不安になるほど動くのがしんどかったのですが、その後、驚異的な回復力で(自分で言うのもアレなんですが)、翌日には仕事に復帰し、2回整骨院で整体してもらったらほとんど痛みはなくなり、今ではストレッチも楽々できるほどです。
ギックリ腰で入院した知り合いからは、そんなに早く治るなんてありえない、と化け物呼ばわりされております。
なにはともあれ、早く良くなって助かりました。腰が痛いと、何をするにもとても不便ですから・・・。

不便と言えば、sana家の電子レンジが壊れました。
今や、どんな家庭にも当たり前のように存在しする電子レンジですが、いざ使えなくなると本当に不便なものです。
修理の人が来るのを1週間も待ったのに、基盤がイカレていて取り替えるとなると3万円ぐらいということでした。そんなにかかるなら買い替えたほうがいいということになりました。
どうせ買い替えることになるのだったら、1週間も不便を我慢せずにすぐに新品を買えば良かった。
購入してちょうど4年の電子レンジでした。どうなんでしょ?ちょっと壊れるの早い気がするんですが、〇芝さん?と言いたい気分。
たまに、ハズレの家電に当ってしまうことありますよね~。


c0133013_16582593.jpg
尾羽が未だ生えてこずにコザクラさんな海。ピーちゃんのかごにシードを入れてあげると、横取りしにやってきます。
c0133013_16585698.jpg
こら!だめでしょ!と捕獲すると、この通り。ワルイワルイお顔でTシャツをバツバツして穴をあけてくれます。
おもちゃを水に漬けこんだり、ケージの格子に嵌め込んだり、止まり木にぶら下げたりする海。
c0133013_16593024.jpg
落花生をナスカンの輪っかに嵌め込んでから食べたりしてました。005.gif
c0133013_16594437.jpg
こうしたら、食べやすいんですかね~?不思議な事をする子です。

c0133013_16595837.jpg
食べ終わったら、こんな感じです。003.gif


c0133013_1701064.jpg
北海道産新さんま、お初にお家で塩焼きにしていただきました。大根おろし山盛。
やっぱり美味しーい。
家族分4尾いっぺんにグリルで焼いたら、次の日までリビングが魚臭かったけど・・・。
屋上で炭焼きにしたら、美味しいでしょうね~。近所迷惑かな?015.gif

[PR]
by sanakk | 2015-08-28 09:19 | Comments(6)
この土曜日は、久々に夫婦で映画を観に行きました。
c0133013_1348759.jpg
京急線日ノ出町駅から徒歩5分、横浜シネマリンです。こういう街中にある小さい映画館て、もうあまり見かけなくなりましたよね~。
c0133013_13484476.jpg
古い建物の昭和レトロな喫茶店の横の階段を降りた地下にある小さな小さなシアターでした。最近リフォームしたみたいで内装は意外に新しく、一つしかないシアターの椅子も座り心地がよくて快適でしたよ。
こちらで上映される映画は、なかなか渋い作品が多いみたいです。
この日我々が観たのは、おやーじゅがどうしても観たいと言っていた「ジエームス・ブラウン最高の魂(ソウル)を持つ男」
JB、言わずと知れた、ソウルの神様。多くのミュージシャン(マイケルJとかプリンスとか)に影響を与えた、20世紀を代表するエンターティナーですよね。
この日が初日で、関東ではもう上映する映画館もないことからか、小さなシアターはすぐに満員になりました。
今の若い子は知らないのかな?どっかで彼の音楽を耳にしたことはあると思います。どの世代の人も。
「ゲロッパのおじさん」と言えばウチの娘たちは分かります。ゲロッパ、ゲローロ、ゲロッパ、ゲローロ♪ CDを聞かせていたので、娘たちは幼少のころからJBの楽曲を代表するこのファンキーなナンバーをそう言って口ずさんでおりました。♪003.gif
彼がもっとも輝いていた70年代前半は私も子供だったのでリアルタイムではよく知りませんでした。大人になってから、好きになりました。
JBは若い時から犯罪歴も多々、薬物にも溺れたし、女性問題もいろいろあり、まあ破天荒なミュージシャンでした。
そんな彼の栄光の裏側にある壮絶な人生を絡めながら、懐かしくも新しい御機嫌なナンバーを聞かせて見せてくれる極上のエンターテイメント・ムービーです。
2006年、彼が没する年の最後の来日公演になぜ行かなかったのか、悔やまれるばかり。
ちなみにこの映画のプロデューサーはあのミック・ジャガーです。
横浜シネマリンで7月17日まで上映しています。ソウル好き、JB好きの方は是非!

さてさて、7月に入ってからずーっと雨模様だった天気もやっと途切れて、この週末はピカーッと真夏がやって来ましたね~。
ほとんどのご家庭が、大洗濯、布団干しに追われたことでしょう。sana家ももちろんそうでした。
そして我が家にはもうひとつ干すものがありますね。そう、鳥たち。
c0133013_14144262.jpg
窓辺には全員干しきれないので、オカメsは2階の玄関前踊り場で日光浴。ここは、時々すぐそばのブロック塀の上を野良猫さまがお通りになったりするのでつきっきりで見ていないといけませんが・・・。
c0133013_14151552.jpg
c0133013_14152862.jpg
まーくん、太陽の光を浴びて気持ちよさそうです。呼吸も幾分落ち着いて見えます。
c0133013_14155066.jpg
うーたん、おめかしに余念がありません。
c0133013_14184473.jpg
この日の朝、希の風切り羽がこんなに抜けているのを発見しました。夜中に何かに驚いたのかな?
週末、台風11号が西日本接近の恐れがあるとの予報が出ていますが、この台風が去ってしまったら梅雨が明けるはずだとsana家の気象予報士(おやーじゅ)は申しておりますが、どうなんでしょうね?044.gif

今朝の花。私の肩にへばりついておりましたが、そろそろ暑いです。
しかも季節柄、首肩が出た服を着るようになると花の尖った爪が私の肩に直に突き刺さり痛い事この上なし!
c0133013_1437750.jpg
c0133013_14211877.jpg
後で、自分のデコルテ部分を見ると花の爪痕がポチポチと赤く湿疹のように残っています。
気が重いけど、そろそろ花の爪切りをしなければ、皮膚に穴明けられそうです。008.gif


ちょっとだけお酒の話。
週末、地元の小料理屋さんでいただいた冷酒がとても美味しかったです。
辛口でさっぱりしていてフルーティーなやつ。という私の注文に大将が出してくれたお酒です。
c0133013_1424836.jpg

「夏ヤゴ」という神奈川県海老名市生産のお酒。夏のヤゴが健康的にすくすく育つ環境が良い酒米の栽培土壌となるということで酒米作りからこだわって取り組んでいるという泉橋酒造の純米生酒。気に入ってしまいました。
ラベルもなんだかおしゃれで可愛らしいですよね。
c0133013_1425026.jpg
脂の乗った太刀魚の塩焼きと冷酒、夏の夕暮れの一杯は堪りませんな~。

[PR]
by sanakk | 2015-07-13 14:52 | Comments(6)